お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

ポケット型Wi-FiWi-Fiおすすめ比較

500円で使えるポケット型Wi-Fiはある?10社比較でわかった最適回線

自宅以外でも電波が通る場所なら、どこでも使えるポケット型Wi-Fi。毎月料金が発生しますし、できるだけ安く使いたいですよね。

安く使えるポケット型Wi-Fiはどこか、知りたくありませんか?

本記事では、ポケット型Wi-Fiの種類や選び方、料金が安いポケット型Wi-Fiの紹介などをまとめました。

料金が安いポケット型Wi-Fiをお探しの人、必見です。

毎月のことだから、少しでも安くポケット型Wi-Fiを使いたい!

たすみ
たすみ

同じポケット型Wi-Fiでも、料金プランは事業者によって違います。

損しないように、この記事を読んでポイントを押さえましょう。

【この記事でわかること】
・ポケット型Wi-Fiの種類
・失敗しない選び方のコツ
・おすすめポケット型Wi-Fi
・よくある質問と答え

\当サイトおすすめのWi-Fi 3選/

サービス名

 

ZEUS WiFi

zeus wifi

縛りなしWiFi

縛りなしWi-Fi ロゴ

THE WiFi

月額料金(税込)980円~
(6ヶ月以降2,178円)
1,057円~
(キャンペーン+キャッシュバック適用)
1,298円~
(FiTプランのみ)
通信容量20GB/40GB/100GB10GB/30GB/60GB/90GB1GB/5GB/20GB/40GB/100GB
(利用容量で料金が変動)
通信速度(下り最大)150Mbps150Mbps150Mbps
詳細ZEUS WiFiの詳細を見る縛りなしWiFiの詳細を見るTHE WiFiの詳細を見る
目次 INDEX
  1. ポケット型Wi-Fiは大きく分けて3種類ある
    1. WiMAX
    2. クラウドSIMのポケットWiFi
    3. キャリア系のポケットWiFi
  2. ポケット型Wi-Fiの選び方6つ
    1. 提供エリア
    2. 月額料金
    3. データ容量
    4. 最大通信速度
    5. キャンペーンの有無
    6. 契約期間
  3. 料金が安いポケット型Wi-Fi10選
  4. 料金が安いポケット型Wi-Fi10選の特徴を解説
    1. 縛りなしWi-Fi:小容量を縛りなしで使いたい人におすすめ
    2. FUJIWi-Fi:大容量プランをコスパ良く使いたい人におすすめ
    3. THEWi-Fi:月によってデータ通信量が変わる人におすすめ
    4. クラウドWi-Fi:補償オプションを安くつけたい人におすすめ
    5. Mugen WiFi:口座振替で利用したい人におすすめ
    6. ZEUSWiMAX:3年契約前提で契約を考えている人におすすめ
    7. vision WiMAX:幅広いエリアでWiMAXを使う予定の人におすすめ
    8. 5Gコネクト:WiMAXをお試しで使ってから判断したい人におすすめ
    9. DTIWiMAX:さまざまな施設で会員優待を受けたい人におすすめ
    10. asahiネットWiMAX:固定IPアドレスを使いたい人におすすめ
  5. ポケットWi-Fi500円に関するよくある質問
    1. 実質の月額料金が最も安いポケットWi-Fiはどれ?
    2. 500円で利用できるポケットWi-Fiはある?
    3. 端末が無料のポケットWi-Fiはある?
    4. 口座振替が可能なポケットWiFiはどれ?
    5. ポケットWiFiはどこから申し込むのがおすすめ?
  6. まとめ:料金が安いポケット型Wi-Fiは「FUJI WiFi」
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

ポケット型Wi-Fiは大きく分けて3種類ある

ポケット型Wi-Fiの種類は3種類ある

ポケット型Wi-Fiは大きく分けて3種類あります。一見して同じような見た目をしたコンパクトなWi-Fiルーターなので、違いはあるのかと思われがちですが、中身は違いますよ。

“WiMAX”、”クラウドSIMタイプ”、”キャリア系のポケット型Wi-Fi”の3つに分かれます。

ポケット型Wi-Fiの種類の違いをまとめたので、覚えておきましょう。

ポケット型Wi-Fiって全部一緒じゃないの?

たすみ
たすみ

Wi-Fiルーターのスペックもそうですし、対応エリアが違いますよ。

WiMAX

WiMAXは、“WiMAXという専用回線を使用したポケット型Wi-Fi”です。ドコモ、au、SoftBankとは違う回線ですね。

UQWiMAXでおなじみの『UQコミュニケーションズ株式会社』が提供しています。

WiMAX回線を使ったポケット型Wi-Fiは、以下の特徴があります。

【WiMAXの特徴】
・メインの『WiMAX +5G』プランでは上限なしで使える
・『WiMAX +5G』では3日で◎GB制限(帯域制御)が緩和されている
・au、UQmobileスマホとのセット割がある(対象プロバイダのみ)
・取り扱いプロバイダが多く、キャンペーンが充実している
・ポケット型Wi-Fi以外にも、据え置きのホームルータータイプもあり
周波数帯が高いので、速度は出るが障害物に弱い傾向がある

特に、“上限なしで使える”のがWiMAXの一番のポイント固定回線の代わりに契約しているユーザーも多くいますよ。

クラウドSIMのポケットWiFi

クラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiは、“Wi-Fiルーターに回線情報をダウンロードすることで、その場で最適なキャリア回線が利用可能”が特徴です。

通常のポケット型Wi-Fiは、回線情報が入っているSIMカードがWi-Fiルーターの中に入っていますよね。クラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiは、Wi-Fiルーターが直接最適な回線情報をダウンロードして使うタイプです。

クラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiは、以下の特徴があります。

【クラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiの特徴】
ドコモ、au、SoftBankすべての回線に対応
・海外でも利用可能の事業者もある
・10GB程度の小容量から100GB、200GBの大容量とプランが多彩
・3日で◎GB制限(帯域制御)が設定されていない事業者が多い
・Wi-Fiルーターのスペックが最新ではなく、5Gに対応していない
・支払方法がクレジットカードのみの事業者が多い

3大キャリアのエリアに対応しているので、幅広いエリアで使えるのが特徴ですね。データ容量に関して、幅広い選択肢があるので、自分のニーズにあったプランが選択できますよ。

キャリア系のポケットWiFi

キャリア系のポケット型Wi-Fiは、“ドコモ・au・SoftBank(Y! mobile)から直接販売されているポケット型Wi-Fi”です。

携帯ショップで一緒に提案される、ポケット型Wi-Fiです。

キャリア系のポケット型Wi-Fiは、以下の特徴があります。

【キャリア系のポケット型Wi-Fiの特徴】
・最新技術が搭載されている機種の取り扱いが多い
5G通信に対応している機種もあり、高速通信が期待できる
・同じキャリアで契約しているスマホと、データ容量をシェアできるケースも
・キャリア直販なので、サポート面で安心できる
料金がWiMAXやクラウド型ポケット型Wi-Fiより高い傾向がある
・派手なキャンペーンがない

派手なキャンペーンがなく、あまりお得感は無いものの、最新技術が搭載され、高速通信が期待できる機種が多いのが特徴。

特に、ドコモから出ているポケット型Wi-Fiは最大通信速度が4.2Gbpsと、光回線にも劣りません。

月額料金の安さはWiMAXやクラウド型ポケット型Wi-Fiに劣りますが、Wi-Fiルーターの性能重視の人におすすめですね。

ポケット型Wi-Fiの選び方6つ

ポケット型Wi-Fiの選び方

たくさんの種類があるポケット型Wi-Fi。選ぶのも一苦労ですよね。

ポケット型Wi-Fiは、選び方のポイントを押さえると失敗する可能性をグンと下げられますよ。

ポイントは、“提供エリア”、”月額料金”、”データ容量”、”最大通信速度”、”キャンペーンの有無”、”契約期間”の6つです。

正しくポケット型Wi-Fiを選んで、後悔しないようにしましょう。

選ぶポイントっていっぱいあるんだね。

たすみ
たすみ

どのポイントも失敗しないためには押さえておくべきことです。

“何のために使うのか”を考えると、選びやすいですよ。

提供エリア

選び方の1つ目のポイントは、“提供エリア”です。

ポケット型Wi-Fiによって、使用回線・提供エリアが違います。

例えば、WiMAXならWiMAX回線、au回線(別途オプション代が発生するエリアあり)です。

クラウド型ポケット型Wi-Fiはドコモ・au・SoftBankのいずれかの回線で通信できますね。

都心部ならそこまでポケット型Wi-Fiによって差はありません。しかし、山間部やキャンプ場などでは使用する回線によって繋がらない場合がありますよ。

各回線の提供エリアは、公式サイトから調べることができます。

【各回線のエリアマップ】
・ドコモ:通信・エリア
・au:エリアマップ
・SoftBank:サービスエリアマップ
・Y!mobile:エリア
・WiMAX:対応サービスエリア

特に、電波が入りにくい場所で使う予定があるなら、使用予定の場所で使えそうか事前に調べておきましょう。

月額料金

選び方の2つ目のポイントは、“月額料金”です。

契約データ容量や、ポケット型Wi-Fiの種類によって料金は変わります。

複数のポケット型Wi-Fiを比較する上で、よりお得に契約する方法が、”実質料金”で比べること。

1つ例に出します。以下の3つのポケット型Wi-Fiで悩んでいるとします。

A会社:月額料金3,500円 キャンペーンなし
B会社:月額料金4,000円 キャッシュバック15,000円(1年後に受け取り)
C会社:月額料金4,000円 契約後2年間は月額料金500円引き

パッと見たところ、月額料金が3,500円のA会社が一番安いですよね。次にB会社、一番高いのがC会社です。

半年以内に解約するならA会社が1番安く使えそうですが、中長期で契約する場合は話が変わります。

2年間契約すると仮定して、比べてみましょう。

【2年間でかかる実質料金】
A会社:月額料金3,500円×24ヶ月=84,000円
B会社:月額料金4,000円×24ヶ月-15,000円(キャッシュバック)=81,000円
C会社:月額料金3,500円×24ヶ月=84,000円 ※2年間の月額料金割引込

比べてみるとわかる通り、B会社がキャッシュバックの受け取り分を加味すると、実質負担額は少なくなります。

長期で契約する予定があるなら、実質料金で比べることがおすすめです。

データ容量

選び方の3つ目のポイントは、“データ容量”です。データ容量は、使い方によってどれくらい使うのかは変わってきますよ。

【データ容量の目安例】
・自宅に別のインターネット回線がなく、メイン回線として使う→上限なし(無制限)
・あくまでサブ回線として検討→50GB
・外でも動画視聴、オンラインゲームなどヘビーに使う→100GB
・外出先で使い、テキスト中心のやり取りがメイン→10GB

メインのインターネット回線が別で無ければ、自宅と出先の兼用で使うことになりますよね。上限なしであれば残りの通信量を気にしなくても良いので、ストレスフリーで使えますね。

特に最近の上限なしプランでは、3日で◎GBの帯域制御が緩和されているので実質無制限と言っても良いですよ。

別で光回線やホームルーターなどを契約しており、サブ回線として使うなら多くても100GBもあれば十分足りると言っても良いですね。

自分がどのような使い方をするかを明確にして、最適なデータ容量プランの扱いがあるポケット型Wi-Fiを選びましょう。

最大通信速度

選び方の4つ目のポイントは、“最大通信速度”です。最大通信速度は、どのWi-Fiルーターの機種を選ぶかによって変わります。

各公式サイトに掲載されている最大通信速度は、あくまでも理論上の数値(ベストエフォート)です。つまり、最大通信速度が出ることは無いと言い切っても良いですね。

とはいえ、最大通信速度が高ければ高いほど、実測値の速度も速く出る傾向はあるので、速度重視の場合は最大通信速度を見ておくと良いですよ。

キャンペーンの有無

選び方の5つ目のポイントは、“キャンペーンの有無”です。契約するなら少しでもキャンペーンがあった方が嬉しいですよね。

ポケット型Wi-Fi事業者によっては、以下のようなキャンペーンが実施されています。

【ポケット型Wi-Fiのキャンペーン内容例】
・キャッシュバック
・月額料金割引
・他社違約金負担
・Wi-Fiルーター代0円(実質、完全)
・プラスエリアオプションが0円(WiMAX)
・一定期間お試し、満足できなければ全額返金

お好みのキャンペーンが実施されているポケット型Wi-Fiを選ぶのも1つの手です。

契約期間

選び方の6つ目のポイントは、“契約期間”です。契約するポケット型Wi-Fiによって契約期間が変わります。

契約期間内に解約すると違約金が発生するので、短期間の利用で検討している場合、特に確認すべきポイントですね。

短い事業者であれば1年、長い事業者であれば3年の契約期間が設定されています。

ちなみに、一部のポケット型Wi-Fiは契約期間の縛りがありません。クラウド型ポケット型Wi-Fiによく見られますね。

契約期間が短い、設定されていない場合も、Wi-Fiルーターを分割で購入していると残債を引き続き支払う必要があります。

短期間の利用の場合は、Wi-Fiルーター代の扱いがどうなっているかの確認もしておきましょう。

料金が安いポケット型Wi-Fi10選

安いポケット型Wi-Fiの比較

数あるポケット型Wi-Fiの中で、料金が安いポケット型Wi-Fiをまとめました。

主にクラウド型ポケット型Wi-Fiと、WiMAXの中から選定しています。

ポケット型Wi-Fi名縛りなしWiFi

FUJI WiFi
FUJI WiFi
THE WiFi
THE WiFi
クラウドWiFi
クラウドWiFi
MUGEN WiFi
MUGEN WiFi
ZEUS WiMAX
ZEUS WiMAX
Vision WiMAX
Vision WiMAX
5G CONNECT
5G CONNECT
DTI WiMAX
DTI WiMAX
ASAHIネット WiMAX
ASAHIネット WiMAX
提供エリア【トリプルキャリア】
ドコモ
au
SoftBank
【トリプルキャリア】
ドコモ
au
SoftBank
【トリプルキャリア】
ドコモ
au
SoftBank
【トリプルキャリア】
ドコモ
au
SoftBank
【トリプルキャリア】
ドコモ
au
SoftBank
【WiMAX +5G】
WiMAX2+
au 4G LTE
au 5G
【WiMAX +5G】
WiMAX2+
au 4G LTE
au 5G
【WiMAX +5G】
WiMAX2+
au 4G LTE
au 5G
【WiMAX +5G】
WiMAX2+
au 4G LTE
au 5G
【WiMAX +5G】
WiMAX2+
au 4G LTE
au 5G
月額料金10GB:1,890円
30GB:2,680円
60GB:3,480円
90GB:3,980円※1
【6ヶ月契約】
30GB:2,280円
50GB:2,570円
100GB:3,380円
200GB:4,980円
1日10GB:4,880円
【契約期間なし】
1日10GB:5,995円
200GB:5,995円
100GB:4,895円
50GB:3,740円
30GB:3,410円
【THE WiFi FiT】
1GBまで:1,298円
5GBまで:1,628円
20GBまで:2,068円
40GBまで:2,596円
100GBまで:3,960円
【THE WiFi 100GB】
3,828円
20GB:2,580円
50GB:2,980円
100GB:3,718円
3,718円【5Gギガ放題バリュープラン】
2ヶ月目まで:1,474円
36ヶ月目まで:3,784円
37ヶ月目以降:4,708円
【5Gギガ放題フリープラン】
2ヶ月目まで:3,880円
3ヶ月目以降:4,818円
初月:0円
24ヶ月目まで:4,103円
25ヶ月目以降:4,785円
4,950円25ヶ月目まで:4,180円
26ヶ月目以降:4,730円
【ギガ放題プラス
固定IPアドレスプラン】
初月:0円
24ヶ月目まで:6,028円
25ヶ月目:6,578円
【ギガ放題プラスプラン】
初月:0円
24ヶ月目まで:4,378円
25ヶ月目:4,928円
データ容量10GB
30GB
60GB
90GB
1日10GB
200GB
100GB
50GB
30GB
100GBまでの従量制
100GB
20GB
50GB
100GB
100GB上限なし上限なし上限なし上限なし上限なし
最大通信速度下り最大:150Mbps
上り最大:150Mbps
下り最大:150Mbps
上り最大:150Mbps
下り最大:150Mbps
上り最大:150Mbps
下り最大:150Mbps
上り最大:150Mbps
下り最大:150Mbps
上り最大:150Mbps
下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
下り最大:2.2Gbps
上り最大:183Mbps
下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
キャンペーンの有無キャッシュバック
月額料金割引
月額料金割引
※6ヶ月契約プランのみ
月額料金4ヶ月間0円
30日間お試し
なしキャッシュバック
30日間お試し
キャッシュバック
月額料金割引
キャッシュバック
月額料金割引
30日間お試しキャッシュバック
月額料金割引
月額料金割引
契約期間縛りなし6ヶ月契約
縛りなし
縛りなし
※2
縛りなし2年契約
※3
3年契約縛りなし縛りなし
※4
2年契約なし

※ 料金はすべて税込
※ キャンペーン情報は2022年8月時点
※ WiMAXの最大速度は『Speed Wi-Fi 5G X11』、もしくは『Galaxy 5G Mobile Wi-Fi』の情報
※1 春トクキャンペーン適用後の月額料金です。
※2 レンタルサービス契約は、最低利用期間が24ヵ月間
※3 別途オプション加入(660円/月)で縛りなしに可能
※4 最低利用期間として3ヶ月間の設定あり

縛りなしWiFiからMUGEN WiFiがクラウドSIMタイプ、ZEUS WiMAXからASAHIネット WiMAXまでがWiMAXのポケット型Wi-Fiです。

安いプランだったら1,000円台で使えるんだね!

料金が安いポケット型Wi-Fi10選の特徴を解説

安いポケット型Wi-Fiの特徴を解説

先ほど表で紹介した、料金が安いポケット型Wi-Fiの特徴を事業者ごとに解説します。

同じ回線を使っていても、ポケット型Wi-Fiによって月額料金やキャンペーンなどが変わります。

各サービス内容の特徴を把握して、自分に合ったサービスを提供しているポケット型Wi-Fiを選びましょう。

たすみ
たすみ

データ容量が小容量から大容量、上限なしとポケット型Wi-Fiによってさまざまです。

また、独自オプションやサービスを提供している事業者もあるので、比べていきましょう。

縛りなしWi-Fi:小容量を縛りなしで使いたい人におすすめ

縛りなしWiFiの特徴は、“契約期間の縛りがなくポケット型Wi-Fiを契約できる”ことです。

【縛りなしWiFiのメリット】
・ドコモ、au、SoftBankのエリアに対応
・1,890円(10GB)からとリーズナブル
・契約期間の縛りなし
【縛りなしWiFiのデメリット】
・100GB以上のプランがなく、大容量プランの扱いなし
・5G通信に対応していない
・貸し出されるWi-Fiルーターは、2.4GHzのみ対応

契約期間が年単位で設定されている事業者が多い中、縛りなしWiFiは契約期間の定めがありません。短期間利用を検討している場合は、選択肢の1つに入れても良いですね。

また、2022年8月時点で以下のキャンペーンを実施中です。

・春トクキャンペーン:基本使用料から最大838円の割引
・キャッシュバック:指定オプション加入・アンケートに回答で10,000円のキャッシュバック

縛りなしWiFiは、小容量プランで考えている人におすすめのポケット型Wi-Fiですね。

FUJIWi-Fi:大容量プランをコスパ良く使いたい人におすすめ

FUJI WiFi

FUJI WiFiは、“100GB以上の大容量プランの扱いがある、クラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fi”です。

【FUJI WiFiのメリット】
・100GB、200GB、1日10GB(約310GB)といった大容量プランあり
・6ヶ月契約、縛りなしの2つから選べる
・SIMカードのみの契約もできる
【FUJI WiFiのデメリット】
・契約期間設定なしプランは割高
・5G通信に対応していない
・支払方法が口座振替には対応していない(コンビニ払いは対応)

月額料金が安いプランでも、契約期間の設定が6ヶ月と他社より短いFUJI WiFi。

契約期間の設定が無いプランは他社より高めなので、基本的には6ヶ月契約プランがおすすめですよ。

FUJI WiFiもクラウド型ポケット型Wi-Fiの1つですが、他社ではあまり見かけない100GB以上の大容量プランが提供されているのも特徴。ちなみに、100GBプランでは、3,380円とキャンペーンで相場より安く設定されていますよ。

2022年8月時点で以下のキャンペーンが実施中です。

・月額料金割引:月額料金から最大600円の割引(6ヶ月契約プランのみ)

大容量プランをコスパ良く使いたい人に、FUJI WiFiはおすすめです。

THEWi-Fi:月によってデータ通信量が変わる人におすすめ

THE WiFi

THE WiFiは、“従量制プランが提供されているクラウドSIMのポケット型Wi-Fi”です。

【THE WiFiのメリット】
・従量制プランを選ぶと、1,298円(1GB)から利用可能
・最短即日発送で早く使える
・Wi-Fiルーターの起動が速く、すぐに使える
【THE WiFiのデメリット】
・100GBプランの月額料金は相場より少し高め
・データ追加容量が10GBからと少量の追加ができない
・5G通信に対応していない

1GBから100GBの従量制プランと、100GB固定のプランの2つを提供しているTHE WiFi。

月によってデータ通信量がまちまちの場合は従量制プランを選ぶと、使わなかった月に余計な出費をせずに済みますね。

また、2022年8月時点で以下のキャンペーンを実施中です。

・月額料金4ヶ月間0円(100GBプランのみ)
・THE WiFiポイント付与:SAISON CARD Digitalに入会・応募で5,000円分のポイントが付与
・30日間お試し:満足できなかったら解約金、月額料金の請求なし(30GB未満の利用に限る)

100GBの月額料金が3,838円と他社より少し高いですが、キャンペーン実施中に申し込むと月額料金が4ヶ月間0円なので、実質安く使えますね。

月によってデータ通信量が違う、最初の数ヶ月間でも出費を抑えたい人にTHE WiFiはおすすめです。

クラウドWi-Fi:補償オプションを安くつけたい人におすすめ

クラウドWiFi

クラウドWiFiは、“契約期間の設定がない100GBまで使えるクラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fi”です。

【クラウドWiFiのメリット】
・3日で◎GBといった帯域制御がない
・補償のオプションが275円からと安価
・海外での利用時は1日700円からとリーズナブル
【クラウドWiFiのデメリット】
・料金プランの変更時に、2,200円の手数料が発生する
・支払方法はクレジットカードのみ
・月額料金は平均的

20GB、50GB、100GBのデータ容量によって料金プランが分かれているクラウドWiFi。シンプルな料金体系で王道なクラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiですね。

また、補償オプションが他社は500円程度からなのが、故障と水没をカバーするオプションが275円で加入できますよ。最低限の補償は欲しいという場合でもそこまで負担なくオプションに加入できますね。

契約期間の設定は無しが良い、ポケット型Wi-Fiに補償を付けたいけど、料金が上がるのがネックという人にクラウドWiFiはおすすめです。

Mugen WiFi:口座振替で利用したい人におすすめ

MUGEN WiFi

MUGEN WiFiは、“オプション加入で口座振替に対応しているクラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fi”です。

【MUGEN WiFiのメリット】
・長期利用で最大10,000円のキャッシュバックあり(支払方法がクレジットカードの場合)
・30日間のお試し期間あり
・オプション加入で契約期間の縛りなし、口座振替に対応
【MUGEN WiFiのデメリット】
・100GBプランのみで小容量の扱いなし
・2年間の契約期間あり
・短期利用者にはキャンペーン適用なし

100GBプランのみの提供と、シンプルな料金体系のMUGEN WiFi。料金プランは1つのみですが、他社にはないオプションがあります。

・2年間縛りなしプラン(660円/月):契約期間を無くせるオプション
・低速補償プラン(440円/月):速度制限ではない時に、5日以上低速になった場合に補償されるオプション
・口座振替オプション(550円/月):口座振替が可能になるオプション
・三カ月おまとめ支払い(0円/月):3ヶ月に1回の支払いで110円安くなるオプション

補償オプション以外にも、特徴のあるオプションが充実していますね。

また、2022年8月時点で以下のキャンペーンを実施中です。

・キャッシュバック:14ヶ月目と23ヶ月目の2回に分けて合計10,000円のキャッシュバック※口座振替不可
・30日間お試し:満足できなかったら全額返金

口座振替で利用したい、キャッシュバックを受け取りたい人にMUGEN WiFiはおすすめです。

ZEUSWiMAX:3年契約前提で契約を考えている人におすすめ

ZEUS WiMAX

ZEUS WiMAXは、“3年間3,000円台で無制限に使えるポケット型Wi-Fi”です。

【ZEUS WiMAXのメリット】
・3年契約の場合、コスパ良く利用可能
・契約期間縛りなしプランも選べる
・コンビニ後払いにも対応
【ZEUS WiMAXのデメリット】
・au、UQmobileスマホとのセット割が対象外
・Wi-Fiルーターは買い取り(21,780円)の必要あり
・キャッシュバックキャンペーンは、契約期間縛りなしプランは対象外

契約期間が3年間のプランと、設定なしのプランが提供されているZEUS WiMAX。3年間使う予定なら、3年間3,000円台で無制限(上限なし)に使えるので、契約期間があるプランを選ぶとお得ですね。

au・UQスマホとのセット割ですが、ZEUS WiMAXでは適用対象外なので注意が必要です。

また、2022年8月時点で以下のキャンペーンが実施中です。

・キャッシュバック:指定オプション加入、バリュープラン(3年契約)で申し込み、アンケート回答で21,780円のキャッシュバック
・月額料金割引:契約後3ヶ月間、月額料金を最大3,234円割引(バリュープラン)

スマホセット割が適用されないので、au、UQmobileスマホ以外のスマホユーザーの人におすすめですね。

vision WiMAX:幅広いエリアでWiMAXを使う予定の人におすすめ

Vision WiMAX

Vision WiMAXは、“WiMAXのプラスエリアモードが無料で使えて、料金が変わらず広いエリアに対応のポケット型Wi-Fi”です。

【Vision WiMAXのメリット】
・プラスエリアオプションが無料(通常1,100円/月)
・契約解除料金が0円
・au、UQmobileスマホとのセット割あり
【Vision WiMAXのデメリット】
・Wi-Fiルーター代は別途発生(21,780円)
・支払い方法はクレジットカードのみ
・月額料金は最安水準ではない

WiMAXの一部エリアは『プラスエリアモード(au回線のプラチナバンドエリア)』のみ対応しています。プラスエリアモードで通信した場合、通常1,100円が月額料金にプラスで発生しますが、Vision WiMAXは無料で使えますよ。

そして、2022年7月以降の申し込みの場合は、契約期間の設定が無くなり、解約金が不要になりました。

また、2022年8月時点で以下のキャンペーンが実施中です。

・キャッシュバック:公式サイトからの申し込みで最大8,300円のキャッシュバック
・端末値引き:一括でWi-Fiルーターを購入すると3,300円値引き
・月額料金割引:24ヶ月間682円の割引

プラスエリアモード対応の場所で使う予定があり、契約期間の設定が無いポケット型Wi-Fiを希望する人は、Vision WiMAXがおすすめです。

5Gコネクト:WiMAXをお試しで使ってから判断したい人におすすめ

5G CONNECT

5G CONNECTは、“WiMAXの30日間お試しモニター制度が提供されているポケット型Wi-Fi”です。

【5G CONNECTのメリット】
・WiMAXプロバイダに珍しく、最長30日間のお試し制度がある
・プラスエリアオプションが無料(通常1,100円/月)
・3ヶ月間の利用期間が終われば、いつ解約しても解約金0円
【5G CONNECTのデメリット】
・月額料金割引がなく、料金は高め
・支払い方法はクレジットカードのみ
・au、UQmobileスマホとのセット割が対象外

上限なしでおなじみのWiMAX。実際に使えないと本当に上限なしで使えるのか心配ですよね。そこで、最長30日間のお試しモニター制度を設けているのが5G CONNECT

実際に使ってみることで不具合が無いか確認し、そのまま使うかどうかの判断ができますよ。

また、5G CONNECTの月額料金が4,950円と、他社より高めに設定されているのが気になりますよね。

しかし、契約期間の設定が無しなのと、料金の中に”Wi-Fiルーターレンタル代、プラスエリアオプション代”が含まれていると思えば平均的と言えます。

WiMAXを試した上で契約したい人、早く解約しても端末代がかからないのが良い人に5G CONNECTはおすすめです。

au・UQスマホとのセット割ですが、5G CONNECTでは適用対象外なので注意が必要です。

DTIWiMAX:さまざまな施設で会員優待を受けたい人におすすめ

DTI WiMAX

DTI WiMAXは、“飲食店や宿泊施設を会員料金でお得に利用できるポケット型Wi-Fi”です。

【DTI WiMAXのメリット】
・契約者限定サービス『DTI Club Off』で、提携施設がお得に利用できる
・3年契約のプロバイダがメインの中、2年契約で利用可能
・解約金が1,100円と安価
【DTI WiMAXのデメリット】
・Wi-Fiルーター代は別途発生(21,780円)
・プラスエリアオプションが有料
・au、UQmobileスマホとのセット割が対象外

最大の特徴が、契約者限定サービスの『DTI Club Off』で飲食店、宿泊施設、レジャー施設などで会員特典が使えること。対象施設・店舗で割引を受けることができますよ。

宿泊施設・レジャー施設・映画館・温泉施設・エンタメ施設・グルメと幅広いジャンルの施設が対象です。施設以外にも、オンラインショッピングで特典が受けられることも。

また、2022年8月時点で以下のキャンペーンが実施中です。

・キャッシュバック:13ヶ月後に21,780円のキャッシュバック
・月額料金割引:25ヶ月間550円の割引

よくレジャー施設へ出かけたり、外食したりする人に、DTI WiMAXはおすすめですね。

au・UQスマホとのセット割ですが、DTI WiMAXは適用対象外なので注意が必要です。

asahiネットWiMAX:固定IPアドレスを使いたい人におすすめ

ASAHIネット WiMAX

ASAHIネット WiMAXは、“固定IPアドレスを使える専用プランがあるポケット型Wi-Fi”です。

【ASAHIネット WiMAXのメリット】
・固定IPアドレスが使えるプランがある
・ASAHIネットの対象サービスと同時利用で200円の割引
・セキュリティオプションが充実している
【ASAHIネット WiMAXのデメリット】
・月額料金は平均的
・au、UQmobileスマホとのセット割が対象外
・支払い方法がクレジットカードのみ

他社にはない固定IPアドレスプランが提供されているASAHIネット WiMAX

自分専用の固定IPアドレスでインターネット通信ができ、オンラインゲームや、ネット証券、VPN接続などで活用できますね。

運営元が、評判のあるプロバイダの『ASAHIネット』を運営している『株式会社朝日ネット』です。企業としての信頼性はバツグンと言えますね。

また、2022年8月時点で以下のキャンペーンが実施中です。

・月額料金割引:23ヶ月500円割引

固定IPアドレスで利用したいと考えている人に、ASAHIネット WiMAXはおすすめです。

au・UQスマホとのセット割ですが、ASAHIネット WiMAXは適用対象外なので注意が必要です。

ポケットWi-Fi500円に関するよくある質問

よくある質問と答え

ポケット型Wi-Fiに関して、よくある質問と答えをまとめました。

実質料金が安いポケット型Wi-Fiはどれなのか、500円で使えるポケット型Wi-Fiはあるのかなどの質問に回答しています。

気になる質問があれば、参考にしてみてくださいね。

契約する前に疑問は解消しておきたいね。

実質の月額料金が最も安いポケットWi-Fiはどれ?

契約するデータ容量によって、実質の月額料金が最も安いポケット型Wi-Fiは変わります。

本記事で紹介したポケット型Wi-Fiの中で実質月額料金が最安のポケット型Wi-Fiを、代表的なデータ容量ごとにまとめました。

・10GB:縛りなしWiFi(1,057円)※春トクキャンペーン、キャッシュバック10,000円を加味した金額、契約から12ヶ月間
・50GB:FUJI WiFi(2,570円
・100GB:MUGEN WiFi(3,328円)※キャッシュバック10,000円を加味した金額
・上限なし:ZEUS WiMAX(1,474円:2ヶ月目まで、3,784円:36ヶ月目まで)

※100GBで実質料金が最安なのは、THE WiFi(3,119円)ですが、クレジットカードの申し込み特典のポイントが加味されているため、今回は除外しております。

契約するタイミングで実施中のキャンペーン内容によって、実質料金が変わります。契約時のキャンペーン内容を比較すると、実質料金はどこが安いか見えてきますよ。

500円で利用できるポケットWi-Fiはある?

月額料金が500円で利用できるポケット型Wi-Fiはありません。しかし、“短期利用のレンタルポケット型Wi-Fi”ならありますよ。

【500円以下で使えるレンタルポケット型Wi-Fiの例】
・WiFiレンタルどっとこむ:1日470円から利用可能
・Wi-Fiレンタル屋さん:1日390円から利用可能

レンタルのポケット型Wi-Fiなら、1日あたり500円以下で借りられる事業者がありますね。

一方で1ヶ月100GBのように容量が決まっているポケット型Wi-Fiは、どれだけ安くても1,000円台からの契約になります。

端末が無料のポケットWi-Fiはある?

端末(Wi-Fiルーター)が無料のポケット型Wi-Fiは存在します。端末代ですが、“実質0円”と”完全0円(レンタル含む)”の2つに分かれています。

【実質0円のポケット型Wi-Fi例】
・DTI WiMAX(キャッシュバック)
・ZEUS WiMAX(キャッシュバック)
・カシモWiMAX(割引相殺)
・THE WiFi(割引相殺)
【完全0円のポケット型Wi-Fi例(レンタル料0円含む)】
・縛りなしWiFi
・クラウドWiFi
・5G CONNECT
・FUJI WiFi
・MUGEN WiFi

Wi-Fiルーター代が”実質0円”の場合、短期解約した時に端末代を請求されたり、キャッシュバックが受け取れなかったりする可能性があります。

長期間利用する予定が無い場合は、”完全0円”のポケット型Wi-Fiを選びましょう。

口座振替が可能なポケットWiFiはどれ?

口座振替が可能なポケット型Wi-Fiは、少ないですが存在します。

【口座振替対応のポケット型Wi-Fi】
・Y!mobile
・SoftBank
・au
・UQ WiMAX
・ドコモ
・MUGEN WiFi(オプション代として月額550円が別途発生)
・Broad WiMAX(支払手数料として月額220円が別途発生)

キャリア系のポケット型Wi-Fiと、クラウドSIMタイプの一部のポケット型Wi-FiWiMAXの一部のプロバイダが対応しています。

キャリア系ポケット型Wi-Fi以外の場合は、別途手数料やオプション代が発生することが多いので、注意してください。

キャンペーンの適用条件の1つとして“クレジットカード払い”が設定されている場合があります。
その場合、口座振替を選択すると、キャンペーンが適用されません。

ポケットWiFiはどこから申し込むのがおすすめ?

ポケット型Wi-Fiは、“インターネット経由で申し込み”が1番おすすめです。

キャリア系ポケット型Wi-FiやWiMAXは、家電量販店や携帯ショップから申し込めるポケット型Wi-Fiもあります。

その場で開通作業をしてもらえるので、即日から使えるのが店頭で申し込みするメリットです。それでもインターネット経由の申し込みがおすすめの理由は、“キャンペーンの充実さが上回っている”からですね。

店舗で働くスタッフの人件費を抑えることで、インターネット窓口ではキャンペーンが充実している傾向があります。

また、本サイトから申し込むと提携サイト特典として、公式サイトより特典が充実しているポケット型Wi-Fiもあります。気になる場合はぜひチェックしてみてください。

まとめ:料金が安いポケット型Wi-Fiは「FUJI WiFi」

おすすめのポケット型Wi-Fi

料金が安いポケット型Wi-Fiは、『FUJI WiFi』です。

上限なしプランは無いものの、6ヶ月契約プランであれば、100GBまでの料金プランが安く設定されています。

【FUJI WiFiの料金プラン(6ヶ月契約)】
・30GB:2,280円
・50GB:2,570円
・100GB:3,380円
・200GB:4,980円
・1日10GB:4,880円

ドコモ・au・SoftBankのトリプルキャリアに対応しているので、幅広いエリアで利用できますよ。

5Gに対応していないので速度が最速ではありませんが、使えれば問題ない場合におすすめのポケット型Wi-Fiです。

また、FUJI WiFi以外にも、縛りなしWiFiは契約期間の設定なしで最安1,890円(10GB)から使えます。

キャッシュバックを加味すると100GBではMUGEN WiFiが実質3,328円で使えます。MUGEN WiFiはさらに請求をまとめると110円の割引も入りますよ。

ポケット型Wi-Fiを選ぶ時は、定価の月額料金のみではなくキャンペーンの情報も含めて比較することが大切です。

しっかりと比較検討して、失敗しないようにしましょう!

ポイントを押さえておけば、大丈夫そうだね!

たすみ
たすみ

月額料金以外にも“何年使う予定か”“どのくらいのデータ容量を使いそうか”“使う場所はどこか”などの選び方のポイントがあります。

ポイントをしっかりと押さえると損をする可能性はグンと減らせるので、どういう使い方をするのかを明確にして、比較検討してください!