Wi-Fiおすすめ比較

大阪のレンタルWi-Fiまとめ-短期から長期まで解説-

大阪 Wi-Fi レンタル

大阪のレンタルWi-Fiまとめて紹介します。

大阪は東京に次ぐ大都市です。

自治体の無料Wi-Fiの整備が進んでおり、駅周辺や、公共交通機関、公共施設などで利用できます。しかし、無料Wi-Fiというのは本質的にセキュリティを保証しないものですから、仕事やプライベートで重要な情報を通信する場合には、よりセキュアな回線を使う必要があります。

そこで、定住しておらず期間限定で滞在される方には、レンタルWi-Fiという選択肢が有効です。この記事では、大阪府でのレンタルWi-Fiサービスを検討している方のために、以下の情報を提供します。

なお、本記事では”月額料金系サービスを長期”、”日額料金系サービスを短期”と呼び分けることにします。

この記事で分かること
・大阪で利用できるレンタルWi-Fiサービスはどのようなものがあるのか?
・短期レンタルサービスと長期レンタルサービスはどう違うのか?
・期間限定で滞在する方にとってのレンタルWi-Fiサービスのメリット・デメリット
・大阪でWi-Fiを利用する場合の手順や注意点
\契約期間縛りなし!/

大阪でレンタルできるWi-Fiはどんなものがある?

Wi-Fi 大阪 レンタル

大阪府内に滞在するときに利用できるWi-Fiのレンタルサービスにはどんなものがあるか、長期サービスと短期サービスに分けて、その違いを挙げます。

郵送でレンタル-コスパよく・長期でレンタルしたい方-

長期レンタルサービスは短期レンタルと比較してメリットが多いです。

短期レンタルだと1日あたりの料金が高くなり、およそ”返送期間を含めて”1週間以上レンタルする場合、長期レンタルの方が安くなる場合が多いです。そのため短期レンタルでは滞在の前に早めに用意しておくという選択肢は難しくなります。

長期レンタルのメリットとデメリットは、以下のようになります。

メリット

1. 繰り返し滞在する場合、コストインパクトが低下する!

短期で契約・解約を繰り返すと、それだけ受け取り・返却のための手間と費用が増えることになるので、長期レンタルすることでそのコストを抑えることができます。

2. 急な予定変更に慌てて対応する必要がない!

滞在予定が急に変更されると、スケジュールに余裕がなくなってしまう場合があります。そのとき返却期限に余裕がないと、返送まで間に合わずに余計な延長料金を取られてしまいます。例えば、台風・大雪など自然災害による交通機関の停止や、事故・怪我・病気などがあります。予定変更の可能性がある場合は、長期レンタルが安心です。

3. 短期になるほど高くなる!つまり長期レンタルなら割安!

レンタルサービス業者側の都合としては、貸出期間が短期間になるほど、手続きのための人件費や在庫の管理などに関するコストがかかります。すると、そのコストを上回るお金を回収しなければ利益を確保できませんので利用料金や手数料が割高になります。1週間以上レンタルする場合は、縛りなしWi-Fiなどの長期利用の方が安いです。

4. 在庫が無くても影響が小さい

短期レンタルの場合、店舗があっても在庫が無ければ希望の機種を借りることができません。それに対して、長期レンタルであれば初めから在庫があるサービスを利用するという選択肢があります。

5. 滞在の前に用意しても費用が変わらない

あまり慣れていない機種の利用が想定される場合、受け取った端末をすぐに使いこなせるとは限りません。また、滞在の直前は交通機関の出発時間に追われやすく、できるだけ心配事は減らしておくのが賢明です。そのようなとき、長期レンタルであれば料金が変わらないので安心です。

デメリット

1. 使わない期間が増えるとコストが大きい

長期レンタルが割安になるためには、あくまでレンタルしたポケットWi-Fiルータ自体を利用する期間が充分長いことが前提となります。例えば滞在先の施設で無料Wi-Fiが利用できてほとんど出歩かない方の場合、メリットは小さいです。

2. 店舗で滞在先の事情を尋ねることができない

長期サービスは店舗での窓口を提供していないものがほとんどです。そのため、滞在先の電波状況や、交通事情、無料Wi-Fiの整備具合など、自分でキャリアのホームページを見て調査する必要があります。このあたりの地元事情は店舗の方が強いです。

3. 機種が選べない

長期サービスでは機種が選べないか、ごく限られた機種のみ利用できるものがほとんどです。短期サービスでは機種に応じた料金体系となっており、高性能機種ほど高額になります。これは、サービス事業者の購入代金に比例して料金が上がるからです。

店舗でレンタル-即日・短期でのレンタルしたい方-

短期レンタルは、いつどこにいるかはっきりわかっている数日程度の滞在の場合にコストを抑えることができます。

必要とする性能によって高性能機種を選ぶことができる点も重要です。ただし、”返送完了までの日数が利用期間になる”ので、いかにタイムリーに返却するかが重要になります。

長期レンタルの部分で触れましたが、一時的に滞在する方の立場で考えると、予期せぬ延長に備えて、郵送受け取り対応のレンタルWi-Fiサービスで事前に借りておくことをおすすめします。

短期レンタルサービスのメリットとデメリットは、長期レンタルと対照的になるものが多く、以下のようになります。

メリット

1.数日の利用だけでもレンタルできる!

長期サービスは、最低でも1か月間借りる必要があるので、1日~1週間程度しか利用しない場合は、短期サービスの方が安くなります。ただし、当日レンタルして利用開始できるのは店舗があるサービスだけです。

2.店舗ならわからないことを教えてもらえる

店舗でレンタルする場合は、契約前に店員に必要なことを質問できます。滞在先の電波事情やルータの操作方法など、自分で調べるのが面倒なことを、契約前に教えてもえるのは便利です。

3.機種が選べる!!

短期サービスでは事業者が支払った購入代金に比例して日額料金が高くなっており、その代わり好きな機種を選ぶことができます。高速通信が必要だったり、バッテリーの容量に余裕を持たせたい場合は、機種を選択できることは重要になります。

 

\契約期間縛りなし!/

大阪でWi-Fiをレンタルするなら縛りなしWi-Fi

縛りなしWi-Fi

レンタルWi-Fiサービスには、大きく分けるとWebで申し込めば郵送でレンタルできるサービスと、大阪府内の店舗でレンタルするサービスがあります。

ここでは大阪に滞在する場合、どのサービスを利用すべきか判断できるようにするため、各サービスの特徴を比較していきます。

 

\契約期間縛りなし!/

大阪Wi-Fiレンタル利用の流れ

osaka wifi rental flow

大坂に滞在する方がWi-Fiレンタルを利用する場合の手順は以下の通りです。

STEP1.郵送サービスと店舗レンタルサービスを確認

滞在先や立ち寄り可能な場所にレンタルWi-Fi店舗があるか確認しておきましょう。そういう店舗がない場合は、郵送によるレンタルを選択します。

STEP2.利用料金の合計額を計算して比較

利用可能なサービスごとに、滞在期間における合計利用料金を計算して比較しましょう。店舗を利用する場合は交通費も忘れないようにしましょう。

STEP3.通信方式は4G-LTEに対応している機種を選ぼう!

現在のキャリア側の主要な通信方式は4G-LTEで、5Gへの移行が始まっているところですが、そのような新技術へのシフトは必ず下の流れになります。

(1) 新規5G設備設置
(2) 新サービスの開始
(3) 旧サービスからの移行期間
(4) 旧サービス廃止

このように段階的に移行をしますので、キャリアが本格的に5Gを全国展開し、4G廃止に向けて動き出すまでは、4G-LTEの端末を利用すれば問題ありません。

大阪Wi-Fiレンタル料金プラン

大阪 Wi-Fi レンタル料金

レンタルWi-Fiサービスの料金体系には、数日~1週間程度の短期利用のための日額料金系と、1週間以上の長期レンタルに適した月額料金系があります。

日額料金系は、1週間以上レンタルする場合、月額料金系よりも割高になります。

例えば、月額利用プランを提供していて最安値クラスである縛りなしーWi-Fiの月額料金はどの機種でも3300円(税込)。

1日あたり110円(税込)程度となり、日額レンタルを提供しているサービスでは、同等の料金プランはMOBILEGATEの30日プランで1機種しかないので、明らかな差があります。

支払い方法

支払い方法は、ほとんど全てのサービスでクレジットカードでの支払いに対応しています。

次に銀行振込で対応しているケースが多く、コンビニ払いなど現金払いに対応しているサービスは少数です。

利用したいサービスの支払い方法を事前に確認することを忘れないようにしましょう。

\契約期間縛りなし!/

大阪Wi-Fiレンタル対応エリア

大阪 Wi-Fiエリア

レンタル対応エリアが気になるのは郵送サービスを利用するときです。

幸い『縛りなしWi-Fi』は、郵送によるレンタルサービスの場合日本全国どこでも契約ができます。居住地や滞在地に関係なく利用できるので便利です。

店舗を利用する場合は、移動のコストが追加で必要になってしまうので、店舗周辺で滞在する方にのみ現実的な選択肢になります。

\契約期間縛りなし!/

大阪に店舗があるレンタルWi-Fi

大阪に店舗があるWi-Fi

大坂市の中心部に滞在する場合に限り、いくつかの店舗で直接レンタルすることができます。ここではそのような店舗で有名なものを挙げます。

  • WiFiチャンネル大坂梅田店
    NETAGE パソコン工房 なんばアウトレット2号店
    神戸Wi-Fiレンタル.com

WiFiチャンネル大坂梅田店

osaka umeda

出典:WiFiチャンネル公式サイト

Web・店舗どちらでもレンタル申し込みできます。店舗は当日レンタル可能で、現金での支払いに対応しています。JR大阪駅・梅田駅から徒歩3分の立地にある大阪駅前第2ビル2Fに店舗があるのも便利です。返却はレターパックでどこからでも郵送返却できます。

基本情報
住  所 大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル2階5-6号室
電  話 06-6486-9009
営業時間 10:00〜19:00(年末年始を除く)
取扱機種 Softbank 502HW/Speed Wi-Fi HOME L01

NETAGE パソコン工房 なんばアウトレット2号店

netage pasocon

WebでのレンタルWi-FiサービスであるNETAGEがパソコン工房内で提供しているサービスです。

店舗受け取り・店舗返却のみ対応しています。支払い方法は現金のみで、保証金10000円(非課税)がかかりますので、持ち合わせがない場合はレンタルできません。

大阪なんば駅から徒歩5分のなんばアウトレット2号店に店舗があります。また、対応機種は各種”機種限定”とあるのですが、具体的にどれなのかホームページではわからないので、問い合わせる必要があります。

基本情報
住  所 大阪府大阪市浪速区日本橋4-14-1
電  話 06-6568-9880
営業時間 11:00-20:00 (最終受付 19:30)
取扱機種 Softbank(一部)

神戸Wi-Fiレンタル.com

神戸 レンタル Wi-Fi

出典:https://kobe-wifirental.com/

梅田駅となんば駅のちょうど中間にある本町駅から徒歩5分の場所にあります。Web・店頭両方対応しています。

1日単位のプランから月単位のプランまでありますが、月単位プランは他のサービスに比較してかなり高額になります。大通りに隣接しており駅も近いので、交通の便は良好です。

基本情報
住  所 大阪市西区靱本町1-9-15 近畿富山会館5F
電  話  06-6940-7258
営業時間 平日10:00-18:00(土、日、祝日休業)     取扱機種 Softbank 601HW/Softbank FS030W

大阪のWi-Fiレンタルの契約の流れ

大阪 Wi-Fi契約

Wi-Fiレンタルの際の契約の流れは、最も多いのがWeb申し込みです。

店頭申し込みができる店舗は少数です。Web申し込みの場合、受け取りは郵送・店頭・空港を選ぶことができるサービスが多いです。

中にはコンビニ受け取りなどに対応しているサービスもあります。

また、店舗レンタルでも郵送返却が可能なサービスもありますので、混乱しないようにしましょう。

申し込みから受け取りまでに、受け取り場所の変更が起きてしまうと対応が面倒になりますので、そうならないよう確実に受け取れる場所を選択しましょう。

ここでは代表的な契約時の流れを挙げます。

1.Webで契約する場合

(1) レンタルサービスのホームページから申し込み開始
(2) 機種・料金プランを選択
(3) 支払い方法を選択
(4) 受け取り場所を選択
(5) 申し込み完了
(6) レンタルサービスから機器発送
(7) 機器を受け取る(一部、返却用レターパックあり)

2.店頭で契約する場合

(1) 店頭へ行く
(2) 質問・在庫確認
(3) 契約書類を記入
(4) 保証金を預ける(一部店舗のみ)
(5) 申し込み完了
(6) 機器を受け取る(一部、返却用レターパックあり)

受け取りから返却までの流れ

返却するときは、返却日に注意が必要です。

郵送返却の場合は延滞にならないよう配達の所要日数を計算して返却しなければなりません。

また、当日消印有効なのか、そうでないのかによっても利用期間が変わります。店舗返却の場合は、店舗の営業時間に到着して返却する必要があります。代表的な受け取りから返却までの流れは下記の通りです。

1.郵送返却対応サービス・返送用レターパックがある場合

(1) 返却用レターパックにレンタル品一式を収める
(2) 最寄りの郵便ポストへ投函
(3) レンタルサービスへ機器が到着
(4) 返却日付で料金が確定
(5) クレジットカード決済・口座振替により清算

2.郵送返却対応サービス・返送用レターパックなしの場合

(1) レンタル品一式を梱包 ※自費
(2) 梱包したものを自費で発送 ※自費
(3) レンタルサービスへ機器が到着
(4) 返却日付で料金が確定
(5) クレジットカード決済・口座振替により清算

3.店頭返却の場合

(1) レンタル品一式を返却
(2) 保証金を返金される(一部店舗のみ)
(3) 利用期間分の料金を清算

 

\契約期間縛りなし!/

大阪でWi-Fiをレンタルする際の選び方

大阪 Wi-Fi レンタルの選び方

携帯キャリアの電波は全国で使えるので、大阪も例外ではありません。

大阪特有の条件と言うと交通機関や立地などの地理的なものです。このことは、店舗での受け取り・返却の利便性に影響を与えます。

例えば、大阪に来るために飛行機や新幹線など長距離移動が必要な場合、空港や大阪駅がどこか迷うことはありませんが、それ以外の場所へ初めて行くときは道に迷ったり、時間の予測がつかなかったりすることがあります。

ゆえに、店頭受け取りはレンタルする店舗まで迷わずたどり着けて時間の予測もできる方以外は避けた方が良いです。郵送であればこの問題は起きないので便利です。

  • ルーターの郵送にかかる日数と返却期限
    対応エリア
    通信速度
    通信容量
    プラン-契約金や解約料-

ルーターの郵送にかかる日数と返却期限

ルーターの郵送には、郵便・宅配事業者ごとに異なる料金がかかります。

発送自体は申し込みから最短翌日というサービスが多いです。

返送料金がかかるかどうかはサービスによって異なります。

送料無料のものや、返却分のレターパックを同梱してくれるサービスがあります。

返却日はよく確認が必要です。

返却日をポスト投函日(翌日消印有効)や宅配業者の受け取り日とするか、事業者への到着日とするかはサービスごとに異なります。

中には事業者への到着の翌日が返却日となるケースもありますので、よく確認しましょう。

対応エリア

レンタルWi-Fiサービスで利用できる端末は大手携帯キャリアの端末なので、対応エリアは各キャリアの公式サイトで確認することができます。

最もエリアカバー範囲が広いのは4G-LTEなので、これに対応した端末が便利だということがわかります。

しかし、電波は地形や建物の影響を受けて遮られる場合があります。

滞在場所近辺の基地局の設置状況をキャリアに問い合わせるなど、しっかり確認しておくことが大切です。

・Softbank対応エリア
・au対応エリア
・docomo対応エリア

通信速度

Wi-Fiの通信速度について考えるとき、注意しなければならない点は、”通信速度は保証されない値で、設計上の理論値である”ということです。

無線電波や有線ケーブルなど、通信データが移動する経路を”通信路”と言いますが、道路とおなじように、限られた性能・容量である通信路を不特定多数の人が分け合って利用しています。

通信速度を考えるためには以下の3点に注意する必要があります。

1.キャリア回線の性能(3G、4G-LTE、5G)

キャリア回線としては、現在のところ4G-LTEが中心で、3Gは廃れており、5Gはまだ移行が始まったばかりです。

キャリアのWi-Fi対応エリアを見ると、山岳地帯を除いてほぼ大阪府全体をカバーしているので、レンタル端末も4G-LTEのみ対応していれば問題ありません。

2.端末の性能≒Wi-Fi規格の性能(2.4G、5G、Wi-Fi5、Wi-Fi6)

キャリア回線の5GとWi-Fiの5Gはどちらも周波数帯を指していますが、法律上分け合うことが決められているので、別々のものと考えて問題ありません。

Wi-Fiでは、2.4Gはやや古い規格で、5Gの方が新しい規格なので高速化されています。

さらに、5Gの場合はWi-Fi5(802.11ac規格)とWi-Fi6(802.11ax規格)という表記の場合がありますが、後者が後継規格であり、背景にある技術理論が進化しているのでより高速です。

3.利用場所に電波が届きやすいか

電波は周波数が高くなるほど、物体に遮られやすくなります。

ちょうど光を物体に当てると陰ができるのと同様に、電波も陰ができます。

陰になってしまって電波が非常に弱い地域を”不感地”と言います。

キャリアは屋内のWi-Fiスポットを拡充するなど不感地対策を常時進めていますが、利用者が少ない場所ほど設備投資の効果が薄いので、手薄になりがちです。

よって、利用する場所が不感地ではなく電波がしっかり入る場所かどうか確認する必要があります。

通信容量

通信容量とは、通信路を通過したデータの総量です。

これが少ない方が利用できるプランが低額のものを選択しやすく、選択肢が広がるので有利です。

プランには1日あたり容量制限・月あたり容量制限・無制限の3通りがあります。適切な通信容量を判断するためには、どのような利用をする予定があるか、どのような利用はしないで済ませられるかを検討する必要があります。

注意すべきなのはメールを見る場合です。

内容を確認するだけでも、そのメールの添付ファイルや画像が一時的にダウンロードされますので、通信容量も余裕を持たせておく必要があります。

プラン-契約金や解約料-

特に短期利用の場合には利用期間が短いので、契約料・解約料を抑えることはとても重要になります。

契約手数料は3000円程度かかる場合が多いので、上手に無料キャンペーンを利用しましょう。

解約料は、一定期間を定めて契約するプランでその期間の満了前に解約する場合にかかります。

解約料無料のプランと比較して、利用可能な機種に差はなく、利用料金はやや安くなります。

 

\契約期間縛りなし!/

大阪のレンタルWi-Fiまとめ

大坂府内でレンタルWi-Fiを利用したい場合、どのようなサービスが利用でき、どのような特徴があるのかについて見てきました。

大阪府内に定住しておらず、一定期間だけ滞在する方がレンタルWi-Fiを利用する場合、地理に詳しくなく通勤・通学定期券もない状況ですから、交通機関や営業時間が問題になる店舗でのレンタルは現実的ではありません。

レンタル店舗がある場所・行きやすい場所というのはとても限られています。

大阪府に滞在する方にとってレンタルしやすいサービスは何かと考えたとき、店舗でレンタルするよりも、明らかに郵送でレンタルするサービスの方が多くの方にとって便利です。

料金体系については、日額料金系と月額料金系では後者の方が圧倒的に時間の融通が聞く上、とても割安になります。このような諸条件を把握したうえで、滞在予定に最適なレンタルサービスを無理なく安く利用するように心がけましょう。

 

\契約期間縛りなし!/