Wi-Fiの特徴

5GHzとは?2.4GHzとの違いや速度差・切り替え方法を解説

本記事では、Wi-Fi通信における5GHzとは何かについて紹介します。

結論としては、5GHzはWi-Fi通信専用の周波数帯で、従来の2.4GHzに比べて通信性能が向上していますが、遮蔽物に弱いです。

また、屋外での使用する場合には、電波法による制限の範囲内で利用する必要があります。

今泉賢也
今泉賢也

本記事では5GHzだけでなく2.4GHzのメリット・デメリットを紹介します。

使用用途によって5GHzと2.4GHzを使い分けましょう。

【この記事でわかること】
・5GHzと2.4GHzの違い
・5GHzのメリット・デメリット
・2.4GHzのメリット・デメリット

 

\当サイト限定クーポン実施中/

5GHzとは?5GHzと2.4GHzとの違い

5GHzとは、Wi-Fi通信の際に利用する周波数帯のことで、Wi-Fiでしか利用できない周波数帯となっているため、干渉がほぼなく安定した通信が実現できます

2.4GHzは電子レンジなどと同じ周波数帯となっている、干渉を受けやすく速度が落ちやすい。

しかし5GHzにも、遮蔽物があると通信が弱くなってしまうなどのデメリットがあります。

今泉賢也
今泉賢也

本記事では5GHzのメリットだけでなくデメリット、2.4GHzとの使いわけについても解説します

5GHzが利用できるプロバイダなども紹介するため、ぜひ最後までご覧ください。

5GHzと2.4GHzとの違いは通信性能と安定性

今泉賢也
今泉賢也

5GHzと2.4GHzとの違いは、通信性能と安定性です。

5GHzはWi-Fiでしか利用できない周波数帯であるため、干渉が少なく安定しています。

対して2.4GHzは、電子レンジなどと同じ周波数帯であるため、干渉を受けやすく安定しません。

また、5GHzの周波数帯では同時に送れるデータ量が多く、通信速度の減衰が少ないです。

しかし5GHzは障害物に弱く、あまり遠くまで電波を発信することができません。

無線LAN規格最大通信速度周波数
IEEE802.11ax9.6Gbos2.4GHz/5GHz
IEEE802.11ac6.9Gbps5GHz
IEEE802.11n300Mbps2.4GHz/5GHz
IEEE802.11a54Mbps5GHz
IEEE802.11g54Mbps2.4GHz
IEEE802.11b11Mbps2.4GHz

現在のWi-Fi規格の主流は「11ac」と「11n」です。

11axは2020年に標準化されたばかりであり、最新機種でしか対応していません。

そのため、5GHzに対応していないWi-Fiルーターでは、最大300Mbpsまでしか速度が出せません。

これからWi-Fiルーターを購入する方は、5GHzに対応しているかを確認し、できれば11axに対応したWi-Fiルーターを購入しましょう。

今泉賢也
今泉賢也

11axであれば2.4GHzと5GHzともに速い速度で通信ができます。

しかし11axと5GHzに非対応であるとあまり速い速度が出ません。

 

\当サイト限定クーポン実施中/

5GHzのメリットはWi-Fi専用の電波であること

5GHzはWi-Fi専用であるため、2.4GHzの難点であった、電子レンジやBluetooth通信と同じ電波で干渉されやすい点が改善されています。

また、2.4GHzの際は合計13チャンネルのうちそれぞれが干渉しないためには最大3チャンネルしか同時利用できませんでした。

5GHzでは19チャンネルを同時に利用できるため、さらに安定した高速通信を利用できます。

今泉賢也
今泉賢也

通信速度・安定性ともに2.4GHzより改善されています。

しかし、デメリットもあることに注意しましょう。

 

\当サイト限定クーポン実施中/

5GHzのデメリットは3つある

サポートセンターの対応が微妙

高速で安定した通信が可能というメリットがありましたが、デメリットもあります。

しかし、利用方法によってはあまり大きなデメリットではありません。

利用にどの程度の影響があるかを加味したうえで、利用するか検討しましょう。

今泉賢也
今泉賢也

メリットとデメリットを比較したうえで、5GHzを利用するべきかを検討しましょう。

筆者の場合はWi-Fiルーターに近い位置で利用する場合は5GHzを利用し、基本は2.4GHzを利用しています。

【5GHzのデメリット】
・デメリット1.壁などの遮蔽物に弱い
・デメリット2.屋外では使用できない可能性がある
・デメリット3.デバイスによっては対応していないことも

デメリット1.壁などの遮蔽物に弱い

5GHzは壁や天井などの遮蔽物に弱く、自宅の中でも離れた部屋では電波が弱くなります。

2.4GHzでは、自宅のどこでも問題なく利用できたとしても、5GHzでは接続できない可能性があります。

その際は中継機などを利用して通信可能な範囲を広げましょう。

中継機とは、Wi-Fiルーターの通信範囲を広げるための機器で、電源さえあればどこにでも設置できます。

今泉賢也
今泉賢也

中継機を利用することで遮蔽物があっても通信可能な範囲を広げることができますが、通信性能が下がる場合があります。

広い家に住んでいる方は5GHzの恩恵を感じづらいかもしれません。

デメリット2.屋外では使用できない可能性がある

5GHzは、一部のチャンネルで気象用のレーダと同じ周波数を利用している影響で、外で利用するためには1分間のレーダ探知が必要となります。

5GHzに対応しているモバイルWi-Fiでは、外で利用する際には注意しましょう。

また、上空では5GHzの利用は一切禁止されているため、ドローンなどでは5GHzを利用することはできません。

ドローンとモバイルWi-Fiを接続したい場合は、モバイルWi-Fiを2.4GHzの設定にして繋ぐ必要があります。

今泉賢也
今泉賢也

全19チャンネルのうち8チャンネルが外での利用は禁止されています。

屋内での利用であれば制限などは何もありません。

デメリット3.デバイスによっては対応していないことも

デメリット2で紹介したドローンなど、5GHzに対応していないデバイスもあります。

また、5GHzが一般化した2010年前後やそれ以前の端末である場合、パソコンなどでも対応していない可能性があります。

しかし、最近のスマホやパソコンは基本的には5GHzに対応しているため、安心して利用しましょう。

今泉賢也
今泉賢也

10年程度前のパソコンなどでない限り基本的には5GHzに対応しています。

しかし、Wi-Fiルーターや中継機が5GHzに対応していない可能性もあるため、これから購入する方は対応しているか確認しましょう。

 

\当サイト限定クーポン実施中/

2.4GHzの3つのメリット

5GHzのメリット・デメリットを確認しましたが、2.4GHzのメリットについて紹介します。

5GHzでデメリットとして紹介した点が基本的にはメリットとなっています。

後続の5GHzが使われ始めてからもなお、2.4GHzが現在でも広く利用されているのは、両方を使い分けることでいい点と悪い点を帳消ししあえることが多いからです。

今泉賢也
今泉賢也

通信範囲の広さや、昔から使われているため、使えないデバイスが少ない点は大きなメリットです。

【2.4GHzのメリット】
・メリット1.電波が遠くまで届きやすい
・メリット2.壁などの遮蔽物にも強い
・メリット3.大半のデバイスが2.4GHzに対応している

メリット1.電波が遠くまで届きやすい

2.4GHzは壁に跳ね返っても電波が弱くなりづらく、遠くまで電波が届きます。

最大で障害物がなければ100m先まで電波が届き、一般的な家庭であれば自宅のどこでも通信が可能です。

通信範囲は5GHzより広く、家中どこでも繋がる場合が多いです。

今泉賢也
今泉賢也

2.4GHzは通信範囲がとても広いため、基本的には家中どこでも問題なく利用できます。

2.4GHzと5GHzを同時んい利用できるWi-Fiルーターが増えているため、用途に応じて使い分けましょう。

メリット2.壁などの遮蔽物にも強い

2.4GHzは、壁などの遮蔽物に強いです。

2.4GHzは壁などの遮蔽物に反射しても減衰が少ないため、自宅内の比較的遠い部屋でも繋がりやすいです。

今泉賢也
今泉賢也

5GHzでは、Wi-Fiルーターが置いてある階や部屋が違うだけで通信性能が下がりますが、2.4GHzではあまり下がりません。

メリット3.大半のデバイスが2.4GHzに対応している

2.4GHzの周波数帯で対応していないデバイスはあまり多くありません。

1990年代から利用されているため、無線通信ができる端末のほぼ全ては2.4GHzに対応しています。

5GHzに対応しているかわからない場合などでも、2.4GHzであればほぼ確実に対応しているため、2.4GHzで接続すると良いでしょう。

今泉賢也
今泉賢也

筆者は5GHzにだけ対応していて、2.4GHzに対応していない機器を見たことがありません。

基本的に2.4GHzには対応しています。

 

\当サイト限定クーポン実施中/

2.4GHzのデメリットを2つ紹介

2.4GHzのデメリットを紹介します。

通信範囲の広さやつながりやすさが主なメリットでしたが、デメリットも2つあります。

今泉賢也
今泉賢也

2.4GHzと5GHzはともにメリット・デメリットがあるため、状況に応じて使い分けましょう。

【2.4GHzのデメリット】
・デメリット1.5GHzよりも通信速度は遅い
・デメリット2.様々なものに電波干渉を受ける

デメリット1.5GHzよりも通信速度は遅い

2.4GHzは、5GHzの通信に比べて通信速度が遅いです。

あまり大きな違いはありませんが、5GHzでは複数の端末を同時に接続しても通信が遅くなりづらいという特徴があります。

今泉賢也
今泉賢也

筆者の自宅での通信状況を表にして紹介します。

必ず同じような結果になるとは限りませんが、参考程度にご覧ください。

通信条件2.4GHz5GHz
Wi-Fiルーターと同じ部屋57Mbps70Mbps
Wi-Fiルーターから壁を3枚程度隔てた部屋55Mbps49Mbps
今泉賢也
今泉賢也

かなり混み合う時間に計測をしたため全ての条件で通信速度が遅かったです。

しかし、メリット・デメリットの通り2.4GHzでは遮蔽物減衰が少なく、5GHzでは減衰が多いという結果になりました。

また、計測中にWi-Fiルーターの近くで電子レンジを利用したところ、2.4GHzでは切断されましたが、5GHzでは問題なく利用できました。

デメリット2.様々なものに電波干渉を受ける

2.4GHzは、電子レンジやBluetooth接続などの多くの通信手段に利用されています。

そのため、電波干渉を受ける可能性が高く、予期せぬタイミングで切断されてしまう可能性があります。

特に電子レンジを利用すると切断されるという話は有名です。

今泉賢也
今泉賢也

5GHzであれば、Wi-Fi専用周波数帯となっているため電波干渉されることはありません。

 

\当サイト限定クーポン実施中/

5GHzと2.4GHzはどちらを使うべき?

5GHzと2.4GHzに関してのメリット・デメリットを紹介しましたが、結局どちらを使うべきかについて紹介します。

結論としては、問題なく繋がるのであれば基本的には5GHzの方が安定していて高速です。

しかし、Wi-Fiルーターからの距離がある場合や外で利用する場合には2.4GHzを利用しましょう。

今泉賢也
今泉賢也

2.4GHzであればどこでも一定の性能で通信ができるため、変更が面倒な方は2.4GHzを利用すれば間違い無いでしょう。

Wi-Fiを使う環境によって変わる

5GHzと2.4GHzのどちらを利用するかは、使う環境によって異なります。

外では一部の5GHzが電波法で禁止されているため、2.4GHzを利用することが無難ですが、室内では5GHzの方が速度が出やすい場合が多いです。

今泉賢也
今泉賢也

5GHzを利用する場合は、1分間のレーダ探知が必要になります。

レーダ探知で問題なければ、電波法を気にすることなく利用できるため、安心して利用しましょう。

デバイスの種類や対応によって変わる

5GHzと2.4GHzのどちらを利用するかは、デバイスの種類や対応の有無によっても異なります

ドローンを利用する場合には、電波法の関係上2.4GHzしか対応していないため、5GHzは利用できません。

その他5GHzが対応していない場合は2.4GHzを利用します。

今泉賢也
今泉賢也

基本的には5GHzを使い、対応していない場合や好ましくない場合に2.4GHzを利用します。

それぞれの特徴を理解したうえで、適切な周波数帯を利用しましょう。

 

\当サイト限定クーポン実施中/

5GHzに関するよくある質問

5GHzに関するよくある質問に回答していきます。

5GHzについてよく知っている方でもよくわからない方でも気になるような質問に回答していきます。

今泉賢也
今泉賢也

5GHzが利用できるおすすめのプロバイダも紹介するため、ぜひご覧ください。

5GHzに繋がらない場合はどうすれば良い?

5GHzに繋がらない場合は、まずは部屋を移動してみましょう。

5GHzは遮蔽物に弱いため、Wi-Fiルーターとの間に壁などがあると繋がりづらくなります。

また、Wi-Fiルーターによっては5GHzを設定しなければいけない場合もあるため、Wi-Fiルーターの説明書などを読んで設定を確認しましょう。

今泉賢也
今泉賢也

基本的にはWi-Fiルーターからの距離が遠い場合に繋がりづらくなります。

ルーターとの距離と遮蔽物については注意して利用しましょう。

5GHzのチャンネルのおすすめは?

5GHzには19ものチャンネルがありますが、変更せずに自動割り当てが最もおすすめです。

どうしてもその他の家電製品の影響で干渉してしまう場合は変更することで速くなることがありますが、5GHzはWi-Fi専用であるため、その心配もありません。

屋外で使用する場合はW56タイプと呼ばれるものに固定することがおすすめですが、初心者の方には難しいため、本記事では省略させていただきます。

今泉賢也
今泉賢也

Wi-Fiルーターが自動的に割り当てたチャンネルが最も速い場合がほとんどのため、基本的にはチャンネルは変更しなくて良いです。

5GHzと2.4GHzの同時使用はできるの?

Wi-Fiルーターによっては5GHzと2.4GHzの同時利用ができます。

しかし、端末側が接続できるインターネットは基本的に1つであるため、1つのスマホなどの端末で同時に2つの周波数帯は利用できません。

Wi-Fiルーターが同時利用に対応していれば、スマホは5GHzに繋いでパソコンは2.4GHzに繋ぐといった使い分けが可能です。

今泉賢也
今泉賢也

機器を使う場所や対応の有無などによって、最適な周波数帯で接続しましょう。

5GHzと2.4GHzの速度差はどれくらい?

測定環境によって大きく左右されますが、最大2倍程度の差が出ると言われています。

そのため、基本的には5GHzを利用することがおすすめです。

しかし、環境によっては2.4GHzの方が速い場合もあります。

今泉賢也
今泉賢也

筆者の環境ではあまり大きな性能の差はありませんでしたが、遮蔽物がない場合は5GHzの方が3割程度速かったです。

しかし遮蔽物が多い場合は2.4GHzの方が速くなりました。

5GHzと2.4GHzの切り替え方法は?

5GHzと2.4GHzの切り替え方法はWi-Fiルーターによって異なります。

Baffalo製であれば、「Baffalo-A-〇〇」であれば5GHz、「Baffalo-G-〇〇」であれば2.4GHzであるため、接続するSSIDを変更するのみです。

しかし端末によって切り替え方法は異なりますので、使用しているWi-Fiルーターの説明書などで調べてみましょう。

今泉賢也
今泉賢也

モバイルWi-Fi端末では、5GHzか2.4GHzのどちらを利用するか選べます。

説明書を確認して切り替えを行ってみましょう。

5GHzが使えるおすすめプロバイダは?

縛りなしWi-Fi

出典:縛りなしWi-Fi

5GHzが利用できる高性能な光回線を導入したい方には「fon光」がおすすめです。

fon光は、NURO光という光回線の中でも高性能な回線を安価な月額料金で契約できます。

月額4,378円で利用できるため、ケーズデンキ KT WiMAXと同等の値段で契約できます。

しかし、光回線は家の固定回線であり持ち歩きができず、工事のために導入に時間がかかってしまうことがデメリットです。

5GHzが利用できるおすすめのモバイルWi-Fiは「縛りなしWi-Fi」です。

縛りなしWi-Fiは、契約期間の縛りがなく2.4GHzだけでなく5GHzも利用できます。

いつでも解約できるモバイルWi-Fiを探している方におすすめです。

今泉賢也
今泉賢也

モバイルWi-Fiであれば「縛りなしWi-Fi」、さらに速度が欲しくて光回線であれば「fon光」がおすすめです。

どちらも契約内容がシンプルでとても価格が安いという特徴があります。

 

まとめ:5GHzはメリットも多いがデメリットもある

本記事では5GHzについて紹介しましたが、メリットも多いですがデメリットもあります。

Wi-Fi専用回線であるため、電波干渉は受けづらく安定していますが遮蔽物に弱いです。

通信性能に関しては基本的に2.4GHzより良いため、Wi-Fiルーターとの間にあまり遮蔽物がない方は5GHzを積極的に利用しましょう。

今泉賢也
今泉賢也

5GHzは比較的新しい技術ですが、通信性能の向上には最も良い手段と言えます。

5GHzを知っていた方も知らなかった方もぜひ必要に応じて利用しましょう。

 

\当サイト限定クーポン実施中/