お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

Wi-Fiおすすめ比較

Wi-Fiルーターの寿命は何年?おすすめの買い替え時期や選び方も解説

長年利用しているWi-Fiルーターの電源が落ちたり、通信速度が不安定になったりと

「Wi-Fiルーターに寿命はあるの?」

と悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

結論をお伝えすると、Wi-Fiルーターには本体や通信規格・セキュリティなどといったそれぞれに寿命があります。

しのまる
しのまる

寿命を超えて利用していると、快適なネット環境を整えることは難しいです。

そこでこの記事では、快適なネット環境を整えてもらうべくWi-Fiルーターの寿命や寿命を疑うべき症状などといった内容を詳しくお伝えしていきます。

【この記事でわかること】
◯Wi-Fiルーターの寿命の種類
◯Wi-Fiルーターの寿命を疑うべき症状
◯Wi-Fiルーターの買い替え時期
◯Wi-Fiルーターの選び方

\当サイトおすすめの光回線 3選/

サービス名

 

auひかりドコモ光NURO光
月額料金(税込)マンション/4,180円~
一戸建て/5,610円~
マンション/4,400円~
一戸建て/5,720円~
2年契約/5,700円
3年契約/5,200円
工事費用(税込)マンション/33,000円
一戸建て/41,250円
(ネット+電話の申し込みで実質無料)
マンション/16,500円
一戸建て/19,800円
(現在は新規なら無料)
44,000円
(36ヵ月で実質無料)
初期費用(税込)3,300円3,300円3,300円
通信速度(下り最大)1Gbps1Gbps2Gbps
詳細auひかりの詳細を見るドコモ光の詳細を見るNURO光の詳細を見る
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

そもそもWi-Fiルーターに寿命はある?

しのまる
しのまる

結論をお伝えすると、Wi-Fiルーターには寿命があります。

というのも、Wi-Fiルーターは冷蔵庫やエアコンなどと同じ電化製品ですので、長年利用することで劣化していくのです。

エアコンが寿命を迎えると、室内をうまく温めることができない、または冷やすことができないといったトラブルが起こることと同様に、Wi-Fiルーターも寿命を迎えると様々なトラブルを起こし始めます。

Wi-Fiルーターのトラブルの例を挙げると次の通りです。

・バッテリーが長持ちしない
・通信速度が安定しない
このように、Wi-Fiルータにも寿命があり、長年利用し続けると様々なトラブルの原因に繋がります。

Wi-Fiルーターの寿命は3種類

ひとえに寿命があるといっても、Wi-Fiルーターの寿命は大きく3つに区分することができます。

それが次のとおりです。

以上3つの寿命はそれぞれことなります。

そこでここからは、3つの寿命について詳しく深掘りしていきます。

ルーター本体の寿命

先ほど紹介した3つの寿命の中で、最もわかりやすいのが”ルーター本体”の寿命です。

ルーター本体の平均寿命は4〜5年といわれ、長く利用し続けると本体の内部が徐々に劣化して不具合を起こし始めます。

わかりやすい不具合でいうと次の2つが挙げられます。

・バッテリーが長持ちしない
・本体がすぐに熱を持つ

現在利用しているWi-Fiルーターが以上のような不具合を起こし始めたら、買い換えることがおすすめです。

〜補足〜
熱がこもったままWi-Fiルーターを利用することは、さらに寿命を縮める行為に等しいため、一時的にコンセントを抜き、本体の熱をさますことがおすすめです。

通信規格の寿命

しのまる
しのまる

2つ目に紹介する通信規格の平均寿命は2〜6年です。

では、この通信規格が寿命を迎えるとどのような不具合が起こるのかというと、通信速度が遅い・安定しないといったことが起き始めます。

参考までに無線LANの規格の種類をご覧下さい。

・IEEE 802.11ax
・IEEE 802.11ac
・IEEE 802.11n
・IEEE 802.11g
・IEEE 802.11b
・IEEE 802.11a

以上6つの通信規格が存在しますが、その規格によって最大通信速度が異なってきます。

基本的に最新のものであれば通信速度が不安定になる心配は限りなく少ないですが、6年以上利用しているものだと劣化によって通信速度が不安定になる可能性が高いです。

通信速度が安定しないと

・高度なオンラインゲーム
・高画質での動画視聴

などといったことが快適に行えなくなります。

セキュリティーの寿命

3つ目に紹介したセキュリティーの平均寿命は2〜5年になります。これは、最新のセキュリティへ更新される周期が2〜5年であるからです。

セキュリティーの寿命を気にする方は、本体や通信速度などといった寿命に比べると少ないですが、非常に重要な項目です。

世間では不正アクセスやネットウイルスの被害にあっている人が絶えないので、古いセキュリティでは、個人情報を守ることが難しくなります。

このことからも、未然にトラブルを防ぐために日頃からセキュリティ情報の更新を行い、セキュリティーの寿命がきた際には乗り換えを行うことが重要です。

Wi-Fiルーターの寿命を疑うべき症状3つ

3つの寿命について詳しくお伝えしていきましたが、

「寿命を疑える症状をはあるの?」

といったように思う方もいらっしゃいますが、しっかりと寿命を疑える症状があります。

その寿命を疑える症状が大きく次の3つです。

Wi-Fiが繋がりづらかったり途切れたりする

よくオンラインゲーム中や動画の視聴中にWi-Fiが繋がりづらかったり途切れたりする場合には、Wi-Fiルーターの寿命を疑うべきです。

基本的に回線の不具合やWi-Fiルーターの故障がない限り、正常にWi-Fiに接続することができます。

一時的なWi-Fiの接続不慮などはおきえますが、その不具合が続くようであれば、寿命を迎えている可能性が高いです。

したがって、Wi-Fiの接続不慮が目立つようになってきたら、最新のWi-Fiルーターに買い換えることがおすすめです。

通信速度が不安定になる

インターネットを利用するにあたって

「最近通信速度が遅いな」

と感じたら、それは寿命を迎えているサインの可能性が高いです。

回線の混雑などによって一時的な速度低下はあり得ますが、その状態が長く続くようであれば、Wi-Fiルーターの買い替えがおすすめになります。

通信規格の寿命」でもお伝えしましたが、最新の通信規格にWi-Fiルーターの規格が適応していないと通信速度が低下してしまう可能性が高いです。

したがって、6年以上Wi-Fiルーターを利用しているのであれば、通信速度が遅い可能性が高いので、買い替えをお勧めします。

電源が入らない

コンセントや接続部分に問題がないのに電源が入らなくなった場合は、Wi-Fiルーターが寿命を迎えている可能性が高いです。

購入してすぐに電源が入らなくなるといった不具合を起こす可能性が低いため、ルーター本体の内部の劣化が寿命によって進んでいる可能性があります。

通信速度やWi-Fiの接続の不具合などであれば、なんとか利用することは可能ですが、電源が入らないとなると、インターネット環境を整えることができません。

したがって、すぐに買い換えることがおすすめです。

〜補足〜
電源が入らないといっても、一時的に電波環境が悪くなることで電源が入らない場合もあるので、一度再起動させることをおすすめします。

Wi-Fiルーターの寿命を疑うべき症状が出た際の対処法

寿命を疑える症状を把握した上で

「その症状が出たときの対処法はあるの?」

と思われる方がいますが、対処法は4つあります。

それが次のとおりです。

Wi-Fiルーターを再起動してみる

Wi-Fiルーターに寿命の疑いがある症状が出た際には、ひとまず再起動を行うことがおすすめです。

再起動を行うことで、不具合を起こしながら動いていた内部の機器の設定がリセットさせるため、通常の動作に戻る場合があります。

万が一、再起動を行なっても不具合が改善されない場合は、快適にインターネット環境を整えるためにもWi-Fiルーターの買い替えがおすすめです。

〜補足〜
再起動を行うとデバイスとWi-Fiが一時的に接続されていない場合があるので、デバイスを利用する際にはWi-Fiと接続されているか確認が必要になります。

Wi-Fiルーターの接続端末を減らしてみる

Wi-Fiルーターには最大接続台数(一度に接続できる端末の台数)が決められています。

正常なWi-Fiルーターであっても、接続台数が多いと通信速度が乱れたり不安定になることが多いため、寿命を迎えているルーター本体ではなおさら不安定になる可能性が高いです。

とはいえ、接続台数を減らすことが通信速度が安定する場合もあるので、こまめに利用しない端末のWi-Fi接続を解除することがおすすめになります。

〜補足〜
接続台数が少ないとWi-Fiルーターにかかる負担が少ないので、長く快適に利用するインターネットを利用することが可能です。

Wi-Fiルーターのソフトウェアを更新する

正常にインターネットを利用できない場合は”Wi-Fiルーターのソフトウェアが最新のものか”確認することがおすすめです。

ソフトウェアが最新のものでない場合は、通信速度や接続状態が乱れたりする可能性が高いため、ソフトウェアの更新をすることで正常に起動する可能性があります。

補足として、Wi-Fiルーターの更新方法は利用しているルーターによって異なるため、更新の際は、契約をした代理店や事業者の公式サイトを確認することがおすすめです。

〜補足〜
寿命を迎えていなくても定期的なソフトウェアの更新は必要になります。というのも、ソフトウェアの更新を行うことで、セキュリティも強化されるため不正なアクセスを防ぐことができるからです。

モデム側に不具合がないか確認する

しのまる
しのまる

Wi-Fiルーターの不具合の対処法の1つとして”モデムの確認”が挙げられます。

〜モデムとは〜
デジタル信号とアナログ信号を正常に処理するための重要な装置

このモデムに異常をきたすと、正常に信号を処理することができないため、インターネット環境が乱れる可能性が高いです。

モデムの確認方法はソフトウェアの更新と同様に、利用しているルーターによって異なります。

したがって、現在利用しているWi-Fiルーターを契約した代理店や事業者の公式サイトに直接問い合わせることがおすすめです。

完全に寿命を迎える前に!Wi-Fiルーターのおすすめの買い替え時期4つ

寿命を迎えて買い換えるのも1つの手段ですが、寿命によって起こる様々な不具合が発生する前に買い換えることがおすすめです。

なぜなら、不具合が起き始めて買い替えを検討しても、新しいルーターに乗り換えるまでの期間は快適なインターネット環境を整えることができないからです。

このことからも、次で紹介する4つのタイミングがおすすめの買い替え時期になります。

契約回線を変えて、最大通信速度が変わった時

しのまる
しのまる

Wi-Fiルーターの買い替えタイミングは、契約回線を乗り換えるタイミングがおすすめです。

特に光回線に起きうることですが、最新の通信規格を取り扱っている場合、最大通信速度が速くなっている可能性があります。

その際、古い型のWi-Fiルーターだと回線の通信規格に対応していないことが多く、最大通信速度を発揮することができません。

したがって、より快適な通信速度でインターネットを利用したい場合は、回線を乗り換えるタイミングでWi-Fiルーターを買い換えることがおすすめです。

スマホやパソコンを買い替えた時

スマホやパソコンを買い替えるとき合わせてWi-Fiルーターを買い換えることがおすすめです。

しのまる
しのまる

その理由として、通信方式が関係してきます。

通信方式には、IPv4とIPv6といった2つがあり、最新の通信方式がIPv6になります。

簡単に違いを解説すると、IPv6はIPv4より回線が混雑することが少ないため、さくさくインターネットを利用することが可能です。

基本的に次々と新作が発表されるスマホやパソコンは、この最新の通信方式に対応していますが、古いWi-Fiルーターだと対応していない可能性が高いです。

その結果、IPv6の良さを引き出すことが難しくなります。

このことから、最新のスマホやパソコンを買い換える検討しているのであれば、合わせてWi-Fiルーターの買い替えを視野に入れることがおすすめです。

Wi-Fi接続をするデバイスが増えた時

Wi-Fi接続するデバイスが増えた時もWi-Fiルーターの買い替えタイミングになります。

Wi-Fiルーターの接続端末を減らしてみる」でもお伝えしましたが、Wi-Fiルーターが寿命を迎えると、記載されている最大同時接続台数分をWi-Fiルーターに接続すると通信速度が不安定になる可能性が高いです。

したがって、新しくWi-Fi接続するデバイスが増えた際は、通信速度が安定しない場合があるので、古い型のWi-Fiルーターを利用しているのであれば早めに買い換えることがおすすめです。

〜補足〜
接続台数が増えれば増えるほどルーターにかかる負担が大きいため、より通信速度や接続が不安定になりやすいです。

新しい通信規格が登場した時

最もWi-Fiルーターを買い換えるおすすめのタイミングといっても過言ではないのが、新しい通信規格が登場した時です。

通信規格の寿命」でもお伝えしましたが、通信規格は2〜6年の周期で最新のものが登場します。

シンプルに通信規格が最新になるということは、最大通信速度が速くなることを意味するので、古いWi-Fiルーターであれば、その最大通信速度を発揮することが難しいです。

このことから、快適な通信速度を実現させるためには、新しい通信規格が登場したタイミングでWi-Fiルータを買い換えることがおすすめになります。

Wi-Fiルーターの選び方

自分に合ったWi-Fiルーターを選ぶなかで

「何を基準にして選べば良いかわからない」

といったように思う方も多いことでしょう。

そこでここでは、Wi-Fiルーターの買い替えを検討するにあたって失敗しない選び方を深掘りしてきます。

具体的な選び方は次の5つになります。

部屋の間取り

意外にも部屋の間取りは、Wi-Fiルーターを選ぶにあたって重要な項目になります。

なぜなら、壁やドアなどといった障害物が多いと、うまくWi-Fi接続することができない可能性が高いからです。

Wi-Fiを利用する型の中には

「リビングでは利用できるけど寝室では利用ができない」

などといった内容をよく耳にすることがあります。

ですので、Wi-Fiを主に利用する場所をあらかじめ決めておき、間取りと照らしわせてWi-Fiルーターを選ぶことがおすすめです。

価格帯

価格帯もWi-Fiルーターを選ぶにあたって重要なポイントです。

基本的にWi-Fiルーターの相場は10,000〜20,000円台ですので、決して安い買い物とは言い難いものになります。

安いルーターを購入しようかな

とお考えの方は注意が必要です。

なぜなら、あまり安すぎると次に紹介する

・同時接続台数
・通信速度

などといったスペックが低い可能性があるからです。

スペックが低いとそれだけ快適にインターネットを利用できない場合があります。

機能性

Wi-Fiルーターは機能性を重視する選び方もできます。最新のWi-Fiルーターで、従来のルーターよりも様々な機能を兼ね備えています。

特にどの機能を確認すると良いの?

最低でも確認しておきたい機能性は、次の3つです。

・MU-MIMO
・ビームフォーミング機能付き
・メッシュWi-Fi

参考までに紹介した3つの機能の内容をご覧下さい。

・MU-MIMO:複数の同時接続を可能にする
・ビームフォーミング機能付き:Wi-Fiの接続を安定させる
・メッシュWi-Fi:広いエリアでも通信速度を安定させる

同時接続可能台数

Wi-Fiルーターを選ぶにあたって最大同時接続可能台数が多いものを選ぶことがおすすめです。

なぜなら、同時接続台数が多いということは、それだけ通信速度が安定していることを意味するからです。

1人暮らしの場合であれば、そこまで同時接続可能台数を気にする必要はありませんが、家族が多いとWi-Fiに接続するデバイスが多くなるため、通信速度の安定性が重要になります。

多くのデバイスをWi-Fiに接続しても通信速度が不安定にならないために、同時接続可能台数の確認は重要です。

通信速度

Wi-Fiルーターを選ぶにあたって最も重要な項目と言っても過言ではないのが”通信速度”です。

より快適な通信速度でインターネット環境を整えたいのであれば、通信規格の確認が必要になります。

通信規格によって最大通信速度が異なるので、Wi-Fiルーターを買い換える際は、最新の通信規格に対応したものがおすすめです。

〜補足〜
最新の通信規格に対応したWi-Fiルーターを購入する場合、20,000円前後必要になります。そこまで通信速度の速さを求めていなければ、少し古いWi-Fiルーターでも快適にインターネットを利用することが可能ですので、そちらがおすすめです。

Wi-Fiルーターの買い替えに合わせて、光回線の変更もおすすめ

Wi-Fiルーターの寿命に際し、乗り換えを検討しているのであれば、合わせて光回線の乗り換えがおすすめです。

とくに乗り換え先としておすすめなのが、次の3つの光回線になります。

・fon光
・auひかり
・NURO光

以上3つの光回線の詳細を次の表に掲載しているのでご覧下さい。

fon光
auひかりNURO光
提供エリア・北海道
・関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)
・東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
・関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良)
・中国(広島・岡山)
・九州(福岡・佐賀)
全国・北海道
・関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)
・東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
・関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良)
・中国(広島・岡山)
・九州(福岡・佐賀)
通信速度(実測値)約772Mbps約461Mbps約515Mbps
月額料金戸建て4,378円5,610円5,200円
マンション4,180円2,090円〜2,750円

紹介しているfon光は光回線の中でも通信速度が速いNURO光の回線を一部利用しているため、安定した通信速度を提供することが可能となっています。

また、fon光とNURO光は、ソフトバンクのスマホを利用している方であればセット割が適用されるため、よりお得に光回線を利用することが可能です。

auひかりは、光コラボの中でも通信速度が安定している光回線ですので、快適にインターネットを利用することができます。

また、fon光やNURO光と同様に、auスマホを利用している方であればセット割が適用されます。

Wi-Fiルーターの寿命に関するよくある質問

Wi-Fiルーターの寿命に関してどんな質問が多いの?

Wi-Fiルーターの寿命に関する良くある質問は次の4つが挙げられます。

おすすめのWi-Fiルーターはどれ?

結論をお伝えすると、おすすめのWi-Fiルーターは”Aterm PA-WX3000HP2”です。

こちらのWi-Fiルーターは、IPv6に対応した高速通信を可能とした製品になります。本体に設置してあるアンテナが360°カバーできるようになっているため、壁やドアなどといった障害物があっても安定した通信速度を実現することが可能です。

また、Aterm PA-WX3000HP2は10,000円台で購入することができる比較的に安い製品であることに加え、セキュリティも強固ですので、インターネットを安心安全に利用することが可能です。

レンタルルーターが寿命になったら、交換してもらえる?

ンタルルーターが寿命になったら基本的には交換してもらえます。

ただし、契約している回線またはプロパイダによっては交換対応をしてもらえない場合があるので注意が必要です。

Wi-Fiルーターの交換手続きは、契約した回線やプロパイダによって異なりますが、基本的には

・各公式サイトから問い合わせる
・直接電話で問い合わせる

といった2通りになります。

直接電話をする際には電話対応が混雑する可能性が高いので、時間にゆとりをもって問い合わせることがおすすめです。

バッファローのWi-Fiルーターは評判いい?

バッファローのWi-Fiルーターは評判が良いです。

中でも”WSR-1166DHPL2/N”といったWi-Fiルーターの評価が高いです。

WSR-1166DHPL2/Nは、大容量のHD動画の視聴や音楽データのダウンロードなどを高速に処理することが可能です。

大容量のデータを高速に処理できることから、

・プログラミング
・動画編集/制作

などといったパソコン作業も快適に行うことができます。

気になる本体価格は4,000〜5,000円台で購入することができるため、WSR-1166DHPL2/Nはコスパの高いWi-Fiルーターといえます。

Wi-Fiルーターの買い替え時に注意点はある?

Wi-Fiルーターを買い換えるにあたっての注意点は大きく2つあります。

それが通信規格の確認とデバイスの再接続です。

大前提として回線の通信規格に対応したWi-Fiルーターを購入しなければインターネットをうまく利用することができません。

ですので、買い替えを検討する際には必ず”回線の通信規格に対応しているか”の確認が重要です。

デバイスの再接続に関しては、Wi-Fiルーターには1つ1つパスワードが設定されているので、買い換えると一からパスワードを設定しなければなりません。

接続しているデバイスが多いとその作業に手間がかかるので注意が必要です。

まとめ:Wi-Fiルーターの寿命は概ね4〜5年

ここまで、Wi-Fiの寿命に関する内容を詳しくお伝えしてきましたが、より快適にWi-Fiを利用できる寿命は4〜5年になります。

もちろん寿命を超えてもWi-Fiルーターを利用することは十分に可能ですが、

・高度なオンラインゲーム
・高画質の動画視聴

などといったことを頻繁に行うのであれば、快適に利用することは難しいです。

それに加え、インターネットウイルスなども日々進化しているため、従来のセキュリティでは対応できない可能性があります。

以上の内容を踏まえた上で、安心安全にWi-Fiを利用したいのであれば、寿命を迎える時に乗り換えることがおすすめです。