お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

プロバイダSIM

【2022年最新】楽天モバイルは評判のイマイチな格安SIM?-実際の口コミからわかったメリットデメリット‐

契約者数も550万件を突破などで話題となっている楽天モバイル。

従量制でシンプルなプランを提供し、初期費用が0円で最低利用期間がなく、海外でも簡単に利用できるなどのメリットが豊富にあります。

しかし、「ネット通信が繋がりづらい」と悪い評判もあります。

実際の楽天モバイルはどうなのでしょうか?

今回は、楽天モバイルの基礎情報から他社と比較、2022年最新の口コミからのメリット・デメリットを徹底解説します。また、楽天モバイルを使用したときの問題点や契約の流れなどもご紹介します。

とも
とも

この記事を参考にして楽天モバイルの実際の評判を知ってください!

【本記事でわかること】
・楽天モバイルの基本情報
・楽天モバイルと他社との比較
・楽天モバイルの口コミから見えるメリット・デメリット
・楽天モバイルの契約から利用までの流れ

\当サイトおすすめの格安SIM 3選/

サービス名

 

ahamo
ahamo
LINEMO
LINEMO
楽天モバイル
楽天モバイル
月額料金(税込)2,970円~990円~1,078円~
通信プラン20GB/100GB3GB/20GB3GB/20GB/無制限
最大通信速度4.1Gbps3.0Gbps2.8Gbps
詳細ahamoの詳細を見るLINEMOの詳細を見る楽天モバイルの詳細を見る
目次 INDEX
  1. 他社比較と評判・口コミから見えた楽天モバイルのメリット10個
    1. 従量制プランで月額料金がお得
    2. 一部の番号を除き国内通話が無料でかけ放題
    3. 対応している端末の種類が多い
    4. 契約時のキャンペーンが魅力的
    5. 違約金の発生がなく、契約期間の縛りもない
    6. 実店舗が多く、ネットでのサポートに馴れていない人にもおすすめ!
    7. テザリングが無料
    8. データ容量無制限で、速度制限がない
    9. 楽天ポイントが貯まりやすくなる
    10. 支払方法の選択肢が豊富
  2. 他社比較と評判・口コミから見えた楽天モバイルのデメリット6つ
    1. 大手と比べて提供エリアが狭い
    2. 通信が不安定になりやすい
    3. 提供エリア内で圏外になることもある
    4. データ高速モードは月に1ヶ月に5GBまでしか使えない
    5. Rakuten Linkアプリを利用しなければ、通話料がかかってしまう
    6. 楽天モバイルでキャリアメールは利用できない
    7. 大手キャリアに比べると通信速度が遅め
    8. Android端末のラインナップが少なめ
  3. 楽天モバイルと他社格安SIMを比較
  4. 楽天モバイルの評判・口コミを確認
    1. 楽天モバイルの良い評判・口コミ
    2. 楽天モバイルの悪い評判・口コミ
  5. 楽天モバイルはどんな人が利用するべき?
    1. 格安simでとにかくスマホ料金を安くしたいなら楽天モバイルがおすすめ
    2. 楽天回線エリア内で生活してるなら楽天モバイルがおすすめ
    3. 楽天経済圏を活用しているなら楽天モバイルがおすすめ
    4. 【2022年11月】楽天モバイルの最新キャンペーン情報
  6. 楽天モバイルの契約から利用開始までの流れ
    1. 店舗またはWebサイトから楽天モバイルに申し込む
    2. SIMカードを受け取る
    3. 端末とAPN設定をして利用開始
  7. 楽天モバイルを解約する場合は?-2分でわかる解約方法-
    1. my楽天モバイルのメニューから「契約プラン」を選択
    2. 「各種手続き」から「解約」を選択
    3. 「アンケートに進む」を選択
  8. 楽天モバイルについてよくある質問
    1. 楽天モバイルはiPhoneでもAndroidでも使える?
    2. 楽天モバイルは海外でも使える?
    3. 楽天モバイルの問い合わせ先は?
    4. 楽天モバイルに乗り換える時に電話番号は引き継げる?
    5. 楽天モバイルはどんな人におすすめ?
    6. 逆に楽天モバイルがおすすめできないの人はどんな人?
  9. まとめ:とにかく月額料金を抑えて利用したい人に楽天モバイルはおすすめ
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

他社比較と評判・口コミから見えた楽天モバイルのメリット10個

楽天モバイルと他社比較と評判口コミ調査から見えた楽天モバイルのメリットを10個紹介します。

下記で楽天モバイルのメリットをチェックしていきましょう。

従量制プランで月額料金がお得

楽天モバイルは、従量制プランなため月額料金がお得です。

従量制プランとは、使った分だけのデータ容量やギガに応じて料金を支払うプランのことです。

他社の場合は、定額従量制のため通信量がその月にデーター量を使っていても使わなくても月額料金が変わりません。

そのため、楽天モバイルは使った分だけのデータ量の月額料金を支払うのでお得です。

とも
とも

1GB未満で抑えれば月額料金が0円です。

一部の番号を除き国内通話が無料でかけ放題

楽天モバイルは、一部の番号を除いて国内通話が無料でかけ放題ができます。

なぜなら、楽天モバイル専用のコミュニケーションアプリ『Rakuten Link』を提供しているからです。

『Rakuten Link』は、楽天モバイルだけではなく、他のスマホや固定電話への通話が通話が可能で音声通話の品質も通常と変わりなく利用ができます。

他には、『通話10分(標準)通話かけ放題』と呼ばれるオプションがあります。

このオプションは、月額1,100円で国内通話が10分や標準SMSメッセージを1日100通まで無料です。

なので、毎日電話かける方やSMSをよく使う方にはおすすめです。

また、一般的なネット回線を利用するよりも高品質な通話ができるので、途切れるなどのストレスを感じにくく利用することができるでしょう。

とも
とも

専用アプリを取得するだけで国内通話が無料なんてお得ですね!

対応している端末の種類が多い

楽天モバイルは、AppleやAndroid・SONYなど対応してるメーカーの端末が利用可能なため種類が豊富といえるでしょう。最近ではeSIMに対応し、SIMカードを発行しなくてもすぐに利用可能です。

そのため、自分が利用したい端末を選びやすいです。

もし、自分の端末が対応しているが調べたいと思ったら、楽天モバイルのAIチャットで調べることができます。

とも
とも

対応している端末が多いと自分好みの端末が選びやすいですね。

契約時のキャンペーンが魅力的

楽天モバイルは、契約時の魅力的なキャンペーンが豊富です。

キャンペーン内容は期間によって若干変わりますが、「通話10分(標準)通話かけ放題」や「iPhoneアッププログラム加入」などを申し込むと5,000ポイント提供されたり、他社からの乗り換えで、最大35,000ポイント還元されたりと様々な魅力的なキャンペーンが用意されています。

とも
とも

お財布に嬉しいキャンペーンが豊富です。

違約金の発生がなく、契約期間の縛りもない

楽天モバイルは、契約期間の縛りがないため、違約金が発生しません。

契約期間の縛りとは、最低利用期間の契約のことです。

この最低利用期間内に解約をしてしまうと違約金が発生してしまいます。

楽天モバイルの場合は、この縛りがないため、解約違約金などの料金を気にすることがないです。

とも
とも

モバイル初心者の方も気軽に契約ができるでしょう。

実店舗が多く、ネットでのサポートに馴れていない人にもおすすめ!

楽天モバイルは、全国に600店舗以上の楽天モバイルショップがあります。

そのため、オンラインでの申し込みやトラブルサポートが慣れていない方は、楽天モバイルのスタッフの方から直接サポートを受け、開通できるためとても安心ですね。

とも
とも

ネットに慣れていない方にはとても大きなメリットですね!

テザリングが無料

楽天モバイルはテザリングオプションがなく、無料利用できます。

他社格安SIMではテザリングオプションを有料にしているケースがあり、月500円程度発生します。
それに比べ楽天モバイルは無料でテザリングが利用できるため、お得ですね。

テザリングはPCやタブレット端末など外出先で利用できる便利な機能。
楽天モバイルを一台契約していれば、外出先でフリーWi-Fiがなくネット接続できないなんてこともありませんね。

とも
とも

テザリングはモバイル回線に負荷がかかるデータのため、オプションにしている場合があります。楽天モバイルはテザリングもプランに含まれておりお得ですね。

データ容量無制限で、速度制限がない

楽天モバイルは、データ容量無制限でかつ、通信速度制限がありません。

このようなモバイル回線は他社格安SIMではひとむかし前まであり得ませんでした。

楽天モバイルは3GBまで1,027円、20GBまで2,178円、20GB以上3,278円で使い放題です。

他社では毎月利用するデータ容量や、無制限であっても3日間である程度通信するなら、通信制限が適用されます。そのため完全無制限で利用できるものは存在していませんでした。

しかし楽天モバイルは20GB以上利用しても通信速度制限がなくいつでも快適に利用可能。

外出先でデータ容量を気にせず安心して利用できるのできますね。

とも
とも

楽天モバイルはデータ容量無制限、かつ通信速度がない格安スマホで人気です。おうちの固定回線に変わって利用される方もいます。

楽天ポイントが貯まりやすくなる

楽天ポイントを貯めたい方は、楽天モバイル契約を強くおすすめします。

なぜなら、楽天モバイルを契約するだけで通常ポイントに加えプラス最大3倍適用になるからです。

楽天モバイル会員によってプラスポイントが変化します。
・楽天モバイルダイヤモンド会員:プラス3倍(上限7,000ポイント)
・楽天モバイルダイヤモンド会員以外:プラス2倍(上限6,000ポイント)
いわゆる楽天経済圏でポイ活をしている人、普段から楽天カードや楽天市場で購入している人は、楽天モバイルを契約するだけでザクザク貯められます。
さらに楽天モバイルキャリア決済や、楽天グループサービスを利用すればするほど、溜まりやすくなり最大16倍ポイントまでアップ。
楽天ポイントを貯めたい人、活用したい人は楽天モバイルを検討してみてください。
とも
とも

楽天経済圏におられる方は、楽天モバイルを契約しない手はありませんね。ポイントをたくさんためてたくさん利用し、お得に生活できます。

支払方法の選択肢が豊富

楽天モバイルの支払い方法は「クレジットカード払い」「口座振替」「デビットカード」「ポイント支払い」があり、選択肢が豊富です。
格安スマホ、格安SIMにありがちな、「支払い方法が限定され契約できない」ことがありません。
特にクレジットカードをお持ちでない方、対面以外でカードを使いたくない方には嬉しいのではないでしょうか。
楽天モバイルの支払い方法の特徴のひとつに、ポイント支払いがあげられます。
その名の通り、貯めた楽天ポイントを利用して、月額費用の支払いができます。
楽天モバイルでポイントを貯めて、そして利用できる。とてもお得なサービスと言えるでしょう。
とも
とも

楽天モバイルの支払い方法はたくさんあり、自由に選択できますね。嬉しいのは貯めた楽天ポイントを利用できることですね。

他社比較と評判・口コミから見えた楽天モバイルのデメリット6つ

悲しい

楽天モバイルには、様々なメリットがありました。

しかし、デメリットもあります。

次は、楽天モバイルのデメリット6つをご紹介します。

楽天モバイルのデメリットや注意点を把握して自分に合うかチェックをしましょう。

大手と比べて提供エリアが狭い

楽天モバイルは他社より提供エリアが狭いです。

なぜなら、ドコモやドコモやauソフトバンクなどの大手のネット回線と比べると現時点ではネット回線の基地局の設置数が少ないからです。

基地局とはスマホなどから出る電波を接続業者に繋げるための施設のことで、基地局の設置数が少ないと電波を送ることができません。

そのため、全国に基地局がある大手と比べると、楽天モバイルは基地局の設置数が少ないため提供エリアが狭いです。

したがって、都心部ではない田舎に住んでいる場合は、楽天モバイル回線を利用できないことがあります。

とも
とも

まだ提供エリアは少ないですが、楽天モバイルも基地局を保有しているので提供エリア内だったら通信は安定しています。

通信が不安定になりやすい

楽天モバイルは通信回線が不安定になりやすいという口コミもありました。

通信回線が不安定になりやすい原因としては、夜など利用されるユーザーが多く混雑する時間帯だと通信回線が不安定になりやすいからです。

そして、楽天モバイルはユーザー数も550万人以上と多く、混雑しやすい時間帯にたくさんのユーザーが利用する場合は不安定になりやすいでしょう。

また、壁や水槽などの近くで利用していると電波が遮断されてしまうため、通信回線が不安定になることがあります。

そのため、利用する注意点は、なるべく遮断されるようなところのない家の真ん中や障害物がない場所で利用することをおすすめします。

通信回線を安定させるための改善方法としては、本体の再起動やSIMカードの抜き差しなどを行なうと通信回線が安定することがあります。

とも
とも

提供エリアが狭くユーザーが多いので、混雑する時間帯には通信回線が不安定になりやすいこともあるようです。

提供エリア内で圏外になることもある

楽天モバイルは提供エリア内でも圏外になる可能性があります。

なぜなら、利用する環境や場所によって電波が届きづらくなるからです。

提供エリア内で県外になりやすいのは、高い場所や地下などは電波が届きづらい場合もがあります。

また、壁や水槽などが近い場所で利用しても通信電波が遮断されることがあるので、圏外になる可能性があります。

他には、夜など利用者が多い時間帯で使うと電波が混雑して電波が届きづらくなり、圏外や通信が遅くなることがあるでしょう。

とも
とも

提供エリア内で県外になる場合は、環境や場所を変えてみると改善する可能性があります。

データ高速モードは月に1ヶ月に5GBまでしか使えない

楽天モバイルのデータ高速モードは、1カ月5GBまでしか使えません。

なぜなら、auの回線を利用して使うからです。

高速モードとは、楽天モバイルとパートナー回線のauから電波を借りて利用するサービスです。

そのため、一部のユーザーが過剰に利用して通信回線が混雑を起こして一時的に通信速度が遅くなってしまうので、他のユーザーに迷惑になるなどのリスクが出てしまいます。

なので、通信回線の混雑を避けるため、通信速度の制限がかかります。

高速モードを利用する場合は、楽天提供エリア外になると切り替わるシステムとなっており、1カ月に5GBを越えると速度制限がかかってしまいます。

とも
とも

楽天モバイル回線提供エリア外でよく利用される方はデメリットに感じて

しまうかもしれませね。

Rakuten Linkアプリを利用しなければ、通話料がかかってしまう

楽天モバイルは、『Rakuten Link』楽天モバイル専用のアプリを利用しなければ、通話料が30秒間で22円かかってしまいます。

そのため、通話を無料で利用したい場合は、専用アプリをインストールしましょう。

また、月のデータ量が1GB未満であれば、月額料金が無料です。

とも
とも

携帯電話が無料だと思って料金がかかって利用している人がいるので注意してください。

楽天モバイルでキャリアメールは利用できない

楽天モバイルは、ドコモ・au ・SoftBankなどの大手キャリアのメールアドレスを利用することができません。

なぜなら、キャリアメールは、大手キャリアの会社と紐ついているメールアドレスだからです。

そのため、ドコモ・au ・SoftBankなどから楽天モバイルに乗り換えた場合は、キャリアメールを利用することができません。

とも
とも

メールアドレスを変えたくない方にはデメリットですね。

大手キャリアに比べると通信速度が遅め

楽天モバイルは大手キャリアに比べ通信速度は遅めです。

大手キャリアは何十年もかけたエリア開発、ユーザー数の増加に伴う基地局の増加などノウハウがありますが、楽天モバイルは参入してまだ日が浅くノウハウが少ないのが要因のひとつですね。

【楽天モバイル平均速度】
平均ダウンロード速度: 54.75Mbps
平均アップロード速度: 25.42Mbps
【NTTドコモ平均速度】
平均ダウンロード速度: 193.76Mbps
平均アップロード速度: 20.2Mbps

口コミサイトにあるとおり、平均速度が約4倍違うのがみてわかりますね。

しかし通信速度は住んでいるエリア、周りの環境に大きく左右されるポイント。
平均して50Mbps以上の速度計測しているため、日常使いに不便を感じることはありません。

これだけの速度があれば、ZOOM会議、LINEビデオ通話、YouTube視聴など不自由なくできますね。

とも
とも

楽天モバイルの通信速度は、平均すると大手キャリアに比べ遅めですが、日常使いに問題はありませんね。通信速度が気になる人は、楽天モバイル以外の大手キャリアを選びましょう。

Android端末のラインナップが少なめ

楽天モバイルで取り扱っているAndroid端末は少なめです。
大手キャリア、他社格安SIMであれば人気のあるOPPO社、Xiaomi社などハイコスパ端末がラインナップされています。
しかし楽天モバイルでは、XperiaやGalaxyといった端末が取り扱いされています。
Android端末はSIMフリー端末でAmazonや楽天市場などで取り扱いがあるため、気にならない人もいるでしょう。しかしSIMフリー端末の扱いに慣れていない場合、初期設定トラブルや、周波数の違いによって通信できないといった不安も抱く可能性がありますね。
iPhoneが充実しているだけに、Android端末のラインナップが少ないのはデメリットになりますね。
とも
とも

Android端末がやや少ない印象ですね。最近はAndroidも充実したスペックを搭載しているため、残念です。

楽天モバイルと他社格安SIMを比較

楽天モバイルY!mobileUQ WiMAX
LINEモバイルlinemo表用
プラン・0GB〜1GB
(0円)
・1GB〜3GB(1,078円)
・3GB〜20GB
(2,178円)
・20GB〜
(3,278円)
・Sプラン
(2,178円)
・Mプラン
(3,278円)
・Lプラン
(4,158円)
*家族で入ると2回線目から毎月1,188円割引
・くりこしプランS+5G高速通信3GB(1,628円)
・くりこしプランM+5G高速通信15GB
(2,728円)
・くりこしプランL+5G高速通信25GB
(3,828円)
音声通話SIM
・2GB
(1,210円)
・5GB
(1,628円)
・10GB
(2,420円)
・30GB
(3,520円)データSIM
・2GB
(660円)
・5GB
(1,078円)
・10GB
(1,870円)
・30GB
(2,970円)
初期費用0円3,300円3,300円3,740円
キャンペーン・「Rakuten UN-LIMIT VI」
・プラン料金3カ月無料キャンペーン
・iPhone発売記念キャンペーン
・【Rakuten UN-LIMIT VIお申し込み特典】
だれでも5,000ポイントプレゼント
・お持ちのスマホそのままで、
他社から乗り換え(MNP)の方限定!
通常のRakuten UN-LIMIT VIお申し込み特典にくわえて、
さらに15,000ポイントプレゼントキャンペーン
・Rakuten UN-LIMIT VI +
製品購入でポイント還元キャンペーン
・Rakuten Hand
19,999ポイントプレゼントキャンペーン
・アンケート回答で
1ポイントバックキャンペーン
・Rakuten WiFi Pocket
だれでも0円お試しキャンペーン
・【iPhone発売開始キャンペーン】
楽天モバイル公式
楽天市場店でiPhoneを注文&
Rakuten UN-LIMIT VIお申し込みでポイント10倍
・スマートフォンアクセサリ送料全品無料
・楽天モバイルの対象サービス
ご契約者はポイント + 1倍
・楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」を
はじめてお申し込みで1,000ポイントプレゼントキャンペーン
・楽天モバイルキャリア決済
ご利用者はポイント + 0.5倍
・「Rakuten UN-LIMIT VI」ご利用者対象
楽天モバイルキャリア決済リリース記念!
お支払い金額の10%分の楽天ポイント還元キャンペーン
・楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン
・Rakuten Mini本体価格1円キャンペーン
・楽天モバイルショップ限定!
お友だちやご家族と一緒にお申し込みいただくと
お買いものパンダ特製トランププレゼント!
・新生活お祝い特典
・【ワイモバイルLINEキャンペーン】「PayPayギフトカード 1,500円相当※」が当たります!
・ワイモバ親子割
・おトクなキャンペーンを実施チュウ!
・ワイモバイルユーザーはLINE MUSICが6カ月無料
・新どこでももらえる特典
・いっぱいPayPayもらえちゃう!
・ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典
・60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン
・60歳以上は国内通話が通話がおトク!
・データ増量キャンペーン2
・ケータイプランSS利用料割引
・下取りプログラム
・お買い得ラインアップ
・今ご利用中の方も対象!「シンプルS/M/L」データくりこしが可能に!
・SIMスターターキット
・おうち割
・家族割引サービス
・おうちのでんわ
・オンラインストア限定タイムセール
・お得な法人契約割引
・端末補償サービス
・U-NEXT
・ギガ放題
・ギガ放題プラス
・ウルトラギガMAX
・UQ Flatツープラス ギガ放題(3年/2年)
・UQ Flatツープラス(4年/3年/2年)
・SNS使い放題!月額料金2ヶ月0円キャンペーン
・LINE MUSICオプション ポイントバックキャンペーン
・最大7,000円もらえる!ラッキー7キャンペーン
・iPhone7大型値引きSALE
・招待キャンペーン
・8月も音楽を楽しもうTwitterキャンペーン
・SoftBank AirのLINEモバイル限定キャンペーン
・ソフトバンク回線への回線変更手数料0円キャンペーン
契約期間なしなし25カ月なし
通信速度24.6Mbps60Mbps1.2Gbps375Mbps
端末費用0円〜44,800円21,960円〜95,040円21,780円端末販売は2021/9/30で終了
違約金なし10,450円11,000円・1,100円
・4,400円
(MNP転出する場合)
支払い方法・クレジットカード
・デビットカード
・口座振替
・楽天ポイント利用
・クレジットカード
・口座振替
・クレジットカード
・口座振替
・クレジットカード
・LINEプリペイド決算

楽天モバイルの評判・口コミを確認

縛りなしWiFi いい口コミ

実際楽天モバイルを利用している人たちはどのような評価をしているのでしょうか?

これから、楽天モバイルを申し込もうとしている人にはとても興味があることだと思います。

下記で楽天モバイルの良い評判と悪い評判をご紹介します。

楽天モバイルの良い評判・口コミ

とも
とも

楽天モバイルはやはり月額料金が安いという口コミが多いです。

楽天モバイルの最大のメリットはやはり月額料金を安く抑えられるのが嬉しいということです。

楽天モバイルエリア内で生活していればデータ量が0円に抑えられます。

月額料金が抑えられれば、毎月の出費が少なく、経済的に嬉しいでしょう。

家族全員楽天モバイルに変えました。 ついでに楽天ひかりも申し込みして 我が家の通信費は大幅にダウンです! 通信費は毎月の固定費だから馬鹿にならないよね
— まりんご@そろばん×節約×WEBライター(@maringo_writer)

 

楽天モバイルの悪い評判・口コミ

とも
とも

通信速度や対応に不満を感じる方がいるようです。

月額料金などのサービスは満足されている方は多いですが、やはり楽天回線エリアの範囲が狭いことで、通信速度が遅いなどの口コミが散見されます。満足度が低い要因の一つですね。

また、オンラインカスタマーセンターからの連絡が遅いのも何かトラブルが起きた時はストレスに感じてしまうでしょう。

楽天モバイル圏外 4/8(金)~現在に至る 報告を入れましたが何も変わらず10日経ちました。 なんとかなりませんか? すっぽり穴あき。

—chaly39aoi(@chaly39aoi)January 29, 2021

楽天モバイルはどんな人が利用するべき?

楽天モバイルはどんな人が利用すべきなのでしょうか?

次は、楽天モバイルはどんな人が利用すべきかチェックしていきましょう。

格安simでとにかくスマホ料金を安くしたいなら楽天モバイルがおすすめ

格安SIMでとにかくスマホの料金を安くしたいなら楽天モバイルがおすすめです。キャンペーンにより光回線とセットでさらに安くなります。

なぜなら、楽天モバイルの月額料金が3,278円と安いからです。

また、データ量が1GB未満の月は、月額料金が0円になります。

そのため、楽天エリア外で利用せず普段あまりデータ量使わない方は、月額料金が0円に抑えることも可能なので、格安SIMで料金を安くしたいなら楽天モバイルがおすすめです。

とも
とも

データ容量が無制限でこの値段は安いです!

楽天回線エリア内で生活してるなら楽天モバイルがおすすめ

楽天回線エリア内であれば、楽天モバイルがおすすめです。

なぜなら、楽天エリア内であれば、高速通信でデータ量が無制限だからです。

そのため、楽天エリア内で生活しているなら、データ容量を無制限で高速通信で利用ができるので、楽天モバイルがおすすめでしょう。

とも
とも

楽天モバイルは基地局を保有しているのでエリア内であればデータ量が無制限にすることができます。

楽天経済圏を活用しているなら楽天モバイルがおすすめ

楽天経済圏を活用しているなら、楽天モバイルがおすすめです。

なぜなら、楽天モバイルを契約すると楽天ポイントが+1倍になるので、ポイントが貯まりやすくなるからです。

そのため、楽天市場などでお買い物をするなど、日常的に楽天サービスを利用している方には楽天モバイルがおすすめといえるでしょう。

とも
とも

楽天市場などでお買い物する方には楽天ポイントが貯まりやすのは嬉しいですね!

【2022年11月】楽天モバイルの最新キャンペーン情報

2022年11月最新の楽天モバイルキャンペーン情報を紹介します。

・iPhoneトク得乗りかえキャンペーン
・最大8,000ポイント還元キャンペーン
・ポケット型Wi-Fi実質0円キャンペーン
・スマホ/ポケット型Wi-Fiトク得乗りかえキャンペーン
楽天モバイルをはじめて利用する方に向けて、iPhoneトク得キャンペーンにより最大24,000円相当額ポイント還元されます。他に、今持っているスマホそのまま契約するだけで8,000ポイント還元されるキャンペーンがあります。
楽天モバイルでは、楽天ポイントで還元されるキャンペーンが多く、ポイントを使用して楽天市場での買い物、楽天モバイルの支払いに利用できますね。
とも
とも

楽天モバイルのキャンペーンはポイント還元がほとんどですね。ポイントを利用して実生活での支払いに利用できるため便利です。

楽天モバイルの契約から利用開始までの流れ

楽天モバイルのメリット・デメリットはわかっていただけたと思います。

では、楽天モバイルを開通するまでにはどのような流れがあるのでしょうか?

楽天モバイルを開通し利用するには、3つの流れがあります。

次は、楽天モバイルの契約から利用開始までの流れを紹介します。

店舗またはWebサイトから楽天モバイルに申し込む

楽天モバイルの店舗で申し込む場合は、来店前にまず準備するものがあります。

それは、下記の4つです。

  • 楽天会員ログインに必要なユーザーIDとパスワード
  • 支払いに必要な銀行口座やクレジットカード
  • 契約者名義のMNP予約番号(他社からの電話番号乗り換えの方のみ)
  • 以前の楽天モバイルからのプラン変更用QRコード(ドコモ回線やau回線からプランを移行する方のみ)

上記を用意して来店をして店頭スタッフに従って申し込みを進めてください。

Webサイトからの楽天モバイルに申し込む場合

  • 店舗で申し込む場合にと同じく契約に必要なものを準備して
  • 楽天モバイル公式サイトからアクセスをする
  • プランを選択
  • 端末を選ぶ(楽天モバイルで端末を購入する場合のみ)
  • 楽天会員にログインする
  • 本人確認書類のアップロードをする
  • 電話番号の選択やMNPの予約番号の入力をする
  • 支払い情報やお届け先の住所を入力する
  • 申し込み内容を確認して完了です。
とも
とも

申し込み時に必要なものは来店前に準備しましょう。

SIMカードを受け取る

SIMカードとは、契約会社と契約した情報が記録されているカードのことです。

SIMカードを受け取り端末に挿入させることによって通信や電話を利用する準備ができます。

楽天モバイルに申し込みが完了すると、最短2日で申し込み時に入力した住所に端末とSIMカードが届きます。

大体が1週間以内には届くのですが、もし届かない場合はコミュニケーションセンターに問い合わせをしてください。

とも
とも

1週間以上届かない場合は、コミュニケーションセンターに問い合わせをしましょう。

端末とAPN設定をして利用開始

SIMカードを挿入した後は、楽天モバイルで購入した端末以外はAPN設定を手動で行います。

大手携帯会社であれば、APN設定がされた状態で届くのですが、楽天モバイルは格安SIMなため、手動でAPN設定を行わないといけません。

APN設定とは、スマホ端末でデータを通信するために必要な設定のことです。

この設定を行わないとネット通信を行うことができません。

APN設定方法

auの場合

  • 「設定」からインターネットの設定に進む
  • 下記の情報を入力する
APN名楽天(rakuten.jp)
APNrakuten.jp
MCC440
MNC11
APNタイプdefault,supl
APNプロトコルIPv4/IPv6
APNローミングプロトコルIPv4/IPv6
PDPタイプIPv4/IPv6

iPhoneの場合

  • 以前利用していたプロファイル設定を削除します。
  • 『LTE、VoLTEオン』をオンにする
  • APNに『rakuten.jp』と入力

以上が端末とAPN設定方法です。

とも
とも

また、他社からの乗り換えの場合は、MNP手続きを行わなければいけません。

楽天モバイルを解約する場合は?-2分でわかる解約方法-

楽天モバイルを解約する手順を解説しています。

残念ながら楽天モバイルを契約したものの、電波状況、速度、サポートなど不満を抱くことがあるでしょう。

解約条件をおさえスムーズに他社に乗りかえましょう。

my楽天モバイルのメニューから「契約プラン」を選択

楽天モバイルを解約する最初のステップは、my楽天モバイルアプリを開きます。

次にメニューから「契約プラン」を選択します。

ほとんどの人が、楽天モバイルUnlimitedが選択できるでしょう。

「各種手続き」から「解約」を選択

契約プランを選択後、「各種手続き」から「解約」を選択しましょう。

アプリから解約手続きができるため、操作方法を間違えないようにしましょう。

解約するとすぐに通信が利用できなくなります。できれば締め日に近い月末に手続きすると良いでしょう。

月初に解約しても、月末までの通信費用が発生します。日割りが無いため注意してください。

「アンケートに進む」を選択

最後にアンケートに進むを選択して、回答します。

アンケートに回答するとすぐに楽天モバイル通信がストップし圏外になります。

日割り計算がないため、できる限り締め日に近い月末を選択すると良いでしょう。

楽天モバイルについてよくある質問

悩む男性

楽天モバイルを利用することによって様々な疑問や質問が寄せられます。

次は、楽天モバイルについてよくある質問は6つを紹介するので、疑問などが当てはまるかチェックしましょう。

楽天モバイルはiPhoneでもAndroidでも使える?

楽天モバイルは、iPhoneでもAndroidでも全ての機種ではないですが使えます。

iPhoneシリーズで対応している機種は、6s以降の機種であれば、ドコモ・au・ソフトバンクのSIMフリーであれば利用が可能です。

Androidは、楽天モバイルのサービス提供当初から、SIMフリーの端末であれば、対応ができます。

したがって、iPhoneもAndroidも全ての端末ではないですが、楽天モバイルで使えます。

とも
とも

iPhoneとAndroid両方から端末を選べるのはいいですね。

楽天モバイルは海外でも使える?

楽天モバイルは海外でも利用が可能です。

ただし、全ての国や地域では利用できません。

利用できる国は、アメリカ全土・中国・イタリアなど66カ国で日本人に人気の国では利用ができます。

また、自分の契約している事業者によっては、海外で利用できない場合があります。

そのため、自分が使っている端末の利用状況などを契約している公式サイトで確認してください。

とも
とも

南米やアフリカなどの地域は利用できる場所は少ないです。

楽天モバイルの問い合わせ先は?

楽天モバイルの問い合わせ先は、問い合わせ内容によって違います。

  • 楽天モバイルのエリア環境内で通信接続が不安定な時の問い合わせ先は、050-5434-4647
  • 楽天モバイルの紛失や盗難で利用停止や再開をしたい時の問い合わせ番号は、050-5212-6913
  • 料金の支払いや料金の未払いについて問い合わせたい時の問い合わせ番号は、050-5212-6913(組み合わせプランやスーパー放題プランを契約されている方)・050-5434-4653(楽天UN-LIMITを契約されている方)
  • 楽天モバイルからプランを変更されたい時の問い合わせ番号は、050-5212-6913
  • 海外から問い合わせをしたい時の電話番号は、050-5434-4633

以上が楽天モバイルの問い合わせ先です。

とも
とも

内容によって問い合わせ先が違うので注意してください!

楽天モバイルに乗り換える時に電話番号は引き継げる?

楽天モバイルは、『MNP』と呼ばれる制度を利用すれば電話番号を引き継ぐことができます。

MNPとは、携帯電話番号ポータビリティ(Mobile Number Portability)の英語の頭文字を取った言葉です。

この制度を利用することによって、他社の通信サービスに乗り換えた場合でも、携帯電話番号を変更することなく利用できます。

とも
とも

電話番号は引き継げます!

楽天モバイルはどんな人におすすめ?

楽天モバイルがおすすめな人は楽天回線エリアに住んでいる人におすすめです。

なぜなら、楽天回線エリアであれば、楽天モバイルの自社の回線を保有しているため、安定して無制限に利用できるからです。

また、データ容量を使ったり使わなかったり月によって利用量が変わる人にもおすすめです。

例えば、月に1GB未満であれば、月額料金が0円になり、20GBから無制限の場合は3,278円となります。

そのため、1GB未満に抑えれば、月額料金が0円になり、テレワークなどで、通信量を多く利用したい方は無制限プランを選ばれるといいでしょう。

したがって、楽天モバイルはプランが従量制の料金プランなため、月に利用したデータ量の金額を支払うので、利用料を使う人・使わない人両方の人におすすめです。

とも
とも

月額料金が安く利用したい方にはおすすめです!

逆に楽天モバイルがおすすめできないの人はどんな人?

おすすめできない人は、楽天回線エリアに住んでいない人にはおすすめできません。

なぜなら、楽天回線エリアでないとau回線を利用しないといけないからです。

また、au回線の利用も5GBまでで、それを越えてしまうと通信制限がかかってしまいます。

通信制限がかかるため、動画などを視聴していると途中で止まったりダウンロードができなくなります。

そのため、楽天回線エリアに住んでいない人にはおすすめできません。

とも
とも

楽天回線エリア以外に住んでいる方にはおすすめできません。

まとめ:とにかく月額料金を抑えて利用したい人に楽天モバイルはおすすめ

アルピナウォーターのキャンペーンについて

今回は、楽天モバイルと他社を比較や口コミ・利用開始までの流れなどを紹介しました。

口コミでは通信速度が遅いという口コミもありました。

やはり、全国に基地局がある大手のキャリアとは違い楽天モバイルの提供エリアはまだまだ狭いです。

しかし、楽天モバイルは、「従量制プランで1GB未満であれば、月額料金が0円」や「国内通話であれば無料でかけ放題」・「最低利用期間がない」など、とても魅力的なサービスが揃っています。

なので、とにかく月額料金を抑えて利用したい人は楽天モバイルがおすすめです。

この記事を参考にしていただいて、モバイル楽天の申し込み方法や問い合わせを確認して、ぜひ一度楽天モバイルを利用してみてください。

とも
とも

月額料金を抑えて利用したい方は、楽天モバイルを利用してみましょう!