Wi-Fiおすすめ比較

オンライン授業におすすめのWi-Fiは|小学校は教えてくれない

「オンライン授業に必要な通信環境は?」
「どのWi-Fiを選べばいいのかわからない」
「オンライン授業を受けるのにおすすめのWi-Fiが知りたい」

時制柄、昨今オンライン授業を取り入れる大学が増えています。

しかし、オンライン授業を受講するためにどのような通信環境を導入すればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

いざWi-Fiを契約しようと思っても、数多い通信事業者の中から自分に合ったWi-Fiを選ぶのは難しく感じてしまいます。

そこで、今回はオンライン授業におすすめのWi-Fiとその理由をご紹介いたします。

あさひかわ
あさひかわ

この記事を参考に、自分に合ったWi-Fiを選んでみましょう。

この記事でわかること
・オンライン授業を受けるために必要なWi-Fiや通信環境
・オンライン授業におすすめな回線
・オンライン授業におすすめできる理由
\電話で無料相談受付中/

フリーダイヤル:0120-991-339

  1. Wifiがないとオンライン授業は受けれない?必要なWi-Fiと通信環境
    1. 回線速度-1.2Mbps以上が望ましい-
    2. データ容量-オンライン授業の形式によって異なる-
    3. オンライン授業で使用するツールによってもデータ容量は異なる
  2. オンライン授業におすすめなWi-Fiの種類は?メリットデメリットも解説
    1. 安定した通信速度を求めるなら光回線がおすすめ
    2. 外出先でもオンライン授業を受けたい人はポケット型Wi-Fiがおすすめ
  3. オンライン授業におすすめのWi-Fiは結局どれ?小学校じゃ教えてくれないWiFi比較表
  4. オンライン授業におすすめな光回線3選|不調が少ないおすすめWiFi
    1. NURO光:工事完了までの間もWi-Fiレンタルが使える
    2. ドコモ光:ドコモのスマホとセットでお得に使える
    3. fon光:工事費無料で導入しやすい高速光回線
  5. オンライン授業におすすめなポケット型Wi-Fi3選|ネット環境がない場合も安心
    1. 縛りなしWiFi:契約期間の縛りなしで好きな期間だけ使える
    2. THE WiFi:安心して使えるデータ容量100GB
  6. オンライン授業に使うWi-Fiを選ぶ際の3つの注意点
    1. 注意点1.通信速度が遅いと授業に集中できない
    2. 注意点2.データ容量が少ないと通信制限がかかりやすい
    3. 注意点3.接続可能台数が少ないと通信環境が劣化する
  7. オンライン授業におすすめWi-Fiに関するよくある質問
    1. Wi-Fiがないとオンライン授業は受けられない?
    2. ZOOMでオンライン授業を受けるために必要なものは?
    3. オンライン授業はスマホだけでは受けられない?
    4. オンライン授業を受けるには何ギガ必要?
    5. オンライン授業でパソコンやネット環境がない家庭はどうしているの?
  8. オンライン授業には適したWiFiがおすすめ|学校は教えてくれないので適切に選ぼう
コールアクション
Wifiや光回線のご契約にお困りの方

コムナビの電話相談窓口をご利用ください

\電話で無料相談受付中/

フリーダイヤル
0120-991-339

【受付】9時〜20時 年中無休

Wifiがないとオンライン授業は受けれない?必要なWi-Fiと通信環境

オンライン授業を受けるには、どれくらいの通信環境が必要?

オンライン授業を受けるには、ある程度の品質を持ったWi-Fiや通信環境が必要です。

オンライン授業はビデオ通話やファイルのダウンロードなどをするため、データ容量の消費が激しく、また回線速度も必要とします。

極端に回線速度が遅いと、動画が途切れたりファイルのダウンロードに時間がかかるなど、しっかりと授業を受けられません。

オンライン授業は、一定以上の品質を持った通信環境で受講しましょう。

あさひかわ
あさひかわ

オンライン授業に必要な回線速度やデータ容量について詳しくご説明します。

オンライン授業を受けるために必要なWi-Fiや通信環境
・回線速度
・データ容量

回線速度-1.2Mbps以上が望ましい-

オンライン授業の受講には、下り1.2Mbps以上の回線速度があると快適に利用できます。

Q3. オンライン授業を受けるには、どの程度の通信速度が必要ですか?
A3. 通常の授業では、1.2Mbpsの通信速度があれば十分です。一般的に家庭で使われているWi-Fiならば全く問題ありません。

(引用元:https://www.seikei.ac.jp/university/important/2020/09257.html

このように、大学のオンライン授業に関するFAQでも1.2Mbpsの通信速度が推奨されています。

HD画質のビデオ通話には1.2Mbpsの回線速度が必要となるため、オンライン授業の場合もそれと同程度と考えていただければ問題ありません。

最低でも1.2Mbpsの回線速度が出るようにしましょう。

あさひかわ
あさひかわ

回線速度は最低でも1.2Mbpsあればオンライン授業の受講に支障をきたしません。

データ容量-オンライン授業の形式によって異なる-

データ容量の場合は、どのような形式のオンライン授業かによって必要な通信量が異なります。

オンライン授業の形式によっては、膨大なデータ容量を消費するため注意しましょう。

多くの場合オンライン授業は動画を視聴する形になるため、ある程度のデータ容量を必要とします。

オンライン授業の形式と必要なデータ容量は、事前に把握しておきましょう。

あさひかわ
あさひかわ

オンライン授業の形式によっては、より多くのデータ容量を必要とします。

オンデマンド型オンライン授業-1時間あたり200MB

すでに録画されている動画をダウンロードして視聴するオンデマンド型オンライン授業の場合、1時間あたり200MB程度のデータ容量を消費します。

ダウンロードする動画のファイルサイズによってもデータ容量が増減するため、大きなファイルの場合最大1.8GBほどになる可能性もあります。

逆に、動画のファイルサイズが小さければそこまでデータ容量を消費しません。

しかし、ある程度のデータ容量を見越しておいた方が安心できます。

おおむね1時間あたり200MB程度のデータ容量を消費すると考えておけばよいでしょう。

あさひかわ
あさひかわ

オンデマンド型オンライン授業の場合、少なくとも1時間あたり200MBのデータ容量が必要です。

ライブ配信型オンライン授業-1時間あたり300MB

リアルタイムに動画をストリーミング再生するライブ配信型オンライン授業では、1時間あたり300MBのデータ容量を消費します。

ライブ配信型の場合は、学生と教員双方の通信が発生するため、オンデマンド型の最大2倍程度データ容量を消費することも少なくありません。

オンライン授業の音質や画質を確保するには、回線速度に加えデータ容量に余裕があることも重要です。

ライブ配信型オンライン授業では、1時間あたり400MBとより多くのデータ容量が必要になることを覚えておきましょう。

あさひかわ
あさひかわ

ライブ配信型オンライン授業では、オンデマンド型よりも多く最大2倍のデータ容量を消費します。

双方型オンライン授業-1時間あたり600MB

双方型オンライン授業では、1時間あたり600MBのデータ容量を消費します。

双方型オンライン授業は、学生も映像や音声で授業に参加する形式のオンライン授業です。

学生側からの通信が増えるため、もっともデータ容量を消費するオンライン授業の形式といっても過言ではありません。

双方配信型オンライン授業に参加する場合、1時間あたり600MBのデータ容量を見込んでおきましょう。

あさひかわ
あさひかわ

双方型オンライン授業では、学生側から通信するデータ容量がより増加します。

オンライン授業で使用するツールによってもデータ容量は異なる

オンライン授業でどのようなツールを利用するかによっても、消費するデータ容量が異なります。

代表的なツールごとに、1時間あたりのデータ容量をみてみしょう。

ツールデータ容量
Zoom600MB
Skype240MB
Googlemeat600MB

Skypeのみ1時間あたり240MBとややデータ容量の消費が少なく、ZoomとGooglemeatは600MBほど消費します。

利用するツールが消費するデータ容量を事前に把握しておきましょう。

あさひかわ
あさひかわ

利用するツールが消費するデータ容量を知っておくと安心です。

オンライン授業におすすめなWi-Fiの種類は?メリットデメリットも解説

オンライン授業にはどのWi-Fiがおすすめ?

オンライン授業を受講するには、重視するポイントごとにおすすめのWi-Fiが異なります。

主なWi-Fiとしては、光回線とポケット型Wi-Fiの2種類が挙げられます。

あさひかわ
あさひかわ

これら2つのWi-Fiについて、特徴やメリットデメリットをみていきましょう。

安定した通信速度を求めるなら光回線がおすすめ

安定した通信速度を重視する方には光回線がおすすめです。

光回線は、物理的に光ファイバーケーブルを引き込んでデータ通信を行います。

建物自体にインターネット回線を通すため、他の通信技術よりも通信速度が速く、不安定になる心配もいりません。

安定した高速通信を利用したい方には、光回線が向いているでしょう。

あさひかわ
あさひかわ

光ファイバーケーブルを通して物理的にインターネットに接続します。

光回線でオンライン授業を受けるメリット

光回線でオンライン授業を受けるメリットは、通信品質の高さにあります。

光回線は、ポケット型Wi-Fiやスマホのテザリングのようにモバイル回線を利用しません。

常に安定した高速通信で接続できるため、動画の遅延や音声の途切れといったトラブルが少なくなります。

あさひかわ
あさひかわ

動画やファイルのダウンロードがスムーズに実行できます。

光回線でオンライン授業を受けるデメリット

光回線でオンライン授業を受けるデメリットは、光ファイバーケーブルを引いている建物でしか利用できないことです。

光回線では物理的に光ファイバーケーブルを介してインターネットに接続するため、小型のルーターを持ち運ぶような使い方ができません。

自宅で光回線を利用している場合は、自宅でのみオンライン授業を受けられます。

あさひかわ
あさひかわ

光回線を導入している建物でしか利用できません。

外出先でもオンライン授業を受けたい人はポケット型Wi-Fiがおすすめ

外出先など、自宅以外でオンライン授業を受けたい方には、ポケット型Wi-Fiがおすすめです。

ポケット型Wi-Fiは、モバイルルーターという小型のルーターにSIMカードを挿入して利用します。

モバイルルーターさえあればどこでもポケット型Wi-Fiに接続できるため、オンライン授業を受ける場所を選びません。

外出先でオンライン授業を受けたい方には、ポケット型Wi-Fiが向いているでしょう。

あさひかわ
あさひかわ

モバイルルーターがあれば好きな場所でポケット型Wi-Fiに接続できます。

ポケット型Wi-Fiでオンライン授業を受けるメリット

ポケット型Wi-Fiでオンライン授業を受けるメリットは、場所を選ばず好きなところで受講できることです。

モバイルルーターがあればどこでもWi-Fiに接続できるため、自宅では集中できないという方でも心配いりません。

ポケット型Wi-Fiを使えば、どこでも自分の好きな場所でオンライン授業を受けられます。

あさひかわ
あさひかわ

場所を選ばず利用できるのがポケット型Wi-Fiのメリットです。

ポケット型Wi-Fiでオンライン授業を受けるデメリット

ポケット型Wi-Fiでオンライン授業を受けるデメリットは、通信品質が光回線に比べて低いところです。

光回線と異なり、モバイル回線で通信するため、速度が出づらく品質が安定しません。

光回線に比べると少し通信品質が劣る点に注意しましょう。

あさひかわ
あさひかわ

光通信に比べるとやや通信品質が劣ります。

オンライン授業におすすめのWi-Fiは結局どれ?小学校じゃ教えてくれないWiFi比較表

Wi-Fiごとの違いは?

ここでは、オンライン授業におすすめのWi-Fiを比較しました。

月額料金初期費用回線速度データ容量契約期間
5,200円47,300円2Gbps無制限2年
4,400円19,800円1Gbps無制限2年
3,366円3,300円1.2Gbps40GBなし
4,268円25,080円2.7Gbps3日で15GB3年
3,073円(税込2200円150Mps100GB2年
4,378円3,300円2Gbps無制限2年
あさひかわ
あさひかわ

以上がオンライン授業におすすめのWi-Fi比較表です。

オンライン授業におすすめな光回線3選|不調が少ないおすすめWiFi

SPACE Wi-Fiの良い口コミ・評判

オンライン授業を受けるにはどのWi-Fiがおすすめ?

ここではオンライン授業におすすめの光回線3選をご紹介いたします。

数多いプロバイダの中でも、特にオンライン授業に適した光回線をピックアップしました。

オンライン授業におすすめな光回線3選
・NURO光
・ドコモ光
・fon光
この3つの光回線の中から選べば、オンライン授業の受講には問題ありません。
これら3つの光回線の特徴や、なぜオンライン授業におすすめなのか詳しくみていきましょう。
\電話で無料相談受付中/

フリーダイヤル:0120-991-339

NURO光:工事完了までの間もWi-Fiレンタルが使える

月額料金初期費用回線速度データ容量契約期間
5,200円47,300円2Gbps無制限2年

NURO光は、光回線を導入する工事が完了するまでの間もWi-Fiをレンタルできます。

光回線の工事には工事日予約などをする必要があり、すぐに使えるわけではありません。

すぐにオンライン授業を受講したいという学生の方だと、これに悩まされてしまうことでしょう。

NURO光は、申込者を対象としたWi-Fiレンタルを月額料金980円の特別価格で提供しています。

今すぐインターネット環境が必要という方には、NURO光がおすすめです。

あさひかわ
あさひかわ

NURO光なら、光回線が開通するまでの間も特別価格でWi-Fiをレンタルできます。

ドコモ光:ドコモのスマホとセットでお得に使える

月額料金初期費用回線速度データ容量契約期間
4,400円19,800円1Gbps無制限2年

ドコモのスマホを利用している方には、合わせて契約するとお得になるドコモ光がおすすめです。

ドコモのスマホでギガプランに加入していると、ドコモ光の契約で家族全員のスマホが永年最大1,100円割引されます。

家族でドコモのスマホを契約している家庭では特に恩恵が大きく、この割引を見逃せません。

ドコモのスマホを利用している方は、ドコモ光を契約してドコモ光セット割の適用を検討してみましょう。

あさひかわ
あさひかわ

ドコモのスマホに加入している方が多いほどお得になる光回線です。

ドコモ光に申し込むならここからがベスト|おすすめプロバイダ3選
ドコモ光の契約を検討している方に向けて、ドコモ光の特徴やおすすめのプロバイダ、プロバイダの選び方などについて解説します。

fon光:工事費無料で導入しやすい高速光回線

月額料金初期費用回線速度データ容量契約期間
4,378円3,300円2Gbps無制限2年

fon光は、工事費が無料で気軽に導入できる高速光回線です。

多くの場合光ファイバーケーブルの引き込み工事には30,000~40,000円程度かかりますが、fon光ならその費用が必要ありません。

初期費用の高さがネックになっている学生の方にもおすすめです。

さらに、最大2Gbpsの回線速度が出るため、動画などファイルサイズの大きいオンライン授業にも適しています。

あさひかわ
あさひかわ

工事費が無料で初期費用が安く済むのが嬉しいポイントです。

fon光はどんな光回線?評判からおすすめポイントを4つ紹介
fon光について解説しています。fon光の魅力は、月額4,378円という安さと通信速度2Gbpsという速さです。長期的に見れば、fon光が業界最安値のプロバイダでした。さらに充実したオプションと縛りなしWiFiとのユニークなセット料金も紹介しています。

オンライン授業におすすめなポケット型Wi-Fi3選|ネット環境がない場合も安心

オンライン授業を受けるのにおすすめのポケット型Wi-Fiは?

ここでは、オンライン授業におすすめのポケット型Wi-Fi3選をご紹介いたします。

ポケット型Wi-Fiの中でも、特におすすめのプロバイダをピックアップしました。

オンライン授業におすすめなポケット型Wi-Fi3選
・縛りなしWi-Fi
・THE WiFi
この3つのポケット型Wi-Fiの中から選べば、オンライン授業の受講には問題ありません。
これら3つのポケット型Wi-Fiの特徴や、なぜオンライン授業におすすめなのか詳しくみていきましょう。

縛りなしWiFi:契約期間の縛りなしで好きな期間だけ使える

月額料金初期費用回線速度データ容量契約期間
3,366円3,300円1.2Gbps40GBなし

縛りなしWi-Fiは、契約期間の縛りがないポケット型Wi-Fiです。

好きな期間だけ使えて、解約するときも解約違約金が発生しません。

オンライン授業の間だけ使って終わったら解約する、といった使い方をしても良いでしょう。

契約期間の縛りがないポケット型Wi-Fiを使いたい方は、縛りなしWi-Fiがおすすめです。

あさひかわ
あさひかわ

好きな期間だけ使えるWi-Fiが縛りなしWi-Fiです。

縛りなしWi-Fiを完全解剖|口コミやプラン内容の詳細を徹底比較
縛りなしWi-Fiを契約するとき、クーポンやキャンペーンがあるなら利用したいですよね。この記事では、縛りなしWi-Fiのクーポンコードの有無について解説します。縛りなしWi-Fiのメリット・デメリットについても解説しているので、新しく縛りなしWi-Fiを契約したい方や、乗り換えを検討している方も参考にしてみてください。

 

THE WiFi:安心して使えるデータ容量100GB

 

月額料金初期費用回線速度データ容量契約期間
3,073円(税込3,300円150Mps100GB2年

THE WiFiは、*月額3,073円(税込のまま価格が変わらずに利用できるポケット型Wi-Fiです。

一番のポイントは、データ容量100GBという使える容量の豊富さです。

100GBだと、例えばZOOMのビデオ会議が165時間使用できるため、容量不足の心配がいりません。

オンライン授業で目一杯ポケット型Wi-Fiを使いたい方には、THE WiFiがおすすめです。

*THE WiFiのご契約と同時にSAISON CARD Digitalにご入会された場合「THEWiFiポイント5,000円分付与」を適用させた実質月額。

あさひかわ
あさひかわ

THE WiFiはデータ容量が豊富なポケット型Wi-Fiです。

THE WiFiはどんなポケット型Wi-Fi?これだけ読めばわかる!実機レビュー、実測値も!
この記事では、「THE Wi-Fi」とはどのようなプロバイダでどのような使い方をすると良いか、注意点について紹介します。 ポケット型WiFiはネット環境の問題を解決するためにはとてもおすすめです。

オンライン授業に使うWi-Fiを選ぶ際の3つの注意点

テザリングを利用せずにWiMAXを契約したほうが良い人の特徴

Wi-Fiを選ぶとき注意することは?

オンライン授業に使うWi-Fiを選ぶときの注意点は3つあります。

これらの注意点について、それぞれ詳しくご説明します。

注意点1.通信速度が遅いと授業に集中できない

通信速度が遅いと、動画や音声に遅延が発生してしまい授業に集中できません。

通信速度は最低でも1.2Gbpsの速度が必要です。

1.2Gbpsの速度があれば、遅延などの心配もなく集中してオンライン授業を受けられます。

Wi-Fiを選ぶときは、通信速度に注意しましょう。

あさひかわ
あさひかわ

1.2Gbpsの速度を目安にWi-Fiを選ぶようにしましょう。

注意点2.データ容量が少ないと通信制限がかかりやすい

データ容量のWi-Fiだと、通信制限にかかりやすくなってしまいます。

オンライン授業では、1時間あたり300~600MBのデータ容量を消費します。

ファイルのダウンロードなどがあれば、さらにデータ容量の消費は激しくなるでしょう。

データ容量の少ないWi-Fiだと、すぐ通信制限の条件に達してしまうため、オンライン授業には適していません。

あさひかわ
あさひかわ

オンライン授業はデータ容量の消費が激しいため、データ容量の少ないWi-Fiには注意しましょう。

注意点3.接続可能台数が少ないと通信環境が劣化する

接続可能台数が少ないWi-Fiだと、複数の端末を接続したとき通信環境が劣化してしまいます。

特に、家族で一つのWi-Fiを利用している方は注意しましょう。

パソコンとスマホ、タブレットや家電など、Wi-Fiに接続できる家電は増えています。

接続可能台数が少ないと、接続しているすべての端末の通信環境が劣化してしまい、オンライン授業に支障をきたしかねません。

あさひかわ
あさひかわ

家族で使う場合や、端末が多い場合は特に気をつけましょう。

オンライン授業におすすめWi-Fiに関するよくある質問

オンライン授業におすすめのWi-Fiについてもっと詳しいことを知りたい

ここでは、オンライン授業におすすめのWi-Fiに関するよくある質問をまとめています。

これらの質問に対する回答と、解決までの手順について詳しくご紹介します。

Wi-Fiがないとオンライン授業は受けられない?

Wi-Fiがなくてもスマホの回線があればオンライン授業は受けられます。

しかし、オンライン授業では1時間あたり300~600MBと膨大なデータ容量を消費します。

そのため、通信制限にかかってしまうかもしれません。

Wi-Fiがなくてもオンライン授業を受けることはできますが、実質必須といえるでしょう。

あさひかわ
あさひかわ

スマホの回線でもオンライン授業は受けられますが、快適な環境とはいえません。

ZOOMでオンライン授業を受けるために必要なものは?

ZOOMでオンライン授業を受けるには、パソコン、タブレット、スマートフォンなどの端末の他、以下の周辺機器が必要です。

周辺機器
・マウス
・ヘッドセット
・Webカメラ
・プリンター

これらの周辺機器と連携して使うには、スマートフォンだと不十分な場合があります。

なるべくパソコンを用意して、周辺機器を接続すると良いでしょう。

あさひかわ
あさひかわ

パソコンと周辺機器を用意することが推奨できます。

オンライン授業はスマホだけでは受けられない?

スマホだけでもオンライン授業は受けられます。

しかし、画面が小さいため動画や資料が見えにくくなってしまうかもしれません。

なるべくパソコンやタブレットといった画面の大きい端末を使うと良いでしょう。

あさひかわ
あさひかわ

スマホだけでもオンライン授業を受けられますが、画面が小さいので推奨されません。

オンライン授業を受けるには何ギガ必要?

オンライン授業を受けるために必要なギガ数は、環境によって大きく異なります。

オンライン授業で利用するツールや受講する時間によって増減するため、一概に何ギガ必要かは判断できません。

いずれにせよデータ容量の消費が激しいため、無制限やできるだけデータ容量の多いWi-Fiを利用すると安心です。

あさひかわ
あさひかわ

データ容量の消費が大きいため、できるだけ使えるデータ容量が多いWi-Fiを選びましょう。

オンライン授業でパソコンやネット環境がない家庭はどうしているの?

パソコンやネット環境がない家庭は、オンライン授業を受けるために必要な機材を導入しています。

しかし、中には金銭的に厳しい家庭も多いのではないでしょうか。

大学によっては、パソコンの貸し出しなどの支援をしてくれます。

教務課など、大学ごとの問い合わせ窓口に相談してみましょう。

あさひかわ
あさひかわ

必要な機材を用意するか、難しければ大学に相談しましょう。

オンライン授業には適したWiFiがおすすめ|学校は教えてくれないので適切に選ぼう

オンライン授業を快適に受講するためには、ネット環境が非常に重要です。

この記事でご紹介したWi-Fiなら、オンライン授業にも支障をきたしません。

しっかりとオンライン授業を受けるため、ぜひこの記事を参考にWi-Fiを選んでみましょう。

\電話で無料相談受付中/

フリーダイヤル:0120-991-339