機種・端末

BIGLOBE WiMAX2+の評判-料金プランや解約方法、通信制限について

本記事では、BIGLOBE WiMAX2+の概要や特徴、メリット、デメリットなどを紹介し、他のプロバイダと比べてBIGLOBE WiMAX2+がどのような方に向いているか、どのようにすればBIGLOBE WiMAX2+をお得に契約できるかなどについて解説します。

BIGLOBE WiMAX2+って実際のところどうなの?

モバイルWi-Fiの中でもいくつか種類がありますが、特に料金の安さや使い勝手の良さからWiMAXが注目を集めています。

WiMAXの中でもかなりの数のプロバイダがありますが、その中でもBIGLOBE WiMAX2+を検討している方もいるのではないでしょうか。

谷

BIGLOBE WiMAX2+の概要などに触れつつ、他のプロバイダと比較してBIGLOBE WiMAXがどんな方向けのプロバイダなのか、またBIGLOBE WiMAX2+をお得に契約する方法などについて解説します。

BIGLOBE WiMAX2+を検討している方やWiMAXのプロバイダ選びに迷っている方は是非参考にしてみてください。

この記事で分かること
・BIGLOBE WiMAX2+がどんなプロバイダでどんな特徴があるのか
・BIGLOBE WiMAX2+がどんな方に向いているか
・BIGLOBE WiMAX2+をお得に契約する方法

  1. BIGLOBE WiMAX2+とは?
  2. BIGLOBE WiMAX2+の7つのメリット
    1. WiMAXプロバイダの中で唯一「1年契約」ができる
    2. 口座振替に対応している
    3. 解約金も安いので1年未満の利用にも向いている
    4. 最大17,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中
    5. auとUQモバイルとのセット割でリーズナブルに利用できる
    6. 最短即日発送ですぐに利用可能
    7. 契約から8日以内なら無料解約可能
  3. BIGLOBE WiMAX2+の3つのデメリット
    1. 端末のレンタルができず端末代が発生する
    2. BIGLOBE WiMAX2+よりも安いWiMAXプロバイダがある
    3. ハイスピードプラスエリアモードが有料
  4. BIGLOBE WiMAX2+は契約して良い? 他のWiMAXプロバイダやモバイルWi-Fiと比較
  5. 他社との比較で分かった! BIGLOBE WiMAX2+をおすすめできる人
    1. 1年以内の短期でWiMAXを使いたい人
    2. 料金を口座振替で支払いたい人
  6. BIGLOBE WiMAX2+をお得に申し込む方法
    1. 公式サイトを開いて「Webからのお申し込みはこちら」をクリック
    2. プラン、製品、データ端末、端末のカラー、アクセサリを選択
    3. お客様情報、送付先情報を記入し、支払い方法を選択、BIGLOBEのメールアドレス取得を行う
    4. 店舗申し込みよりWebで申し込んだ方がいい?
  7. BIGLOBE WiMAX2+に関するよくある質問
    1. BIGLOBE WiMAX2+はSIMのみの契約はできる?
    2. BIGLOBE WiMAX2+の評判や口コミは?
    3. BIGLOBE WiMAX2+の「ギガ放題プラン」に通信制限はかかる?
    4. BIGLOBE WiMAX2+で5G回線は利用できる?
    5. BIGLOBE WiMAX2+以外でおすすめのモバイルWi-Fiは?
  8. まとめ:BIGLOBE WiMAX2+はWiMAXを1年だけ使いたい人におすすめ

BIGLOBE WiMAX2+とは?

BIGLOBE WiMAX

出典:BIGLOBE WiMAX2+公式サイト

BIGLOBE WiMAX2+ってそもそも何?

BIGLOBE WiMAX2+は料金の割引やキャッシュバックなどの特典を受けやすく、最低限のリスクで安い料金でWiMAXのインターネットを楽しめるプロバイダです。

そんなBIGLOBE WiMAX2+はビッグローブ株式会社が運営しているWiMAXのプロバイダです。

ビッグローブ株式会社はネットワークを利用した情報サービスの提供やそれに関連する業務全般を取り扱う会社です。

元々はNECグループにあった会社でしたが、NECから分社してNECビッグローブ株式会社となり、そこから独立してビッグローブ株式会社となって、現在は会社名はそのままでKDDIグループに吸収されている状態です。

そんなビッグローブ株式会社の取り扱うBIGLOBE WiMAX2+の料金プランを以下の表にまとめました。

契約期間1年
初期費用・3,300円(事務手数料)
・21,120円(端末代)
料金プラン・ギガ放題プラン
開始月:0円
1ヵ月目以降:4,378円
通信速度上り:75Mbps
下り:1.2Gbps
支払方法クレジットカード/口座

多くのWiMAXのプロバイダでは2年契約となっていて、もし契約してから思っていたのと違うと感じたり、不満を感じたりして解約したいと思っても、契約期間中の解約は5,000~30,000円程度の解約違約金が発生するため、2年もの間仕方ないと我慢してしまう方が多いです。

しかし、BIGLOBE WiMAX2+は契約期間が1年となっていて、解約違約金が1,100円というかなり安い設定になっています。

そのため、もしBIGLOBE WiMAX2+を選んだことは失敗だったと感じても、解約に対する心理的ハードルの高さはあまり高くないので、すぐに解約して次のプロバイダに乗り換えやすいです。

契約期間が短くてすぐに解約しても大した負担にならないなら、お試し感覚で契約してしまっていいと感じるかもしれませんが、BIGLOBE WiMAX2+は他のWiMAXのプロバイダが初期費用を事務手数料の3,300円のみとする中、21,120円もする端末代も請求しています。

その点を踏まえると、必ずしもお試し感覚ですぐに始めやすいとは限りません。

谷

購入した端末をどう処理するかでお得に契約できるかどうかが変わります。

料金プランはいくつかありますが、契約期間1年のメインプランとして採用しているのがギガ放題プランです。

契約開始月は月額料金を月割するプロバイダが多い中で、BIGLOBE WiMAX2+は月額料金を無料としています。

翌月からは毎月一律4,378円となっています。

初月無料と料金が毎月一定で家計の管理がしやすい点が優れている一方で、メインの料金プランが使い放題のものだけしかなく、それ以外のFlatツープラスだと7GBまでのプランでもギガ放題と変わりない値段になってしまいます。

そのため、普段あまりインターネットを使わない人にとってはBIGLOBE WiMAX2+は余分に高い料金を払っているようで得した気分にはなれないかもしれません。

ちなみに、1年間の総額料金は76,956円で、月額に換算すると6,413円と端末料金を支払わなければならない分やや高額な部類に属してしまいます。

しかし、BIGLOBE WiMAX2+ではキャッシュバックキャンペーンを実施していて17,000円がもらえます。

これだけの金額のキャッシュバックとなると契約してもすぐ受け取れないプロバイダが多い中、BIGLOBE WiMAX2+では契約して1ヵ月後にはこのキャッシュバックが受け取れるため、うっかり忘れてしまうといったことが起こりにくいです。

キャッシュバック分を総額料金から差し引いて月額換算すると4,996円となります。

受け取り条件として何か有料のサービスに加入しなければならないといったこともないので、BIGLOBE WiMAX2+を契約したら必ず受け取るようにしてください。

BIGLOBE WiMAX2+はキャッシュバックが充実しているんだね。

通信速度はどの機種を選択するかによって左右され、WiMAXに関してはプロバイダごとで通信速度が変わるわけではありません。

「Speed Wi-Fi NEXT W06」を使うことで下りの最大通信速度が光回線とほとんど変わらない1.2Gbpsまで出すことが可能です。

月額料金の支払い方法はクレジットカード払いと口座振替のどちらかを選択できます。

クレジットカード払いだと支払い額の数%分がポイントとして還元されることも多いので、クレジットカード払いにすることをおすすめします。

BIGLOBE WiMAX2+の7つのメリット

メリット

BIGLOBE WiMAX2+のおすすめポイントは?

BIGLOBE WiMAX2+の概要や料金にまつわることを簡単にまとめましたが、結局のところBIGLOBE WiMAX2+にはどんなメリットがあるのか気になるところです。

BIGLOBE WiMAX2+には主に以下の7つのメリットがあります。

・WiMAXプロバイダの中で唯一「1年契約」ができる
・口座振替に対応している
・解約金も安いので1年未満の利用にも向いている
・最大17,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中
・auとUQモバイルとのセット割でリーズナブルに利用できる
・最短即日発送ですぐに利用可能
・契約から8日間以内なら無料解約可能

1つずつ詳しくみていきます。

WiMAXプロバイダの中で唯一「1年契約」ができる

契約

BIGLOBE WiMAX2+はWiMAXプロバイダの中で唯一1年契約が可能となっています。

例えば、BIGLOBE WiMAX2+を契約してWiMAXを使ってみたけど通信が遅いとか、お試し感覚で契約してみたら思ったよりも料金がかかってしまったといったことがあるとして、1年契約だと我慢するとしてもそこまで長い期間ではない上に、解約違約金が1,100円で解約しやすいので、リスクの少ないプロバイダだと言えます。

他のプロバイダであれば2年もの間高い解約違約金のことを考えながら我慢し続けてしまう方が多いので、自分に合わないと感じたらすぐに環境を切り替えるために動き出せるのは大きなメリットです。

強いて言えば、WiMAXのプロバイダの中には解約違約金を負担してくれるプロバイダもあって、そういったプロバイダに乗り換えるとなるとあまり解約違約金負担の恩恵は受けられないかもしれません。

谷

WiMAXは3年契約が基本なので、1年契約ができるBIGLOBE WiMAX2+は珍しいです。

口座振替に対応している

スマホと通帳

WiMAXのプロバイダの多くはクレジットカード払いしかできないところが多いです。

これはキャッシュレス決済に対して前向きな考えを持っているためで、初めからクレジットカードでしか対応できないところもあれば、口座振替も対応しているけどキャンペーンの適応条件にクレジットカード払いを掲げるプロバイダもあります。

しかし、BIGLOBE WiMAX2+はクレジットカード払いと口座振替の両方に対応していて、かつキャッシュバックキャンペーンの受け取り条件にクレジットカード払いを指定しているわけではないので、クレジットカードを使いたくない方でも契約しやすいプロバイダです。

特に年齢が高くなるにつれて現金主義の考え方を持っている方が多く、これからどんどん少子高齢化が加速していくと高齢者をうまく囲い込めるかどうかで業績が大きく変わってきます。

高齢者に寄り添った口座振替も使える環境を残すことで集客を図り、WiMAXのプロバイダとしてより高い評価を得られると信頼度が上がっていって、顧客にとっての安心感にも繋がることを考えると、ビッグローブ株式会社としても、消費者である私たちとしてもwin-winな関係が構築できると考えられます。

クレジットカードを持っていなくても契約できるんだね。

解約金も安いので1年未満の利用にも向いている

電卓と価格

BIGLOBE WiMAX2+の解約違約金は1,100円とかなり安いため、1年未満の利用をしたい方に向いた数少ないWiMAXのプロバイダだと言えます。

BIGLOBE WiMAX2+は契約時に端末代金がかかって、解約後は契約したSIMを取り除いて端末だけは自分の手元に残ることとなります。

WiMAXとは違うインターネット契約を行いたいならこの端末を売却すればそのための資金となる点を踏まえると、BIGLOBE WiMAX2+はかなり使い勝手のいいプロバイダだと考えられます。

注意しなければならないのが別のWiMAXに乗り換える場合で、端末不要のSIMだけの契約にすることで乗り換え先の月額料金を安く抑えられると言いたいところですが、乗り換え先でSIMだけ契約をするとキャンペーンが受けられなかったり、端末料金が無料のプロバイダだとあまり恩恵が受けられません

BIGLOBE WiMAX2+で解約して別のプロバイダに乗り換える時は、そういった点を意識してどのプロバイダならお得に契約できるか調べてみてください。

谷

違約金を払う前提で半年間の利用にも向いています。

最大17,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中

キャッシュバック

BIGLOBE WiMAX2+は他のWiMAXプロバイダよりも比較的高い金額の最大17,000円がもらえるキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

これだけではなく、BIGLOBE WiMAX2+の大きなメリットはこのキャッシュバックが比較的すぐに受け取れ、キャッシュバックを受け取るための条件も特に定められていないことです。

通常キャッシュバックキャンペーンの金額が高いと支払われるまで半年や1年ほど間が空いてしまい、結局キャッシュバックの振込の手続きの存在を忘れてしまって、無駄に高額な月額料金だけ払うことになってしまうケースが多々あります。

しかし、BIGLOBE WiMAX2+は契約した次のつきの1日にキャッシュバック受け取りに関する手続きのメールが送られてきます。

BIGLOBE WiMAX2+ではイーコンテクスト社の送金サービス「CASH POST」を介して振込が行われ、その振込先の口座指定の手続きをメールに添付されているリンク先の指示に従って進めていくことで受付が完了。

そして、最短で手続き完了の当日、遅くてもそれから数日後には振り込みが行われます。

また、多くのプロバイダではキャンペーン適応条件として、有料オプションに加入したり、クレジットカード払いを指定させるところが多いですが、BIGLOBE WiMAX2+ではそういった条件ありません。余計な手間なくキャッシュバックの申請手続きにだけ集中できます。

他のWiMAXのキャッシュバックキャンペーンと比べても受け取りを忘れてしまうリスクは少ないのですが、1点注意すべきことがあり、キャッシュバックの申請手続きはメールが届く月の2日の午後から手続きが可能という点です。申請はメールが届いてから、45日以内に手続きを済ませる必要があります。

それを超えてしまうとキャッシュバックが受け取れないため、手続きの締め切りが比較的短いのでメールを受け取り次第後回しにせずにすぐに手続きを済ませましょう。

auとUQモバイルとのセット割でリーズナブルに利用できる

スマホ 女性

BIGLOBE WiMAX2+はauあるいはUQモバイルでスマホを契約している方におすすめです。

なぜなら、auとUQモバイルのスマホのセット割が適用されて、auなら毎月最大1,100円、UQモバイルなら毎月最大550円が月額料金から割引されます。

他のWiMAXのプロバイダの中にもこういったスマホとのセット割引のキャンペーンを実施しているプロバイダはありますが、auとUQモバイルどちらか片方はあっても、どちらとも対応しているプロバイダはかなり限られます。

契約したいプロバイダは決まったけど、自分はauのスマホを使っているのにこのプロバイダはUQモバイルのスマホ割しか実施されていないといったこともあるので、auスマホのユーザーもUQモバイルスマホのユーザーもどちらも気にせず使える点でBIGLOBE WiMAX2+は優れています。

谷

au、UQ mobileユーザーはBIGLOBE WiMAX2+がおすすめです。

最短即日発送ですぐに利用可能

すぐに

プロバイダの運営がうまく回転していないと、契約を完了させたのに何日経ってもモバイルWi-Fiの端末が届かないといったトラブルが発生してしまいます。

BIGLOBE WiMAX2+ではそういったことはなく、契約が完了したら早くて即日、少なくとも翌日あるいは翌々日くらいには発送され、通常2日~1週間以内には端末が自宅に届きます。

谷

BIGLOBE WiMAX2+は有名なプロバイダというだけあって、
対応が早くて安心して申し込めます。

滞りなくインターネットがすぐに使えることがプロバイダとしての信用の高さとなるため、比較的すぐに使えるBIGLOBE WiMAX2+は安心してインターネットが使えるプロバイダだと言えます。

ただ、中には端末の受け取り方法を発送ではなく店舗受け取りとするプロバイダもあり、店舗受け取りだと店舗に端末の在庫さえあれば自分で出向いて受け取るだけなので、申し込んでから即日受け取りまで完了して、インターネットが使えるようになります。

そこまでのスピード感は受け取り方法が発送だと難しくなってしまうので、どうしてもすぐに端末が必要だという方はBIGLOBE WiMAX2+で契約することはおすすめできません。

契約から8日以内なら無料解約可能

カレンダー

BIGLOBE WiMAX2+は契約期間中での解約で1,100円だけ解約違約金がかかってしまうのですが、契約から8日以内の解約であればそれすらも支払う必要がなくなります。

お試しで始めるための要素としてこの規定ができているように感じられます。

ただ、解約が無料になるといっても初期費用まで補填してくれるわけではないので、早く解約しても遅く解約しても事務手数料と端末代がかかってしまうことに変わりがないことを覚えておいてください。

お試し感覚でも使えるってことだね。

 

BIGLOBE WiMAX2+の3つのデメリット

デメリット

BIGLOBE WiMAX2+はメリットの多い人気のあるWiMAXプロバイダではありますがデメリットもあります。

BIGLOBE WiMAX2+には主に以下の3つのデメリットがあります。

・端末のレンタルができず端末代が発生する
・BIGLOBE WiMAX2+よりも安いWiMAXプロバイダがある
・ハイスピードプラスエリアモードが有料

1つずつ詳しく見ていきましょう。

端末のレンタルができず端末代が発生する

モバイルWi-Fi

端末のレンタルはできないの?

キャッシュバックがもらいやすかったり、解約違約金が安い料金設定だったりと料金面で比較的お得にインターネットを楽しみやすいBIGLOBE WiMAX2+ですが、やはり他のWiMAXプロバイダと違って端末の料金がかかってしまうことがネックになっています。

実際、端末料金を差し引いて総額料金を月額換算すると、WiMAXのプロバイダの中で安いと言われる4,000円以内となります

端末代が無料になるだけでもお試し感覚でBIGLOBE WiMAX2+を使ってみようと契約してくれる人がかなり増加すると考えられるので、何らかの方法を用いて端末を無料にできるかどうかで今後のBIGLOBE WiMAX2+の人気は変わってくると思われます。

BIGLOBE WiMAX2+よりも安いWiMAXプロバイダがある

比較

BIGLOBE WiMAX2+はお得に感じる部分も多いですが、総額料金を算出してみるとそこまで安いWiMAXプロバイダというわけでもありません。

谷

月額料金が安い=総額料金が安くなるとは限りません。

例えば、GMOとくとくBBはWiMAXプロバイダの中でも最も高額な30,000円程度のキャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダとして有名です。月額料金は初め2ヶ月は4,000円以内、その後は4,500円程度の月額料金がかかりますが、端末代金不要で多額のキャッシュバックがもらえることで、月額換算すると3,500円以内に収まります

ただ安いからいいというわけでもなく、BIGLOBE WiMAX2+はキャッシュバックがすぐ受け取れますが、GMOとくとくBBはキャッシュバックがもらえるのが契約から1年経ってからで、契約期間も2年と少し不自由さを感じてしまいます。

安さだけでみればBIGLOBE WiMAX2+は劣っていますが、それ以外の点を他のプロバイダと比較してどう評価するかがプロバイダ選びには重要です。

ハイスピードプラスエリアモードが有料

ネットワーク

WiMAXには「ハイスピードプラスエリアモード」という機能があります

これはWiMAX2+の回線で補えない通信エリアにおいて、auの4GLTE回線に切り替えることで通信を可能にするモードのことです。

WiMAX2+の回線はキャリア回線と比べると電波が弱くて、障害物による通信状態の悪化に繋がりやすいとされていますが、auの回線はWiMAX2+にはないエリアでの通信を補えて、かつWiMAX2+よりも強い電波で安定した通信を維持しやすくなります。

この機能を使うには月額1,105円がかかってくるのですが、WiMAXのプロバイダの半数はこの機能を無料で使えるようにしています。

しかし、BIGLOBE WiMAX2+ではこの機能は月額料金を払わないと利用できません。

使い方次第ではWiMAX2+の回線さえ使えれば問題ない方もいるかと思われますが、もしBIGLOBE WiMAX2+を使っていて、速度制限がかかったくらいに通信が遅いと感じたりする機会が多かったら、有料にはなるもののハイスピードプラスエリアモードが使えるように手続きすることをおすすめします。

谷

UQ WiMAXはハイスピードモードを無料で使えるので、エリア外の方はそちらを検討してみましょう。

BIGLOBE WiMAX2+は契約して良い? 他のWiMAXプロバイダやモバイルWi-Fiと比較

比較2

BIGLOBE WiMAX2+の特徴やメリット、デメリットが明確になったものの、BIGLOBE WiMAX2+は契約しても損しないで済むのかがはっきりとしないとなかなか契約に踏み切るのは難しいと思われます。

そこでBIGLOBE WiMAX2+以外に、GMOとくとくBB、Broad WiMAX、カシモWiMAX、縛りなしWi-Fiの4つのプロバイダと比較してみます。

BIGLOBE WiMAX2+

GMOとくとくBB

Broad WiMAX

カシモWiMAX

縛りなしWi-Fi

縛りなしWi-Fi

月額料金ギガ放題プラン
開始月:0円
1ヵ月目以降:
4,378円
ギガ放題
1~2ヶ月目:           3,969円
3~24ヶ月目:
4,688円
ギガ放題プラン
1~2ヶ月目:
2,999円
3~24ヶ月目:
3,753円
25~36ヶ月目:
4,413円
ギガ放題プラン
初月:1,518円
1~36ヶ月目:
3,971円

ライトプラン
初月:1,518円
1~36ヶ月目:
3,289円
縛りなしプラン
スタンダード
:月額3,366円
      (40GB/月)
メガ
:月額3,575円
       (50GB/月)
ギガ
:月額3,630円
       (60GB/月)
初期費用3,300円
(事務手数料)
3,300円
(事務手数料)
0円3,300円
(事務手数料)
3,300円
(事務手数料)
端末費用21,120円0円0円0円0円
総額料金
(1年/2年)
 76,956円
/129,492円
 58,118円
/111,074円
  43,528円
   /88,564円
 52,470円
/100,122円
  46,860円
       /91,140円
支払方法クレジット
・口座
クレジットクレジット
・口座
クレジット
・口座
クレジット・口座

この表だけ見ると、Broad WiMAX、カシモWiMAX、縛りなしWi-Fiが月額料金や総額料金が安い傾向にあります。

特にBroad WiMAXは初期費用無料キャンペーンを実施しているため、端末代どころか事務手数料の3,300円さえも無料になります。

BIGLOBE WiMAX2+はキャッシュバック17,000円を差し引くと1年間で総額59,956円、2年間で112,492円となります。

GMOとくとくBBはキャッシュバック額が時期によって多少異なりますが、30,000円と仮定すると、1年間で総額28,118円、2年間で81,074円となります。

そのため、キャッシュバックまで考えればGMOとくとくBBが最も総額料金が安くなります

ただし、GMOとくとくBBだけはクレジットカード払いが必須となるため、口座振替を希望する方にはあまりおすすめできません。

谷

どのプロバイダも自社で契約してもらうために、それぞれ違った
料金設定やキャンペーンを実施しています。

他にも各プロバイダでキャンペーンを実施しており、それを踏まえて各プロバイダの特徴を以下にまとめました。

各プロバイダの特徴
・BIGLOBE WiMAX2+:端末代はかかるけどお試しで始めやすい
・GMOとくとくBB:高額キャッシュバックを受け取れれば一番お得に契約できる
・Broad WiMAX:月額料金が安く、他社から乗り換えやすい
・カシモWiMAX:月額料金が安く、お試しで始めやすい
・縛りなしWi-Fi:月額料金が安く、いつでも解約しやすい

プロバイダによって、結構違いがあるんだね。

BIGLOBE WiMAX2+は端末代はかかってしまいますが、初月月額料金が無料だったり、契約期間が1年と短い上に途中で解約しても解約違約金が1,100円しかかからないことから、解約後の端末の扱い方を工夫すれば、お試し感覚で始めやすいプロバイダです。

GMOとくとくBBは30,000円近くの高額なキャッシュバックがもらえ、それを踏まえればWiMAXプロバイダの中でも最もお得にインターネットを楽しめるプロバイダですが、キャッシュバック申請のメールが契約から11ヶ月後に届き、その翌月に振り込まれるので、申請を忘れてしまいやすい傾向があります。

忘れずメールの管理をしっかりできる方におすすめのプロバイダです。

Broad WiMAXは1年あるいは2年の期間であれば月額料金が最も安く、さらに初期費用無料キャンペーンを受けることでキャッシュバックという少しリスクのある方法を取らずに料金を安くできるプロバイダです。

加えて、他社の解約違約金を19,000円分まで負担してくれるキャンペーンを実施していることから、他社から乗り換えがしやすいことから、かなり自由の利きやすいプロバイダです。

カシモWiMAXは新規の方に優しいプロバイダで、初月の料金が通常の半額以下で使えたり、BIGLOBE WiMAX2+同様に8日以内なら無料で解約もできます。

大きな端末費用がかかるわけでもないので、これからWiMAXを契約したい方向けに料金プランやキャンペーンが設定されています。

縛りなしWi-FiはWiMAXではなく、ソフトバンクの回線を使ったモバイルWi-Fiのサービスで、他のプロバイダにはない契約期間を設けないプランを用意しているプロバイダです。

月額料金はBroad WiMAXに負けないほど安く、何か不満な点があればいつ解約しても契約違反にならないため、解約違約金が請求されません。

より料金を安くしたい方ならあえて契約期間を設けて縛ることでWiMAXのプロバイダよりも安い料金でインターネットを使うことができ、常に3,000円以内の月額料金で利用することも可能です。

他社との比較で分かった! BIGLOBE WiMAX2+をおすすめできる人

おすすめ

BIGLOBE WIMAX2+以外のプロバイダの特徴と比較することで、BIGLOBE WiMAX2+の特徴が明確となりました。

結局のところ、BIGLOBE WiMAX2+はどんな人におすすめ?

それを踏まえて、BIGLOBE WiMAX2+はどんな方におすすめなのかをまとめます。

1年以内の短期でWiMAXを使いたい人

短期

まずはBIGLOBE WiMAX2+は1年以内の短期でWiMAXを使いたい方におすすめです。

BIGLOBE WiMAX2+の他のWiMAXプロバイダにはない最大の特徴が契約期間が1年であることです。

例えば「新型コロナウイルスの影響で光回線を契約して導入したいけど、工事が何ヶ月も先まで待たされてしまう」と伝えらた場合。工事が完了して開通するまでの期間にインターネット環境をどうするか悩んでいるような時に、BIGLOBE WiMAX2+を契約して光回線の開通が完了した頃に解約違約金を1,100円だけ払ってすぐに解約するといった使い方ができます。

その後、余った端末は中古品の買取店やフリマアプリなどを通じて売却すれば支払った端末代金の一部が返ってきます。

この経験をしたことがある方、あるいは現在その状態で悩んでいる方はかなりいると思われます。

数日程度の旅行なら旅行専用のモバイルWi-Fiを利用した方がいいですが、1ヵ月以上インターネット環境が必要な場合ならBIGLOBE WiMAX2+を契約して利用することをおすすめします。

違約金が少ないから短期で利用できるんだね。

料金を口座振替で支払いたい人

口座

BIGLOBE WiMAX2+は月額料金を口座振替で支払いたい方にもおすすめのプロバイダです。

2019年頃からキャッシュレス決済が一気に普及し始めていて、モバイルWi-Fiのプロバイダでもクレジットカード払いしか対応しないところが増えてきています。

その一方で少子高齢化社会は変わらず悪化の一途をたどっていて、高齢者に無理にキャッシュレス決済を勧めさせることより口座振替で支払える環境を残しているプロバイダもあります

BIGLOBE WiMAX2+も口座振替で支払える環境を残しているプロバイダの1つです。

中には、口座振替でも支払えるものの、お得なキャンペーンを受けるならクレジットカード払いでないといけないプロバイダもありますが、BIGLOBE WiMAX2+はキャンペーンにそういった適用条件を設けておらず、純粋に口座振替で支払い人が安心できる環境を整えています。

谷

口座振替でWiMAXを契約したい方は、検討してみてください。

BIGLOBE WiMAX2+をお得に申し込む方法

スマホで申し込み

短期契約でインターネットが使いたい、あるいは口座振替で毎月の料金を支払いたいと思ってBIGLOBE WiMAX2+を検討している方に向けて、BIGLOBE WiMAX2+をお得に契約する方法についてまとめます。

BIGLOBE WiMAX2+をお得に契約するには以下の流れで申し込むと良いです。

1.公式サイトを開いて「Webからのお申し込みはこちら」をクリック
2.プラン、製品、データ端末、端末のカラー、アクセサリを選択
3.お客様情報、送付先情報を記入し、支払い方法を選択、BIGLOBEのメールアドレス取得を行う

谷

Webでの申し込みでさほど難しい操作はありません。

1つずつ公式サイトの申し込み画面を見ながら解説します。

公式サイトを開いて「Webからのお申し込みはこちら」をクリック

BIGLOBE WiMAX2+ 申込1

出典:BIGLOBE WiMAX2+公式サイト

BIGLOBE WiMAX2+の公式サイトを開くとこのような画面が表示されます。

画面中央の「Webからのお申し込みはこちら」を選択するとBIGLOBE WiMAX2+の申し込み画面に進みます。

契約を進める前に何か疑問に感じることや不安に感じることがあれば、申し込みバナーの下に記載の「0120-995-962」の番号に電話をして相談してからでも良いです。

電話での相談の受付時間は9時~20時となっています。

もし電話で喋るのは苦手といった方は、画面右下からチャットで質問ができます。

例えば、キャッシュバックキャンペーンでもらえるお金は自分の普段使っている銀行口座でも受け取り可能なのか質問したい場合は、「料金・サービスについて」を選択して質問を打ち込みます。

プラン、製品、データ端末、端末のカラー、アクセサリを選択

BIGLOBE WiMAX2+ 申込2

出典:BIGLOBE WiMAX2+公式サイト

BIGLOBE WiMAX2+の申し込み画面が表示されたら、申し込むプランとSIMのみか端末含めて申し込むか、端末含めて申し込む場合は使いたい端末、端末のカラー、クレードルやACアダプタといった有料の付属品を付けるかどうか選択します。

申込プランはBIGLOBE WiMAX2+がほとんど1年契約のギガ放題プランを推奨しているため、そのプランしか選択できません。

端末はモバイルルーターの「Speed Wi-Fi NEXT WX06」、「Speed Wi-Fi NEXT W06」、ホームルーターの「WiMAX HOME 02」、「Speed Wi-Fi HOME L02」の4種類から選択できます。

申込時期によっては欲しい端末の在庫がない場合もあるので、もし欲しい端末の在庫が切れていたら、定期的に在庫が復活しているかチェックして入荷次第申し込む、あるいは別のプロバイダを検討してみてください。

谷

在庫は定期的に復活しています。

お客様情報、送付先情報を記入し、支払い方法を選択、BIGLOBEのメールアドレス取得を行う

BIGLOBE WiMAX2+ 申込3

出典:BIGLOBE WiMAX2+公式サイト 

契約内容を選択したら、お客様情報、端末の送付先情報を入力して、支払い方法を選択、BIGLOBEのメールアドレス取得まで完了させます。

これが問題なければ申し込みが完了して、2日~1週間以内に選んだ端末とBIGLOBEの会員証が自宅に届きます。

この端末とBIGLOBEの会員証は同時ではなく別々に届くため、なかなか日中家にいなくて荷物が受け取れないといった方だと苦労してしまうかもしれません。

店舗申し込みよりWebで申し込んだ方がいい?

家電量販店

Webでの申し込み方法について説明しましたが、中には契約内容が同じなら家電量販店などの店舗でスタッフに質問しながら話を進めていった方がいいのではと疑問に感じる方もいると思われます。

近くの家電量販店で受付してるから、そこで契約したいんだけど…。

しかし、店舗で申し込むよりWebで申し込んだ方がお得に契約できる場合がほとんどです。

店舗で契約すれば、店舗のスタッフに質問できたり、その場で端末を触りながら端末を選んだり、契約してすぐ持ち帰ってインターネットが使えるようになるといったメリットがありますが、お得に契約するという意味合いでは店舗契約はおすすめできません。

なぜなら、店舗契約の場合とWebでの契約の場合とでもらえる特典や料金プランなどが異なる場合がほとんどで、店舗契約の方が総額料金を見た時に損しやすいからです。

WiMAXをWebで申し込んだ場合の月額料金は4,000円程度が相場となっていますが、店舗で申し込んだ場合は5,000~6,000円程度が相場となっています。

その分キャッシュバックキャンペーンなどでもらえる金額が高い傾向にはありますが、現金での振り込みではなく、その店舗独自のポイントや商品券などで支払われる、あるいは家電を安く購入できる割引が適用されることが大半です。

これらは現金と違って有効期限が決まっていたり、使える用途や場所が限定されているためかなり使いにくいです。

BIGLOBE WiMAX2+を店舗で契約して失敗したと感じた方の中には、BIGLOBE WiMAX2+自体がよくないと悪い評価をして、それが悪い評判として広まってしまっている様子も見られています。

余程すぐに端末が欲しいというわけではなかったら、店舗よりもWebでの契約をおすすめします。

谷

お得に契約したいなら、店舗よりもwebが確実です。

BIGLOBE WiMAX2+に関するよくある質問

FAQ

BIGLOBE WiMAX2+を検討している方やWiMAXの契約自体が初めての方を中心に色んな質問が飛び交っています。

今回はその中から特に質問の多い以下の5つの質問について解説します。

・BIGLOBE WiMAX2+はSIMのみの契約はできる?
・BIGLOBE WiMAX2+の評判や口コミは?
・BIGLOBE WiMAX2+の「ギガ放題プラン」に通信制限はかかる?
・BIGLOBE WiMAX2+で5G回線は利用できる?
・BIGLOBE WiMAX2+以外でおすすめのモバイルWi-Fiは?

BIGLOBE WiMAX2+はSIMのみの契約はできる?

SIMカード

WiMAXのプロバイダの多くは端末とSIMの同時契約を基本としていて、SIMだけの契約ができませんが、BIGLOBE WiMAX2+はSIMのみの契約が可能です。

WiMAXの端末を余らせていて困っている方からすると、SIMだけ契約できるのはありがたい話ではあるのですが、BIGLOBE WiMAX2+で実施している17,000円のキャッシュバックをもらう条件として、有料オプションなどの手が出しにくくなる条件はないものの、端末とSIMの同時契約だけは必須となっています。

このキャッシュバックキャンペーンは有料となってしまう端末代金を補填するためのものでもあるので、端末を必要としない場合はこのキャッシュバックはもらえません。

谷

SIMだけの契約も月額料金は同じなので、SIMだけの契約だからといって、
お得になるわけではありません。

よく考えた上で、SIMだけにするか端末と同時契約するかを選択してください。

BIGLOBE WiMAX2+の評判や口コミは?

コメント 口コミ

実際、BIGLOBE WiMAX2+を使っている方、あるいは使ったことのある方はBIGLOBE WIMAX2+に対してどんな評価をしているのか気になるところです。

実際、BIGLOBE WiMAX2+の評判はどう?

そこでBIGLOBE WiMAX2+の料金面に関する口コミと通信面に関する口コミ情報をまとめていきます。

BIGLOBE WiMAX2+の料金面に関する口コミ

まずはBIGLOBE WiMAX2+の料金面に関する口コミを見てみます。

キャッシュバックは確実にもらえるんだね。

BIGLOBE WiMAX2+の料金面に関して、17,000円のキャッシュバックがもらえることや口座振替に対応していること、スマホとのセット割で安くなることなどが良い評判として挙げられていました。

auやUQモバイルを使っているスマホユーザーはかなり料金面に対して安さを求める傾向があるようで、意外にもスマホのセット割引が嬉しいと答える方が多く見られました。

BIGLOBE WiMAX2+の通信面に関する口コミ

次にBIGLOBE WiMAX2+の通信面に関する口コミを見てみます。

谷

夜でも50Mbps出ているので、快適に使えます。

通信状況に関しては使っているユーザーによって反応はそれぞれ違うといった印象でした。

電波に影響を与えやすいようなビルにいたとしても通信速度が遅すぎて使えないといった状況にはならない方がいる一方で、電波に影響を与えやすいかどうかに関係なく、建物の中に入ると通信速度が一気に落ちて使い物にならないといった方もいます。

WiMAX2+の回線のエリア内であっても、WiMAXの電波があまり強くないこともあり、場所によって通信状況に及ぼす影響の大きさはかなり変わってくるようです。

その点は少し使いにくさを感じてしまうかもしれません。

BIGLOBE WiMAX2+の「ギガ放題プラン」に通信制限はかかる?

通信制限

ギガ放題は完全無制限で使えるの?

キャリア回線のモバイルWi-Fiが月額料金がやや高めで通信容量が定められているのに対して、WiMAXは月額料金がキャリア回線のモバイルWi-Fiより安く、通信容量の定めのないプランが用意されていて、それがWiMAXの大きな強みであると言えます。

BIGLOBE WiMAX2+のギガ放題プランは毎月の通信容量が決まっていないプランで、他のWiMAXのプロバイダでも採用されているプランです。

安い料金で使い放題なのは嬉しいですが、実は必ずしも使い放題になるとは限りません。

それは3日で10GB以上使った場合に、その日の午後18時から翌日午前2時くらいまでの約8時間の間、WiMAX2+の通信がショートしてしまわないように、回線が混雑しやすい時間帯に1Mbps以下まで速度制限がかけられます。

その時間を過ぎると元の通信速度に戻って、再び3日間で10GB以上使っているかどうか通信量が計測されていきます。

この仕組みは全てのWiMAXプロバイダで適応されていて、BIGLOBE WiMAX2+も例外ではありません。

速度制限がかかるのがわずかな時間なのでそこまで気にする必要もないですが、快適にWiMAXを使っていきたいなら、ある程度は自分がどのくらい通信量を使っているのか確認する癖を付けておくことをおすすめします。

BIGLOBE WiMAX2+で5G回線は利用できる?

5G

これまで通信システムは4Gがデフォルトとされてきましたが、4Gの上の通信速度を実現する5Gの環境がスマホや光回線、モバイルWi-Fiなどで整いつつあります。

BIGLOBE WiMAX2+でも5Gに対応する動きが見られていて、「BIGLOBE WIMAX +5G」というサービスがまもなく提供開始される予定です。

BIGLOBE WiMAX +5GはこれまでのBIGLOBE WiMAX2+で提供していたエリアに加えて、ハイスピードプラスエリアモードで提供していた4GLTEエリアまでもが標準で利用できるようになるとのことです。

BIGLOBE WiMAX +5Gが適用されるようになると、これまでハイスピードプラスエリアモードを使うのに1,105円を支払うか、無料で使うならauスマートバリューmineを適用させるしか方法がありませんでしたが、今後は1,105円の支払いが不要になることが予想されます。

また、BIGLOBE WiMAX2+を利用している方に限って、BIGLOBE WiMAX +5Gのサービスを手数料無料で契約移行できるキャンペーンも実施する予定とのことです。

谷

WiMAXの5G対応に期待しましょう。

BIGLOBE WiMAX2+以外でおすすめのモバイルWi-Fiは?

縛りなしWi-Fi

出典:縛りなしWi-Fi公式サイト

BIGLOBE WiMAX2+以外のモバイルWi-Fiを検討したい方も中にはいると思われます

BIGLOBE WiMAX2+は契約期間が短くて解約違約金がかなり安いために、失敗してもすぐに乗り換えがしやすい特徴がありますが、似たような特徴を持つモバイルWi-Fiのプロバイダに縛りなしWi-Fiがあります。

BIGLOBE WiMAX2+は解約違約金は発生しても1,100円で済む上に、初めの8日以内であれば無料で解約もできるという特徴がありましたが、縛りなしWi-Fiの場合はそもそも契約期間に縛りがありません。

契約期間に縛りがないということは解約しても契約違反にはならず、そうなると必然的に解約違約金はかからないことになります。

そのため、縛りなしWi-FiはBIGLOBE WiMAX2+同様に乗り換えに対するリスクが低いことから、お試しで始めやすいプロバイダとしておすすめです。

縛りなしWi-Fiの料金プランをまとめた表を再度確認しながら具体的な特徴を解説します。

契約期間なし/1年/3年
料金プラン縛りなしプラン
スタンダードプラン:月額3,366円 (40GB/月)
メガプラン:月額3,575円 (50GB/月)
ギガプラン:月額3,630円(60GB/月)
1年プラン
スタンダードプラン:月額3,190円(40GB/月)
メガプラン:月額3,278円(50GB/月)
ギガプラン:月額3,300円(60GB/月)
3年プラン
スタンダードプラン:月額2,926円(40GB/月)
メガプラン:月額3,025円(50GB/月)
ギガプラン:月額3,080円(60GB/月)
初期費用3,300円
(事務手数料)
端末費用0円
総額料金
(縛りなしギガプラン1年間)
  46,860円
支払方法クレジット・口座

縛りなしで契約できるのは嬉しいね。

縛りなしWi-Fiは契約期間を縛らないプランと1年あるいは3年縛るプランに分かれていて、そこからさらに月40GBまで使えるスタンダードプラン、月50GBまで使えるメガプラン、月60GBまで使えるギガプランと枝分かれしています。

月額料金はキャリア回線のモバイルWi-Fiが5,000円程度、WiMAXが4,000円程度の相場に対し、縛りなしプランでさえ3,500円程度でインターネットを利用できるほど安いです。

かといって端末費用がかかるわけでもないので、1年間の総額料金を計算しても50,000円以内に収まります。

BIGLOBE WiMAX2+と縛りなしWi-Fiは解約に対するハードルの低さが共通点として挙げられましたが、縛りなしWi-Fiは乗り換えのハードルが低いだけでなくて、乗り換えのハードルと月額料金の兼ね合いを自分で自由に調整できる点に優れています。

縛りなしプランを選択すれば月額料金は高くて解約違約金がかかりません。

一方で、あえて契約期間を縛るプランを選択すると解約時に解約違約金が請求されるようになります。

契約期間を1年とする場合は5,500円、契約期間を3年として1年以内で解約する場合は33,000円、そこから契約期間満了までは27,500円、それ以降は10,450円がかかります。

少しでも乗り換えに対するリスクを減らして契約したい場合は縛りなしプランで契約して、少しでも毎月の料金を安く抑えたい場合は契約期間を設けるプランで契約するといった考え方ができます。

BIGLOBE WiMAX2+は契約期間1年のギガ放題プランしかなく、毎月使用するデータ通信量に合わせた料金プランもないため、縛りなしWi-Fiと比べるとシンプルでわかりやすい料金プランである代わりに自由が利きにくいと言えます。

加えて、WiMAX2+回線よりも電波の強いソフトバンクの回線を使っているので、WiMAXに比べると通信状況が安定しやすい点も気にしておくべき要素です。

谷

縛りなしWi-Fiはそれぞれの性格や家計の状況に合わせて、
柔軟にプランを決めることができます。

BIGLOBE WiMAX2+の特徴を知って、他のモバイルWi-Fiのプランを検討してみたいと感じた方は、BIGLOBE WiMAX2+に近い特徴を持ちつつも柔軟性のある縛りなしWi-Fiを検討してみてください。

縛りなしWi-Fi公式サイト

まとめ:BIGLOBE WiMAX2+はWiMAXを1年だけ使いたい人におすすめ

谷

1年未満の短期間で使う方にBIGLOBE WiMAX2+はおすすめです。

BIGLOBE WiMAX2+は他のWiMAXのプロバイダと比べて、契約期間が1年で解約の際にかかってしまう解約違約金の負担も1,100円で済む分、契約に失敗してもそのリスクが少なく、お試し感覚で始めやすい特徴があります

もう少しすると5G回線にも対応してBIGLOBE WIMAX +5Gも登場する予定で、そうなるとハイスピードプラスエリアモードを使う際にかかってしまう1,105円の負担なしにこれまで以上に広域で高速通信が再現できるようになります。

しかし、BIGLOBE WiMAX2+は月額料金が初月無料で使えるものの、それ以降は4,378円とやや高い料金が変わらず請求され続けます。

加えて、他のプロバイダでは端末費用が無料である一方で、BIGLOBE WiMAX2+は21,120円の端末料金も請求されるため、総額料金で見ると他のプロバイダには劣ってしまうでしょう。

短期間使うくらいなら月額料金が少し高くてもあまり大した差は出ませんが、2年以上使い続けるとなると段々と月額料金の安いプロバイダとの間に顕著な差が生まれるようになります。

そのため、BIGLOBE WiMAX2+は何らかの事情で1年以内の短期間だけインターネット環境が必要な方におすすめできるWiMAXのプロバイダです。

ただ、そうなると端末料金が高く感じてしまいますが、キャッシュバックキャンペーン17,000円がすぐにもらえて端末代に充てられ、残った金額分は解約後に端末を売却すればある程度補填することが可能です。

それを踏まえると、BIGLOBE WiMAX2+で必要な費用は毎月かかるやや高めの月額料金と事務手数料だけと考えて問題ありません。

正しい手順で契約から解約後の処理まで済ませればBIGLOBE WiMAX2+は十分優れたWiMAXのプロバイダなので、自分の状況にBIGLOBE WiMAX2+の特徴がマッチしていると感じれば選択肢の1つとして検討してみてください。