Wi-Fiの特徴

IPv4とIPv6とは? IPoE・PPPoEの違いも解説

 

Yoda
Yoda

この記事は、IPv4とIPv6について解説しています。

 

IPv4とか、IPv6とかいう言葉を聞いたぞ。

インターネットに関係あるんだろ、どこがどう違うんだ?

うちのはどっちなんだろ?

古いから、たぶんIPv4の方だろうな。

じゃ、IPv6に替えなきゃいけないんだろうか?

そうですね、IPv6はけっこう前からありました。最近だんだん普及しつつありますね

たいていのプロバイダは、IPv6に対応するオプションサービスをやっています。

そこで今回はIPv4とIPv6について、詳しく調べてみました。

IPv6について知っていただいて、自分のインターネット環境の改善に役立てていただければ、と思います。

これからインターネットを契約しようと考えている方も、またすでに契約済みの方にも、役に立つ情報を載せていますので、ぜひ最後までお読みください。

【この記事でわかること】
● IPv4とIPv6・IPoEやPPPoEとは?
● IPv4とIPv6の違い
● IPv4 over IPv6のメリット

IPv4とIPv6・IPoEやPPPoEとは?

IPv4とIPv6・IPoEやPPPoEとは?

ここでは、IPv4とIPv6・IPoEやPPPoEについて解説していきます。

Yoda
Yoda

以下のとおりです。

● IPv4とは?
● IPv6とは?
● PPPoEとは?
● IPoEとは?

IPv4とは?

まずIPv4のIPはインターネットプロトコルの略です。

IPはインターネット上でデータのやり取りをコントロールするときの通信基準です。IPアドレスは、インターネットに接続されるすべてのコンピュータを識別するために与えられ、固有の数字で表記されます。

IPv4は、1990年代後半からインターネットの普及とともに広く使われるようになり、現在も引き続き使用されています。

Yoda
Yoda

IPv4ではIPアドレスを、32ビットのデータとして表します。IPv4のアドレス総数は2の32乗個=42億9496万7296個です。つまり最大約43億台のコンピュータがインターネットに直接接続できることになります。

しかしインターネットの急速な普及により、現在ではIPv4だけではIPアドレスの数が足りなくなってきました。

IPv6とは?

IPv6は、IPv4のIPアドレス不足を解消する目的で開発されました。

IPv6ではIPアドレスを、128ビットのデータとして表します。IPv6のIPアドレス総数は3.4×10の38乗個=約340澗(かん)個となります。IPv6ではIPアドレスを、事実上無限に割り当てられるようになりました。

また屋内の端末機に割り当てられるIPv6のIPアドレスは、MACアドレスをベースに自動設定されるため、ユーザーは基本的にIPv6アドレスの設計や設定が不要です。

MACアドレス:各端末・機器に割り当てられた固有の識別番号

すごいね、もうIPアドレスの取得には困らないんだね。

現在、家電製品も含めたさまざまな機器がIPv6アドレスを使っています。

Yoda
Yoda

すでに携帯電話プロバイダが提供しているインターネット接続サービスにおいて、IPv6アドレスが標準的に使われています。サーバー側でもIPv4だけでなく、IPv6対応が進められています。

 

PPPoEとは?

PPPoEはPPP (Point-to-Point Protocol)という通信方式の機能を、イーサネット上で利用できるようにしたものです。

● イーサネット:オフィスや一般家庭で利用されているネットワーク

PPPはモデムを使ってコンピュータをインターネットに接続するときや、ルーター同士を接続するとき使用される通信規格です。

ユーザー認証やIPアドレスの割り当てといった機能が含まれています。

Yoda
Yoda

そのため家庭のパソコンでインターネットに接続する際、プロバイダから与えられたユーザー名(ID)と設定したパスワードを入力して接続する必要があります。

インターネットに接続するときには、まずプロバイダーに接続する必要があります。PPPoE方式ではその際に電話回線網とプロバイダーにつながる「ネットワーク終端装置」を必ず通ります。

● 終端装置(ONU):光回線の信号をデジタル信号に変換するための装置

通信量が増加すると、このネットワーク終端装置が混雑することで、通信速度が遅くなる原因となっています。

IPoEとは?

IPoE方式(Internet Protocol over Ethernetの略)ではあらかじめイーサネットの利用を条件として考案されています。

そのためIPoEは、プロバイダ側のネットワーク(次世代ネットワーク)と直接接続してIP通信を行う通信方式です。

Yoda
Yoda

PPPoEのように接続用のユーザー名(ID)とパスワードを必要としません。

● 次世代ネットワーク(NGN):Next Generation Networkの略。既存の電話網をIP網に置き換えるとともに、現在のIPネットワークがはらむセキュリティ上の脆弱性を解決し、サービスの質の保証をするネットワーク。そのネットワーク上で電話やオンライン会議、ストリーミングなど多様なサービスを提供することによって「統合IPネットワーク」をめざしている。

ネットワークが混雑しやすい箇所を避けられるため、IPoE方式では混雑しにくくなっています。そのため通信速度は速くなります。

なるほど、どんどん進歩しているんだね。

IPv4とIPv6との違い

IPv4とIPv6との違い

ここでは、IPv4とIPv6との違いについて、解説していきます。

Yoda
Yoda

以下のとおりです。

● IPv4とIPv6との比較表
● 通信速度やセキュリティはIPv6の方が優秀

IPv4とIPv6との比較表

Yoda
Yoda

ここでは、IPv4とIPv6との比較をします。下の表のとおりです。

IPv4IPv6
IPアドレス数2の32乗個=42億9496万7296個3.4×10の38乗個=約340澗(かん)個
表記方法(例)192.168.0.1(例)2001:db8::12:0:0:1
先頭から8ビットごとにピリオド(.)で区切り、10進数(000~255)に変換16ビットごとにコロン(:)で区切って、16進数(0000~ffff)に変換
網終端装置の有無ありなし
対応機器IPv4対応機器IPv6対応機器
通信速度PPPoE:△~○
IPoE:

IPv4とIPv6のIPとは、いずれもInternet Protocolの略で、「v」はversion(バージョン)の略です。つまりIPv4は第4版、IPv6は第6版という意味です。

IPv4はPPPoEに対応しており、PPPoEは直接イーサネットとの通信を行うわけではないため、PoEに比べて通信速度が遅くなります。

Yoda
Yoda

IPv6はPPPoEとIPoEの両方に対応していますが、PPPoE規格で接続した場合、通信速度が遅くなることがあります。

通信速度やセキュリティはIPv6の方が優秀

通信速度やセキュリティはIPv6の方がすぐれています。

IPv6はIPoE方式で接続されています。PPPoE方式とは異なり、帯域幅の広い通信網や通信設備を経由して、インターネットに接続するため、回線の混雑を避けることができ、高速なインターネット通信が可能です。

IPv6のセキュリティについては、IPv6環境ではIPsecが使われるためIPv4環境よりも安全である、といわれています。

● IPsec=Security Architecture for Internet Protocol:暗号技術を用いることにより、IP パケット単位で改ざん検知や秘とく機能を提供する通信規格。

う~ん、やっぱりIPv6の方がいいなぁ。

IPv4 over IPv6のメリット

IPv4とIPv6との違い

ここでは、IPv4 over IPv6のメリットについて、解説していきます。

Yoda
Yoda

以下のとおりです。

● メリット1. 混雑しにくい通信環境
● メリット2. 設定が簡単
● メリット3. 追加料金が必要ないプロバイダもある

IPv4 over IPv6とは、IPv6の環境で通信を行いながら、IPv4アドレスの利用もできる通信方式です。

IPv4 over IPv6は、サービス名を「v6 プラス」と呼ぶこともあります。

メリット1. 混雑しにくい通信環境

IPv6は、インターネット接続の高速化を実現しました。

IPv4 over IPv6は、IPv6パケットの中にIPv4パケットを含めて通信することで、必要に応じてIPv6接続とIPv4接続を選択でき、両方式での通信が可能になりました。

「IPv4 over IPv6」によって、IPv4(PPPoE)で混雑しがちな網終端装置を通さずにインターネット接続が可能になりました。

IPv4 over IPv6によって、webサイトがIPv4・IPv6どちらの方式であっても、「IPoE方式」で接続できるので、IPv4を利用した場合でも、高速通信が期待できます。

IPv4とIPv6のいいところだけ使うんだね。

こりゃいい。

メリット2. 設定が簡単

Yoda
Yoda

IPv4 over IPv6の設定は簡単です。下記の手順になります。

まずプロバイダにIPv4 over IPv6へ切り替える申し込みをします(Web上からも可能)。

1. IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)対応ルーターを用意。
2. 回線終端装置(またはホームゲートウェイ)とルーターをLANケーブルで接続。
3. IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)や、光回線の開通完了を待つ。
4. 約80秒ほど待ち、ルーターのPOWERランプやWANランプ、INTERNETランプ(ACTIVEランプ)が点灯することを確認。インターネットの利用可能を確認。

メリット3. 追加料金が必要ないプロバイダもある

IPv4 over IPv6はプロバイダにより技術・方式は異なりますが「v6 プラス」「transix」「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッドサービス」などというサービス名で提供されています。

「IPv4 over IPv6」は、毎月のプロバイダ料金に追加のオプションサービスとして利用できますが、プロバイダによっては無料オプションとして提供しています。

Yoda
Yoda

たとえば、「ぷらら光」「ドコモ光」などがあげられます。

IPv4 over IPv6の注意点

ここでは、IPv4 over IPv6の注意点について、解説していきます。

Yoda
Yoda

以下のとおりです。

● 提供しているプロバイダーと対応ルーターに注意
● ポート開放制限があるので注意

提供しているプロバイダーと対応ルーターに注意

Yoda
Yoda

IPv4 over IPv6を利用するには、まず利用しているプロバイダやルーターがIPv4 over IPv6に対応していることを確認します。

IPv4 over IPv6の通信技術は、「4rd/SAM」「MAP-E」「DS-Lite」の3つに分類されています。いずれも、IPv6とIPv4に対応しています。

ただし「4rd/SAM」と「MAP-E」はポート開放が可能ですが、「DS-Lite」ではポート開放はできません。

●ポート開放とは?
・正式には「ポート転送設定」。ポートは簡単に言うとデータの送受信を行うための通り道。通常外部からの不正アクセスを遮断するために「ポートフィルタリング機能」によりセキュリティを強化している。ポートフィルタリング機能の一部を解除し、サービスが使用できる状態にすること。

プロバイダによって採用する通信技術が異なるため、IPv4 over IPv6の切り替えには、オプションへの申し込みや追加料金の支払いなどが発生する場合もあります。

Yoda
Yoda

IPv4 over IPv6に切り替える際は、プロバイダと対応ルーターの確認を忘れないようにしましょう。

ポート開放制限があるので注意

IPv4 over IPv6では、IPアドレスとともに、ポートも複数の利用者と共有します。そのため、ポート開放は制限され、割り当てられたポートのみ開放できます。

また、固定IPが使用できないため、利用できる接続サービスもそれほど多くありません。

● 利用できないサービス:VPS(仮想専用ネットワーク)などのPPTPや、Linux kernel・Solaris・AIXなどのOSを始めとするSCTP。
● 利用できるサービス:WindowsやMacなどのOS。

う~ん、けっこう制約があるな。

IPv4 over IPv6が使えるプロバイダ3選

IPv4 over IPv6が使えるプロバイダ3選

ここせは、IPv4 over IPv6が使えるプロバイダ3社を選び、解説していきます。

Yoda
Yoda

以下のとおりです。

●「@nifty光」フレッツ光の高速回線
●「So-net光プラス」NTTが提供する高品質プロバイダ
●「ビックローブ光」auユーザーはお得に使える

「@nifty光」フレッツ光の高速回線

「@nifty光」は、フレッツ光の高速回線です

■IPv4 over IPv6サービスの概要

対象コース@nifty光、@nifty光ライフ with フレッツ、@nifty光 with フレッツ、@nifty with ドコモ光、@nifty光 プロバイダーコース、Bフレッツコース
対象回線NTT東日本/西日本のフレッツ 光ネクスト回線、フレッツ光クロス回線
対応機器ホームゲートウェイまたは「IPv4 over IPv6」対応ブロードバンドルーター(Wi-Fiルーター)
同時に利用できないサービス固定IPサービスをご利用中の状態でお申し込みいただいた場合、IPv6対応サイトのみ快適にご利用いただけるようになり(IPoE接続)、一般的なサイトは従来通りの接続方法(PPPoE接続)になります。
以下の条件に当てはまる場合には、「@nifty v6サービス」が開通してもサービスをご利用いただけない場合があります。
特定のプロトコル(PPTP、SCTP)を利用するサービス
・利用可能なポート番号が制限されているため、特定のポートを使うサービス
・IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス

■ 料金

IPv4 over IPv6サービス名@nifty v6サービス
追加オプション料0円
月額料金0円

 

@nifty光の詳細を見る

「So-net光プラス」NTTが提供する高品質プロバイダ

「So-net光プラス」は、NTTが提供する高品質プロバイダです。

■ IPv4 over IPv6サービスの概要

対象OSWindows7・Vista以降、MacOSX10.4以降、iOS4.1以降、Android
対象コースSo-net 光 プラス、So-net 光、plala(Sコース)(旧So-net for ドコモ光)、So-net 光 アクセス、So-net 光 with フレッツS、So-net 光 with フレッツ、So-net 光 with フレッツS (G)、So-net 光 with フレッツ (G)、フレッツ 光、フレッツ 光 (G)
対象回線フレッツ 光ネクスト、フレッツ 光ライト
対応機器東日本、西日本 (レンタル)のホームゲートウェイ(ひかり電話ルーター/ひかり電話対応機器)、v6プラス対応ブロードバンドルーター(BBR)
同時に利用できないサービス「IPv6ブリッジ (パススルー)機能」に対応していない市販のルーター。
対応していない機器の一例:AirMac Extreme、AirMac Time Capsuleなどの一部のApple製品

■ 料金

IPv4 over IPv6サービス名v6プラス
追加オプション料0円
月額料金0円

 

So-net光プラスの詳細を見る

「ビックローブ光」auユーザーはお得に使える

Yoda
Yoda

「ビックローブ光」なら、auユーザーはお得に使えます。

「ビッグローブ光×auセット割」は、ビッグローブ光と、auのスマートフォン・タブレット・携帯電話などを同時に利用することで、ビッグローブ光の月額料金が最大1,200円割引になるサービスです。

■ IPv4 over IPv6サービスの概要

対象コースビッグローブ光「ひかり」コース、「ひかり」コース with ドコモ光、BIGLOBE光パックNeo with フレッツ、BIGLOBE光 with フレッツ、「ひかり」/「Bフレッツ」コース、「使いほーだい」コース+「フレッツ光」オプション、BIGLOBE法人光パックNeo with フレッツ総合コース、BIGLOBEオフィス光 with フレッツ総合コース、
ビッグローブ光総合コース、総合コース+「フレッツ光」オプション
対象回線ビッグローブ光、ドコモ光、フレッツ 光ネクスト、フレッツ 光ライトプラス、フレッツ 光ライト
対応機器接続機器(無線LAN付き)、当社で動作確認している接続機器、光電話を契約中で、回線事業者からレンタルしているひかり電話対応機器、ビッグローブ光の「1ギガ対応無線LANルータ」
同時に利用できないサービス固定IPサービス、ダイナミックDNSサービス、一部通信型ゲームなど、特定ポートを使用するサービス、または、複数のユーザでIPアドレスを共有すると利用できないサービスあり。外部へのサーバー公開。
すでに利用中、もしくは今後利用を予定している方は、代わりに「IPv6オプションライト」の利用を検討してください。

■ 料金

IPv4 over IPv6サービス名IPv6オプション
追加オプション料0円
月額料金0円

どこもオプション料・月額料金が無料なのがいいね。

利用できないサービスがどこも違うから、よく確認しなくちゃ。

 

ビックローブ光の詳細を見る

IPv4とIPv6に関するよくある質問

IPv4とIPv6に関するよくある質問

ここでは、IPv4とIPv6に関するよくある質問について、回答していきます。

Yoda
Yoda

以下のとおりです。

● IPv4とIPv6の切り替え方法は?
● IPv4とIPv6は同時接続可能?
● ipv4 over ipv6のルーター設定はどうすれば良い?

IPv4とIPv6の切り替え方法は?

これまでIPv4(PPPoE)でインターネットを使っていて、IPv6(IPoE)に変更したい人に向けて解説します。

フレッツ光、およびコラボ光全て共通となります(ソフトバンク 光だけ異なります)。

すでにIPv6(IPoE)が開通していることを前提としています。まだ開通していない方は、契約のプロバイダへ連絡して、申し込みから行ってください。以下のとおりです。

1. 無線ルーターの電源を切る
2. ONUの電源を切る
3. ONUの電源を入れる
4. 無線ルーターの電源を入れる
5. 無線ルーターの設定を変更する
6. IPv4及びIPv6でつながっているか確認する

意外に簡単じゃないの?

IPv4とIPv6は同時接続可能?

IPv4 over IPv6のサービスを利用すれば可能です。

利用中のプロバイダにIPv4 over IPv6のオプションサービスがあるかどうか、確認してください。サービスを行っていれば、申し込むだけです。

Yoda
Yoda

あとはIPv6に対応している無線LANルーターを用意し、接続設定をしてください。

ipv4 over ipv6のルーター設定はどうすれば良い?

ipv4 over ipv6のルーター設定について、例としてBUFFALOの場合を載せておきます。

1. ROUTERモードに設定。
2. 設定画面を表示。
3.「詳細設定」をクリック。
4.「Internet」-「Internet」をクリック。
5.「IPアドレス取得方法」で「IPv6オプションを使用する」を選択し、画面右下の設定ボタンを押す。
6. 設定が完了したら、再度ブラウザを起動し、インターネットに接続できるか確認。

まとめ:IPv4とIPv6の違いを理解してプロバイダ選びに生かそう

まとめ:IPv4とIPv6の違いを理解してプロバイダ選びに生かそう

いかがでしたでしょうか。

この記事では、

● IPv4とIPv6・IPoEやPPPoEとは?
● IPv4とIPv6との違い
● IPv4 over IPv6のメリット
● IPv4 over IPv6の注意点
● IPv4 over IPv6が使えるプロバイダ3選
● IPv4とIPv6に関するよくある質問

以上を解説してきました。IPv4とIPv6の違いを理解できたでしょうか。

IPv4とIPv6の違いを理解して、プロバイダ選びに生かしましょう。

自分のインターネット環境に不満はありませんか? たとえば速度が遅い、つながりにくいとか。

これからインターネットを契約する人も、すでに契約している人も、IPv4 over IPv6のオプションサービスはおすすめです。

もちろん今のインターネット環境に満足している方は、その必要はありません。

Yoda
Yoda

この記事が、ユーザーさまのWi-Fi選びに少しでもお役に立てれば、うれしいです。