Wi-Fiおすすめ比較光回線

プロバイダランキング2022年最新版|本当におすすめできるプロバイダは?

プロバイダ1

結局どこのプロバイダがおすすめなんだろう?

様々なインターネットサービスが広まっていて、どこのプロバイダで契約したらいいかわからないという方も多いと思われます

よくわからないまま契約をして、悪徳な業者に引っかかってしまったというケースも少なくないため、よく考えた上でプロバイダを選択する必要があります。

谷

そこで今回は、おすすめのプロバイダを知りたい方に向けて、悪質なプロバイダの見極め方やおすすめのプロバイダのランキングなどについて解説していきます。

この記事で分かること
・プロバイダ選びの注意点
・項目別のプロバイダのランキング
・おすすめの光コラボ

  1. 2022年おすすめプロバイダ一覧|口コミをもとにランキングを作成
  2. 悪質プロバイダに要注意|光コラボを選ぶときの注意点一覧
    1. キャンペーンにごまかしている部分はないか確認する
    2. キャッシュバック金額は相場から外れすぎていないか確認する
    3. サイトが「SSL化」されているか確認する
  3. 悪質プロバイダに惑わされないための失敗しない選び方は?
    1. 長く運営されているものを選ぶ
    2. 評判の悪いプロバイダでなく評判の良いものから選ぶ
    3. 勧誘では契約せずに自分から調べて契約する
  4. 通信が速いプロバイダランキングは?|遅い回線で悩んでいる人向け
    1. 1位:GMOとくとくBB:docomo光なら速度は最速値
    2. 2位:NURO光:独自回線で高速安定通信可能
    3. 3位:So-net光:大手企業による強固なサーバー完備
  5. ランキング上位のプロバイダが選べる光コラボは?|西日本~東日本まで完全対応
    1. 1位:docomo光:対応プロバイダ「GMOとくとくBB」
    2. 2位:フレッツ光:対応プロバイダ「So-net光」
    3. 3位:Fon光:対応プロバイダ「NURO光」
  6. 料金が安いプロバイダーランキングは?|各種料金も一覧紹介
    1. 1位:NURO光:マンションプランは業界最安値
    2. 2位:auひかり:実質料金は驚異の2000円台
    3. 3位:ぷらら光 :無線ルーターが無料で評判がいい
  7. プロバイダランキングでよくある質問は?
    1. 西日本でおすすめのプロバイダは?
    2. 東日本でおすすめのプロバイダは?
    3. フレッツ光回線でおすすめのプロバイダは?
  8. プロバイダランキングを参考にして評判の悪い業者に引っかからないようにしよう
コールアクション
Wifiや光回線のご契約にお困りの方

コムナビの電話相談窓口をご利用ください

\電話で無料相談受付中/

フリーダイヤル
0120-991-339

【受付】9時〜20時 年中無休

2022年おすすめプロバイダ一覧|口コミをもとにランキングを作成

プロバイダ2

光回線のおすすめのプロバイダとして、以下の7つがあげられます。

おすすめのプロバイダ
・GMOとくとくBB
・NURO光
・So-net
・ぷらら
・Yahoo!BB
・OCN光
・@nifty

これらのプロバイダの料金や通信速度などについて以下の表にまとめました。

提供回線通信速度実測値月額料金違約金負担
GMO
とくとくBB
・docomo光(NTT)
・auひかり
<docomo光>
上り:304.74Mbps
下り:345.71Mbps
<auひかり>
上り:289.15Mbps
下り:381.04Mbps
<docomo光>
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
<auひかり>
戸建て
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
マンション
V8/G8:4,510円
V16/G16:4,180円
<docomo光>
戸建て:14,300円
マンション:8,000円
<auひかり>
16,500円
NURO光

NURO光上り:396.0Mbps
下り:501.9Mbps
G2Tプラン:5,720円
G2Dプラン:6,270円
10,450円
So-net光

・NURO光
・フレッツ光
・auひかり
<So-net光プラス>
上り:195Mbps
下り:252Mbps
<フレッツ光>
不明
<auひかり>
不明
<So-net光プラス>
戸建て:6,138円
マンション:4,928円
<フレッツ光>
戸建て
東日本:6,270円
西日本:5,830円
マンション
東日本:4,345円
西日本:4,125円
<auひかり>
戸建て
1年目:6,160円
2年目:6,050円
3年目~:5,940円
マンション
4,180円
<So-net光プラス>
20,000円
<フレッツ光>
3,000円
<auひかり>
戸建て:16,500円
マンション:10,450円
ぷらら光

フレッツ光上り:170Mbps
下り:199Mbps
戸建て:5,280円
マンション:3,960円
・キャッシュバックをもらった新規申し込み者:35,000円
・フレッツ光からの転用者:10,000円
Yahoo!BB

・フレッツ光
・ソフトバンク光(NTT)
<フレッツ光>
上り:175.62Mbps
下り:283.96Mbps
<ソフトバンク光>
不明
<フレッツ光(東日本)>
戸建て
プレミアム:6,545円
スタンダード:6,270円
マンション
プレミアム:3,960円
スタンダード:3,685円
<フレッツ光(西日本)>
戸建て
プレミアム:6,325円
スタンダード:6,050円
マンション
プレミアム:3,795円
スタンダード:3,520円
<ソフトバンク光>
戸建て:4,679円
マンション:3,139円
<フレッツ光>
プレミアム:8,800円
スタンダート:5,500円
<ソフトバンク光>
3,300円
OCN光

・フレッツ光
・docomo光
(NTT)
<フレッツ光>
上り:188Mbps
下り:246Mbps
<ドコモ光>
不明
<OCN光>
戸建て:5,100円
マンション:3,600円
<OCN for docomo光>
戸建て:5,940円
マンション:4,620円
<OCN光>
11,000円
<OCN for docomo光>
3,000円
@nifty光

・フレッツ光
・docomo光(NTT)
<フレッツ光>
上り:216.52Mbps
下り:223.49Mbps
<docomo光>
上り:224.69Mbps
下り:222.00Mbps
<@nifty光>
戸建て:4,895円
マンション:3,690円
<@nifty for docomo光>
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
10,450円

自分たちで回線設備を整えているところもあれば、回線設備を借りてサービスを提供しているところもあります。

どの回線を選ぶかで実測値は多少なり変わってきて、同じ回線でも契約するプロバイダによって若干実測値も異なっています。

料金は4,000円台から5,000円台程度が多く、高いところだと6,000円を超え、マンション契約で安いところだと3,000円台の安さで高速通信が使えるところもあるようです。

契約期間中の解約で発生する違約金は、10,000円を超えるところが多く、契約の仕方によってはかなり安く抑えられることもあります。

谷

とはいえ、普通に契約期間満了まで使えば発生しないコストであるため、なるべく満足して使えるプロバイダを選ぶことが大切です。

この表のデータを踏まえて、いくつかのプロバイダのランキングを紹介していきます。

悪質プロバイダに要注意|光コラボを選ぶときの注意点一覧

プロバイダ3

評判のよいプロバイダが多いですが、中には悪質とされるプロバイダもいます。

谷

そのため、プロバイダを選ぶ際には以下のことに注意しておいた方がいいです。

1つずつみていきます。

キャンペーンにごまかしている部分はないか確認する

キャンペーンの内容をしっかり確認しておくことが大切です。

よくあるのが高額なキャッシュバックキャンペーンを実施していて、キャッシュバックする金額を目立つように大きく書いていて、振込時期や適用条件などは小さな文字で記載しているパターンです。

大抵の方はるキャッシュバック金額に惹かれて契約してしまい、あとで実際に振り込まれる時期が1年後であることやキャッシュバックをもらうために月額課金サービスの加入が必要であることを知ったりします。

谷

キャンペーンにつられてしまうとサービス提供者側の思うツボであるため、キャンペーンの内容を詳しく確認することをおすすめします。

キャッシュバック金額は相場から外れすぎていないか確認する

キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダであれば、その金額が相場から大きく外れていないかチェックしておいた方がいいです。

同じ回線でもプロバイダの選び方によってキャンペーンが変わってきて、もらえるキャッシュバックの高さも変わってきます。

キャッシュバック金額が高いと、先程説明したように、振込時期が遅かったり、不必要なサービスへの加入が必須にされたりします。

いくつかあるキャンペーンの中でも、キャッシュバックは特にスムーズにキャンペーンの効用を受けにくい仕組みである可能性が高いです。

特に注意してキャンペーン内容を確認するようにしましょう。

谷

ちなみに、キャッシュバック金額の相場は以下の表を参考にしてみてください。

キャンペーン窓口キャッシュバック金額
フレッツ光ソフトバンク光×アウンカンパニー36,000円
auひかりNNコミュニケーションズ52,000円
NURO光NURO光公式35,000円
WiMAX2+GMOとくとくBB×WiMAX32,000円
SoftBank AirNEXT30,000円

サイトが「SSL化」されているか確認する

SSLは通信を暗号化する仕組みのことで、インターネット上でのセキュリティ強化のためにSSL化が推奨されています。

しかし、プロバイダの中には契約申し込みページがSSL化されていないところもあり、個人情報やクレジットカード情報が漏洩してしまうリスクがあります。

SSL化されていないところは、過去に発生した情報の漏洩など問題を口コミ情報から調べることが可能です。

谷

その方法でSSL化に対応していないプロバイダを確認して、SSL化に対応したプロバイダで契約申し込みを進めると安心して契約できます。

悪質プロバイダに惑わされないための失敗しない選び方は?

プロバイダ4

谷

悪質プロバイダを契約して失敗しないようにするための選び方として以下のものが挙げられます。

1つずつみていきます。

長く運営されているものを選ぶ

プロバイダのサービスを長い間提供し続けているところを優先的に選ぶとよいです。

長く運営されているプロバイダは、それだけ利用者からの厚い支持を受け続けているために、サービスを提供し続けられています。

多くの利用者からの支持を受け続けているとなると、大抵の人は満足して利用できるサービス内容になっていることの証明でもあります。

そのため、契約してから失敗してしまったと感じるケースが少ないです。

谷

どうしても個人差があって相性が悪いこともあると思われますが、少しでも失敗しないプロバイダを選ぶなら、実績のあるプロバイダを選ぶのが無難です。

評判の悪いプロバイダでなく評判の良いものから選ぶ

また、プロバイダの実績だけでなく口コミの評判のよさも重要視した方がいい部分です。

例えば、まだサービスの提供が始まったばかりのプロバイダでも、サービス内容が多くの利用者に受け入れられるものだった場合、運営実績のあるプロバイダよりも契約して損のないプロバイダの可能性が高いです。

「プロバイダ名+評判」などで検索すると、そのプロバイダの詳細な情報や口コミ情報がまとめられたサイトが表示されます。

谷

マイナーなプロバイダでもサイトでまとめられていることがあるため、気になるプロバイダがあれば、まずはプロバイダの評判をチェックしてみてください。

勧誘では契約せずに自分から調べて契約する

プロバイダの契約の勧誘を家電量販店などで勧められることがあります。

お得なキャンペーンなどの情報を提示されて、それならと契約してしまうことがありますが、できる限り自分で調べてインターネットで契約することをおすすめします。

先程も説明したように、キャンペーンに惹かれて十分に調べないまま契約すると、契約してから失敗してしまうことになりかねません。

また、勧誘で勧められる家電量販店での契約だと、インターネットで契約するよりも月額料金が高かったり、キャッシュバックがその店舗で使える商品券だったりします。

谷

商品券だと使い道が見つからないまま無駄になってしまうこともあるため、インターネットでの契約をおすすめします。

通信が速いプロバイダランキングは?|遅い回線で悩んでいる人向け

プロバイダ5

谷

通信速度の速さを求める場合は、以下のようなランク付けになります。

通信が速いプロバイダランキング
1位:GMOとくとくBB
2位:NURO光
3位:So-net光

1つずつみていきます。

1位:GMOとくとくBB:docomo光なら速度は最速値

出典:GMOとくとくBB公式サイト

GMOとくとくBBはdocomo光と連携した契約か、auひかりと連携した契約かを選べますが、docomo光で連携した場合、通信速度がかなり速いと評判が高いです。

通信速度の実測値は、上りが307.24Mbps、下りが348.51Mbpsとなっていて、NURO光よりは遅い数値にはなっていますが、全国合計2,885件の有線LANのデータを基に算出された速度となっています。

抽出しているデータ量が多い分、算出された実測値が高い精度のものとなっているため、安定して速い通信速度を求めるのにGMOとくとくBBは最適です。

実際、2019年と2020年のプロバイダ広域企業部門にて、オリコン顧客満足度第1位を獲得し続けています。

また、docomo光で契約するとWi-Fiルーターのレンタル月額料金330円が無料になるため、わざわざ自分でルーターを用意する必要もなくなります。

谷

顧客満足度で高い実績を残していて、ルーターレンタルも無料になるため、通信速度の速さに関係なくとりあえずプロバイダ選びに困ったら、GMOとくとくBBのdocomo光の契約を検討してみてください。

2位:NURO光:独自回線で高速安定通信可能

出典:nuro光公式サイト

NURO光は業界トップの最大通信速度が出せる独自の回線を利用したプロバイダです。

通信速度の実測値の下りは最も速い501.9Mbpsとなっていて、住んでいる地域やインターネットの利用目的によってはGMOとくとくBBよりもNURO光の方が使いやすいという方も少なくありません。

というのも、NURO光は全国規模で展開されているサービスではないため、あまり経済が発展していないようなエリアだとNURO光が対応していないこともあります。

また、GMOとくとくBBは上りも下りも安定して速いのですが、NURO光は上りの速度がGMOとくとくBBほど通信速度の実測値が高いわけではないため、アップロード作業が必要な方にもおすすめできません。

最近では動画配信をする方も増えてきていて、そういう方だとアップロードにかかわる上りの通信速度が必要になってきます。

谷

NURO光は動画や映画の視聴、オンラインゲームのプレイなどをメインの目的として利用する場合におすすめです。

NURO光の評判を大検証!遅い・危険・炎上したと言われる理由
NURO光は世界最高速度の通信が利用できる人気のWi-Fiです。評判やプラン、料金についてなどをご紹介しているので、契約を検討している方は参考にしてくださいね。

3位:So-net光:大手企業による強固なサーバー完備

so-net

出典:So-net光公式サイト

So-net光はGMOとくとくBBやNURO光よりは通信速度が劣ってしまいますが、その代わり通信速度の安定感は十分に高いプロバイダです。

So-net光はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営していて、ソニーネットワークコミュニケーションズは大手企業であるソニーの子会社となる企業です。

そこでの技術を基に通信回線やサーバーが構築されているため、他のところのものと比べてかなり強固な設備が完備されています。

どんなに速い通信速度が出せても、それが安定しないと通信速度が出ない時にかなりイライラしてしまいます。

段々と通信速度の速さの基準が上がってきているため、少し通信が遅くなるだけでかなり敏感になってしまう方が増えつつあります。

谷

極端に速い速度は出せなくても、イライラしないようにそれなりに速い速度が安定して出せる環境を確保したいという方にSo-net光はおすすめです。

ランキング上位のプロバイダが選べる光コラボは?|西日本~東日本まで完全対応

プロバイダ6

光コラボはプロバイダの事業者に対して、光回線サービスの卸販売を行うサービスモデルのことです。

例えば、先程紹介したGMOとくとくBBがプロバイダとしてdocomo光の契約ができる場合と、docomo光で直接契約できる場合の2つのパターンがあります。

前者が光コラボに該当します。

谷

その光コラボでプロバイダを選ぶなら、以下のようなランク付けになります。

光コラボのプロバイダランキング
1位:docomo光
2位:フレッツ光
3位:Fon光

1つずつみていきます。

 

1位:docomo光:対応プロバイダ「GMOとくとくBB」

ドコモ光 ロゴ

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/

docomo光は直接契約したり、GMOとくとくBBを通じて契約することができますが、どちらで契約しても月額料金は変わりません。

ただ、通信速度の実測値が変わります。

docomo光で直接契約した場合は、平均の通信速度の実測値は、上りが208.8Mbps、下りが268.13mbpsです。

それに対して、GMOとくとくBBを利用した場合は、上りが304.74Mbps、下りが345.71Mbpsであるため、GMOとくとくBBを介して契約する方が速い通信速度が出しやすくなっています。

谷

もしdocomo光を利用していて通信速度が遅いと感じたり、docomo光の評判を見て通信速度に不安を感じたりしていたら、GMOとくとくBBでdocomo光を利用してみてください。

2位:フレッツ光:対応プロバイダ「So-net光」

フレッツ光

出典:フレッツ光公式サイト

So-net光も自社で通信設備を持っているわけではありません。

いくつかの通信回線の選択肢があって、どこで契約しても比較的安い月額料金で利用できます。

その中でもフレッツ光が特におすすめです。

割引サービスが豊富で、本来なら戸建てで6,270円、マンションで4,345円かかりますが、「にねん割」が適用されて2年間戸建てなら770円、マンションなら110円割引されます。

さらに「ギガ・スマート割引」が適用されると2年間戸建てなら413円、マンションなら275円割引されます。

ギガ・スマート割引はよくある割引サービスですが、にねん割は少し特殊な割引です。

どの辺が特殊なのかというと、新規契約者じゃなくても適用されることです。

割引の適用条件が2年間のフレッツ光の継続利用というだけであるため、継続してサービスを利用し続けているすべてのユーザーに割引が適用されます。

谷

また、フレッツ光は昔から根強い人気を誇っているインターネット回線の代表とも言えるサービスであるため、老舗プロバイダの安心安全さを求める方におすすめです。

3位:Fon光:対応プロバイダ「NURO光」

fon光

出典:fon光公式サイト

Fon光はNURO光の回線を利用したプロバイダです。

NURO光と同じ通信速度が出せて、自身で通信設備を持たない分、NURO光で契約するより安い料金で高速通信が利用できます。

Fon光の月額料金などは以下の表の通りです。

fon光
月額料金4,378円
初期費用3,300円(事務手数料)
最大通信速度上り:1Gbps
下り:2Gbps
契約年数2年
キャンペーンなし

料金プランは月額料金4,378円で設定されているもののみというシンプルなプランで、NURO光で契約する場合よりも約900円~1,400円安い料金で利用できてかなり利用しやすいです。

高速通信を4,000円台で利用できるプロバイダは限られているため、NURO光が使いやすいと感じる方はNURO光で直接契約するよりFon光で契約することをおすすめします。

谷

ただ、NURO光のような手厚いキャンペーンはない点に注意しましょう。

fon光はどんな光回線?評判からおすすめポイントを4つ紹介
fon光について解説しています。fon光の魅力は、月額4,378円という安さと通信速度2Gbpsという速さです。長期的に見れば、fon光が業界最安値のプロバイダでした。さらに充実したオプションと縛りなしWiFiとのユニークなセット料金も紹介しています。

料金が安いプロバイダーランキングは?|各種料金も一覧紹介

プロバイダ7

谷

通信速度の速さよりも料金の安さを重視するなら、以下のようなランク付けになります。

料金が安いプロバイダランキング
1位:NURO光
2位:auひかり
3位:ぷらら光

1つずつみていきます。

1位:NURO光:マンションプランは業界最安値

出典:nuro光公式サイト

Fon光の方がNURO光よりも料金が安いと説明しました。

しかし、NURO光のキャンペーンを適用させるとかなり料金が安くなります。

NURO光の月額料金やキャンペーンは以下の表の通りです。

NURO光
月額料金G2 Tプラン:5,720円
G2 Dプラン:6,270円
初期費用3,300円(事務手数料)
最大通信速度上り:1Gbps
下り:2Gbps
契約年数3年/2年
キャンペーン43,000円キャッシュバック
・違約金最大60,000円補填
・月額料金1年間980円(G2 Tプラン)
・月額料金2年間3,590円(G2 Dプラン)

G2Tプランは3年契約のプランで、G2Dプランは2年契約のプランとなっています。

このプランのどちらかを新規契約すると43,000円のキャッシュバックがもらえ、G2Tプランなら1年間の月額料金が驚異の980円、G2Dプランなら2年間の月額料金が3,590円となります。

このキャンペーンを適用させればFon光よりも総額料金が安くなります。

また、適用の条件も新規契約をして申し込みから指定された期間までに回線を開通させるだけであるため、月額課金サービスへの加入などが不必要でキャンペーンを適用させやすいです。

谷

それに加えて通信速度の速さも業界トップクラスで契約して損のないプロバイダの1つと言えます。

2位:auひかり:実質料金は驚異の2000円台

出典:auひかり公式サイト

auひかりは契約するプロバイダ次第では月額料金を実質2,000円程度にすることができてかなりお得です。

全体のランキングの比較表には記載されていませんが、NNコミュニケーションズをプロバイダとしてauひかりを契約することでその料金で抑えられます。

NNコミュニケーションズでのauひかりの月額料金は以下の表の通りです。

月額料金
ネット+電話<戸建て>
1年目:6,160円
2年目:6,050円
3年目~:5,940円
<マンション>
タイプV:4,730円
タイプE(16契約以上):4,290円
タイプE(8契約以上):4,620円
マンションギガ:5,005円
マンションミニ ギガ:6,050円
タイプF:4,840円
都市機構:4,730円
ネットのみ<戸建て>
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
<マンション>
タイプV:4,180円
タイプE(16契約以上):3,740円
タイプE(8契約以上):4,070円
マンションギガ:4,455円
マンションミニ ギガ:5,550円
タイプF:4,290円
都市機構:4,180円
タイプG(16契約以上):4,180円
タイプG(8契約以上):4,510円
都市機構G DX-G:4,180円

NNコミュニケーションズでは月額料金自体は相場通りの値段ですが、ネット+電話の契約だとキャッシュバックが52,000円、ネットのみでも45,000円がもらえます。

ネット+電話の場合、キャッシュバック額を12ヶ月で割ると約4,300円で、1年目の月額料金から差し引くと、実質月額料金が約1,800円となり、ネットのみの場合でも実質月額料金が同じ値段となります。

キャッシュバックの適用条件で難しい内容のものはなく、契約した月の翌月末にはキャッシュバックが振り込まれます。

ただ、2年目になってくるとキャッシュバックのお得感は薄れてしまう点に注意が必要です。

谷

また、キャンペーンが適用されるのは個人だけであるため、法人の契約ではキャッシュバックはもらえない点をおさえておきましょう。

3位:ぷらら光 :無線ルーターが無料で評判がいい

ぷらら光

出典:ぷらら光公式サイト

ぷらら光は無線ルーターが無料で利用できるところに高い評判が集まっているプロバイダです。

IPv6の接続方式に対応したルーターを無料でレンタルできて、高速通信の環境を低コストで整えることができます。

ちなみに、IPv6方式はインターネットの住所のような存在であるIPアドレスの数が従来よりも多い接続方式です。

この住所に空きが多いためにデータの送信元や送信先を識別しやすく、スムーズにインターネットが繋がりやすくなっています。

さらに、もともとの月額料金が安く、かつぷらら光単体の申し込みなら35,000円、ひかりTVとのセットでの申し込みなら20,000円のキャッシュバックがもらえます。

インターネットに繋がりやすいIPv6の接続方式に対応したルーターが無料で使えて、月額料金が低くてかつキャッシュバック金額も高いために、密かに人気を集めています。

谷

ただ、キャッシュバックは10ヶ月の継続利用が確認されてからの振り込みになるため、やや時間がかかってしまう点に注意が必要です。

プロバイダランキングでよくある質問は?

FAQ

光回線とプロバイダが別物だということもあり、インターネット上で様々な質問が飛び交っています。

谷

その中で特に質問が多かった以下の質問に回答していきます。

1つずつみていきます。

西日本でおすすめのプロバイダは?

プロバイダ8

西日本でおすすめのプロバイダは以下の3つです。

西日本でおすすめのプロバイダ
・GMOとくとくBB
・auひかり
・ぷらら光

通信速度の速さに強いNURO光が利用できるエリアは、関西以外だと西日本で使えるエリアがかなり限定されています。

そのため、NURO光の契約は西日本では関西以外だと利用しづらいです。

西日本に住んでいる方が契約するプロバイダとしては、全国規模で使えるプロバイダや西日本で使いやすいプロバイダの利用をおすすめします。

それを踏まえると、GMOとくとくBBやauひかり、ぷらら光などが使いやすいです。

GMOとくとくBBはどこで契約するとしても実質通信速度が速くて安定しやすく、auひかりやぷらら光は料金の安さに強みを持っています。

谷

ぷらら光は西日本で契約できるエリアが多いため、東日本の方だと経験しにくいインターネット契約を体験してみるのも面白いかもしれません。

東日本でおすすめのプロバイダは?

プロバイダ9

東日本でおすすめのプロバイダは以下の3つです。

東日本でおすすめのプロバイダ
・NURO光
・Fon光
・So-net光

東日本に住んでいる方ならNURO光の回線が使えるようなプロバイダがおすすめです。

その中でもNURO光のG2TプランとG2Dプランが、キャンペーンを踏まえると最も安くてかつ速い通信速度でインターネットを楽しめます。

もしこの2つのプランがフィットしないなら、Fon光が月額料金が安くてNURO光の回線を利用できてコスパがいいです。

また、使える回線の選択肢を増やしたい方はSo-net光が利用しやすいと思われます。

西日本以上に東日本に住んでいる方は、自分にとってどんな条件がいいのかを適切に判断してプロバイダを選ぶことでお得度が変わってきます。

谷

プロバイダの選び方の判断基準を明確にしてからプロバイダを選んでいきましょう。

インターネット回線の選び方については以下の記事でまとめています。

気になる方はチェックしてみてください。

おすすめの光回線インターネット10選|属性にわけて徹底解剖
光回線インターネットサービスについて解説しています。おすすめプロバイダを10社選び、それぞれの特徴やメリットをランキング方式で紹介しています。光回線を選ぶときの基準になるものを解説し、光回線は安くて速いプロバイダを選ぼうと結論づけています。

フレッツ光回線でおすすめのプロバイダは?

フレッツ光出典:フレッツ光公式サイト

フレッツ光回線でおすすめのプロバイダは以下の3つです。

フレッツ光回線でおすすめのプロバイダ
・OCN光
・T COMヒカリ
・SoftBank光

OCN光はフレッツ光回線の光コラボを実施しているプロバイダの中でトップクラスに人気の高いプロバイダです。

月額料金の安さや実績の高さによる安心感を求める方におすすめです。

T COMヒカリは格安SIMのLIBMOを使う方にとってかなり使いやすいプロバイダです。

LIMBO光の月額2,728円の30GBのプランに対して、330円の割引が適用されます。

T COMヒカリは料金の安さにかなり特化したプロバイダで、月額基本料金はOCN光よりも安いのに加えて、格安SIMの料金まで安くなるため、スマホ料金も含めて安くしたい方にベストなプロバイダです。

SoftBank光は他社から乗り換えをしたい方におすすめです。

本来なら契約期間中に解約をすると契約違反として違約金を負担することが多く、それが原因で乗り換えに踏み切れない方が多く見られます。

しかし、SoftBank光では他社からの乗り換え時にかかる違約金や回線の撤去費用を最大10万円まで負担してくれます。

谷

今のネット回線の不便さに頭を悩ませている方はSoftBank光の利用を検討してみましょう。

プロバイダランキングを参考にして評判の悪い業者に引っかからないようにしよう

一見お得な条件を提示しているプロバイダもありますが、無名でそういったキャンペーンを提示しているプロバイダに限って悪徳な業者だったりします。

結果的に高い月額料金を払って、キャンペーン分でもらったお金がプラスマイナスゼロになったり、かえってマイナスになることもあります。

プロバイダ選びに失敗しないように、自分が何を求めているのかを明らかにして、今回のプロバイダランキングを参考に自分に合ったプロバイダを探してみてください。