光回線

ソフトバンク光のルーターでおすすめなのはこの5つだけ、機能や理由を詳細解説

jun
jun

ソフトバンク光でおすすめなルーターはどれ?

ソフトバンク光は、フレッツ光回線網をつかった『光コラボ』回線として今ではおなじみとなった光回線の一つです。

そんなソフトバンク光では、どういったWiFiルーターを使えばいいのでしょうか。

この記事では、おすすめルーター5選をはじめ、ソフトバンク光のレンタルルーターの内容や市販ルーターの選び方などを解説していきます。

この記事でわかること
・ソフトバンク光でのおすすめルーター5選
・ソフトバンク光レンタルルーター『BBユニット』について
・BBユニットの注意点
・市販ルーターの失敗しない選び方
  1. ソフトバンク 光におすすめなルーターは?おすすめできるルーター5選
    1. バッファロー WSR-1800AX4S:WiFi6対応の導入しやすいエントリーモデル
    2. バッファロー WSR-5400AX6S:最大速度4803Mbpsの上位モデル
    3. NEC PA-WX5400HP:メッシュ機能をはじめ充実した安定通信機能が複数搭載!
    4. TP-Link Archer AX55:世界シェアNo.1メーカーのWiFi6対応ルーター!
    5. ASUS TUF-AX5400:ゲーミングWiFiルーター!通信機能満載!
  2. ソフトバンク光にはレンタルできるルーターもある|BBユニットとは?
    1. 月額513円で利用できる高機能ルーター
    2. 無線LAN伝送速度は最大2.4Gbps
    3. 本体の大きさは市販のルーターとそれほど変わらない
  3. ソフトバンク光のルーターは市販品orレンタルのどちらがおすすめ?
    1. ソフトバンクやワイモバイルスマホを持っているならBBユニットがおすすめ
    2. 回線速度を速くして快適にインターネットを利用したいならBBユニットがおすすめ
    3. ソフトバンク光で固定電話を使いたいならBBユニットがおすすめ
    4. ソフトバンク/ワイモバイル以外のスマホを使っているなら市販品がおすすめ
  4. ソフトバンク光のルーターにはBBユニットは不向き?利用の際の注意点
    1. 月額料金がかかる
    2. ソフトバンク光解約時に返却が必要
    3. 光BBユニット単体ではWi-Fiが使えない
  5. ソフトバンク光のルーターは市販がおすすめ|失敗せずに選ぶ方法は?
    1. 1Gbpsの速度に対応している
    2. ビームフォーミングに対応している
    3. Wi-Fi6に対応している
  6. ソフトバンク光のルーターに関するよくある質問は?
    1. ソフトバンク光のレンタルルーターは交換できる?
    2. ソフトバンク光はBBユニットを使わないと利用できない?
    3. ソフトバンク光のルーター設定方法が知りたい
  7. まとめ:ソフトバンク光のルーターは市販品の方が安く上がる、用途に合わせた物を選ぼう
コールアクション
Wifiや光回線のご契約にお困りの方

コムナビの電話相談窓口をご利用ください

\電話で無料相談受付中/

フリーダイヤル
0120-991-339

【受付】9時〜20時 年中無休

ソフトバンク 光におすすめなルーターは?おすすめできるルーター5選

まずはソフトバンク光におすすめな市販ルーターを紹介します。

ここでの参考価格は、大手家電量販店の通販サイトを参考に記載しています。

機種名WSR-1800AX4SWSR-5400AX6SPA-WX5400HPArcher AX55TUF-AX5400
メーカーバッファローバッファローNECTP-LinkASUS
価格6,966円13,797円15,642円7,723円19,800円
最大速度1201Mbps4803Mbps4804Mbps2402Mbps4804Mbps
ワイヤレス規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
WiFi6対応
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
WiFi6対応
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
WiFi6対応
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
WiFi6対応
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
WiFi6対応
メッシュ対応
(Wi-Fi EasyMesh™)

(Wi-Fi EasyMesh™)

(メッシュ中継機能)

(TP-Link OneMesh™)

(ASUS AiMesh)
トライバンド
周波数5GHz/2.4GHz5GHz/2.4GHz5GHz/2.4GHz5GHz/2.4GHz5GHz/2.4GHz
ポート数44444

バッファロー WSR-1800AX4S:WiFi6対応の導入しやすいエントリーモデル

メーカー/機種名バッファロー
WSR-1800AX4S
価格6,966円
最大速度1201Mbps
推奨環境2階建て(戸建て)
3LDK(マンション)
14台
5人
通信機能・ビームフォーミング
・MU-MIMO
・バンドステアリング
・メッシュWiFi

こちらのルーターは、パソコン周辺機器メーカーとして有名なバッファローから販売されているWiFiルーターです。

2022年5月現在では、7,000円以下で購入できる価格帯でありながら最新のWiFi6に対応しているコストパフォーマンスの高いエントリーモデルとなっています。

ビームフォーミングや、バンドステアリングなどといった安定通信機能も一通り搭載されているので、離れた部屋などからでも快適に利用できます。

WiFiルーターに対して特にこだわりがない、何を買えばいいか全くわからないといった場合はこちらのルーターを選んでおけば無難です。

jun
jun

迷ったときはとりあえずこれ!

バッファロー WSR-5400AX6S:最大速度4803Mbpsの上位モデル

メーカー/機種名バッファロー
WSR-5400AX6S
価格13,797円
最大速度4803Mbps
推奨環境3階建て(戸建て)
4LDK(マンション)
30台
10人
通信機能・ビームフォーミング
・MU-MIMO
・バンドステアリング
・メッシュWiFi
・トリプルコアCPU
・ワイドバンド 5GHz 160MHz

このルーターは、バッファローから販売されている上位モデルに位置づけられるWiFiルーターです。

技術規格上の最大通信速度は4803Mbpsとなっており、先ほどのエントリーモデルと比べると4倍近い速さであることがわかります。

スペックについては、トリプルコアCPUを搭載しているので複数台接続時など高負荷な処理が必要になっても、安定した動作で高速通信を維持します。

なるべく早いWiFiルーターが欲しい、アンテナがないスッキリしたルーターが良いといった場合にはこちらのルーターをおすすめします。

jun
jun

見た目もスタイリッシュです!

NEC PA-WX5400HP:メッシュ機能をはじめ充実した安定通信機能が複数搭載!

メーカー/機種名NEC
PA-WX5400HP
価格15,642円
最大速度4804Mbps
推奨環境3階建て(戸建て)
4LDK(マンション)
36台
12人
通信機能・ビームフォーミング
・MU-MIMO
・バンドステアリング
・メッシュ中継機能
・オートチャネルセレクト
・QoS
・ワイドバンド 5GHz 160MHz+1024QAM

こちらは、国内パソコンメーカーとして有名なNECが販売しているWiFiルーターです。

NEC製のWiFiルーターの中では上位モデルであり、最大通信速度が4804MbpsにくわえてオートチャネルセレクトやQoSといった安定通信機能も充実しています。

メッシュ中継機能にも対応しているので、対応機種を別途用意すればさらに広い範囲で安定した通信が利用可能になります。

上記バッファローの機種と同じくワイドバンド160MHzを搭載しており、さらに『1024QAM』で効率よく電波の変調ができるのでさらに高速通信ができます。

jun
jun

他メーカーに比べて通信機能が多いです!

TP-Link Archer AX55:世界シェアNo.1メーカーのWiFi6対応ルーター!

メーカー/機種名TP-Link
Archer AX55
価格7,723円
最大速度2402Mbps
推奨環境3階建て(戸建て)
4LDK(マンション)
48台
通信機能・ビームフォーミング
・MU-MIMO
・バンドステアリング
・メッシュWiFi
・エアタイムフェアネス
・DFS

こちらのルーターは中国のメーカーである『TP-Link』から発売されているWiFiルーターです。

『TP-Link』は無線LAN機器プロバイダとして、10年連続で世界シェアNo.1をとっているほど世界的に見れば超メジャーなメーカーです。

このメーカーのWiFiルーターは全体的に価格も抑えられており、手に取りやすいモデルが多いことも特徴の一つです。

『Archer AX55』はWiFi6対応で最大速度2402Mbpsながら、7,000円台で購入できるコストパフォーマンスに優れたモデルです。

他メーカーにある通信機能は網羅されており、他にはない『エアタイムフェアネス』といった機能も搭載されています。

この機能は、接続機器の速度によらず対応時間を均等化する機能です。これは一つの機器で処理が遅れて通信が遅れても、その他の機器に影響が出ず快適な通信を維持します。

コストパフォーマンス重視といった場合は、こちらのルーターもおすすめです。

jun
jun

TP-Linkはスマホアプリでの設定も便利です!

ASUS TUF-AX5400:ゲーミングWiFiルーター!通信機能満載!

メーカー/機種名ASUS
TUF-AX5400
価格19,800円
最大速度4804Mbps
推奨環境3階建て(戸建て)
4LDK(マンション)
70台
通信機能・ビームフォーミング
・MU-MIMO
・バンドステアリング
・メッシュWiFi
・最大2GbpsゲーミングLANポート
・アダプティブQoS
・トリプルコアCPU
・オープンNAT

こちらはパソコン本体やマザーボード、グラフィックボードなどパーツ関係などでもメジャーなメーカーである『ASUS』から発売されているゲーミングルーターです。

ここまで紹介してきたWiFiルーターよりも価格は高めになりますが、通信機能などスペック面では他機種よりも抜きん出た内容となっています。

最大通信速度は4804Mbps、ビームフォーミングやバンドステアリング機能はもちろんメッシュ機能やトリプルコアCPUを搭載しています。

さらに最大2GbpsゲーミングLANポートを搭載しており、光回線の速度をさらに活かすことができる端子を持っています。

オンラインゲームでは必須になるポート開放が簡単にできる『オープンNAT』にも対応しています。

WiFi環境でオンラインゲームをする場合、オンラインゲームはしないけどなるべく速いルーターが良いといった場合はこちらを検討してみましょう。

jun
jun

オンラインゲーム目的でなくても速さ重視ならおすすめ!

ソフトバンク光にはレンタルできるルーターもある|BBユニットとは?

ソフトバンク光では、『BBユニット』というレンタルルーターが用意されています。

ここではBBユニットについて解説していきます。主な内容は以下のとおりです。

月額513円で利用できる高機能ルーター

メーカー/機種名ソフトバンク
光BBユニット2.4(E-WMTA2.4)
価格月額513円
WiFi利用する場合(WiFiマルチパック1,089円)
最大速度2.4Gbps
推奨環境64台
通信機能・ビームフォーミング
・MU-MIMO
・オートチャネル選択
・WiFi6
・IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4

BBユニットのスペックはこのようになっています。月額料金は513円でWiFi機能を付ける場合は別途月額1,089円必要です。

ここで注意したいポイントは、ソフトバンク光の『IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4』を利用したい場合はBBユニットが必須になることです。

市販ルーターを用意しても、IPv6を利用するにはBBユニットの後に市販ルーターを設置しなければなりません。

jun
jun

IPv6はなるべく利用することをおすすめします

 

無線LAN伝送速度は最大2.4Gbps

BBユニットの無線LAN最大通信速度は2.4Gbps(2400Mbps)となっています。

市販ルーターのエントリーモデルは800〜1800Mbpsあたりが多いので、そういったモデルよりはスペックが高い内容です。

jun
jun

そこそこ高い性能を持ってますね!

本体の大きさは市販のルーターとそれほど変わらない

BBユニットの大きさは市販ルーターと同様のサイズとなっています。

下記の表にて、それぞれ他メーカーとの外形寸法を比較していきます。

機種名光BBユニット2.4(E-WMTA2.4)バッファロー WSR-1800AX4SNEC PA-WX5400HP
外形寸法高さ252mm×横幅183mm×奥行45mm幅36.5×高さ160×奥行160mm約幅46.5×奥行180×高さ180mm
jun
jun

特段大きくも小さくもないサイズ感となっています

ソフトバンク光のルーターは市販品orレンタルのどちらがおすすめ?

それではソフトバンク光では市販ルーターか、BBユニットのレンタルのどちらがおすすめなのかについて解説していきます。

おすすめな環境はそれぞれ以下のとおりです。

ソフトバンクやワイモバイルスマホを持っているならBBユニットがおすすめ

ソフトバンクまたはワイモバイルでスマホを利用している場合は、BBユニットでWiFiを利用するのがおすすめです。

ソフトバンク・ワイモバイルスマホとのセット割である『おうち割』を利用するためには、専用のオプションパックに加入する必要があります。

そのオプションパックの中に、WiFiマルチパックが含まれているのでスマホセット割を適用する時点でWiFiが使えるようになります。

jun
jun

おうち割専用パックは550円でお得な金額となっています!

回線速度を速くして快適にインターネットを利用したいならBBユニットがおすすめ

なるべく回線速度を速くして、快適にインターネットを利用したい場合はBBユニットが必須となるでしょう。

ソフトバンク光に限らず、光回線(特に光コラボ)では現在IPv6サービスを使わないと混雑する時間帯では通信が遅くなることが多くなっています

混雑する時間帯とは、平日夜間や休日など多くのユーザーが使うことが予想される時間です。

ソフトバンク光のIPv6サービスを利用するためには、BBユニットのレンタルが必須条件となっています。

jun
jun

エリアによりますが、遅くなることが多いのでIPv6はおすすめです

ソフトバンク光で固定電話を使いたいならBBユニットがおすすめ

ソフトバンク光で固定電話サービスを使いたい場合は、BBユニットが必要です。

BBユニットのレンタルと、BBフォンやホワイト光電話などのオプション加入をすることで固定電話サービスが利用できます。

jun
jun

WiFiについては市販ルーターを準備してもいいかも

ソフトバンク/ワイモバイル以外のスマホを使っているなら市販品がおすすめ

ソフトバンクまたはワイモバイルスマホを利用していない場合は、市販ルーターを用意するほうが割安です。

WiFiマルチパックは月額1,083円必要なので、1年で1万円以上必要になってしまいます。

市販ルーターであれば、買い切りで数年使えるので断然安く抑えることができるでしょう。

IPv6サービスを利用したい場合は、BBユニットのみレンタルしなければならない点には注意してください。

jun
jun

おうち割利用時以外は市販ルーターがおすすめです

ソフトバンク光のルーターにはBBユニットは不向き?利用の際の注意点

ここではソフトバンク光のBBユニットのデメリットについて解説していきます。

主なデメリットの内容は以下のとおりです。

月額料金がかかる

BBユニットはレンタルサービスなので、月額513円が必要です。

ソフトバンク光の利用料に上乗せされるため、全体的な月額料金が割増になることに注意してください。

jun
jun

IPv6サービス利用料として考えた方がいいですね

ソフトバンク光解約時に返却が必要

BBユニットをレンタルした場合は、ソフトバンク光の解約時に返却しなければなりません。

返却する際の送料はユーザー負担である上に、ダンボールなどを準備して送る手間がかかってしまいます。

jun
jun

NTTからのレンタル機器は専用の返却パックがあります!

光BBユニット単体ではWi-Fiが使えない

BBユニット単体では、WiFiを利用することはできません。

BBユニットにWiFi機能をつけるためには、WiFiマルチパック(月額1,083円)に加入する必要があります。

ソフトバンクやワイモバイルスマホとのセット割を使う場合は、専用オプションパック(月額550円)でWiFi機能を付けることができます。

jun
jun

WiFiマルチパック単体ではやっぱり高いですね

ソフトバンク光のルーターは市販がおすすめ|失敗せずに選ぶ方法は?

ソフトバンク光でのルーターはスマホセット割や固定電話を使う時以外は市販ルーターがおすすめです。

市販ルーターを選ぶ際の注意点は以下のとおりです。

1Gbpsの速度に対応している

まずは市販WiFiルーターが1Gbpsに対応していることを確認しましょう。

市販ルーターのWANポートが1Gbpsに対応していないと、ソフトバンク光回線を100%活かすことができません

WiFiの通信速度もできれば最大通信速度1000Mbps以上のものを選ぶのが無難でしょう。

jun
jun

1000BASE-Tの表記あれば対応しています!

ビームフォーミングに対応している

WiFiルーターでは必須の通信機能となってきている、『ビームフォーミング』に対応しているルーターを選ぶのがおすすめです。

ビームフォーミングとは、対象の接続機器へ直接めがけてWiFi電波を飛ばす機能です。

これは受信機器(スマホなど)も対応している必要があるので、それぞれ調べてみることをおすすめします。

jun
jun

機種名とビームフォーミングで検索してみましょう!

Wi-Fi6に対応している

WiFi6とは、最新のWiFi規格のことをいいます。

前世代のWiFi5(11ac)と比べると、約2.7倍高速になったWiFiです。

こちらについてもスマホやパソコンなどの受信機器がWiFi6に対応している必要があるので、事前の確認が必要です。

jun
jun

こちらも機種名とWiFi6で検索してみましょう

ソフトバンク光のルーターに関するよくある質問は?

こちらではソフトバンク光のルーターについてよくある質問をまとめていきます。

主な質問内容は以下のとおりです。

ソフトバンク光のレンタルルーターは交換できる?

ソフトバンク光のレンタルルーター(BBユニット)は交換できます

交換できる条件は、BBユニットが古いバージョンの場合です。

こちらの項目で紹介したスペックは最新バージョン2.4の機器なので、それ以外のバージョンのときは交換を申し出ることをおすすめします。

jun
jun

2.4以下はスペックも低くなっているのですぐに交換しましょう!

ソフトバンク光はBBユニットを使わないと利用できない?

ソフトバンク光はBBユニットがなくても利用することはできます。

ですが、ソフトバンク光のIPv6サービスは利用できません。仮に市販ルーターが対応していても利用できないので注意してください。

市販ルーターでIPv6サービスを使いたい場合は、BBユニットのみレンタルする必要があります。

jun
jun

IPv6を使わないと通信が遅くなることが多いです!

ソフトバンク光のルーター設定方法が知りたい

ソフトバンク光のBBユニットの設定方法は、バージョンによって違います。

下記ページを参考に、手元にあるBBユニットのバージョンを確認してそれぞれのリンク先を確認してみましょう。

光BBユニットを設定する | インターネット | ソフトバンク
光BBユニットの設定方法

まとめ:ソフトバンク光のルーターは市販品の方が安く上がる、用途に合わせた物を選ぼう

この記事ではソフトバンク光でのおすすめルーターについて比較、解説しました。

全体を通して抑えておきたいポイントは以下のとおりです。

・スマホセット割または固定電話サービスを使う場合以外は、市販ルーターがおすすめ
・ソフトバンク光のIPv6を使う場合はBBユニットが必須
・BBユニットは月額513円、WiFi機能を付ける場合は月額1,083円が別途必要
・市販ルーターはなるべく速く通信機能が充実しており、WiFi6対応の機種がおすすめ
jun
jun

WiFiマルチパック単体では割高なのでおすすめできません

ソフトバンク光では、ソフトバンクやワイモバイルスマホとのセット割を利用する場合と固定電話サービスを利用する場合以外では、市販ルーターの利用が割安でおすすめです。

ソフトバンク光でWiFiルーターをレンタルすると、月額1,500円以上が必要となってしまい市販ルーターに比べると割高になってしまいます

ですが、ソフトバンク光でIPv6サービスが利用したいのであればBBユニットが必須となります。

市販ルーターでIPv6サービスを使うときは、BBユニットのあとに市販ルーターを設置する流れとなります。

おすすめな市販ルーターについては、上記比較表を参考に価格や機能面、接続環境のバランスをとって選択しましょう。