お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

ホームルーターWi-Fiおすすめ比較

据え置きWi-Fiのおすすめランキング5選!最も手軽に使えるWi-Fiはこれだ

「据え置きWi-Fiを契約しようと考えているけど、何を選べばいいのかわからない」と悩まれてはいませんか?

据え置きWi-Fiにも色んな種類があるので、どれが自分に合っているものなのか判断できずに困ってしまうことってありますよね。

ほのゆき
ほのゆき

そこで本記事では、そのような悩みを抱えられている方に向けて「おすすめできる据え置きWi-Fiをランキング順に5つ」紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

【この記事からわかること】
・据え置きWi-Fiの特徴
・据え置きWi-Fiの失敗しない選び方
・おすすめの据え置きWi-Fi
・据え置きWi-Fiを契約するメリット
・据え置きWi-Fiを契約するデメリット
・据え置きWi-Fiの申し込み方法

\当サイトおすすめのプロバイダ 3選/

サービス名

 

5G CONNECT

5G CONNECT

GMOとくとくBB

Broad WiMAX

Broad WiMAX ロゴ

月額料金(税込)4,500円・初月~2ヶ月目:1,474円
・3ヶ月目~35ヶ月目:3,784円
・初月:1,397円
・2ヶ月目~:3,883円
端末代金なし550円/月(36回)一括払い:21,780円(税込)
分割払い:605円(税込)×36回
契約期間なしなしなし
詳細5G CONNECTの詳細を見るGMOとくとくBBの詳細を見るBroad WiMAXの詳細を見る
目次 INDEX
  1. 据え置きWi-Fiとは?特徴を解説
    1. ポケット型Wi-Fiとの違い
    2. 光回線・固定回線との違い
  2. 据え置きWi-Fiの失敗しない3つの選び方
    1. 選び方1.容量制限のないWi-Fiを選ぶ
    2. 選び方2.通信速度が速いものを選ぶ
    3. 選び方3.転勤や引っ越しが多い人
  3. おすすめの据え置きWi-Fi比較表
  4. おすすめの据え置きWi-FiランキングTOP5
    1. 1位.5G-CONNECT WiMAX|契約期間のない5Gサービス
    2. 2位.モバレコAir|割引キャンペーン内容が充実している
    3. 3位.ドコモhome 5G|通信速度が速い
    4. 4位.Broad WiMAX|総額料金がお得で安心
    5. 5位.GMOとくとくBB|現金キャッシュバック13,000円
  5. 据え置きWi-Fiを契約する3つのメリット
    1. メリット1.工事をせずに使用できる
    2. メリット2.ポケット型Wi-Fiよりも速度が安定している
    3. メリット3.転居の手続きが簡単にできる
  6. 注意点もある!据え置きWi-Fiのデメリットとは?
    1. デメリット1.外に持ち出せない
    2. デメリット2.データ容量に制限がかかっている機種もある
    3. デメリット3.光回線・固定回線と比べると速度は劣る
  7. 据え置きWi-Fiのお得な申し込み方法
    1. 手順1.キャンペーンサイトから申し込みをする
    2. 手順2.据え置きWi-Fiの到着を待つ
    3. 手順3.据え置きWi-FiにSIMカードを差し込んで、電源が付くか確認する
  8. 据え置きWi-Fiに関するよくある質問
    1. 据え置きWi-Fiでゲームはできる?
    2. 手軽さを重視するなら据え置きWi-Fiが良い?
    3. 完全無制限で使える据え置きWi-Fiはある?
    4. Speed Wi-Fi HOME L02が使えるおすすめのプロバイダは?
    5. auの据え置きWi-Fiはおすすめできる?
    6. 据え置きWi-Fiがおすすめできるのはどんな人?
  9. まとめ:自分に合った据え置きWi-Fiを選ぼう
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

据え置きWi-Fiとは?特徴を解説

まずは、据え置きWi-Fiとは何か簡単に解説いたします。

据え置きWi-Fiとは、自宅に据え置くタイプの持ち運びができないタイプのWi-Fiのことですね。

ほのゆき
ほのゆき

据え置きWi-Fiは、工事なしで使用できるが、持ち運びができないタイプのWi-Fiです。

次の見出しで「ポケット型Wi-Fi」と「光回線」と据え置きWi-Fiの違いを解説していきます。

ポケット型Wi-Fiとの違い

据え置きWi-Fiとポケット型Wi-Fiとの違いは、外へ持ち運びできるか、できないかが大きな違いだといえるでしょう。

据え置きWi-Fiは自宅に設置するタイプのWi-Fiなので、外へ持ち運びすることができません。

しかし、ポケット型Wi-Fiは気軽に外に持ち運びができるタイプのWi-Fiです。

ほのゆき
ほのゆき

ポケット型Wi-Fiは別名「ポケット型Wi-Fi」ともいわれます。

そのため、2つのWi-Fiの違いは、外へ持ち運びができるか、できないかが違いだといえます。

光回線・固定回線との違い

据え置きWi-Fiと光回線・固定回線との違いは、工事が必要か、工事をせずに使用できるかが違いだといえます。

据え置きWi-Fiは工事が不要なので、契約したら直ぐにインターネット回線を使えるようになります。

ほのゆき
ほのゆき

据え置きWi-Fiは固定回線なしでWi-Fiが使えます。

しかし、光回線・固定回線は、契約が決まっても自宅に配線工事を施す必要があります。なので、契約しても工事が完了するまでの間は、インターネット回線を使用することができません。

そのため、工事が必要なのか、工事をせずに使用できるのかという点が2つの違いだといえるでしょう。

据え置きWi-Fiの失敗しない3つの選び方

据え置きWi-Fiを選ぶ際に、失敗しない3つの選び方をお伝えします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

選び方1.容量制限のないWi-Fiを選ぶ

失敗しない選び方の1つ目は「容量制限のないWi-Fiを選ぶ」ことですね。

なぜなら、3日で10GBなど容量規制がかかっているものを選んでしまうと、後になってストレスを抱える恐れがあるからです。

据え置きWi-Fiを契約しようと考えている人は、光回線と同様に、使用データ容量を気にせずWi-Fiを使いたいと考えている人が多いでしょう。

ほのゆき
ほのゆき

できるだけ容量制限のないものを選びましょう。

そのように考えている中で、データ容量に制限があったら、後にストレスを抱えることになることが考えられます。そのため、容量制限のないWi-Fiを選ぶと良いといえます。

選び方2.通信速度が速いものを選ぶ

失敗しない選び方の2つ目は「通信速度が速いものを選ぶ」ことですね。

なぜなら、通信速度が安定していないと、快適にインターネットを活用できないからです。

ほのゆき
ほのゆき

通信速度が安定しているものを選びましょう。

据え置きWi-Fiを使用するなら、光回線のように快適なスピードでWi-Fiを使用したいと考える人が多いはず。例えば、YouTubeで動画を視聴したり、オンラインゲームで対戦をしたりといったことが考えられますね。

光回線と同じように快適なスピードでWi-Fiを使用したいのであれば、通信速度は速い方がいいですよね。通信速度の基準の数字として「1Gbps」前後の機種を選ぶことをおすすめします。

選び方3.転勤や引っ越しが多い人

失敗しない選び方の3つ目は「転勤や引っ越しが多い人」ですね。

なぜなら、据え置きWi-Fiは工事が不要なもので、自宅ではコンセントに差し込めば使えるものだからです。転勤や引っ越しが多い人が、光回線・固定回線を契約してしまうと、修繕費などがかかってしまいます。

しかし、据え置きWi-Fiなら引っ越しの際でも修繕費をかけずに、新しい引っ越し先でも継続して使用することができます。

ほのゆき
ほのゆき

据え置きWi-Fiは持ち運びができない分、ポケット型Wi-Fiよりも通信速度は速いです。

そのため、転勤や引っ越しが多くて、ポケット型Wi-Fi以上の通信速度のWi-Fiを使用したいという人にはおすすめできるといえるでしょう。

 

おすすめの据え置きWi-Fi比較表

ここでは、表を使って8つの据え置きWi-Fiを比較していきます。

ほのゆき
ほのゆき

据え置きWi-Fiにも様々な種類があることがわかりますね。

据え置きWi-Fi月額料金通信速度データ容量キャンペーン契約期間
5G-CONNECT WiMAX

5G CONNECT

1ヶ月目~:4,950円

下り最大:2.7Gbps無制限・30日間お試しモニター期間ありなし
(原則3ヶ月間)
モバレコAir

1〜2ヶ月目:2,167円
3〜23ヶ月目:3,679円
24ヶ月目以降:5,368円

下り最大:2.1Gbps
上り最大:非公開
無制限・17,000円キャッシュバック
・違約金最大10万円負担
・モバレコエアー限定月額キャンペーン
→1〜2ヶ月目:3,201円割引
→3〜24ヶ月目:1,689円割引
なし
ドコモhome 5G

4,950円下り最大:4.2Gbps
上り最大:218Mbps
無制限・セット割で最大11,000円の回線割引なし
SoftbankAir

基本料金:5,368円
割引(24ヶ月間):4,180円
下り最大:2.1Gbps
上り最大:非公開
無制限・10,000円のキャッシュバックなし
Broad WiMAX

1ヶ月目:1,067円
2ヶ月目以降:4,367円
下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
無制限・Web購入・クレカ払いで初期費用が無料
・乗り換えの違約金負担
・10,000円のキャッシュバック
3年
GMOとくとくBB

1〜24ヶ月:4,158円
25ヶ月目以降:4,708円
下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
無制限・ギガマックス月割
・現金キャッシュバック13,000円
なし
UQ WiMAX

1〜24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,818円
下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
無制限・なし3年
au ホームルーター5G

5,170円下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
無制限
※3日で15GBの制限
・なしなし

 

おすすめの据え置きWi-FiランキングTOP5

ここでは上の表の情報を参考にして、おすすめの据え置きWi-Fiを、ランキング形式に5つ紹介していきます。

ほのゆき
ほのゆき

ぜひとも参考にしてみてください。

1位.5G-CONNECT WiMAX|契約期間のない5Gサービス

5G CONNECT

 

据え置きWi-Fi名5G-CONNECT WiMAX
月額料金1ヶ月目~:4,950円
通信速度下り最大:2.7Gbps
上り最大:非公開
データ容量無制限

キャンペーン

・30日間お試しモニター期間あり
契約期間なし
初期費用3,300円
2年間の総額料金
(月額料金+初期費用−キャンペーン)
122,100円

据え置きWi-Fiの2位である5G-CONNECT WiMAXは、契約期間の存在しないWiMAXサービスです。

原則3ヶ月間使えば、4ヶ月目以降はいつ解約しても違約金は発生しません。

また30日間のお試しモニター期間もあるので、WiMAXサービスを手軽に楽しむにはおすすめです。

試用端末のSpeed Wi-Fi HOME 5G L11は下りで最大2.7Gbpsと高速な上に、同時接続も30台までとなっているため申し分ありません。

2位.モバレコAir|割引キャンペーン内容が充実している

ほのゆき
ほのゆき

「モバレコAir」の基本情報は次の通りです。

据え置きWi-Fi名モバレコAir
月額料金1〜2ヶ月目:2,167円
3〜24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目以降:5,368円
通信速度下り最大:2.1Gbps
上り最大:非公開
データ容量無制限

キャンペーン

・17,000円キャッシュバック
・違約金最大10万円負担
・モバレコエアー限定月額キャンペーン
→1〜2ヶ月目:3,201円割引
→3〜24ヶ月目:1,689円割引
契約期間なし
初期費用3,300円
2年間の総額料金
(月額料金+初期費用−キャンペーン)
88,572円

据え置きWi-Fiおすすめランキング第1位は「モバレコAir」ですね。

なぜなら、キャンペーン内容が充実していて、今回比較対象の据え置きWi-Fiの中で1番最安値だからです。

モバレコWi-Fiを2年間使用した場合の総額料金は88,572円と、2位〜5位の据え置きWi-Fiと比較しても20,000円程安いですね。

加えて、U-NEXTが半年無料になるため、動画を楽しみたい方にとってはかなりお得。

今回比較対象の8つの据え置きWi-Fiの中では1番最安値であるため、おすすめできる据え置きWi-Fi第1位は「モバレコAir」だといえます。

 

3位.ドコモhome 5G|通信速度が速い

ほのゆき
ほのゆき

「ドコモhome 5G」の基本情報は次の通りです。

据え置きWi-Fi名ドコモhome 5G
月額料金4,950円
通信速度下り最大:4.2Gbps
上り最大:218Mbps
データ容量無制限
キャンペーン・セット割で最大11,000円の回線割引
契約期間なし
初期費用3,300円
(オンラインで申し込むと無料)

2年間の総額料金
(月額料金+初期費用−キャンペーン)

107,800円

据え置きWi-Fiおすすめランキング第2位は「ドコモhome 5G」ですね。

なぜなら、他の7社と比べて通信速度が1番速いからです。

見出し内の表に記載してある通り、ドコモhome 5Gは通信速度が「上り最大4.2Gbps」「下り最大218Mbps」と数値的には最大値であるといえますね。

表に記載してあるスピードが常に出るわけではありませんが、通信速度に関しては、光回線にも引けを取らないほどの数値のため、通信速度にこだわる人には1番おすすめできる据え置きWi-Fiだといえます。

 

4位.Broad WiMAX|総額料金がお得で安心

ほのゆき
ほのゆき

「Broad WiMAX」の基本情報は次の通りです。

据え置きWi-Fi名Broad WiMAX
月額料金1ヶ月目:1,067円
2ヶ月目以降:4,367円
通信速度下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
データ容量無制限
キャンペーン・Web購入・クレカ払いで初期費用が無料
・乗り換えの違約金負担
・10,000円のキャッシュバック
契約期間3年
初期費用24,043円

2年間の総額料金
(月額料金+初期費用−キャンペーン)

113,891円

据え置きWi-Fiおすすめランキング第5位は「Broad WiMAX」ですね。

Broad WiMAXは月額料金が安い代わりに、初期費用が他の会社と比べると「24,043円」と高いです。

しかし、この初期費用を3,300円に抑える方法があります。それは以下4つの条件を満たしている場合です。

・ネットで契約する
・支払い方法はクレジットカード
・ギガ放題プラス月額最安プランに加入
・「安心サポートプラス」「MyBroadサポート」の2つのオプションに加入している
もしも、初期費用を3,300円に抑えることができたら、2年間の総額料金は「93,148円」と、モバレコAirの安さに継ぐ安さになりますね。

そのため、以上の4つの条件が当てはまる人には、「Broad WiMAX」はおすすめできるといえます。

【2022最新版】Broad WiMAXの評判がイマイチ?ネットの口コミや比較など徹底解説
本当にBroad WiMAXは、おすすめのプロバイダなのでしょうか? 確に人気があり、加入者も多い。この記事ではBroad WiMAXユーザーの口コミ・評判の良いもの・悪いものについて紹介し、またプロバイダのサービス内容を詳細を解説します。

5位.GMOとくとくBB|現金キャッシュバック13,000円

ほのゆき
ほのゆき

「GMOとくとくBB」の基本情報は次の通りです。

据え置きWi-Fi名GMOとくとくBB
月額料金1〜24ヶ月:4,158円
25ヶ月目以降:4,708円
通信速度下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
データ容量無制限
キャンペーン・ギガマックス月割
・現金キャッシュバック13,000円
契約期間なし
初期費用3,300円
2年間の総額料金
(月額料金+初期費用−キャンペーン)
103,092円

据え置きWi-Fiおすすめランキング第5位は「GMOとくとくBB」ですね。

GMOとくとくBBでは、現金で13,000円キャッシュバックを受けられるというキャンペーンが実施されています。

現金でのキャッシュバックを実施している会社は、ほとんどなく珍しいキャンペーンです。そのため、13,000円のキャッシュバックを受けてみたいという人にとってはおすすめできる据え置きWi-Fiだといえるでしょう。

しかし、1つ気をつけておきたいポイントがあります。それは、13,000円のキャッシュバックを受けるには、13ヶ月間GMOとくとくBBを利用しなくてはならないことです。

13,000円のキャッシュバックは、GMOとくとくBBの利用開始から13ヶ月後に、指定の口座に振り込まれます。

GMOとくとくBBに契約したら、直ぐに13,000円のキャッシュバックを受けれる訳ではないので、そこは注意しておきましょう。

 

GMOとくとくBB WiMAXの評判が凄い?キャッシュバックから他社との違いを検証
GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックが手厚く使い勝手の良くおすすめ。ポケットWi-Fiを検討する際に候補に入れておきたい優秀なプロバイダです。他社と比較して自分に合ったものを選択してくださいね。

据え置きWi-Fiを契約する3つのメリット

ここでは、据え置きWi-Fiを契約する3つのメリットを紹介していきます。

ほのゆき
ほのゆき

据え置きWi-Fiの契約を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

メリット1.工事をせずに使用できる

メリットの1つ目は「工事をせずに使用できる」ことですね。

据え置きWi-Fiは、光回線・固定回線を引くときのように、わざわざ工事を行う必要はありません。

店頭からの申し込みであれば即日から利用でき、ネットから申し込みの場合でも、商品が届けば直ぐに利用開始することができます。

ほのゆき
ほのゆき

最短で契約したその日から利用開始できます。

工事するのが面倒に感じる人や、自宅に配線を這わせたくない人にとっては、工事をせずに使用できる据え置きWi-Fiは大きなメリットであるといえるでしょう。

メリット2.ポケット型Wi-Fiよりも速度が安定している

メリットの2つ目は「ポケット型Wi-Fiよりも速度が安定している」ところですね。

据え置きWi-Fiは、最初から複数人で使用することを考慮されて設計されているため、ポケット型Wi-Fiよりもアンテナの性能が高く、通信速度も安定しています。

ほのゆき
ほのゆき

ただし持ち運びはできないので、それだけは頭に入れておきましょう。

そのため、電波の干渉を受けやすい電子機器や、電子レンジなどの近くに設置しなければ、基本的に通信速度に困ることはないといえるでしょう。

メリット3.転居の手続きが簡単にできる

メリットの3つ目は「転居の手続きが簡単にできる」ことですね。

光回線・固定回線に契約しているときに転居する場合だと、転居申請が複雑だったり、転居するなら一旦解約することが必要な場合があります。

ほのゆき
ほのゆき

光回線・固定回線を引いている場合だと、引っ越しのときは大変ですね。

しかし、据え置きWi-Fiは転居するときに、利用先の変更を申請して自分の端末を移動させるだけで転居の申請は完了します。

そのため、引っ越しをするときでも、そこまで気にすることなく転居手続きを行えるでしょう。

 

注意点もある!据え置きWi-Fiのデメリットとは?

y.u mobile 6

ここでは、据え置きWi-Fiを契約するにあたってのデメリットを紹介していきます。

ほのゆき
ほのゆき

デメリット・注意点は、きちんとチェックしておかないと、後になって「こんなデメリットがあるなんて知らなかった…」と後悔に繋がる可能性があります。メリットだけでなく、デメリットもきちんとチェックしておきましょう。

 

デメリット1.外に持ち出せない

デメリットの1つ目は「外に持ち出せない」ことですね。

据え置きWi-Fiの使用には、コンセントが必須です。基本的に据え置きWi-Fiは、契約する際に利用場所の申請を送る必要があります。そのため、据え置きWi-Fiは契約するときに申請場所以外では、使うことができません。

ほのゆき
ほのゆき

友人の家に持ち運んで使用するといったこともできません。

もしも、外へ持ち運びが可能なWi-Fiを探している場合は「ポケット型Wi-Fi」を契約しましょう。

デメリット2.データ容量に制限がかかっている機種もある

デメリットの2つ目は「データ容量に制限がかかっている機種もある」ことですね。

据え置きWi-Fiは、基本的にデータ容量は無制限に使えます。しかし、ものによっては、3日で15GBしか使えない据え置きWi-Fiも存在します。

ほのゆき
ほのゆき

毎月使えるデータ容量は基本的に、無制限であることが多いです。

「おすすめの据え置きWi-Fi比較表」の見出しに記載している表を見ていただくと、分かりやすいかと思います。据え置きWi-Fiで毎月使えるデータ容量は、基本的に無制限ですが、例外もあることを頭にいれておきましょう。

デメリット3.光回線・固定回線と比べると速度は劣る

デメリットの3つ目は「光回線・固定回線と比べると速度は劣る」ことですね。

据え置きWi-Fiは、工事をせずに直ぐに使える分、工事が必要な光回線・固定回線と比べると、どうしても通信速度は劣ってしまいます。

普段の生活に支障がでることはないですが、オンラインゲームでネット対戦をすることが多いのであれば、注意しておく必要があるといえるでしょう。

なぜなら、オンラインゲームをするにあたって必要な「Ping値」という値が、光回線・固定回線の方が安定して出やすいからです。

ほのゆき
ほのゆき

Ping値とは、データの送受信にかかる時間を数値化したものです。

そのため、オンラインでゲームすることが多い人には、据え置きWi-Fiよりも光回線・固定回線を契約することをおすすめします。

 

据え置きWi-Fiのお得な申し込み方法

ここでは、据え置きWi-Fiの申し込み方法を手順に沿って解説していきます。

ほのゆき
ほのゆき

据え置きWi-Fiの申し込み方法を知りたい方は、参考にしてみてくださいね。

 

手順1.キャンペーンサイトから申し込みをする

まずは、申し込みをするなら、キャンペーンサイトから申し込みをしましょう。

なぜなら、キャンペーンの特典を受けるには、キャンペーンサイトから申し込まないと、特典を受け取ることができないからです。

ほのゆき
ほのゆき

キャンペーンが実施されていない据え置きWi-Fiを申し込む場合は「公式サイト」から申し込みましょう。

なので、キャンペーンが適応されているサイトなのかを必ずチェックしてから、契約の申し込みは行うようにしましょう。

手順2.据え置きWi-Fiの到着を待つ

申し込みが完了したら、据え置きWi-Fiが到着するのを待ちましょう。

据え置きWi-Fiは、審査が完了したら、据え置きWi-Fiの発送手続きをしてくれます。

ほのゆき
ほのゆき

審査は、早くてその日、遅くても2〜3日で終わります。

発送の通知については、メールで通知してくれます。そのメールが届いてから1〜3日以内に手元に届くと考えておくといいでしょう。

手順3.据え置きWi-FiにSIMカードを差し込んで、電源が付くか確認する

据え置きWi-Fiが手元に届いたら、SIMカードを挿入しましょう。

ほのゆき
ほのゆき

SIMカードは挿す向きが最初から決まっているので、説明書をしっかりと読んでから挿入しましょう。

SIMカードが挿入できたら、まずは据え置きWi-Fiの電源を入れます。

その後、Wi-Fiの設定をして、使えるかの確認をとってから使うようにしましょう。

もしも、エリア内なのに電波が入らなくて使えない場合などは「初期契約解除制度」を活用して、キャンセルするようにするといいです。

ほのゆき
ほのゆき

「初期契約解除制度」は8日以内であれば、キャンセルができる消費者の保護制度の1つです。

 

据え置きWi-Fiに関するよくある質問

ここでは、据え置きWi-Fiに関するよくある質問と、質問に対しての回答をお答えしていきます。

ほのゆき
ほのゆき

現時点で疑問に感じているものがあれば、参考にしてみてくださいね。

据え置きWi-Fiでゲームはできる?

据え置きWi-Fiを使ってゲームをすることはできます。しかし、オンラインゲームでオンライン対戦をする回数が多い場合は、据え置きWi-Fiよりも光回線・固定回線を契約することをおすすめします。

なぜなら、据え置きWi-Fiだとチェーンが起きる可能性が光回線・固定回線よりも高いからです。

チェーンが起きる可能性が高まる理由については「注意点もある!据え置きWi-Fiのデメリットとは?」の3つ目のデメリットで詳しくお伝えしましたね。

ほのゆき
ほのゆき

「Ping値」の出やすさが2つの大きな差です。

そのため、オフラインでゲームをする場合は、据え置きWi-Fiで大丈夫だが、ゲームをする目的がオンラインメインであれば、光回線・固定回線をおすすめできるといえるでしょう。

手軽さを重視するなら据え置きWi-Fiが良い?

手軽さを重視するなら、据え置きWi-Fiよりもポケット型Wi-Fiが良いといえるでしょう。

なぜなら、据え置きWi-Fiは持ち運んで使用することができないからです。

ほのゆき
ほのゆき

ポケット型Wi-Fiは別名「ポケット型Wi-Fi」とも呼ばれています。

Wi-Fiを自宅で使用することが多く、Wi-Fiを外に持ち運んで使うことが少ない場合であれば、据え置きWi-Fiはおすすめできますが、手軽さを重視するならば、ポケット型Wi-Fiを契約することをおすすめします。

ポケット型Wi-Fiは外に持ち運んで使用できるのが、据え置きWi-Fiと比較すると大きなメリットであるといえます。そのため、手軽さを重視するなら、ポケット型Wi-Fiの方が良いといえるでしょう。

完全無制限で使える据え置きWi-Fiはある?

完全無制限で使える据え置きWi-Fiは存在します。

そう断言できる根拠として「おすすめの据え置きWi-Fi比較表」の見出し内の表をご覧いただければ、根拠になるといえるでしょう。

ほのゆき
ほのゆき

紹介した8つの据え置きWi-Fiの内5つは完全無制限です。

表の8つの据え置きWi-Fiの内「モバレコAir」「ドコモhome 5G」「Softbank Air」「GMOとくとくBB」「UQ WiMAX」の5つの据え置きWi-Fiは日数の制限なく、無制限で利用することができます。

そのため、完全無制限で使える据え置きWi-Fiはあるといえるでしょう。

Speed Wi-Fi HOME L02が使えるおすすめのプロバイダは?

Speed Wi-Fi HOME L02が使えるおすすめプロバイダは「Broad WiMAX」だといえるでしょう。

ほのゆき
ほのゆき

プロバイダとは、回線とインターネットを繋げる仲介会社みたいなイメージです。

なぜなら、Broad WiMAXではお得なキャッシュバックキャンペーンがあるからです。

具体的なキャッシュバック内容については「Amazonギフト券10,000円分」が手に入るというものですね。

しかも、他社高額キャッシュバックキャンペーンは、応募条件が複雑で受け取りにくいことが多いですが、Broad WiMAXのキャンペーンは端末が到着したら直ぐに申し込みができるものです。

そのため、おすすめできるプロバイダは「Broad WiMAX」だといえるでしょう。

auの据え置きWi-Fiはおすすめできる?

auの据え置きWi-Fiである「au ホームルーター5G」は、auスマホを使用している人以外にはおすすめできないといえるでしょう。

なぜなら、月額料金が他の据え置きWi-Fiと比べると高いからです。

ほのゆき
ほのゆき

月額料金5,170円と据え置きWi-Fiでは、あまり存在しない5,000円代の品物です。

auスマホを使っている人におすすめする理由は、auの据え置きWi-Fiを使用すると、スマホの月額料金が毎月1台辺り最大1,100円割引されるからです。

そのため、auのスマホを使っていない人には、auの据え置きWi-Fiはおすすめできず、auのスマホを使用しているにはおすすめできるといえるでしょう。

据え置きWi-Fiがおすすめできるのはどんな人?

据え置きWi-Fiがおすすめできる人は、工事するのを面倒に感じていて、Wi-Fiを外に持ち出そうと考えていない人におすすめできるといえます。

さらには、仕事柄転勤が多い人にもおすすめできるといえるでしょう。

ほのゆき
ほのゆき

引っ越すことが多い人には、光回線・固定回線を自宅に引くことはおすすめできません。

光回線・固定回線は一度工事して設置してしまうと、転勤などで自宅を離れるときに面倒な手続きや、賠償金を払わなければならないことがあります。

そのため、据え置きWi-Fiは、転勤することが多かったり、Wi-Fiを外に持ち出すことが少なく、家で使用することが多い人におすすめできるといえるでしょう。

 

まとめ:自分に合った据え置きWi-Fiを選ぼう

いかがでしたでしょうか?

据え置きWi-Fiにも色んな種類があります。人によっては、合性が良い据え置きWi-Fiもあれば、合性が悪い据え置きWi-Fiもあると思います。

自分にはどんな据え置きWi-Fiが合っているのか、もしくは、そもそも自分が欲しいと思っているWi-Fi形態は、据え置きWi-Fiなのかまで、自分でしっかりと理解した上で契約するようにしましょうね。

ほのゆき
ほのゆき

最後までご精読いただきありがとうございました。

 

【2022年10月】自宅Wi-Fiおすすめ18社-家庭用に使える人気の回線は?
自宅で快適に使えるwifiのおすすめが知りたい方に向けて、家庭用に使える人気の回線を紹介していきます。自宅利用におすすめのwifiを紹介し、選び方や注意点も解説しています。この記事を読めば、自分におすすめのwifiを正しく選べるようになります。