お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

SIMWi-Fiの特徴

格安SIMへの乗り換え手順や準備すべきことは?おすすめの移行先を8つ厳選

格安の料金でSIMを利用できると評判が高く、料金体系がシンプルなどの理由で乗り換える人が多い格安SIM。

しかし、格安SIMへの乗り換えには、メリットだけではなくデメリットもあります。

では、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

そして、格安SIMへの乗り換え手順はどうすればいいのでしょうか?

今回は、格安SIMへの乗り換え手順とメリット・デメリットを解説して、格安SIMに乗り換えにおすすめの格安SIMを5社ご紹介します。

この記事を参考にしていただきて、格安SIMの乗り換え手順を知ってもらい、自分に合った格安SIMを見つけてください。

とも
とも

格安SIMの乗り換えを考えている人は、参考にしてください!

・格安SIM乗り換える前にやること3つ
・大手キャリアから格安SIMに乗り換える手順
・乗り換えるおすすめ格安SIM5社
・格安SIM乗り換えるメリット・デメリット?
・格安SIMに関する質問

\当サイトおすすめの格安SIM 3選/

サービス名

 

ahamo
ahamo
LINEMO
LINEMO
楽天モバイル
楽天モバイル
月額料金(税込)2,970円~990円~1,078円~
通信プラン20GB/100GB3GB/20GB3GB/20GB/無制限
最大通信速度4.1Gbps3.0Gbps2.8Gbps
詳細ahamoの詳細を見るLINEMOの詳細を見る楽天モバイルの詳細を見る
目次 INDEX
  1. そもそも格安SIMとは?
  2. 格安SIMに乗り換える前に-準備すべきこと3つ-
    1. 現在契約しているプランの契約更新月を確認する
    2. 電話番号を引き継ぎたい場合はMNP予約番号を取得する
    3. SIMロックを解除する
  3. 大手キャリアから格安SIMに乗り換えるには?手順項目に分けて解説
    1. STEP①:乗り換える格安SIMと契約する料金プランを決める
    2. STEP②:格安SIM各社のWebサイトから申し込みをする
    3. STEP③:SIMカードを受け取り初期設定を行う
  4. 乗り換えにおすすめの格安SIM7選-おすすめできる人の特徴まで紹介-
    1. UQモバイル:とてもシンプルな料金プラン
    2. ahamo:月額料金が安い
    3. Y!mobile:SoftBankの「セット割」が適用される
    4. LINEMO:「LINE」アプリが使い放題
    5. 楽天モバイル:基地局を自社で保有している
    6. IIJmio:バースト機能が優秀
    7. OCNモバイルONE:業界最安値の料金プラン
  5. 格安SIMに乗り換えるメリット4つ
    1. 月額料金が安くなる
    2. 従量制の料金プランが選べる
    3. 契約期間の縛りがないor短い
    4. 格安SIMも契約に際してお得なキャンペーンがある
  6. 格安SIMに乗り換える6つのデメリット-通信速度の安定度には不安あり-
    1. 通信速度が不安定で繋がりづらい場所がある
    2. 通話料金が高い
    3. キャリアメールが引き継げない可能性がある
    4. 初期設定を自分でやる必要がある
    5. サポート環境が整っていないところがある
    6. 支払い方法がクレジットカードのみの場合が多い
  7. 格安SIMに関するよくある質問
    1. 最もおすすめな格安SIMはどこ?
    2. iPhoneにおすすめの格安SIMは?
    3. Androidにおすすめの格安SIMは?
    4. 格安SIMは5Gに対応してる?
    5. 格安SIMに乗り換えた方がいい人の特徴は?
    6. 大手キャリアを使い続けた方がいい人の特徴は?
    7. 格安SIMへの乗り換えは店舗でもできる?
  8. まとめ:コスパ重視の人は格安SIMに乗り換えを検討しよう
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

そもそも格安SIMとは?

よくある質問と答え

格安SIMとは、格安の料金でSIMを使えることです。

SIMとは、「Subscriber Identity Module」の英語略で、日本語に訳すと「加入者識別カード」となります。

SIMは、通信業者から発行されているもので、電話番号や個人情報などのデータが記録されているため、SIMを利用することによって、メールや電話などの通信サービスが利用することができます。

そして、格安SIMは様々な会社から独自のサービスやオプションを提供しています。

そのため、ライフスタイルに合わせて、格安の料金でSIMを利用することができるでしょう。

とも
とも

大手キャリアよりも格安でSIMが利用できます!

格安SIMに乗り換える前に-準備すべきこと3つ-

格安SIMを乗り換える前にやることがあります。

格安SIMにやることは3つです。

下記で、格安SIMに乗り換える前にやること3つを詳しくご紹介します。

現在契約しているプランの契約更新月を確認する

格安SIMに乗り換える場合は、現在契約しているプランの契約更新を確認しましょう。

なぜなら、更新月のタイミングに合わせて乗り換えをしないと、解約金などが発生してしまう場合があるからです。

そのため、契約更新月に契約解除をすれば、違約金が発生しません。

契約更新月は、契約した初めの月から契約満了の24ヶ月目と翌月の25ヶ月・翌々月の26ヶ月の3ヶ月の間に契約を解除されると違約金がかかないことが多いです。

また、大手キャリアの月額料金は、日割り計算でなく月額料金で請求がきるため、契約解除は月末に行うことをおすすめします。

契約更新月の確認方法は、契約しているキャリアの公式サイトにアクセスをして、IDとパスワードを入力してログイン後、契約期間の更新月が確認できます。

とも
とも

契約更新月以外で解約をしてしまうと違約金がかかってしまう可能性があります。

電話番号を引き継ぎたい場合はMNP予約番号を取得する

電話番号を引き継ぎたい場合は、『MNP予約番号』を取得する必要があります。

MNP予約番号とは、「Mobile Number Portability」の英語訳で、通信会社を変更しても現在利用してる電話番号をそのまま引き継げるようにできることです。

そのため、乗り換える際には、MNP予約番号を取得しましょう。

注意点としては、MNP予約番号には取得してから15日間の有効期限があることです。

また、契約更新期間ではない月にMNP予約番号の申し込みをしてしまうと契約解除違約金がかかってしまうことがあるので申し込む期間なども気をつけてください。

とも
とも

MNP予約番号には有効期限があるので気をつけてください!

SIMロックを解除する

格安SIMに乗り換える場合には、SIMロックを解除する必要があります。

なぜなら、SIMロックを解除しないと、利用しているキャリア以外のインターネット回線で使用できないからです。

SIMロックとは、大手キャリア端末を購入して、契約を結んでネットを回線を利用できるようになるのですが、契約した会社以外の回線は使用できなくなります。

そのため、乗り換え時に他の回線も利用できるようにSIMロック解除が必要になります。

とも
とも

SIMロックを解除しないと乗り換えたいキャリアが利用できません。

大手キャリアから格安SIMに乗り換えるには?手順項目に分けて解説

割引

格安SIMに乗り換える準備ができたら、今度は、乗り換える手順を知っておきましょう。

格安SIMに乗り換える手順としては大きく分けて3つです。

下記で、大手キャリアから格安SIMに乗り換える手順を3つ詳しく解説します。

STEP①:乗り換える格安SIMと契約する料金プランを決める

格安SIMに乗り換える場合は、契約する料金プランを決めましょう。

なぜなら、格安SIMの料金プランは、会社によって様々な料金プランを提供しているからです。

基本的には、データ容量が少ほど料金は安くなります。

そのため、自分が利用するデータ使用状況に応じた料金プランを決めてから契約を決めてください。

とも
とも

まずは、自分に合った料金プランを決めましょう!

STEP②:格安SIM各社のWebサイトから申し込みをする

格安SIMに乗り換える場合は、基本Webサイトから申し込みをします。

なぜなら、月額料金などの低価格にするために、店舗やカスタマースタッフの数が少ないからです。

格安SIMは、直接申し込みをできる場合はありますが、店舗やスタッフの数が少ないため、直接申し込みのサポートしてもらえないことが多いです。

そのため、基本はWebサイトから申し込みをします。

とも
とも

格安SIMの場合は、通常はWebを使って自分で申し込みをします!

STEP③:SIMカードを受け取り初期設定を行う

格安SIMの申し込みが済んで契約が完了したあとは、格安SIMの会社から、SIMカードが送られてきます。

送られてきたSIMカードを自分が使いたい端末に挿入します。

挿入が完了したら、『APN設定』と呼ばれる初期設定を自分で行いましょう。

初期設定が完了したら、ネットサービスが利用できます。

とも
とも

初期設定方法は設定画面からAPNの情報を入力するだけです!

乗り換えにおすすめの格安SIM7選-おすすめできる人の特徴まで紹介-

UQモバイル

ahamo

Y!mobile

LINEMO

楽天モバイル

IIJmio

ocn モバイル one 表用

OCNモバイルONE

使用回線auドコモソフトバンクソフトバンク楽天回線・ドコモ
・au
ドコモ
月額料金1,628円〜3,828円2,970円2,178円〜4,158円990円〜2,728円1,078円〜3,278円850円~2,000円550円~1,760円
データ容量3GB〜21GB20GB1GB〜25GB・3GB
・20GB
無制限2GB~20GB500MB~10GB
最大通信速度225Mbps非公開838Mbps非公開非公開1,288Mbps1Gbps
キャンペーン・キャリア決済(auかんたん決済)のご利用でPontaポイントが当たる!もらえる!
・UQ mobileからYouTube Premiumにご加入で、3ヶ月無料!
・TERASA春の無料ウィーク!
・【auナビウォーク】春のGOGOキャンペーン
・マネーライフ応援特典
・UQ mobileオンラインショップ限定キャンペーン(iPhone12、iPhone12mini新規契約特典)
・UQ mobileオンラインショップ限定キャンペーン(Android対象機種新規契約特典)
・UQ mobileからauからApple musicにご加入で、6ヶ月無料!
・UQ mobile・auからamashにご加入で、6ヶ月間無料!
・くりこしプラン+5Gデータプレゼントキャンペーン
・UQモバイル→au移行プログラム
・au PAYスマートローン新規申し込み&ご契約で最大2,000Pontaポイントプレゼント
・ご利用のスマホ(他社スマホもOK!)の下取りサービス
・ahamoカラフルスターズ!
・ahamoでディズニープラスを楽しもう
・ahamo大盛り2022.6START!dポイント2,000ptがもらえるキャンペーン
・「Galaxy A22 5G」がahamoに新登場他社からのお乗り換えなら5,500円(税込)で購入可能に!
・ahamo one fes
・新生活お祝い特典

【ワイモバイルLINEキャンペーン】「PayPayギフトカード 1,500円相当」が当たります!
・ワイモバ親子割
・おトクなキャンペーンを実施チュウ!
・ワイモバイルユーザーはLINE MUSICが6ヵ月無料!
・新どこでももらえる特典
・いっぱいPayPayもらえちゃう!
・ワイモバイルから→SoftBankのりかえ特典
・60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン
・60歳以上は国内通話がおトク
・データ増量無料キャンペーン2
・ケータイプランSS利用料割引
・下取りプログラム
・お買い得ラインアップ
・今ご利用中のかたも対象!「シンプルS/M/L」のデータくりこしが可能に!
・SIMスターターキット
・おうち割
・家族割びきサービス
・おうちのでんわ
・オンラインストア限定タイムセール
・おトクな法人契約割引

・LINE MUSIC6カ月無料 キャンペーン
・通話オプション割引キャンペーン
・LINEスタンプ プレミアム ポイントバックキャンペーン
・PayPayポイントあげちゃう キャンペーン
・楽天市場のお買い物がポイント最大16キャンペーン
・エンタメコンテンツ初回3カ月無料
・iPhoneトク得乗り換えキャンペーン
・Apple Watchスタートキャンペーン

・Rakuten Hand 5Gが実質1円
・モバイルWi-Fi実質0円キャンペーン
・総額200万円相当分ポイント山分け
・【楽天市場店限定】対象Android製品の回線セット申込で使える16,000円OFFクーポン配布中!
・楽天ペイお支払い額が20%還元
・【楽天モバイル公式 楽天市場店】スマートフォンアクセサリ全品送料無料!
・楽天マガジン初回90日無料
・SPU(楽天モバイル)
・Google Play ストア・楽天モバイルキャリア決済ご利用キャンペーン
・YouTube Premium 3ヶ月無料キャンペーン
・楽天ひかり 7月お買い物マラソン特設キャンペーン
・楽天モバイル×楽天チェックキャンペーン
・楽天モバイル×楽天競馬キャンペーン

・【乗り換え応援キャンペーン】
・スマホ大特価セール開催中
・音声SIM2GB 6ヶ月間410円
・通話定額オプション割引
・OPPO Pad Air&NEC Atermセット発売記念キャンペーン
・SHARP新機種発売記念キャンペーン
・ASUS新機種発売記念キャンペーン
・iiJ創業30周年キャンペーン
・人気のスマホセール
・マルシェルでお買い物で最大1GBプレゼントキャンペーン
・第5回OCNモバイルONE格安スマホセットキャンペーン
・60歳以上なら最大12ヶ月間0.5GB増量

UQモバイル:とてもシンプルな料金プラン

UQモバイルは、UQモバイル株式会社がau回線を利用して提供してる格安SIMで、料金プランが3つだけでとてもシンプルです。

シンプルな料金プランのため、選びやすいのがUQモバイルの特徴です。

通信制限がかかっていても最大1Mbpsが使えるため、画像の閲覧や動画の視聴などが遅くなったり、止まったりなどのストレスを感じることはないでしょう。

デメリットは、『auスマートバリュー』と呼ばれるセット割が適用されないことです。

他社の場合は、利用している回線と同じ端末を契約をしているとセット割が適用されることが多いのですが、UQモバイルの場合はセット割が適用されません。

そのため、セット割適用で月額料金を安くできないです。

とも
とも

料金プランが3つだから格安SIM初心者の人でも迷わず選べますね!

おすすめできる人の特徴:au光やau電気を利用している人におすすめ

UQモバイルはau関連のサービスを利用していることでセット割が組めます。

通信も安定しており、auと遜色ない通信が可能ですよ。
料金プランもシンプルなので初めて利用する人でも安心できる格安SIMです。

ahamo:月額料金が安い

ahamoは、NTTドコモが運営してる格安SIMで、月額料金が安いことが特徴です。

ahamoの月額料金は、20GBプランのみで2,970円と他社と比べても安い料金設定になっています。

さらに、事務手数料も0円で最低利用期間などもありません。

そのため、月額料金は安く、初期費用なども抑えることができます。

月額料金や初期費用を抑えて、格安SIMを手軽に契約をしたいと思っている人にはおすすめです。

デメリットとしては、データ容量が繰り越せないことです。

なので、データ量をあまり使わない人にとっては、20GBプランのみだとデメリットに感じてしまいます。

とも
とも

20GBで2,970円は他社と比較しても安いです!

おすすめできる人の特徴:安定した回線を使いたい人

ahamoはドコモ回線をそのまま使用しているので通信速度がとにかく安定しています。
20GBが2,970円で利用できるのもお得ですし、大容量プランを安く使いたい人にも最適です。

Y!mobile:SoftBankの「セット割」が適用される

Y!mobileは、ソフトバンクグループが提供している格安SIMで、ソフトバンクの『おうち割』と呼ばれるセット割が適用できるのが特徴です。

セット割とは、Y!mobileとSoftBank光やSoftBank Airの端末などを一緒に契約をしていると、月額1,188円の割引が適用されます。

そのため、月額料金を抑えることができるでしょう。

他には、ヤフープレミアムの特典を利用することができます。

ヤフープレミアムの特典を利用することによって、ヤフーショッピングのポイントが5倍増量や買い物に保証をつけられるなどがされます。

普段Yahoo!サービスを利用している人にはとても嬉しいです。

デメリットとしては、2年縛りがあることです。

他社の格安SIMは、大体縛りがないのですが、Y!mobileは2年縛りがあるため、短期間で利用したいと考えている人には、デメリットに感じます。

とも
とも

セット割が適用できることによってさらに月額料金が安くできます!

おすすめできる人の特徴:ソフトバンクのネットを利用している人におすすめ

ソフトバンク光やSoftbank Airを利用している人であればおうちセット割が組めますので月額料金を安く抑えることができますよ。
通信速度も高速なので安くて速いネットを使いたいソフトバンクのネットユーザーには最適な格安SIMです。

LINEMO:「LINE」アプリが使い放題

LINEMOは、ソフトバンクが運営している格安SIMで、『LINEギガフリー』と呼ばれるサービスを利用すればLINEアプリの通話やトークが通信容量を消費せずに使いたい放題です。

そのため、普段からLINEアプリをよく利用する人にはとても嬉しいでしょう。

また、700以上のスタンプを無料で使いたい放題できる『LINEスタンププレミアム(ベーシックコース)』と呼ばれるサービスも今年の夏頃から無料で利用することができます。

デメリットとしては、Y!mobileのようにセット割が適用されないことです。

とも
とも

LINEアプリを利用される人は多いので、とても嬉しいサービスです!

おすすめできる人の特徴:LINEを頻繁に利用する人

LINEギガフリーがあるのでLINEを頻繁に使う人におすすめできます。

料金プランもシンプルですし、キャンペーンも豊富なのでメリットが多いですよ。MNPでの特典も豊富なのが嬉しいですね。

楽天モバイル:基地局を自社で保有している

楽天モバイルは、楽天モバイル株式会社が運営している格安SIMで、インターネット回線を自社で保有しているのが特徴です。

基地局を自社で保有していることで、提供エリア内では無制限でインターネット通信を利用することができます。

他社の場合は、大手キャリアからインターネット回線を借りてサービスを提供しているため、無制限で利用ができません。

そのため、楽天モバイルは、無制限でネットを使えるため、提供エリア内に住んでいる人にはとてもメリットでしょう。

しかし、楽天モバイルの基地局は、地方などではまだ設置が少ないめ、地方に住まわれている人にはデメリットに感じます。

とも
とも

基地局を自社で保有していると通信速度も安定しやすいです。

おすすめできる人の特徴:無制限プランを使いたい人

楽天モバイルの最大のメリットは楽天回線エリア内であればデータが無制限で利用できるところです。
通信も独自回線なので大手キャリアと遜色ない通信が可能です。データ無制限で使いたい人にはぴったりですよ!

IIJmio:バースト機能が優秀

IIJmio

2年連続でMVNOの顧客満足部門で1位を獲得しているiiJmio。

4GBの音声付きプランが990円(税込)から利用できるので通信料を抑えた人にもおすすめです

「バースト機能」を使用して低速状態にすることもできます。バースト機能はページの読み込み時だけは高速通信のままなので読み込みは速いまま低速通信が可能です。

おすすめできる人の特徴:キャンペーン好きな人におすすめ

iiJmioは定期的にキャンペーンを開催しており、スマホの端末代金が特価で購入できることが多いです。

とにかくMNPを含むキャンペーンが豊富なのでキャンペーン好きな人にはおすすめですよ。

OCNモバイルONE:業界最安値の料金プラン

OCN モバイル ONE 格安sim

OCNモバイルONEはドコモの回線を使用している格安SIMの中でも高品質な通信に定評があります。

OCN光とのセット割を組むと月額料金から最大220円(税込)の割引が適用できます。

550円(税込)で500MBコースも利用できるのでスマホデビューにも最適な格安SIMです。

おすすめできる人の特徴:少しでも料金を安くしたい人におすすめ

OCNモバイルはとにかく月額料金が安いです。
少しでも料金を安くした人におすすめできます。

3GBの音声付きプランでベースが990円(税込)、そこからOCN光モバイル割で770円(税込)になると他の格安SIMよりも圧倒的に安いですよ。

格安SIMに乗り換えるメリット4つ

格安SIMには乗り換えるメリットは、「月額料金が安くなる」や「お得なキャンペーンがある」などがあります。

次は、格安SIMに乗り換えるメリットを4つご紹介します。

月額料金が安くなる

格安SIMに乗り換えるメリットは、月額料金が安くなることです。

なぜなら、大手キャリアより実店舗やスタッフの数を少なくすることで設備投資の費用がかからないようにしているからです。

そのため、直接サポートなどはしてもらえませんが、設備投資の費用を抑えることによって、月額料金などを安く抑えて提供することができています。

とも
とも

月額料金が安いと毎月の出費が抑えられますね!

従量制の料金プランが選べる

格安SIMは、格安SIMを扱っている事業者にもよりますが、一般的には従量制の料金プランが選べます。

従量制プランとは、消費したデータ量などに応じて料金を支払うプランのことです。

大手キャリアの場合は、定額制のプランが多いため、データ量を使っていなくても定額の料金を支払わないといけません。

しかし、格安SIMの従量制プランの場合は、少ないデータ量からプランを選べて、使った分だけ支払います。

そのため、毎月の料金を自分に合わせてデータ量をコントロールすることができます。

とも
とも

自分が使いたいだけの料金を払えるのはメリットですね!

契約期間の縛りがないor短い

格安SIMは、契約期間の縛りがない場合が多いです。

大手キャリアの場合は、2年から3年程度、契約期間の縛りがあります。

契約期間の縛りとは、契約した最低利用期間内に解約をしてしまうと解約違約金などの支払わないといけないことです。

解約違約金は、契約した事業者によって違いますが、大体1万円前後の違約金が発生します。

そのため、契約期間の縛りがあると余計な料金を支払うことになります。

しかし、格安SIMは、音声通話SIMでなければ契約期間の縛りがありません。

契約期間の縛りがあると言っても、6ヶ月から1年と大手キャリアの契約期間の縛りより短いです。

とも
とも

縛りがないから短期間だけ利用したい人でも、手軽に契約できますね!

格安SIMも契約に際してお得なキャンペーンがある

格安SIMも契約に際して「乗り換えキャンペーン」や「キャッシュバックキャンペーン」などのお得なキャンペーンがあります。

キャッシバックキャンペーンや乗り換えキャンペーンの場合は、大体10,000円から事業者によっては35,000円の還元をしてもらえることがあります。

また、セット割などの月額料金から一定の料金を割引してもらえるキャンペーン内容もあります。

そのため、月額料金やオプション以外の格安SIMを契約する際の選ぶポイントとしてキャンペーン特典などで比較してもいいでしょう。

とも
とも

キャンペーンを利用して、さらに格安でSIMを利用できるでしょう。

格安SIMに乗り換える6つのデメリット-通信速度の安定度には不安あり-

格安SIMに乗り換えには、メリットだけではなくデメリットもあります。

次は、格安SIMに乗り換えるデメリット6つを詳しくご紹介します。

通信速度が不安定で繋がりづらい場所がある

格安SIM乗り換えるデメリットとしては、通信速度が不安定で繋がりづらい場所があることです。

なぜなら、ほとんどの格安SIMは、自社で基地局を保有していないため、大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しているからです。

大手キャリアと回線は一緒でも、やはり場所によっては駅などの混雑する場所や地下などでは、通信速度が不安定で繋がりづらくなります。

また、大手キャリアのユーザーが多く利用する朝や夜間などの時間帯になると混雑して通信障害を回避するために、通信制限をされて速度が不安定になる場合があります。

とも
とも

日頃から、通信速度の不安定になる場所や時間帯をチェックしておくといいです!

通話料金が高い

格安SIMは、自分のライフスタイルに合っていないプランを選んでしまうと通話料金が高いと感じてしまいます。

なぜなら、選ぶプランによって料金が変わってくるからです。

例えば、よく電話を利用される方は、「かけ放題」プランなどを選ぶと料金が高く感じはしないです。

しかし、あまり電話をかけない人が、「かけ放題」プランを選んでしまうとプランの余計な料金が課金されるので高く感じます。

そのため、あまりかけない人は、『従量課金制』や『通話パック』などのプランを選ばれるといいでしょう。

このように、選ぶプランによって特徴が違うので、自分のライフスタイルに合ったプランを選ぶようにしてください。

とも
とも

通話を良くする人は、『かけ放題』プランを契約しましょう!

キャリアメールが引き継げない可能性がある

格安SIMは、キャリアメールが引き継げない可能性があります。

なぜなら、キャリアメールは、大手キャリアの独自メールアドレスだからです。

そのため、大手キャリアから乗り換えてしまうと、以前利用していたキャリアメールアドレスもやめることになって使えなくなってしまいます。

どうしても、キャリアメールを乗り換えたい場合は、同回線を使用している格安SIMを月額330円で提供している「持ち運び」サービスを利用していただくと引き継ぐことが可能です。

とも
とも

他には、フリーメールアドレスを利用するのもいいでしょう!

初期設定を自分でやる必要がある

格安SIMは、初期設定などを自分でやる必要があります。

なぜなら、格安SIMはコスト削減のため、実店舗やスタッフの数が少ないからです。

店舗やスタッフの数を減らすことで、投資コストが抑えられるため、月額料金などを定額で提供できます。

したがって、格安SIMは店舗やスタッフの数が少ないため直接サポートをしてもらえないので、自分で初期設定をやる必要があります。

とも
とも

店舗が少ないため、初期設定などのサポートが直接受けられないことが多いです。

サポート環境が整っていないところがある

また、格安SIMは、投資コストを削減するためにカスタマーサポートをしてくれるスタッフも少ないです。

そのため、サポートはオンラインのみのサポートでしか受けられず、チャットなどで相談をしても返答が遅いなどサポートは弱いでしょう。

店舗で相談ができる格安SIMもありますが、ほとんどは直接サポートがしてもらえないと思ってもらうといいでしょう。

とも
とも

予約をすれば直接相談できる格安SIMもあります。

支払い方法がクレジットカードのみの場合が多い

格安SIMは、支払い方法がクレジットカードのみの場合が多いです。

そのため、クレジットカードを作れない18歳以下の人は、格安SIMを利用することができません。

そして、電子マネーなど普及はしてきたと言っても、現金主義の人も少なくないため、そういった人たちにとっては格安SIMの契約はしづらいと感じるでしょう。

ほとんどの格安SIMは、クレジットカードのみの支払いになりますが、一部のサービスではクレジットカードが必要ないこともあるので、契約する際は、支払い方法も確認してください。

とも
とも

今後さらにキャッシュレス化になってくるので、今のうちに慣れるためにクレジットカードを作ってもいいかもしれませんね!

格安SIMに関するよくある質問

格安SIMには、様々なメリットデメリットがありました。

格安SIMに関するよくある質問はどのようなことがあるのでしょうか?

それは、「最もおすすめな格安SIMはどこ?」や「格安SIMに乗り換えた方がいい人の特徴は?」などです。

下記で、格安SIMに関するよくある質問7つをご紹介します。

最もおすすめな格安SIMはどこ?

格安SIMで最もおすすめな格安SIMは、『楽天モバイル』です。

なぜなら、楽天モバイルは、自社回線を持っているからです。

他社の格安SIMは、大手キャリアから回線を借りてサービスの提供を行っていますが、楽天モバイルは自社回線を持っていることで電波が安定しています。

そのため、楽天モバイルは提供エリア内であれば、データ量が無制限で利用ができます。

また、1ヶ月のデータ使用量が3GB未満であれば、月額料金が1,078円です。

このことから、自社回線を保有していて、無制限での利用ならば、月額料金が大手3大キャリアより安く、ライトユーザーからヘビーユーザーにもマッチする従量課金制プランも利用できる楽天モバイルは、格安SIMの中で最もおすすめできる格安SIMでしょう。

とも
とも

楽天モバイルは格安SIMの中でも珍しい自社回線を保有しています。

iPhoneにおすすめの格安SIMは?

iPhoneでおすすめな機種は、『Y!mobile』です。

なぜなら、ソフトバンクから提供されているため、様々なメリットがあるからです。

ソフトバンクから提供されていることによって、iPhoneの最新モデルをいち早く利用ができます。

また、Yahoo!と連携されているので、『Yahoo!プレミアム会員』の特典も利用することができ、「Yahoo!ショッピングでポイント還元」や「110誌以上の雑誌や漫画が読み放題」など様々なサービスが無料で利用することが可能です。

そのため、最新のiPhoneモデルをいち早く利用できることやYahoo!の様々な特典が受けられる『Y!mobile』がiPhoneにおすすめな格安SIMといえます。

とも
とも

Yahoo!サービスを利用されている人は、特にお得に感じるでしょう!

Androidにおすすめの格安SIMは?

Androidにおすすめな格安SIMは、『OCNモバイルONE』でしょう。

なぜなら、OCNモバイルONEは、豊富な種類の中から格安でAndroidのスマホ端末を購入できるからです。

他社と比較しても5,000円から20,000円もお得に購入できる端末もあります。

そのため、Androidの種類が豊富で安く購入できるOCNモバイルONEがAndroidにおすすめな格安SIMです。

とも
とも

端末の種類が豊富で購入できるのは嬉しですね!

格安SIMは5Gに対応してる?

5Gに対応している格安SIMは、全部ではないですがあります。

5Gとは、『5Generation』の英語略で、日本語で言うと『5世代』です。

5Gのメリットは、従来利用されている4Gよりも最大で約100倍の高速通信が可能になるため、4Gを利用するよりも高速でダウンロードができます。

現在、格安SIMの5Gを利用するには3つの条件が必要です。

それは、5G対応のSIMカードと5G対応のスマホ・5Gの対応のエリア内の3つです。

この条件が揃えば、5Gを利用することができます。

とも
とも

これから、5Gが主流になってくるので、5G対応の格安SIMはさらに安定した通信が期待できます!

格安SIMに乗り換えた方がいい人の特徴は?

格安SIMに乗り換えた方がいい人の特徴は、月額料金を安くしたい人です。

なぜなら、大手キャリアよりも月額料金が安く抑えられるからです。

大手キャリアが月額料金が6,000円程度だとすると格安SIMはプランは、2,000円以下で契約ができます。

また、従量課金制などの様々な料金プランも用意されているので、自分のニーズに合わせてプランを選べるでしょう。

そのため、毎月のコストを重視されている方は、格安SIMに乗り換えた方がいいです。

とも
とも

月額料金を安く抑えたい人は、格安SIMがおすすめです。

大手キャリアを使い続けた方がいい人の特徴は?

大手キャリアの使い続けた方がいい人の特徴は、料金だけではなく、電波やその他のサービスの質を求める人です。

格安SIMは料金は安くて料金的にはとても魅力的ですが、コストを抑えるために店舗やスタッフの削減をしているため、サポート面や電波などは、やはり大手キャリアよりもクオリティーは悪くなります。

そのため、月額料金などではなく、サポートや電波のクオリティーなどのサービスも質を求める人は大手キャリア使い続けた方がいいです。

とも
とも

月額料金以外のスタッフのサポートや電波のクオリティーを重視される人は、大手キャリアの方がいいかもしれませんね。

格安SIMへの乗り換えは店舗でもできる?

格安SIMへの乗り換えは、基本はWebサイトから申し込みますが、会社によっては店舗で乗り換えが可能です。

なぜなら、実店舗の数が多い格安SIMであればサポートしてもらえる可能性があるからです。

そのため、店舗やサポートスタッフの多い格安SIMであれば店舗で乗り換えることができます。

とも
とも

現在、家電量販店の申し込みエリアなどのサービスも増えてきているため、店舗でも乗り換えることが可能でしょう。

まとめ:コスパ重視の人は格安SIMに乗り換えを検討しよう

今回は、格安SIMへの乗り換え手順とメリット・デメリットを解説して、格安SIMに乗り換えにおすすめの格安SIMを5社をご紹介しました。

格安SIMの乗り換えは、大手キャリアと違い店舗が少なくスタッフが少ないため、直接サポートがしてもらえないのがデメリットですが、その分、月額料金が安いので料金的にはとてもお得です。

他にも、キャッシュバックキャンペーンや乗り換えキャンペーンなどのサービスも豊富に提供されています。

そのため、初期費用や月額料金を抑えたいなど、コスト重視の人は格安SIMに乗り換えをしましょう。