Wi-Fiの特徴

Wi-Fiが弱い8つの原因と対処法-iPhoneの場合も詳しく解説-

Yoda
Yoda

この記事は、Wi-Fiが弱い8つの原因と対処法について、解説しています。

Wi-Fiが弱いし、つながらない。

何が原因かよくわからない。

こんなときどうしたらいいんだろう?

やっぱり、新しいものに買い替えなきゃいけないのかな?

誰か教えてくれないかな……?

今回は、Wi-Fiが弱かったり、つながりにくかったりしたときの原因と対処法について、特集しています。

考えられるさまざまな原因と対処法を、できる限り多く集めましたので、まず自分で試してみてください。

買い換えや別のプロバイダに乗り換えることは、それからでも遅くありません。

Wi-Fiのトラブルで困っている方も、また今のWi-Fiに満足している方にも、役に立つ情報を載せていますので、ぜひ最後までお読みください。

【この記事でわかること】
● Wi-Fiが弱いときの原因と対処法
● スマートフォンのWi-Fiや通信が弱い時の原因と対処法
● Wi-Fiの電波が弱いときによくある質問

 

Wi-Fiが弱いときの原因と対処法

Wi-Fiが弱いときの原因と対処法

ここでは、Wi-Fiが弱い時の原因と対処法について、解説していきます。

Yoda
Yoda

以下のとおりです。

● Wi-Fiが弱い原因1. Wi-Fiルーターの置き場所が悪い
● Wi-Fiが弱い原因2. Wi-Fiの電波と他の電波が干渉している
● Wi-Fiが弱い原因3. Wi-Fiルーターの子機や中継機に問題がある
● Wi-Fiが弱い原因4. 同時にたくさんのデバイスが接続している
● Wi-Fiが弱い原因5. Wi-Fiルーター自体に問題がある
● Wi-Fiが弱い原因6. 通信制限にかかっている
● Wi-Fiが弱い原因7. 同じ回線を多くの人が利用している
● Wi-Fiが弱い原因8. 契約しているプロバイダが遅い

Wi-Fiが弱い原因1. Wi-Fiルーターの置き場所が悪い

Wi-Fiが弱い原因の一つに、Wi-Fiルーターの置き場所が悪い、ということがあげられます。

Wi-Fi電波の特性として、以下のことがあります。

● 厚いドアや壁などの遮蔽物を通り抜けにくい。
● 水に吸収されやすい。
● 金属に吸収されやすい。

Wi-Fiルーターは周囲360°に飛んでいます。上記の特性を考え合わせて、無線LANルータの置き場所は、

・部屋の中央など見通しのよい場所に置く
・水槽や花瓶の近くに置かない
・金属の近くに置かない

以上の点に注意してください。

対処法1. 部屋の中央など見通しのよい場所に置く。

なるべく遮蔽物の近くに置かないようにしましょう。また四方を囲まれた棚の中には置かないでください。

水槽や花瓶の近くに置かない。

水によって、電波が吸収されてしまうためです。

金属の近くに置かない

金属によって、電波が吸収されてしまうためです。特に金属製のラックなどの上に置かないでください。

電波が、水や金属に吸収されやすいというのは知らなかったなぁ。

Wi-Fiが弱い原因2. Wi-Fiの電波と他の電波が干渉している

次に、Wi-Fiの電波と他の電波が干渉していることがあります。

Wi-Fiの電波は2.4GHz帯の周波数を使う規格のものがあります。実は電子レンジも同じ2.4GHz帯の周波数を使っています。

そのためWi-Fiルーターを電子レンジの近くにおくと、同じ周波数同士干渉しあって電波が弱くなってしまいます。

Yoda
Yoda

またドアホン・インターホン・リモコンなどのワイヤレス機器も、同じ現象を起こす場合があります。

この電波干渉を避けるために、

・Wi-Fiルーターを電子レンジなど家電製品の近くにおかない。
・Wi-Fiの電波を5GHz帯の周波数に変えてみる。

上記のことを行ってみてください。

Wi-Fiルーターを電子レンジなど家電製品の近くにおかない

近くにおくと、電波干渉を起こすことがあります。

Wi-Fiの電波を5GHz帯の周波数に変えてみる

周波数を変えることによって、家電製品との電波干渉を避けることができ、電波も安定します。

Wi-Fiが弱い原因3. Wi-Fiルーターの子機や中継機に問題がある

次に、Wi-Fiルーターの子機や中継機に問題があることがあげられます。

無線LAN子機は、もともと無線通信機能のない機器に追加する用途のほか、オンラインゲームなどでより高速な通信を可能にしたいときなどに使われます。USB接続が可能です。

中継機とは、Wi-Fiの電波が弱い場合に設置し、Wi-Fiを利用できる範囲を拡大するための機器です。

いずれかの機器に問題があれば、インターネット通信に支障をきたします。

ここでは、

・無線LAN子機に原因がある場合
・中継機に原因がある場合

以上の2つについて、対策を解説していきます。

無線LAN子機に原因がある場合

ルーターの設定画面から、ソフトウェアやドライバーをチェックしてください。ソフトウェアやドライバーが古いものであれば、最新のバージョンをインストールすることでWi-Fiの不具合が解消する可能性があります。

中継機に原因がある場合

中継機の場合はいったんリセットし、再起動すれば元の状態に戻ります。

Yoda
Yoda

中継機のリセットのしかたは、以下のとおりです。

1. Wi-Fiルーター・中継機2台の電源をすべて切る(コンセントからACアダプターを抜きます)。
2. Wi-Fiルーター → 中継機の順に電源を入れる。
①Wi-Fiルーターの電源を入れる。
②Wi-Fiルーターのランプ状態が落ち着いたら、中継機の電源を入れる。
③中継機の親機接続ランプが、点灯または点滅していることを確認する。
3. インターネットに接続できることを確認する。

Wi-Fiが弱い原因4. 同時にたくさんのデバイスが接続している

次に、同時にたくさんのデバイスが接続していることがあげられます。

Wi-Fiルーターの能力には限界があります。Wi-Fiルーターのスペックや機能にもよりますが、10台以上の機器が接続可能とされていても、接続している機器が増えれば増えるほどWi-Fiルーターへの負荷は大きくなり、処理速度は遅くなります。

これに対する対策は、

・接続台数を減らす

ことです。

接続台数を減らす

もしWi-Fiルーターにたくさんのデバイスを接続しているなら、その中であまり使わないもの、不要なものは外しましょう。

Yoda
Yoda

少しでもWi-Fiルーターに負担をかけないことが大切です。

Wi-Fiが弱い原因5. Wi-Fiルーター自体に問題がある

次に、電波が弱いのは、Wi-Fiルーター自体に問題があるからかもしれません。無線LANルーターが経年劣化で機能が弱くなっている場合や、古い機種を使っている場合は、感度が悪くなります。

これに対する対策は、

・無線LANルーターを最新の機種に替える

ことです。

無線LANルーターを最新の機種に替える

無線LANルーターを最新の機種に替えてみましょう。

Wi-Fiルーターは最新の機種の方が、通信速度は速く、通信量も大きくなっています。通信速度やつながりやすさなどの性能も飛躍的に向上しています。

一般的に普及している「Wi-Fi 5」ルーターに加え、最新の「Wi-Fi 6」対応ルーターが販売開始されています。さらに、同時接続にも強い「メッシュWi-Fi」も発売されました。買い換えるなら、それぞれのインターネット環境を踏まえたうえで、最適なタイプを選びましょう。

無線LANルーターも進歩しているんだね。

Wi-Fiが弱い原因6. 通信制限にかかっている

次にポケットWi-Fiルーターの場合は、データー容量を超えてしまったために、通信制限にかかっている、ということもあります。これは、家庭用のホームルーターやスマートフォンの場合もおなじです。

これに対する対策は、以下のとおりです。

・通信制限が解除されるのを待つ。
・常に通信量を確認する。

通信制限が解除されるのを待つ

時間がたてば、通信制限は解除されるので、それまで待つしかありません。

常に通信量を確認する

たとえばWiMAXであれば、画面で通信量を確認できます。ほとんどの場合、3日間で10~15GBが上限なので、それに注意しながら使うようにしましょう。

Yoda
Yoda

しかしスマートフォンや一部のモバイルWi-Fiなどは、一度通信制限がかかると翌月まで解除されないので、よほど注意しなければなりません。もし通信制限がかかってしまったら、オプションサービスでGB容量をチャージするしかないでしょう。

Wi-Fiが弱い原因7. 同じ回線を多くの人が利用している

次に同じ回線を多くの人が利用している場合、Wi-Fiの速度は遅くなり、つながりにくくなります。特に夜間は混雑します。

たとえばWiMAXを利用している人や、同じアパートやマンションで、1つの回線を入居者全員で共有している場合などは、その傾向が顕著です。

対策としては、

・混雑する時間帯を避ける
・IPv6を利用する

以上です。

混雑する時間帯を避ける

Wi-Fiがつながりにくくなって、回線が混雑してきたな、と思ったら、その時間を避けることです。混雑する時間帯が毎日同じであれば、別の時間帯にWi-Fiを使うようにします。

IPv6を利用する

これは光回線を利用している方に限られるのですが、IPv6をまだ利用していないのなら、プロバイダに問い合わせて、IPv4 over IPv6のオプションサービスを利用することです。無料で使えるプロバイダが多いです。

IPv6は混雑に強い通信方式なので、おそらく効果はあるはずです。

これはぜひやるべきだね。

Wi-Fiが弱い原因8. 契約しているプロバイダが遅い

契約しているプロバイダの回線が、もとより遅い場合があります。このようなときは、プロバイダを変更することを考えてもよいでしょう。

この記事では、次のプロバイダをおすすめします。

・光回線:fon光
・モバイルWi-Fi:縛りなしWiFi

fon光

光回線なら、fon光がおすすめだよ。

Yoda
Yoda

fon光のサービス概要は、以下の表のとおりです。

プランfon光

運営会社フォン・ジャパン株式会社
月額料金月額4,378円 (高速無線LAN無料標準装備)
初期費用3,300円
最大通信速度下り 2Gbps / 上り 1Gbps
契約期間2年
支払い方法クレジットカード・口座振替
初回登録時のみ「NTT請求(電話料金合算) ・ソフトバンクまとめて支払い」あり

Fon光は、NURO光回線を利用した高速の光ファイバーサービスを提供しています。最大速度も下り2Gbps、上り1Gbpsの高速回線を実現しました。

fon光の月額料金は4,378円です。工事費実質無料、およびプロバイダ料金も無料です。また専用無線LANルーターが標準装備で、これも無料になっています。

なおfon光には、キャッシュバックなどのキャンペーンはありません。その代わり、さまざまなオプションサービスがあり割り引き料金で利用できます。

 

 

fon光の工事は遅い? 口コミ・評判で分かった実態を徹底検証
fon光について解説しています。fon光の魅力は、月額4,378円という安さと通信速度2Gbpsという速さです。長期的に見れば、fon光が業界最安値のプロバイダでした。さらに充実したオプションと縛りなしWiFiとのユニークなセット料金も紹介しています。

縛りなしWiFi

モバイルWi-Fiは、縛りなしWiFiで決まり。

Yoda
Yoda

縛りなしWiFiのプランの概要は、以下の表のとおりです。

プラン縛りなしプラン
スタンダードプランメガプランギガプラン100ギガプランWiMAXプラン
月額料金3,366円3,575円3,630円3,960円4,730円
事務手数料3,300円
契約期間なし
データ容量40GB/月50GB/月60GB/月(2GB/日)100GB/月100GB/月(10GB/3日)

縛りなしWiFiの「縛りなしプラン」は〈契約期間の縛りがない〉ので〈いつでも解約〉できます。
「いきなり契約期間の縛りがあるプランは不安……」そんな人はまず「縛りなしギガプラン」や「スタンダードプラン」で試してみて、あとから「縛っちゃうプラン」へ変更も可能です。

Yoda
Yoda

他に契約期間の縛りがある「1年縛っちゃうプラン」「3年縛っちゃうプラン」があります。月額料金は、もっとお得になりますよ。

 

スマホのWi-Fiや通信が弱いときの原因と対処法

スマホのWi-Fiや通信が弱いときの原因と対処法

ここでは、スマホのWi-Fiや通信が弱い時の原因と対処法について、解説していきます。

Yoda
Yoda

以下のとおりです。

● スマホのWi-Fiが弱い原因1. 通信制限にかかっている
● スマホのWi-Fiが弱い原因2. 提供エリアを外れている
● スマホのWi-Fiが弱い原因3. 同時に多くの人が利用している

1. 通信制限にかかっている

スマートフォンのWi-Fiが弱い原因として、通信制限にかかっている可能性があります。

スマートフォンは、各自契約のときに決めた月間のデータ容量というものがあります。データ容量の上限を超えると通信制限がかかり、月末まで通信速度が制限されてしまいます。

その対策としては、

・通信制限が解除されるまで待つ。
・データ容量をチャージする。

の2つがあります。

対処法:通信制限が解除されるのを待つ

翌月1日に通信制限が解除されるのを待つことです。多少の不便は我慢しなければなりません。

そう言われても……。

対処法:データ容量をチャージする

追加のデータ容量をチャージしてもらうことです。これは翌月まで待てない、という人向けです。たいていのキャリアでオプションサービスとして行っています。

Yoda
Yoda

あまりひんぱんに通信制限がかかるなら、一度契約したショップで、月間のデータ容量を調べてもらいましょう。足りないようであれば、データ容量を増やすことをおすすめします。

スマホのWi-Fiが弱い原因2. 提供エリアを外れている

提供エリアを外れて使っているとき、スマートフォンの速度が遅くなったり、つながりにくくなったりします。これは最初からまったくの圏外か、4GLTEのエリアを外れて、3G回線につながっているときに起こります。またトンネルの中や地下道などでも起こる現象です。

この対応策としては、

・場所を移動する。3G回線のまま使用する。

ということになります。

対処法:場所を移動する。3G回線のまま使用する。

まったくのエリア外なら、場所を移動するしかありません。3G回線につながっているなら、そのまま使用しながら、通信が良好になる場所まで移動することです。

Yoda
Yoda

いったん機内モードにして、つなぎ直すという方法もあります。

スマホのWi-Fiが弱い原因3. 同時に多くの人が利用している

同時に多くの人が同じ回線を利用すれば、スマートフォンは速度が遅くなったり、つながりにくくなったりします。回線が混雑しているということです。

1日のうちで混雑する時間帯というのは、だいたい決まっています。以下のとおりです。

● 7~9時:通勤・通学
● 12時~14時:お昼休み
● 17時~19時:退勤や下校
● 21時~23時:帰宅後

なるほどこの時間帯はよく覚えておいたほうがいいね。

この対応策としては、

・混雑する時間帯を避ける。
・動画の閲覧やアプリのダウンロードには、公共Wi-Fiスポットを利用する。

の2つです。

混雑する時間帯を避ける

混雑する時間帯を避けて、使うしかないでしょう。またLINEは使えるので、LINEのトークを代わりに使うのも一つの方法でしょう。Twitterは問題なく使えます。

動画の閲覧やアプリのダウンロードには、公共Wi-Fiスポットを利用する

動画の閲覧やアプリのダウンロードは、データ容量を多く使うので、公共Wi-Fiスポットを利用することをおすすめします。

Wi-Fiの電波が弱いときによくある質問

Wi-Fiの電波が弱いときによくある質問

ここでは、Wi-Fiの電波が弱い時によくある質問について、回答していきます。

Yoda
Yoda

以下のとおりです。

● Wi-Fiの電波強度を上げる設定は?
● Wi-Fiが弱い部屋ってあるの?
● Wi-Fiの電波はアルミホイルに干渉されるの?
● auのWi-Fiって弱いの?
● iPhoneの電波が弱い原因は?
● バッファローのWi-Fiルーターの電波は弱い?

Wi-Fiの電波強度を上げる設定は?

Wi-Fiの電波強度を上げる一番簡単な方法は、ルーターのファームウェアをアップデートすることです。

ファームウェアのアップデート方法は、使っているルーターの製造メーカーのホームページに掲載されています。最新バージョンのファームウェアがアップデートできる場合は更新してください。

Yoda
Yoda

最新バージョンのファームウェアがある場合、ルーターの機能やセキュリティが改善されている可能性があります。そのためファームウェアを更新することで、ルーターの性能を高められます。

Wi-Fiが弱い部屋ってあるの?

まず無線LANルーターから、離れた部屋がそうです。たとえば、1階に無線LANルーターがある場合の2階の部屋などです。

また壁の材質によって、電波が通りにくい壁というのがあります。一般的に、金属・コンクリート・土壁・断熱材・金属性の素材が入ったガラス・ 木材などは、電波を通さないか、弱めると言われています。

Wi-Fiの電波はアルミホイルに干渉されるの?

アルミホイルは電波を反射します。そのため無線LANルーターの周囲をアルミホイルで囲むと、電波が強くなると言われています。牛乳パックとアルミホイルで簡単にできるそうなので、興味のある方は試してみてください。

面白そうだね、試しに作ってみようか。

auのWi-Fiって弱いの?

auWi-Fiがつながりにくい原因として次の3つが挙げられます。

1. 使用する機器に問題が発生している
2. 通信環境に問題がある
3. 回線そのものに問題が発生している

このような場合は、下記のことを試してみて、それでも改善しない場合はauひかりに直接問い合わせしましょう。

1. 回線会社やプロバイダに通信障害が起こっていないか確認する
2. パソコンの状態を確認する
3. ルーターの状態を確認する
4. モデムや光回線終端装置(ONU)など宅内機器の状態を確認する

iPhoneの電波が弱い原因は?

iPhoneの電波が弱い原因は、以下のようなことが考えられます。

1. 人が密集した場所で使用する
2. iPhoneを横向きにして持つ
3. 基地局が利用できなくなっている

iPhone内部のアンテナ部品が設置されている部分をふさぐようにして持つと、電波の受信が悪くなる可能性があります(iPhoneを横向きにして持つ)。

iPhoneに不具合が起こったときには、以下のことを試してみてください。

1. 再起動する
2. キャリア設定をアップデートする
3. 最新のOSにアップデートする
4. ネットワーク設定をリセットする
5. SIMカードを抜き差ししてみる

以上のことを試してみて、改善されない場合は、iPhone自体の故障が考えられます。

バッファローのWi-Fiルーターの電波は弱い?

バッファローのWi-Fiルーターの電波が弱いとき、以下の原因が考えられます。

1. ファームウェアが最新版ではない
2. 電波の干渉を受け不安定になっている
3. Wi-Fiアダプターのドライバーが正しく動作していない
4. IPアドレスの自動割当てが正常に機能していない
5. 無線接続ツールが重複してインストールされている
6. セキュリティーソフトなどが影響している
7. 暗号化キーの更新の際に無線が途切れる
8. Wi-Fiルーターと端末の電波が弱い

以上の対処法については、バッファローの公式ホームページに記載されていますので、そちらをご覧ください。

まとめ:Wi-Fiの電波が弱いときは設定やルーターを見直そう

 

まとめ:Wi-Fiの電波が弱いときは設定やルーターを見直そう

いかがでしたでしょうか。

この記事では、

● Wi-Fiが弱いときの原因と対処法
● スマホのWi-Fiや通信が弱いときの原因と対処法
● Wi-Fiの電波が弱いときによくある質問

以上を解説してきました。

Wi-Fiの電波が弱いときは設定やルーターを見直しましょう。

当てはまる原因や対処法はありましたか?

この記事に書いてある対処法をいくつか試してみてください。

それでもダメなときは……新しく無線LANルーターを買い替えるか、新しいプロバイダに乗り換えるか、でしょうね。

Yoda
Yoda

この記事が、読者さまのインターネット環境の改善に、少しでもお役に立てるのなら、うれしいです。