お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

Wi-Fiおすすめ比較

田舎でも安定して使えるポケットWiFi 5選 | 選び方も解説

jun
jun

田舎でも安定して使えるポケット型WiFiはある?

2022年現在では、5G回線の普及が進んできておりさらに高速な通信がどこにいても利用できる時代になりました。

ですが、田舎や地方ではまだまだ整備がされておらず、キャリアによっては4G回線でも繋がりにくいところもあります

そういった中で、田舎でも安定して使えるポケット型WiFiをこの記事では紹介します。

結論として、田舎でも安定して使えるポケット型WiFiはあります。それは『クラウドSIM』を使った端末でのポケット型WiFiです。

【この記事でわかること】
・田舎でのポケット型WiFiの提供エリアの調べ方
・田舎で使うポケット型WiFiの選び方
・おすすめのポケット型WiFi5選
・ポケット型WiFiが遅いときの改善方法

ぜひこちらの記事を参考に、自分にあったポケット型WiFiを見つけて田舎や地方でも快適にインターネットを利用してください。

\当サイトおすすめのWi-Fi 3選/

サービス名

 

ZEUS WiFi

zeus wifi

縛りなしWiFi

縛りなしWi-Fi ロゴ

THE WiFi

月額料金(税込)980円~
(6ヶ月以降2,178円)
1,057円~
(キャンペーン+キャッシュバック適用)
1,298円~
(FiTプランのみ)
通信容量20GB/40GB/100GB10GB/30GB/60GB/90GB1GB/5GB/20GB/40GB/100GB
(利用容量で料金が変動)
通信速度(下り最大)150Mbps150Mbps150Mbps
詳細ZEUS WiFiの詳細を見る縛りなしWiFiの詳細を見るTHE WiFiの詳細を見る

 

コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

田舎でのポケットWiFi提供エリアの調べ方

 

まずは田舎や地方でのポケット型WiFiの提供エリアについて、実際の調べ方を解説します。

主な内容は以下のとおりです。

調べるべき回線は3つ au/docomo/Softbank

田舎や地方でのポケット型WiFiの提供エリアを調べる場合は、3大キャリア(docomo、au、Softbank)のエリアマップを確認しましょう。

ポケット型WiFiではモバイルルーターを利用してWiFiに接続します。この機械は、スマホと同じようにモバイル回線を使ってWiFiに接続できるようにするものです。

日本国内で利用できるモバイル回線は上記でも紹介したように、docomo・au・Softbankがメインとなっており2020年からはRakutenも参入しました。

どの回線を利用するかに関しては、契約するポケット型WiFiやSIMによって変わってきます

こういったことから、ポケット型WiFiを使いたいエリアの回線状況を調べたいときはdocomo・au・Softbankの情報を確認すれば問題ありません。

jun
jun

4GLTEについては、各キャリア人口カバー率99%といわれています。

各社公式サイトのエリアマップから確認

それでは、実際にどうやって確認すればいいのかについて解説します。

基本的な方法は各キャリアが提供している『エリアマップ』を使って確認します。

エリアマップは、実際の日本地図上に色が塗られたような形で利用できる回線がわかるようになっています。

現在では、人口カバー率99%の4GLTEと5G回線が混在しているのでこういったエリアマップを確認するのは必須事項です。

5G対応端末を利用する際に、想定していた通信速度が出ない場合は5G対応エリアで通信していないことがよくあります。

また、5G対応エリアの境界線のような場所で利用すると、端末上で4Gと5Gが頻繁に切り替わってしまい通信が安定しないといったことも起こってしまいます

ポケット型WiFiを検討するときは、同時進行でエリアマップも必ず確認しておきましょう。

jun
jun

4Gと5G両回線とも使える端末の場合は特に気をつけてください

 

田舎で使うポケットWiFiの失敗しない選び方

ここでは田舎や地方で使うポケット型WiFiの失敗しない選び方をポイントごとに解説します。

紹介する内容は下記4点です。

住んでる地域がポケットWiFiの提供エリアであること

まずは住んでいる地域やメインで利用する場所が、ポケット型WiFiの提供エリアであることを事前に確認しておきましょう

ここでは『Softbank』のエリアマップを例に実際の確認方法を紹介します。

Softbankである理由は、この記事で紹介するポケット型WiFiはすべて『クラウドSIM』を使ったポケット型WiFiです。

クラウドSIMとは、物理的なSIMカードを利用せずにクラウド上にあるSIMデータを読み込んで通信をするSIMとなっています

国内利用においては、docomo・au・Softbankの回線から自動判別され通信が行われます。

この中でもクラウドSIMは、Softbankの回線につながることが多いことが口コミなどで報告されています。こういったことからSoftbankのエリアマップを選択して解説します。

『Softbankサービスエリアマップ』のページにアクセスする
・製品カテゴリ、メーカー、機種名、利用する地域を選択する
・マップを確認する

実際のマップ画面は下記のとおりです。

濃い紫色や濃いピンク色になっているところは5G対応エリア、薄いピンク色は4GLTE対応エリアです。クラウドSIMは5Gに対応していないので、4GLTEのエリアを確認してください。

4GLTEは3大キャリアすべてで人口カバー率99%となっているので、ほとんどのエリアで利用できることが考えられます

そういった点でも、下記にて紹介するクラウドSIMはどんなエリアでも使えることが期待できるのでおすすめです。

jun
jun

何も色がないところは提供エリア外です。

必要な通信速度が出ること

ポケット型WiFiを選ぶ際は、通信速度についても考えておく必要があります。

通信速度はポケット型WiFiを使って、どういった作業がしたいかによって求める速度が変わってきます。

一般的なネットサーフィンや、TwitterなどテキストメインのSNSについては数Mbpsでていれば問題なく見ることができます

動画視聴に使うことが多いYouTubeやここ数年で急速にユーザーが増えたZOOMの目安速度を下記にまとめていきます。

YouTube動画の解像度安定的な推奨通信速度
4K20Mbps
HD1080p5Mbps
HD720p2.5Mbps
ZOOM利用内容推奨速度
1対1ビデオ通話 720pHD下り・上り:1.2Mbps
1対1ビデオ通話 1080pHD下り:3.0Mbps
上り:3.8Mbps
グループビデオ通話 720pHD下り:1.8Mbps
上り:2.6Mbps
グループビデオ通話 1080pHD下り:3.0Mbps
上り:3.8Mbps

YouTubeに関しては4K動画で20Mbps、1080pHDで5Mbpsが推奨されています。ZOOMでは3〜4Mbpsでていれば1対1でもグループでも1080p画質で使用できます

それではこの記事で紹介するクラウドSIM端末の通信速度実測値を下記にまとめます。実測値は『みんなのネット回線速度』を参照しています。

回線名平均実測値
THEWiFi下り:18.31Mbps
上り:9.36Mbps
クラウドWiFi下り:18.78Mbps
上り:14.4Mbps
MugenWiFi下り:13.65Mbps
上り:9.16Mbps
AiRWiFi下り:24.14Mbps
上り:14.45Mbps
ZEUSWiFi下り:18.99Mbps
上り:10.61Mbps

このようにクラウドSIM端末でも、YouTubeやZOOM利用であれば問題なく利用できることがわかります。

jun
jun

一般的な利用であればクラウドSIMでも十分対応可能ですね!

自分に合ったデータ容量のプランが選べること

ポケット型WiFiには、回線ごとに様々な料金プランが設定されています。基本的には、月間で利用できるデータ容量によって料金が変動します

回線によっては、1〜2プランだけでサービス提供しているところや数種類のプランから選べるところもあります。

なるべく金額を抑えたい、無駄なく使いたいといった場合には料金プランが複数用意されているポケット型WiFiを選ぶことをおすすめします。

jun
jun

各サービスの月額料金などは下の項目で解説します!

お試し期間でちゃんと繋がるか確認できればなお良い

ポケット型WiFiによっては、30日間お試しモニターなどといったサービス名でお試し期間が用意されている回線が存在しています。

この記事で紹介するポケット型WiFiで、お試し期間で利用できるのは下記のとおりです。

・THEWiFi
・MugenWiFi
・AiRWiFi

これらのポケット型WiFiは、1ヶ月間お試しモニターを利用することができます。若干の返却手数料などが発生するので注意してください

jun
jun

ノーリスクで試せるのは助かりますね!

 

田舎でも安定して使えるポケットWiFi 5つ

それでは田舎や地方でも安定して使うことができるポケット型WiFiを紹介していきます。

ここであげるポケット型WiFiは以下の5社です。

回線名THEWiFi
THE Wi-Fi ロゴ
クラウドWiFi
MugenWiFi
mugen wifi
AiRWiFi
ZEUSWiFi
zeus wifi
提供エリアクラウドSIM
(docomo、au、
Softbank)
クラウドSIM
(docomo、au、
Softbank)
クラウドSIM
(docomo、au、
Softbank)
クラウドSIM
(docomo、au、
Softbank)
クラウドSIM
(docomo、au、
Softbank)
通信プラン100GB20GB
50GB
100GB
100GB100GB20GB
40GB
100GB
月額料金100GB:3,828円20GB:2,580円
50GB:2,980円
100GB:3,718円
100GB:3,718円らくらくプラン:
3,377円
まるっとプラン:
3,608円
サクッとプラン:
3,278円
2年プラン
20GB:2,178円
40GB:2,948円
100GB:4,268円
縛りなしプラン
20GB:2,618円
40GB:3,278円
100GB:4,708円
契約期間2年1ヶ月2年1年2年、無し
解約手数料10,780円無し1年未満:9,900円
1〜2年未満:
5,500円
2,970円月額基本料
1ヶ月分
お試し利用あり無しありあり無し

 

THEWi-Fi:キャンペーン適用で最大20,312円お得に!

THE Wi-Fi

THEWiFiは、スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社が運営するクラウドSIM端末でのポケット型WiFiです。

THEWiFiでは、2022年10月現在『THEWiFisummerFES』というキャンペーンが実施されています。

主なキャンペーン内容は下記のとおりです。

・4ヶ月利用料金0円
・THEWiFiポイント5,000円分付与(指定クレジットカード同時入会の場合)
・端末レンタル料金実質0円
・最短即日発送0円

この内容をすべて適用することで、最大20,312円分が割引となります。

この20,312円分を月額料金に充当すると、実質月額3,119円で2年間ポケット型WiFiが月間100GBで利用できます。

このキャンペーンの終了時期は今のところ未定となっていますが、将来的には終了することも十分考えられるので早めの検討をおすすめします。

jun
jun

実質月額料金3,119円は最安価なみです!

 

クラウドWi-Fi:3つのプランからニーズに合わせて選択可能!

クラウドWiFi東京

クラウドWiFiは、株式会社ニッチカンパニーが運営するクラウドSIM端末でのポケット型WiFiサービスです。

クラウドWiFiでは、3種類の料金プランが用意されており月間データ容量によって金額が変わっています。

月間20GBで2,580円、月間50GBで2,980円、月間100GBで3,718円となっており、必要なデータ容量に合わせることで毎月の通信費を抑えることが可能です。

さらに、クラウドWiFiは契約期間が設定されていないので解約違約金が発生しません。1ヶ月以上利用すれば、いつでも解約可能です。

当日14時までの申し込みなら即日発送に対応。あわせて、翌月1日から利用開始にする翌月発送にも対応しています。

これは、クラウドWiFiは初月の日割り計算をしていないので、月末に近いタイミングでは割高になってしまいます。

そういった事態を防ぐために、月末に近い時期に申し込みで急ぎではない場合などでは翌月発送を利用するのがおすすめです。

jun
jun

縛りがないのは嬉しいですね!

 

Mugen WiFi:最大1万円キャッシュバックで実質2,988円から利用可能

mugen wifi 見出し

MugenWiFiは、株式会社FREEDiVE(旧:株式会社surfave)が運営するクラウドWiFi端末でのポケット型WiFiです。

MugenWiFiでは、最大10,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

このキャッシュバックを月額料金に充当すれば、2年間実質月額3,328円から月間100GBのポケット型WiFiが利用できます。

最大10,000円キャッシュバックを受け取るまでの流れは以下のとおりです。

1.端末配送後に登録メールアドレスへ送られてくるエントリーフォームにて申請する
2.指定回数届くアンケートにすべて回答する
3.口座振替申請メールが届き次第、回答して送信する。利用開始月を含む14ヶ月目と23ヶ月目

このように少し手間はかかってしまいますが、月間100GBが2年間3,328円で利用できると考えればお得な内容です。

MugenWiFiは1ヶ月お試しモニターも行っているので、通信品質が良くない場合は30日以内に解約すれば違約金を心配する必要もありません。

jun
jun

1ヶ月お試しモニターで安心して利用開始できます!

 

AirWi-Fi:1ヶ月間お試しあり!月間100GBプランで大容量

AiRWiFiは、株式会社FREEDiVE(旧:株式会社Ocean Map)が運営するクラウドSIM端末でのポケット型WiFiです。

AiRWiFiでは、3種類の料金プランが用意されています。それぞれの違いは利用する端末です。月間データ容量はすべて100GBで固定となっています。

プラン名端末名・特徴
サクッとプラン:3,278円U2s:旧タイプの機種だが、通信速度など基本的なスペックは新機種と同じ。同時接続台数が5台
らくらくプラン:3,377円U3:新機種。最大接続台数は10台。対応周波数が増えているが、日本国内利用については旧機種と差がない。
まるっとプラン:3,608円U4:最新機種。最大接続台数10台。モバイルバッテリー機能付き

このように古い端末、性能が低い端末になればなるほど月額料金が下がるような内容になっています。

端末が新しいほうが便利で良いような感じがしますが、実際には旧機種でも十分利用できる性能です。

最大通信速度はどの機種でも下り150Mbps、上り50Mbpsと差はありません。接続台数についても、モバイルルーターで10台接続は現実的ではありません。

個人利用であれば、1台のモバイルルーターに対して多くても2〜3台が大多数なので旧機種で問題ないでしょう。

月間100GBのデータ容量で、月額料金3,278円は最安価級です。

キャッシュバックなどがないので、実質月額料金では他社が安い場合がありますが、月々のコストで考えればAiRWiFiが特におすすめです。

jun
jun

月額料金をなるべく抑えたいならここ!

 

ZEUS Wi-Fi:最安980円から利用できるキャンペーン実施中!

ZEUSWiFiは、株式会社Human Investmentは運営するクラウドSIM端末でのポケット型WiFiサービスです。

ZEUSWiFiでは、2年契約プランの『スタンダードプラン』と契約期間なしの『フリープラン』が用意されています。

それぞれのプランの中で、月間データ容量が20GB・40GB・100GBと3種類あり、それぞれ好きなプランを選択することが可能です。

この中でも、『スタンダードプラン』で『神コスパキャンペーン』が実施されています。主な内容は以下にまとめます。

神コスパキャンペーン
・20GBプラン:月額2,178円→月額980円(5ヶ月間)
・40GBプラン:月額2,948円→月額1,480円(5ヶ月間)
・100GBプラン:月額4,268円→月額1,980円(10ヶ月間)→月額3,828円(11ヶ月目以降)

このようにそれぞれのプランの月額料金が一定期間割引となります。契約期間なしのフリープランでは実施されていないので注意してください。

ZEUSWiFiのおすすめプランはスタンダードプランの20GBプランです。

月々のデータ容量はそこまでいらないけど、外出先でタブレットやパソコンを使いたい場合などに特におすすめです。

jun
jun

手軽なポケット型WiFiを探しているなら20GBプランではじめてみましょう!

 

田舎でポケットWiFiが遅い時の対処法

ここではポケット型WiFiの通信速度が遅かったり、動作が不安定なときなどに試してみてほしい対処法を紹介します。

主な内容は以下のとおりです。

ポケットWiFiを置く位置を変えてみる

まず試していただいたいのは、ポケット型WiFi端末自体を置いている場所を変更することです。

特に屋内利用のときになりますが、部屋の中心に置くのではなく窓際に起き直すと通信速度の改善が期待できます。

やはりスマホと同じようにモバイル回線を利用しているので、なるべく外に近いほうが電波をキャッチしやすいです。

モバイルルーター端末からスマホやタブレットなどの端末は、壁などがない同じ部屋内での利用であれば多少離れていても問題ありません。

なので優先したいのは、モバイルルーター端末を窓際に置くことです。通信速度が遅いときは、まずは置き場所を変更してみましょう。

jun
jun

ちなみにホームルーターでも同様のことがいえます!

ポケットWiFiを再起動してみる

2点目は、ポケット型WiFi端末の再起動を行ってみましょう

端末内で、何かしらのシステムエラーやファームウェアアップデートがうまく適用できない場合などに動作が不安定になることがあります。

そういったときは、端末を再起動することで改善できることが多いです。

端末の置き場所を変更しても、通信速度が改善しないときや動作が安定しないときは再起動を実施してみてください。

jun
jun

これは固定回線でのWiFiルーターでもよく行われる改善方法です。

端末を一度機内モードにしてみる

3点目は、端末を一度機内モードにしてWiFi機能のオンオフを試してみることです。

上記再起動と同じように、WiFi機能をオンオフすることで正常に動作することが期待できます。

この動作はWiFi接続をしているスマホやタブレット、パソコンなどでも実施してみてください。その理由は、原因がモバイルルーター端末ではない可能性があるからです。

端末に機内モードがない場合は、WiFiアイコンのところを押してWiFi機能自体のオンオフを行ってみてください。

jun
jun

オフにした際は、15秒ほど待ってからオンにしてくださいね!

 

ポケットWiFiを田舎で利用するときのよくある質問

ここではポケット型WiFiを田舎や地方で利用するときによくある質問をまとめていきます。

主な質問内容は下記のとおりです。

田舎でも無制限プランのポケットWiFiは使える?

田舎や地方でも無制限プランのポケット型WiFiは、使えるところもあります。

現在無制限で利用できるモバイル回線は、WiMAXとRakutenとなっています。

それぞれのエリアマップで対応エリアであれば、月間データ容量無制限で利用できるポケット型WiFiが使えます。

WiMAXとRakutenのエリアマップは以下のとおりです。

対応サービスエリア|UQ WiMAX(wifi/ルーター)【公式】
UQ WiMAXの公式サイトです。WiMAX(ルーター)のサービスエリアマップ、WiMAX 2+のピンポイントエリア判定。即日開通!今日から使えるwifiで、家でも外でもインターネット可能。ワイヤレスだから配線ナシ。ケーブル不要でお部屋スッキリ!
通信・エリア | 楽天モバイル
楽天モバイルの通信エリア(サービスエリア)を、地図や検索でご確認いただけます

どこのキャリアが田舎でも安定して繋がる?

3大キャリアの中で、最も安定して繋がる回線はdocomoだといわれています。

docomoは運営元がNTTであり、auやSoftbankと違い100%民間企業ではない半官半民企業がアンテナを設置しています。

そのため、インフラ整備を国内全体に等しく整える必要があるので採算が取りにくい地方にもアンテナが整備されやすい傾向にあります。

そういった事情から、docomoが一番安定して繋がるキャリアであるといわれています。

提供エリア外の場合はどうしたらいい?

利用予定のエリアが提供エリア外の場合は、上記でも紹介したクラウドSIM端末の利用が無難でしょう。

提供エリア外である場合は、WiMAXやRakutenなど比較的限られた場所にしかエリア提供されていない回線であることが考えられます。

3大キャリア(docomo、au、Softbank)の4GLTE回線は人口カバー率99%以上をうたっているため、どのエリアでも繋がることが期待できます。

クラウドSIMは、3大キャリアの回線が利用できるので人口カバー率99%以上の繋がりやすさです。

提供エリアに不安がある地域でポケット型WiFiが欲しい場合は、クラウドSIM端末をおすすめします。

 

まとめ:田舎でも安定したポケットWiFiを選んで快適なネット生活を

この記事では、田舎や地方でも安定して使えるポケット型WiFiを5社選定して紹介しました。

全体を通して抑えておきたいポイントは以下のとおりです。

・田舎や地方では3大キャリアの回線が使えるクラウドSIM端末の利用がおすすめ
・提供エリアを調べる場合はdocomo、au、Softbankのエリアマップを確認する
・ポケット型WiFiでどういった作業をするのかを確認しておく
・利用用途によって必要な通信速度や月間データ容量が変わる
・ポケット型WiFiの調子が悪いときは、置き場所を変える、再起動、機内モードを試してみる
jun
jun

ちなみにクラウドSIMは手動で回線選択はできません

田舎や地方などで、回線の提供エリアに不安がある場合は3大キャリアの回線が利用できるクラウドSIMがおすすめです。

クラウドSIMは、利用する場所から自動判別してdocomo、au、Softbankの回線を利用することができます。

上記3大キャリアの4GLTE回線の人口カバー率は99%以上といわれているので、どういった場所でも繋がることが期待できます。

念の為提供エリアを調べたい場合は、3大キャリアそれぞれが提供しているエリアマップを見れば確認することができます。

クラウドSIMのポケット型WiFiを選ぶ際は、まずポケット型WiFiを使ってどういった作業をするのかを決めておきましょう

そこから、必要な通信速度や月間データ容量を決めて自分にあったプランを選ぶことで無駄のない契約につながります。

クラウドSIMポケット型WiFiは、現在様々な企業が多種多様な形でサービス提供しているので、こちらの記事を参考に選んでみてください。