機種・端末

NURO光forマンションはデメリットが多い? 導入条件などを徹底解説

 

Yoda
Yoda

この記事は、NURO光forマンションについて解説しています。

マンションに住んでいるんだけど、NURO光forマンションを契約したいんだよね。

でも聞いたところによると、最低4人で申し込まなければいけないんだって?

マンションの管理人の許可も必要だとか。

本当なの?

誰か詳しく教えてくれないかな。

そうですね、確かにNURO光forマンションを契約するには、いくつか条件があります。

メリット・デメリットも当然あります。

今回は、どうすればNURO光forマンションを契約できるのか? またその他の注意点などを特集しました。

これからNURO光forマンションを契約しようと考えている方も、またすでにNURO光forマンションを契約している方にも、役に立つ情報を載せていますので、ぜひ最後までお読みください。

【この記事でわかること】
● NURO光forマンションのプラン内容
● NURO光forマンションのメリット・デメリット
● その他の光回線プロバイダ4選

 

NURO光forマンションとは?

NURO光forマンションとは?

Yoda
Yoda

「NURO光forマンション」の概要を下の表にまとめました。

プランNURO光forマンション
契約条件・NURO光が導入済み物件
・建物内で4世帯以上契約者がいる
月額料金6人以下:2,750円(Hands-up会費990円含む)
7人:2640円(Hands-up会費880円含む)
8人:2,530円(Hands-up会費770円含む)
9人:2,420円(Hands-up会費660円含む)
10人以上2,090円(Hands-up会費330円含む)
初期費用3,300円
契約期間2年、3年
月間データ容量無制限
最大通信速度下り2Gbps/上り1Gbps
キャンペーン25,000円キャッシュバック
ソフトバンクスマートフォン1台につき最大1,100円/月割引
契約解除料10,450円

NURO光forマンションは、マンションがNURO光を導入済み物件であること、契約世帯が4世帯以上いることが契約の条件となります。

また月額料金も契約人数によって異なります。これは基本料金1,760円に対し、Hands-up会費が違ってくるためです。

● Hands-upとは
マンション内に、NURO光forマンションの回線設備の導入判定が、完了する時点で設立される、NURO光に設備導入工事費(共用部分の工事費)、および設備維持管理費を支払うための任意団体のこと。

そうか、やっぱり最低4人は必要なんだね。
人数が多ければ、それだけ料金も安くなるんだね。

 

NURO光forマンションを使用する方法は?

Yoda
Yoda

ここでは、NURO光forマンションを使用する方法について、以下の順に解説していきます。

NURO光が導入されているマンションに引っ越す

NURO光forマンションを使用する方法のまず一つは、すでにNURO光が導入されているマンションに引っ越すことです。

すでにNURO光が導入されているマンションならば、人数を集める必要がありませんし、工事も宅内工事だけで済み、開通するまでにそんなに時間もかかりません。

一番スムーズな契約方法と言えるでしょう。

NURO光forマンションの公式ホームページから、すでに導入済みのマンションを検索できます。

マンションの住人達と共同で申し込む

次に同じマンションの住人の方たちを4人以上集めて、共同で申し込む方法があります。

まだNURO光の光回線が導入されていないマンションならば、新規契約をして新たに光回線を引き込む工事をしなければなりません。

そのためには契約条件にあるように、4人以上の契約者が必要です。

また光回線の新規工事をしなければならないので、マンションのオーナーの許可がいります。

そうか、すでにNURO光forマンションが導入されていれば、楽だね。

 

NURO光forマンションのメリットは?

NURO光forマンションのメリットは?

Yoda
Yoda

ここでは、NURO光forマンションのメリットについて、以下の順に解説していきます。

とにかく回線が速い

NURO光forマンションのメリットは、とにかく通信速度が速いことです。最大速度(下り)2Gbpsというのは、他の光回線のほとんどのプロバイダが1Gbpsである中で、群を抜いています。

インターネット環境が整えば、実測値でも高速度が期待でき、快適にインターネットを楽しめるでしょう。

月額料金がかなり安め

NURO光forマンションのメリットの2つ目は、月額料金がかなり安めに設定されていることです。

他プロバイダのマンションプランの月額料金が、4,000円~5,000台であることを考えると、契約人数によって月額料金が違ってくるにしても、2,000円台にとどまっているのは、かなりお得だと言えるでしょう。

ソフトバンクユーザーなら割引あり

NURO光forマンションのメリットの最後は、ソフトバンクスマートフォンとのセット割で永年毎月の通話料が550円~1,100円割り引きになることです(最大10台まで)。

他プロバイダのセット割を調べてみると、ドコモ光のセット割は月額110円~3,850円割り引き(最大20台)、auひかりのセット割は、永年月額550円~1,100円割り引き(最大4台まで、My auからの申し込み)でした。

何か、いいことずくめじゃないの?

 

NURO光forマンションのデメリットは?

NURO光forマンションのデメリットは?

Yoda
Yoda

ここでは、NURO光forマンションのデメリットについて、以下の順に解説していきます。

開通までの工事期間が長い

NURO光forマンションのデメリットの1つ目は、開通までの工事期間が長いことです。だいたい目安として1~4か月かかります。

これは他光回線プロバイダの開通までの工事期間が、平均して1~1.5か月であるのを考えると、かなり長い期間といえます。

この理由は、開通工事を2度に分けて行わなければならないからです。

まずマンションへの設備導入工事を行います(立ち会い不要)。

その後、2回目の工事として宅内工事を行います(立ち会い必要)。

宅内工事は、1回目の工事でマンションに導入した設備(共有スペース)から部屋までケーブルを配線し、壁に光回線のコンセントを設置します。ここからケーブルでONU(光回線終端装置)とつなぎ、インターネットと接続可能なことを確認して、工事は終了です。

すでにNURO光forマンションの設備が導入されているマンションであれば、宅内工事だけで済むので、開通工事期間はもっと短くなります。

契約のハードルが高い

NURO光forマンションのデメリットの2つ目は、契約のハードルが高いことが言えます。

たとえ契約を希望する4人がそろったとしても、以下の条件をクリアしないと契約に至りません。

マンションがNURO光forマンションの提供エリア内にある。
MDFに空きスペースがある。

マンションがNURO光forマンションの提供エリア内にある

当然のことですが、マンションがNURO光forマンションの提供エリア内にないと契約できません。

NURO光forマンションの提供エリア確認は、こちらから。

MDFに空きスペースがある

MDFとは、マンションに設置されている配線中継ボックスのことです。ここに新たにNURO光forマンションの光回線の設備も設置されることになります。

ただしそのためには、MDF内に200mm×200mmの空きスペースがなければなりません。もしなければ、新しいMDFを近くに設置することになります。また、そのためのスペースもなければなりません。もしあったとしても、マンションのオーナーの承諾が必要です。

また古いマンションだと、MDF自体がないことがあります。その際は、マンションの外壁に光キャビネットを設置しなければなりません。これにもマンションのオーナーの承諾がいります。

以上の条件をクリアしないと、NURO光forマンションの契約はできません。

マンションオーナーの理解が得られないと導入できない

NURO光forマンションのデメリットの最後は、マンションオーナーの理解が得られないと導入できないということです。マンションのオーナーの承諾がないと、新規工事はできないのですから。

NURO光forマンションの公式ホームページにも、住人がマンションのオーナーに対して要望書を提出することをすすめています。そうすることで開通工事の期間を短縮できます。決してNURO光の側が、代行してマンションのオーナーの承諾を得るわけではありません。

要望書の書式はこちらから。

確かに契約のハードルは高いな…。

 

NURO光forマンションがおすすめな人は?

NURO光forマンションがおすすめな人は?

Yoda
Yoda

ここでは、NURO光forマンションがおすすめな人について、以下の順に解説していきます。

これから引っ越しを考えている人

NURO光forマンションがおすすめな人は、これから引っ越しを考えている人です。NURO光forマンションの新規契約が可能な人ということになります。

これから引っ越すマンションが、すでにNURO光forマンションが導入されているか、必ず確認しましょう。確認は、NURO光forマンションの公式ホームページからできます。

Yoda
Yoda

もしそうでない場合は、事前にマンションの管理会社などに、NURO光forマンションの光回線を新規に引くことができるか、問い合わせてください。

マンション内に知り合いが多い人

NURO光forマンションがおすすめな人は、マンション内に知り合いが多い人です。

仲間に声をかけて、契約できる最低人数の4人を集めましょう。マンション内に知り合いが多ければ、人も集めやすいのではないでしょうか。それから、マンションのオーナーと交渉しましょう。

マンション経営を考えている人

NURO光forマンションがおすすめな人は、マンション経営を考えている人です。

経営しようとしているマンションは、自分の建物なので、自分の裁量でNURO光forマンションの契約ができます。新規工事で、マンションの外壁に光キャビネットを設置することも可能です。

すでにNURO光forマンションの導入がされていれば、入居者のメリットにもなります。

なかなか難しいね。

 

NURO光forマンションが契約ができない時のおすすめ光回線

NURO光forマンションが契約出来ない時のおすすめ光回線

Yoda
Yoda

ここでは、NURO光forマンションが契約できない時のおすすめ光回線について、以下の順に解説していきます。

ソフトバンク光 :高速ハイブリッド通信で安定

ソフトバンク光は、高速ハイブリッド通信で、安定したインターネット利用ができます。

プロバイダソフトバンク光
データ容量無制限
通信速度(下り)1Gbps
初期費用3,300円
プラン集合住宅
月額料金4,180円
キャンペーン最大24,000円キャッシュバック
ソフトバンクスマートフォンとのセット割で永年月額料金1,100円割り引き、離れて住む家族も対象。
契約期間2年
開通工事期間2週間~1か月
提供エリア公式ホームページ参照 東日本 西日本

ソフトバンク光は、IPv6高速ハイブリッド通信( IPv6 IPoE + IPv4)を採用しているので、回線の混雑を避け、高速で安定したインターネットの利用ができます。

● IPv6・IPv4とは
・IPv6とは、IPv4に次ぐインターネットプロトコルの規格を言う。Internet Protocol Version 6の略で、アイピーブイシックスと読む。IPアドレスはインターネットに接続する端末すべてに必要だが、もうすぐ接続数の上限を迎えるIPv4に代わり、IPv6が開発された。IPv6は2の128乗、約340澗(かん)個IPアドレスが用意できるようになっている。340澗(かん)は、340兆を1兆倍したものをさらに1兆倍した数字であり、ほぼ無限大にIPアドレスの接続が可能となる。回線の混雑を避けて、通信できる特性がある。
Yoda
Yoda

ソフトバンク光は、NTTの「フレッツ光ネクスト」と同じ回線を使用しているので、提供エリアもフレッツ光に準じます。

うん、IPv6はいいね。

 

SoftBank光の口コミ・評判まとめ-繋がらないって本当?-
本記事では、SoftBank光について紹介します。 結論としては、SoftBankスマホユーザーの方はとてもお得に利用できますが、通信速度やサポート体制があまり良くないです。 口コミ・評判やデメリット、注意点も紹介します。

ドコモ光:実測値を公式に公開しているので安心

ドコモ光は、実測値を公式が公開しているので安心して利用できます。

プロバイダドコモ光
データ容量無制限
通信速度(下り)1Gbps
初期費用3,300円
プラン集合住宅
月額料金4,400円
キャンペーン新規申し込みで、工事費無料。
Web申し込みなら、最大20,000円キャッシュバック、dポイント2,000ポイントプレゼント。
ドコモスマートフォンとのセット割で、毎月110円~3,850円割り引き。
契約期間2年
開通工事期間約2週間
提供エリア公式ホームページ参照 東日本 西日本

ドコモ光は、実効速度計測結果を公式ホームページで公開しています。住んでいる地域の実効速度を知ることができます。

なかなか正直でいいじゃない。

 

ドコモ光のおすすめプロバイダは?料金・キャンペーン・速度・評判を検証
ドコモ光の契約を検討している方に向けて、ドコモ光の特徴やおすすめのプロバイダ、プロバイダの選び方などについて解説します。

So-net光プラス :キャンペーンがお得なプロバイダ

So-net光プラスは、キャンペーンがお得なプロバイダです。

プロバイダSo-net光プラス
データ容量無制限
通信速度(下り)1Gbps
初期費用3,300円
プランマンション
月額料金4,928円
キャンペーン60,000円キャッシュバック
工事費相当割り引き26,400円
So-net v6ルーター永年無料
パソコン1台相当設定無料
契約期間3年
開通工事期間2週間〜2か月
提供エリア公式ホームページ参照 東日本 西日本

So-net光プラスは、豊富なキャンペーンを実施中です。以下のとおりです。

● 60,000円キャッシュバック
● 工事費相当割り引き26,400円
● So-net v6ルーター永年無料
● パソコン1台相当設定無料
Yoda
Yoda

So-net光プラスは、NTTのフレッツ光回線を使用しているので、提供エリアもフレッツ光に準じます。

ホントにキャンペーンがお得だね。

 

auひかり :独自ネットワークのため混雑しにくい

auひかりは、独自ネットワークのため混雑しにくくなっています。

プロバイダauひかり
データ容量無制限
通信速度(下り)1Gbps
初期費用3,300円
プランマンション都市機構
月額料金4,180円
キャンペーンスマートフォンのセット割で、家族全員のスマートフォン料金が、永年550円~1,100円割り引き。
契約期間3年
開通工事期間約2週間
提供エリア公式ホームページ参照

auひかりは、独自回線を使用して、インターネットを提供しているので、回線が混雑しにくく、比較的安定した速度で利用できます。そのため他のプロバイダと比較しても、平均速度が速い結果が出ています。

またIPv4とIPv6に対応しているので、回線の混雑を避けられ、快適にインターネットを利用できます。

独自なプロバイダなんだね。

 

auひかりは解約した方が良い?口コミや評判・プロバイダを徹底検証
本記事では、auひかりについて紹介します。 結論としては、通信速度やサポート面は良いが料金は高いです。 また、多くのプロバイダから選べることやauスマートバリューが利用できるなどの特典も充実しています。

NURO光forマンションのよくある質問は?

NURO光forマンションのよくある質問は?

ここでは、NURO光forマンションのよくある質問について、以下の順に解説していきます。

同時契約者数が4人を下回ったらどうなるの?

解約や転居によって、同時契約者数が4人を下回った場合は、その状況が長く続けば、強制解約ということになります。

解約の場合は、契約解除料金10,450円を支払わなければなりません。また工事費は、月額料金の中から分割して支払っているので、その時点の残債額を残った世帯で合わせて支払わなければなりません。

しかしNURO光 for マンションのサポートセンターの言うところによると、今まで強制解約になったケースはないそうです。

万が一4世帯を割ってしまった場合には、NURO側としても勧誘ポスターを貼りだすなどして加入世帯を増やす対応策を積極的に行っているようです。

加入世帯が減って、強制解約になる……と不安を感じながら、NURO光forマンションを利用するといったことは心配しなくてもいいと言えるでしょう。

ただ世帯数を集めたり、新規工事のためにマンションのオーナーと交渉が煩わしい方は、NURO光 for マンションではなく、NURO光の戸建てプラン(G2T)を契約する方法もあります。

Yoda
Yoda

G2Tのプランの概要は、下の表のとおりです。

プロバイダNURO光
データ容量無制限
通信速度(下り)2Gbps
初期費用3,300円
プランG2Tプラン
月額料金1年目:980円、2年目~5,200円
キャンペーン月額料金割り引き
43,000円キャッシュバック
工事費実質無料
契約期間3年
提供エリア公式ホームページ参照

NURO光forマンションとNURO光G2T プランでは、月額料金が2年目以降からかなり高めになります。

その分、以下のメリットがあります。

● キャッシュバックが高額
● 回線を個別に引くため、マンションで回線を共有している際の混雑がない。このため、速度が高速で安定性を保ちやすい。

逆に回線が遅くなったけどなんで?

NURO光forマンションでは、マンション内で回線を共有しているため、インターネットに接続する人が増加するときに、回線が重くなったと感じることがあります。特に昼や夜間20:0~00:00の時間帯がそのような現象が起こりやすいです。

また無線接続は、室内環境に合っていない周波数で接続していると遅く感じることがあります。

しかし室内環境に合わせた接続をしている場合でも、ONUの設定によって、やはり通信速度が遅く感じることがあります。

Yoda
Yoda

ここでは、以下の2つの改善策を解説します。

・室内環境に合わせた周波数に設定する
・ONUのチャンネルを固定化する

室内環境に合わせた周波数に設定する

Wi-Fiルーターは、通常2.4GHzと5GHzのどちらかの周波数帯に接続しています。

この2つの周波数には、以下の特徴があります。

2.4GHz
・壁や床などの障害物に強い
・電波が遠くまで届く
・安定性に欠ける
・5GHzと比べて通信速度が遅い
5GHz
・通信が安定している
・2.4GHzと比べて高速
・壁や床などの障害物に弱い
・ONUからの距離が離れるほど電波が弱くなってしまう

ONUのデフォルト周波数は、2.4GHzに設定されていることが多いと言えます。この周波数は障害物に強く、電波を遠くまで飛ばすことができますが、速度が出にくく安定性に欠けるというデメリットがあります。

これに対し5GHzは、速度が出やすく通信も安定しますが、障害物に弱く、ONUからの距離が離れるにつれて、電波が弱くなってしまいます。

このことから考えて、障害物がなくONUとの距離が近い位置でWi-Fi接続をするなら5GHz壁などの障害物を隔ててONUから離れた位置でWi-Fi接続をするなら2.4GHzの周波数を選ぶ必要があります。

Yoda
Yoda

室内環境に合わない周波数を選ぶと、通信速度は低下することに注意してください。

ONUのチャンネルを固定化する

NURO光のONUは、初期設定ではチャンネル選択が「自動」となっていて、空いている電波帯を自動で選んでくれます。チャンネルを固定化することで接続が安定し、速度が改善されることがあります。

具体的な方法はONUによって異なりますが、ここではNURO光でよくレンタルされる「HG8045Q」を例にあげて解説していきます。以下のとおりです。

1. PCのURLに「192.168.1.1」を入力する。
2. ユーザ名に「admin」を入力する。
3. パスワードに「admin」を入力する。これで管理画面にログインできる。
4. 管理画面にログインしたら、「WLAN」のタブを選択してする。
5.「詳細」の中の設定項目「チャンネル」の値を「1」か「3」のどちらかに設定する。
6.「適用」をクリックすれば完了。

工事がそもそもできないと言われたけどどうすればいい?

以前はNURO光forマンションを導入できるのは、戸建と7階建て以下のマンションに限られていました。しかし、2019年1月より制限が撤廃され、マンションの8階以上でもNURO光 for マンションを導入できるようになりました。

Yoda
Yoda

そもそも工事ができないと言われた場合、次のような理由が考えられます。

● NURO光 for マンションの提供エリア外である。
● 最低人数の4人が集まらない。
● マンションのオーナーの許可が下りない。
● 光キャビネットを設置する場所がない。
以上のような場合でも、NURO光の戸建てプラン(G2T)なら、導入できる場合があるので、申し込みを試してみてください。

なおG2Tプランの導入もできない場合は、コンセントに挿すだけで、インターネット接続が可能な、固定式のWi-Fiルーター(ホームルーター)の設置をおすすめします。

Yoda
Yoda

また参考までに、以下の場合でも光回線の導入は難しくなります。

● 電柱を地中化している場合
● 工事をする際、光ファイバーが国道を横切る必要がある場合

うちのマンションの周りもよく調べないといけないな。

 

まとめ:NURO光forマンションは条件が合うならおすすめ

まとめ:NURO光forマンションは条件が合うならおすすめ

いかがでしたでしょうか。

「NURO光forマンション」を契約するときの条件、月額料金、キャンペーン、オプションサービスやメリット・デメリットについて解説してきました。

NURO光forマンションは、条件が合うならおすすめです。

他のプロバイダと比べて月額料金は安いですし、通信速度も速いので。

もし条件に合わなくても、NURO光のG2Tプランに申し込むという方法があります。月額料金は高くなってしまいますが。

「どうしてもNURO光の光回線を使ってみたい」という方におすすめです。

Yoda
Yoda

この記事を読んで、NURO光forマンションプランの理解が深まり、これからNURO光forマンションを契約しようと考えている人に、またすでにNURO光forマンションをすでに契約している方にも、お役に立てれば、うれしいです。