お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00

Wi-Fiおすすめ比較WiMAX

【2023年2月】WiMAXのおすすめプロバイダ比較14社-月額料金や総額の安さで選ぶTOP3を紹介-

WiMAXのおすすめってどこなんだろう?

お得に使えるキャンペーン情報や機種の選び方は?

たろっさ
たろっさ

金額や施策、キャッシュバック額などで大きな差が出ます!

こんにちは!コムナビ編集部です。

ポケットWi-Fiとして優秀で価格も安く、手軽に利用できるWiMAX。コロナ禍の拡大、長期化に伴って家庭用の通信手段として使用している人も増えています。

しかしWiMAXと一口にいっても「UQ WiMAX」や「Vision WiMAX」などとにかくさまざまな種類のプロバイダがあり、どれを選んでいいかイマイチわからないという人も多いですよね。

そこで、今回はプロの家電ライターであるたろっさが厳選したWiMAXのおすすめプロバイダを選び方とともにご紹介

月額料金やキャッシュバックなどのお得に利用できるキャンペーン、縛りの有無や解約のしやすさなどさまざまな観点から本当におすすめできるもののみを選びましたのでぜひご覧ください。

この記事でわかること
・おすすめ主要14社のWiMAXプラン
・失敗しない!WiMAXを選ぶ時のポイント
・WiMAXを契約する時の注意点
・WiMAXがおすすめなのはこんな人
・おすすめのWiMAXに関するよくある質問
また、WiMAXを含めたおすすめのWi-Fiを知りたい方は「自宅Wi-Fiおすすめ18社」をご覧ください。
 
【この記事を書いた人】
たろっさプロ家電ライターたろっさ
ゲームと妻と温泉巡りが大好きな37歳。
20歳のときにメーカーヘルパーとして家電量販店を経験し、家電の世界へ飛び込む。元から接客と家電に興味があり、昔からの趣味のPCの知識を活かしながら勉強の日々を過ごし、2年で年商2億円を突破。現在は専業家電ライター(mybest)として活動中。家電量販店で携帯コーナーを担当した経験から通信機器、光回線など通信系にも精通しており、家電系のブログも運営している。

ブログ:家電損をしない買い方をプロの販売員が教えますhttps://taromomo.com
\2月のWiMAXおすすめプロバイダ3選はコレ/

 

プロバイダ名公式サイト契約期間月額料金端末代金初期費用キャンペーン

GMOとくとくBB WiMAX

https://gmobb.jp/2年~1~2ヶ月目:1,474円
3~36ヶ月目:3,784円
37ヶ月目以降:4,444円
21,780円3,300円・最大40,000円キャッシュバック
・月額料金値引き総額61,578円
・解約違約金0円

DTI WiMAX

https://dream.jp/mb/wm/2年1~25ヶ月目:4,180円
26ヶ月目~:4,730円
21,780円3,300円・13ヶ月利用で端末代金(21,780円)キャッシュバック

5G CONNECT

5G Connect | free web hope

https://5g-connect.net/2年/なし実質月額3,718円
(3ヶ月まとめ払い未使用時;4,727円)
0円(原則レンタル)3,300円・2年契約プラン/3ヶ月まとめ払いで計5ヶ月無料
*更新日:2023/2/3

 

目次 INDEX
  1. WiMAXプロバイダを選ぶ時のポイント4つ
    1. キャッシュバックで返ってくる料金で選ぶ
    2. キャッシュバックや月額料金の割引など自分に合ったキャンペーンで選ぶ
    3. 最新機種が選択可能なプロバイダを選ぶ
    4. プロバイダの通信量は自分に合ったプランを選ぶ
  2. ※2022/07/01より契約解除料が大幅に減額されました!
  3. WiMAXおすすめプロバイダランキングTOP3
    1. 1位:5GCONNECT:3ヶ月おまとめ支払いがコスパ抜群
    2. 2位:ASAHIネットWiMAX+5G
    3. 3位:DTI WiMAX 2+
  4. WiMAXおすすめプロバイダ主要14社のプランを徹底比較|表でカンタン比較
    1. Broad WiMAX:月額料金がリーズナブル
    2. 5GCONNECT:3ヶ月おまとめ支払いがコスパ抜群
    3. hi-ho WiMAX:通信サービスの品質が本家と同じ
    4. GMOとくとくBB WiMAX
    5. BIGLOBE WiMAX:大手が運営するプロバイダで安心感が○
    6. EXWiMAX5G:1年目の月額ほぼ最安・機種代金無料
    7. UQWiMAX:WiMAX本家の安心感がある
    8. KT WiMAX:ケーズデンキ提携のリアル店舗型
    9. YAMADA air mobile WiMAX:大型店舗ならではの安定感
    10. So-net WiMAX:最短翌日発送でスピーディー
    11. au WiMAX:auユーザーの人におすすめ
  5. WiMAXのプランは「ギガ放題プラスプラン」のみ
  6. WiMAXのおすすめモバイルルーターは「X11」か「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」
    1. WiMAXのモバイルルーター
    2. WiMAXのおすすめホームルーターは「L12」か「L11」
  7. WiMAXを契約する時の注意点
    1. WiMAXの提供エリアかどうかを確認する
    2. プランでも大量使用の場合は通信制限の可能性アリ
    3. キャッシュバックなどお得なキャンペーンには注意が必要
    4. 5Gプランを契約する際にはWiMAX 5G対応端末をチェックする
  8. WiMAXがおすすめなのはこんな人
    1. 屋内だけでなく外でも気軽にWi-Fiを使いたい
    2. 通信速度の速い光回線の工事ができない人
  9. WiMAXをおすすめできない人
    1. データ容量の多さよりも安さを重視したい人
    2. 家族みんなで早い速度でネットを利用したい人
    3. オンラインゲームや株・FXなどを行っている人
  10. WiMAXのメリット・デメリット|Wi-Fiとの比較について
    1. WiMAXのメリット|即日利用できて通信が無制限
    2. WiMAXのデメリット|エリア制限があり通信速度はそこまで速くない
  11. おすすめのWiMAXに関するよくある質問
    1. WiMAXプロバイダのおすすめ機種はどれ?
    2. WiMAXプロバイダの通信速度はどのくらい?
    3. WiMAXプロバイダのおすすめホームルーターは?
    4. WiMAXの契約はネットで申し込んだ方がお得になる?
    5. WiMAXのギガ放題プランと通常プランはどっちがおすすめ?
    6. WiMAXのプロバイダが変わると何が変わるの?
    7. ポケットWi-Fiを比較しておすすめ?どっちがいい?
    8. WiMAXの新機種はいつ出るの?
    9. WiMAXのギガ放題プラスとは?
    10. WiMAXの速度が遅いのはなぜ?
    11. WiMAXが圏外になるのはどうして?
    12. WiMAX 5GとWiMAX2+の違い
    13. WiMAX 5Gのエリアに入っていないから意味を感じない?
  12. まとめ:おすすめのWiMAXを選んでインターネットを快適に
    1. おすすめのWiMAX3選
コールアクション

電話で無料相談受付中

                       

【受付】10:00 - 21:00 受付休止:12/28~1/4

WiMAXプロバイダを選ぶ時のポイント4つ

WiMAXプロバイダを契約する際に注意するべきポイントは?もっとお得に利用したい場合も必見の着眼点を紹介。

ここでは、実際にWiMAXを選ぶときに注目したい4つのポイントについて説明していきます。この4つのポイントを押さえておくと、あなたにピッタリのWiMAXプロバイダを選ぶことができるでしょう。

契約して失敗だった…とならないためにも、契約前にWiMAXプロバイダをしっかり比較することが大事です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

キャッシュバックで返ってくる料金で選ぶ

たろっさ
たろっさ

プロバイダによってキャンペーンの内容は違いますが、一番わかりやすいのがこちらのキャッシュバックを比較する方法でしょう。

WiMAXを契約したことにより現金やギフト券が還ってくるというものなので、何円のキャッシュバックが適用されるかでWiMAXを選ぶのも一つの方法です。

ただ、キャッシュバックを行っているキャンペーンの注意点として、規則にのっとった手続きをしないとキャッシュバックを受け取れなかったり、受取の時期が契約の1年後だったりすることが挙げられます。

ただ単にWiMAXを契約しただけで〇円キャッシュバックされるが決まるというわけではありません。手続きなしでお金が還ってくるというわけではないので注意しましょう。

WiMAXを契約する時には、「〇円のキャッシュバックが○○で受けられます」などの条件を見てWiMAXを選びましょう。お得に利用するためにはチェックしておかなくてはなりません。

しかしながら2022/07/01以降、どこの事業者もプラン変更を余儀なくされたため、即金でのキャッシュバックというのはかなり減ってしまっています。

キャッシュバックや月額料金の割引など自分に合ったキャンペーンで選ぶ

キャッシュバックを受けられるか否か以外にも、月額料金を割引してくれるなどお得に利用できるキャンペーンをしているWiMAXプロバイダもあります。

長く使うのであれば月額料金の割引は馬鹿にならないので、料金が安いWiMAXのプロバイダを探しているなら重要なポイントでしょう。こちらのお得に利用できるキャンペーンを優先してWiMAXのおすすめプロバイダを選ぶのもいいかもしれません。

その他にも初期費用を無料にしてくれるキャンペーンや、乗り換えの違約金を○円のキャッシュバックするなど負担してくれるキャンペーンをしているプロバイダもあります。

これらの金額を差し引いた後の実質月額を見ておくことが、最安料金で利用するのに大事なポイントになります。気になったサービスのWiMAXプロバイダを他サービスを比較して、最安のものを選べば最もお得ですよ。

もし、WiMAXの料金比較が難しいようであれば、当サイトにある料金表を使ってWiMAXプロバイダの料金比較を行ってみてください。

最安料金でWiMAXを利用するためにも、自分に合ったキャンペーンを見つけたいね。

最新機種が選択可能なプロバイダを選ぶ

プロバイダによって扱っている機種には違いがありますが、最新機種のほうが性能は高くなっています。そのため最新機種を選択可能なプロバイダからWiMAXを選ぶのもおすすめです

たろっさ
たろっさ

端末によって大きさやデザインが違うのはもちろんですが、いちばん重要なのは通信速度が違うという点です。

機種によって高速通信の対応エリアも違ったりするので、自分の住んでいる地域にあった端末を選ぶようにしましょう。持ち運びして使いたいという人は、バッテリーの容量もチェックしておくと良いですね。

プロバイダの通信量は自分に合ったプランを選ぶ

それぞれのプロバイダは、通信量別にプランを複数用意していることがあります

プランによって月額料金が変わってくるので、自分がどれくらいの通信量を必要としているかをしっかりチェックしてからWiMAXを選びましょう。

ゲームや長時間の動画視聴を楽しみたいのであれば、容量無制限のプランをおすすめします。料金が安いという理由で容量に制限のあるプランを選んでしまうと、すぐに速度制限をかけられてしまったり追加で通信容量を購入する必要が出てきたりします。

ちょっとしたメールのチェックや、ビジネスでの軽い利用くらいであれば少ない容量で対応できます。

たろっさ
たろっさ

5Gが主流になってからはプランが単一の所も増えてきました。

※2022/07/01より契約解除料が大幅に減額されました!

光回線、キャリアWi-Fi、クラウドSIMWi-Fiなどと同じくWiMAXも契約解除料の上限が「1月の月額以下」と定められたため、高額な契約解除料を課せられることが無くなりました。同時に月額も引き下げられ、今後契約を行う方には大きな追い風となっています。

ただし、それに伴って高額なキャッシュバックなどはかなり減ってしまっているためご注意ください。また、縛りがないといってもほとんどの事業者が端末割賦代金を月々割引で実質無料にしており、途中解約をすると端末の残債を一括請求される契約が多くなっています。

詳しくは、総務省の消費者保護ルールをご覧ください。

たろっさ
たろっさ

今後は各キャリアとも月額の安さで見ていくのが主流になりそうです。また、国の判断により大きく施策が変わる可能性もありますので、今後も注意しましょう。

\ 【まずチェックしておきたいWiMAXの選び方】 /

■WiMAXプロバイダを選ぶときは安いものを選ぶべき
■コスパ良くWiMAXを使うなら「GMOとくとくBB」がおすすめ
■月額料金だけでなくキャッシュバックや端末代など総合額を見よう

2022年5月現時点で最もお得に利用できるのは「GMOとくとくBB」です。キャッシュバック額が大きく、月額料金も安いため、負担を少なくWi-Fi環境を整えられますよ。

ただ、WiMAXのキャンペーン内容は変化しやすい傾向にあります。今後おすすめできるWiMAXが変動する可能性は少なくありません。

GMOとくとくBBのWiMAX情報を見る

※この情報はコムナビが独自に調査した内容を基に作成しています。記事を公開したのちは定期的に見直しをしておりますが、最新情報等は公式サイトからご確認ください。

WiMAXおすすめプロバイダランキングTOP3

以下ではWiMAXを利用したい方向けに、2年間の総額料金が安いおすすめのプロバイダを3種類ピックアップしました。

たろっさ
たろっさ

少しでも料金を抑えてWiMAXを利用したい方は参考にしてください。

プロバイダ

月額料金

2年間の総額料金

事務手数料(初期費用)

キャンペーン・キャッシュバック

5GCONNECT

4,950/3,718円(5ヶ月分0円)

117,150

3,300円(事務手数料)

なし

ASAHIネットWiMAX+5G

開始月:0

スタートキャンペーン適用225ヶ月目:3,278

100,478

3,300

なし

DTI WiMAX 2+

125ヶ月目:4,180
26
ヶ月目~4,730

103,620

3,300

13ヶ月以上利用で端末代金21,780円キャッシュバック

GMOとくとくBBWiMAXではすべての方を対象に23,000円のキャッシュバックキャンペーンを行なっています。これにより2年間の総額が最も安いです。

キャッシュバックキャンペーンは23,000円還元と大きい金額ではありますが、月額料金自体はASAHIネットなどと比べると割高なため、実際に契約する際はキャッシュバックキャンペーンが引き続き行われているかを確認してから契約するようにしてください。

1位:5GCONNECT:3ヶ月おまとめ支払いがコスパ抜群

5G CONNECT

公式サイト:https://5g-connect.net/

料金

月額4,950円 

端末代金

レンタル無料

初期費用

手数料 3,300円

契約期間

3か月以降なし 

2年間の総額料金

117,150円

解約金・違反金

0円(3か月以内:1,100円)

乗り換えキャンペーン

なし

キャッシュバックキャンペーン

なし

運営会社

株式会社FREEDiVE

5GCONNECTはこんな人におすすめ!

・短期間契約の可能性がある
・とにかく新しいプロバイダを使用したい
1日でもはやく使用したい
契約期間の縛りが気になる人
たくさんネットを使いたい人

5GCONNECTには、3か月以降の契約期間の縛りがありません。

そのため、3か月~1年など短い期間で使いたい人にはおすすめです。短期間での制限がかからないのも嬉しいポイント

また5G CONNECTは法人プランがあります。詳細は、こちらのページに詳しく記載しているので、合わせてご覧ください。

たろっさ
たろっさ

5GCONNECTのプランについて、202210月新たなプランが誕生しました。

2年契約が必須にはなりますが、WiMAX+5Gを利用した回線かつ業界最安級の料金を実現した魅力的なプランです。

さらに30日間お試し期間もあります。

また、3か月おまとめ払いが適用され、月額料金5ヶ月分が無料に(3,6,9,12,15ヶ月目が月額料金0円に)。

3ヶ月に1回、2ヶ月分の支払いを行わなければいけませんが、払わなくて良い月があるというのはメリットのほうが大きいと感じる人が多いでしょう。

契約を伴うWiMAXの利用は縛りのないプロバイダを選んだとしても最低でも1ヶ月です。それよりも短期で使用したいのであればレンタルを活用するなどの工夫が必要になる点は留意しましょう。

5GCONNECTのメリット|契約期間は3ヶ月のみ

◎ 縛りが短く使える
◎ 短期間での速度制限がかからない

最低3か月は使用しなくてはならないものの、それ以降は契約縛りがありません。

短期間で解約する可能性がある人も、縛りを気にせず使用できるのが魅力的でしょう

たろっさ
たろっさ

また、3日で10GBの制限など、短期間での速度制限もありません。

仕事や趣味などでネットをたくさん使う人にもおすすめですよ

5GCONNECTのデメリット|キャンペーンの少なさがやはりネック

 キャンペーンが少ない
 端末はレンタルのみ

キャンペーンが少ないという点はどうしてもデメリットになります。月額が安い分、キャッシュバックや割引などの施策は行っていません。裏を返せばキャッシュバックを受けるために継続しなければいけないなどがないため、気軽に契約を乗り換えられるということになります。

また、端末はレンタルのみになっています。機器購入→解約して端末を手に入れて格安SIMで運用といったことはできない点は注意しましょう

端末の再利用ができない+端末返却の際、不備があるとそれだけ余計なお金がかかることもあるので、そこは注意しましょう。

arrow rightWiMAXの中で最安級arrow right

2位:ASAHIネットWiMAX+5G

公式サイト:https://asahi-net.jp/service/mobile/wimax5g/

月額料金

開始月:0

スタートキャンペーン適用225ヶ月目:3,278

端末代金

21,780

初期費用

3,300

契約期間

縛りなし

2年間の総額料金

100,478

解約金・違反金

0

乗り換えキャンペーン

なし

キャッシュバックキャンペーン

なし

運営会社

株式会社朝日ネット

ASAHIネットWiMAX+5G1位のGMOとくとくBB WiMAXと比べて月額料金が安いのが特徴です。

キャッシュバックキャンペーン等はありませんが、月額料金の安さだけで2年間の総額は2位となっていますので、キャッシュバックキャンペーンの手続きなどが面倒だという人にはおすすめのプロバイダといえるでしょう。

ASAHIネットWiMAX+5Gのメリット|他のプロバイダにないサービスと端末の安さ

固定IPアドレス付与プランがある
◎ 月額が一切変わらない

通常、WiMAXは変動IPになっているため、IPの固定が必要なネットゲームや証券取引などでは接続自体が弾かれてしまう場合があります。

しかし、ASAHIネットWiMAX+5Gでは固定IP付与プランがあるため、こういった問題を解決できる強みを持っているのが特徴です。

たろっさ
たろっさ

また、月額料金は解約するまで一切変わりません。

24ヶ月目まで月々500円の割引がありますが、それ以外に余計にかかる部分はないため、安心して使用できるでしょう。

リモートデスクトップや社外からの社内サーバーアクセスなど、セキュリティ面で大きな効果がある固定IPを取得できる点は、とくにビジネスシーンで効果を発揮する期待が見込めます。

ASAHIネットWiMAX+5Gのデメリット|他社のキャンペーン次第では割高の可能性も

旧プラン時のキャンペーンなどはかなりメリットが大きかったASAHIネットですが、価格改定後は月額自体がかなり値上がってしまいました。

とはいえ、キャンペーンで24ヶ月間500円割引などがあるので比較的料金は抑えられていますが、他社のようにキャンペーン等がないので、他社のプラン次第でお得になることもあれば、おすすめできないこともあるのがデメリットといえるでしょう。

たろっさ
たろっさ

また、プラスエリアモードが無料というわけではなく、月額がどうしても高く付いてしまうのは痛い点です。

arrow right月額が一切変わらないarrow right

3位:DTI WiMAX 2+

公式サイト:https://dream.jp/mb/wm/

月額料金

125ヶ月目:4,180
26
ヶ月目~4,730

端末代金

21,780

初期費用

3,300

契約期間

103,620

2年間の総額料金

2

解約金・違反金

更新月以外での解約時、1,100

乗り換えキャンペーン

なし

キャッシュバックキャンペーン

13ヶ月以上利用で端末代金21,780円キャッシュバック

運営会社

株式会社ドリーム・トレイン・インターネット

DTI WiMAX2+には13ヶ月以上の利用で21,780円のキャッシュバックが利用できる特典があります

たろっさ
たろっさ

このキャッシュバックの料金による効果が大きいことで3位となっています。

しかし、キャッシュバックを受け取るための「13ヶ月以上の利用」という条件はかなり厳しい条件となっている点には注意が必要でしょう。

DTI WiMAX 2+のメリット月額料金が安め

4,000円強と5G対応のモバイルルーターの中では安め

550円の割引が2年間入るため、2年間は月額4,180円、その後も4,730円と5G対応プロバイダの中では安めの金額と言えます。

また、13ヶ月後にはなるものの、端末代金21,780円をまるごとキャッシュバックしてくれるサービスは金額としては大きいので十分に利用する価値があるでしょう。なるべく月の通信料金を抑えたい人にはとくにおすすめです。

DTI WiMAX 2+のデメリットキャッシュバックキャンペーン適用までの期間が長い

 ハイスピードプラスエリアモードオプションが有料
キャッシュバックまでの期間が13ヶ月というのは決して短い期間であるとはいえない
たろっさ
たろっさ

月額は安いですが、ハイスピードプラスエリアモードオプションは有料で月1,100円かかるという点には注意が必要です。

WiMAXで接続できる場所で使用するのであれば問題はないものの、auしか繋がらない場所をメインで利用している場合、月額はそこまで安いとはいえなくなってしまいます

また、キャッシュバックを受け取るためには13ヶ月以上の利用が必要となる点には注意が必要です。途中で解約してしまったりすると、結果としてキャッシュバックを受け取れなくなってしまいます。

arrow right業界3位の安さarrow right

WiMAXおすすめプロバイダ主要14社のプランを徹底比較|表でカンタン比較

それぞれが別のキャンペーンを実施しており、契約期間や月額料金が異なることに注目です。また、キャッシュバックが適用される金額も異なるので、お得に利用できるか総合金額で判断して選びましょう。

WiMAXプロバイダを選ぶ際の最も大事なポイントは、「料金が安いかどうか」です。WiMAXのプロバイダによって対応するエリアや通信速度などは変わりません。

そのため、気になるプロバイダを選んで契約するよりも、キャッシュバックの適用額や月額料金を含めて支払う料金が安いものを選ぶことが重要なのです。

月額料金が安くても、キャッシュバックが適用されなかったり初期費用が高かったりする場合も少なくありません。

たろっさ
たろっさ

そうなると、お得に利用できるWiMAXプロバイダだとはいえないでしょう。

【複雑な料金設定を簡単に計算する方法】

月額料金のみに騙されず、キャッシュバックが適用される金額や初期費用、解約料金などの実質月額かかってくるものに着目してください。

ここからは、WiMAXの主要プロバイダを比較表にして紹介していきます。

【当サイトおすすめのWiMAXプロバイダ】

プロバイダ名

公式サイト

月額料金

初期費用

2年間の総額料金

キャンペーン

解約費用

契約期間

Broad WiMAX

https://wimax-broad.jp/

1ヶ月目:1,397
2
ヶ月目以降:3,883

20,743円(無料になるキャンペーンアリ)+3,300円(事務手数料)

110,786

初期費用無料

24か月以内:3,883
25か月目以降:0

2年〜

5GCONNECT

https://5g-connect.net/

縛りなしプラン:4,950円/月
2年プラン:実質3,718円/月

3,300円(事務手数料)

92,532円

2年プラン選択で5ヶ月分無料

0円/1~15ヶ月目解約:4,727円(税込)
16~23ヶ月目解約:4,298円(税込)
24ヶ月目~解約:4,950円(税込)

なし/2年

hi-ho WiMAX

https://hi-ho.jp/course/hihomobile/wimax5/

初月:4,268/月~
1
5ヶ月目:4,268
6
24ヶ月目:4,818
25
ヶ月目~:5,368

3,300

115,632

プラスエリアモード0

023ヶ月目まで:4,880
24
26ヶ月目:0

2

GMOとくとくBB WiMAX

 

https://gmobb.jp/

12ヶ月目:1,474
3
36ヶ月目:3,784
37
ヶ月目以降:4,444

 

3,300

 

88,276円

申し込み特典:23,000

0〜24ヶ月以内の解約金:1,100円

2年〜

BIGLOBE WiMAX

https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/5g/

1ヶ月目:2,079
2
ヶ月目~:4,928

3,300円(事務手数料)

118,783

5,000円キャッシュバック
24
ヶ月間913円割引

0

なし

EXWiMAX 5G

https://exwimax.jp/5g/

1年目
3,850
/
2
年目以降
4,950
/

3,300

123,150

端末代金無料
プラスエリアモード無料
1
年間月額1,100円割引
でんき同時申し込みで5,000円キャッシュバック
dTV1
ヶ月無料

3,850

2

UQ WiMAX

https://www.uqwimax.jp/wimax/

125ヶ月目:4,268
それ以降:4,950

3,300

127,512

25ヶ月間月々682円割引

1,100

2

KT WiMAX

https://ktwimax.com/

125ヶ月目:4,268/月~
26
ヶ月目~:4,950

3,300

127,512

なし

なし

なし

YAMADA air mobile WiMAX

http://www.yairmobile.jp/

125ヶ月目:4,268/月~
26
ヶ月目~:4,950

3,300

127,512

なし

なし

なし

So-net WiMAX

https://www.so-net.ne.jp/access/mobile/wimax/

4,730

3,300

137,170

なし

なし

なし

au WiMAX

https://www.au.com/mobile/charge/data/plan/routerplan/

4,721/月~

3,300

138,384

なし

なし

なし

・月額料金の安さ
・実質料金(2年間の総額料金からキャンペーンなどを差し引いたもの)
・店舗で契約可能か

上記3つの観点を中心に、ユーザーの使いやすさなどを総合的に判断した中からおすすめのWiMAXプロバイダを14社紹介していきます。

キャッシュバックがいくら適用されるのかなどお得なキャンペーンについてもまとめているので、お得に利用できるWiMAXプロバイダが見つかるはずです。

たろっさ
たろっさ

自分にピッタリのWiMAXプロバイダを選んでみましょう。

Broad WiMAX:月額料金がリーズナブル

公式サイト:https://wimax-broad.jp/

料金

1ヶ月目:1,397
2
ヶ月目以降:3,883

端末代金

21,780

初期費用

20,743円(無料になるキャンペーンアリ)+3,300円(事務手数料)

契約期間

2

すべてのキャッシュバックキャンペーンを含む2年間の総額料金

110,786

解約金・違反金

24か月以内:3,883
25か月目以降:0

乗り換えキャンペーン

他社違約金負担(最大19,000円まで)

キャッシュバックキャンペーン

2台目キャンペーン:5,000

運営会社

株式会社Link Lite

Broad WiMAXでは、当サイト限定19,000円まで他社違約金を負担してくれるキャンペーンを実施中です。

こちらから契約いただくとさらに5,000円のキャッシュバックを受けられるので、お得に契約されたい方は、ぜひご利用ください。

Broad WiMAXはこんな人におすすめ!

・他社からオトクに乗り換えて使用したい

・月額をシンプルに安くしたい
・割高ではあるものの口座振替を利用したい
別のネットを使っている人
今すぐに乗り換えたい人

Broad WiMAXはすぐにでも別のインターネット回線に乗り換えたい方におすすめです。

Broad WiMAXほど乗り換え違約金に力を入れているプロバイダはありません。そのため、乗り換える目的で契約するならBroad WiMAXが一番条件がよいです。

たろっさ
たろっさ

まだ、違約金の高さから我慢してインターネット回線を利用している方がいれば、Broad WiMAXを検討してみてください。

Broad WiMAXのメリット|乗り換え時の違約金を負担してくれる

乗り換え時の違約金を負担してくれる
キャッシュバックキャンペーンが開催されている

Broad WiMAXは他社の違約金を乗り換え時に負担してくれます。上限は19,000となっていて、ここで負担してくれる金額は非課税扱いとなります。

インターネット回線を利用していると、誰しも一度は契約しているサービスに不満を感じて解約を検討したくなることがあるでしょう。しかし、契約期間中に解約すると高い違約金が発生してしまうため、なかなか解約に踏み切れない方が多いです。

ですが、Broad WiMAXに乗り換えれば違約金を負担してもらえるため、早く解約したいという悩みを解消してくれます我慢してサービスを使い続けると無駄な料金を払うことになるため、早めに解約を進めたほうがよいです。

たろっさ
たろっさ

契約してから失敗しないためにも、事前にBroad WiMAXを含め、契約先のことはよく調べておきましょう。

Broad WiMAXのデメリット|口座振替だと割高になる

口座振替だと手数料がかかる
キャッシュバックの金額は高くはない

Broad WiMAXは口座振替にすると少し損してしまいます

クレジットカードと口座振替の両方に対応してくれるプロバイダは限られていると説明しました。Broad WiMAXもその1つですが、2つの支払い方法の手数料に格差があります。

クレジットカードが手数料がかからないのに対して、口座振替だと220円かかってしまいます1年間で2,500円程度のコストが発生してしまうため、Broad WiMAXを契約するときはなるべくクレジットカード払いを利用したほうがよいです。

それでも口座振替を用意しているというのはメリットという見方もできます。WiMAXの事業者の中にはクレジットカードのみの支払い方法しかない所もそれなりにあります。

5GCONNECT:3ヶ月おまとめ支払いがコスパ抜群

5G CONNECT

公式サイト:https://5g-connect.net/

料金

月額4,950円 

端末代金

レンタル無料

初期費用

手数料 3,300円

契約期間

3か月以降なし 

2年間の総額料金

117,150円

解約金・違反金

0円(3か月以内:1,100円)

乗り換えキャンペーン

なし

キャッシュバックキャンペーン

なし

運営会社

株式会社FREEDiVE

5GCONNECTはこんな人におすすめ!

・短期間契約の可能性がある
・とにかく新しいプロバイダを使用したい
1日でもはやく使用したい
契約期間の縛りが気になる人
たくさんネットを使いたい人

5GCONNECTには、3か月以降の契約期間の縛りがありません。

そのため、3か月~1年など短い期間で使いたい人にはおすすめです。短期間での制限がかからないのも嬉しいポイント

また5G CONNECTは法人プランがあります。詳細は、こちらのページに詳しく記載しているので、合わせてご覧ください。

たろっさ
たろっさ

5GCONNECTのプランについて、202210月新たに2年プランが誕生しました。

2年契約が必須にはなりますが、WiMAX+5Gを利用した回線かつ業界最安級の料金を実現した魅力的なプランです。

さらに30日間お試し期間もあります。

また、3か月おまとめ払いが適用され、月額料金5ヶ月分が無料に(3,6,9,12,15ヶ月目が月額料金0円に)。

3ヶ月に1回、2ヶ月分の支払いを行わなければいけませんが、払わなくて良い月があるというのはメリットのほうが大きいと感じる人が多いでしょう。

契約を伴うWiMAXの利用は縛りのないプロバイダを選んだとしても最低でも1ヶ月です。それよりも短期で使用したいのであればレンタルを活用するなどの工夫が必要になる点は留意しましょう。

5GCONNECTのメリット|契約期間は3ヶ月のみ

◎ 縛りが短く使える
◎ 短期間での速度制限がかからない
◎ WiMAXプロバイダの中でも最安級

最低3か月は使用しなくてはならないものの、それ以降は契約縛りがありません。

短期間で解約する可能性がある人も、縛りを気にせず使用できるのが魅力的でしょう

ただし、3ヶ月は利用しなければいけない・3ヶ月内での解約の場合、解約金4,400円がかかるという点は留意しましょう。

たろっさ
たろっさ

3日で10GBの制限などの短期間での速度制限はないため、安心して使用できます。

仕事や趣味などでネットをたくさん使う人にもおすすめですよ

また、2年プランを利用した場合、WiMAXプロバイダの中で月額が最安級になるという点は要チェックです。

5GCONNECTのデメリット|キャンペーンの少なさがやはりネック

 キャンペーンが少ない
 端末はレンタルのみ

キャンペーンが少ないという点はどうしてもデメリットになります。月額が安い分、キャッシュバックや割引などの施策は行っていません。裏を返せばキャッシュバックを受けるために継続しなければいけないなどがないため、気軽に契約を乗り換えられるということになります。

また、端末はレンタルのみになっています。機器購入→解約して端末を手に入れて格安SIMで運用といったことはできない点は注意しましょう

端末の再利用ができない+端末返却の際、不備があるとそれだけ余計なお金がかかることもあるので、そこは注意しましょう。

hi-ho WiMAX:通信サービスの品質が本家と同じ

 

公式サイト:https://hi-ho.jp/course/hihomobile/wimax5/

料金

初月:4,268/月~
1
5ヶ月目:4,268
6
24ヶ月目:4,818
25
ヶ月目~:5,368

端末代金

0

初期費用

3,300

契約期間

2

2年間の総額料金

115,632

解約金・違反金

023ヶ月目まで:4,880
24
26ヶ月目:0

乗り換えキャンペーン

なし

キャッシュバックキャンペーン

なし

運営会社

株式会社ハイホー

hi-ho WiMAXはこんな人におすすめ!

・訪問サポートなどの対人サービスを受けたい
・セキュリティに強いプロバイダを使用したい

・多様な契約プランから選びたい
サポート体制を重視している人
複数のオプションを利用したい人

hi-ho WiMAXは手厚いサポートを受けながら、安心できる状態でWiMAXを利用したい方におすすめです。

特に初めてWiMAXを利用する方や機械があまり得意でない方は、WiMAXの勝手がわからない方も多いでしょう。hi-ho WiMAXではセレクトプランを契約すれば、誰でも安心してインターネットが利用できるようにサポートしてくれます。

1つのオプションを個別に契約することはできても、複数のオプションがひとまとめになっているWiMAXプロバイダは少ないです。さらに、1つのオプションあたり300円程度で、他社で個別にオプションを契約するよりお得です。

お得にサポートを受けながらWiMAXを利用したい方は、hi-ho WiMAXを視野に入れてみましょう。

たろっさ
たろっさ

4つのオプションがセットで月額1,210円にて利用可能です。

hi-ho WiMAXのメリット|選べる契約プランが豊富にある

オプション込みのプランがある
セキュリティ面が安心できる

hi-ho WiMAXauスマートバリューやUQモバイルセット割の他、選べる契約プランが多いのが特徴です

セキュリティソフトや訪問サポート、さまざまなオプション、動産保険などが付与されたセレクトプランなどがあるため、様々なニーズに応えられると言うことができます。

セキュリティソフトはマカフィで、ウイルス対策から紛失対策まで、あらゆる観点でのスマホからの情報漏洩の防止が可能です。オプションはデータバックアップやデータ復旧などのサポートをしてくれ、必要なデータの管理・運用がしやすくなります。

たろっさ
たろっさ

いろんな角度から手厚いサポートをしてくれる点がhi-ho WiMAXの強みです。

hi-ho WiMAXのデメリット|口座振替に対応していない

クレジットカード支払いしかない

hi-ho WiMAXは口座振替に対応していないWiMAXプロバイダです。

クレジットカード払いのほうが利用した金額分のポイントが返ってきて、残高不足による支払忘れが発生しない安心感があります。しかし、まだまだ現金に固執しているという方は少なくないでしょう。

hi-ho WiMAXなどのように、クレジットカード払いのみの対応になっているWiMAXプロバイダはまだ少ないほうです。ですが、今後キャッシュレス化が加速してやがて口座振替が完全に利用できなくなる時が来てもおかしくはありません。

口座振替を基準に契約先を考えている方は、クレジットカードの発行ができるなら、今のうちにクレジットカードを基準に契約先を選んでおくと、あとで困らずに済みます

ネットでの契約にクレジットカードを使いたくないという人もいますので、その場合は口座振替が行えるプロバイダを検討しましょう。

GMOとくとくBB WiMAX

公式サイト:https://gmobb.jp/

月額料金

1~2ヶ月目:1,474円
3~36ヶ月目:3,784円
37ヶ月目以降:4,444円

端末代金

21,780円

初期費用

3,300円

契約期間

88,276円

2年間の総額料金

2年

解約金・違反金

・1~24か月目:1,100円
・25か月目~:0円

乗り換えキャンペーン

最大40,000円キャッシュバック

キャッシュバックキャンペーン

申し込み特典:23,000円

運営会社

GMOインターネット株式会社

全員が受け取れる23,000円のキャッシュバックキャンペーンと、契約後2ヶ月間は1,474円で利用できるサービスによって2年間の総額が88,276円と100,000円を下回る料金になっています。

たろっさ
たろっさ

解約金も比較的安いため、料金を安く抑えてWiMAXを利用したい方には最もおすすめできるプロバイダといえるでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXのメリット|料金が安めに抑えられているのが魅力

 
 最安値で利用できるWiMAXである
 高速で通信できる部類に入る
 キャッシュバック額が高い

GMOとくとくBB WiMAXの縛りは3年と長いものの、実質の月額が他のプロバイダよりもかなり安くなるのがポイントです。

また、割引の終わる3年目以降でも4,444円と最安級なのが魅力といえます。その分契約解除料もそれなりにかかるため、更新月の把握はしっかりしておく必要があるでしょう。

ネットの平均速度は60Mbps超えで、WiMAXの中では高速の部類に入ります。さらには、GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックが23,000円とWiMAXプロバイダの中で高額です。

ただ、WiMAXサービスを11ヶ月利用し続けてからでないと申請手続きができません

たろっさ
たろっさ

そのため、申請メールの存在を忘れてキャッシュバックの受け取りを忘れてしまう方が多い点には注意が必要です。

GMOとくとくBB WiMAXのデメリット|オプションが強制加入になっている

 
 オプションに加入しなくてはならない
 サポートプランに入らないと修理代が高額

GMOとくとくBB WiMAXではとくとくBB安心サポート」と「Wi-Fi接続」オプションの2つへの強制加入が必要とされているため注意が必要です。

また、「とくとくBB安心サポート」はWiMAX端末の故障修理に関するオプション、「Wi-Fi接続」はWi2の公共のWi-Fiが使えるオプションです。

ちなみに以下はGMOとくとくBB WiMAXが提供している安心サポートのサービス内容となっています。

 

安心サポート

安心サポートワイド

月額料金

330円

550円

補償内容

・故障修理無償

・故障修理無料
・水濡れ修理

安心サポートだと月額料金が安い代わりに水濡れ対応まではしてくれません。一方で、安心サポートワイドにすると月額料金が少し上がる代わりに水濡れ対応までしてくれます。

未加入の状態で修理対応をすると5,000円以上かかり、交換対応だと20,000円近くかかってしまいます。そのため、このGMOとくとくBB WiMAXのサポートはなるべく加入したままのほうが望ましいでしょう。

一方で、Wi-Fi接続のサービス内容は以下の表の通りです。

 

Wi2 300

月額料金

398円

対象スポット

Wi2
Wi2_club
Wi2_free
mobilepoint
mobilepoint2
UQ_Wi-Fi
wifi_square

GMOとくとくBB WiMAXを利用すれば、表に記載した対象スポットのフリーWi-Fiが自由に使えるようになります。フリーWi-Fiをよく使う方からすると馴染みのあるものが多いかと思います。

さらに、追加で1時間あたり100円払えば、「Wi2premium」、「Wi2premium club」、「0000Wi2」のエリアも利用できるようになります。

たろっさ
たろっさ

これだけフリーWi-Fiが使えると、外出先でWi-Fiを使う際に困ることはほとんどなくなるでしょう。

 

BIGLOBE WiMAX:大手が運営するプロバイダで安心感が○

公式サイト:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/5g/

料金

1ヶ月目:2,079
2ヶ月目~:4,928

端末代金

21,912

初期費用

3,300

契約期間

なし

2年間の総額料金

118,723

解約金・違反金

なし

乗り換えキャンペーン

なし

キャッシュバックキャンペーン

なし

運営会社

ビッグローブ株式会社

BIGLOBE WiMAXはこんな人におすすめ!

・大手キャリアで安心して使用したい
・契約期間に縛られず使用したい
・自由度の高いプロバイダを利用したい
初期費用を抑えてWiMAXを利用したい人
短期間で解約する可能性がある人

BIGLOBE WiMAX2+は気軽にWiMAXを始めたい方におすすめです。

初期費用をそこまでかけずに始められて、契約を始めてからも負担なしで解約できます。さらに、契約期間はありません。ここまで自由度の高いプロバイダはそうそうないです。

大きな負担を背負うことなく、軽い気持ちで始めてみたい方は契約先の候補として考えてみてください。

たろっさ
たろっさ

お得なキャッシュバックを狙っている方にもおすすめできます。

BIGLOBE WiMAXのメリット|初期費用がかからず始めやすい

◎ 端末料金を分割できる
◎ 解約料金が0
◎ 最低契約期間がない

BIGLOBE WiMAXは端末代金がかかってしまうのが難点ですが、クレジットカード払いなら一括で払う必要がありません。さらに、データ端末を同時申し込みすると5,000円キャッシュバックが付いてきます。

また、契約解除料が0であるのが大きな特徴。その分月額は取り立てて安いわけではありませんが、最低利用期間もなく、短期間しか使用しないという人には魅力的なプロバイダといえるでしょう。

初期費用がかからず、契約したあとも安心感を持って利用し続けやすい点がかなり評価されています。

たろっさ
たろっさ

気軽に契約を始められるかどうかは、初めてWiMAXを契約する方にとって大事な要素の1つです。

BIGLOBE WiMAXのデメリット|通信速度が若干不安

通信速度が若干出づらい
 プラスエリア料金が無料ではない

WiMAXの電波はもちろん他の事業者と同じものを使っているため、速度に極端に差が出るというのはありませんが、BIGLOBEWiMAX5Gは現在欠点らしい欠点もないため、契約者が殺到している状況です。

例えるなら高速道路は走り出してからは快適ですが、出入り口の料金所が詰まっている場合、高速道路の乗り降りをする際に待たされてしまいます。この出入り口を担っているのがプロバイダのため、ここが混雑しているとどうしても速度が遅くなったり、混雑時は通信が不安定になってしまうキライがあります。

また、WiMAXの電波が入らない場所で活用されるプラスエリアモードですが、こちらのオプションが無料で使用できるプロバイダが多い中、BIGLOBEWiMAXは有料です。結果的に月額が+1,100円になってしまうということも留意しておきましょう。 

たろっさ
たろっさ

契約解除料はありませんが、端末の割賦代金が残る場合は残債一括請求です。

 

EXWiMAX5G:1年目の月額ほぼ最安・機種代金無料

公式サイト:https://exwimax.jp/5g/

料金

1年目
3,850
/
2
年目以降
4,950
/

端末代金

19,800円→キャンペーンで無料

初期費用

初期費用:19,250円(「あんしん保証」と「EXサポートパック」登録で無料になるキャンペーンもあり)

事務手数料:3,300

契約期間

3

すべてのキャッシュバックキャンペーンを含む2年間の総額料金

123,150

解約金・違反金

3,850

乗り換えキャンペーン

なし

キャッシュバックキャンペーン

でんき同時申込:5,000

運営会社

株式会社ワイヤレスゲート

EX WiMAXはこんな人におすすめ!

・とにかく月額を抑えたい
・キャンペーンの諸条件をクリアする労力をいとわない
・長期利用が前提
短期利用の可能性がなく、一度利用したら長期間使用になる人
3年毎に自発的にプラン見直しができる人

デメリットでも述べましたが、契約解除料金のことを考えると「一度利用したら3年は必ず使用する」ということを念頭における人にとっては月額も安く、端末ももらえるよいプロバイダということがいえるでしょう。

しかしながら端末は利用頻度にもよりますがやはり経年劣化してくるものなので、2年程度で新しい機種に変えたいと考えている人は別のプロバイダも検討したほうが良いのは間違いありません。

また、自動更新という性格上、しっかりと次の更新月めがけて自発的に他のプロバイダなども調べられる人のほうが向いているといえます。

EXWiMAXのメリット|キャンペーン施策が非常に強い

1年目の月額はほぼ最安値
端末ももらえる

1年目の金額が1,100円割引ということも手伝ってほぼ最安値の3,850円になっています。4,000円を切るプランというのは珍しく、さらに1年間と長期に渡って割引されるため、月額のメリットはとても大きいということがいえるでしょう。

さらに今ならキャンペーンで端末も無料で付帯してきます。オトクにWiMAXを始めたいという人にとってもメリットの大きいプランです。

ただし、端末無料のキャンペーンはいくつか条件があり、あんしん保証とEXサポートパックに最初だけ加入する必要がある点は注意しましょう。

EXWiMAXのデメリット|オプションの有無が安さに直結する

オプションなどキャンペーン受け取りが複雑
 支払いはクレジットカードのみ

EXWiMAXはキャンペーン施策は非常に強いですが、オプション加入が必須だったりキャッシュバックを受け取るためには電気の契約を移さなければいけなかったりと、キャンペーンの適用を受けるためには色々と複雑です。必ずHPを熟読しながら契約を進めるようにしましょう。

また、支払いがクレジットカードのみに限定されており、インターネットでの契約にクレジットカードを使うのに抵抗がある人やクレジットカードを持たない主義の人などには不適です。

たろっさ
たろっさ

複雑ではあるものの、使いこなせばかなり大きな特典を受けることが出来ます。

UQWiMAX:WiMAX本家の安心感がある

UQ WiMAX ロゴ

 

公式サイト:https://www.uqwimax.jp/wimax/

料金

125ヶ月目:4,268
それ以降:4,950

端末代金

21,780

初期費用

3,300

契約期間

2

2年間の総額料金

127,512

解約金・違反金

1,100

乗り換えキャンペーン

なし

キャッシュバックキャンペーン

なし

運営会社

UQコミュニケーションズ株式会社

UQ WiMAXはこんな人におすすめ!

・本家本元のキャリアで安定して使用したい
・すぐに使い始めたい
・Try WiMAXを利用してから始めたい
・お試ししてから申し込みを決めたい人
・限定されたエリアでのみ利用したい人

UQ WiMAXは仕組みが複雑なキャンペーンなどが設けられていなくて、初めてWiMAXを利用する方でも使いやすいプロバイダです。

UQ WiMAXは唯一お試しキャンペーンを実施しているプロバイダで、WiMAXのメリット・デメリットを無料で肌で体験できます。15日無料で貸し出してくれてWiMAXのサービスが満足いくものだったら、そのまま継続して有料でサービスが利用できます。

本当に端末がすぐに届くのか、電波の悪くなりやすい場所で使いにくくなってしまうのかチェックしてみてください。

ちなみに、端末の発送から15となるため、即日に端末が届かなかった場合はその分利用可能日数が短くなります。端末が届いてから15日ではない点に注意してください。

たろっさ
たろっさ

端末がUQに返却されるまでで15日なので、1314日目くらいには返却処理をしましょう。

UQWiMAXのメリット|端末が届くのが早い

◎ 端末がすぐに届く
◎ 大手だから安心感がある

UQ WiMAXは端末が届くのが早いです。

ポケット型Wi-Fiは端末が手元に来ればすぐに利用できるため、いかに早く端末が発送されるかが大事になってきます。

UQ WiMAXでは1430分までの受付完了で端末が即日発送されます。お昼を過ぎてからの時間の申し込みでも当日には端末が届くのはかなりありがたいですね。

端末が早く届くなら、急遽ポケット型Wi-Fiが必要になった時でも申し込みやすくて便利です。

たろっさ
たろっさ

申し込みが殺到する時期だと、発送が遅れてしまうこともあるので注意が必要です。

UQWiMAXのデメリット|地下や障害物などに弱い

電波が弱いと感じることもある
通信可能エリアが限定的

UQ WiMAXは大きなメリットも大きなデメリットもないプロバイダです。そのため、無理にお得さを狙って失敗することなく利用できます。

ただ、WiMAXプロバイダで共通するデメリットはあります。その1つがWiMAXの電波の弱さです。

WiMAX回線は他の大手のスマホのキャリア回線と比べると電波が弱く、地下や障害物がある場所で使いにくい傾向にあります。

通信可能なエリアの範囲の範囲がやや狭いことが原因として考えられています。そのため、どうしても通信状況の悪い場所では、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えてau回線を使うのがおすすめです。

たろっさ
たろっさ

WiMAXの電波の性質を考えると、ハイスピードプラスエリアモードを積極的に使っていきたいですね。

KT WiMAX:ケーズデンキ提携のリアル店舗型

KT WiMAX

 

公式サイト:https://ktwimax.com/

料金

125ヶ月目:4,268/月~
26ヶ月目~:4,950

端末代金

21,780

初期費用

3,300

契約期間

なし

22年間の総額料金

127,512

解約金・違反金

なし

乗り換えキャンペーン

なし

キャッシュバックキャンペーン

なし

運営会社

株式会社ケーティーコミュニケーションズ

KT WiMAXはこんな人におすすめ!

・大手家電量販店で接客を受けながら決定したい
・フリーWi-Fiを利用する機会が多い
・契約後も手厚いサポートを受けたい
外出先でWi-Fiを使う人
2年くらいは使用しそうな人

KT WiMAXは外出先で公共のフリーWi-Fiを使ってインターネットを利用する機会の多い方におすすめです。

フリーWi-Fiサービスは本来課金して使えるものですが、KT WiMAXなら無料で利用できます。普段からフリーWi-Fiを使う機会の多い方はKT WiMAXの利用を視野に入れてみてください。

ただ、KT Wi-FiプレミアムではないフリーWi-Fiが敷かれているところでは、フリーWi-Fiが使えない点を忘れないようにしましょう。

また、フリーWi-Fi自体はセキュリティ面で不安要素の残る通信方法です。フリーWi-Fiを通じてスマホの中身が覗かれて、最悪の場合個人情報が盗み見られることも想定されます。

たろっさ
たろっさ

近年は暗号化も進化してきているとはいえ、やはりセキュリティの懸念は拭いきれません。流出が怖いのであれば使わないほうが無難でしょう。

KT WiMAXのメリット|公共の無線LANが使える

◎ 公共のWi‐Fiサービスが利用できる
◎ フリーWi‐Fiが無料で使える

KT WiMAXでは「KT Wi-Fiプレミアム」という公共のフリーWi-Fiサービスが無料で利用できます駅構内や新幹線、空港、地下街などで設置されているフリーWi-Fiで、KT WiMAXのサービスを利用していれば、申し込みが可能です。

普段から外出先でインターネットを利用する方は、KT Wi-Fiプレミアムを積極的に使ってみてください。

たろっさ
たろっさ

自動で使えるわけではないため、利用申し込みを忘れないようにしましょう。

KT WiMAXのデメリット|解約手続きが面倒くさい

解約手続きが面倒くさい
アナログな手法でなくては解約できない

KT WiMAXは解約手続きが他のWiMAXプロバイダと比べてかなり面倒です。

たいていの場合は、電話で解約する旨を伝えたり、Webで解約用の入力フォームに必要事項を入力して送信すれば解約できます。あとは必要であれば端末の返却をするだけです。

しかし、KT WiMAXの場合、まずKTC通信サービス解約申請書を印刷して必要事項を入力します。そして、KT WiMAXコールセンター宛てに郵送あるいはFAXで送信しないと解約できません。

これならWeb上で解約フォームを用意したほうが楽なのですが、なぜかアナログな手法でしか解約できない仕組みになっています。電話での解約も受け付けていません。

アナログで親切を前面に押し出しているケーズデンキらしいといえばらしいですが、解約の手続きだけはもう少し簡素化しても良い気はしますね。

YAMADA air mobile WiMAX:大型店舗ならではの安定感

YAMADA air mobile wimax

 

公式サイト:http://www.yairmobile.jp/

料金

125ヶ月目:4,268/月~
26ヶ月目~:4,950

端末代金

21,780

初期費用

3,300

契約期間

なし

2年間の総額料金

127,512

解約金・違反金

なし

乗り換えキャンペーン

なし

キャッシュバックキャンペーン

なし

運営会社

株式会社ヤマダホールディングス

YAMADA air mobile WiMAXはこんな人におすすめ!

・大手家電量販店で直接相談しながら契約したい
・契約後のポイントなどをオトクに利用したい
・料金よりもリアル店舗サポートを重視したい
店舗で直接相談できる人
料金はそこまで気にならない人

YAMADA air mobile WiMAXは店舗のスタッフに話を聞きながら契約を進めたい方におすすめです。

家電量販系のWiMAXは店舗でないと契約できないケースが多いです。さらに、店舗でないと契約できないWiMAXは、ヤマダ電機を除くと経済が発展しているエリアにしか店舗がない家電量販店チェーンばかりです。そのため、地方に住む方だと家電量販店系のWiMAXの契約が簡単ではありません。

しかし、ヤマダ電機は全国的に展開する大手の家電量販店です。地方に住んでいる方でも近くに店舗があることが多いため、簡単に店舗で契約を進められます。

たろっさ
たろっさ

店舗なら何も知識がなくてもスタッフに相談できるため、相談しながらWiMAXの契約を進めたい方は、YAMADA air mobile WiMAXを第一候補として考えてみてください。

ヤマダ電機とケーズデンキは郊外型の家電量販店、ヨドバシカメラ、ビックカメラは駅前型の家電量販店で、絶対数が大きく異なります。近所にあるかどうかはしっかり確認するようにしましょう。

YAMADA air mobile WiMAXのメリット|店舗で相談できる

◎ 直接相談しながら契約できる
◎ 大手家電量販店だから安心できる

YAMADA air mobile WiMAXは店舗で相談しながら契約を進められるメリットがあります

WiMAXWebでの契約が多く、手軽で便利な代わりに自分の考えをしっかり持っておかないと失敗する可能性が高いです。一方で、店舗での契約は詳しいスタッフから話を聞きながら契約を進められるため、安心して契約しやすいです。

ただ、店舗が近くにあること、営業時間内に店舗に迎えることが必要最低限の条件となっています。住んでいる地域や生活スタイルを考慮しないといけないところが少し不便です。

ただし、ヤマダ電機のスタッフの知識は人によってバラつきが多いです。

たろっさ
たろっさ

必ず携帯コーナーに立っているスタッフに聞くようにしましょう。

YAMADA air mobile WiMAXのデメリット|料金が高い

料金が高い
長く使うと月額料金が上がる

YAMADA air mobile WiMAXは料金が高いです。

WiMAXは契約する端末によって通信面でのサービス内容が変わり、たいていのプロバイダは同じ端末を取り扱っています。そのため、プロバイダ選びで大事になってくるのは料金面やサポート面などです。

YAMADA air mobile WiMAXの場合は、2年間は月額料金が割引されて相場程度になりますが、3年目からはやや高い通常料金になってしまいます。それに加えて、端末代金も支払う必要があるため、初期費用も高くつきます。

端末分割購入にして初期費用を抑えたとしても、契約期間途中で解約してしまうと、違約金に加えてアシストプラン解除料というものが発生します。これは端末代金の未払い分のことです。

途中で解約したからといって端末代金を全額払わなくていいわけではない点に注意してください。

料金面で見るとwebで完結できるプロバイダがやはりおすすめになります。

So-net WiMAX:最短翌日発送でスピーディー

So-net WiMAX

 

公式サイト:https://www.so-net.ne.jp/access/mobile/wimax/

料金

開始月:3,300

1ヶ月目~:4,730

端末代金

21,780

初期費用

3,300

契約期間

なし

2年間の総額料金

137,170

解約金・違反金

なし

乗り換えキャンペーン

なし

キャッシュバックキャンペーン

なし

運営会社

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

So-net WiMAXはこんな人におすすめ!

・光回線と絡めてオトクに利用したい
・サポート内容もある程度担保してほしい
・プラスエリアモードをガンガン使いたい
月額料金をわかりやすい値段にしたい人
サービスを活用したい人

So-net WiMAXは月額料金の端数が気になってしまう方におすすめです。

WiMAXの基本料金が4,817円であり、たいていのプロバイダはそこから数百円単位で月額料金を割引します。そうなると、割引後の月額料金も端数が出てしまいます。

端数の支払いは何かと面倒で、できればキリよく支払いたいと考える方もいるでしょう。そういった方は、So-net WiMAXなら支払い金額の端数にストレスを感じることはなくなります。

ハイスピードプラスエリアモード無料やauUQスマホの割引も実施しているため、それらのサービスも積極的に活用してみてください。

たろっさ
たろっさ

光回線も気になる方は、手厚いSo-netの光回線のキャンペーンなどもチェックしてみてください。

So-net WiMAXのメリット|料金設定がわかりやすい

◎ 料金設定がわかりやすく明確
◎ 条件を満たすとプラスエリアモード利用料が無料

So-net WiMAXは料金設定がわかりやすいです。

目立った値引きはないものの、逆に複雑な金額形態になっていないというのがポイント。また、プラスエリアモードの利用料がギガ放題プラスに申し込むと無料になっているのも嬉しい点です。

たろっさ
たろっさ

キャンペーン自体はそこまで多くありませんが、プラスエリアモード無料の条件が緩めなのは有利な点といえるでしょう。

So-net WiMAXのデメリット|解約金が高額である

単純に月額が高い

So-netWiMAXは月額が常に4,730円と金額自体は分かりやすいものの、長い目で見るとそこまで安いとはいえません。更に端末代金もここにプラスになるため、月々の出費が馬鹿にならないレベルです。

auスマートバリューやUQスマホとセットで月額の割引を実施していますが、この2社のスマホと組み合わせて初めて真価を発揮するプロバイダといえるでしょう。

たろっさ
たろっさ

docomoやソフトバンクだとメリットが少ないプロバイダなので、auUQのスマホを利用している人にこそおすすめするプロバイダです。

au WiMAX:auユーザーの人におすすめ

auホームルーター

 

公式サイト:https://www.au.com/mobile/charge/data/plan/routerplan/

料金

4,721/月~

端末代金

21,780

初期費用

3,300

契約期間

なし

2年間の総額料金

138,384

解約金・違反金

なし

乗り換えキャンペーン

なし

キャッシュバックキャンペーン

なし

運営会社

KDDI株式会社

au WiMAXはこんな人におすすめ!

・最大手キャリアで利用したい
・リアル店舗でサポートを受けながら契約したい
auスマホとオトクに割引を組みたい
auのスマホを使っている人
近くに店舗があり足を運べる人

家電量販店系のWiMAXでも同じことが言えますが、店舗でしか契約できないプロバイダはその店舗に行けないと話が始まりません。そのため、auの店舗が近場にある方の契約がおすすめです。

その上で、auのスマホを普段から家族単位で利用している方が契約すると、お得にWiMAXが利用できるでしょう。

商業施設の立ち並ぶ店舗だと、予約しないと対応してもらえないケースも多いです。auの店舗に向かう際には、事前に予約しておくことをおすすめします。

たろっさ
たろっさ

電話はもちろん、キャリアの公式サイトからでも予約できます。

au WiMAXのメリット|スマホとのセット割が適応される

auのスマホ料金が割引される
割引適用の幅が広い

au WiMAXというだけあって、先ほどワイヤレスゲートWiMAXでも紹介したauのスマホとのセット割引が適用されます

au WiMAXは元々の月額の基本料金が5,458円です。そこからauPAYカードお支払い割引で毎月187円割引され、さらに5Gルーター割で毎月550円割引されています。

auスマホのセット割も含めると、3つの割引が適用され、WiMAXとスマホで合わせて毎月2,000円近くがお得になります

たろっさ
たろっさ

5Gプランで契約することで、5Gルーター割が適用されます。

au WiMAXのデメリット|店舗でしか契約できない

店舗でしか契約できない
auユーザーにお得

au WiMAXauの店舗でしか契約できません。オンラインで申し込みができないのはやや不便です。

商業施設の発展しているエリアだとauの店舗が多く見られますが、そうでないところだとドコモやソフトバンクの店舗のほうが多いです。そのため、近場にauの店舗がないという方もいるかもしれません。

たろっさ
たろっさ

近場にauの店舗がない方は諦めて別のプロバイダを探すしかありません。

ただ、全国には2,000を超えるauショップがあるため、無いということは少ないかもしれません。最寄りの店舗を調べてみるといいでしょう。

WiMAXのプランは「ギガ放題プラスプラン」のみ

現在、UQ WiMAXが提供する通信プランは「ギガ放題プラスプラン」しかありません。そのため、さらにお得に利用したい場合には、プロバイダを介して契約することをおすすめします。

主なプロバイダは、ここまでご紹介してきた14社があるので、キャッシュバックや特典、月額料金を参考にして自身にマッチしたプロバイダで契約することを検討してみてはどうでしょうか。

WiMAXのおすすめモバイルルーターは「X11」か「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」

WiMAXには、モバイルルーターとホームルーターで選べる端末が異なります。

WiMAXのモバイルルーター

機種名

Speed Wi-Fi 5G X11

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

最大通信速度

下り:2.7Gbps

上り:183Mbps

下り:2.2Gbps

上り:183Mbps

バッテリー容量

4,000mAh

5,000mAh

連続通信時間

490

1,000

最大同時接続数

16

10

メーカー

NECプラットフォームズ株式会社

Samsung

大きさ

136.0×68.0×14.8mm

W147×H76×D10.9mm

WiMAXでおすすめのホームルーターは「Speed Wi-Fi 5G X11」と「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」の2種類があります

通信速度や連続通信時間など、モバイルルーターを利用するうえで重要となる部分のスペックが異なるため、自身が重視するものに合わせて検討しましょう。それぞれの特徴は以下の通りです。

Speed Wi-Fi 5G X11

下り最大速度が2.7GbpsWiMAXのモバイルルーターの中で最も通信速度が早いです。

たろっさ
たろっさ

クレードルが装着可能で、安定した通信環境が実現可能な点も魅力の通信端末といえます。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

スマホのような大画面が特徴で、必要な情報を見やすいサイズで確認できます。バッテリー容量も優秀で、約15時間は連続して使用可能です。

たろっさ
たろっさ

Gの高速通信が15時間も使い続けられるため、外出時でも安心して持ち歩けるでしょう。

WiMAXのおすすめホームルーターは「L12」か「L11」

WiMAXのホームルーター

機種名

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

最大通信速度

下り:2.7Gbps

上り:183Mbps

下り:2.7Gbps

上り:183Mbps

最大同時接続数

5GHz20

2.4GHz20

有線LAN2

無線LAN30

大きさ

W101×H179×D99mm

W70×H182×D124mm

メーカー

NECプラットフォームズ株式会社

ZTE Corporation

たろっさ
たろっさ

WiMAXでおすすめのホームルーターは「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」と「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」の2種類があります。

どちらも大きくスペックは変わりませんが、特徴が少しずつ異なるため、以下の内容を参考にどちらを選ぶか検討してみてください。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

TWTTarget Wake Time)技術が採用されており、Wi-Fiに繋ぐ端末の消費電力を抑えられる特徴があります。そのため、スマホなどのバッテリーで稼働する端末を利用する方にはおすすめのホームルーターと言えるでしょう。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

指向性を持った4本の高感度アンテナが配置されているのが特徴で、全方位から電波を受信します。これにより、優れた受信感度を維持できるため、安定した接続が可能です。

WiMAXを契約する時の注意点

WiMAXを選んだら契約に進みましょう。

契約時にもいくつか注意点がありますが、ここでは特に注意して欲しい以下の3つのポイントについて説明していきます。

選んだWiMAXプロバイダで損をしないためにも、以下の点に注意しながら契約を進めてください。

たろっさ
たろっさ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

WiMAXの提供エリアかどうかを確認する

たろっさ
たろっさ

WiMAXにはスムーズに通信できるエリアと、接続が安定しないエリアが存在します。これは利用する場所がWiMAXの提供エリアかどうかで決まります。

電波状況の良い都市圏では基本的に使用に問題はありませんが、山間部などでは繋がりが悪くなってしまうかもしれません。

ホームページにサービスの対応エリアの地図を載せている所もあるので、自分の住んでいるエリアがどのような状況であるかチェックしておくのが良いでしょう

また、都市圏においても地下鉄やビルに囲まれた環境などではうまく接続しなくなってしまうことがあります。自分がどのような状況で使用する予定なのかも考えておく必要があります。

特定のエリアでのみ高速通信可能な端末もありますので、通信速度を重視したい人はこちらも候補に入れておくと良いかもしれません。

プランでも大量使用の場合は通信制限の可能性アリ

基本的にギガ放題プラスプランなら無制限に通信が行えるようになっていますが、大量のデータ利用があった場合には制限する可能性があるとされています。ただ、公式がそのように言ってはいるものの、実際にどの程度の数値を「大量」としているのか明記されていないので、明確な数値は現状分かりません。

とはいえ、多くの方が使用している現在において、通信制限がかかってしまうケースはほとんど見受けられないため、基本的には安心して無制限に利用できると考えておいても問題ないでしょう。

キャッシュバックなどお得なキャンペーンには注意が必要

それぞれのプロバイダで様々なキャンペーンをしていますが、実際にお得に利用するためには特定の条件を満たす必要があります。

キャッシュバックであれば受取に条件があったり、受取時期が決まっていたりします

単純に契約を進めればいい、というわけではないことに注意しましょう。お得なキャンペーンに釣られて月額料金や初期費用を気にしないでいると、総合的には損をしていたということにもなりかねません。

確実にキャッシュバックがもらえるわけではないんだね。

5Gプランを契約する際にはWiMAX 5G対応端末をチェックする

 5Gプランを契約する際にはWiMAX 5G対応端末をチェックしましょう。

なぜなら、端末が5G対応でなければ、 5Gプランを契約しても5Gシステムを利用することができないからです。
 
5Gとは、最新通信回線システムのことで、現在主流になっている4Gの20倍の通信速度で、端末の同時接続も4Gの10倍も接続が可能です。
 
したがって、5Gプランのある WiMAXを利用するのであれば、5G対応端末を選びましょう。
 
下記で、WiMAX5G対応端末2種類を解説します。
たろっさ
たろっさ

WiMAX5G対応端末2種類をチェックしておきましょう!

モバイルルーター Garaxy 5G mobile Wi-Fi

Garaxy 5G mobile Wi-Fiは、最大受信速度が2.2Gbpsで、ゲームやストリーミングなどのダウンロードが今までにないスピードが可能になりました。

また、バッテリーも5,000mAhのバッテリーを搭載しているため、16時間以上の連続利用が可能になりました。

そのため、仕事や旅行などの外出先などでも充電器れの心配をしないでインターネットを利用することができるでしょう。

また、デザインも自立スタンドが付いているため、操作も快適に行えます。

ホームルーター Speed Wi-Fi HOME 5G L11

Speed Wi-Fi HOME 5G L11は、最大受信速度が2.7Gbpsと WiMAXが提供している端末の中で一番早いです。
 
その速さは、固定回線と並ぶ速さです。
 
また、同時接続も最大30台まで可能になり、家族全員で快適に利用することができるでしょう。
 
家族全員で固定回線を利用しているようにWi-Fiルーターを使いたい人にはおすすめです。
 

WiMAXがおすすめなのはこんな人

WiMAXはどんな人におすすめなの?自分はそれに当てはまっている?

Wi-Fiを利用する方法としては固定回線やホームルーターを契約するという方法もありますが、そうではなくWiMAXに向いているのは以下のような人になります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

屋内だけでなく外でも気軽にWi-Fiを使いたい

固定回線やホームルーターと違い、WiMAXは気軽に持ち運びができます。そのため出張先や旅行先でも、いつもと変わらないWi-Fi環境を整えられます。

家や職場だけでなく、外でも気軽にWi-Fiを使いたいと考えている方にもWiMAXはおすすめです。

通信速度の速い光回線の工事ができない人

光回線は通信速度も速く、回線も安定しています

しかし、開通工事をしなければなりません。建物によっては対応できないものもありますが、そのような状況でもWiMAXは利用できます。

 

たろっさ
たろっさ

端末が届いたら簡単な設定をするだけですぐに通信が可能です。

 

WiMAXをおすすめできない人

WiMAXをおすすめできない人ってどんな人?

WiMAXはどうしても通信速度で固定回線に劣ってしまったり、他のポケット型Wi-Fiのほうが料金が安かったりするため、以下のような方にWiMAXはおすすめできません。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

データ容量の多さよりも安さを重視したい人

WiMAXはギガ放題であまり容量を気にせず使えますが、WiMAXよりも月額料金が安いポケット型Wi-Fiも少なくありません。

たとえば、クラウドSIM系のポケット型Wi-Fiは総じて月額料金が3,000円台のところが多いです。クラウドSIMは複数のキャリアの回線が使えるSIMのことです。

SIMカードがクラウドサーバー上に置かれていて、ポケット型Wi-Fi端末の現在地の情報が送られます。そして、その近くにある最適な回線のSIM情報を自動で選んで、ポケット型Wi-Fi端末にSIM情報を送る仕組みとなっています。

ただ、このタイプのポケット型Wi-Fi端末は通信速度が遅く設計されていたり、ギガ放題ほど自由にデータ容量が使えるように設計されていません。そのため、安く契約できても通信速度やデータ容量は期待できません。

もし料金の安さを求めるなら、WiMAXよりクラウドSIM系のポケット型Wi-Fiのほうがよさそうです。

たろっさ
たろっさ

ポケット型Wi-Fiの種類とそれぞれの特徴を押さえておくことが大事です。

家族みんなで早い速度でネットを利用したい人

一人暮らしには最適でも、家族みんなで早い速度でインターネットを利用したい方には、WiMAXはあまりおすすめできません。

接続可能台数は、光回線、ホームルーター、ポケット型Wi-Fiの順番で多くなっています。光回線なら大人数の家族で同時接続しても、ある程度通信速度が安定します。しかし、ポケット型Wi-Fiは10台接続できたらいいほうで、接続台数が増えればその分通信速度が下がりやすくなってしまいます。

元々の通信速度ですらポケット型Wi-Fiは光回線よりはるかに遅いです。接続可能台数ギリギリまで同時接続していたら、動画も満足に見れなくなってしまうでしょう。

WiMAXは1人、2人で使う際に利用して、家族みんなで使う際には光回線に接続するのが望ましいです。

たろっさ
たろっさ

WiMAXの回線が混雑しやすい点は、デメリットの1つとも言えますね。

オンラインゲームや株・FXなどを行っている人

オンラインゲームや株・FXなどをしている方はWiMAXはあまりおすすめできません。

最近流行のオンラインゲームはFPSなどの瞬間的な動きが求められるゲームが多いです。そうでなくても、グラフィックに凝った人気タイトルが次々と登場しています。それらのゲームを高速で処理するには通信速度が必要で、ポケット型Wi-Fiの通信速度で安定したプレイをするのは難しいです。

株でも積立投資などの長期での運用を目的としている場合なら通信速度は関係ありません。しかし、デイトレードとなると、一瞬でもタイミングを見逃すと大きな損をしてしまうこともあります。

ネットサーフィンや動画を見る程度ならなんとかWiMAXでもストレスなく使えます。しかし、オンラインゲームや株・FXなどをよくする方なら、光回線を導入したほうがよいです。

たろっさ
たろっさ

オンラインゲームやデイトレードをするなら、最低でも50Mbpsは欲しいですね。

WiMAXのメリット・デメリット|Wi-Fiとの比較について

たろっさ
たろっさ

基本的にメリットや恩恵が多いWiMAXですが、デメリットも把握することにより、自分にとって本当にオトクなものが見えてきます。

主に他のWi-Fiと比較しての違いが中心です。WiMAXとWi-Fiはどちらも無線で相互通信するための規格ですが、通信方法が異なるため別物として扱われています。

WiMAXは広い提供エリアの中に広がる「WAN」というネットワークを利用した通信のこと。利用しているエリアにある基地局から通信し、インターネットを繋げます。

一方、Wi‐Fiは限られたエリア内でのみのネットワーク接続のことを指しています。例えば、自宅やオフィスなど限定された範囲内でのみ、ネットワークを利用できます。

ここからはWiMAXのメリット3つとデメリット2つについて解説していきます。

WiMAXのメリット|即日利用できて通信が無制限

契約即日開通、その日から使用できる

ポケットWi-Fiの特徴の1つではありますが、モバイルルーター端末でもホームルーターでも契約したその日に持ち帰ってそこからすぐに使用できるという点が大きいです。

たろっさ
たろっさ

光回線のように2週間以上待たなくてはいけないということがないため、フレキシブルに使用できるのが魅力と言えます。

また、工事が必要ないのも大きなメリット。モバイルルータータイプであれば電源をいれるだけ、ホームルーターのタイプであればコンセントに挿すだけなので面倒な設定も必要ありません。配線工事や撤去時の工事費用なども気にしなくてよいのはWiMAXのおすすめポイントでしょう。

持ち運んでどこでも使用できる

こちらはホームルーターのWiMAXではなく、モバイルルーター端末の特徴になりますが、移動中にゲーム機やWi-Fiタブレットなども使用することができるという点が利点としてあげられます。

WiMAXはモバイルルーターに各デバイスを接続することでインターネットが利用できるため、どこでも使用可能になるというのは嬉しいですね。また、スマホなども接続できるため、データ容量の節約になるという点もWiMAXを利用する魅力。

通信が無制限ながら低価格

たろっさ
たろっさ

実質ほぼ無制限に使用できるクラウドSIM系列も安価ではあるものの、本当に無制限のWiMAXは使用しやすいということがいえます。

他のモバイルルーターや格安SIMなどでデータ容量が完全無制限のプランというのは少なく、しかも月額料金が高額です。

しかしながらWiMAXはどれだけ使用しても無制限に使用できるため、データ容量を気にして節約しなくてよいのは大きな利点といえるでしょう。

また、WiMAXの月額料金も他の無制限のプランを提供しているキャリアに比べて安く設定されています。

 通信速度月額料金
WiMAX2.7Gbps4,455円
docomo4.2Gbps7,315円
Ymobile3.0Gbps4,818円

この表のように、WiMAXはかなりお得な通信手段ということがいえるでしょう。さらにキャッシュバックが適用されるなどのキャンペーンもあるので、コスパのいいサービスということができます。

※WiMAX2+であれば3日で10GB以上使用してしまうと速度制限がかかってしまいますが、WiMAX5Gは完全にフリーです。

5G対応&容量無制限で月額1,474円からのおすすめWiMAXを見る

WiMAXのデメリット|エリア制限があり通信速度はそこまで速くない

利用できるエリアが狭い

たろっさ
たろっさ

都会に住んでいる方であればあまり気にする必要はありませんが、郊外の田舎に出てしまうとつながらない、通信が不安定になるという場所がまだまだ多いです。

また、WiMAX2+の回線は2022年の秋頃からサービスが縮小されることが発表されています。

auのLTEエリアを追加オプションで利用することもできますが、プランによっては追加オプションを使用すると料金が発生したり、auのLTEエリアのデータ容量が7GBを超えてしまうとWiMAX2+の場合、すべての通信速度に制限がかかってしまうという点は注意しましょう。

WiMAX5GであればauのLTEデータ容量15GBを使い切ってしまっても速度に制限はかかりません。速度制限がかかることを考えずに使いたい人は、WiMAX5Gを選びましょう。

通信速度は控えめ

クラウドSIMに比べるとかなりマシではあるものの、速度はやや出づらい傾向にあります。

WiMAXを利用中、速度制限がかかるなど、不便さを感じる一面もあるかもしれません。

外でも光回線のように回線速度を重要視するのであれば、大手キャリアのモバイルルーターを契約するしかなくなってしまいます。

キャリア

測定件数

平均Ping

平均ダウンロード速度

平均アップロード速度

WiMAX

Speed Wi-Fi NEXT W06

22,482

78.21ms

36.88Mbps

6.34Mbps

WiMAX 5G

Speed Wi-Fi 5G X11

530

79.08ms

48.18Mbps

10.29Mbps

docomo

home 5G

12,274

51.07ms

219.92Mbps

20.46Mbps

ソフトバンク

1,026

39.11ms

63.47Mbps

32.74Mbps

どうしても速度が出づらいため、長時間の高画質動画視聴やゲームなどはストレスを感じてしまう場面が出てくる場合もあります。

大量のデータを扱いたい人や、画質の良さにこだわる人にはWiMAXプロバイダは好適とはいえないでしょう。

また、壁や地下など障害物にあまり強くないため、建物の中や地下街などで電波不良が起こることも。WiMAXを契約した際はその辺りを割り切って使用するようにしましょう。

たろっさ
たろっさ

ネットゲームをする、大容量の高画質動画を長時間視聴するなどの用途を考えている方は、WiMAXで全てをまかなうというのは現実的に難しいといえます。

おすすめのWiMAXに関するよくある質問

たろっさ
たろっさ

WiMAXに関する様々な情報を見てきましたが、疑問は解決したでしょうか。

ここではおすすめのWiMAXに関してよくある以下の質問についてまとめてみました。事前に疑問を解消しておけば、WiMAXプロバイダを選ぶ時や契約する時に役立つはずですよ。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

WiMAXプロバイダのおすすめ機種はどれ?

2021年5月現在、モバイルルーターでの最新機種は「WX06」となっています。こちらは旧機種と比較すると、端末本体の繋がりやすさや接続の安定性が向上しています。

バッテリーの性能もあがり、連続通信時間が最大約14時間というのも大きなポイントです。

WiMAXにもいろいろな機種がありますが、新しいほど性能は高くなっています。そのため、おすすめとしては最新機種を選んでおけば間違いないでしょう。

WiMAXプロバイダの通信速度はどのくらい?

ハイスピードプラスエリアモードという、au 4GLTE回線を利用するサービスでは最大1Gbps(1,000Mbps)という高速通信も可能です。

最近では5Gのサービスも始まり、最大2.2Gbpsという驚きの通信速度を計測しています。

WiMAXの通信速度は機種やサービスによって異なりますが、モバイルルーターでは下り通信速度440Mbpsが基本となっています。

WiMAXプロバイダのおすすめホームルーターは?

WiMAXにはモバイルルーターだけではなく、ホームルーターも存在します。

電源が必要なため手軽に持ち運びはできませんが、モバイルルーターと比較すると同時接続数が多く電波受信に強いという特徴があります。

おすすめの機種としては、最新機種で安定した通信が可能な「HOME 02」や通信速度が最速の「L02」などがあります。

WiMAXの契約はネットで申し込んだ方がお得になる?

これは実店舗でかかる人件費や店舗代が抑えられることで、キャンペーンの内容を充実させることができるからです。金額面ではありませんが、店舗では実際に端末を確認したり店員さんに直接質問ができます。

不安なことが多い人にとってこれらは大きなメリットですので、自分にあった申込方法を選ぶことをおすすめします。

WiMAXの申込方法は「店舗で申込み」と「ネットで申込み」の2つに分けられます。どちらにもメリット・デメリットがあるのですが、基本的にはネットからの申込みのほうがお得であることが多いです。

WiMAXのギガ放題プランと通常プランはどっちがおすすめ?

通常プランでは月に7GBまでの通信容量制限があり、それを超えると翌月の1日まで著しく速度が低下してしまいます。

対してギガ放題プランでは3日/10GBを超えると速度制限はかかりますが、およそ1Mbpsと通信ができないというほどではありません。月額料金は通常プランのほうが安く設定されているので、自分に利用方法に合ったプランを選ぶようにしましょう。

WiMAXにはギガ放題プランと通常プラン(ライトプラン)がありますが、どっちがおすすめかはその人の利用状況によって変わります。

WiMAXのプロバイダが変わると何が変わるの?

価格が違うと安いほうが回線品質が低かったり不利益があるのではと思ってしまう方もいるかもしれませんが、実を言うとそれはまったくの誤り。

すべてUQコミュニケーションズのWiMAX回線を利用しているため、回線品質に差が出ることはありません。安ければ安いほど得であるということがいえます。

しかし、プロバイダの混雑の具合や電波障害の影響などにより、回線速度に差が出る場合がないわけではない点は留意しておきましょう。

WiMAXのプロバイダは30種類程度あり、どこのキャリアもそれぞれ価格が違います。

ポケットWi-Fiを比較しておすすめ?どっちがいい?

WiMAXと同じように持ち運びができるモバイルルーター、いわゆるポケットWi-Fiとの違いがわからない人もいるはず。

WiMAXの特徴としては、ポケットWi-Fiよりも安い価格で利用できることです。大手キャリアと契約できるにもかかわらず、かなりの低価格でWi-Fi環境を整えられるのが魅力的です。

一方、ポケットWi-Fiは障害物に強く、屋内や地下でもWi-Fiを接続しやすいのが特徴でしょう。

WiMAXとポケットWi-Fiの通信エリアはほぼ変わりませんが、繋がりにくいエリアを少なくしたいのであれば、ポケットWi-Fiを選んだ方がいいかもしれません。

料金を安く抑えたい人はWiMAX、接続面を重視したい人はポケットWi-Fiを選んでみてください。

WiMAXの新機種はいつ出るの?

WiMAXプロバイダで最も新しい機種は、2020年の1月30日に販売された「WX06」です。以下、WiMAXプロバイダの新機種の基本情報です。

WiMAX機種WX06
サイズ111×62×13.3(mm)
対応回線WiMAX2+/au4GLTE
最大下り通信速度440Mbps
最大上り通信速度75Mbps
同時接続台数16台

連続通信時間がWiMAXプロバイダの中で最も長く、エコモードを利用すれば14時間持ちます。1日中持ち歩いて使用しても充電不足で接続できない事態を防ぐことができるでしょう。

バッテリーが消耗すると通信時間が短くなってしまいますが、「WX06」ではWiMAXのバッテリー交換が可能です。

また、WiMAXとスマホやパソコンを通信させるのがとても簡単なのもメリット。QRコードを読み取るだけで接続できるので、文字を打ち込む必要がありません。

他にも、データの使用量が一目でわかる機能や電波を安定させる機能など、WiMAXをより快適に利用するための機能が盛りだくさん。

※2022/6追記

現在WiMAXは5Gが主流になっており、対応端末で一番新しいのはNECの「Speed Wi-Fi 5G X11」です。

WiMAX機種Speed Wi-Fi 5G X11
サイズ136×68×15mm
(ディスプレイ2.4インチ)
対応回線WiMAX2+回線
au 5G回線
au 4G LTE回線
最大下り通信速度2.7Gbps
最大上り通信速度183Mbps
同時接続台数16台

このように、WiMAX5Gでは機種の性能も段違いのため、提供されるサービスにも差が出ます。

5G対応地域ではなくとも、より性能の良い機種を求める方はWiMAX5Gの契約がマストといえるでしょう。

WiMAXのギガ放題プラスとは?

WiMAXのギガ放題プラスプランは、速度制限が無制限になったプランです。au回線の使用量も多くなっており、ネットをたくさん使う人に向いているプランです。

WiMAX5Gのエリアはまだ広くはないですが、首都圏では問題なく使えるでしょう。もちろん、これから拡大されることが予想されています。

【WiMAXのギガ放題プラスプランがおすすめな人の特徴】
・データ容量を気にせずネットを使いたい人
・東京都内など首都圏に住んでいる人
・5Gの高速ネットを使ってみたい人

WiMAXの速度が遅いのはなぜ?

WiMAXの通信速度が遅いという口コミを見たことがある人もいるでしょう。

その理由は、WiMAXプロバイダが利用している回線にあります。WiMAXが利用している電波回線は、直線に進む特性を持っているので、障害物があると遮られてしまいます。

WiMAXが圏外になるのはどうして?

WiMAXが圏外になってしまい、回線が使えない場合は、料金の未払いがないかどうかを見てみましょう。

料金の支払いが行われていないことによって、WiMAXの回線接続が止められているかもしれません。

例えば、引き落としされる口座にお金が入っていなかったり、クレジットカードが止められていたりする場合が考えられます。

ただ、未払いが生じたという理由のみでは通信は止められないことが多いです。

WiMAX 5GとWiMAX2+の違い

WiMAX5G

WiMAX2+

通信速度(理論値)

最大2.7Gbps
Wi-Fi6

最大1.2Gbps
Wi-Fi5

通信速度制限

なし

10GB/3日間

制限時の速度

なし

1Mbps

プラスエリアモード制限時の制限

なし

あり

WiMAX5GWiMAX2+を比較した場合、総じて「WiMAX5G」のほうが性能が高くなっています。月額料金に関しても一例としてUQWiMAXの月額料金を挙げると以下のようになります。

WiMAX5G

WiMAX2+

月額料金
24ヶ月目まで)

4,268

4,268

月額料金
25ヶ月目以降)

4,818

4,268

WiMAX5Gでも2年間の月額料金は変わらず、3年目以降に+550円になるというのがポイントです。

WiMAX5Gの方が性能が良いため、月額料金からキャッシュバックの金額等を差し引いた総合料金としては高い傾向にあります。

たしかに5Gのほうが月額料金は高くなるものの、速度やデータ容量を考えると5Gを選ぶメリットは大きいです。5G提供エリア外で使用する方も速度制限がないため、利用しやすいということがいえます。

WiMAX 5Gのエリアに入っていないから意味を感じない?

2022/6の時点ではまだまだ全国各地に浸透しているとは言い難く、非常に限られた場所でしかWiMAX5Gは使用することができません。

しかし、WiMAXの回線は使い放題といっても2+であれば制限が3日間で10GBとかかってしまう・auのプラスエリアモードを利用していた場合、そちらの月15GBを超えてしまうとWiMAXの電波も速度制限を受けてしまうというデメリットが大きくなっています。

WiMAXでは4Gの通信と5Gの通信を区別していません。どちらを選べばいいか悩むかもしれませんが、真の意味で使い放題と謳えるのはWiMAX5Gだけなので、WiMAX5Gを選びましょう。

WiMAX5Gという言葉で自分には関係ないと思われる人も多いですが、現状WiMAX5Gを使用したほうがお得になる場合も多いです。

キャッシュバックが行われるサービスも多いので、自分に合ったWiMAXを見つけてください。]

まとめ:おすすめのWiMAXを選んでインターネットを快適に

いかがだったでしょうか?WiMAXは機種の種類も多く、プランも様々でプロバイダ選びには迷ってしまうかと思われます。

それぞれの特徴を理解して、あなたに合ったWiMAXを選んでみてください。今回ご紹介したおすすめのWiMAXがインターネット環境を快適にしてくれることを願っています。

 

おすすめのWiMAX3選

Wifiや光回線をご契約にお困りの方

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 受付休止:12/28~1/4

※お問合せ多数の場合、お待たせしてしまう可能性もございます。

専門オペレーターがご案内します。

ZEUS WIFI

ZEUSWIFIは、神コスパで有名なポケット型Wi-Fi

20GB980円/月(税込み)から利用でき、初めてポケット型Wi-Fiを使ってみたいという方におすすめです。
また、プランは月20~100GBまで幅広くラインナップされているため、データ容量をたくさん使いたい方でも安心してWi-Fiを使えます。

現在、ZEUSWi-Fiでは最大55%OFFキャンペーンを実施しているので、お得にポケット型Wi-Fiを使いたい方は、ぜひZEUSWi-Fiの詳細ページをタップしてください。

縛りなしWiFi_短期レンタルプラン

ポケット型Wi-Fiを1週間や1ヶ月など、短期で利用したい方には「縛りなしWiFi 短期レンタルプラン」がおすすめです。
縛りなしWiFi 短期レンタルプランは1日10GBが473円(税込み)~利用できるサービス。また、最短当日発送も受け付けているので、急な出張や入院などでWi-Fiが必要になった場合にも対応できます。
短期利用におすすめのポケット型Wi-Fiを探している方は、ぜひ縛りなしWiFi 短期レンタルプランを活用しましょう。

auひかり

光回線を検討されている方は、キャッシュバックが手厚いauひかりがおすすめです。
当サイト経由でauひかりを申し込むと、最大131,000円の豪華キャンペーンを利用できます
また、auひかりは最大10Gbpsの超高速回線を利用できるため、オンラインゲームやWEB会議を頻繁に行う方にも非常におすすめです。
キャンペーンを使ってお得に光回線を契約したい方は、ぜひauひかりの詳細をタップしてみてください。

コムナビ