Wi-Fiの特徴光回線

光回線の乗り換えはデメリットだらけ?絶対に後悔しない乗り換え方

普段自宅などで何気なく利用しているインターネットは、今や生活においてなくてはならない存在になりました。自宅でインターネットを使う方法はいくつかありますが、その中でも一番普及しているインターネット回線は光回線です。

昔は、光回線と言えばフレッツ光と言われており、一度契約してしまえばずっと契約し続けてしまうケースが多いものの、今やいろいろな会社で光回線を提供しているので、会社によってはフレッツ光よりも魅力的なサービスを展開している会社も存在します

zonokan
zonokan

とはいえ、光回線の乗り換えには、契約の手続きや違約金、工事などが発生するので、わざわざ乗り換えるメリットを感じないと考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、光回線の乗り換えで、公開しない乗り換え方を紹介します。あなたの家で利用している光回線、ずっと使い続けていると感じているのであれば、ぜひ本記事を参考にしてみましょう。

本記事のポイント
・光回線のおすすめ乗り換え先が分かる
・光回線乗り換えのメリット・デメリットが分かる
・光回線の乗り換えがおすすめしたい人が分かる

 

  1. 光回線の乗り換え先おすすめ一覧|乗り換えるメリットが多い光回線は?
  2. ニーズ別!乗り換え先におすすめの光回線3選
    1. 料金重視ならauひかり
    2. キャンペーン重視ならNURO光
  3. 光回線の乗り換えはめんどくさい以上にメリットが多い
    1. 月額料金が大幅に安くなる可能性がある
    2. 通信速度が大幅に上がる可能性がある
    3. フレッツからの転用なら工事に手間がかからない
  4. 光回線を乗り換える前に|乗り換える際に注意したいデメリットは?
    1. 時期によっては違約金が多く発生する可能性がある
    2. 分割払いの工事費が一括請求される場合がある
    3. 電話番号やアドレスが引き継げない場合がある
  5. 光回線を乗り換えるのにおすすめな人は?
    1. フレッツ光に不満を感じている人
    2. 少しでも速い通信回線を利用したい人
    3. 契約更新月で違約金が発生しない人
  6. 光回線を乗り換えるのをおすすめしない人は?
    1. フレッツ光を使い続けたい人
    2. 更新月以外で違約金が発生してしまう人
    3. メールや電話番号を変えたくない人
  7. 光回線の乗り換えに関するよくある質問は?
    1. 光回線の乗り換えをする時に撤去工事は必要なの?
    2. ドコモ光などの光コラボからフレッツ光に戻すことはできる?
    3. auひかりのような独自回線で工事不要な場合はある?
  8. 光回線は乗り換えるタイミングが重要|工事費違約金はキャンペーンで相殺できる

光回線の乗り換え先おすすめ一覧|乗り換えるメリットが多い光回線は?

光回線の乗り換え先おすすめ一覧|乗り換えるメリットが多い光回線は?

乗り換え先としておすすめしたい回線をまとめました。速度実測値は利用が多い下り(ダウンロード)速度を、キャンペーンやキャッシュバックについては公式サイトで確認可能な情報を紹介します。

キャッシュバックについては、現金キャッシュバックの他に、ポイントキャンペーンも紹介します。

■ おすすめ一覧

名称速度実測値料金キャンペーンキャッシュバック違約金負担(事業者別)
docomo光

下り:268.62Mbps戸建て:5,720円
※1ギガ タイプA2年自動更新タイプ、プロバイダ込
ドコモ光新規工事料無料dポイント10,000ポイントプレゼント14,300円
※2年自動更新
au光

下り:421.06Mbps戸建て:5,610円
※ずっとギガ得プラン 3年自動更新タイプ
他社からのお乗りかえ特典ponta10,000ポイントプレゼント
※ネット+光電話加入の場合
16,500円
※3年自動更新
So-net光

下り:304.59Mbps戸建て:6,138円
※3年自動更新
工事費相当割引キャッシュバック60,000円20,000円
ソフトバンク光

316.83Mbps戸建て:5,720円
※2年自動更新
他社への違約金・撤去工事を満額還元他社から乗り換えの方限定工事費サポート最大24,000円キャッシュバック10,450円
※2年自動更新
Fon光

下り:784.62Mbps戸建て:4,378円
※初年度3年以降2年自動更新
なしなし21,780円
※初年度3年以降2年自動更新
NURO光

下り:503.68Mbps戸建て:5,200円
※NURO光 G2Tプラン3年自動更新タイプ
月額料金が1年間ずーっと980円43,000円キャッシュバック10,450円
※3年自動更新
楽天ひかり

下り:217.92Mbps戸建て:5,280円
※2年or3年自動更新
楽天ひかり月額基本料1年無料楽天ポイント1,000ポイント
※新規契約のみ
9,500円
※2年or3年自動更新
zonokan
zonokan

今回紹介した光回線はおすすめの回線です!

 

ニーズ別!乗り換え先におすすめの光回線3選

ニーズ別!乗り換え先におすすめの光回線3選

乗り換えというのは、今利用している光回線に対して、多少なりとも不満を感じているから乗り換えるはずです。そこで、本記事では、あなたのニーズに合った光回線を紹介します。

その中でもポイントを3点紹介します。

zonokan
zonokan

速度・料金・キャンペーン内容の3つに分けておすすめを紹介します!

 

料金重視ならauひかり

画像引用:auひかり

次に、料金重視であればauひかりがおすすめです。auひかりの「ずっとギガ得プラン」は、長く使い続けることで月額料金が下がります。1年目の料金は月額5,610円ですが、3年目以降は5,390円です。

もう1つのポイントは、auスマートバリューです。auのスマートフォン契約+auひかりでネット+光電話の契約した場合、auスマートフォンの基本料金から、1台あたり最大1,100円割引になります。

また、UQモバイルを利用している場合も、自宅セット割が適用されます。UQモバイルのスマートフォン契約+auひかりでネット+光電話の契約をした場合は、UQモバイルスマートフォンの基本料金から、1台あたり最大858円割引になります。

auスマートフォンやUQモバイルを利用しているのであれば、auひかりを契約することをおすすめします。

 

auひかりは解約した方が良い?口コミや評判・プロバイダを徹底検証
本記事では、auひかりについて紹介します。 結論としては、通信速度やサポート面は良いが料金は高いです。 また、多くのプロバイダから選べることやauスマートバリューが利用できるなどの特典も充実しています。

キャンペーン重視ならNURO光

画像引用:NURO光

最後におすすめしたい光回線は、NURO光です。NURO光の光回線は、他の回線に比べて通信速度が速い回線が利用可能です。

通信速度に加えて、NURO光の場合キャンペーンが充実しています。まずは1年間の基本料金が割引となるキャンペーンです。

NURO光の基本料金は月額5,200円ですが、NURO光契約後、1年間はなんと980円で利用可能です。12ヶ月間で計算した場合、通常の基本料金が62,400円に対してキャンペーン適用時は11,760円と、なんと50,000円以上もお得です。

zonokan
zonokan

もう1つの目玉が、43,000円のキャッシュバックです。割引とキャッシュバックは併用できないものの、どちらにしてもお得なキャンペーンです。

 

NURO光の評判を大検証!料金・エリア・対応まで丸わかり
NURO光は世界最高速度の通信が利用できる人気のWi-Fiです。評判やプラン、料金についてなどをご紹介しているので、契約を検討している方は参考にしてくださいね。

光回線の乗り換えはめんどくさい以上にメリットが多い

光回線の乗り換えはめんどくさい以上にメリットが多い

乗り換え時におすすめしたい光回線を紹介しましたが、例えば乗り換え前の解約手続きや乗り換え先の契約、回線開通工事や回線セッティングなど、乗り換えには色々な手続きが発生します。

zonokan
zonokan

そのため、現時点で利用している光回線に多少の不満があったとしても、わざわざ乗り換えようとするのはめんどくさく感じるかもしれません。

しかしながら、乗り換え時の手続きという面倒さえクリアしてしまえば、光回線の乗り換えはメリットがたくさんあるのです。

良い会社があっても、わざわざ乗り換える必要あるのかな。。。

zonokan
zonokan

乗り換える手間はあるけど、乗り換えた方がメリットになります!

月額料金が大幅に安くなる可能性がある

1番目のメリットは、月額料金が大幅に安くなる可能性があることです。先程紹介したau光の場合、1年目の月額料金ですら他の光回線より安い料金にもかかわらず、長く契約することでもっとやすくなります。

例えば、ポケット型Wi-Fiなど光回線以外のインターネット回線に比べて、光回線の場合は、自宅で利用するインターネット回線のため、長期間契約するケースが多く、数年はおろか、数十年と利用することもめずらしくありません。

例えば、毎月の月額料金が割引前の月額料金よりも300円安くなった場合、1年間で3,600円安くなります。10年間であれば36,000円、30年利用した場合はなんと108,000円の割引です。

zonokan
zonokan

場合によっては1,000円以上安くなる場合もあるので、一度比較してみることをおすすめします。

通信速度が大幅に上がる可能性がある

2番目のメリットは、通信速度です。インターネット回線としては、光回線の他にもポケット型Wi-Fi、ホームルーター、ADSLなどがあります。

ポケット型Wi-Fiやホームルーターは、Wi-Fiルーターを利用した無線接続で利用するインターネット回線です。ポケット型Wi-Fiの場合は持ち運び可能で、ホームルーターの場合は、引っ越しなどをした場合でも、住所変更など簡単な手続きをすることで、引越し先で利用可能です。

ADSLは、1990年後半から2000年前半までよく使われていた回線で、アナログの電話回線を利用したインターネット回線です。通信速度は下り最大50Mbps程度と、今の光回線から考えると、50分の1程度の通信速度です。

2021年現在でも、一定の方が利用している回線ではあるものの、古い技術ということもあり、2023年1月にはフレッツ光が利用できるエリアではサービスが廃止されます。また、フレッツ光が利用できない回線でも、サービスが廃止される可能性があります。

zonokan
zonokan

そのため、インターネットをADSLから光回線に乗り換えるだけで、ADSL時代とは比べ物にならないくらいに快適に利用できるかもしれません。

光回線同士であっても、NURO光のように通信速度が速い回線に乗り換えることで、快適に利用できるようになります。

フレッツからの転用なら工事に手間がかからない

光回線を利用するには、回線開通工事という工事が発生します。回線開通工事とは、光回線で利用する回線(光ファイバー)を自宅に引き込む工事です。

回線開通工事は予約制で、また工事費用は基本的には利用者が負担します。工事費用は、キャンペーンなどで実質無料になる場合があります

回線開通工事の予約は、契約してから2週間から1ヶ月、時期によってはそれ以上かかる場合があります。そのため、回線開通工事が行われるまでは、他のインターネット回線で代用する必要があります。

しかし、「フレッツ光」や「光コラボ」を提供している会社間で乗り換えする場合は、フレッツ光で利用している回線がそのまま使えるため、回線開通工事が不要です。

フレッツ光とは、NTT(東日本・西日本)が提供している光回線です。日本で利用可能な光回線は、auなど独自回線を提供している一部の会社を除いて、ほとんどがNTTで提供している回線(フレッツ光)を利用しています。

光コラボとは、フレッツ光と同じ光回線を使ったインターネット回線でありながら、それぞれの会社の独自サービスを組み合わせた光回線サービスです。

zonokan
zonokan

そのため、光コラボで利用している光回線はフレッツ光のため、工事不要で利用可能なのです。当然ながら、回線開通工事がないので工事費無料、工事がないのですぐに新しい会社の光回線が利用可能です。

光回線を乗り換える前に|乗り換える際に注意したいデメリットは?

光回線を乗り換える前に|乗り換える際に注意したいデメリットは?

光回線を乗り換える上でのメリットを紹介しましたが、乗り換える上でのデメリットも多少あります。ただし、一部のデメリットは、タイミングによっては回避可能なため、回避方法も紹介していきます。

光回線の乗り換えにはメリットしかないの?

zonokan
zonokan

タイミングや契約期間によっては乗り換えのデメリットがあるのも事実ですが、回避方法も紹介します。

時期によっては違約金が多く発生する可能性がある

最初のデメリットは、違約金です。光回線は、2年もしくは3年ごとに契約が自動更新される契約でサービスが利用できるケースがほとんどです。

光回線を提供しているサービスには、一部の会社では契約期間なしの契約ができる会社も存在します。しかし、基本料金も高くなるため、ほとんどの場合は2年もしくは3年で自動更新する契約することがほとんどです。

2年もしくは3年で自動更新する契約では、自動更新するタイミング(契約更新月)があります。更新月は契約満了月から1~2ヶ月程度で設定されており、契約更新月以外で光回線を解約する場合は、違約金が発生します。

zonokan
zonokan

違約金を発生させない方法は、契約更新月で他の光回線に乗り換えることです。この方法であれば、違約金は発生しません。

もしも契約更新月以外で乗り換えしたい場合は、乗り換え先の会社で違約金を負担するキャンペーンなどを利用することです。キャンペーンなどをうまく利用することで、違約金を最小限にすることも可能です。

分割払いの工事費が一括請求される場合がある

光回線を利用するために必要な回線開通工事の工事費は、基本的には利用するユーザー側が支払います。工事費は会社によって異なるものの、2万円~4万円程度が一般的です。回線開通のための工事費は、例えば月間1,100円の36回払いなど、分割で支払うパターンが一般的です。

しかし、別の会社に乗り換えた場合は、乗り換え前会社との契約が無くなるので、会社に支払われていない工事費が一括で請求される場合があります。

会社によっては工事費を無料にするキャンペーンを行っている場合があります。工事費無料キャンペーンのポイントは「実質無料」です。

工事費実質無料キャンペーンでは、そこで、分割で支払うはずの金額分を割引くことで、工事費無料としています。そのため、工事費無料キャンペーン中であっても、別の会社に乗り換えた場合は割引がなくなるため、回線開通工事費の残りを一括で請求されます。

工事費の一括請求を避けるためには、工事費を払い終わってから別の光回線に乗り換えることです。

 

また、場合によっては、違約金と同じくキャンペーンなどを活用することで、乗り換え先の会社で負担してくれる場合もあります。どうしてもすぐに解約したい場合は、キャンペーンなどで工事費が負担してもらえる会社を探しましょう。

電話番号やアドレスが引き継げない場合がある

最後のデメリットは、電話番号やアドレスです。光回線では、インターネット回線に光電話を組み合わせて固定電話として利用できます。固定電話としては、以前はアナログ回線が主流でしたが、2021年時点では光電話の方が主流と言っても過言ではありません。

固定電話の番号を変えずに乗り換えるためには、固定電話用の番号ポータビリティLNP(Local Number Portability)を使って乗り換えることが可能です。しかし、引き継ぎができるケースとできないケースがあるので、乗り換え先の会社に確認しましょう。

乗り換え元の会社で発行されたメールアドレスも、乗り換え先で使えなくなる可能性があります。メールアドレスについては、残念ながら番号ポータビリティのような制度がないので、ほとんどの場合はメールアドレスが変わります。

メールアドレスを変えたくない場合は、回線のみ乗り換える方法があります。インターネットを利用するためには、回線を提供している回線業者と、プロバイダと呼ばれるインターネットと繋げるための接続事業者があります

メールアドレスを発行している会社はプロバイダのため、プロバイダを変えずに回線業者だけを変えることで、メールアドレスは変更せずに利用できます。

もう1つは、乗り換え元の会社で「メールアドレスのみ」のサービスを利用することです。会社によっては、有償ではあるもののメールサービスのみ提供している場合があります。このサービスを提供しているかどうかは会社によって異なるため、実際には乗り換え元の会社に確認しましょう。

どうしてもメールアドレスを変更する場合は、思い切ってフリーメールを利用することも検討しましょう。フリーメールとは、YahooメールやGmailなど、無料でメールアドレスが利用できるサービスです。

フリーメールであれば、光回線を乗り換えたとしてもメールアドレスが変わることはありません

フリーメールの中でも、大手の会社が行っているメールサービスであれば、セキュリティ面などでも問題ありません。何度もメールアドレスを変更することが嫌な場合は、ぜひ活用しましょう。

 

光回線を乗り換えるのにおすすめな人は?

光回線を乗り換えるのにおすすめな人は?

乗り換えのメリット、デメリットの後は、光回線の乗り換えをおすすめしたい人を紹介します。

zonokan
zonokan

今の契約に少しでも不満を感じているあなたなら、ぜひ乗り換えを検討しましょう!

フレッツ光に不満を感じている人

おすすめしたい人の一番目は、フレッツ光に不満を感じている人です。フレッツ光はNTTが提供している光回線で、過去には光回線といえばNTTが独占していた時期があったため、昔から光回線を利用している人にとっては、フレッツ光=光回線と思っている方もいます。

しかし、フレッツ光は回線業者のため、インターネットを利用したい場合は、フレッツ光+プロバイダ契約を行う必要があります。しかし今では「光コラボ」と言われる回線業者(フレッツ光)+プロバイダで、なおかつ料金面でお得な会社もたくさん存在します。

フレッツ光を利用していてインターネット料金が高いなど、不満を感じているのであれば、ぜひ乗り換えを検討しましょう。

少しでも速い通信回線を利用したい人

回線速度を速くしたいと思っている方もおすすめです。先程も紹介した通り、日本の光回線事業は、一時期はNTTのみ提供していたものの、今ではauひかりのように独自回線を提供しているケースも増えてきました

NURO光の回線は、フレッツ光の回線で利用可能な1Gbpsの倍でもある2Gbpsの速度で利用できます。通信速度が重要なアクションゲームや、大容量のデータを扱う場合のであれば、通信速度が速いほうがストレスなく利用できます。

そのため、あなたの自宅で利用している光回線の通信速度が遅いと感じているのであれば、別会社への乗り換えを検討しても良いかもしれません。

契約更新月で違約金が発生しない人

光回線の契約は、ほとんどの場合2年もしくは3年ごとに自動更新となる契約を結び、光回線のサービスを利用しています。契約更新月と呼ばれる期間以外で契約を解約した場合は、違約金が発生します。

そのため、契約違約金が発生しない契約更新月は、別の光回線を検討する大きなチャンスであるとも言えます。工事費も分割で支払っていることが多いものの、契約更新月であれば分割の支払いも終わっていることが多いため、残債を一括請求される心配がほとんどありません。

もしもあなたが契約しているインターネット回線の契約で、契約更新月が近いのであれば、ぜひ、別会社の光回線を検討してみることをおすすめします。

 

光回線を乗り換えるのをおすすめしない人は?

光回線を乗り換えるのをおすすめしない人は?

光回線の乗り換えをおすすめしない人も紹介します。光回線乗り換えのデメリットを紹介しましたが、デメリットが許容できないのであれば、乗り換えはおすすめしません。

zonokan
zonokan

契約したばかりで不満がない場合はそのまま使うという選択肢もあります!

フレッツ光を使い続けたい人

フレッツ光で何ら問題ないと感じているのであれば、乗り換える必要はあまりありません。現状で満足しているにもかかわらず、別の会社に乗り換えるのは、手間以外のなにものでもありません。

フレッツ光でなくても、あなたが今利用している会社に不満を感じていないのであれば、そのまま使い続けても問題ありません

更新月以外で違約金が発生してしまう人

光回線の契約解除時に違約金が発生する場合も、正直なところあまりおすすめはできません。特に、違約金+工事費の一括請求が発生した場合、予想以上の出費になってしまう可能性があります。

光回線乗り換えのデメリットで紹介した通り、キャンペーンなどで負担してもらえる可能性はあるものの、あなたが乗り換えたいと思っている会社でキャンペーンが実施されているかどうかは、その時になってみないと分かりません。

そのため、違約金などが発生する場合は、様子をみた方が良いかもしれません。

メールや電話番号を変えたくない人

メールアドレスや電話番号を変えたくない方も、光回線の乗り換えはあまりおすすめしません。電話番号の場合は番号ポータビリティ(LNP)があるため、電話番号を引き継げる場合があります

しかしながら、メールアドレスに関しては、番号ポータビリティのような制度もないため、ほとんどのケースで乗り換えが発生します。

インターネットショッピングなど、ネットで会員登録する場合はメールアドレスがほぼ必須で、メールアドレスを変更した場合は、会員登録した情報をすべて変更する必要があります。

そのため、メールアドレスや電話番号を変更したくない場合は、現状の契約を続けてもよいかもしれません。

 

光回線の乗り換えに関するよくある質問は?

光回線の乗り換えに関するよくある質問は?

光回線の乗り換えで気になる点やよくある質問をまとめました。

光回線の乗り換えについて色々理解できたけど、まだ分からないことがあります。。。

zonokan
zonokan

よくある質問をまとめたので、ぜひ参考にしてくださいね!

光回線の乗り換えをする時に撤去工事は必要なの?

光回線の乗り換え時には撤去工事が発生する場合と撤去工事が発生しない場合があります。撤去工事が発生するかどうかは、住んでいる場所の賃貸契約や契約した会社によって異なります。

賃貸契約については、退去時に大家さんに確認しましょう。そこで撤去するように指示があった場合は、指示に従い撤去工事を行いましょう。

契約した会社については、2018年3月1日以降にauひかりで光回線を契約であれば、光回線の撤去が義務となっています。フレッツ光はほとんどのケースで撤去工事は不要で、NURO光に関しては状況に応じて変わります。

あなたが置かれている環境などで左右されるので、撤去工事が必要かどうかは、あなたが利用している会社に確認しましょう。

ドコモ光などの光コラボからフレッツ光に戻すことはできる?

光コラボからフレッツ光に戻すことは可能です。具体的には「事業者変更」という手続きでフレッツ光に戻します。光コラボからフレッツ光に戻す時は、回線開通工事が不要なため、乗り換え後にインターネット回線が使えないという心配もありません

ただし、フレッツ光に戻す場合は、回線業者とは別に、プロバイダと契約しなければならず、支払い先などの窓口がフレッツ光とプロバイダの2つになります。

また、料金面でも光コラボよりもフレッツ光+プロバイダの方が高くなるケースがほとんどのため、あまりおすすめはしません。

auひかりのような独自回線で工事不要な場合はある?

独自回線で利用する場合、契約を解約したタイミングで回線の撤去を行うため、ほとんどのケースで工事が発生します。

他にもeo光など独自回線がありますが、ほとんどのケースで撤去工事を行うため、工事が発生すると考えて問題ありません。

 

光回線は乗り換えるタイミングが重要|工事費違約金はキャンペーンで相殺できる

光回線は乗り換えるタイミングが重要|工事費違約金はキャンペーンで相殺できる

最後になりますが、光回線の乗り換えは、違約金などが発生するので、本来なら違約金や工事費などのお金が発生しないタイミングで乗り換えることが重要です。ただし、キャンペーンなどで相殺できる場合もあるので、光回線の乗り換えを検討する場合は、キャンペーン情報を確認しましょう。

光回線のおすすめランキング8選!料金・速度・ゲームのしやすさから比較
本記事では光回線のおすすめプロバイダについて紹介します。 デメリットはあるのか、ホームルーターやモバイルWi-Fiから光回線の選び方まで全て紹介します。 本記事を読むだけで光回線の全貌がわかること間違いなしです。