Wi-Fiの特徴

LTE回線のポケットWi-Fiは速度が遅い?無制限で使えるプロバイダや繋がらない原因も解説

ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)には、LTE(4G)回線を使うものと、WiMAX回線を使うものの2種類があります。

これらは一見すると似ていますが、両者を比較してみると通信制限、通信速度、通信エリア、料金などの違いも見えてきます。

LTEとWiMAXって何が違うの?どっちのポケットWi-Fiがいいの?

そんな人はこの記事をぜひ読んでみてください。

さかまたナギ
さかまたナギ

モバイル通信回線専門ライターのわたしが解説します。

 

この記事でわかること
・4G/LTEとは何か
・LTEとWiMAXの違い
・LTE回線のポケットWi-Fiの通信速度やエリア/繋がりやすさ

ポケットWi-Fiの回線は大きく分けてLTEとWiMAXの2種類

インターネット

ポケットWi-Fiの回線には、大きく分けてLTEとWiMAXの2種類があります。

ここではLTEとWiMAXの2つを比較しながら、違いについて見ていきましょう。

その前に1つ説明しておきます。Pocket WiFi(ポケットWi-Fi)はソフトバンクの登録商標なので、「auやドコモのポケットWi-Fi」という言い方はおかしいです。

さかまたナギ
さかまたナギ

しかし、「バンドエイド」「ホッチキス」「QRコード」のように「ポケットWi-Fi」も一般名詞化しつつあるので、ここでは「ポケットWi-Fi」という言葉を使います。

LTEとは?

スマートフォン

LTEはスマートフォンや携帯電話の通信規格の一種です。

大手キャリアの携帯電話基地局から飛ばされる無線を利用して通信を行います。

LTEは、第3世代(3G)の携帯電話の通信規格を「長期的に進化(Long Term Evolution)」させたもの。

ガラケー時代に全盛期を迎えた第3世代(3G)から、スマホ全盛期の第4世代(4G)へバトンタッチをするためにLTEは開発されており、「3.9G」とも呼ばれていました。

LTEを第3世代(3G)の通信速度と比べると、理論上の最大通信速度は10倍以上も高速化。

さかまたナギ
さかまたナギ

多くのポケットWi-FiはこのLTEを使って通信をしています。

4G回線とも呼ばれる

さかまたナギ
さかまたナギ

今ではLTEと4Gは同じものと考えられています。

上で紹介した経緯からもわかるとおり、「3.9G」であったLTEと、次世代の通信規格「4G」とはもともと別物でした。

しかし、国際電気通信連合がLTEを「4G」と呼ぶことを正式に認めたので、両者は同じものとして扱われています

現在では「4G」「4G/LTE」などと呼ばれています。

なんだか話がややこしくなってきたな……。

さかまたナギ
さかまたナギ

「LTE(4G)はスマホの電波を使った通信」ということが理解できていればOKです。

WiMAXとは?

とは

じゃあ「WiMAX」ってなに?

WiMAX(WiMAX2+)は無線の通信規格の一種です。

厳密に言えば、WiMAXもLTEの一種(TD-LTE)なのですが、スマホの回線で使われているLTE(FDD-LTE)とは電波の方式が異なります。

そのため、多くの場合WiMAXとLTEは別物として扱われますので、ここでも別物として扱いますね。

LTEとの違いはいくつかありますが、WiMAXは主に高周波数帯の電波を使っていることが特徴です。

ここまでの話をまとめます。

ソフトバンク, ドコモ, auの電波を使った「LTE」グループと、「WiMAX」グループの、大きく2つにポケットWi-Fiを区分することができます。

さかまたナギ
さかまたナギ

日本が西日本と東日本の2つにわかれているように、ポケットWi-FiもLTEとWiMAXの2つにわかれています。

ポケットWi-FiのLTEとWiMAXとの違い

比較

ここからは、LTEグループとWiMAXグループの2つの比較しながら、両者の違いを見ていきましょう

表にまとめてみると、以下のとおり。

項目LTEWiMAX
エリア
スマホ回線と同じ通信エリア

LTE回線ほど広くはない
通信速度
日常的に問題なく使える速度

高速通信が可能
繋がりやすさ
遮蔽物にも強く繋がりやすい

遮蔽物に弱くデリケート
通信容量
月間50GBや100GBなどの制限

月単位では無制限
キャンペーン
派手なキャンペーンは少ない

端末無料やキャッシュバックなど
料金
100GBでも3,000円台

キャンペーンなしだと4,000円台

1つずつ詳しく知りたいな。

通信エリアはLTEの方が広い

通信エリア

LTE回線は、通信エリアが広いことが特徴です。なぜなら、「プラチナバンド」と呼ばれる700~900MHz付近の周波数の電波を利用することができるから。

LTEとWiMAXの通信エリアの違いは周波数の違いに起因するため、1つのたとえ話を考えてみると理解しやすいです。

さかまたナギ
さかまたナギ

LTEの電波は ”音” に近く、WiMAXの電波は “光” に近い。

たとえば “音” は壁をはさんで向かい側にいる人にも届きますが、”光” は壁をはさんで向かい側にいる人に届きません。

これと同じように、“音” に近いLTEの電波には、障害物を回り込む性質があるので、山間部などにも届きやすい(=通信エリアが広い)というメリットがあります。

一方で “光” に近いWiMAXの電波には、直進して跳ね返る性質があるので、山間部などに電波が届きにくい(=通信エリアが狭い)というデメリットがあります。

だからLTEの方が通信エリアが広いんだね。

実際にエリアマップを比べてみると、通信エリアがわかりやすいですよ。

まずはドコモのLTE(赤、オレンジ、ピンク、紫のエリアで電波が繋がります)

4GLTEエリア

出典: NTTドコモ

続いてWiMAX(オレンジのエリアで電波が繋がります)

WiMAX2+エリア

出典: UQ WiMAX

特に富士山付近に注目すると、LTEのつながりやすさが顕著に出ていることがわかりますね。

通信速度はWiMAXの方が高速

通信速度

LTE回線は、WiMAX回線ほどの通信速度が出せません。なぜなら、2.4GHzや5GHz付近の周波数の電波を主力として利用していないから。

2.4GHzとか5GHzって言われてもピンとこないな。

再び「LTEは音に近く、WiMAXは光に近い」というたとえ話を当てはめて考えてみましょう。

“音” の速度はおよそ340m/秒とやや遅いですが、”光” の速度はおよそ30万km/秒ととても速いですよね。

これと同じく “音” に近いLTEの速度はやや遅く、”光” に近いWiMAXの速度はとても速い、ということです。

実際に理論上の最大通信速度を比較してみても、LTEよりもWiMAXのほうが速いことがわかります。

LTE回線のポケットWi-Fiの最大通信速度が150Mbpsで、WiMAX回線のポケットWi-Fiの最大通信速度は440Mpbs~1.2Gbps。

通信速度はWiMAXのほうが高速なのです。

繋がりやすさはLTE

繋がりやすい

“音” に近いLTEは、”光” に近いWiMAXよりも電波が繋がりやすいことが特徴です。

ビルの中、地下街、カバンの中など、ポケットWi-Fiを遮るものがあるとWiMAXの電波は繋がりにくくなりますが、LTEなら電波が繋がりやすい。

またWiMAXは理論上の最大通信速度こそ速いものの、ポケットに入れたり壁に遮られたりするだけで通信速度が落ちてしまうので、かなりデリケートな運用が必要です。

さかまたナギ
さかまたナギ

たとえば地下街で使ってみると、繋がりやすさの違いは顕著に現れます。

遮蔽物を気にすることなく、日常的に繋がりやすさを感じるのはLTEだと言えます。

WiMAXは通信量が無制限

通信制限

WiMAXには、通信速度以外のメリットがないってことなのかな?

使い勝手の面で言えばLTEに軍配が上がりますが、WiMAX側にもメリットはあります。

その1つが、通信量が無制限ということ。

LTEのポケットWi-Fiで完全無制限のものはありません。多くのものは月間50GBや月間100GB使ってしまうと、通信速度制限にかかってしまいます。

これ対して、WiMAXには月単位での通信制限が設けられていません。

さかまたナギ
さかまたナギ

とはいえ、WiMAXも完全無制限というわけではないから注意してくださいね。

WiMAX2+を3日間で10GB(一部プロバイダで提供開始となっているWiMAX+5Gの場合は3日間で15GB)使うと、翌日の夜に通信制限にかかります。

とはいえ、月単位で見るとWiMAXの通信量は無制限なので、LTEよりもWiMAXの方が通信制限を気にせずに使いやすいという利点はあります。

WiMAXの方がキャンペーンが充実

キャンペーン

WiMAX側のメリットをもう1つ挙げておくと、WiMAXの方がキャンペーンが充実していることが多いです。

たとえば「27,000円分のキャッシュバック」「端末代0円」「最初の2年は月額料金を660円割引」など。

WiMAXの通信品質や通信制限の条件はどこのプロバイダでも同じなので、こうした料金面で競争せざるを得ないのです。

消費者から見ると、競争が起きることで恩恵を受けられるということでもあります。

さかまたナギ
さかまたナギ

WiMAXを賢く選べば、安く使うことができますよ。

ただし、WiMAXはキャンペーンが派手な分だけ契約縛りが厳しいことも多いので注意してください。

料金は両方共安いプロバイダがある

安い

さかまたナギ
さかまたナギ

では、WiMAXを選んだほうが安く済むのか?いいえ、そうとも言い切れません。

LTEのポケットWi-Fiの月額料金が概ね3,000円台なのに対して、WiMAXの月額料金は概ね4,000円台。

WiMAXのキャンペーンを上手に使ってはじめて、実質的な負担料金を毎月3,000円台に抑えることができます。

LTEにもWiMAXにも、安いプロバイダはあるんだね。

LTE回線のおすすめポケットWi-Fi3選

おすすめ

使い勝手ではLTE、通信速度ではWiMAX、料金は両方ともに安いプロバイダーがあるということがわかりました。

ここからは、LTE回線のポケットWi-Fiの中で特におすすめのものを3つ厳選してご紹介。

なお、おすすめのポケットWi-Fiランキング について詳しくは別のページでまとめています。

さらに詳しく知りたい人は、そちらもあわせて参考にしてみてください。

縛りなしWi-Fi:利用期間の縛りなし

縛りなしWi-Fi

出典: 縛りなしWi-Fi 公式サイト

月額料金スタンダードプラン 2,926円~3,366円
メガプラン 3,025円~3,575円
ギガプラン 3,080円~3,630円
100ギガプラン 3,410円~3,960円
WiMAXプラン 3,960円~4,730円
初期費用3,300円
データ容量スタンダードプラン 40GB/月
メガプラン 50GB/月
ギガプラン 2GB/日
100ギガプラン 100GB/月
WiMAXプラン 10GB/3日
最大通信速度上り最大: 75Mbps
下り最大: 1.2Gbps
キャンペーンギガプランがキャンペーン特価(4,200円→3,630円)

レンタル系で、LTE回線のポケットWi-Fiのおすすめとしてまず最初に挙げておきたいのが、縛りなしWi-Fiです。

様々なプランから自分に適したものを選ぶことができるのが特徴。

データ容量は40GB、50GB、1日2GB(60GB)、100GB、3日10GB(WiMAX)の5つが用意されています。

契約縛りなしで使える「縛りなしプラン」と、契約縛りがあるかわりに安く使える「1年縛っちゃうプラン」「3年縛っちゃうプラン」があります。

「縛りなしプラン」はその名の通り契約の縛りがありません。一方の「縛っちゃうプラン」は解約時に解約金が必要ですが、その分だけ月額料金は割り引かれます。

プランの選択肢が少ないポケットWi-Fiも多いなか、縛りなしWi-Fiなら15通りのプランから自分にピッタリのものを選ぶことができる。これが大きなメリットと言えます。

15通りもあるなら、自分好みのプランが見つけられそうだね。

また、縛りなしWi-Fiはソフトバンクの4G LTE回線を使ったポケットWi-Fiであることもメリットの1つ。

このあと紹介する「どこよりもWiFi」「THE WiFi」はクラウドSIMという技術を採用しているのですが、やや使い勝手が悪いと感じる場面もあります。

さかまたナギ
さかまたナギ

縛りなしWi-Fiは必ずソフトバンク回線を拾ってくれる安心感がありますよ。

ギガプランがキャンペーン特価で月額料金が3,630円まで値引きなので、迷っているなら縛りなしWi-Fiのギガプラン×縛りなしプランを選ぶといいです。

縛りなしWi-Fiの詳細を見る

どこよりもWiFi:月額100GB使えて用途多数

どこよりもWi-Fi

出典: どこよりもWiFi 公式サイト

月額料金どこよりもピタッと: 900円~3,900円
どこよりもプレミアム: 900円~4,900円
初期費用3,300円
データ容量どこよりもピタッと: 100GB/月
どこよりもプレミアム: 200GB/月
最大通信速度上り最大: 50Mbps
下り最大: 150Mbps
キャンペーン なし
さかまたナギ
さかまたナギ

LTE回線のポケットWi-Fiでは、どこよりもWiFiもおすすめです。

どこよりもWiFiの料金プランは、使ったデータ量に応じて毎月の料金が決まるという、珍しい設定。

5GBまでの利用なら900円、20GBまでの利用なら1,900円、といったように使った分だけ請求されます。

どこよりもWiFiはクラウドSIMを採用しているので、ドコモ, au, ソフトバンクから状況に応じて最適なLTE回線を自動で選んで接続してくれます。

しかし、実はこのクラウドSIM、たまに低速な電波を拾ってしまうなどのデメリットがあって使いにくいと感じることもあります。

このようにクラウドSIMは一長一短ではあるものの、200GBまで使える「どこよりもプレミアム」が用意されているのもポイントです。

どこよりもWiFiの詳細を見る

THE WiFi:4ヶ月無料キャンペーン実施中

THE WiFi

出典: THE WiFi 公式サイト

月額料金THE WiFi 100GB: 3,828円
THE WiFi Fit: 1,298円~3,960円
初期費用3,300円
データ容量THE WiFi 100GB: 100GB/月
THE WiFi Fit: 100GB/月
最大通信速度下り: 最大150Mbps
上り: 最大50Mbps
キャンペーン4か月無料

LTE回線のポケットWi-Fiでは、THE WiFiもおすすめです。

キャンペーン中であり、4か月無料で使うことができます。

また、GLOCAL NET NA01は2021年6月に発売された最新のおすすめ機種。

最新機種をレンタルしてくれるのは嬉しいね。

安く使いたい、性能の高いルーターを選びたいのであればTHE WiFiも検討の余地があります。

しかし、THE WiFiもクラウドSIM採用であることや、契約が必ず2年縛りとなってしまうことがデメリットです。

THE Wifiの詳細を見る

ポケットWi-FiのLTE回線に関するよくある質問

よくある質問

さかまたナギ
さかまたナギ

LTE、WiMAX、ポケットWi-Fiに関する内容でよく聞かれることと、その答えをまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

LTEのポケットWi-Fiで完全無制限のプロバイダはある?

通信制限

いいえ。LTEに限らず、ポケットWi-Fiで完全無制限のプロバイダはありません。

完全無制限を希望するなら固定回線を使う以外の選択肢はないです。

また、もし今後「完全無制限」を売りにするポケットWi-Fiが出てきても注意したほうがいいです。

さかまたナギ
さかまたナギ

完全無制限を売りにしていた「どんなときもWiFi」が長続きしなかったことを知っていますか?

「どんなときもWiFi」は2020年3月ごろに通信障害をおこし、同年10月にはサービス終了となりました。

公式発表によれば、一部のユーザーが「使い放題」をいいことに、とんでもない量のデータをアップロード・ダウンロードしていたのが理由だったとのこと。

なお、ポケットWi-Fiで最も「完全無制限」に近いのは、楽天のポケットWi-Fi(Rakuten UN-LIMIT)です。

Rakuten Mobileのエリア内であれば無制限で使うことができます。ただしRakuten Mobileの通信エリアがまだまだ狭いことには注意してください。

楽天が自前では用意できない通信エリアは、auなどのKDDI回線を借りて「パートナー回線」として賄っています。

パートナー回線エリア内では、月にたった5GB使うだけで速度制限にかかってしまいます。

さかまたナギ
さかまたナギ

エリアが限定されている Rakuten UN-LIMIT を “無制限” とは言えません。

完全無制限のプロバイダはないんだね。

LTEのポケットWi-Fiは速度が遅い?

遅い

いいえ。

確かにLTEのポケットWi-Fiは、WiMAXと比べると速度は遅いです。

しかし、電波状態が良好であればLTE回線のポケットWi-Fiでも下りで10~30Mbps程度の通信速度、上りでも5~15Mbps程度の通信速度が出ると考えて問題ないです。

10Mbps程度出ていれば、動画再生も問題なく可能であり、日常的に「遅い」と感じることもなく快適に使うことができます。

さかまたナギ
さかまたナギ

LTEのポケットWi-Fiは、スマホと同じ回線を使っていることを思い出してください。

スマホが日常的に問題なく使えているならば、LTE回線のポケットWi-Fiも日常的な利用で困る心配はないと考えて問題ありません。

LTEのポケットWi-Fiが繋がらない時は?

通信障害

さかまたナギ
さかまたナギ

いくつかの要因が考えられます。

たとえば、速度制限にかかってしまった、料金の未払いで回線が止められている、ポケットWi-Fiの端末の電源が切れている、そもそも通信エリア外にいる、スマホが機内モードに設定されている、タブレットのWi-Fi接続がオフになっている、など。

また、クラウドSIMの場合は電源を入れ直すと接続状態がよくなることもあります。

それでも繋がらないときは、契約しているプロバイダの問い合わせフォームから報告してみましょう。

まとめ:LTEのポケットWi-Fiは対応エリア・繋がりやすさが◎

結論

さかまたナギ
さかまたナギ

この記事では、ポケットWi-Fiにおける4G/LTEとWiMAXの違いについて見てきました。

WiMAXと違って、LTEのポケットWi-Fiは「スマホが繋がるエリアなら繋がる」というわかりやすさがあります。

山の近くで使う、地下を移動することが多い、地方に住んでいるなどの条件に当てはまる場合は、LTEのポケットWi-Fiを選んでおけば安心です。

なるほど、確かにLTEのポケットWi-Fiは派手なキャンペーンこそ少ないです。最大通信速度もWiMAXには劣ります。

しかし、LTEのポケットWi-Fiは使うときに最重要である「ストレスなく使いやすい」という点をクリアしています。

WiMAXとLTEはともに良いサービスですが、ポケットWi-Fi選びに慣れていないのであれば、LTEのポケットWi-Fiを選んでおくと、電波が繋がらなくて大失敗するリスクを大幅に抑えることができます。

迷ったら、LTEのポケットWi-Fiを選んでおくとよさそうだね。