お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

Wi-Fiおすすめ比較光回線

【2022年最新】1人暮らしにおすすめの光回線|今すぐわかる最新回線

「現在一人暮らしをしていて、光回線を契約したいと考えているからおすすめの光回線会社を教えて欲しい」「一人暮らしにピッタリな光回線会社を知りたい」と悩まれてはいませんか?

今までに光回線に契約したことがない場合だと、世の中にはどんな光回線会社があるのかも分からないし、どんな特徴があるのかも分からないですよね。選び方を知らずに契約を進めてしまうと思わぬ後悔を生んでしまうかも知れません。

ほのゆき
ほのゆき

ネット環境には光回線以外にも、ホームルーターやポケット型Wi-Fiが存在するので、果たして光回線を契約しても大丈夫なのかと不安に感じることもあるでしょう。

そこで本記事では、そのような悩みを抱えられている方に向けて「一人暮らしにおすすめできる光回線会社」「光回線に契約しない方がいい人の特徴」や選び方などをお伝えしていきます。

本記事をお読みいただくことで「光回線に契約した方がいい人の特徴」や検討する際のポイントを理解できるようになり、光回線へ契約した方がいいのか、別のネット環境に契約すべきなのかを判断できるようになります。

新規で光回線への契約を検討していて、一人暮らしにおすすめな光回線会社を知りたいと悩まれている方に最適な内容となっています。

2022年の最新人気光回線を徹底的に解説しているので、光回線を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね。

【この記事からわかること】
・1人暮らしにおすすめできる光回線会社
・1人暮らしに最適な光回線会社を選ぶときの基準点
・光回線を契約する必要がない人の特徴
・光回線を契約する必要がある人の特徴
・光回線以外のネット環境

\当サイトおすすめの光回線 3選/

サービス名

 

auひかりドコモ光NURO光
月額料金(税込)マンション/4,180円~
一戸建て/5,610円~
マンション/4,400円~
一戸建て/5,720円~
2年契約/5,700円
3年契約/5,200円
工事費用(税込)マンション/33,000円
一戸建て/41,250円
(ネット+電話の申し込みで実質無料)
マンション/16,500円
一戸建て/19,800円
(現在は新規なら無料)
44,000円
(36ヵ月で実質無料)
初期費用(税込)3,300円3,300円3,300円
通信速度(下り最大)1Gbps1Gbps2Gbps
詳細auひかりの詳細を見るドコモ光の詳細を見るNURO光の詳細を見る
目次 INDEX
  1. 【2022年最新】1人暮らしにおすすめな光回線ランキングTOP11
    1. 1位:NURO光
    2. 2位:OCN光
    3. 3位:ドコモ光
    4. 4位:auひかり
    5. 5位:ソフトバンク光
    6. 6位:eo光
    7. 7位:コミュファ光
    8. 8位:ビッグローブ光
    9. 9位:@nifty光
    10. 10位:So-net光プラス
    11. 11位:エキサイト光
  2. 光回線+格安SIMでお得に利用することができる!
    1. auひかり+UQモバイル
    2. OCN光+OCNモバイル
    3. ソフトバンク光+Y!mobile
  3. 1人暮らしにおすすめな光回線を選ぶ4つの基準
    1. 住居にネット回線が通っているか確認する
    2. 光回線の対応エリアになっているか確認する
    3. 直近で引っ越す予定がないか確認する
    4. 自宅周辺の実測値を確認する
  4. 1人暮らしに光回線はいらない?必要ないと言われる3つの理由
    1. デザリングやホームルーターで代用可能な場合もある
    2. 5Gが利用できる場合は光回線よりも理論上速い
    3. 賃貸の場合は工事ができない場合もある
  5. 1人暮らしでも光回線は必要?光回線が必要な3つの理由
    1. 5G回線が通っていない場合は光回線が最速
    2. デザリングやポケット型Wi-Fiでは大容量高速通信はできない
    3. 多少待てるなら工事はそこまで面倒ではない
  6. 一人暮らしで光回線を導入するときの手順は?
  7. 1人暮らしでインターネットを使う場合|光回線以外だと何がおすすめ?
    1. ホームルーター:無制限のデータ通信が可能
    2. ポケット型Wi-Fi:どこにでも持ち運びが可能
    3. スマホデザリング:スマホを契約していれば使える
  8. 1人暮らしにおすすめの光回線に関するよくある質問は?
    1. 1人暮らしのインターネットはどうすれば契約できる?
    2. 1人暮らしに光回線は本当にいらない?
    3. 1人暮らしのネット料金の平均相場はどのくらい?
  9. まとめ:1人暮らしでも光回線は十分におすすめできる
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

【2022年最新】1人暮らしにおすすめな光回線ランキングTOP11

まずは、一人暮らしにおすすめできる光回線会社を表を使って紹介していきます。

ほのゆき
ほのゆき

今回紹介する光回線会社は「NURO光」「auひかり」「ソフトバンク光」「OCN光」「ドコモ光」「eo光」「コミュファ光」「So-net光プラス」「ビッグローブ光」「@nifty光」「エキサイト光」の11社です。

運営会社月額料金工事費用工事の回数・期間スマホとのセット割引
NURO光
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社2,090円〜5,200円(税込)44,000円(キャンペーン適応で実質無料)工事の回数:2回
工事の期間:1〜3ヶ月
ソフトバンクユーザーの方は最大1,100円(税込)が割引される
auひかり
株式会社INEライティング5,390円〜6,930円(税込)33,000円(キャンペーン適応で実質無料)工事の回数:1回
工事の期間:1〜2ヶ月
auユーザーの方は最大1,100円(税込)が割引される
ソフトバンク光
ソフトバンク株式会社4,180円〜7,920円(税込)26,400円(キャンペーン適応で実質無料)工事の回数:1回
工事の期間:2週間〜1ヶ月
ソフトバンクユーザーの方は最大1,100円(税込)が割引される
OCN光
ocn 光 表用
NTTコミュニケーションズ3,960円〜6,820円(税込)19,800円(キャンペーン適応で実質無料)工事の回数:1回
工事の期間:2週間〜1ヶ月
OCNモバイルONEを使っている方は月額料金が220円(税込)割引される
ドコモ光
NTTドコモ4,400円〜5,720円(税込)19,800円(キャンペーン適応で実質無料)工事の回数:1回
工事の期間:2週間〜1ヶ月
ドコモユーザーの方は最大1,100円(税込)が割引される
eo光
eo光
株式会社オプテージ3,846円〜5,448円(税込)29,700円(キャンペーン適応で実質無料)工事の回数:1回
工事の期間:約1ヶ月
mineoを使っている方は月額料金が330円割引される
コミュファ光
中部テレコミュニケーション株式会社3,380円〜5,215円(税込)27,500円(キャンペーン適応で実質無料)工事の回数:1回
工事の期間:1〜3ヶ月
UQモバイルを使っている方は月額料金が毎月最大858円割引される
So-net光プラス
So-net 光プラス 表用ロゴ
ソニーネットワークコミュニケージョンズ株式会社4,928円〜6,138円(税込)26,400円(一定期間利用することで実質無料)工事の回数:1回
工事の期間:2週間〜2ヶ月
NUROモバイル:利用開始月を除く12ヶ月間は月額基本料金から792円割引
UQモバイル:月額料金が毎月最大858円割引
ビッグローブ光
ビッグローブ株式会社4,378円〜5,698円(税込)19,800円(キャンペーン適応で実質無料)工事の回数:1回
工事の期間:2週間〜2ヶ月
BIGLOBEモバイルを使っている方は毎月最大330円割引される
@nifty光
ニフティ株式会社4,378円〜5,700円(税込)19,800円(キャンペーン適応で実質無料)工事の回数:1回
工事の期間:2週間〜1ヶ月
auスマホを使っている方は最大1,100円(税込)割引される
エキサイト光
エキサイト株式会社2,932円〜4,796円(税込)19,800円(キャンペーン適応で実質無料)工事の回数:1回
工事の期間:2週間〜1ヶ月
なし

以上が11社の光回線会社の基本情報です。「表の情報だけじゃ、各光回線会社の違いがあまりわからない」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

自分にあった回線を正しく選ぶためには、選び方を知る必要があります。安心して利用できる光回線を選択するためのポイントやサービス内容の詳細などを次の見出しで詳しく紹介します。

1位:NURO光

NURO光は最大通信速度が2Gbpsの高速通信が自慢の光回線会社です。通信速度を意識する方も安心して利用できますね。

ほのゆき
ほのゆき

他の光回線会社では、最大通信速度が1Gbpsの会社がほとんどのため、通信速度は他の光回線会社と比べて安定しているといえるでしょう。

月額料金も他の光回線会社と比べて安い料金設定となっており、最大45,000円のキャッシュバックが適応されるキャンペーンも実施されています。

毎月あたりの月額料金も安めに設定されていて、通信速度も申し分ない速度で、現金キャッシュバックキャンペーンが実施されていることなどの情報から、最もおすすめできる光回線会社だといえるでしょう。

ただし、現金キャッシュバックの適応を受けるには、公式特設キャッシュバック窓口から申し込みをしないとキャッシュバックの適応を受けることはできないので注意してください。

 

2位:OCN光

OCN光はとにかく安い光回線会社に契約したいと考えている方におすすめできる光回線会社です。

OCN光は「新生活応援キャンペーン」という、新規契約してから6ヶ月間の月額料金が無料になるキャンペーンが実施されています。

ほのゆき
ほのゆき

キャンペーンの実施期間は「2022年5月9日まで」なので、契約を検討している方は終わる前に早めに契約しましょう。

通信速度に関しては、2020年6月11日に「IPv6インターネット接続(IPoE)」を標準機能として、利用できるようになったことから、回線が混雑することが少なくなり、安定した通信速度を出せるようになっています。

指定のオプションに加入すると、最大33,000円のキャッシュバックの適応を受けることができて、追加オプションに加入せずとも23,000円のキャッシュバックを受け取れることも魅力的だといえるでしょう。

半年間月額料金を払わずとも利用が可能(2022年5月9日まで)で、通信速度もそこそこ安定しており、指定オプションに加入せずとも最低23,000円のキャッシュバックの適応を受けられることから、2番目におすすめできる光回線会社だといえるでしょう。

3位:ドコモ光

ドコモ光はドコモのスマホを使用している方や、初めて光回線に契約するから信頼できる大手ブランドに契約したいと考えられている方におすすめできる光回線会社です。

通信回線に関しては、ドコモ回線を使用していることから電波の提供エリアも全国的に展開されており、通信環境は広めに設定されている点もポイントです。

ドコモのスマホを利用している方は、ドコモのスマホセット割が使える唯一の光回線なので、ドコモユーザーの方はドコモ光に契約することをおすすめします。

ほのゆき
ほのゆき

キャッシュバックの適応金額については、契約プロバイダによって変動しますが、20,000円が相場料金です。

月額料金設定は他の光回線会社と比べると、若干高めですが、通信環境が安定していたり、キャンペーンやサービスも充実していて、運営会社が大手で信頼性もあることから3番目におすすめできる光回線会社だといえるでしょう。

 

4位:auひかり

auひかりはauのスマホを使用している方や、初めて光回線に契約するから信頼できる大手ブランドに契約したいと考えられている方におすすめできる光回線会社です。

通信回線に関しては、au回線を使用していることから電波の提供エリアも全国的に展開されており、通信環境は広めに設定されています。

auのスマホを使っている方は、auのスマホセット割が使える光回線会社なので、auユーザーの方はauひかりに契約することをおすすめします。

ほのゆき
ほのゆき

auひかりには、開通工事費や乗り換えに掛かった費用を保証してくれるキャンペーンが存在します。

3位の「ドコモ光」と同様で、通信環境が安定していたり、運営会社が大手で信頼性が高いことから4番目におすすめできる光回線会社だといえるでしょう。

5位:ソフトバンク光

ソフトバンク光はソフトバンクのスマホを使用している方や、初めて光回線に契約するから信頼できる大手ブランドに契約したいと考えられている方におすすめできる光回線会社です。

通信回線に関しては、ソフトバンク回線を使用していることから電波の提供エリアも全国的に展開されており、通信環境は広めに設定されています。

ソフトバンクのスマホを使っている方は、ソフトバンクのスマホセット割が使える光回線会社なので、ソフトバンクユーザーの方は、ソフトバンク光へ契約することをおすすめします。

ほのゆき
ほのゆき

他社から乗り換えの方は、最大24,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバック金額が大きいこともポイントですね。

3位・4位と同様で、通信環境が安定しており、運営会社が大手で信頼性が高いことから5番目におすすめできる光回線会社だといえるでしょう。

6位:eo光

eo光は関西エリアに住むauユーザーにおすすめできる光回線です。

なぜなら、毎月の月額料金が安い上に、auのスマホ料金が毎月最大で1,100円安くなる割引が使えるからです。

ほのゆき
ほのゆき

eo光の提供エリアは「大阪」「京都」「兵庫」「奈良」「滋賀」「和歌山」「福井」の7都道府県です。

月額料金に関しては、自動的に適応される公式キャンペーンにより業界屈指の安さで利用が可能です。通信速度の速さについても独自回線を使って運用しているため、通信回線速度は速いです。

安定して高速通信が楽しめるので、通信速度を意識する方も安心して利用できますね。

通信エリアが関西に偏っているため、総合的なおすすめの光回線ランキングとしては6位ですが、電波の提供エリア内に住んでいる方は1位だといっても過言ではないといえるでしょう。

 

7位:コミュファ光

コミュファ光は東海地方か長野県にお住まいの方におすすめできる光回線です。

ほのゆき
ほのゆき

auのスマホセット割にも対応しており、auのスマホを使用している方は、月額料金が最大1,100円割引されます。

コミュファ光では、公式キャンペーンとして月額料金の割引キャンペーンが実施されています。毎月あたり約4,000円で利用ができるため、他の光回線会社と比較すると、お得に利用ができます。

さらに、通信回線は独自回線を使用しているため、他の3大キャリアの通信回線を使用している光回線会社と比べると、通信速度は速いといえるでしょう。

なぜなら、独自回線は利用者の多い3大キャリアの通信回線に比べて、利用者が少ないからです。利用者が少ない場合だと、通信回線も混雑することが減るため、通信速度が安定しやすくなります。

電波提供エリアは、東海地方と長野県のみですが、月額料金の安さや通信速度の速さについてはランキング1位だといっても過言ではないといえるでしょう。

 

8位:ビッグローブ光

ビッグローブ光はauスマホを使用している方におすすめできる光回線です。

ビッグローブ光を契約した方で、auスマホを使用している方は毎月あたり1,100円(税込)の割引の適応を受けることができます。

ほのゆき
ほのゆき

ビッグローブ光の通信回線は、フレッツ光を使っているので、電波の提供エリアは日本全国と広めです。

ただし、月額料金は他の光回線会社と比較しても安くはなかったり、通信速度も利用ユーザーが多い傾向にあることから通信速度が速いとはいえません。

キャンペーンの充実度やサービス面も、ランキング上位の光回線会社と比べるとイマイチなことからランキングは8位だと順位付けにいたしました。

 

9位:@nifty光

@nifty光はauスマホを使用している方におすすめできる光回線です。

@nifty光を契約した方で、auスマホを使用している方は毎月あたり1,100円(税込)の割引の適応を受けることができます。

ほのゆき
ほのゆき

@nifty光では最大30,000円の現金キャッシュバックキャンペーンが実施されています。

他にも、モバイル型Wi-Fiのレンタルが最大25ヶ月間無料だというキャンペーンもあります。ただし、月額料金も平均的な値段だったり、解約違約金が高かったりなどのデメリットがあるので9位という順位付けになりました。

 

10位:So-net光プラス

So-net 光プラス 見出し

So-net光プラスはauのスマホを使用している方におすすめできる光回線です。

So-net光プラスを契約した方で、auスマホを使用している方は毎月あたり1,100円(税込)の割引の適応を受けることができます。

ほのゆき
ほのゆき

最大キャッシュバック金額が60,000円と、高額なキャッシュバックの適応を受けられる光回線会社だといえるでしょう。

最大60,000円のキャッシュバックに関しては、契約してから3ヶ月後と1年後の2回に分けて、キャッシュバックの適応を受けられるようになっています。

ただし、他の光回線会社よりも月額料金が高めに設定されていたり、3年利用しなければ解約違約金が掛かるなどのデメリットがあるため10位という順位付けになりました。

 

11位:エキサイト光

エキサイト光は、月額料金が他の光回線会社と比べて安めに設定されている光回線です。

「毎月あたりの月額料金が安いのに、なぜ11位という順位付けなのか?」と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、その理由はスマホのセット割がなく、キャッシュバックの実施がないことが理由として挙げられます。

ほのゆき
ほのゆき

エキサイト光は、電波の提供エリアは日本全国と広めに設定されていますが、回線速度は遅めに設定されているのがポイントです。

毎月あたりの月額料金は安いものの、キャッシュバックなどのキャンペーン内容が薄かったり、通信速度が遅めに設定されているなどのデメリットから11位という順位付けになりました。

 

光回線+格安SIMでお得に利用することができる!

光回線+格安SIMでお得に利用することができる!

光回線と格安SIMは組み合わせ次第でさらにお得に利用できます。ここでは光回線にプラスするとお得になる格安SIMのお得な組み合わせを3つご紹介します。

格安SIMは大手キャリアに負けないくらいの機種数を揃えているだけでなく、料金も圧倒的に安いのでユーザー数を急上昇させています。実際に利用している方も少なくないでしょう。

ポイントをしっかり抑えて光回線を検討する際の参考にしてくださいね。

ほのゆき
ほのゆき

利用している格安SIMがあれば該当する光回線を検討してみましょう。

auひかり+UQモバイル

auひかり+UQモバイル

auひかりは大手3キャリアの中で最も混雑しにくく、人気のある光回線です。auスマホとの割引は知っていても、格安スマホとセットで使うと安くなるというイメージはあまりないかもしれませんね。

人気格安SIMとして知られているUQモバイルは機種のラインナップも非常に豊富です。大手キャリアに負けない満足度もまた、人気の理由といえるでしょう。

auひかりにプラスすることでデータ量の消費を気にする事なく快適にインターネットを楽しめますね。

UQモバイルはau系列の会社が運営している格安SIMなので、お得な割引が用意されています。UQモバイルの方がauひかりを契約すると毎月のスマホ代金が990円〜に。

スマホのデータ量が3GBで問題がないという方は、毎月のスマホ料金が1,000円以下になります。UQモバイルを利用している方は、auひかりを優先的に検討するのが良いでしょう。

ほのゆき
ほのゆき

通信速度、割引ともに文句なしの良い組み合わせですね。

OCN光+OCNモバイル

OCN光+OCNモバイル

OCN光は光回線の中でもトップクラスの安さを誇る人気光回線です。しかしOCNが運営している格安SIM、OCNモバイルONEを契約している方であればさらに安い料金での利用が可能に。

OCNモバイルONE1契約あたり、220円の割引が発生します。家族にユーザー数が多ければ多いほどお得になる仕組みに。

機種のラインナップはそこまで多くはありませんが、対応している端末が多いので、好みのものを事前に購入しておけば問題はないでしょう。OCN光をプラスする事でスマホのデータ消費を抑えられるので、快適に利用できますね。

OCNモバイルONEを利用している方は、OCN光を検討しましょう。

ほのゆき
ほのゆき

コストを意識する方であれば、こちらの組み合わせがオススメです。光回線とスマホ料金を合わせても、かなり安く利用できます。

ソフトバンク光+Y!mobile

ソフトバンク光+Y!mobile

ソフトバンク光はソフトバンクが運営している光回線で、ソフトバンクユーザーにお得な割引を豊富に用意しています。

しかし同系列の会社が運営しているY! mobileもまた、ソフトバンクひかりの契約で、おうち割光セットの対象になります。スマホ一台に対して550円の割引が生じるので非常にお得感が強いですよね。

契約者だけでなくご家族にもY! mobileユーザーがいた場合、同じ割引が発生します。Y! mobileユーザーが多ければ多いほどお得になる仕組みなので、ぜひ活用しましょう。

機種のラインナップも大手キャリアに負けない豊富な内容になっています。ソフトバンクひかりと組み合わせる事でスマホのデータ消費が抑えられるので、かなりの節約になりますね。

格安SIMは月額料金が安く設定されているため、大きな割引は用意されていないケースがほとんどです。これだけの割引はかなり珍しいので、Y! mobileユーザーの方はソフトバンクひかりを優先的に検討しましょう。

ほのゆき
ほのゆき

格安SIMとは思えない大幅な割引が特徴です。ユーザーに対してメリットが強く、おすすめです。

1人暮らしにおすすめな光回線を選ぶ4つの基準

ここでは、1人暮らしにおすすめな光回線を選ぶときの判断基準や選び方を解説いたします。重視すべきポイントを事前に知っておくと選定がスムーズに進むでしょう。

光回線を選ぶときに何を判断基準にすればいいのか分からない方は、ぜひ参考にしてみてください。

住居にネット回線が通っているか確認する

判断基準の1つ目は「住居にネット回線が通っているか確認する」ことです。

ここでの情報はマンションに住んでいる方に向けての情報になりますが、一人暮らし用のマンションに住んでいて光回線を使いたいと考えている場合は、マンションにすでに光回線が入っているかを確認する必要があります。

確認方法としましては、契約時に管理会社から確認することもできますし、あとは間取り図に「光回線対応」と記載があると光回線に対応しているマンションだと確認できます。

ほのゆき
ほのゆき

マンションによっては、光回線が対応していないところもありますので、表記を必ず確認するようにしてください。

自分が住んでいるマンションで光回線が使えない場合は、仮に契約しても使用することはできないので、ネット回線が通っているかは確認しておきましょう。

光回線の対応エリアになっているか確認する

判断基準の2つ目は「光回線の対応エリアになっているか確認する」ことです。

光回線会社によって、電波の提供エリアが全国に展開されている地域もあれば、関西地方のみ・東海地方のみなど、電波の提供エリアは光回線会社によって様々です。

ほのゆき
ほのゆき

自分が住んでいる地域は、契約を検討している光回線の対応エリアに入っているのかを必ず確認するようにしましょう。

光回線の対応エリアに入っているかは、契約を検討している光回線会社の公式ホームページから確認できるので、契約する前に確認しておくことを勧めます。

仮に契約を検討している光回線会社が、電波の提供エリア外の場合は、電波の提供エリア内に入っている会社に変更して選び直すようにしてくださいね。

直近で引っ越す予定がないか確認する

判断基準の3つ目は「直近で引っ越す予定がないか確認する」ことです。

なぜなら、新規で光回線に契約して契約年数以内に解約してしまうと、解約違約金を支払わなければならないからです。

ほのゆき
ほのゆき

解約違約金は会社によって金額に差はありますが、大体10,000円〜20,000円程度の金額が掛かります。目安として知っておきましょう。

光回線会社によって契約年数は2年の会社もあれば、3年の会社もあります。ただし、契約年数が定まっている会社は最低でも契約年数は2年以上あることが多いので、直近で引っ越す予定があるなら、新しい場所に引っ越してから契約することをおすすめします。

もしも、直近で引っ越す予定があるなら、光回線への契約手続きは、引っ越しを終えてから行うようにしましょう。

自宅周辺の実測値を確認する

判断基準の4つ目は「自宅周辺の実測値を確認する」ことです。

光回線を契約するときに、判断基準の1つになるのが通信速度の速さではないでしょうか。光回線には理論上の通信速度が存在しますが、契約するなら自宅周辺の実測値を調べておくと良いでしょう。

なぜなら、自宅周辺で大体どれぐらいの通信速度が出ているのかを把握しておくことによって、自分の利用用途に適している光回線なのかを判断できるようになるからです。

例えば、平均の実測値が300Mbps以上出ていることが契約の条件だとしたら、数ある光回線会社の中から自宅周辺の実測値を調べることで、条件を満たしている光回線会社を選べばいいということになります。

ほのゆき
ほのゆき

実測値を調べるなら「みんなのネット回線速度」というサイトを使って調べることをおすすめします。

 

当サイトおすすめの光回線を見る

1人暮らしに光回線はいらない?必要ないと言われる3つの理由

ここでは、光回線が必要ないと言われる理由について解説していきます。注意点やサービスの詳細を事前に知っておく事で契約すべきなのかどうかの判断がしやすくなりますね。

「光回線に契約しようと思っているけど、光回線に契約する必要がない人の特徴を知っておきたい方」は、以下の情報をチェックしてみてくださいね。

デザリングやホームルーターで代用可能な場合もある

光回線が必要ないと感じる1つ目の理由は「デザリングサービスやホームルーターで代用可能な場合」です。

光回線を契約する最大のメリットは、毎月データ容量に気にすることなく、自分が使いたい分だけデータ通信量を使えて、通信速度も速いことです。

ほのゆき
ほのゆき

光回線は自宅に回線工事を施す必要があることから、コンセントに刺すだけで使えるホームルーターと比べると通信速度は速い傾向にあるといえるでしょう。

毎月使用するデータ通信量がそこまで多くなかったり、通信速度の速さにそこまでこだわらない方は、光回線ではなく、モバイル型Wi-Fiやホームルーターに契約しても良いといえます。

5Gが利用できる場合は光回線よりも理論上速い

光回線が必要ないと感じる2つ目の理由は「5Gが利用できる場合は光回線よりも理論上速い」ことです。

5Gが利用できるホームルーターの中には、光回線よりも、理論上の通信速度が速いものがあります。例えば、ドコモのホームルータである「home 5G」は最大下り速度が4.2Gbpsに設定されています。

ほのゆき
ほのゆき

多くの光回線の最大下り速度は、大抵の場合1Gbpsに設定されていることから、理論上の数値はホームルーターの方が速い場合があることがわかりますね。

ただし、あくまで理論上の数値です。「みんなのネット回線速度」に掲載されている情報をもとに、ホームルーターの「home 5G」と、光回線の「NURO光」の通信速度を比較すると以下の通りです。

NURO光home 5G
実測値Ping値:14.52ms
下り速度:536.56Mbps
上り速度:455.8Mbps
Ping値:55.83ms
下り速度:168.94Mbps
上り速度:18.98Mbps

上の表の情報を見てもらったら分かるように、理論上の数値では「home 5G」の方が断然速いですが、実測値を比べてみると「NURO光」の方が圧倒的に通信速度が速いことがわかります。

仮にホームルーターへの契約を検討しているとしても、理論上の数値だけで決めてしまわないように注意してください。

賃貸の場合は工事ができない場合もある

光回線が必要ないと感じる3つ目の理由は「賃貸の場合は工事ができない場合もある」ことです。

集合住宅に住んでいる場合だと「大家や管理会社から光回線の工事許可が下りない」「光回線を導入できる設備が整っていない」「アパート周りに光ファイバーが通っていない」などの理由から、光回線を新設する工事を施すことができないことがあります。

ほのゆき
ほのゆき

集合住宅に住んでいて光回線を新設したいと思っているなら、契約手続きを進める前に必ず大家か管理会社に連絡を入れるようにしましょう。

もしも万が一光回線を契約できない場合は、ホームルーターかモバイル型Wi-Fiを契約して使うようにしてみるといいでしょう。

 

当サイトおすすめの光回線を見る

1人暮らしでも光回線は必要?光回線が必要な3つの理由

光回線を契約すると毎日の生活が便利になる可能性があります。スマホのデータを気にせずインターネットが楽しめるのでほとんどの場合、満足する結果になるでしょう。

ここでは、光回線への契約をおすすめできる人の特徴や、光回線を契約することのメリットなどをお伝えしてきます。

「光回線を契約するとどんなメリットがあるのか知りたい方」は、以下の情報を参考にしてみてください。

5G回線が通っていない場合は光回線が最速

光回線を契約するメリットの1つ目は「5G回線が通っていない場合は光回線が最速である」ことです。

ほのゆき
ほのゆき

ホームルーターの話ではありますが、5G回線が通っているホームルーターは公式上に発表されている理論上の数値は、光回線よりも速く設定されている傾向にあります。

しかし「5Gが利用できる場合は光回線よりも理論上速い」の見出しで紹介している内容の通り、あくまで理論上の数値なので、実測値は光回線の方が速い傾向にあります。

さらに5G回線が通っていないとなると、5G回線が通っている回線よりも通信速度は遅いことがわかります。光回線は、自宅に工事を施す必要があることからホームルーターよりも通信速度は速いです。

安定した通信速度を求めたいと思う人は、光回線への契約をおすすめできるといえるでしょう。

デザリングやポケット型Wi-Fiでは大容量高速通信はできない

光回線を契約するメリットの2つ目は「デザリングやポケット型Wi-Fiに比べると高速通信ができる」ことです。

光回線は、自宅にケーブルを引き込んで工事を施す必要があるので、端末だけで通信を行っているスマホやポケット型Wi-Fiと違って高速通信が可能です。

ほのゆき
ほのゆき

デザリングやポケット型Wi-Fiでも、高画質な動画を視聴するぐらいなら容易にできますが、ラグなくオンラインゲームをプレイすることは難しいです。

端末を複数同時接続しながら使用したり、オンラインゲームをラグなくプレイしたいという方には、光回線への契約はおすすめできるといえるでしょう。

多少待てるなら工事はそこまで面倒ではない

新規で光回線に契約するなら必ず自宅に工事を施さなければならないわけですが、工事自体は大体1回で済むことが多く、時間も2時間目安で施工できます。

会社によって工事が完了するまでに掛かる期間は異なりますが、契約の手続きを行ってから、大体1ヶ月ぐらいで回線が開通することが多いです。

ほのゆき
ほのゆき

会社によっては、回線が開通するまでの期間はポケット型Wi-Fiを無料でレンタルしてくれる会社も存在します。

工事自体は業者の方が全てやってくれて、こちら側は何もやる必要はないので、そこまで面倒ではありません。当日そこにいて立ち会うだけなので安心してくださいね。

 

当サイトおすすめの光回線を見る

一人暮らしで光回線を導入するときの手順は?

一人暮らしで光回線を導入するときの手順は?

一人暮らしで光回線を導入する際の手順は比較的簡単です。まずは管理会社、もしくは大家さんに導入可能な回線なのかを確認しましょう。一人暮らし用のマンションの場合、工事自体がNGというケースも少なくないので注意が必要ですね。

導入しても問題がない回線であれば、次に申し込みに進みます。申し込みは公式HPから簡単に済ませられるので、5分程度で完了させられるでしょう。

申し込みが完了した後は、工事費日の調整をします。担当の方から連絡が入るので、案内に従って日にちを決めましょう。

工事には立ち合いが必要なので、申し込み前に自分のスケジュールを確認しておくとスムーズです。工事が完了すると、晴れて利用が開始になります。

ほのゆき
ほのゆき

ここまでで目安として1~3ヶ月程度かかるケースがほとんど。一人暮らし用のマンションやアパートに光回線を導入する場合は、スケジュールに余裕を持って申し込みましょう。

 

当サイトおすすめの光回線を見る

1人暮らしでインターネットを使う場合|光回線以外だと何がおすすめ?

ここでは、1人暮らしでインターネットを使う場合、光回線以外で使えるものを解説していきます。

光回線以外にも使えるネット環境を知っておきたいと思われる方は、以下の情報を参考にしてみてください。

ホームルーター:無制限のデータ通信が可能

光回線以外に使えるネット環境の1つ目は「ホームルーター」です。

ホームルーターは、コンセントに刺すだけでWiFiを使えるようになるお手軽な商品です。毎月使えるデータ通信容量も無制限と光回線と似た性能を持っています。

ほのゆき
ほのゆき

ホームルーターは別名「据え置き型WiFi」とも言われます。

しかし、ホームルーターは工事を施さずに使用できることから、通信速度の速さは光回線の方が速いといえるでしょう。

ポケット型Wi-Fi:どこにでも持ち運びが可能

光回線以外に使えるネット環境の2つ目は「ポケット型Wi-Fi」です。

ポケット型Wi-Fiは、どこにでも持ち運びが可能で使用できるタイプのネット環境となっており、電波の提供エリア内であればどこでも利用が可能です。

ほのゆき
ほのゆき

ポケット型Wi-Fiは別名「モバイル型Wi-Fi」とも呼ばれます。

ポケット型Wi-Fiも光回線のように開通工事を施す必要がないため、早くて契約手続きを行って即日に使えるようになることもあります。

通信速度の速さに関しては、光回線やホームルーターと比べると多少劣りますが、普段の生活でネット環境を利用するぐらいだと支障なく使えるので、高速通信を望む方以外にはおすすめできます。

スマホデザリング:スマホを契約していれば使える

光回線以外に使えるネット環境の3つ目は「スマホデザリング」です。

スマホデザリングは、スマートフォンを所持していれば、どこでもWiFiを使える仕組みのことをいいます。

ほのゆき
ほのゆき

誰でも使えますが、データ容量を使いすぎて、通信容量がオーバーしてしまわないように注意してください。

ただし、スマホデザリングサービスはスマホの通信容量をそのまま使うことから、契約しているプランが小容量のプランの場合、直ぐに通信容量をオーバーしてしまう恐れがあるでしょう。

スマホを契約していれば、誰でもデザリングはできますが、自分は何GBのプランに契約しているのか情報は把握しておいた方がいいですね。

 

当サイトおすすめの光回線を見る

1人暮らしにおすすめの光回線に関するよくある質問は?

ここでは、1人暮らしにおすすめの光回線に関してよくある質問を解説していきます。

この中に、気になる質問内容があれば、回答している内容を参考にしてみてください。

1人暮らしのインターネットはどうすれば契約できる?

インターネット環境には、公式サイトから申し込み手続きを行うことで契約できます。

ほのゆき
ほのゆき

キャンペーンでキャッシュバックの適応を受けたい方は、指定されたURLから契約手続きを行わないと、キャッシュバックの適応を受けられないことがあるので注意してください。

ポケット型Wi-Fi・ホームルーター・光回線のいずれかに契約するとしても、公式サイトから個人情報を入力して、指示される通りに必要事項を入力していけば契約が可能です。

1人暮らしに光回線は本当にいらない?

データ量を気にせずインターネット通信が楽しめるのはかなり便利ですが、1人暮らしで大容量の高速通信を求めていないのであれば、光回線をしなくても良いと思われます。

どこでも持ち運びができて、毎月使用するデータ通信量が100GBを下回るようであれば、ポケット型Wi-Fiを。データ通信量に制限なく無制限にデータ通信ができて、工事を施すのが面倒だと感じるかたは、ホームルーターを契約すると問題ないでしょう。

ほのゆき
ほのゆき

大容量のデータ通信と高速通信を求めている場合は、光回線への契約をおすすめします。

自分の利用用途に合ったネット環境を選択し、適切なものを契約するようにしてくださいね。

1人暮らしのネット料金の平均相場はどのくらい?

1人暮らしのネット料金の平均相場は、光回線・ホームルーター・ポケット型Wi-Fi、いずれとも平均相場には違いがあります。

実質的な料金は「月額料金」「初期費用」「キャンペーン」などの料金を含んだ料金となるため、具体的な料金は言えませんが、順位的にいうとポケット型Wi-Fiが1番安くで利用ができ、次にホームルーター、次に光回線となります。

ほのゆき
ほのゆき

月額料金の相場を出すと、ポケット型Wi-Fiが4,000円、ホームルーターが4,500円、光回線が5,000円といったイメージを持っていただくとわかりやすいかと思います。

 

当サイトおすすめの光回線を見る

まとめ:1人暮らしでも光回線は十分におすすめできる

1人暮らしでも、大容量のデータ通信と高速通信を求めているのであれば光回線への契約はおすすめできます。

ただし、毎月あまりデータ容量を使わない人や高速通信を求めていない人にはおすすめできません。光回線を契約すると、毎月あたり5,000円近くの料金が掛かるため、必要だと感じたら契約するようにしましょう。

ほのゆき
ほのゆき

自分の利用用途に合ったWiFiを契約してください。最後までご精読いただきありがとうございました。

 

当サイトおすすめの光回線を見る