お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

ホームルーターWi-Fiおすすめ比較

1ヶ月レンタルできるホームルーター5選-選び方やメリット・デメリットも解説

この記事では1ヶ月レンタルできるホームルーターについて解説しています。

・ホームルーターを1ヶ月だけレンタルすると割高になる?
・ホームルーターってなにを基準に選べばいいの?
・ホームルーターと光回線ってどっちがいいのかな?

このような悩みを抱えていませんか?

ホームルーターは種類が多いですし、料金や端末などがそれぞれちがうので、どれを選べばいいのか迷いますよね。

しかし適当に選んでしまうとお金を損したり、そもそも対応エリア外で利用できない、なんてことになってしまうんです。

そのようなことを防ぐために、この記事ではホームルーターについて徹底解説します。

重村
重村

この記事を読めば1ヶ月レンタルできるホームルーターの選び方や申し込み方法がわかりますよ。

【この記事でわかること】
・1ヶ月レンタルできるホームルーターの選び方
・ホームルーターをレンタルするメリット、デメリット
・おすすめのホームルーター5選
・ホームルーターの申し込みから返却までの流れ
・ホームルーターに関するよくある質問

\当サイトおすすめのWi-Fi 3選/

サービス名

 

ZEUS WiFi

zeus wifi

縛りなしWiFi

縛りなしWi-Fi ロゴ

THE WiFi

月額料金(税込)2,178円~
(6ヶ月まで 980円~)
2,178円~
(12ヶ月まで1,057円~)
1,298円~
(4ヵ月まで0円)
通信容量20GB/40GB/100GB10GB/30GB/60GB/90GB1GB/5GB/20GB/40GB/100GB
(利用容量で料金が変動)
通信速度(下り最大)150Mbps150Mbps150Mbps
詳細ZEUS WiFiの詳細を見る縛りなしWiFiの詳細を見るTHE WiFiの詳細を見る
目次 INDEX
  1. 1ヶ月レンタルできるホームルーターの選び方
    1. 提供エリア
    2. レンタルできる期間
    3. レンタルにかかる料金(手数料や送料含む)
    4. 端末と通信回線
    5. データ容量
    6. レンタル開始できるタイミング
    7. 返却方法
  2. ホームルーターをレンタルするメリット5つ
    1. 開通工事不要で使える
    2. ホームルーターをお試し利用できる
    3. ポケット型WiFiより通信が安定している
    4. 光回線より月額料金が安い
    5. 同時接続できる台数が多い
  3. ホームルーターをレンタルするデメリット4つ
    1. 長期で利用する場合、割高になる
    2. 光回線と比べると通信の安定性や速度で劣る
    3. 通信制限にかかる場合がある
    4. ポケット型WiFiのように持ち運びはできない
  4. 1ヶ月レンタルできるホームルーター5選
  5. 1ヶ月レンタルできるホームルーター5選の特徴を解説
    1. ソフトバンクAir「モバレコ」:10ヶ月までの利用がお得
    2. 縛られないWiFi:契約期間の縛りも解約金もなし
    3. WiFiレンタルどっとこむ:1日から使える
    4. UQ WiMAX「Try WiMAX」:無料で15日間のお試しができる
    5. ソフトバンクAir「U-25」:25歳以下ならかなりお得
  6. ホームルーターのレンタル申し込みから返却までの流れ
    1. 希望のホームルーターのWebサイトから申し込む
    2. 端末を受け取り初期設定をして利用開始
    3. レンタル期限が終わったら返却する
  7. 1ヶ月レンタルできるホームルーターに関するよくある質問
    1. ホームルーターのレンタルはどんな人におすすめ?
    2. ホームルーターはレンタルと購入どちらがお得?
  8. まとめ:1ヶ月レンタルできるおすすめのホームルーターはソフトバンクAir「モバレコ」
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

1ヶ月レンタルできるホームルーターの選び方

・ホームルーターってなにを見て選んだらいいの?
・場所によっては使えないホームルーターがあるって本当?

このように考えている人へ向けて、ホームルーターの選び方について解説します。

重村
重村

ホームルーターはたくさんあるので迷ってしまうかもしれませんが、以下に注意して選びましょう。

提供エリア

ホームルーターを選ぶときは、提供エリアを確認しておきましょう。

その理由は事業者によって提供エリアがあり、エリア外だと利用できないからです。

例えば関東エリア内のみ提供エリアの事業者に、九州から申し込みをしたとしても利用できません。

仮に間違えて申し込んでしまうと、端末代や送料など料金が発生するものの利用できない、なんてことになってしまいます。

お金だけ損をするのは嫌ですよね。

なのでホームルーターを利用するエリアと、事業者の提供エリアは必ず確認して、提供エリア内の事業者を選ぶようにしましょう。

レンタルできる期間

ホームルーターを選ぶときは、レンタルできる期間を確認しておきましょう。

その理由は事業者によっては期間の延長ができなかったり、日割り計算ができずにお金を損してしまうケースがあるからです。

1ヶ月レンタルで考えていたとしても、事情があり5日間延長したいなんてこともあり得ますよね。

そんなとき延長ができないと、そもそも使うことができません。

また1ヶ月単位での支払いだと5日間使ったとしても、残りの25日分は無駄になってしまいますよね。

一方で日割り計算ができると、5日分だけ支払えばいいので無駄なく利用できるんです。

このようにレンタル期間が柔軟だと、予想外の事態にも無駄なく対応できるので、レンタル期間は確認しておきましょう。

レンタルにかかる料金(手数料や送料含む)

ホームルーターを選ぶときは、レンタルにかかる料金を確認しましょう。

その理由は事業者によって、料金がちがうからです。

また料金だけではなくて、契約の手数料や端末の送料まで確認するのがおすすめです。

例えばソフトバンクは月額2,167円ですが、ドコモだと4,950円かかります。

割引やポイント還元などを考えたとしても、料金はソフトバンクのほうが安いです。

このように事業者によって料金が大きく変わるケースもあるので、レンタルにかかる料金は確認しておきましょう。

端末と通信回線

ホームルーターを選ぶときは、端末と通信回線を確認しておきましょう。

その理由は端末によって速度や大きさなどのスペックが変わりますし、通信回線は場所によって使えない可能性があるからです。

ホームルーターもスマホのように、数種類の端末があります。

スマホは端末によって速さや大きさ、機能が変わりますよね。

実はホームルーターも同じなんです。

またホームルーターでは、主に3大キャリアの電波を受信して通信します。

【3大キャリア】
au、docomo、Softbank

キャリアによっては電波が届かない場所もありますよね。

そういった場所でホームルーターを使うと、速度が遅かったり繋がらないこともあります。

なので端末と通信回線は、確認しましょう。

データ容量

ホームルーターを選ぶときは、データ容量を確認しましょう。

その理由は事業者によって、1ヶ月で使えるデータ容量が変わるからです。

必要なデータ容量って人によってそれぞれですよね。

SNSばかり見ていて、たまに動画を見る人だとデータ容量はあまり使いません。

時間があると動画を見たりオンラインゲームをする人は、かなり大容量を使うことになります。

このとき使い方に合ったホームルーターを選ばないと、データ容量がたりない、もしくはデータ容量が余りすぎるなんてことになってしまいます。

すると追加で料金が発生したり、反対に無駄に使わない分の料金を払ってしまうことになるんです。

自分の使い方に合ったデータ容量で、お金を無駄に払わないためにもデータ容量は確認しましょう。

レンタル開始できるタイミング

ホームルーターを選ぶときは、レンタル開始できるタイミングを確認しておきましょう。

その理由は事業者によって、契約してから使えるまでのタイミングが変わるからです。

明日から急に入院になった、光回線の工事が間に合わないと急に連絡があった。

こんなときは明日からホームルーターをレンタルしたい、となりますよね。

ですが翌日から利用できる事業者もあれば、1週間後からしか利用できない事業者があるんです。

また午前中に申し込みすれば、最短で当日から利用できる事業者もあります。

このように状況によって使いはじめたいタイミングが変わると思います。

なのでレンタル開始できるタイミングは確認しておきましょう。

返却方法

ホームルーターを選ぶときは、返却方法を確認しておきましょう。

その理由は返却方法が事業者によってちがうので、返却するときに時間がかかるケースもあるからです。

端末はレンタルなので、解約したら返却しないといけません。

返却方法は基本的に、郵送になります。

ただ郵送費用を事業者が負担してくれるのか、利用者が負担するのかは、事業者によってちがうんです。

利用者からすると負担してくれるほうが、ありがたいですよね。

このように事業者によって返却方法が変わるので、確認しておきましょう。

ホームルーターをレンタルするメリット5つ

・ホームルーターは光回線より安いって本当?
・ポケット型WiFiよりホームルーターが良いとこってなに?

このように考えている人へ向けて、ホームルーターをレンタルするメリットを5つ紹介します。

重村
重村

ホームルーターの強みを知りたい人は、参考にしてみてくださいね。

開通工事不要で使える

ホームルーターのメリットは、開通工事不要で使えることです。

開通工事が不要だったら端末が届けばすぐに利用できます。

一方で光回線だと、そうはいきません。

光回線は契約してから、日程を決めて回線工事を実施しないといけないんです。

また回線工事が有料の事業者もありますし、工事業者の状況によっては2ヶ月待ちなんてこともありえます。

回線工事が不要だったら工事費用もかからず、端末が届けばすぐに利用できるのがメリットです。

ホームルーターをお試し利用できる

ホームルーターのメリットは、お試し利用できることです。

お試し利用できると、電波の状況や通信速度など体験できるのは嬉しいですよね。

一方で光回線だとお試し利用はできません。

なので契約してから、思ったより速度が遅かった。なんてこともありえます。

お試し利用できると、機能や通信速度を実際に体験できるのでメリットと言えます。

ポケット型WiFiより通信が安定している

ホームルーターのメリットは、ポケット型WiFiより通信が安定していることです。

キャリアの電波を受信して通信するのは、ホームルーターもポケット型WiFiも同じです。

ですがホームルーターは自宅のみで使い、場所を変えません。

一方でポケット型WiFiは持ち運びができるので、移動しながら使います。

ホームルーターの方が場所が固定されているので、ポケット型WiFiよりも通信が安定するんです。

通信が安定しないとWebサイトの読み込みが遅くなったり、動画が頻繁に止まったりしてしまいます。

その点ホームルーターはポケット型WiFiよりも通信が安定しているので、快適につかえます。

光回線より月額料金が安い

ホームルーターのメリットは、光回線より月額料金が安いことです。

実際に月額料金は2,000円〜3,000円ほど、ホームルーターのほうが安くなっています。

例えばソフトバンク光は戸建てタイプで5,720円ですが、ソフトバンクAirは3,080円で料金できるんです。

なんとその差は2,700円もあり、ホームルーターの方がとてもお得に使えますよね。

Wi-Fiを使うのに料金が安いのは嬉しい人も多いのではないでしょうか。

光回線よりお得に使えるのが、ホームルーターのメリットです。

同時接続できる台数が多い

ホームルーターのメリットは、同時接続台数が多いことです。

ホームルーターはポケット型WiFiと比べると、同時接続台数が多くなっています。

ポケット型WiFiは端末によって同時接続が変わりますが少なくて5台、多くても10台となんです。

一方でホームルーターは64台も同時接続が可能です。

同時接続台数が多いと家族でWi-Fiを使えますし、パソコンやスマホ、ゲーム機などを使っている人も台数を気にしなくて良くなります。

このように接続台数がポケット型WiFiよりも多いのが、ホームルーターのメリットです。

ホームルーターをレンタルするデメリット4つ

・ホームルーターって長期間利用するとだと料金を損しやすい?
・あとで後悔したくなりから先にデメリットを知っておきたい

このように考えている人へ向けて、ホームルーターのデメリットを4つ解説します。

重村
重村

「先に知っておきたかった」とならないように、確認しておきましょう。

長期で利用する場合、割高になる

ホームルーターのデメリットは、長期で利用すると料金が割高になることです。

ホームルーターの月額料金は、利用する期間が長くなるほど、金額が上がるケースがあるんです。

例えばソフトバンクAirの月額料金は2年目までは4,180円ですが、3年目からは5,368円と1,000円以上も値上がりしてしまいます。

1,000円も高くなると負担も大きくなりますよね。

しかし多くのホームルーターで、3年目から値上がりするケースが採用されているんです。

2年目までの利用なら光回線よりもお得に使えますが、3年以降の長期間になると料金は値上がりして割高になるのがホームルーターのデメリットです。

光回線と比べると通信の安定性や速度で劣る

ホームルーターのデメリットは、光回線と比べると通信の安定性や速度で劣ることです。

光回線とホームルーターは、インターネットへの接続方法がちがうので安定性や速度に差が出てしまいます。

光回線は電柱から光ファイバーケーブルを使って、直接建物内から各部屋へ繋いでいきます。

そしてさらにケーブルを使って、直接Wi-Fiルーターへ繋ぐんです。

電柱からWi-Fiルーターまでを直接繋ぐので、安定性も抜群で速度も速くなります。

一方でホームルーターは、キャリアの電波を受信してインターネットへ接続します。

なので電波の強弱で速度は変動しますし、障害物などによって通信が安定しないケースもあるんです。

このようにインターネットへ接続する仕組みのちがいから、ホームルーターは光回線に安定性や速度の面で劣ってしまいます。

通信制限にかかる場合がある

ホームルーターのデメリットは、通信制限にかかる場合があることです。

ホームルーターのデータ容量は、ほとんどの事業者で無制限になっています。

しかし速度制限がかかってしまうケースがあるんです。

例えばUQ WiMAXの「Try WiMAX」というホームルーターは、月間のデータ容量は無制限ではありますが、3日で10GBという制限があるんです。

3日で10GB以上使ってしまうと、速度制限がかかり速度が低下してしまいます。

速度制限の解除は翌々日まで待つしかないんです。

3日で10GBというとオンラインゲームのアップデートや、休日で1日中動画を見ていると使ってしまうケースもありますよね。

また回線が混雑すると、事業者側の判断で速度制限をかけるということもあるようです。

このように月間のデータ容量は無制限で使えるものの、速度制限がかかるケースがあるのがホームルーターのデメリットと言えます。

ポケット型WiFiのように持ち運びはできない

ホームルーターのデメリットは、ポケット型WiFiのように持ち運びはできないことです。

ホームルーターは建物内で、コンセントから電源を取り利用するので、持ち運びはできません。

基本的には据え置きの状態なので、出先へ持ち運んで利用するのは難しいでしょう。

一方でポケット型WiFiであれば端末はスマホほどの大きさなので、簡単に持ち運びができます。

家族での外出やカフェでの作業など、出先でもWi-Fiを使えます。

中にはWi-Fiを外でも利用したい人もいるかもしれませんが、ホームルーターは持ち運びはできません。

1ヶ月レンタルできるホームルーター5選

・1ヶ月使うならどのホームルーターがいいの?
・できるだけ安いホームルーターが知りたい

このように考えている人へ向けて、1ヶ月レンタルできるホームルーターを5つ紹介します。

重村
重村

ホームルーターを検討している人は、参考にしてみてくださいね。

回線名料金(手数料や送料含む)データ容量通信回線レンタル開始できるタイミング返却方法
ソフトバンクAir「モバレコ」月額料金:2,167円~
送料:0円
手数料:3,300円
無制限ソフトバンク最短3日郵送(送料負担)
縛られないWiFi縛られないWi-Fi月額:4,620円
送料:0円
手数料:3,300円
無制限・WiMAX
・au4G
14時までの申し込みで当日発送商品に同梱されている返送用伝票で返却
WiFiレンタルどっとこむ1日:526円~
送料:550円
手数料:0円
無制限・ソフトバンク
・au4G
・au5G
・WiMAX
15時までの申し込みで当日発送・宅配返却
・空港返却(550円)
・ポスト返却(517円)
UQ WiMAX「Try WiMAX」15日間無料
送料:0円
手数料:0円
無制限・WiMAX
・au4G
・au5G
14時30分までの申し込みで当日発送同梱されている返送用伝票で返却(着払い)
ソフトバンクAir「U-25」月額料金:3,168円
送料:0円
手数料:0円
無制限ソフトバンク最短3日郵送(送料負担)

1ヶ月レンタルできるホームルーター5選の特徴を解説

重村
重村

上記で紹介されている、ホームルーター5選の特徴を解説します。

ソフトバンクAir「モバレコ」:10ヶ月までの利用がお得

 

ソフトバンクAir「モバレコ」は、通常のソフトバンクAirよりも月額料金が安いサービスです。

ですが通信品質やキャンペーンなどは、通常のソフトバンクAirと同じサービスを使えます。

また利用開始から8日以内であれば、無料で解約が可能なんです。

一度使ってみて通信が遅い、使いにくい場合は端末を返却すれば月額料金もかかりません。

8日間ではありますが、お試しで使えるのは嬉しいですね。

ソフトバンクAir「モバレコ」の詳しい情報を見る

縛られないWiFi:契約期間の縛りも解約金もなし

縛られないWi-Fi公式ロゴ

縛られないWiFiは、契約期間の縛りも解約金もないのが特徴です。

いつ解約しても違約金はかかりませんし、端末はレンタルなので残債も発生しません。

ただし1ヶ月だけ利用となると4,620円もかかるので、やや割高になってしまいます。

また口座振替での支払いはできないので、注意しましょう。

縛られないWiFiの詳しい情報を見る

WiFiレンタルどっとこむ:1日から使える

Wi-Fiレンタルどっとこむ

 

WiFiレンタルどっとこむは、1日から使えるのが特徴です。

月額料金は1日526円から利用できます。

また回線をソフトバンクやau、WiMAXから選べるので、自分が住んでいる地域の回線状況に応じて選べるのも嬉しいですね。

その他にも、コンビニで端末の受け取りや返却ができたり、レンタル期間は自由に選べたりとメリットがあります。

ただし自動更新になるので、解約の手続きをしない限りレンタル期間が延長されていくので、解約の手続きには注意が必要です。

WiFiレンタルどっとこむの詳しい情報を見る

UQ WiMAX「Try WiMAX」:無料で15日間のお試しができる

UQ WiMAX ロゴ

UQ WiMAX「Try WiMAX」は、無料で15日間使えるのが特徴です。

送料や事務手数料、月額料金も一切かからず0円で15日間もホームルーターを使えます。

ただしはじめての利用の人だけに限ります。

データ容量無制限のホームルーターを、0円で15日間も利用できるのは嬉しいですよね。

申し込みもUQ WiMAXの公式サイトから、申し込むだけなので簡単です。

ただし15日目までに端末の返却を、完了していなければなりません。

郵送の時間がかかることを考えると、実質10日ほどしか利用できないので注意が必要です。

また口座振替に対応しておらず、クレジットカード支払いのみとなっています。

UQ WiMAX「Try WiMAX」の詳しい情報を見る

ソフトバンクAir「U-25」:25歳以下ならかなりお得

ソフトバンクAir「U-25」は、25歳以下ならかなりお得なのが特徴です。

これはソフトバンクAirの中の、割引サービスになります。

通常5,368円のソフトバンクAirが、3,168円と2,000円も割引されるんです。

また送料や事務手数料も0円になるので、かなりお得に使えると言えます。

キャンペーンや通信品質などは、公式のソフトバンクAirと同じなので問題ありません。

このように25歳以下の限定ではありますが、かなりお得に使えるのがソフトバンクAir「U-25」の特徴です。

ソフトバンクAir「U-25」の詳しい情報を見る

ホームルーターのレンタル申し込みから返却までの流れ

・ホームルーターの初期設定ってむずかしいの?
・レンタル期間が終わったらなにをすればいいの?

このように考えている人へ向けて、ホームルーターの申し込みから返却までの流れを解説します。

重村
重村

ホームルーターを契約しようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

希望のホームルーターのWebサイトから申し込む

まずは希望のホームルーターのWebサイトから申し込みをしましょう。

利用期間やデータ容量などのプランを選んだり、名前や住所などを入力するフォームがあります。

また支払い方法の入力のときは、口座情報やクレジットカード番号などを準備しておくと、スムーズに申し込みが進められますよ。

事業者によっては午前中に申し込むことで、当日発送してくれる事業者もあるので、できるだけ早く利用したい人は検討してみてくださいね。

端末を受け取り初期設定をして利用開始

次に端末を受け取ったら、初期設定をして利用開始しましょう。

まずは端末にSIMカードを挿入しましょう。

コンセントをさすと、自動的に電源が入ります。

接続機器からWi-Fi設定をして、ホームルーターへ接続しましょう。

レンタル期限が終わったら返却する

レンタル期間が終わったら端末を返却しましょう。

返却方法は事業者によってちがいますが、基本的には郵送での返却になります。

費用は事業者が負担してくるのと、利用者が負担するケースどちらもあります。

1ヶ月レンタルできるホームルーターに関するよくある質問

・光回線とホームルーターってどっちがおすすめなの?
・ホームルーターの端末って購入とレンタルどっちがいいの?

このような疑問を解決できます。

重村
重村

ホームルーターに関するよくある質問に回答しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ホームルーターのレンタルはどんな人におすすめ?

ホームルーターのレンタルは、以下のような人におすすめです。

【ホームルーターがおすすめな人】
・すぐにWi-Fiを使いたい人
・ポケット型WiFiよりも速いWi-Fiがいい人
・引っ越しや転勤などで短期での利用になりそうな人
・自宅にWi-Fi環境が欲しい人

すぐにWi-Fiを使いたい人

ホームルーターは申し込みしてから、最短即日から利用できます。

光回線の工事の遅れなど、急に必要になったときにホームルーターはおすすめです。

ポケット型WiFiよりも速いWi-Fiがいい人

ホームルーターはポケット型WiFiよりも速度が速いです。

ホームルーターはポケット型WiFiとはちがい、据え置きされているので電波の受信がしやすくなっているからです。

ポケット型WiFiの速度に満足していない人は、ホームルーターの方がおすすめです。

引っ越しや転勤などで短期での利用になりそうな人

ホームルーターは1ヶ月ごと、1日単位から利用できます。

急に解約となったときでも違約金がかからずに解約できるので、短期の利用になりそうな人におすすめです。

自宅にWi-Fi環境が欲しい人

ホームルーターは自宅で据え置きで使います。

なので自宅にWi-Fi環境が欲しい人におすすめです。

ホームルーターはレンタルと購入どちらがお得?

ホームルーターは長期で利用するなら購入、短期で利用するならレンタルがおすすめです。

まとめ:1ヶ月レンタルできるおすすめのホームルーターはソフトバンクAir「モバレコ」

この記事では以下を解説しました。

・1ヶ月レンタルできるホームルーターの選び方
・ホームルーターをレンタルするメリット、デメリット
・おすすめのホームルーター5選
・ホームルーターの申し込みから返却までの流れ
・ホームルーターに関するよくある質問

結論、ホームルーターを1ヶ月レンタルするならソフトバンクAir「モバレコ」がおすすめです。

1ヶ月の料金が安く、ソフトバンクAirと同じ回線やキャンペーンなので、安心して使えますよね。

そして手数料はかかりますが送料は無料です。

また利用開始から8日間であれば、お試しで使えるんです。

一度試しで使ってみて、電波が悪かったり使いにくかったりしたら、8日目までに解約すれば料金はかかりません。

料金も安くて8日までならお試しで使えます。

重村
重村

ぜひソフトバンクAir「モバレコ」を、検討してみてはいかがでしょうか。