お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

Wi-Fiおすすめ比較光回線

1番安い光回線はどれだ?目的別にわけておすすめの12社を徹底解剖

光回線の契約先には色々な基準で選ぶことが可能ですが、お金の安さを重視するという方は少なくないでしょう。しかし、自分が安いと思って選んだ光回線でも、実は他にももっと安い光回線サービスがあったということもよくあります。

谷

そこで今回は、料金の安さを目安に光回線を選びたい方に向けて、目的別に分けておすすめの光回線などについて解説していきます。

この記事で分かること】
・料金の安いおすすめの光回線
・失敗しないための安い光回線の選び方
・光回線の申し込みの流れ

↓当サイトおすすめWi-Fi3選比較表↓

月額料金(戸建て)通信速度(実測値)キャンペーン
NURO光
NURO 光 G2T:5,200円(税込)
NURO 光 G2D:5,700円(税込)
NURO 光 G2N:6,100円(税込)
上り速度:470.49Mbps
下り速度:541.69Mbps
Ping値:14.19ms
・ソフトバンクスマホとのおうち割光セット
・45,000円キャッシュバック(戸建てプラン)
・25,000円キャッシュバック(マンションプラン)
auひかり
標準プラン:6,930円(税込)
ギガ得プラン:5,720円(税込)
ずっとギガ得プラン:1年目:5,610円(税込)
2年目:5,500円(税込)
3年目以降:5,390円(税込)
上り速度:386.81Mbps
下り速度:463.49Mbps
Ping値:17.13ms
・auひかり乗り換えスタートサポート
・auひかり乗り換えスタートサポート
・最大66,000円のキャッシュバック
ドコモ光
タイプA(2年契約):5,720円(税込)
タイプA(契約縛りなし):7,370円(税込)
タイプB(2年契約):5,940円(税込)
タイプB(契約縛りなし):7,590円(税込)
上り速度:220.42Mbps
下り速度:283.44Mbps
Ping値:19.74ms
・20,000円キャッシュバック
・v6プラス対応ルーター無料レンタル
・新規工事料無料特典
目次 INDEX
  1. 1番安い光回線はどれ?目的別にわけておすすめ12社を徹底解剖
    1. fon光:通信速度の速さと月額料金の安さを求める方におすすめ!
    2. auひかり:Pontaポイントを利用している方におすすめ!
    3. SoftBank光:他のインターネット回線から乗り換えたい方におすすめ!
    4. 3位 hi-ho光:WEB限定価格が他社よりも安い
    5. NURO光:高額キャッシュバックがもらいたい方におすすめ!
    6. 楽天ひかり:楽天モバイルを利用しているユーザーにおすすめ!
    7. ドコモ光:ドコモのスマホを利用しているユーザーにおすすめ!
    8. GMO光アクセス:月額料金が安い光回線が使いたい方におすすめ!
    9. BIGLOBE光:高額キャッシュバックと月額料金割引のどちらかを求める方におすすめ!
    10. おてがる光:初月無料でお試し利用したい方におすすめ!
    11. So-net光プラス:超高額キャッシュバックがもらいたい方におすすめ!
    12. OCN光:契約期間を縛って月額料金を抑えたい方におすすめ!
  2. 月額料金が1番安い光回線はどれ?比較結果から判明した真実
    1. 戸建てプラン:eo光が特におすすめ!
    2. マンションプラン:NURO光が特におすすめ!
  3. 安い光回線を選ぶには?失敗しないために抑えておきたいポイント3つ
    1. 実質料金が安い光回線を選ぶ
    2. セット割が適用できる光回線を選ぶ
    3. キャンペーン特典が充実している光回線を選ぶ
  4. 安い光回線を契約する前に|注意点を4つ整理しておこう
    1. 安さだけにこだわらず通信速度の数値を把握しておく
    2. 居住地は提供エリア内なのかを把握しておく
    3. 他社サービスから乗り換えるなら違約金がかかる
    4. 光回線が開通するまでには1ヵ月ほど時間がかかる
  5. 光回線に申し込むには?開通までの流れを簡単に解説
    1. 1.申し込みフォームで必要事項の入力
    2. 2.工事の日程調整
    3. 3.工事の実施
  6. 安い光回線に関するよくある質問は?
    1. auひかりではキャッシュバックを最大でいくらまでもらえる?
    2. 光回線の中に即日でキャッシュバックをもらえる会社はある?
    3. 光回線のキャンペーン特典でswitchをもらえる会社があるって本当?
  7. まとめ:1番安い光回線は人によって違う|自分に合う会社に申し込もう
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

1番安い光回線はどれ?目的別にわけておすすめ12社を徹底解剖

光回線 料金 2

早速ですが、おすすめの光回線サービスを紹介していきます。おすすめの光回線サービスとして以下のものがあげられます。

おすすめの光回線サービス
・fon光
・auひかり
・SoftBank光
・eo光
・NURO光
・楽天ひかり
・ドコモ光
・GMO光アクセス
・BIGLOBE光
・おてがる光
・So-net光プラス
・OCN光

これらの光回線のサービス内容などについて以下の表にまとめました。

月額料金通信速度キャンペーンセット割工事費用契約期間解約違約金
fon光
fon 光 ロゴ
4,378円上り平均:499.79Mbps
下り平均:555.42Mbps
・Amazonギフト券3,000円分プレゼント・まとめてでんき44,000円
(実質無料)
3年21,780円
auひかり
auひかり ロゴ
<戸建て1ギガ>
・ずっとギガ得プラン:6,160円~/・ギガ得プラン:6,270円~/・標準プラン:7,480円
<戸建て10ギガ、5ギガ>
・ずっとギガ得プラン:6,160円~/・ギガ得プラン:6,820円~/・標準プラン:8,030円~
<マンション>
・タイプV(16契約以上):4,180円/・タイプV(8契約以上):4,510円/・タイプG(16契約以上):4,180円/・タイプG(8契約以上):4,510円/・都市機構:4,180円/・都市機構G(DX-G):4,180円/・都市機構G(DX):4,180円/・タイプE(16契約以上):3,740円/・タイプE(8契約以上):4,070円/・タイプF:4,290円/・ギガ:4,455円/・ミニギガ:5,500円
上り平均:377.7Mbps
下り平均:433.8Mbps
・10,000Pontaポイントプレゼント
・乗り換え違約金負担
・月額料金割引
・auスマートバリュー・戸建て:41,250円
・マンション:33,000円
(実質無料)
3年/2年/なし16,500円
SoftBank光
ソフトバンク光 ロゴ
・ファミリーギガスピード、ファミリーハイスピード、ファミリー:5,170円(5年)、5,720円(2年)/・ファミリー・10ギガ:6,380円(5年)、6,930円(2年)/・ファミリーライト:4,290円~6,160円(2年)

※マンションならすべてのプランで月額4,180円

上り平均:212.7Mbps
下り平均:316.6Mbps
・乗り換え契約時満額還元キャンペーン・おうち割光セット26,400円
(実質無料)
5年/2年10,450円~16,500円
hi-ho光
hi-ho wimax ロゴ
3,575円〜上り平均:202.72Mbps
下り平均:
149.61Mbps
Web限定割引19,800円(割引で実質無料)2年3,250円
NURO光
NURO光 ロゴ
G2Tプラン:5,200円/G2Dプラン:5,700円/G2Nプン:6,100円/G10プン:8,300円/G10Tプン:5,700円/マンションM2Tプラン:
2,090~2,750円/マンションM2Dプラン:2,530~3,190円/マンションM2プラン:2,970~3,630円
上り平均:448.7Mbps
下り平均:
504.3Mbps
・43,000円キャッシュバック
・月額料金1年間980円
・NUROモバイルセット割
・NUROでんきセット割
・NUROガスセット割
44,000円2年/3年/なし10,450円
楽天ひかり
楽天ひかり ロゴ
・戸建て:5,280円
・マンション:4,180円
上り平均:198.7Mbps
下り平均:
236.3Mbps
なし・楽天モバイルセット割・戸建て:19,800円
・マンション:16,500円
・屋内配線新設なし:
8,360円
・派遣工事なし:
2,200円
3年10,450円
ドコモ光
ドコモ光
<戸建て>
・ギガタイプA:5,720円(2年契約)7,370円(契約期間なし)/・ギガタイプB:5,940円(2年契約)7,590円(契約期間なし)/・1ギガ 単独タイプ:5,500円(2年契約)7,150円(契約期間なし)/・ドコモ光ミニ:2,970~6,270円(2年契約)4,620~7,920円(契約期間なし)
<マンション>
・ギガタイプA:4,400円(2年契約)5,500円(契約期間なし)/・ギガタイプB:4,620円(2年契約)5,720円(契約期間なし)/・1ギガ 単独タイプ:5,500円(2年契約)5,280円(契約期間なし)
<10Gプラン>
・ギガタイプA:6,930円(2年契約)8,580円(契約期間なし)/・ギガタイプB:7,150円(2年契約)8,800円(契約期間なし)/・単独タイプ:6,490円(2年契約)/8,140円(契約期間なし)
上り平均:207.5Mbps
下り平均:270.9Mbps
・dポイント10,000pt・ドコモ光セット割・戸建て:19,800円
・マンション:
16,500円
・屋内配線新設なし:
8,360円
・派遣工事なし:
2,200円
2年/なし・戸建て:14,300円
・マンション:8,800円
GMO光アクセス
GMO光 アクセス ロゴ
・戸建て:4,818円
・マンション:3,773円
上り平均:298.94Mbps
下り平均:356.89Mbps
・Wi-Fiルーターレンタル無料なし19,800円
(実質無料)
なしなし
BIGLOBE光
BIGLOBE 光 ロゴ
・戸建て:5,478円
・マンション:4,378円
上り平均:207.24Mbps
下り平均:288.48Mbps
・40,000円分キャッシュバック
・1年間月額料金2,750円
・1年間Wi-Fiルーター無料
・BIGLOBEモバイルセット割・戸建て:19,800円
・マンション:
16,500円
(実質無料)
2年9,500円
おてがる光
おてがる光 ロゴ
・戸建て:4,708円
・マンション:3,608円
上り平均:255.87Mbps
下り平均
342.48Mbps
・初月無料キャンペーン
・乗り換え時1年間500円割引キャンペーン
なし
(おてがるでんき同時加入で2,000円キャッシュバック)
・戸建て:19,800円
・マンション:
16,500円
(実質無料)
なしなし
So-net光プラス
So-net光プラス
・戸建て:6,138円(2年目まで 3,828円)
・マンション:4,928円(2年目まで 2,728円)
上り平均:218.83Mbps
下り平均:295.05Mbps
・60,000円キャシュバック
・V6プラス対応ルーターレンタル永年無料
・設定サポート1回無料
・UQ mobileセット割26,400円
(実質無料)
3年20,000円
OCN光
ocn光 ロゴ
・ONC光ファミリータイプ:6,820円(割引適用後:5,610円)
・OCN光マンションタイプ:5,170円(割引適用後:3,960円)
上り平均:193.26Mbps
下り平均:274.47Mbps
・月額料金割引キャンペーン・OCN光モバイル割19,800円2年/なし・戸建て:2,400円
・マンション:1,200円
谷

こちらでまとめた内容を基に、それぞれの光回線サービスがどんな人におすすめできるか紹介していきます。

fon光:通信速度の速さと月額料金の安さを求める方におすすめ!

fon 光

fon光は通信速度の速さと月額料金の安さの両方を求める方におすすめです。

fon光はNURO光回線の設備を借りる形でサービスを提供しています。そのため、通信速度の速さは折り紙付きです。

そういった背景もあり、自社で通信設備を持っていないために、fon光はNURO光よりも月額料金が安いです。光回線の相場料金が5,000円、6,000円程度であるのに対し、fon光は4,000円台で利用できます。

業界最速の通信速度をお得な料金で利用したい方はfon光を検討してみてもよいでしょう。

谷

ただ、キャンペーンはAmazonギフト券3,000円分のみでやや物足りないです。その点を踏まえて考えてみてください。

auひかり:Pontaポイントを利用している方におすすめ!

auひかり

auひかりはPontaポイントを利用している方におすすめです。

auひかりは月額料金が戸建てプランで6,000円台、マンションプランで4,000円台となっており、相場料金程度と言えます。そのため、月額料金面はあまりお得ではないです。

しかし、新規契約によりPontaポイントが10,000ptもらえます。そのポイントをうまく活用するならお得に利用できます。

そのため、普段からPontaポイントを利用する方ならauひかりの契約を視野に入れてみてください。

ただ、この特典をもらう場合には、auひかりだけでなく電話もセットで契約することが適用条件となっています。

谷

電話もセットで契約して問題ない方だけPontaポイントのキャンペーンをもらうために契約を進めましょう。

SoftBank光:他のインターネット回線から乗り換えたい方におすすめ!

ソフトバンク光

SoftBank光は他のインターネット回線から乗り換えたい方におすすめです。

インターネット回線サービスを利用していると、不満を感じて契約期間の途中で解約したいとなることもあるでしょう。しかし、普通に解約しようとしてしまうと、1万円以上かかる違約金が発生してしまうケースが多いです。

それに加え、場合によっては光回線の撤去工事費用も必要となるでしょう。

しかし、SoftBank光を契約すれば、他社の違約金や撤去工事費用を合わせて、最大10万円まで負担してくれます。

谷

そのため、今契約しているインターネット回線に不満を感じていたり、会社の都合でインターネット回線の乗り換えを余儀なくされていたりする方は、SoftBank光を契約して解約時の負担をゼロにするとよいです。

3位 hi-ho光:WEB限定価格が他社よりも安い

hi-ho wimax

月額料金3,575円〜(税込)
最大速度最大通信速度
1Gbps
2年間の実質料金85,800円〜
初期費用0円
キャンペーンWeb限定割引
契約期間2年間
契約解除料3,250円
hi-hoひかりは、他社と比較して非常に安い月額料金となっています。これはWEB限定料金だからとなっており、毎月3,575円から利用することができます。光回線の月額料金は5,000円程度ですが、かなり費用を抑えて利用できることがわかるでしょう。
2年間の総額料金を見ても、10万円をきっています。特にお勧めな人は、とにかく安く光回線を利用したい人です。
また、このWEB限定料金で利用するには、下記のボタンから申し込む必要があります。興味がある人は、詳細をご覧ください。

NURO光:高額キャッシュバックがもらいたい方におすすめ!

NURO光

NURO光は高額キャッシュバックがもらいたい方におすすめです。

NURO光と言えば通信速度の速さをイメージする方も多いかもしれません。しかし、それだけでなくNURO光は手厚いキャンペーンを実施している光回線サービスでもあります。

たいていの場合は公式からのキャッシュバックとなると、1、2万円程度までしかもらえません。ですが、NURO光なら4.3万円もの高額なキャッシュバックが公式からもらえます。

NURO光は光回線の相場程度の月額料金となっているため、キャッシュバックキャンペーンを適用することでお得に利用できるようになります。NURO光を契約する場合には、キャッシュバックを確実にもらうようにしましょう。

ちなみに、キャッシュバックではなく1年間の月額料金を980円にするキャンペーンを選択することも可能です。

谷

どちらか自分に合うほうを選択してください。

楽天ひかり:楽天モバイルを利用しているユーザーにおすすめ!

楽天ひかり

楽天ひかりは楽天モバイルを利用しているユーザーにおすすめです。

楽天ひかりは楽天モバイルを利用している場合だと、セット割引が適用されます。他の光回線サービスだと毎月スマホ料金が1,000円程度割引されるといった特典があります。

しかし、楽天ひかりだと戸建てプランでもマンションプランでも1年間の月額基本料が無料となります。総額で約5万円分お得になるため、大きなキャンペーンと言えるでしょう。

楽天モバイルを利用している方は、かなり大きな特典がもらえるため楽天ひかりがかなりおすすめです。

ちなみに、楽天ひかりは光コラボという商品に該当し、本来別途必要とされるプロバイダ料金も込みの値段が請求されます。

谷

しかし、楽天ひかりなら光回線の相場料金のみでプロバイダ契約もできます。

ドコモ光:ドコモのスマホを利用しているユーザーにおすすめ!

ドコモ光 ロゴ

ドコモ光はドコモのスマホを利用しているユーザーにおすすめです。

ドコモ光は大手スマホキャリアのドコモが提供している光回線サービスで、ドコモのスマホセット割が適用されます。ドコモ光1回線の契約で、自分だけでなく家族のドコモスマホの料金もすべて月額料金が永年1,100円割引されます。

また、ドコモ光を契約すると、10,000ポイント分のdポイントがもらえます。

ドコモのスマホを利用していないユーザーの中にもdポイントを使っている方もいるかもしれません。しかし、dポイントを使っている方のほとんどはドコモユーザーです。

谷

そのため、ドコモ光はdポイントをよく使っているドコモのスマホを利用しているユーザーにおすすめです。

GMO光アクセス:月額料金が安い光回線が使いたい方におすすめ!

GMO光 アクセス

GMO光アクセスは月額料金が安い光回線が使いたい方におすすめです。

光回線の相場料金は戸建てプランで6,000円程度、マンションプランで4,000円程度となっています。しかし、GMO光アクセスは戸建てプランで4,000円程度、マンションプランで3,000円程度で利用できます。

さらに、GMO光アクセスはそれだけ料金が安い上に、解約時にかかる違約金も必要ありません。そのため、違約金を気にせず自由に契約し、いつでも解約できます。

谷

月額料金が安く、安心して使いやすい光回線を契約したい方にGMO光アクセスがおすすめです。

BIGLOBE光:高額キャッシュバックと月額料金割引のどちらかを求める方におすすめ!

BIGLOBE 光

BIGLOBE光は高額キャッシュバックと月額料金割引のどちらかを求める方におすすめです。

BIGLOBE光は契約時にもらえるキャンペーンを高額キャッシュバックと月額料金割引のいずれかの中から選択できます。

キャッシュバックの場合、40,000円ものキャッシュバックがもらえます。月額料金割引の場合、戸建てプランなら1年間3,850円となり、マンションプランなら1年間2,750円となります。

いくらお得なキャンペーンを実施していても、キャッシュバックしか実施しておらず、月額料金割引は実施していないといったところもあります。その逆もまた然りです。そして、人によってどちらを求めるのか異なるため、自分に合わないと思ったら別の契約先を選択してしまいます。

谷

しかし、BIGLOBE光ならどちらの特典か選べるため、高額キャッシュバックと月額料金割引のどちらかを求める方なら誰でもおすすめできます。

おてがる光:初月無料でお試し利用したい方におすすめ!

おてがる光

おてがる光は初月無料でお試し利用したい方におすすめです。

光回線の場合、わざわざ時間をかけて回線工事を行い、それからサービスが利用できるようになるため、なかなかお試し利用というものができません。そのため、サービス利用を開始してからサービスに不満を感じて解約したくなるケースが少なくありません。

ですが、おてがる光なら初月無料でお試し利用ができます。さらに、おてがる光には契約期間が設けられておらず、いつでも違約金の負担なく解約できます。

谷

後に生まれるかもしれない損失を抑えるために、初月無料でお試し利用したい方におすすめです。

So-net光プラス:超高額キャッシュバックがもらいたい方におすすめ!

So-net光プラス ロゴ

So-net光プラスは超高額キャッシュバックがもらいたい方におすすめです。

光回線の公式によるキャンペーンだと、高くても4万円程度までのキャッシュバックしかもらえません。それ以上の金額をもらうとなると、代理店を介した契約が必要となります。

しかし、So-net光プラスなら60,000円もの高額キャッシュバックがもらえます。まずはサービス利用を開始してから3カ月後に30,000円がもらえ、それからさらに12カ月後に残りの30,000円がもらえます。

なかなかすぐに全額受け取れるものではありませんが、公式での契約は代理店での契約よりリスクが少ないです。

谷

安心感を持って超高額キャッシュバックがもらいたい方は、So-net光プラスを視野に入れてみてください。

OCN光:契約期間を縛って月額料金を抑えたい方におすすめ!

ocn光

OCN光は契約期間を縛って月額料金を抑えたい方におすすめです。

基本的に契約期間の縛りがないと月額料金が高くなり、契約期間の縛りがあると月額料金が安くなる傾向にあります。OCN光はあえて契約期間を2年自動更新型に縛ることで、月額料金を毎月1,210円割引できます。

単に月額料金が安くできるだけでなく、契約期間なしのまま利用したい方と契約期間を縛って安くしたい方のどちらのニーズも満たすことが可能です。

谷

そのため、OCN光は柔軟に対応しやすい中で、契約期間を縛って月額料金を抑えたい方の契約が望ましいです。

月額料金が1番安い光回線はどれ?比較結果から判明した真実

光回線 料金 3

いくつもの料金がお得な光回線についてみていきました。

そこで比較した内容を基に、戸建てプランを契約する場合とマンションプランを契約する場合で1番安い光回線サービスがどれなのかについて解説していきます。

戸建てプラン:eo光が特におすすめ!

戸建てプランで光回線サービスを契約する場合、eo光が特におすすめです。

戸建てプランはマンションプランより月額料金が高い傾向にあります。そんな戸建てプランを安く利用する場合、戸建てかマンションかに関係なく料金が一律であり、かつ月額料金そのものが安いところを選ぶのが望ましいです。

eo光の場合、月額料金は戸建てとマンションどちらも変わりません。そして、1年間は通常の月額料金の約60%程度が割引され、お得度のかなり高い光回線サービスとなります。

谷

そのため、少なくとも戸建てプランはeo光が最もおすすめできます。

マンションプラン:NURO光が特におすすめ!

マンションプランで光回線サービスを契約する場合、NURO光が特におすすめです。

マンションプランの相場料金は4,000円程度となっていますが、NURO光だと3年継続のM2Tプランで2,750円で利用できます。さらに、マンションプランは同じマンション内に同じ回線を利用しているユーザーが一定数いると料金が割引されていき、最終的に毎月2,090円で利用できます。

NURO光は戸建てプランでも十分にお得ですが、ここまでマンションプランで月額料金がお得なところは他にありません。マンションプランでの契約を検討している方は、NURO光を利用してみてください。

ちなみに、NURO光の高額キャッシュバックや月額料金の割引が適用されれるのは戸建てプランのみです。マンションプランの場合、25,000円のキャッシュバックがもらえるだけとなります。

谷

マンションプランの強みは永年安い月額料金で利用できる点であるため、長期間利用するつもりで契約してください。

安い光回線を選ぶには?失敗しないために抑えておきたいポイント3つ

光回線 料金 4

料金の安さを基準に光回線を選ぶと一言で言ってもいくつかの見方があり、正しい見方を知っておくことが大事です。

谷

安い光回線選びで失敗しないために押さえておきたいポイントとして以下の3つのポイントがあげられます。

1つずつみていきます。

実質料金が安い光回線を選ぶ

安い光回線を選ぶ際には、実質料金が安い光回線を選ぶようにしましょう。

高額キャッシュバックなどのキャンペーンを見て契約を選ぶ方が多いですが、キャッシュバックはもらえてもその分月額料金がそこまで安くはないというケースが少なくありません。NURO光のマンションプランがその典型的な例と言えるでしょう。

しかし、そういったところで契約するのと、キャッシュバックはないけど月額料金が安いところで契約するのは、どちらもあまり変わらないということもあります。そのため、キャンペーンを踏まえた一定期間の実質料金を比較して契約先を選ぶのが望ましいです。

ちなみに、1年間の総額料金ならキャッシュバックが活きてきますが、それ以降は段々とキャッシュバックの旨みより月額料金割引のお得さが活きてきます。

谷

どのくらいの期間利用するつもりなのかも踏まえて、実質料金を算出して比較して見てください。

セット割が適用できる光回線を選ぶ

可能な範囲でセット割が適用できる光回線を選ぶとよいです。

他の光回線よりもかなりお得な条件の契約先ならあまり気にする必要はありません。しかし、そこまで大きな差のない光回線サービスを比較する場合は、セット割を適用させるかどうかでお得さが変わってきます。

ドコモ光のように毎月1,100円割引されるところもあれば、楽天ひかりのようにセット割で月額料金そのものが無料になるところもあります。セット割は長期的に見ると案外大きな割引となるため、できるだけセット割が適用させられるところで契約するようにしましょう。

谷

特に家族にもスマホセット割の恩恵を受けて欲しいと考えている方は、セット割をしっかりチェックするようにしてください。

キャンペーン特典が充実している光回線を選ぶ

ここまで色々なキャンペーンを見てきましたが、やはりキャンペーン特典が充実している光回線を選ぶのが望ましいです。

月額料金がある程度安いところであっても、キャンペーンが手薄なところだとキャンペーンに力を入れている光回線と比べてお得さに欠けてしまうところもあります。料金の安い光回線を選ぶ上で、キャンペーンはそれだけ欠かせないものとなっています。

谷

実質料金を算出して比較するとよいということを説明しましたが、それぞれのキャンペーンを適用させて実質料金を算出するようにしましょう。

安い光回線を契約する前に|注意点を4つ整理しておこう

光回線 料金 5

料金の安い光回線を選ぶことは大事です。ただ、料金の安さだけで光回線サービスを選ぶと後で損してしまうこともあります。

谷

そのため、光回線サービスを選ぶ際には、以下の4つの注意点を押さえておいてください。

1つずつみていきます。

安さだけにこだわらず通信速度の数値を把握しておく

料金の安さと同じくらいに、通信速度の速さを重視する方は多いです。実際、通信速度の速さはサービス内容の質に直結します。そのため、通信速度の通知を把握しておいてください。

通信速度の理論値は公に公開されていますが、最大通信速度よりも実際に出せる通信速度の実測値をチェックすることが大事です。

通信速度の正確な実測値は実際にサービスを利用しないとわかりません。ただ、実際にサービスを利用しているユーザーの通信速度の実測値の平均なら調べれば情報が出てきます。

谷

その情報をチェックし、通信速度の数値を把握しておきましょう。

居住地は提供エリア内なのかを把握しておく

いくら料金が安くて通信速度が速いサービスであっても、その光回線サービスが自分の住んでいるエリアで利用できないサービスなら契約できません。そのため、光回線サービスの提供エリアも把握しておくことも大事です。

光回線サービスの提供エリアは、どんな回線の種類を利用するかによって変わってきます。光回線サービスは主に以下の4つの種類に分けられます。

光回線サービスの種類
・フレッツ光系
・光コラボ系
・独自回線系
・電力会社系

フレッツ光系や光コラボ系の光回線サービスなら、全国どこでも契約することが可能です。

しかし、独自回線系や電力会社系では契約できるエリアが限定されてしまいます。特に電力会社系はそれぞれの電力サービスを提供している地域でしか契約できません。

谷

そのため、独自回線系や電力会社系の光回線サービスを契約する場合には、提供エリアを念入りにチェックするようにしてください。

他社サービスから乗り換えるなら違約金がかかる

もしもの時のために、光回線の違約金をチェックしておくことも大切です。

光回線には契約期間があり、その契約期間の間サービスを利用し続けることを合意することで契約が結ばれます。そのため、契約期間の途中で解約してしまうと契約違反となり、その罰則として違約金が請求されます。

単に光回線サービスに不満を感じるだけでなく、会社の異動の都合などで急遽解約しないといけなくなるということもあるでしょう。そういった事情があっても違約金が請求されることに変わりはありません。

谷

少しでも解約時のリスクを減らしたい方は、請求される違約金が安いところや初めから契約期間が定められていないところでの契約を検討してみてください。

光回線が開通するまでには1ヵ月ほど時間がかかる

光回線を開通するとなると、どこで契約しても1ヵ月は少なくともかかってしまいます。そのことを把握しておき、光回線の申し込みを早めに済ませておくようにしましょう。

光回線サービスの口コミでの不満としてよく上がるのが、光回線工事やその連絡でのトラブルです。連絡が思うように取れなくて工事開始までの時間が長引いてしまいます。

そういったトラブルでサービスに不満を感じてしまうと、違約金のこともあってなにかと不便です。

谷

トラブルが発生するリスクを下げるためにも、口コミ情報から工事でのトラブルがないか確認してください。

光回線に申し込むには?開通までの流れを簡単に解説

光回線 料金 6

谷

どの光回線サービスを利用するかによって変わってきますが、基本的にどこの光回線サービスを契約するとしても、以下のような流れで申し込みを進めていくこととなります。

1つずつみていきます。

1.申し込みフォームで必要事項の入力

光回線を申し込む際には、まずはWebサイトの申し込みボタンをクリックし、光回線の申し込みフォームを入力していきます。契約するプラン内容はもちろん、氏名や住所、支払い方法などのさまざまな情報を入力してください。

この時誤った情報が入力されていると契約までの手続きや工事などに手間がかかってしまいます。そのため、入力した内容に誤りがないかよく確認しましょう。

ちなみに、電話などによる申し込みもできますが、電話だと相手がなかなか出てくれないということが起こりやすいです。さらに、電話窓口は24時間対応しているわけではないため、申し込みできる時間が限定されてしまいます。

谷

もし電話で申し込みたいという方はそういったリスクを理解した上で電話で申し込むようにしてください。

2.工事の日程調整

申し込みが完了したら、数日後には申し込み先の光回線サービスから工事の日程調整についての電話がかかってきます。そこで、工事の日程調整を行ってください。

光回線の工事は宅内工事と宅外工事の2回となっており、2日分の日程を空けておく必要があります。光回線の工事は立ち会い必須となっているため、工事予定日にはきちんと自宅で待機するようにしましょう。

もし工事日程調整の電話に出られないと、こちらから折り返し連絡を入れる形となり、混雑していてなかなか電話に出てくれないということになります。

谷

光回線サービス側からの電話にすぐに出られるように、申し込み完了してから数日のうちはかかってくる電話に意識を向けておいたほうがよいです。

3.工事の実施

工事予定日になったら、専門の業者が自宅に来て工事を実施します。

先ほど触れましたが、光回線サービスの工事は防犯の面で立ち会いが必要で、工事中に業者しかいないという状況にはしないことが求められています。また、工事の立ち会いはその家に住んでいる本人であることが基本とされています。

谷

どうしても本人が立ち会えない場合は、マンションでの工事に限り、大家さんや管理会社の方に相談して、代理で立ち会ってもらうようにしてください。

安い光回線に関するよくある質問は?

光回線 料金 7

料金の安さを大事にして光回線サービスを提供しているところは多いです。そのため、インターネット上には安い光回線についての質問がいくつも投稿されています。

谷

そういった質問の中から、特に質問されることの多かった以下の質問について回答していきます。

1つずつみていきます。

auひかりではキャッシュバックを最大でいくらまでもらえる?

auひかりの公式での契約だと、Pontaポイントが10,000ptもらえるだけで、現金でのキャッシュバックはありません。

ただ、auひかりが契約できる代理店は多く、代理店での契約ならかなりの金額のキャッシュバックがもらえます。金額的にはNEXTという代理店での契約で、75,000円ものキャッシュバックがもらえます。さらに、そのキャッシュバックに追加して、他社からの乗り換えの場合は55,000円ものキャッシュバックが上乗せされます。

少しでもキャッシュバックを重視して契約したいなら代理店での契約を視野に入れてみてください。

ただ、代理店の中には悪質なところもあります。実際、しつこいくらい営業の電話がかかってくるようなところもあるようです。

谷

代理店での契約は公式での契約よりもリスクがあることを理解した上で選択肢に入れるようにしましょう。

光回線の中に即日でキャッシュバックをもらえる会社はある?

現金でのキャッシュバックの場合、なかなかすぐにはもらえません。しかし、ポイントや商品券でのキャッシュバックの場合ならすぐにもらえるところもあります。

たとえば、auひかりのPontaポイントやドコモ光のdポイントのキャッシュバックだと、申し込みから数か月以内に開通し、サービス利用が開始されるとすぐにキャッシュバックが適用されます。

谷

現金でのキャッシュバックにこだわらない方なら、ポイントや商品券でのキャッシュバックを実施しているところでの契約を進めてみてください。

光回線のキャンペーン特典でswitchをもらえる会社があるって本当?

公式のキャンペーンでSwitchを提供してくれるところはありません。しかし、各光回線サービスの代理店の一部でSwitchを提供してくれるところならあります。

谷

2022年6月時点で、以下の契約先でSwitchがもらえます。

Switchがもらえる光回線サービス
・SoftBank光(代理店:株式会社NEXT、アウンカンパニー)
・NURO光(代理店:アウンカンパニー)
・コミュファ光(代理店:株式会社NEXT、アウンカンパニー)
・フレッツ光(代理店:株式会社NEXT)
・BBIQ(代理店:株式会社NEXT)

最近ではまたSwitchの在庫数も減りつつあり、Switchを提供してくれる代理店の数も減りました。

光回線の契約と合わせてSwitchも手に入れたいという方は、上記の光回線サービスを指定の代理店での契約を検討してみてください。

まとめ:1番安い光回線は人によって違う|自分に合う会社に申し込もう

光回線には単に月額料金が安く、キャッシュバックキャンペーンを実施しているところばかりではありません。スマホとのセット割引などもあるため、1番安い光回線は人によって変わってきます。

まずはこの大前提を押さえておき、インターネット上の口コミ・評判に振り回されすぎないように注意しましょう。

谷

そして、今回紹介した光回線の選び方を参考にし、自分に合う光回線がどういったものなのか、いくつかの光回線サービスと比較した上で探してみてください。