Wi-Fiの特徴

ポケットWi-Fiとはなに?メリット・デメリットを解説

ポケットWi-Fiとは

ポケットWi-Fiってなんだろう。

そるとま
そるとま

名前を耳にしたことがあっても、内容をよく理解できていないという方がほとんどです。

「よくポケットWi-Fiって聞くけど、ふつうのWi-Fiとはなにが違うの?」
「ポケットWI-FiとWiMAXは一緒?」

インターネット環境を整備しようと思ったときに候補の一つとして出てくるポケットWi-Fi。

しかし知恵袋にもポケットWi-Fiとはなにかという質問があるほど、聞いたことはあるけど結局どういうものか分かっていないという人が大半ではないでしょうか。

仕事でWi-Fiを取り扱う経験がなかったら、私も分からないままだったと思います。

今回はポケットWi-Fiとはいったい何なのか、ほかのWi-Fiやインターネットとはどう違うのかについて、ネット回線のiを営業をしていた経験を活かしてご紹介していきます。

【この記事で分かること】
・ポケットWi-Fiとはなにか?
・ポケットWi-Fiの種類
・ポケットWi-Fiのメリット・デメリット

 

当サイトおすすめのWi-Fiを見る

ポケットWi-Fiとは?サービス内容を解説

ポケットWi-Fiとは?サービス内容を解説

ポケットWi-Fiとは、ワイモバイルが提供する「モバイルWi-Fi」です。数あるモバイルWi-Fiの中のひとつが「ポケットWi-Fi」ということですね。

しかし実際、ポケットWi-FiとモバイルWi-Fiはほぼ同じと考えて良いでしょう。ワイモバイルがまだイー・モバイルという会社だったころ、「ポケットWi-Fi」というモバイルWi-Fiが販売されました。

それ以降さまざまな会社からモバイルWi-Fiが出ましたが、「モバイルWi-Fi=ポケットWi-Fi」というイメージが定着します。

実際、販売する側もお客様に分かってもらうため「いわゆるポケットWi-Fiです」と説明
することも。

ここではわかりやすくポケットWi-Fiに統一してご紹介します。

引用:https://www.ymobile.jp/

そるとま
そるとま

ポケットWi-FiとモバイルWi-Fiは厳密にいうと同じ意味ではありません。しかし、同じ意味合いとして使用されていることがほとんどです。

 

 

モバイルWi-Fiとは

モバイルWi-Fiとは、インターネットに接続することでいつでもどこでもWi-Fiが利用でき、持ち運びができる小型の無線LANルーターです。

docomo、SoftBank、auをはじめ多くの通信会社からさまざまなサービスを伴って提供されています。

そるとま
そるとま

持ち運び可能なので重宝しますよね。

ポケットWi-FiとWiMAXは異なる

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供する回線サービスの一種です。

ポケットWi-Fi同様、モバイルWi-Fiで受信をして使うことができるので、単純にWiMAXが受信できるモバイルWi-Fiを指すこともあります。

図2

引用:https://www.uqwimax.jp/

ポケットWi-FiとWiMAXの大きな違いは、利用できるエリアが異なる点です。

それぞれの特徴を以下にまとめました。

モバイルルーターポケットWi-Fi※2WiMAX※3
速度※1838Mbps(下り最大) ※21.2Gbps(下り最大)※3
提供エリアSoftBank 4G

SoftBank 4G LTE

WiMAX 2+

au 4G  LTE

速度は使用する端末によっても大きく異なりますが、WiMAXのほうが高速で安定しているという特徴があります。

ポケットWi-Fiは、WiMAXよりもエリアが広いためどこでも使いやすいという特徴があり、転勤や引っ越しが多い人におすすめです。

どちらもかなりの広範囲で使えますが、場所によっては使えない場合もあります。そのためWi-Fiを使う前にはエリア検索が必要です。

※速度は理論値であり、実際に常時この速度での利用を想定したものではありません。
※1 2021年3月時点での最新機種による下り速度の最大値
※2 端末はPocket WiFi 803ZT
※3 端末はSpeed Wi-Fi NEXT W06

エリア検索は必ず行わないといけないね。

据え置き型ルーターや固定回線とは異なる

据え置き型ルーターや固定回線とポケットWi-Fiの大きな違いは、持ち運びができるかどうかです。

据え置き型ルーターはホームルーターともいい、モバイルWi-Fiと同じ無線LANルーターですが常に電源が必要で持ち運ぶことはできません。

固定回線は様々なプロバイダ会社が提供する○○光や、CATVが提供している回線で自宅に配線工事を施して使うもので持ち運びは不可能です。

持ち運び工事データ量利用開始までの期間初期費用速度引っ越し
ポケットWi-Fiなし無制限※1当日~1週間程度1:事務手数料

2:端末代

1Gbps

※2

住所変更
据え置き型ルーター×なし無制限※1当日~1週間程度1:事務手数料

2:端末代

1Gbps

※2

住所変更
固定回線×あり無制限最低2週間~1:工事費

2:事務手数料

1Gbps~

※2

再工事が必要

ポケットWi-Fiよりも据え置き型ルーター・固定回線のほうが回線の速度や安定性は優秀といえます。

そのため据え置き型ルーターと固定回線は持ち運びが不可能な分、テレワークでWi-Fi環境を整えたい方やオンラインFPSゲームをやりたい方などにおすすめです。

※1.3日で一定容量の制限がかかある場合もあります。
※2.速度は理論値であり、実際に常時この速度での利用を想定したものではありません。

そるとま
そるとま

安定した回線速度で利用したい方は固定回線を、携帯するのであればポケットWi-Fiを検討しましょう。

 

 

テザリングとは異なる

テザリングとは、スマホや回線契約のあるタブレットなどモバイルデータ通信が可能な端末が、ルーターの代わりになる機能です。

ポケットWi-Fiとの違いを簡単に説明すると、ポケットWi-Fiが小型の無線LANルーターを使うのに対し、テザリングはスマホを使います。

スマホをWi-Fi送受信機として、タブレットやゲーム機でインターネットが使える」とイメージすると、分かりやすいです。

テザリングは契約内容にもよりますがプランによっては無料、有料でも500円と格安で利用できるため出先で少しだけPCでインターネットを使いたい、という方にはおすすめできます。

しかし、テザリングの利用には

・バッテリー消費が激しい
・バッテリーの損傷が激しい
・通信量の消費が激しい

といったデメリットもあります。

テザリングはポケットWi-Fiの充電が切れてしまってすぐに使えそうにないときや、ポケットWi-Fiのエリア外のところでWi-Fiを使いたいときの最終手段、と考えるほうが妥当でしょう。

テザリングとは違うんだね。

 

 

当サイトおすすめのWi-Fiを見る

ポケットWi-Fiのメリット

Pocket,Wifi,

ここからは、ポケットWi-Fiのメリットをみていきましょう。

各通信会社からのキャンペーンや、スマホとセットでお得になる割引などもありますが、今回はポケットWi-Fi全体を通してのメリットをまとめました。

  1. いつでもどこでも使える
  2. 一度に複数の端末でWi-Fiが使える
  3. 工事不要なので初期費用が安い
  4. スマホの料金が抑えられる
  5. セキュリティも安心

5つにまとめましたので、一つひとつひとつご紹介していきます。

そるとま
そるとま

メリットを理解しておくのは非常に重要です。

1.いつでもどこでも使える

ポケットWi-Fi最大のメリットはいつでもどこでもWi-Fiにつないで、インターネットを使うことができる点です。

電波が届くエリア、そしてポケットWi-Fiの端末が充電できていれば自宅はもちろん、出先や移動中にも利用ができます。

また一定時間しか使えないフリーWi-Fiとは異なり、朝でも夜でも時間に関係なくWi-Fiを利用することが可能です。

◯移動時間、お子様が退屈しないようにストリーミング動画を流す…
◯ちょっとしたスキマ時間の学習に…
◯音楽のストリーミング再生でランニングの時間を楽しく…

こういったシーンでさまざまな使い方ができます。

いつでも使えるのはかなり便利だね。

 

2.一度に複数の端末でWi-Fiが使える

ポケットWi-Fiは、複数の端末にWi-Fiを接続して同時に使うことができます。

テザリングでも複数の端末を同時接続できますが、Wi-Fi送受信機となるスマホはWi-Fiを利用することができません。また、通話中もテザリング利用不可です。

さらに、先ほどご紹介したようにテザリングは大量の通信量やバッテリーを消費します。

そのため、テザリングでは途中でスマホが使えなくなってしまう事態も想像に難くありません。

ポケットWi-Fiはスマホとは別端末をWi-Fi受信機として利用するので、スマホでもWi-Fiを利用でき、スマホのデータ量やバッテリーを気にすることなくインターネットを使うことができます。

そるとま
そるとま

複数端末の接続が可能なので、パソコンとスマホの両方を接続しても問題ありません。

3.工事不要なので初期費用が安い

ポケットWi-Fiの基本的な初期費用は、事務手数料と本体代金です。

事務手数料は3000円前後、本体代金は3万円前後となりますがその本体代金や事務手数料も、時期やお店のキャンペーンによっては免除になることも。

固定回線を利用する際の基本的な初期費用は、事務手数料と工事費用です。

この工事費用は安くても15000円ほどかかり、配線を引き込む住宅の状況によっては追加工事が必要になることもあります。そのため工事費だけで4万円を超えることも。

またWi-Fiを使うためにはルーターが必要です。が、

ルーターを持っておらずレンタルができないレンタルができない・持っていない場合は追加で購入しなくてはなりません。

よって、ポケットWi-Fiは初期費用をかなり抑えた状態から利用開始することができます。

追加で費用がかかる可能性があるんだね。

 

 

4.スマホの料金が抑えられる

ポケットWi-Fiを利用することでスマホのデータ量を節約することができ、毎月の料金を抑えることができます。

今まで、スマホで大容量プランを使っていたり毎月追加でデータ量を買ったりして「料金が高い!」と思ったことはありませんか?

そこでスマホの料金プランを下げ無制限のポケットWi-Fiを併用することで、データ量を気にせず利用でき、スマホ料金がはお得になる場合があります。

また、一人暮らしだけどWi-Fi環境が欲しいと考えている人にもおすすめです。

「スマホ+据え置き型ルーターor固定回線」ですと自宅では無制限に利用できますが、外ではスマホデータ量を消費するため料金が高くなることもあります。

「スマホ+ポケットWi-Fi」の場合であれば、自宅でも外でも無制限で使うことができるので、毎月一定の料金に抑えることが可能です。

そるとま
そるとま

スマホの料金を抑えられる可能性があります。

5.セキュリティも安心

ポケットWi-FiはSSIDとパスワード、通信の暗号化によるセキュリティーで情報が守られています。

昨今、公共施設やカフェなどでフリーWi-Fiが普及してきているため、わざわざ有料の契約を結ぶ必要はないと考える方も多いでしょう。

しかし誰でも・無料で使えるフリーWi-Fiは、誰でも盗聴撮やのぞき見の被害にあう可能性があります。

もし、フリーWi-Fiで

◯会社の機密情報が入ったクラウドにログインしたら……
◯ネットショッピングでクレジットカードの暗証番号を入力したら……
◯SNSにログインをしたら……

機密情報の漏洩はもちろん、個人情報の流失・アカウント乗っ取りにあう危険性が伴います。

また、フリーWi-Fiを装ったなりすましWi-Fiというものがあり、気づかず利用してしまえばフィッシング詐欺の的です。

だからこそ、Wi-Fiを使ううえではしっかりとしたセキュリティーが必要です。

数あるWi-Fiのなかで手軽かつ安心にWi-Fiを使うとなると、ポケットWi-Fiが妥当だといえます。

そるとま
そるとま

デメリットもしっかり理解しておかなくてはなりません。

当サイトおすすめのWi-Fiを見る

ポケットWi-Fiのデメリット

pocket wifi demerit

メリットだらけにみえるポケットWi-Fiですが、いくつかデメリットもあります。

ポケットWi-Fiの大きなデメリットは以下の3つです。

1. データ量に制限がある
2. 速度が遅い
3. 料金が高くなることも

一つずつみていきましょう。

1.データ量に制限がある

ポケットWi-Fiにはデータ量無制限で使えるプランもありますが、一定のデータ量を超えると通信制限がかかる場合があります。

ポケットWi-Fiのワイモバイル・WiMAXのUQでは、3日間でデータ量が合計10GB以上超えると一定時間通信が制限され、その間の速度は最大1Mbpsです。

この1Mbpsという速度は、動画サイトで標準画質にして視聴できる程度と言われています。

しかし、最大1Mbpsなので実測値はもう少し低くなります。

ウェブサイトの閲覧は問題なく動作しますが、大きなファイルのダウンロードであったり、オンライン会議などは殆どできない速度です。

データ量は必ず確認しないといけないね。

2.速度が遅い

ポケットWi-Fiは、固定回線に比べると速度が出にくく安定しにくいです。

ポケットWi-Fiは基地局から飛ばしている電波を受信し、スマホやPCでインターネットが利用できる仕組みとなっています。

先ほど登場した固定回線・据え置き型ルーターに比べると、ポケットWi-Fiの電波はそこまで強くありません。

そのため、電波の届きにくいところでポケットWi-Fiを利用すると速度が出にくかったり、不安定になったりします。

加えて、大きなビル・山などの障害物が近くにある・雨が降っているなどの悪天候状態だと、電波が遮断されたり干渉したりしてしまい、繋がりにくくなることも。

そるとま
そるとま

速度が遅すぎると動作が進行しにくくかなりのストレスを感じてしまいます。

3.料金が高くなることも

使い方や契約する会社によってはコスパが悪く、全体的に高くなってしまう場合もあります。

Wi-Fiプラン月額

(税込み)

データ量契約期間解約金

(税込み)

縛りなしWi-Fi

通常プラン3630円2GB/日なし0円
ワイモバイル

Pocket WiFiプラン2(ベーシック)

 

4818円

※アドバンスオプション加入時

無制限/月

※3日間の合計10GB超えると通信制限

なし0円
docomo

ギガホ(ギガホ2)7865円60GB/月なし0円
UQ WiMAX

ギガ放題4268円無制限/月

※3日間の合計10GB超えると通信制限

2年1100円
Broad WiMAX

ギガ放題プラン1~2か月目:2726円

3~24か月目:3411円

25か月目以降:4011円

無制限

※3日間の合計10GB超えると通信制限

3年更新月:0円

12か月未満:20900円

12~24か月未満:15400円

25か月目以降:10450円

表のBroad WiMAXは最初の2か月間は2000円台と、モバイルWi-Fiのなかでもかなり料金が安いです。

しかし3か月目以降24か月目は3411円、2年目以降は4011円と使っていくうちに金額が高くなっていきます。

これではスマホの料金を下げても、あまり意味がありませんよね。

また、時期によってはキャンペーンによって端末代金や料金プランが割引されるとご紹介しました。

さらに表のように契約期間を設けることによって料金を下げるところもあります。

しかし、契約期間内もしくは最低利用期間中に何らかの理由で解約する場合は、高い解約金や違約金を支払わなくてはなりません。

そのため、ポケットWi-Fiの利用開始~解約までの総額を考えると結果的にかなり金額が高くなってしまうケースがあります。

そるとま
そるとま

料金が安くなるかどうかを事前にしっかり確認してくださいね。

 

当サイトおすすめのWi-Fiを見る

ポケットWi-Fiの選び方

メリット・デメリットを理解した上で、「ポケットWi-Fiを使ってみたい」と思った方向けに、

1.コスパ
2.通信速度
3.エリア

の3つの観点から、ポケットWi-Fiの選び方をみていきましょう。

そるとま
そるとま

契約前に細かく確認しておきましょう。

1.コスパ

ポケットWi-Fiを使うには毎月お金がかかります。

だからこそできるだけお得に、コスパがよい料金で使いたいですよね。

ポケットWi-Fiのコスパの良さとは、ただ単に料金が安いだけではなく、あなたにあったデータ量・契約期間と金額が見合っているかどうかです。

Wi-Fiデータ量月額

(税込み)

契約期間
縛りなしWi-Fi

2GB/日3630円なし
ワイモバイル

無制限/月

※3日間の合計10GB超えると通信制限

4818円

※アドバンスオプション加入時

なし
縛りなしWi-Fi

30GB/月3366円なし
docomo

60GB/月7865円なし
UQ WiMAX

無制限/月

※3日間の合計10GB超えると通信制限

4268円2年

例えば、1日2GBも利用しないのであれば縛りなしWi-Fi(通常プラン)やUQ WiMAXがおすすめです。

逆に1日のデータ量が2GB、3GBを超える日があるのであれば、縛りなしWi-Fi(通常プラン)やUQ WiMAXだと低コスパとなります。

通信制限・通信停止・データ量の追加購入と、ポケットWi-Fiが使えなくなったり余計に高くなったりしてしまうからです。

後者の場合、縛りなしWi-Fi(30GB)やdocomoの方が、高コスパといえるでしょう。

1日~3日あたりの利用データ量、1か月の利用データ量を把握して、あなたに合ったポケットWi-Fiを選ぶことが大切です。

そるとま
そるとま

コスパはかなり重要なポイントです。

 

 

2.通信速度

通信速度は、実はそこまで重要なポイントではありません。

何故かというと、各通信会社から発表されている通信速度が実際に出る速度ではないからです。

発表されている通信速度は理論値、つまり「頑張って出せる最大の速度」ですので、実際に出る速度ではありません。

デメリットでお話したように、ポケットWi-Fiはもともと速度が出にくいです。

速度を重要視するのは、高画質での動画視聴・オンラインゲーム・株や仮想通貨取引などで、どれもポケットWi-Fiでの作業に向きません。

もし、そういう作業をしたいというのであればポケットWi-Fiよりも固定回線を選ぶことをおすすめします。

このようにポケットWi-Fiを選ぶ上では、あまり重要視しなくても大丈夫です。

速度はそこまで意識しなくても良いんだね。

 

 

3.エリア

「ポケットWi-FiとWiMAXは異なる」でもご紹介したように、どちらを利用するにしても提供エリアの確認が必要です。

エリア検索は以下のURLから検索できます。使いたい場所の住所を入力すれば簡単に調べることができますよ。

ポケットWi-Fi(SoftBank)はこちら
ポケットWi-Fi(docomo)はこちら
au LTE・WiMAXはこちら

利用したい場所でエリア外だった場合、そのWi-Fiは利用できません。

そのため、ポケットWi-Fi・WiMAXの両方のエリア確認を行うことをおすすめします。

しっかりと確認し、利用できるWi-Fiを選びましょう。

そるとま
そるとま

エリアには注意が必要ですね。

 

 

ポケットWi-Fiとはなにかを知るなら利用して見るのが早い

pocket wifi use

ここまで細かくご紹介してきましたがポケットWi-Fiをはじめどの形のWi-Fiであれ、実際使ってみるのがいちばん早いです。

固定回線もポケットWi-Fiも、使ってみなければメリットがどれだけ私たちの生活に利益を生み出すか、デメリットがどれだけストレスになるのか分かりません。

最後に、おすすめのポケットWi-Fiをご紹介します。

そるとま
そるとま

上記を踏まえた上でおすすめを。

 

 

おすすめは縛りなしWi-Fi

縛りなしWi-Fiは、名前のとおり契約期間のないポケットWi-Fiです。

最低利用期間は1か月なので、1か月使ってみてポケットWi-Fiはどういうものかを知ったあと、合わないからと解約しても解約金が発生しません。

「試しに使ってみたい」という方にももってこいのポケットWi-Fiです。

さらに、月額料金もかなりリーズナブルとなってます。

プランデータ容量月額(税込み)契約期間
通常プラン2GB/日3630円なし
50GBプラン50GB/月3575円なし
30GBプラン30GB/月3366円なし

縛りなしWi-Fiを使ってみて、「気に入ったけどもう少し料金を安くしたい!」という方には以下の縛っちゃうプランに変更するのもおすすめです。

縛っちゃうプラン(1年間)データ容量月額(税込み)解約金(税込み
通常プラン2GB/日3300円更新月:0円

更新月以外:5500円

50GBプラン50GB/月3278円更新月:0円

更新月以外:5500円

30GBプラン30GB/月3190円更新月:0円

更新月以外:5500円

縛っちゃうプラン(3年間)データ容量月額(税込み)解約金
通常プラン2GB/日3080円更新月:0円

12か月未満:33000円

12~35か月:27500円

35か月~:10450円

50GBプラン50GB/月3025円更新月:0円

12か月未満:33000円

12~35か月:27500円

35か月~:10450円

30GBプラン30GB/月2926円更新月:0円

12か月未満:33000円

12~35か月:27500円

35か月~:10450円

そるとま
そるとま

契約期間がないのでお試しでの利用にも最適です。

当サイトおすすめのWi-Fiを見る

ポケットWi-Fiで快適で安心なWi-Fi生活を

今後もポケットWi-Fiのサービスは、どんどん増えていくことでしょう。

今回ご紹介したように、メリット・デメリットを少しでも知っておけばあなたにあったポケットWi-Fiを選ぶことができるはずです。

また、ご自身がどれくらいポケットWi-Fiを利用するか分からない・使ったことがないから使ってみたいという方は、最後にご紹介した縛りなしWi-Fiを試すことをおすすめします。

1か月使ってみて、どのくらいのデータ量を使うのか・使い勝手はどうだったかを知ってからどうするかを決めることができるからです。

是非、あなたに合ったポケットWi-Fiで今までよりも快適で安心なWi-Fi生活を送ってくださいね。

 

当サイトおすすめのWi-Fiを見る