お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

ポケット型Wi-FiWi-Fiの特徴

ポケット型Wi-Fiの仕組みはどうなってる?-他の回線とおすすめのポケット型Wi-Fiも紹介-

「ポケット型Wi-Fiってどんな仕組みなの?」
「固定回線との違いは?」
「ポケット型Wi-Fiのメリットが知りたい!」

ポケット型Wi-Fiに興味はあるものの、仕組みやプランがよくわからなくて契約に踏み出せないという方も少なくないでしょう。

ポケット型Wi-Fiならではの仕組みやプラン、メリットを知ることでポケット型Wi-Fiが自分の使用状況に合っているかどうかの判断がしやすくなりますね。

今回は、ポケット型Wi-Fiの仕組みや他の回線との違い、おすすめのポケット型Wi-Fiをご紹介します。

ポケット型Wi-Fi契約の際の参考にしてくださいね。

【この記事で分かること】
・ポケット型Wi-Fiの仕組み
・ポケット型Wi-Fiのメリット
・おすすめのポケット型Wi-Fi

↓Wi-Fiおすすめ3選↓

サービス名月間データ容量実質月額料金詳細URL
ZEUS WiFi

20GB2,178円(税込)詳細
縛りなしWi-Fi

・40GBプラン
・50GBプラン
・60GBプラン
・40GBプラン:3,366円
・50GBプラン:3,575円
・60GBプラン:3,630円
詳細
FUJIWi-Fi
FUJI WiFi
・30GB
・50GB
・100GB
・200GB
<契約期間なし(ルータープラン)>
・30GB:3,410円/・50GB:3,740円/・100GB:4,895円/・200GB:5,995円/・1日10GB:5,995円
詳細
※料金は税込み
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

そもそもポケット型Wi-Fiとは?

ポケット型Wi-Fiを簡単に説明すると、通常のモデムよりもコンパクトで持ち運びが可能なWi-Fiのことです。

次章でポケット型Wi-Fiの仕組みを詳しく解説します。

ポケット型Wi-Fiがどんなものなのかしっかり理解してから、契約を検討してくださいね。

Yoda
Yoda

まずはポケット型Wi-Fiについて正しく理解しましょう。

ポケット型Wi-Fiの仕組みは?他の回線との違いも解説

ポケット型Wi-Fiの仕組みは?他の回線との違いも解説

まずは、ポケット型Wi-Fiと固定回線の2種類を比較してみました。詳細は以下の通りです。

固定回線ポケット型Wi-Fi
回線速度速い普通
工事の有無ありなし
持ち運び持ち運び不可持ち運び可能
接続台数10台〜10台
通信制限なしあり

固定回線は、ポケット型Wi-Fiと比較すると回線速度が安定して速く、速度制限なども設けていない場合がほとんど。

オンラインゲームや動画編集など負荷がかかる作業をする場合は、固定回線を選択しておく方が良いでしょう。

ポケット型Wi-Fiは固定回線と比較すると通信速度は劣りますが、持ち運び可能で、工事も必要ありません。

どちらにもメリット、デメリットがあるので自分の使用状況にあったものを適切に選択するのがおすすめです。

Yoda
Yoda

両者のメリット・デメリットを理解した上で比較しましょう。

・Wi-Fiの仕組み
・ポケット型Wi-Fiルーターの仕組み
・固定回線の仕組み

Wi-Fiの仕組み

Wi-Fiは、ルーターと呼ばれる機器を介してワイヤレスで電子機器とネットワークを繋ぐという仕組みです。

したがって、自宅にWi-Fiルーターを設置すれば、Wi-Fi機能を内蔵した機器がケーブル接続なしでインターネットに接続可能です。

ポケット型Wi-Fiルーターの仕組み

各通信業者が独自で設置している基地局から電波をキャッチ。
その電波を使って通信を行なっているのがポケット型Wi-Fiルーターです。

契約後にSIMカードを差し込んだ端末を受け取り通信を行うので、仕組みはスマートフォンとよく似ていますね。

基地局は全国各地にあるので、基地局の通信範囲内であればインターネット回線を利用できます。

また、ポケット型Wi-Fiルーターは、4GLTE回線や、5G回線などの電波を用いてインターネットと通信する仕組みなので光回線とは異なり、契約の際にケーブルを引き込むなどの工事は必要ありません。

基地局が重要な役割を担っているんだね。

固定回線の仕組み

固定回線はケーブルテレビや光回線など、回線を自宅に引き込むことでインターネットを利用するというもの。

物理的に回線を自宅に引き込む必要があるので多くの場合工事を必要としますが、回線速度はかなり安定します。

工事が嫌でなければ固定回線の方が速くて便利なんだね。

ポケット型Wi-Fiと固定回線ではプロバイダ契約が異なる

ポケット型Wi-Fiと固定回線ではプロバイダ契約が異なる

続いて、ポケット型Wi-Fiと固定回線の契約方法の違いについて解説。

Yoda
Yoda

ポケット型Wi-Fiと固定回線とではプロバイダ契約が異なります。

プロバイダというのは『回線』と『インターネット』を接続する役割を持つ事業者のこと。

回線はあくまで情報の通り道に過ぎません。

プロバイダが回線の出入り口を管理してくれることで、初めてユーザーはインターネットを使うことができます。

Yoda
Yoda

回線事業者は『道路を提供する人』、プロバイダは『道路の出入口を管理する人』と覚えておけば大丈夫です。

それぞれのサービスの契約方法について以下からご紹介します。

固定回線の場合

光回線などの固定回線はプロバイダ契約と回線契約が別々になっていることがあります

例えば、固定回線の代表でもあるフレッツ光と契約を行う場合、フレッツ光の回線契約と各社とのプロバイダ契約を行う必要があります。

料金の支払いも別々となっているため、通信費を支払う際には注意が必要です。

ただ、2015年から開始された『光コラボ』のように、回線契約とプロバイダ契約をセットにした固定回線サービスも増えてきています。

料金の支払いが1本化するだけでなく、各プロバイダ会社ごとの独自の特典などを受けられることが特徴です。

また、同じ回線を使っていたとしてもプロバイダが異なると、料金や特典だけでなく、通信速度も変わってきます。

通信速度の速さが魅力の固定回線。

その力を最大限発揮するには回線の種類だけでなく、速度に優れたプロバイダを選ぶことが重要です。

Yoda
Yoda

ネットゲームや配信など、通信速度を必要とする作業を行いたいのであれば固定回線は必須。ポケット型Wi-Fiとは異なり、月のデータ上限もないのでストレスフリーで楽しめます。

ポケット型Wi-Fiの場合

ポケット型Wi-Fiの場合は固定回線と異なり、ほぼ全てのサービスが回線とプロバイダのセットで提供されています。

そのため、ポケット型Wi-Fiとの契約にはプロバイダという概念がほとんどありません。

全てをまとめてポケット型Wi-Fiサービスとして扱われます。

ポケット型Wi-Fiの契約は固定回線よりもシンプルでわかりやすいね。

そんな、ポケット型Wi-Fiですが、通信速度や通信に使えるデータ容量は固定回線に大きく劣ります。

そのため、容量の大きいファイルを扱うことの多い動画編集者など、ヘビーユーザーの人には向いていません。

ただし、ポケット型Wi-Fiには持ち運べるという大きな強みがあります。

自分専用の持ち運べるネット環境が手に入るわけですから、ニーズさえ合えば非常に優秀なサービスです。

また、「固定回線よりも料金の安い会社が多い」「開通のための工事が不要」という利点もあります。

Yoda
Yoda

コワーキングスペースで作業を行いたい人など、外出先でもネット環境が欲しい人にはポケット型Wi-Fiはぴったりのサービスです。

ポケット型Wi-Fiのメリットは?

メリットデメリット

ポケット型Wi-Fiのメリットをご紹介します!
自分の使用状況やシーンにあっているか確認してみましょう。

  • どこでも利用できる
    工事不要で即日利用開始できる場合も
    固定回線よりも料金がリーズナブル

契約を検討する際にメリットも知ったおきたいよね。

どこでも利用できる

ポケット型Wi-Fiの最大のメリットは、どこでも利用できるという点にあります。

出張先や旅行先など、通信サービスエリア内であれば問題なく利用できます。

スマートフォンやパソコンを外出先で多く使うという方にとって、かなり嬉しい存在ですよね。

スマートフォンのデータ量を利用することなくインターネットを楽しめるので、速度制限に怯えながら利用する必要が無くなります。

Yoda
Yoda

どこでも利用できるのはかなり便利ですよね。

工事不要で即日利用開始できる場合も

工事が不要で、即日開通可能という点も大きなメリットです。

工事不要ですので、契約して端末を受け取ったらすぐに利用を開始できます。

急にWi-Fiが必要になったという方や、引越しの可能性があるという方も問題ありません。

Yoda
Yoda

国内間の移動であれば何も問題はないでしょう。

固定回線よりも料金がリーズナブル

固定回線よりも月額利用料がリーズナブルな傾向にあります。

通信料金は少しでも抑えておきたいと思いますよね。
毎月の料金を少しでも手頃な価格に抑えたいという方は、ポケット型Wi-Fiを検討するのが良いでしょう。

Yoda
Yoda

安く使いたい方におすすめ。

ポケット型Wi-Fiのデメリットは?

Wi-Fi・デメリット

ポケット型Wi-Fiのデメリットはどんなものがあるのでしょうか?以下でご説明します。

  • 契約期間に縛りがある
    通信速度や量に制限がある
    大勢での利用に不向き

契約前にデメリットも知っておきたいね。

契約期間に縛りがある

契約期間に縛りを設けている場合が多いので、注意が必要です。

場合によってはかなり高額な解約金を設定していることもあるので、契約前に必ず確認しておきましょう。

中には契約期間や解約金などの縛りを設けていないポケット型Wi-Fi会社もあります。

ずっと使い続けるか分わからないという方は契約期間の縛りがないそういったものを選択しておくのがおすすめです。

Yoda
Yoda

違約金はかなり高額になることもあるので注意が必要ですね。

通信速度や量に制限がある

通信速度や通信量に制限を設けている場合が多くあります。

通信速度や通信制限は契約するポケット型Wi-Fiやプランによっても大きく異なるので事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

自分がどのくらいデータを使うのかを事前に確認し、プランを決定してくださいね。

Yoda
Yoda

自分自身のデータ消費量と照らし合わせて検討を進めましょう。

大勢での利用に不向き

接続台数が限定されている場合が多いので、大勢での利用には不向き。

最大接続台数を10台としている場合が多いので、最大接続台数がどのくらいなのかしっかり確認しておいてくださいね。

規定接続台数以下でも台数が多いと、通信速度に大きく影響します。回線速度にも影響してしまうので、できるだけ接続台数は少ない方が良いでしょう。

一人暮らしや二人暮らしなど人数の少ない世帯での利用に向いています。

少人数での利用に向いているんだね。

ポケット型Wi-Fiの後悔しない選び方

後悔しないポケット型Wi-Fiの選び方は、大きく5つのステップに分かれています。

1.必要なデータ容量を満たすポケット型Wi-Fiをピックアップ
2.必要な通信速度が出るポケット型Wi-Fiをピックアップ
3.各ポケット型Wi-Fiの利用場所の電波状況を調査(エリア判定)
4.支払い方法が合うポケット型Wi-Fiをピックアップ
5.調査した情報をもとに自身の条件に合うポケット型Wi-Fiを比較

以上5つのステップを踏むことで、思っていたポケット型Wi-Fiと違ったという失敗を避けられるため、実際に使用し始めてから後悔することもないでしょう。

ポケット型Wi-Fiを契約する際の注意点

ポケット型Wi-Fiは、同時接続台数に限りがあります。

契約の際に何台まで同時に接続できるか確認しておかないと、予定していた電子機器の一部がインターネットに接続できないというアクシデントが起きてしまうこともあるので注意が必要です。

また、途中解約で違約金がかかることもあるので気をつける必要があります。

ポケット型Wi-Fiは、契約期間が1年から3年に設定されていることが多い傾向にあり、契約の途中で解約すると数千円から数万円の違約金がかかります。

ただ、違約金のかからないポケット型Wi-Fiも存在するので、違約金がネックである場合はそちらも検討すると良いでしょう。

【仕組みを理解した方に】すぐに使えるおすすめポケット型Wi-Fi5選

【仕組みを理解した方に】すぐに使えるおすすめポケット型Wi-Fi5選

すぐに使えるポケット型Wi-Fiを5つご紹介します。自分に合ったポケット型Wi-Fiはどれなのか、チェックしてみてくださいね。

Yoda
Yoda

気になるものがないかチェックしてみましょう。

【とにかく安さを求める人向け】Rakuten WiFi Pocket

楽天モバイル

まずおすすめ楽天モバイルから発売しているRakuten WiFi Pocket。

とにかく手頃な価格でデータ容量の大きいWi-Fiを利用したいという方におすすめですよ。

以下がサービス内容です。

サービス名Rakuten WiFi Pocket
回線速度下り:150Mbps

上り:50Mbps

料金1,078円~3,278
契約期間なし
返却方法本体購入のため必要なし

Rakuten WiFi Pocketと他のポケット型Wi-Fiとの大きな違いは、条件次第では無制限で利用できること。

楽天エリア内に限り、どれだけ使っても通信制限がかけられることはありません。

たとえ20GBでも100GBを越えようと通信速度に制限がかけられることはなく、料金も20GB以降は一律3,278円で利用できます。

端末代が0円のポケット型Wi-Fiも多い中、7,980円の端末代がかかってしまうのが欠点。

ただ、特典を適用することで端末代を実質0円にすることができます。

安い料金でポケット型Wi-Fiを運用したい人、無制限で使えるモバイル系サービスを探している人にはぴったりのサービスです。

Yoda
Yoda

対象エリア内で利用するのであれば、かなり優秀なポケット型Wi-Fiですよ。

【通信速度を重視する人向け】UQ WiMAX

UQ WiMAX 見出し

安定した回線速度でWi-Fiを利用したいという方にはWiMAXがおすすめ。ポケットワイファイとは思えない回線速度で、ストレスなくインターネットを楽しめますね。

サービス名UQ WiMAX
回線速度下り:1.2Gbps(W06)

上り:75Mbps

料金・無制限 4,268

LTE 7GB 1,105円で追加可能)

契約期間2
返却方法・レンタル契約の場合は返却

・端末購入の場合は返却の必要なし

WiMAXのポケット型Wi-Fiは他社のものと比較すると回線速度がかなり速いことがわかります。

スマホやパソコンの基本動作であれば問題なくこなせるほど、回線速度は安定。

また、WiMAX回線の入らない場所に入ってしまった場合は、LTE回線に切り替えて利用できます。WiMAXはLTEやソフトバンク、ドコモ回線などと比較するとエリアが少し狭いというデメリットを抱えていました。
しかし、オプションでLTEを利用できるようにしたことで、エリアの狭さも完全にカバー。

7Gのみで1,100円のプラス料金がかかるものの、一時的に利用するだけであれば十分だと言えますよね。
もちろん、WiMAX回線は都市部であれば、ほとんど問題なく利用できます。

安定した速い回線を利用したいという方は、WiMAX回線を選択するのがおすすめですね。

Yoda
Yoda

高速回線ならWiMAXがおすすめ。

【データ通信量を気にしたくない人向け】Mugen Wi-Fi


mugen wifi 見出し

データ通信量を気にすることなくインターネットが楽しみたいという方におすすめなのがMugenWi-Fi。

100GBという大容量プランですので、動画再生やSNSを普通に利用するだけでは使い切れませんね。
タイミングによってはキャッシュバックキャンペーンも行なっているので、かなりお得に利用できます。

サービス名Mugen Wi-Fi
回線速度・下り150Mbps

・上り50Mbps

料金実質3,293円
契約期間2
返却方法郵送返却

MugenWi-Fiは、自分の使いやすいようにオプションをつけて、プランをデザインできます。

例えば、低速補償プランという追加オプションが月額440円で追加可能です。

このオプションをつけておくと、本来の速度よりも速度が遅く利用しにくいと感じた際に解約金など発生することなく解約ができます。

回線速度に不安があるという方や、自分の利用エリアでしっかり使えるのか心配だという方はつけておくと安心ですね。

速度を補償してくれるオプションは他社ではあまり見かけない珍しいサービスですね。
他にもユーザーを安心させてくれるようなオプションがたくさんあるので、どんなものがあるか事前にしっかりチェックしておくと安心ですね。

Yoda
Yoda

自分にあったプランが選択できるのでかなり便利です。

【色んな場所で使いたい人向け】Y!mobile

Y!mobile ワイモバイル 見出し

Y!mobileのポケット型Wi-Fiはソフトバンクの回線を利用しているので、エリアがかなり広いという特徴があります。

他社のポケット型Wi-Fiと比較すると電波の入りやすさはトップクラス。
自分の利用する場所が電波の入りにくい場所かもしれないと懸念されている方は、ワイモバイルのものを選択しておくと安心ですね。

サービス名Y!mobile
回線速度下り:838Mbps

上り:37.5Mbps

料金7Gプラン 4,065

・無制限プラン 4,818

契約期間契約期間なし
返却方法・レンタル契約の場合は返却

・端末購入の場合は返却の必要なし

7GBのプランにアドバンスモードを752円で追加することで、無制限となります。

7GB以上利用した分の通信費はワイモバイルで負担しますという内容のオプションですね。

接続台数は10台なので、一人暮らしや二人家族世帯であれば十分と言えるでしょう。

故障安心パックやワイドサポート、エンジョイパックなどオプションもかなり豊富です。
ポケット型Wi-Fiを始めて契約するという方も安心できますね。

広いエリアのWi-Fiをデータ通信量を気にすることなく使いたいという方はこちらを検討してみましょう!

無制限になるのはかなりすごいね。

【長期間利用したい人向け】WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむ

Wi-Fiレンタルどっとこむは1日からポケット型Wi-Fiをレンタルできます。

急な出張や旅行の際にも重宝しますよね。レンタルや返却は、空港やポスト、宅配などから都合の良いものを選択可能です。
忙しい方でも無理なく申し込み、受取りが可能です。

サービス名Wi-Fiレンタルどっとこむ
回線速度下り:最大612Mbps

上り:37.5Mbps

料金1440円~

1週間3,080円~

1ヶ月3,960円~

契約期間1日〜
返却方法・宅配返却送料お客様負担

・空港返却…550円/台

・空港返却…550円/台

・ポスト返却…517円/台

1日からの利用も問題ありませんが月額料金も比較的手頃なので、長期利用にもWi-Fiレンタルどっとこむは向いていると言えるでしょう。

端末を選択が可能で、選択する端末によって利用回線や料金は異なります。

使用するエリアや予算を事前に確認してから申し込みをしましょう。
また、予定していた契約期間よりも長く利用することになった場合も、自動で契約の更新がされます。

期間が延びてしまう可能性があるという方も、こちらを検討すると良いでしょう。

Yoda
Yoda

短期間から利用可能なのはありがたいですよね。

まとめ

ポケット型Wi-Fiは工事不要で、即日利用を開始できる便利なアイテムです。

契約する前に、自分の使用シーンやエリア、どのくらいのデータ量を使いたいかを確認しておくようにしましょう。
Wi-Fiの利用を検討している方は、ポケット型Wi-Fiも併せて検討してみてくださいね。