Wi-Fiおすすめ比較

固定回線のおすすめランキング10選!安いWi-Fiをランキングで紹介

自宅でインターネットを使うのであれば、固定回線の契約がおすすめです。

固定回線はスマホやパソコンを快適に利用するために必要なもので、なければ困る場面も多く存在します。

しかし、固定回線を契約するにしても、どの固定回線がおすすめなのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事ではおすすめの固定回線をランキング形式で紹介しつつ、固定回線の選び方についても解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

【この記事でわかること】
・おすすめの固定回線
・固定回線の選び方
・固定回線選びの注意点
・固定回線開通までの流れ

 

  1. 回線の種類は大きく3種類
    1. 固定回線:通信制限がなく高速通信が楽しめる
    2. ホームルーター:コンセントに差すだけで使える手軽なWi-Fi
    3. モバイルWi-Fi:出先でも使えて便利
  2. 当サイトおすすめの固定回線10社比較表
  3. 固定回線のおすすめランキング5選|安さで選ぶならここで決まり
    1. 1位:fon光|料金・速度のどちらも兼ね備えた固定回線
    2. 2位:NURO光|キャッシュバックが非常にお得
    3. 3位:eo光|最大1年間の月額料金割引がお得
    4. 4位:BIGLOBE光|最大66,400円分の還元あり
    5. 5位:楽天ひかり|楽天モバイルとのセット利用がおすすめ
  4. ニーズ別のおすすめ固定回線3選
    1. 固定回線をキャンペーン重視で選ぶならSo-net光プラス
    2. 固定回線を通信速度重視で選ぶならauひかり
    3. 固定回線を開通までの時間重視で選ぶならドコモ光
  5. 固定回線のあなたに合った選び方
    1. 選び方1.月額料金の安い固定回線を選ぶ
    2. 選び方2.回線速度の速い固定回線を選ぶ
    3. 選び方3.スマホセット割がある固定回線を選ぶ
    4. 選び方4.キャンペーンが充実している固定回線を選ぶ
  6. 固定回線の申し込みから開通完了までの流れ
    1. 手順1.Webもしくは電話で申し込み
    2. 手順2.工事日や開通日の案内が届く
    3. 手順3.宅内工事、もしくは局内工事を実施
    4. 手順4.パソコンやスマートフォンの設定をして利用開始
  7. 固定回線を契約する際に気をつけておくべき注意点
    1. 注意点1.提供エリア内かどうかを必ず確認する
    2. 注意点2.お得に申し込める代理店がないか確認する
    3. 注意点3.不要なオプションは契約されていないか
  8. 固定回線のおすすめに関するよくある質問
    1. 固定回線は工事不要で利用できないの?
    2. 固定回線のプロバイダーって何?
    3. 悪質プロバイダや評判の悪いプロバイダを教えて欲しい
    4. 固定回線はいらないって本当?
    5. 5Gが使える固定回線はある?
    6. 賃貸と持ち家で固定回線の契約方法は違うの?
  9. まとめ:固定回線は自分に合ったおすすめのものを選ぼう

回線の種類は大きく3種類

LANケーブルの画像

インターネットを利用するために必要な回線は、大きく分けて3つの種類に分かれます。

ここからはそれぞれの回線の特徴について、詳しくみていきましょう。

固定回線:通信制限がなく高速通信が楽しめる

固定回線は、自宅にインターネットの線を引き込む回線のことを指します。近くの電柱から有線で引き込むため、ホームルーターやモバイルWi-Fiに比べて安定性が段違いです。

回線速度も高速で、大容量の通信をするときも困りません。また、月間の通信量に上限が設けられていないのも大きなメリットです。

ホームルーターやモバイルWi-Fiと違って工事が必要になりますが、とにかく快適にインターネットを利用していきたいのであれば、固定回線一択といっても過言ではありません。

しーく
しーく

同時接続台数が多くなるのであれば、固定回線の利用がおすすめです。

ホームルーター:コンセントに差すだけで使える手軽なWi-Fi

ホームルーターは、工事不要ですぐに利用開始できるWi-Fiとなっています。コンセントに差せばすぐに使えるため、今すぐWi-Fiが必要な方や、工事ができない事情がある方におすすめです。

固定回線とモバイルWi-Fiのメリットを両取りしたものとなっており、手軽さと回線の安定性を兼ね備えています。

ただし、ホームルーターの利用には対応エリアであることが必要です。また、月間の利用上限が設けられている点にも注意しましょう。

しーく
しーく

厳密にいうと使い放題ではないため、データ通信量の管理が必要になります。

モバイルWi-Fi:出先でも使えて便利

自宅よりも出先で利用する機会が多い方におすすめなのが、モバイルWi-Fiです。充電さえしておけばどこでも利用できるため、利便性の高さでは随一です。

モバイルWi-Fiはどこでも利用できる反面、通信速度や安定性は固定回線・ホームルーターに劣ります。また、通信量の上限が設けられているケースが大半のため、無制限での利用はできません。

出張が多い方や、トラック運転手の方など、あまり自宅にいないのであればモバイルWi-Fiの契約を検討してみてください。

しーく
しーく

ゲームや動画視聴がメインの使い方なのであれば、すぐに通信量の上限に到達してしまうかもしれません。

 

当サイトおすすめの固定回線10社比較表

比較のイメージ画像

ここからはおすすめの固定回線について、10社をピックアップし徹底的に比較しました。まずは下記の表を見ていきましょう。

サービス名fon光

NURO光

Softbank光

auひかり

ドコモ光

楽天ひかり

フレッツ光

So-net光プラス

BIGLOBE光

eo光

月額料金4,378円(税込)
※戸建て・マンション同額
戸建て:5,200円(税込)
マンション:2,970~3,630円(税込)
戸建て:5,720円(税込)
マンション:4,180円(税込)
戸建て:6,160円(税込)
マンション:4,730円 or 5,060円(税込)
※対応プランによっては上記以外の金額の場合あり
戸建て:5,500円~5,940円(税込)
マンション:4,180円~4,620円(税込)
※プロバイダによって料金が異なる
戸建て:5,280円(税込)
マンション:4,180円(税込)
戸建て:5,940円(税込)
マンション:3,345円~4,455円(税込)
※マンションは建物の戸数で料金が変動
戸建て:6,138円(税込)
マンション:4,928円(税込)
戸建て:5,478円(税込)
マンション:4,378円(税込)
5,448円(税込)
※戸建て・マンション同額
通信速度最大2Gbps最大2Gbps最大1Gbps最大1Gbps最大1Gbps最大1Gbps最大1Gbps最大1Gbps最大1Gbps最大1Gbps
初期費用3,300円(税込)3,300円(税込)3,300円(税込)3,300円(税込)3,300円(税込)新規契約:880円(税込)
転用・事業者変更:1,980円(税込)
880円(税込)3,300円(税込)3,300円(税込)3,300円(税込)
キャンペーンなし最大45,000円キャッシュバック他社固定回線から乗り換えで最大24,000円キャッシュバックネット+電話の契約で10,000円キャッシュバック新規工事費無料+dポイント10,000ポイント付与楽天モバイルと同時利用で1年間利用料無料月額利用料最大24か月間割引最大60,000円キャッシュバック最大66,400円分の特典還元あり最大1年間月額料金割引
セット割Softbankのスマートフォンが割引対象Softbankのスマートフォンが割引対象Softbankのスマートフォンが割引対象auのスマートフォンが割引対象ドコモのスマートフォンが割引対象セット割なしセット割なしauのスマートフォンが割引対象auのスマートフォンが割引対象auのスマートフォンが割引対象
しーく
しーく

各固定回線の特徴を理解し、自身に合うものを契約するのが重要です。

 

固定回線のおすすめランキング5選|安さで選ぶならここで決まり

ここまで紹介してきた内容をもとにして、固定回線のおすすめランキングを5つ選定しました。

しーく
しーく

いずれの固定回線も、料金や速度・サービスの面でおすすめできるものばかりです。

1位:fon光|料金・速度のどちらも兼ね備えた固定回線

引用:fon光公式サイト

・固定回線としては安い料金設定の月額4,378円(税込)
・戸建て・マンションともに同額で利用可能
・最大2Gbpsに対応しているため、速度面も快適

fon光は、戸建てとマンションの月額料金が同額に設定されている固定回線です。速度に関しても最大2Gbpsに対応しているため、回線速度に不満を抱くことはありません。

Softbankのスマートフォンを利用している場合も、セット割が適用されます。スマートフォン側の料金が1台当たり最大1,100円(税込)割引となるのは、非常にお得といえるのではないでしょうか。

しーく
しーく

料金を節約しつつ、回線速度もこだわりたいのであればfon光一択です。

サービス名fon光
月額料金4,378円(税込)
※戸建て・マンション同額
初期費用3,300円(税込)
キャンペーンなし
オプションリモートサポート:550円(税込)
カスペルスキーセキュリティ:550円(税込)
セット割Softbankのスマートフォンが割引対象

 

fon光の工事は遅い? 口コミ・評判で分かった実態を徹底検証
fon光について解説しています。fon光の魅力は、月額4,378円という安さと通信速度2Gbpsという速さです。長期的に見れば、fon光が業界最安値のプロバイダでした。さらに充実したオプションと縛りなしWiFiとのユニークなセット料金も紹介しています。

2位:NURO光|キャッシュバックが非常にお得

引用:NURO光公式サイト

・マンションに設備が入っていればお得
・最大45,000円のキャッシュバック
・通信速度は最大2Gbpsに対応

NURO光は、最大2Gbpsに対応している固定回線です。今では最大1Gbpsを超える回線が増えてきましたが、提供開始から常に人気を集めています。

ゲームをする方には特におすすめで、ゲーム実況者や配信者も多く利用している固定回線です。設備の入っているマンションはまだ少ないですが、戸建て向けのプランをマンションで契約することもできます。

最大45,000円のキャッシュバックも実施しており、キャンペーン面でも非常にお得といえるでしょう。Softbankのスマートフォンを利用している場合も、セット割対象となるためおすすめです。

しーく
しーく

人気ゲーム機『PlayStation(R)5』のレンタルをオプション契約できます。

サービス名NURO光
月額料金戸建て:5,200円(税込)
マンション:2,970~3,630円(税込)
初期費用3,300円(税込)
キャンペーン最大45,000円キャッシュバック
オプションひかりTV:2,750円(税込)
PlayStation(R)5 月額オプション:990円(税込)~
セット割Softbankのスマートフォンが割引対象

 

NURO光の評判を大検証!料金・エリア・対応まで丸わかり
NURO光は世界最高速度の通信が利用できる人気のWi-Fiです。評判やプラン、料金についてなどをご紹介しているので、契約を検討している方は参考にしてくださいね。

3位:eo光|最大1年間の月額料金割引がお得

引用:eo光公式サイト

・戸建てとマンションが同額で利用可能
・auスマートフォンとのセット割あり
・最大1年間の月額料金割引あり

eo光は、戸建てとマンションの料金が同額に設定されている固定回線です。5,448円(税込)で利用できるため、他の固定回線と比較して特別高いといったこともありません。

auのスマートフォンユーザーであれば、『auスマートバリュー』の割引も利用できるため、月々の通信費を抑えたい場合にも最適です。

キャンペーンで最大1年間は2,000円以上の割引が適用されることもあり、固定回線費を抑えたいのであればeo光の契約がおすすめといえるでしょう。

しーく
しーく

関西エリアで顧客満足度1位の固定回線となっています。

サービス名eo光
月額料金5,448円(税込)
※戸建て・マンション同額
初期費用3,300円(税込)
キャンペーン最大1年間月額料金割引
オプションeoセキュリティーパック:275円(税込)
eoメッシュWi-Fiレンタルサービス:550円(税込)
セット割auのスマートフォンが割引対象

 

4位:BIGLOBE光|最大66,400円分の還元あり

引用:BIGLOBE光公式サイト

・還元金額が多くてお得
・auユーザーはスマホ代がお得に
・365日のカスタマーサポートを提供

BIGLOBE光は、最大66,400円分の還元を提供している固定回線です。66,400円のうち40,000円はキャッシュバックもしくは月額料金割引となっており、好きな還元方法を選べます。

BIGLOBE光は『auスマートバリュー』の対象回線にもなっているため、auユーザーの場合はスマホ代が安くなるのも大きなメリットといえるでしょう。

サポート面も充実しており、安心して利用できる固定回線の一つといえます。

しーく
しーく

年中無休でサポートセンターが稼働しています。

サービス名BIGLOBE光
月額料金戸建て:5,478円(税込)
マンション:4,378円(税込)
初期費用3,300円(税込)
キャンペーン最大66,400円分の特典還元あり
オプションセキュリティセット・プレミアム:418円(税込)
BIGLOBE お助けサポート:523円(税込)
セット割auのスマートフォンが割引対象

 

5位:楽天ひかり|楽天モバイルとのセット利用がおすすめ

引用:楽天ひかり公式サイト

・楽天モバイルとセット契約で1年間利用料無料
・IPv6回線に対応
・メールアドレス最大10個まで無料発行

楽天ひかりは、楽天モバイルとのセット契約がお得な固定回線となっています。セット契約時は最大1年間利用料が無料となるため、月々の固定費を抑えられるでしょう。

また、IPv6回線にも対応しているため、動画視聴やゲームのプレイにも最適な回線です。

メールアドレスも最大10個まで無料発行できるため、目的に応じて使い分けられるのもメリットといえます。

しーく
しーく

楽天市場を利用した際のポイントがプラスになるのも魅力的です。

サービス名楽天ひかり
月額料金戸建て:5,280円(税込)
マンション:4,180円(税込)
初期費用新規契約:880円(税込)
転用・事業者変更:1,980円(税込)
キャンペーン楽天モバイルと同時利用で1年間利用料無料
オプションリモートサポート:550円(税込)
メールプラス:506円(税込)~
セット割セット割なし

 

ニーズ別のおすすめ固定回線3選

グッドサインを出す人

ニーズに合わせて固定回線を選ぶなら、以下の3つがおすすめです。

ここからは3回線の特徴について詳しく解説していきます。

固定回線をキャンペーン重視で選ぶならSo-net光プラス

引用:So-net光プラス公式サイト

・最大60,000円のキャッシュバックあり
・auスマートフォンとのセット割あり
・パソコンの設定サポートキャンペーンあり

So-net光プラスは、キャンペーンを重視して固定回線を選ぶ方におすすめです。最大60,000円のキャッシュバックが発生し、他の固定回線と比較してキャッシュバックの額が多くなっています。

パソコンの設定サポートも1台無料となっており、設定が苦手な方でも安心して契約できるのは大きなメリットです。

auユーザーは『auスマートバリュー』の対象回線となっているため、スマホ代を節約するのにも最適な固定回線といえるでしょう。

しーく
しーく

キャッシュバックは30,000円を2回に分けて付与されます。

サービス名So-net光プラス
月額料金戸建て:6,138円(税込)
マンション:4,928円(税込)
初期費用3,300円(税込)
キャンペーン最大60,000円キャッシュバック
オプションSo-net 安心サポートプラス:550円(税込)
ネット詐欺・情報漏えい まとめてバスター:550円(税込)
セット割auのスマートフォンが割引対象

 

so-net光の評判は?料金・解約金・エリア・通信速度を徹底解説
so-net光の詳細やメリット・デメリットをご紹介します。契約前に詳細を把握しておくことで、安心してインターネットを利用できますね。必ず他社と比較して自分に一番合っているものを選択しましょう。

固定回線を通信速度重視で選ぶならauひかり

引用:auひかり公式サイト

・auひかり独自の回線を採用
・5Gbps、10Gbpsにも対応
・プロバイダーが8社から選べる
auひかりは、au独自の回線を採用している固定回線です。コラボ光とは違うため、利用者の増加や時間帯による混雑時の影響をほとんど受けません。
戸建てタイプの場合には5Gbps、10Gbpsにも対応しており、非常に快適な速度で契約できるのも大きな特徴といえるでしょう。
プロバイダーも8社から選べるため、現在使っているプロバイダーから変更したくない場合にも、選択肢の幅が広い固定回線だといえます。
しーく
しーく

当然、auのスマホセット割にも対応しています。

サービス名auひかり
月額料金戸建て:6,160円(税込)
マンション:4,730円 or 5,060円(税込)
※対応プランによっては上記以外の金額の場合あり
初期費用3,300円(税込)
キャンペーンネット+電話の契約で10,000円キャッシュバック
オプション安心ネットフィルター:209円(税込)
おうちトラブルサポート:440円(税込)
セット割auのスマートフォンが割引対象

 

au光はプロバイダ選びで決まる|本当におすすめできるプロバイダは?
au光が最近気になっているんだけど、どういう回線なのかな?プロバイダがいくつかあるんだけど、どれを選べばいいのだろう?au光という回線を一度は聞いたことがあるかもしれません。auと言えば携帯電話会社でしょ?と思われるかもしれませんが、光回線

固定回線を開通までの時間重視で選ぶならドコモ光

引用:ドコモ光公式サイト

・最短2週間で利用可能
・IPv6対応Wi-Fiルーター無料
・ドコモスマホとセットでお得

すぐに開通できる固定回線を探しているのであれば、ドコモ光の契約がおすすめです。最短2週間で利用開始でき、他の固定回線と比較すると約半分の期間となります。

ドコモ光はドコモのスマホがセット割対象となっているため、ドコモユーザーは非常にお得になるといえるでしょう。

IPv6対応のルーターも無料で貸し出ししているため、自身で用意する必要がないのも大きなメリットといえます。

しーく
しーく

対応しているプロバイダもかなりの数となっています。

サービス名ドコモ光
月額料金戸建て:5,500円~5,940円(税込)
マンション:4,180円~4,620円(税込)
※プロバイダによって料金が異なる
初期費用3,300円(税込)
キャンペーン新規工事費無料+dポイント10,000ポイント付与
オプションあんしんパックホーム:968円(税込)
ドコモnetセキュリティサービス:385円(税込)
セット割ドコモのスマートフォンが割引対象

 

ドコモ光のおすすめプロバイダは?料金・キャンペーン・速度・評判を検証
ドコモ光の契約を検討している方に向けて、ドコモ光の特徴やおすすめのプロバイダ、プロバイダの選び方などについて解説します。

固定回線のあなたに合った選び方

扉を選ぶ電球

固定回線を選ぶときは、求めることに合わせて選ぶのがおすすめです。

しーく
しーく

優先するものを決めておけば、後々のトラブルにもつながりにくくなります。

選び方1.月額料金の安い固定回線を選ぶ

固定回線の月額料金は、提供会社によって大きく異なります。そのため、月額料金が安い固定回線を選ぶのは一つの選択肢です。

提供会社によって、月額料金が1,000円前後変わることは十分にあり得ます。年間で換算すると12,000円程度の差額が生まれることを考えると、安さを重視しない手はありません。

回線速度やキャンペーンの内容を比較して、月々の費用を抑えていきましょう。

しーく
しーく

月額料金が高くても、キャンペーンやスマホセット割で結果的に安くなる可能性があります。

選び方2.回線速度の速い固定回線を選ぶ

ゲームや動画視聴を多くするのであれば、回線速度の速い固定回線を選びましょう。快適な環境を整えることで、今以上にゲームや動画を楽しめます。

固定回線は最大1Gbpsの速度に対応していることがほとんどです。しかし、中には最大2Gbpsがデフォルトであったり、追加料金を払うことで最大5Gbpsや10Gbpsに対応したりする固定回線もあります。

少しでも速く、快適な環境を整えたいのであれば、各固定回線の最大速度は必ず確認しましょう。

しーく
しーく

あくまでも最大値で、常にその速度が出るわけではありません。

選び方3.スマホセット割がある固定回線を選ぶ

固定回線の多くは、スマホとのセット割を提供しています。スマホもしくは固定回線側の料金が安くなるため、自身の通信会社との割引があるかは必ず確認しましょう。

仮に月額料金が高かったとしても、スマホセット割との兼ね合いで総合的に安くなるケースは十分に考えられます。

どのくらい安くなるのかをしっかりと計算して、お得な固定回線選びをしましょう。

しーく
しーく

スマホセット割は大手3キャリアに対応していることがほとんどです。

選び方4.キャンペーンが充実している固定回線を選ぶ

固定回線は提供会社によって、さまざまなキャンペーンを実施しています。キャッシュバックや月額料金割引など、内容を比較して自身に合うものを検討しましょう。

固定回線によっては、数万円単位のキャッシュバック・割引をしているケースも珍しくありません。逆に言うと、キャンペーンを活用しないのは非常にもったいないといえます。

キャンペーンは公式ページに必ず記載されていますので、申し込み前のチェックを忘れないようにしましょう。

しーく
しーく

申請方法や受取手順の確認も必須です。

 

固定回線の申し込みから開通完了までの流れ

パソコンを操作する女性2人

固定回線に申し込んだ際は、下記の流れで開通完了まで進んでいくのが一般的です。

しーく
しーく

提供会社によって、若干の違いがあることは覚えておきましょう。

手順1.Webもしくは電話で申し込み

まずはWebもしくは電話で、固定回線の提供会社へ申し込みます。

電話の場合はその場で、Webの場合は後日担当者より連絡が来るのが一般的な流れです。

申し込み時はエリア確認が必須なため、忘れないようにしましょう。

しーく
しーく

オプションサービスを希望する場合も、この段階で申し込むのがおすすめです。

手順2.工事日や開通日の案内が届く

申し込み完了後、工事日や開通日が確定した段階で書面の案内が届きます。

案内に記載の日付がインターネットの利用開始日となるため、日付はしっかりと確認しておきましょう。

しーく
しーく

工事がある場合は、当日在宅している必要があります。

手順3.宅内工事、もしくは局内工事を実施

書面に記載されている当日になると、宅内工事や局内工事が実施されます。

宅内工事の場合は作業員が自宅に来て、1時間~2時間程度の工事が必要です。局内工事の場合は作業員は派遣されず、指定された時間以降からインターネットを利用できます。

しーく
しーく

宅内工事は戸建て、局内工事はマンションの場合が多いです。

手順4.パソコンやスマートフォンの設定をして利用開始

工事が完了したら、パソコンやスマートフォンの設定が必要になります。

Wi-Fiの設定やインターネットの接続設定をし、接続できれば開通は完了です。

しーく
しーく

設定が苦手な場合、パソコンの設定サポートを利用するのが良いでしょう。

 

固定回線を契約する際に気をつけておくべき注意点

cautionの文字

固定回線契約時に気を付けるべき注意点は以下の3つです。

それぞれの注意点について、詳しくみていきましょう。

注意点1.提供エリア内かどうかを必ず確認する

固定回線を契約するには、提供エリア内でなければいけません。そのため、事前に提供エリア内かどうかは必ず確認しておきましょう。

提供エリアでない場合には、基本的に申し込みはできません。しかし、仮に申し込みができてしまうケースも稀に存在します。

その場合、かけた時間が無駄になるのはもちろん、キャンセル費用が発生する場合がありますので注意しましょう。

しーく
しーく

本来発生しない費用を請求されるのはもったいないです。

注意点2.お得に申し込める代理店がないか確認する

固定回線の申し込みには、公式ページからの申し込みのほかに代理店経由の申し込みができます。

代理店経由の場合、公式が提供しているキャンペーン以外のキャッシュバックや割引が適用されることがあり、かなりお得になるケースも珍しくありません。

開通までの日数が若干長くなったり、キャッシュバックのためのオプションが追加で必要だったりしますが、内容を比較してお得に申し込めそうであれば、代理店経由の申し込みも検討しましょう。

しーく
しーく

数百円のオプションを契約して、キャッシュバックが増額になることが良くあります。

注意点3.不要なオプションは契約されていないか

固定回線契約時、不要なオプションが契約されていないかは必ず確認しましょう。

公式からの申し込みの場合にはほとんどありませんが、代理店経由の場合は知らないうちに数百円のオプションが複数契約されているかもしれません。

キャッシュバックや割引が増えるならいいですが、そうでない場合はただ月々の支払いが増えているだけです。

しーく
しーく

想定の金額と少しでも違うのであれば、契約内容の確認は必ずしておきましょう。

 

固定回線のおすすめに関するよくある質問

クエスチョンマークを指さす男性

固定回線をおすすめするにあたって、以下の質問が多く見られました。

ここからはそれぞれの質問に対して、詳しく解説していきます。

固定回線は工事不要で利用できないの?

固定回線を利用するには、基本的に工事が発生します。ただし、以下に該当するケースの場合は工事不要で利用できるかもしれません。

・以前に引き込んだ固定回線の線が残っている場合
・事業者変更で申し込みをした場合
・マンションタイプですでに部屋まで配線が伸びている場合
しーく
しーく

いずれにしても、申し込みをするまでは工事の必要有無はわかりません。

固定回線のプロバイダーって何?

プロバイダーは、固定回線をインターネットにつなぐ役割を担っている事業者のことです。

プロバイダーがなければIPアドレスの付与やデータ伝送の中継がされず、通信が利用できません。

固定回線契約時は、プロバイダーを別途契約しなければならないことを覚えておきましょう。

しーく
しーく

プロバイダーがセットになっている光コラボが普及してきています。

悪質プロバイダや評判の悪いプロバイダを教えて欲しい

結論として、プロバイダは利用環境によって良くも悪くもなります。

例えば、利用する地域に同一プロバイダの契約者が多ければ回線速度は遅くなることが考えられますし、少なければ速くなる可能性があります。

また、評判の悪いプロバイダは代理店による強引な営業が関連しているケースが大半です。

しーく
しーく

いずれのプロバイダにしても、公式ページから申し込めばトラブルに巻き込まれる可能性は低くなります。

固定回線はいらないって本当?

固定回線不要の声は一定数存在します。しかし、スマホやパソコンを利用するのであれば環境を整えておくに越したことはありません。

例えば、スマホでアプリをアップデート・ダウンロードするとき、ものによってはWi-Fiの接続が必須の場合があります。

また、Wi-Fiを利用していないことでスマホが通信制限にかかることも考えられるでしょう。

しーく
しーく

固定回線を導入することで、総合的に通信費が節約できるかもしれません。

 

5Gが使える固定回線はある?

固定回線には4Gや5Gといった概念が存在しません。

モバイルWi-Fiやホームルーターを使う場合には5G回線に対応しているものもありますが、固定回線の場合にはそもそもの仕組みが異なります。

しーく
しーく

高速通信を利用したいのであれば、IPv6対応の固定回線を選ぶようにしましょう。

賃貸と持ち家で固定回線の契約方法は違うの?

住んでいる家が賃貸・持ち家に関わらず、契約方法に大きな違いはありません。

ただし、賃貸で工事が必要になる場合は管理会社や大家さんの許可が必要になります。

壁に穴をあけたり、共用部に設備を入れたりする場合には個人の判断で進めることはできません。

しーく
しーく

固定回線の契約条件に「管理者から工事の許可を取る」と記載されているケースが大半です。

 

まとめ:固定回線は自分に合ったおすすめのものを選ぼう

今回はおすすめの固定回線を紹介しつつ、固定回線の選び方について解説してきました。

結論として、固定回線は自分に合ったものを選ぶのが重要です。いくらおすすめであったとしても、料金やキャンペーン、スマホセット割といった条件が合わなければ損をしてしまいます。

今回紹介した固定回線はいずれもおすすめのものですが、契約時はしっかりと内容を比較するようにしましょう。

この記事で紹介した内容をもとに、ぜひ自分に合った固定回線の契約を検討してみてください。