お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

ポケット型Wi-FiWi-Fiおすすめ比較

1週間レンタルするのにおすすめのポケットWi-Fi10選|選び方も解説

急な旅行や引っ越し、出張など、突然発生する短期間のイベントでインターネットを利用したい場合は、例えば現地の公共Wi-Fiを利用する、スマートフォンのテザリングを利用する方法など、いくつかあります。

その中でも、本記事では、ポケット型Wi-Fiサービスのレンタルを紹介します。ポケット型Wi-Fiサービスは、公共Wi-Fiに比べると安全なインターネット回線を、スマートフォンのテザリングよりも大容量で利用できる利用方法です。

本記事では、1週間レンタルするのにおすすめしたいポケット型Wi-Fiサービスを紹介します。

【この記事で分かること】
■ 1週間レンタルするポケットWi-Fiの選び方
■ ポケット型Wi-Fiレンタル会社のおすすめ
■ ポケット型Wi-Fiをレンタルするときの注意点

\当サイトおすすめのWi-Fi 3選/

サービス名

 

縛りなしWiFi
短期レンタルプラン

縛りなしWiFi短期レンタルプラン

ZEUS WiFi

zeus wifi

THE WiFi

月額料金(税込)473円/日~2,178円~
(6ヶ月まで 980円~)
1,298円~
(4ヵ月まで0円)
通信容量10GB/日20GB/40GB/100GB1GB/5GB/20GB/40GB/100GB
(利用容量で料金が変動)
通信速度(下り最大)150Mbps150Mbps150Mbps
詳細縛りなしWiFiの詳細を見るZEUS WiFiの詳細を見るTHE WiFiの詳細を見る
目次 INDEX
  1. 1週間レンタルするポケットWiFiの選び方
    1. 提供エリア
    2. 料金(手数料や送料含む)
    3. 端末と通信回線
    4. データ容量
    5. レンタル開始できるタイミング
    6. 返却方法
  2. ポケットWiFiを1週間レンタルする際のデータ使用量の目安
    1. 5GB程度でOKな人
    2. 10GB程度必要な人
    3. 10GB以上必要な人
  3. 1週間レンタルするのにおすすめのポケットWi-Fi10選
  4. 1週間レンタルするのにおすすめのポケットWi-Fiの特徴を解説
    1. WiFiレンタル屋さん:データ容量が選べて料金が安いポケット型Wi-Fiレンタル
    2. WiFiレンタルどっとこむ:豊富な機種と豊富なオプションがおすすめ
    3. WiFiレンタル本舗:1日のみであれば最安160円で利用可能
    4. NETAGE:即日レンタルするのであれば実店舗が多いNETAGEがおすすめ
    5. WIFIレンタルJAPAN:売り切りWiFiというプリペイドSIMの取り扱いあり
    6. Global Mobile:海外利用するのであれば第一候補
    7. カシモバ:バランスの良いサービス会社
    8. どんなときもWiFi forレンタル:サービスがシンプルでやすい
    9. WiFi東京レンタルショップ:補償サービスが会員登録で無料で付与
    10. どこでもネット:法人向けプランがあるサービス会社
  5. ポケットWiFiを1週間レンタルする際の注意点2つ
    1. 返却が遅れると追加料金を取られる
    2. 端末の破損や紛失をしてしまうと、高額な弁済金を請求される
  6. ポケットWiFiの1週間レンタルがおすすめな人の特徴
    1. 急な出張などでWi-Fiが必要になった人
    2. 引っ越しのつなぎでWi-Fiをレンタルしたい人
    3. 一時帰国してWi-Fiが欲しい人
    4. 短期間入院することになった人
  7. ポケットWiFiの1週間レンタルに関するよくある質問
    1. 即日レンタルできるおすすめのポケットWi-Fiはどれ?
    2. 無制限で使えるおすすめのレンタルポケットWi-Fiはどれ?
    3. 口座振替ができるレンタルポケットWi-Fiはある?
  8. まとめ:1週間レンタルするのにおすすめのポケットWi-Fiは「WiFiレンタル屋さん」
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

1週間レンタルするポケットWiFiの選び方

1週間レンタルするポケットWiFiの選び方

最初に、ポケット型Wi-Fiサービスを、1週間という短期間のみレンタルするときの選び方を紹介します。

zonokan
zonokan

1週間レンタルする場合は、1日単位で契約可能なレンタル会社がおすすめです!

提供エリア

提供エリアというのは、ポケット型Wi-Fiを利用している回線のことです。ポケット型Wi-Fiで利用している回線は、主に4種類あります。

【ポケット型Wi-Fiで提供している主な提供エリア】
Docomo回線
SoftBank回線
au回線
UQ WiMAX

原則として、4回線とも、日本の大部分はカバーしています。その中でも、Docomo回線、SoftBank回線、au回線というキャリア回線であれば、ほとんどの場所で利用可能です。ただし、キャリア回線の中でも得意不得意があるため、利用できるエリアを確認しておいた方が無難です。

UQ WiMAXは、日本の大部分はカバーしているものの、キャリア回線と比べた場合は残念ながらエリアは狭くなります。そのため、キャリア回線よりも入念に確認することをおすすめします。

zonokan
zonokan

提供エリアだけで考えた場合は、キャリア回線の方が安定しています!

料金(手数料や送料含む)

料金については、高いよりは安い方がお得に利用可能です。しかし、手数料や送料など、利用料以外にも料金が発生します。例えば端末レンタル代が発生する、端末故障時の修理料金が高い、ポケットWi-Fiルーターの送料が高いなどです。

また、後述しますが、利用するデータ容量によっても料金が変わります。そのため、基本料金だけにとらわれず、あなたに合ったプランを選択することをおすすめします。

zonokan
zonokan

料金に関しては、どのくらいのデータ容量を利用するかで金額が変わるので、安いだけで決めないでください!

端末と通信回線

端末というのは、ポケットWi-Fiルーターのことです。ポケットWi-Fiルーターの性能は、機種ごとに異なります。端末で確認するポイントは、ポケットWi-Fiルーターの大きさやバッテリー容量です。また、液晶ディスプレイの可否も、場合によっては重要になります。

ポケット型Wi-Fiサービス会社によっては、1種類しか選べないポケット型Wi-Fiサービス会社も存在しますが、端末を複数種類揃えているサービス会社も存在します。

しかし、複数揃えているサービス会社であっても、あなた自身では端末を選べず、サービス会社で勝手に提供される端末が決められる場合があります。

また、端末によって利用できる回線が変わります。Docomo回線を利用したいのであれば、Docomo回線に対応した端末を用意しているサービス会社で契約する必要があります。

一部のサービス会社では、クラウドSIMという仕組みを利用し、Docomo回線、au回線、SoftBank回線の中から一番繋がりやすい回線を自動的に選択する端末があります。通信回線にこだわるのであれば、クラウドSIMが利用可能な端末を選ぶのも1つの方法です。

zonokan
zonokan

例えば外出先で利用する機会が多い場合は、バッテリー容量が大きい端末を選ぶなど、あなたの利用方法に合わせて端末を選びましょう!

データ容量

利用可能なデータ容量も、重要な要素です。本記事では、1週間レンタルを扱っているため、1週間でどれくらいのデータ容量を使うのかを理解しておく必要があります。

普通に使う分には、1週間で5GB~20GBくらいのデータ容量が目安です。映画などデータ量が大きいファイルを扱う場合は、1週間で20GB以上ないと不安になるかもしれません。

実際にどのくらいのデータ容量を利用するかを測っておくことをおすすめします。

zonokan
zonokan

必要なデータ容量は利用方法によって変わるから、あなたが実際に利用している量を計算することをおすすめします!

レンタル開始できるタイミング

ポケット型Wi-Fiは、サービス会社とレンタル契約しただけでは利用できず、端末があなたの手元に届いてから利用開始になります。あなたの手元に届く時期=レンタル開始できるタイミングです。

レンタル開始日が1ヶ月後など、スケジュールに余裕がある場合は、レンタル開始できるタイミングをあまり気にする必要はありません。しかし、急な出張でポケットWi-Fiルーターがすぐに必要になったなど、スケジュールに余裕がない場合もあります。

レンタル開始できるタイミングが一番速いのは、ポケット型Wi-Fiサービスを提供している会社の実店舗で契約することです。実店舗であれば、その場でポケットWi-Fiルーターを受け取れるため、契約した当日から利用できます。

次に速いのは、翌日からレンタル開始できる会社です。翌日からレンタル開始するためには、当日の〇〇時までに契約するなど、条件が設けられる場合があるため、条件を満たせなかった場合は翌々日以降になってしまいます。

契約するときは、ポケットWi-Fiルーターをいつから利用したいかと、いつまでにサービス会社と契約を結べば使えるようになるかを確認しておきましょう。

zonokan
zonokan

店舗や事務所受取の場合は当日から、郵送の場合は最短で翌日から利用できます!

返却方法

ポケットWi-Fiのレンタルでは、返却方法も重要です。ポケット型Wi-Fiサービスをインターネット経由で契約した場合は、郵送で返却する方法が一般的です。郵送の方法は、サービス会社が提供した袋や封筒などにポケットWi-Fiルーター本体と付属品を入れ、返却する方法が多いです。

その他、店舗や事務所、空港の専用窓口に返却する方法や、宅配便で返却する方法があります。会社ごとに異なるため、返却方法はあらかじめ確認しておきましょう。

zonokan
zonokan

返却方法は、郵送もしくは持ち込み、宅配便が一般的です!

ポケットWiFiを1週間レンタルする際のデータ使用量の目安

ポケットWiFiを1週間レンタルする際のデータ使用量の目安

ポケット型Wi-Fiサービスをレンタルするにあたり、一番重要といえるのがデータ使用量です。そこで、大きく3パターンに分けて紹介します。

実際のところ、適切なデータ使用量はどのくらいなんでしょうか・・・。

zonokan
zonokan

ポケット型Wi-Fiサービスを1週間レンタルで利用する場合は、大きく3パターンに分かれます!

5GB程度でOKな人

5GBでOKな人の特徴は、ポケットWi-Fiルーターを「サブ回線」として利用する場合です。例えば、パソコンでインターネットをする時はスマートフォンの「テザリング」をメインで利用し、スマートフォンのデータ量が足りなくなった時だけポケット型Wi-Fiを利用する、などです。

データ使用量が5G程度でOKの使い方をするのであれば、ポケット型Wi-Fiをレンタルする意味があまりありません。理由は、契約する手間や届くまで待つ手間、レンタル終了後に返却する手間などを考えた場合、スマートフォンのテザリングでも問題ないケースが多いからです。

どうしても5GB程度しか使わないのであれば、ポケット型Wi-Fiが本当に必要かを再考することをおすすめします。

zonokan
zonokan

データ使用量が5GB程度の場合は、スマートフォンの容量を増やしてテザリング利用することも検討してください!

10GB程度必要な人

普段使いで使って、データ量を気にせず使える程度のデータ容量が、1週間で10GB程度です。普段使いの使い方としては、例えば調べ物などでネットサーフィンを行う、オンライン会議を行うなどです。

10GBでできることとしては、オンライン会議であれば15時間程度、YouTubeの動画であれば、画質によって10~20時間程度利用できます。

ポケット型Wi-Fiサービスを利用するのであれば、1週間で10GB程度利用することを基準に考えることをおすすめします。

zonokan
zonokan

ポケット型Wi-Fiサービスを1週間レンタルする場合、10GB程度が基準になります!

10GB以上必要な人

10GB以上必要な人というのは、レンタル期間中はデータ容量を「気にせず」使いたい方で、データ使用量が多い方です。例えば急な入院などで空き時間が増えてしまい、YouTubeなどの動画を1日中見ていたい、などが当てはまります。

レンタルのポケット型Wi-Fiサービスでは、「データ容量無制限」をうたっているサービスがあります。10GB以上利用するのであれば、「データ無制限」のサービスを検討しましょう。

データ無制限とうたっていた場合であっても、ありえない量のデータ消費してしまった場合は、通信速度制限がかかる場合があります。そのため、データ容量無制限のポケットWi-Fiサービスを利用するのであれば、条件を必ず確認しましょう。

zonokan
zonokan

1週間でデータ使用量が10GB以上になる場合は、データ容量無制限のポケット型Wi-Fiサービスも検討しましょう!

1週間レンタルするのにおすすめのポケットWi-Fi10選

1週間レンタルするのにおすすめのポケットWi-Fi10選

ポケット型Wi-Fiサービスを1週間レンタルするにあたり、おすすめしたい会社を紹介します。

zonokan
zonokan

紹介した10社は、どの会社もおすすめです!

会社名料金(手数料や送料含む)通信回線データ容量レンタル開始できるタイミング返却方法
WiFiレンタル屋さん390円以上(1日)※機種によって異なる、送料1,100円SoftBank、WiMAX、クラウドSIM(Docomo、au、SoftBank対応)10GB~無制限(※無制限は注意事項あり)事務所(東京)で受け取る場合は当日から、郵送の場合は最短で翌日宅配返却、空港返却、ポスト返却
WiFiレンタルどっとこむ496円以上(1日)※機種によって異なる、送料1,100円au、SoftBank、WiMAX、クラウドSIM(Docomo、au、SoftBank対応)無制限(※無制限は注意事項あり)最短で翌日宅配返却、空港返却、ポスト返却
WiFiレンタル本舗160円以上(1日)※機種によって異なる、送料1,100円Docomo、SoftBank、Y!mobile、クラウドSIM(Docomo、au、SoftBank対応)5GB~無制限(※無制限は注意事項あり)事務所(東京)で受け取る場合は当日から、郵送の場合は最短で翌日宅配返却、空港返却、ポスト返却
NETAGE495円以上(1日)※機種によって異なる、送料1,100円docomo、au、SoftBank、Y!mobile、WiMAX、クラウドSIM(Docomo、au、SoftBank対応)5G~無制限(※無制限は注意事項あり)店舗や事務所(東京)で受け取る場合は当日から、郵送の場合は最短で翌日宅配返却、空港返却、ポスト返却
wifiレンタルjapanWiFiレンタルjapanロゴ480円以上(1日)※機種によって異なる、送料1,100円(関東の場合は990円)docomo、SoftBank、WiMAX5GB~無制限(※無制限は注意事項あり)最短で翌日空港返却、ポスト返却
Global MobileGlobal Mobile480円以上(1日)※機種によって異なるSoftBank無制限最短で翌日宅配返却、空港返却、ポスト返却
カシモバカシモバロゴ400円以上(1日)※機種によって異なる、送料1,100円Docomo、Y!mobile、WiMAX1日3GB~5GB店頭(東京)で受け取る場合は当日から、郵送の場合は最短で翌日宅配返却、空港返却、ポスト返却
どんなときもWiFi forレンタル300円以上(1日)、送料1,100円クラウドSIM(Docomo、au、SoftBank対応)1日3GB以上最短で翌日ポスト返却
WiFi東京レンタルショップ440円以上(1日)、送料1,100円SoftBank7GB~無制限(※無制限は注意事項あり)店頭(東京)で受け取る場合は当日から、郵送の場合は最短で翌日宅配返却、空港返却、ポスト返却
どこでもネットどこでもネットロゴ450円以上(1日)※機種によって異なる、送料1,200円Docomo、au、SoftBank、Y!mobile、WiMAX3GB~無制限(※無制限は注意事項あり)最短で翌日宅配返却、ポスト返却

1週間レンタルするのにおすすめのポケットWi-Fiの特徴を解説

1週間レンタルするのにおすすめのポケットWi-Fiの特徴を解説

先程紹介した10社の特徴やおすすめポイントを紹介します。

zonokan
zonokan

先程紹介した10社を、少し掘り下げて紹介します!

 

WiFiレンタル屋さん:データ容量が選べて料金が安いポケット型Wi-Fiレンタル

Wi-Fiレンタル屋さん

WiFiレンタル屋さんは、ポケット型Wi-Fiレンタルサービスの中でも実績十分の会社です。WiFiレンタル屋さんで利用可能な回線は、SoftBank回線が中心で、WiMAX回線とクラウドSIM対応のWi-Fiルーターが選べます

WiFiレンタル屋さんのデータ容量は、Wi-Fiルーターによって異なります。SoftBank回線で選べるデータ容量は20GB、50GB、100GBの3種類です。1週間程度利用する場合は、20GBか50GBが無難です。

オプションは補償サービスとモバイルバッテリーレンタルの2種類で、標準的なオプションサービスです。特殊な製品として、秋葉原事務所で受け取る場合に限り、現金払い専用のレンタル専用端末を準備している点です。クレジットカードが利用できない場合は、現金専用の端末も検討しましょう。

zonokan
zonokan

WiFiレンタル屋さんは様々な端末をバランス良く提供しています!

WiFiレンタルどっとこむ:豊富な機種と豊富なオプションがおすすめ

Wi-Fiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむの紹介します。WiFiレンタルどっとこむで取り扱っている機器は、回線に応じた様々な機種を全部で22種類用意しています。ポケットWi-Fiルーターだけでなく、ホームルーターやUSBドングル型といった、バッテリーが搭載されていない機種もあります。

回線はau、SoftBank、WiMAX、クラウドSIMの4種類を扱っているため、利用する場所に応じた回線を選択できます。WiFiレンタルどっとこむで利用できるデータ容量は無制限です。しかし、無制限とはいえ、利用条件があるため、契約する前に利用条件を確認しましょう。

WiFiレンタルどっとこむの特徴は、豊富なオプションです。たいていのレンタル会社で提供している補償サービスやモバイルバッテリーの他にも、USBアダプターやカーチャージャーUSB(シガーソケットで利用するUSB)、Wi-Fi中継機、無線子機を提供しています。

レンタル端末やオプションの種類がたくさんあるということは、それだけ選ぶのに悩んでしまうかもしれません。WiFiレンタルどっとこむを利用するのであれば,レンタルWi-Fiに慣れている方がおすすめです。

zonokan
zonokan

たくさんの端末とオプションがあるため、レンタルWi-Fiを何度も利用したことがある方がおすすめです!

WiFiレンタル本舗:1日のみであれば最安160円で利用可能

WiFiレンタル本舗の紹介をします。WiFiレンタル本舗で扱っている機種は5種類です。利用できるデータ容量は5GB~無制限と、5GBを扱っている数少ないポケット型Wi-Fiサービス会社です。利用できる回線は、docomo、SoftBank、Y!mobile、クラウドSIMの4種類です。

オプションは一般的な補償サービスとモバイルバッテリーレンタルの2種類を提供しています。

WiFiレンタル本舗の特徴は、1日160円で利用できるという安さが特徴です。回線はDocomo回線、データ容量は月10GBで、7泊8日レンタルでも1,280円で利用可能です。

とにかく安くということであれば,WiFiレンタル本舗を検討する余地ありです。

zonokan
zonokan

安さ最重視であればWiFiレンタル本舗がおすすめです!

NETAGE:即日レンタルするのであれば実店舗が多いNETAGEがおすすめ

NETAGE

NETAGEで取り扱っている機種は26種類と、最多の端末数を誇っています。中には、法人専用端末やキャンペーンで割引される端末などがあります。利用できるデータ容量は5GB~無制限で、利用できる回線は、docomo、au、SoftBank、Y!mobile、WiMAX、クラウドSIMの6種類です。

NETAGEの最大の特徴は、全国展開しているパソコン工房などの店舗で即日レンタル可能という点です。パソコン工房以外にもクラポというお金と暮らしのサポートサービスを展開している店舗の一部、PCコンフルというパソコンショップの一部店舗でも利用可能です。

即日レンタル可能な機種は、1種類のみです。SoftBank回線でデータ容量は無制限です。即日利用したいのであれば、NETAGEが一番おすすめです。

zonokan
zonokan

パソコン工房などのNETAGEを取り扱っている店舗であれば即日レンタル可能です!

WIFIレンタルJAPAN:売り切りWiFiというプリペイドSIMの取り扱いあり

wifiレンタルjapanで取り扱っている機種は10種類と、標準的な数の端末を取り扱っています。利用できるデータ容量は5GB~無制限で、50GB、100GB、無制限が主流です。利用できる回線は、Docomo、SoftBank、WiMAXの3種類です。

wifiレンタルjapanならではの特徴は、売り切りWiFiという形式の販売方法です。売り切りWiFiは簡単にいうと、ポケットWi-Fiルーターと31日間で45GB利用可能なSIMカードの販売です。ポケットWi-FiルーターとSIMカードをセットで購入するか、ルーター、SIMカードを単体で購入します。

売り切りWiFiは、厳密にいうとレンタルではないものの、レンタルとは異なり返却する手間がないのが大きなメリットです。例えばSIMフリーのポケットWi-Fiルーターを保有しているのであれば、安い料金で利用できる可能性があります。

レンタル製品を紛失した場合、実費が取られてしまうため、物をなくしやすい方であれば、売り切りWi-Fiを検討するのもありでしょう。

zonokan
zonokan

WIFIレンタルJAPANは、売り切りWiFiという独自の販売方法が特徴です!

Global Mobile:海外利用するのであれば第一候補

Global Mobileを国内で利用する場合、利用可能な端末は3種類で、すべてソフトバンク回線を利用します。利用できるデータ容量は無制限のみです。

Global Mobileの強みは、社名に「グローバル」とついていることからも分かる通り、海外利用です。

Global Mobileのポケット型Wi-Fiルーターで利用できる場所は、US(アメリカ)、韓国や台湾、中国やインドなどなどのアジア、イギリスやドイツなどのヨーロッパ、オーストラリア、ハワイやグアム、ワールド(世界127カ国)です。

海外でポケット型Wi-Fiを利用するのであれば、Global Mobileから検討しましょう。

zonokan
zonokan

海外でポケット型Wi-Fiサービスを利用するのであれば、Global Mobileが鉄板です!

カシモバ:バランスの良いサービス会社

カシモバで取り扱っている機種は10種類で、利用できるデータ容量は3GB~無制限です。利用できる回線は、docomo、Y!mobile、WiMAXの3種類です。オプションは、補償サービス、モバイルバッテリー、シガーソケットプラグの3種類です。

今回紹介したポケット型Wi-Fiサービス会社の中では、標準的なサービスを提供している会社です。端末が多すぎるわけでも少なすぎるわけでもなく、料金は全体的には少し安めなため、どの会社を選べば良いか迷うような場合は、カシモバがおすすめです。

zonokan
zonokan

大手のポケット型Wi-Fiレンタル会社が利用できないときにはおすすめです!

どんなときもWiFi forレンタル:サービスがシンプルでやすい

どんなときもWiFi forレンタルで取り扱っている機種は1種類のみです。利用できるデータ容量は1日3GBと1日5GBの2種類のみです。利用できる回線は、クラウドSIMのみです。オプションは補償サービスのみです。

どんなときもWiFi forレンタルの特徴は、とにかくシンプルです。料金は、1日3GBプランの場合は1日あたり300円で、例えば7日利用する場合は、300円×7日=2,100円と送料1,100円が利用料金です。

難しいことを考えずにポケット型Wi-Fiのレンタルサービスを契約したいのであれば、どんなときもWiFi forレンタルがおすすめです。

zonokan
zonokan

どんなときもWiFI for レンタルは、すべてがシンプルなため、あまり悩まずに利用可能です!

WiFi東京レンタルショップ:補償サービスが会員登録で無料で付与

WiFi東京レンタルショップで利用可能な端末は1種類のみで、利用できるデータ容量は1日3GB以上のみです。利用できる回線はSoftBankのみです。WiFi東京レンタルショップは「東京」という名称が付いているものの、全国どこでも利用可能です。

WiFi東京レンタルショップの特徴は、他の会社であれば有料オプションの補償サービスを、「LINE@」の友達追加もしくはWiFi東京レンタルショップの会員登録をすることで無料利用できます。

補償サービスにお金をかけたくないのであれば、おすすめです。

zonokan
zonokan

補償サービスが会員登録で無料になります!

どこでもネット:法人向けプランがあるサービス会社

どこでもネットで利用可能な端末は5種類で、利用できるデータ容量は7GB~無制限まであります。利用できる回線はDocomo、au、SoftBank、Y!mobile、WiMAXです。オプションサービスは、端末補償、モバイルバッテリー、充電クレードルがあります。

どこでもネットは、法人向けプランがあります。法人プランの特徴は、見積もりの発行や請求書払いができる点です。法人でポケット型Wi-Fiサービスのレンタルを検討しているのであれば、どこでもネットで相談してみましょう。

zonokan
zonokan

法人契約する場合は、どこでもネットがおすすめです!

ポケットWiFiを1週間レンタルする際の注意点2つ

ポケットWiFiを1週間レンタルする際の注意点2つ

ポケット型Wi-Fiサービスのレンタルで気をつけるポイントを紹介します。

zonokan
zonokan

注意点を守らないと思わぬ請求が発生する場合があるので注意しましょう。!

返却が遅れると追加料金を取られる

ポケット型Wi-Fiのレンタルサービスで一番気をつけるポイントは、返却です。レンタルの場合、レンタル期間が終わったら速やかに端末を返却しなければなりません

返却日はレンタル会社によって異なりますが、一般的にはレンタル終了日の「翌日」に発送する必要があります。返却方法によっては翌日の「午前中」など時間が指定される場合があります。

ポケットWi-Fiルーターの返却が遅れた場合は、遅れた期間分の追加料金(会社によっては延滞料金)が発生します。

注意してほしい点としては、コンビニから宅配で返却する場合などです。例えば、コンビニで当日集荷が来るタイミングより後に宅配の手続きをした場合は、翌日集荷になります。この場合、返却日は翌日になるため、1日分の延滞料金がかかります。

そのため、レンタル期間が終わったポケットWi-Fiは、翌日の速い時間で確実に返却する必要があります。

zonokan
zonokan

ポケット型Wi-Fiは、レンタル期間が終わったら、次の日の早い時間で返却しよう!

端末の破損や紛失をしてしまうと、高額な弁済金を請求される

ポケット型Wi-Fiレンタルサービスで気をつけるもう1つのポイントは、端末の破損や紛失です。例えばうっかり水没させてしまった、端末を落として傷をつけてしまったなど、破損させてしまった場合は修理料金が発生します。

端末を受け取った際についてきた付属品などにも注意が必要です。端末だけでなく、付属品もすべて返却する必要があります。付属品の中には、細かい付属品なども存在するため、ついうっかり入れ忘れた、という可能性もあります。

端末の借り手にとってはついうっかりのミスであっても、高額な弁済金が発生する可能性があります。そのため、端末が届いたら、付属品まで含めて何が届いたかを確認すること最初に動作確認を行ってケーブルなどの調子が悪い場合は、届いたその日にサービス会社まで相談することをおすすめします。

zonokan
zonokan

レンタルだからといって乱暴に扱うのではなく、人から借りたものという気持ちを忘れずに、丁寧に扱うことを心がけましょう。

ポケットWiFiの1週間レンタルがおすすめな人の特徴

ポケットWiFiの1週間レンタルがおすすめな人の特徴

ポケット型Wi-Fiサービスの1週間レンタルがおすすめの人を紹介します。

zonokan
zonokan

おすすめな人のポイントは「急な短期イベント」が発生した人です。

急な出張などでWi-Fiが必要になった人

レンタルWi-Fiをおすすめするケースとしては、急な出張などでWi-Fiが必要になった場合です。日帰りの出張ではもちろんのこと、ホテルなどの宿泊が伴う場合であってもおすすめできます。

宿泊する場合、ホテルでWi-Fiサービスを提供している場合があります。しかし、ホテルなどの無料Wi-Fiサービスでは、公共Wi-Fiのように、パスワードなどのセキュリティがかかっていない場合があります。

ネットサーフィンなど、個人的に利用するのであれば問題になるケースは少ないものの、会社の資料を扱うなどセキュアな環境がもとめられる場合は、セキュリティがしっかりとしたレンタルWi-Fiをおすすめします。

zonokan
zonokan

ポケット型Wi-Fiサービスのレンタルでは、セキュリティ対策も万全です!

引っ越しのつなぎでWi-Fiをレンタルしたい人

引っ越しをする場合、引っ越し先でインターネット環境が利用できない場合があります。というのも、光回線などの固定回線を利用する場合は回線開通工事が発生するからです。

回線開通工事は予約制のため、うまくいけば数日でできるものの、新学期が始まるタイミングの引っ越しシーズンでは、引っ越しから工事まで1週間以上空いてしまう場合があります

そこで、引っ越し直後から回線開通工事までのつなぎとして、ポケット型Wi-Fiをレンタルしてインターネットを利用することをおすすめします。

zonokan
zonokan

引っ越しのつなぎで数日間使う場合もおすすめです!

一時帰国してWi-Fiが欲しい人

海外から一時帰国する場合もポケット型Wi-Fiがおすすめです。海外で生活している方は、海外キャリア回線を利用しており、日本で利用できるとしても、料金面では現地で利用するよりも高くなります。

そのため、日本では海外キャリア回線は使わず、ポケットWi-Fiをレンタルすることで、通信費用を大幅に抑えられます。

今回紹介したポケット型Wi-Fiサービス会社では、ルーターを空港に届けるサービスと、空港に返却するサービスを展開している会社があります。

一時帰国が決まった段階で、海外から日本のポケットWi-Fiサービスを契約し、帰国したその日に空港でポケットWi-Fiルーターを受け取ります。そして、海外に戻る日に空港でポケットWi-Fiサービスを返却する、という使い方が可能です。

zonokan
zonokan

一時帰国でポケット型Wi-Fiサービスをレンタルする場合は、空港受取を活用しましょう!

短期間入院することになった人

数日~10日程度の短期間入院についても、ポケットWi-Fiのレンタルがおすすめです。短期間の入院の場合、検査や問診、治療の時間が意外と少なく、空き時間が結構あります

昔は雑誌を何冊も購入する、ポータブルDVDプレイヤーなどで映画を見るなど、なにかしら持ち込んで暇つぶしをしていました。しかし、今はインターネットとパソコンやスマホがあれば、電子書籍で本や雑誌が読める、YVOD(動画配信サービス)で映画や動画が楽しめる時代です。

しかし、長い時間インターネットを利用した場合、データ量がたくさん消費されてしまうため、ポケット型Wi-Fiをレンタルして、思う存分楽しむことをおすすめします。

zonokan
zonokan

ポケット型Wi-Fiサービスをレンタルして、暇つぶししましょう!

ポケットWiFiの1週間レンタルに関するよくある質問

ポケットWiFiの1週間レンタルに関するよくある質問

最後に、ポケット型Wi-Fiサービスの1週間レンタルで、よくある質問をまとめました。

■ 即日レンタルできるおすすめのポケットWi-Fiはどれ?
■ 無制限で使えるおすすめのレンタルポケットWi-Fiはどれ?
■ 口座振替ができるレンタルポケットWi-Fiはある?
zonokan
zonokan

今回紹介したよくある質問は忘れずに確認しよう!

即日レンタルできるおすすめのポケットWi-Fiはどれ?

ポケット型Wi-Fiを即日レンタルするためには、店舗を構えている必要があります。例えば、WiFiレンタル屋さんの場合は、秋葉原に店舗を構えているため、東京近郊であれば即日レンタル可能です。

今回紹介した中でも、NETAGEでは、パソコン工房やパソコン工房の系列店で即日レンタルが可能です。パソコン工房は全国展開しているため、東京や大阪といった大都市だけでなく、地方都市などでも利用できる場合があります。

zonokan
zonokan

即日レンタルするのであればNETAGEが一番おすすめです!

無制限で使えるおすすめのレンタルポケットWi-Fiはどれ?

無制限で使えるおすすめのポケット型Wi-Fiレンタル会社は、WiFiレンタル屋さんです。WiFiレンタル屋さんの特徴は、利用できる端末や回線の数が多いことです。

多少遅くなってもよいから料金が安い端末から、通信と料金のバランスが良い端末、回線が安定している端末など、利用用途に合わせて選ぶことが可能です。

1点、無制限に関する注意があります。ポケットWi-Fiのレンタルサービスで提供している無制限のデータ容量は、ほぼすべての会社で制限があります。例えば1日3GB以上利用すると通信速度制限がかかる、3日で10GB以上通信すると通信速度制限がかかる、などです。

zonokan
zonokan

データ容量が無制限とはいっても、常識を超えるような使い方は避けましょう。

口座振替ができるレンタルポケットWi-Fiはある?

1週間程度利用可能なポケット型Wi-Fiサービスのレンタルでは、口座振替ができる会社は残念ながらありません。

ただし、現金払いが可能なポケットWi-Fiサービスがあります。今回紹介した中では「WiFiレンタル屋さん」で秋葉原の事務所で契約する場合に限り、現金払いが可能です。

とはいえ、クレジットカードが利用できるのであれば、ポケット型Wi-Fiをレンタルで利用した方が無難です。

zonokan
zonokan

ポケット型Wi-Fiサービスをレンタル利用するのであれば、クレジットカードを準備しておきましょう!

まとめ:1週間レンタルするのにおすすめのポケットWi-Fiは「WiFiレンタル屋さん」

今回紹介したポケットWi-Fiサービスでは、「WiFiレンタル屋さん」をおすすめします。おすすめする理由は、レンタルの流れが分かりやすい点です。それでいて、種類もある程度取り揃えているため、用途や料金に合わせて選択できます。

特に初めてレンタルサービスを利用する場合は、WiFiレンタル屋さんを利用すれば間違いないと言えます。その後、レンタルサービスを利用したい場合は、利用用途に合わせて他の会社も選択肢に入れることをおすすめします。