お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

プロバイダ光回線

NURO光とauひかりの違いを解説|どちらを利用するのがおすすめ?

本記事ではNURO光とauひかりの違いについて解説しています。

「NURO光とauひかりのどっちを契約するか悩んでいる」
「なるべく安く契約するならNURO光とauひかりのどっちがいいのかな?」
「NURO光とauひかりはどっちが速度は速いの?」

本記事を読んで頂いているということは、このように考えている人が多いかもしれません。

NURO光とauひかりのどちらかが、提供エリア外であれば選ぶのは簡単です。

しかし、両方とも提供エリア内の場合だと、どちらを選べばいいか悩みますよね?

もしくは、「両方選べるならどっちでもいいや」と考える人もいらっしゃるかもしれません。

筆者である私も光回線の知識が全くなかった頃に、契約できる光回線の中から何も考えずに選んだ経験があります。

ですが、適当に選んでしまうと以下のようになる可能性があります。

・NURO光の方が速度は速かった
・auひかりの方が月額料金が高かった
・auひかりを契約したら撤去工事が必要だった

このような思いはしたくないですよね?

そこで本記事では、NURO光とauひかりの違いについて解説します。

重村
重村

本記事を読むことで、NURO光とauひかりのどっちが自分に合っているかがわかるようになりますよ。

【本記事でわかること】
・NURO光とauひかりの違い
・NURO光とauひかりそれぞれおすすめな人
・NURO光とauひかり間の乗り換えの注意点
・NURO光とauひかりの乗り換えに関するよくある質問

\当サイトおすすめの光回線 3選/

サービス名

 

auひかりドコモ光NURO光
月額料金(税込)マンション/4,180円~
一戸建て/5,610円~
マンション/4,400円~
一戸建て/5,720円~
2年契約/5,700円
3年契約/5,200円
工事費用(税込)マンション/33,000円
一戸建て/41,250円
(ネット+電話の申し込みで実質無料)
マンション/16,500円
一戸建て/19,800円
(現在は新規なら無料)
44,000円
(36ヵ月で実質無料)
初期費用(税込)3,300円3,300円3,300円
通信速度(下り最大)1Gbps1Gbps2Gbps
詳細auひかりの詳細を見るドコモ光の詳細を見るNURO光の詳細を見る
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

NURO光とauひかりの違いを解説

「NURO光とauひかりはどっちが速度は速いの?」
「トータルの料金を安くしたいならNURO光とauひかりのどっち?」
重村
重村

このような疑問を抱えている人へ向けて、NURO光とauひかりの違いを解説します。

NURO光とauひかりのどちらを選ぶかは、利用したい場所や重視したいことによって変わります。

提供エリア北海道
関東:東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・栃木・群馬
東海:愛知・静岡・岐阜・三重
関西:大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
中国:広島・岡山
九州:福岡・佐賀
北海道
東北:青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島
関東:東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・茨城・栃木
信越:新潟・長野
中部:山梨
北陸:石川・富山・福井
中国:鳥取・岡山・島根・広島・山口
四国:香川・徳島・愛媛・高知
九州:福岡・大分・佐賀・熊本・宮崎・長崎・鹿児島
回線網独自回線KDDI回線・NTT回線
選べるプロバイダの数So-netのみ・So-net
・GMOとくとくBB
・BIGLOBE
・@TCOM
・DTI
・@nifty
・au one net
・Asahi Net
月額料金(戸建て・マンション)戸建て:5,200円
マンション:2,750円
戸建て:5,940円
マンション:4,180円
最大通信速度下り:2Gbps
上り:1Gbps
下り:1Gbps
上り:1Gbps
実測値下り:447Mbps
上り:505Mbps
下り:369Mbps
上り:235Mbps
キャンペーン・最大45,000円キャッシュバック
・工事費用割引
・月額料金が1年間980円
・設定無料サポート
・最大55,000円キャッシュバック
・工事費用無料
・解約金最大30,000円負担
スマホとのセット割ソフトバンクau
オプション・セキュリティソフト
・無線LANの無料貸出
・光でんわ
・ひかりテレビ
・リモートサポート
・テレビサービス
・無線LANサービス
・電話サービス
・セキュリティサービス
・設定出張サポート
回線工事費44,000円41,250円
契約期間2年2年
途中解約時の違約金10,450円戸建て:16,500円
マンション:7,700円

提供エリアはauひかりの方が広い

提供エリアはauひかりの方が広いです。

NURO光は17ヶ所、auひかりは35ヶ所の都道府県が対応エリアになっているからです。

東京都に住んでいるなら、どちらの光回線でも利用できます。

ですが、鹿児島県に住んでいる場合だと、auひかりしか利用できません。

関西地方だとNURO光の方が対応エリアで、四国地方だとauひかりの方が対応エリアとなっています。

また、沖縄県では両社ともに対応していません。

利用したい場所によってどちらを契約できるか変わるので、提供エリアは確認しましょう。

月額料金はNURO光の方が安い

月額料金はNURO光が安くなっています。

【NURO光の月額料金】
戸建て:5,200円 マンション:2,750円

【auひかりの月額料金】

戸建て:5,940円 マンション:4,180円

戸建て料金では740円、マンションタイプでは1,430円もNURO光の方が安いです。

戸建てとマンションタイプ共にNURO光の方が安いですが、とくにマンションタイプは約1,500円の差があります。

毎月1,500円、年間18,000円の差は大きいですよね?

このように月額料金を安くおさめたい人には、NURO光がおすすめです。

通信速度はNURO光の方が速い

通信速度は最大値と実測値ともにNURO光の方が速くなっています。

【NURO光の速度】
最大速度→下り:2Gbps 上り:1Gbps
実測値→下り:447Mbps 上り:505Mbps【auひかりの速度】
最大速度→下り:1Gbps 上り:1Gbps
実測値→下り:369Mbps 上り:235Mbps

最大値は額面上の数値で実際に利用するときの速度ではありません。

反応に実測値が実際に利用するときの速度となっています。

実測値でも100MbpsほどNURO光が速いです。

NURO光はauひかり以外の光回線の中でもトップクラスに通信速度が速いです。

NetflixやYouTubeで動画を見る人や、オンラインゲームをする人にはNURO光がおすすめです。

auひかりはプロバイダが選べる

auひかりはプロバイダが選べます。

プロバイダとは光回線とインターネットを繋ぐ回線のことです。

【インターネットへの接続の流れ】
自宅→光回線→プロバイダ→インターネット
※プロバイダを契約しないとインターネットに接続できません

実はプロバイダにも多数の事業者があり、月額料金やキャンペーンが異なります。

一般的には光回線を契約すると同時にプロバイダも指定の事業者と契約になる「一体型」がほとんどです。

しかし、中にはプロバイダを選べる光回線もあり、auひかりはプロバイダを選べるです。

プロバイダも選びたいという人は、auひかりがおすすめです。

NURO光のプロバイダはSo-netのみなので選べません。

auひかりは戸建てプランの場合解約時に撤去工事が必要

auひかりの戸建てプランでは、解約時に撤去工事が必要です。

そして撤去工事費用として、31,680円がかかります。

光回線を解約するのにお金がかかるのは嫌ですよね。

実は撤去工事費用を無くせる裏ワザがあるんです。

【auひかりの撤去工事費用を無くせる裏ワザ】
・転居先でもauひかりを利用する
・代理店であるNNコミュニケーションズから契約する
・ソフトバンク光に乗り換える

転居先でもauひかりを利用する

転居先でもauひかりを利用すれば、撤去工事費用は免除されます。

代理店であるNNコミュニケーションズから契約する

代理店であるNNコミュニケーションズには、撤去工事費用を免除するキャンペーンがあります。

ソフトバンク光に乗り換える

ソフトバンク光には、乗り換え時の違約金や撤去工事費用を負担してくれるキャンペーンがあります。

最大100,000円まで負担してくれます。

NURO光は開通工事が2回必要

NURO光では開通工事が2回必要になります。

なぜなら、屋外工事と宅内工事が別日に行われるからです。

一般的には開通工事は1回ですが、NURO光では高速通信のために2回行います。

追加の費用は発生しませんが、工事を2回行うので開通までに時間がかかってしまいます。

急ぎで光回線を利用したい場合は注意が必要です。

キャンペーンは両社とも充実している

キャンペーンはNURO光もauひかりも充実しています。

【NURO光のキャンペーン】
・最大45,000円キャッシュバック
・工事費用割引
・月額料金が1年間980円
・設定無料サポート【auひかりのキャンペーン】
・最大55,000円キャッシュバック
・工事費用無料
・解約金最大30,000円負担

キャッシュバックや工事費用の割引は両社ともにあります。

ですが、解約金の負担や月額料金の割引などのキャンペーンに違いがあるので、キャンペーン内容をチェックして自分に合った方を選びましょう。

途中解約時の違約金に大差はない

途中解約時の違約金に大差はありません。

【NURO光の違約金】
10,450円【auひかりの違約金】
戸建て:16,500円 マンション:7,700円

戸建てではNURO光の方が安く、マンションではauひかりの方が安くなっています。

あまり大差はないのでどちらを選んでも、とくに問題はありません。

ただし、違約金を0円にできる更新月に解約することをおすすめします。

更新月:契約期間の更新月のこと (例)2年契約なら24ヶ月目が更新月になる

光回線に付随するオプションは両社とも充実している

光回線に付随するオプションは両社とも充実しています。

【NURO光のオプション】
・セキュリティソフト
・無線LANの無料貸出
・光でんわ
・ひかりテレビ
・リモートサポート【auひかりのオプション】
・テレビサービス
・無線LANサービス
・電話サービス
・セキュリティサービス
・設定出張サポート

電話サービスや設定のサポートなど両社とも充実しています。

オプション内容を確認して、自分に合った方を選びましょう。

 

NURO光とauひかりはどちらを選べばいい?―選択するときの比較ポイントー

NURO光とauひかりは、なにを見て比較したらいい?

比較するポイントが6つあります。

重村
重村

NURO光とauひかり、どちらにしようか悩んでいる人は参考にしてみてください。

・スマホのセット割
・工事費
・解約違約金
・開通までの期間
・ネットニュース
利用用途(IPv6)

スマホのセット割

NURO光とauひかりで悩んでいる人は、スマホのセット割で比較しましょう。

ちなみにセット割の対象は以下のとおり。

【スマホのセット割】
NURO光:ソフトバンク
auひかり:au、UQモバイル

対象のスマホがちがうので、自分が利用しているスマホに合わせて選ぶと、割引が適用されてお得に利用できますよ。

それぞれ最大1,100円割引になるので、年間10,000円以上も節約できます。

工事費

NURO光とauひかりで悩んでいる人は、工事費で比較しましょう。

光回線を利用するときは、開通工事が必要になります。

そのとき工事費が発生するんです。

それぞれの工事費は以下のとおり。

【工事費】
NURO光:44,000円
auひかり:戸建て 37,500円、マンション30,000円

工事費って高い!と思いましたよね

実はNURO光もauひかりも、工事費費用がキャンペーン実質無料になるんです。

工事費を分割払いにすると、工事費分が毎月割引になります。

なので実質無料になるんです。

ただし工事費の支払いが終わる前に解約すると、残債を一括で払わないといけないので注意しましょう。

NURO光もauひかりも実質無料なので、工事費の差はないと言えますね。

解約違約金

NURO光とauひかりで悩んでいる人は、解約違約金を比較しましょう。

解約違約金とは、更新月以外で解約すると発生するお金のことです。

【更新月とは?】
契約を更新するひと月のこと。
10月に2年間の契約をすると、2年後の9月〜10月が更新月となる。

NURO光とauひかりでは、共に解約違約金があります。

【解約金違約金】
NURO光:10,450円
auひかり:11,000円

どちらも10,000円以上なので、できるだけ更新月以外で解約しないようにしましょう。

開通までの期間

NURO光とauひかりで悩んでいる人は、開通までの期間で比較しましょう。

それぞれ契約してから、開通までの期間がちがうからです。

契約してから、できるだけ早く利用したいと考える人も多いのではないでしょうか。

公式サイトに掲載されている、開通までの期間は以下のとおり。

【開通までの期間】
NURO光:戸建て 1~2ヶ月、マンション 1~4ヶ月
auひかり:1ヶ月~2ヶ月

ただし、上記はあくまでも目安になります。

工事業者のスケジュールや、混み具合によってかわるからです。

例えば、新生活が始まる3月や4月は、光回線の契約も多いことが考えられますよね。

そうなると開通工事が混み合い、期間が長くなる可能性が高くなります。

このように、期間の目安はあるものの、前後する可能性があるのは把握しておきましょう。

ネットニュース

NURO光とauひかりで悩んでいる人は、ネットニュースで比較しましょう。

ネットニュースになるような、問題や通信障害が起きていないかって、安心安全に使うために大事ですよね。

ちなみにauひかりの運営会社であるKDDIでは、2022年7月に大規模の通信障害が起きています。

au、UQモバイル、povoのスマホが、まる3日通信できないという事態が起きました。

仕事や生活に影響が出た人も多いのではないでしょうか。

原因はKDDIの通信設備の故障ということで、現在は修復しています。

またNURO光でも、2022年10月に通信速度が低下する障害が起き、提供元が謝罪するというニュースがありました。

9月20日ごろから20日間ほど、通信障害が起きていたとのことで、ユーザーからの不満の声があったようです。

原因は通信設備のひっ迫とのことで、現在では対応し改善しています。

ごくまれではありますが、ネットニュースになるような障害が起きているので、把握しておきましょう。

利用用途(IPv6)

NURO光とauひかりで悩んでいる人は、利用用途(IPv6)に対応しているかを比較しましょう。

ちなみに、IPv6とは通信方式のことでIPv4とIPv6の2種類があります。

スマホでいうところの、4Gと5Gというイメージです。

IPv4は1990年代から使用されている混雑に弱い古い通信方式ですが、IPv6は近代的で混雑しても安定性があります。

速度もIPv4よりもIPv6の方が速いです。

もしIPv4で接続しているなら、IPv6へ変更するだけで通信速度は速くなります。

通信速度が遅いなと感じたらIPv6通信かを確認して、IPv4になっていたら迷わずIPv6を試してみましょう。

IPv6はNURO光、auひかり共に使えます。

ただし、WiーFiルーターもIPv6対応ではないといけません。

なので、WiーFiルーターを確認しましょう。

NURO光とauひかりはそれぞれどんな人におすすめ?

「自分にはNURO光とauひかりどっちが合っているのかな?」
「速度をできるだけ速くしたいなら、NURO光とauひかりどっちを選ぶべき?」
重村
重村

このように悩んでいる人へ向けて、NURO光とauひかりがそれぞれどんな人へおすすめか解説します。

NURO光の利用がおすすめな人の特徴

NURO光がおすすめな人の特徴は以下の2つです。

・よく動画を見たりオンラインゲームする人
・料金を安くおさえたい人

よく動画を見たりオンラインゲームする人

NURO光の速度は最速クラスで、独自回線を利用しているため混雑がおきにくく速度が安定しています。

動画を見たりオンラインゲームをする時は通信速度が重要です。

動画が止まったり、オンラインゲームで遅延が発生するとイライラしますよね?

NURO光ではそのようなことは、ほとんどありません。

料金を安くおさえたい人

NURO光はauひかりと比べると料金を安くおさえることができます。

月額料金はNURO光の方が安く、キャンペーンで更に割引になります。

auひかりでは解約時に撤去工事費用が発生しますが、NURO光ではありません。

総合的にNURO光の方が料金をおさえることができます。

auひかりの利用がおすすめな人の特徴

auひかりがおすすめな人の特徴は以下の2つです。

・プロバイダを選びたい人
・引っ越す予定のない人

プロバイダを選びたい人

auひかりではプロバイダを選べます

中にはプロバイダも選びたい人もいらっしゃるかもしれません。

月額料金やキャンペーンなどもプロバイダによって違うので、好きなプロバイダを選べます。

引っ越す予定のない人

auひかりでは解約時に撤去工事費用がかかるので引っ越す予定がなく、長期で利用する人におすすめです。

解約時にお金がかかるのは嫌ですよね?

撤去工事費用を無くす方法もありますが、長期で利用し続けるのがいいかもしれません。

 

NURO光・auひかり間の乗り換えには注意が必要

「NURO光からauひかりに乗り換えできるの?」
「乗り換えで注意点ってあるの?」
重村
重村

このように考えている人へ向けて、NURO光とauひかり間の乗り換えの注意点を解説します。

提供エリアが違うので乗り換えられるとは限らない

NURO光とauひかりでは提供エリアが違うので乗り換えできないこともあります。

提供エリアはauひかりの方が広いです。

ですが、NURO光からauひかりへ乗り換える場合でも、提供エリア外の可能性はあるので対応エリアを確認しましょう。

スマホとのセット割が適用できなくなる

NURO光とauひかりではそれぞれスマホとのセット割があります。

NURO光ではソフトバンクスマホ、auひかりではauスマホが対象です。

乗り換えの際にスマホとのセット割を利用していると、乗り換え先では利用できなくなります。

スマホとのセット割が無くなることは把握しておきましょう。

光電話の番号は引継げない

光電話を利用している場合、乗り換え時に番号の引き継ぎはできません。

電話番号を変えたくない人は注意しましょう。

更新月以外の解約には違約金が発生する

更新月以外の解約には違約金が発生するので注意しましょう。

更新月とは契約を更新する月のことです。

NURO光とauひかりの契約期間は2年なので、利用開始から24ヶ月目が更新月となります。

更新月に解約すれば違約金は0円ですが、更新月の解約だと違約金が発生します。

10,000円ほどかかるので、解約時にできるだけお金をかけたくない人は更新月に解約しましょう。

転用や事業者変更ができないため工事が必要

NURO光とauひかり間では、転用や事業者変更ができないので工事が必要になります。

なぜなら、NURO光が独自回線で通信しているからです。

例えば、ソフトバンク光から楽天ひかりへ乗り換える時は同じNTTの回線サービスを利用しているので工事は不要です。

しかし、NURO光のように独自回線を利用するためには工事が必要ですし、独自回線から他の回線へ乗り換える時も工事が必要になります。

 

NURO光とauひかりの乗り換えに関するよくある質問

「auひかりへはプロバイダが選べるけど選び方がわからない」
「NURO光もauひかり以外のおすすめはある?」
重村
重村

このような疑問を解決できます。

NURO光とauひかりの乗り換えに関するよくある質問は以下のとおりです。

auひかりを契約する場合おすすめのプロバイダはある?

auひかりのおすすめのプロバイダはBIGLOBEです。

BIGLOBEは速度も速く、出張サポートなどのオプションも充実しています。

また実績のある企業が運用しているので安心です。

代理店によっては、最大60,000円のキャッシュバックがあるので魅力的となっています。

NURO光とauひかりどちらも提供エリア外の場合はどうすればいい?

どちらも提供エリア外の場合は、NURO光とauひかり以外で光回線を契約しましょう。

おすすめはドコモ光です。

ドコモ光はNTT回線を利用しているので全国各地に対応しています。

NURO光とauひかりが提供エリア外であっても、ドコモ光なら契約できる可能性は高いです。

どちらも提供エリア外の場合は、ドコモ光を検討してみてはいかかでしょうか。

ドコモ光の詳しい情報を見る

 

 

まとめ:提供エリア内ならauひかりよりNURO光がおすすめ

本記事では以下を解説しました。

・NURO光とauひかりの違い
・NURO光とauひかりそれぞれおすすめな人
・NURO光とauひかり間の乗り換えの注意点
・NURO光とauひかりの乗り換えに関するよくある質問

結論、NURO光とauひかりの提供エリア内であれば、NURO光がおすすめです。

その理由は、月額料金も安く通信速度も速いからです。

さらに、撤去工事費用が発生するauひかりに対して、NURO光では発生しません。

総合的な金額でみてもNURO光がお得と言えるでしょう。

NURO光の詳しい情報を見る

しかし、NURO光の対応エリア外ではauひかりを検討しましょう。

auひかりの詳しい情報を見る

また、NURO光とauひかりの両方が提供エリア外の場合は、ドコモ光がおすすめです。

NTTの回線を利用しているので全国各地に対応しているからです。

ドコモ光の詳しい情報を見る

自分の環境に合わせて、契約できる事業者を選びましょう。