お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

ポケット型Wi-FiWi-Fiおすすめ比較

持ち運びができるWiFiはこれを選ぶべき|値段が安いおすすめ7選

本記事では、持ち運びWi-Fiの比較をしていきます。

持ち運びWi-Fiと一言で言っても、通信量無制限プランや通信量の制限があるプランであったり、様々なWi-Fiの種類があります。

というわけで、持ち運びWi-Fiを比較していきたいと思います。

【この記事でわかること】
・持ち運びができるWiFiの選び方
・持ち運びができるWiFiのおすすめ
・持ち運びができるWiFiの料金体系

上記を中心にお伝えしていきます。

また、こちらのページでは法人プランをお得に契約できるWi-Fiを紹介しています。

\当サイトおすすめのWi-Fi 3選/

サービス名

 

ZEUS WiFi

zeus wifi

縛りなしWiFi

縛りなしWi-Fi ロゴ

THE WiFi

月額料金(税込)2,178円~
(6ヶ月まで 980円~)
2,178円~
(12ヶ月まで1,057円~)
1,298円~
(4ヵ月まで0円)
通信容量20GB/40GB/100GB10GB/30GB/60GB/90GB1GB/5GB/20GB/40GB/100GB
(利用容量で料金が変動)
通信速度(下り最大)150Mbps150Mbps150Mbps
詳細ZEUS WiFiの詳細を見る縛りなしWiFiの詳細を見るTHE WiFiの詳細を見る
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

持ち運び可能なWiFiルーターとは?

持ち運び可能なWi-Fiルーター

そるとま
そるとま

持ち運び可能Wi-Fiとはどういうものなのかを解説していきたいと思います。

モバイルWiFiルーター(ポケット型Wi-Fi)のことを指す

持ち運び可能なWi-Fiとは、名前の通りで「持ち運び可能なWi-Fi」のことを指します。

わかりやすく言うと、自宅についているWi-Fiを車の中や、キャンプ場などで使えるようにすることができるWi-Fiのことをいいます。

そるとま
そるとま

一般的には「ポケット型Wi-Fi」や「ポケット型Wi-Fi」などと呼ばれています。

持ち運びできるWiFiルーターを利用するメリット・デメリット

持ち運びできるWiFiルーターを利用するメリット・デメリット

そるとま
そるとま

持ち運びWi-Fiルーターを利用するメリット・デメリットを紹介していきます。

持ち運びWiFiルーターのメリット

自宅でも出先でも利用できる

持ち運びWi-Fiは固定回線とは違い、移動させることができます。

例えば、キャンプ場、車の中でもインターネットにあらゆるデバイスを接続することができます。

停電時も利用できる

固定回線の場合、停電するとインターネットを利用することはできませんが、モバイルルーターの場合は停電していても利用できます。

停電している場合でも電源を必要とせずバッテリーで駆動するため、災害時でも様々なデバイスをインターネットに接続することができます。

工事不要でインターネットに接続できる

固定回線を通す場合、家に光回線を通す必要があるので工事が必要です。

工事自体は、業者がやってくれるので、特に難しいことはありませんが、工事している間、家にいなければいけなかったり、開通まで時間がかかったりします。

そるとま
そるとま

また、転勤族の方のように引っ越しが多い方だと工事費用だけでなく撤去費用や解約費用も多くかかってしまいます。

転勤族の方にとっては工事不要というのは最大のメリットかもしれません。

持ち運びWiFiルーターのデメリット

容量制限のあるものが多い

固定回線の場合、通信制限がかかることはないですが、スマホの通信制限がかかって、速度が遅くなったということがある方も多いのではないでしょうか。

その通信制限が、モバイルルーターでも起きてしまうことがあります。

そるとま
そるとま

もちろん、スマホの通信量にプラスしているので、普通に利用する方であれば、そんなに通信制限がかかることはないと思います。

光回線に比べて通信速度が遅い

ポケット型Wi-Fiは、通信速度が150Mbpsという場合もありますが、光回線だと10Gbpsぐらい速度が出るものもあります。

10Gbpsと比較すると150Mbpsはかなり遅く感じるかと思いますが、動画の視聴程度であれば特に問題はないので、そこまで気にする必要はありません。

充電が必要

バッテリー駆動なので、停電時にもある程度の時間であれば利用可能という話をさせていただきましたが、バッテリーが搭載されているので充電もしくは、常時通電しておく必要があります。

持ち運びできるWiFiの値段表一覧-レンタルも紹介-

名持ち運びできるWiFiの値段表一覧-レンタルも紹介-

順位商品名会社名使用回線速度

(上り)

(下り)

契約期間月額料金初期費用端末料金解約料金
1位ZEUSWi-Fi

株式会社Human Investment3大キャリア50Mbpsなし2980円~3300円0円010,450
150Mbps
2位DMMいろいろレンタル

合同会社DMM.comソフトバンク・WiMAX708Mbps

75Mbps

なし2,375円〜5,000円1100円0円0円
3位Wi-Fiレンタルどっとこむ

株式会社ビジョンソフトバンク・au・ワイマックス機種によるなし11,705円〜8,470円550円0円0円

持ち運びができるWi-Fiを一覧表でまとめました。

そるとま
そるとま

一部購入が必要なものも紹介していますので、好みに合わせたWi-Fiを選んでみてはいかがでしょうか。

持ち運びWi-Fiルータ-おすすめ7社を比較

そるとま
そるとま

持ち運びができるWi-Fi7社をまとめていきます。

1位 ZEUSWi-Fi~月980円から使える格安Wi-Fi~

利用回線au

docomo

Softbank

料金980円/月~
端末代金0円
初期費用契約事務手数料3,300円
データ容量20GB~
契約期間1ヶ月~
速度下り最大 150Mbps~
端末H01
エリア都市部:◎

郊外:○

山間部:△

解約金・違反金10,450円

ZEUSWi-Fiはとにかく料金を抑えてWi-Fi環境を整えたい人におすすめのサービスです。この春限定のキャンペーンを利用すれば、月額980円からインターネットを利用することが可能です。

山間部では利用しにくさを感じるかもしれませんが、主要都市エリアでは快適なネットを利用できるでしょう。安く使いやすいWi-Fiを探しているなら、ZEUSWi-Fiがおすすめ!

ZEUSWiFiを見る

2位 縛りなしWiFi〜契約期間なしWiFi〜

サービス名縛りなしWiFi
月額料金10GB:2,178円
30GB:3,278円
60GB:4,103円
90GB:4,818円
対応回線3大キャリア
速度(実測値)平均Ping:49.76ms
平均下り:22.61Mbps
平均上り:19.74Mbps
契約縛りなし
初期費用3,300円
キャンペーン・はじめておトクキャンペーン
・期間限定10,000円キャッシュバック

縛りなしWiFiは株式会社LINKが運営する持ち運び可能なWi-Fiルーターです。

3種類のキャリア回線に対応しており、多くのエリアで利用することができます。

本サービスの大きな特徴は、どのプランにも契約縛りが設定されていないこと。

いつ解約しても解約金が発生しないので、気軽に試すことができますよ。

そるとま
そるとま

割引キャンペーンとキャッシュバックを併用することで、実質料金をかなり抑えることも可能。安く使えるモバイル型のサービスを探している人にもうってつけですよ。

縛りなしWi-Fiを完全解剖|口コミやプラン内容の詳細を徹底比較
縛りなしWi-Fiを契約するとき、クーポンやキャンペーンがあるなら利用したいですよね。この記事では、縛りなしWi-Fiのクーポンコードの有無について解説します。乗り換えを検討している方も参考にしてみてください。

3位 THE WiFi〜超大容量WiFi〜

会社名スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社
使用回線3大キャリア
最大速度下り不明
上り不明
契約期間2年
月額利用料40GB100GB
THE WiFi〜3ヶ月 3278円

それ以降 3676円

〜3ヶ月 無料

それ以降 3,073円

THE WiFiライト3278円3828円
月額利用料THE WiFi40GB〜3ヶ月3,278円
4ヶ月〜3,676円
100GB〜3ヶ月無料
4ヶ月〜3,073円
THE WiFiライト40GB全期間3,278円
100GB全期間3,073円
初期費用2,200
端末代0円
キャンペーン内容基本料金4ヶ月無料
THEWiFiポイント5,000円分付与
解約料金1ヶ月目〜24ヶ月目10,780円
25ヶ月目以降0円

THE WiFiのご契約と同時にSAISON CARD Digitalにご入会された場合「THEWiFiポイント5,000円分付与」を適用させた実質月額。

持ち運びWi-Fiを提供しているプロバイダで、キャンペーンやセールなども定期的に行われています。

そるとま
そるとま

通信量100GBや40GBと超大容量のプランを提供しているのが特徴です。

 

4位 MUGEN WiFi〜データ使い放題WiFi〜

サービス名MUGEN WiFi
月額料金100GB:3,718円
対応回線3大キャリア
速度(実測値)平均Ping:46.0ms
平均下り:18.25Mbps
平均上り:8.45Mbps
契約縛り2年間(オプションで縛りなしに変更可)
初期費用3,300円
キャンペーン・最大10,000円のキャッシュバック

4位に入ったのは株式会社FREEDiVEが運営するMUGEN WiFiです。

料金体系は容量100GBのプランのみとシンプルで、初心者の人でもわかりやすいサービス内容となっています。

最大10,000円還元されるキャッシュバック特典を使うことで、実質月額料金を3,328円まで抑えることが可能。

100GBプランを探している人で少しでも安いプランを抑えたい人におすすめです。

そるとま
そるとま

キャッシュバックの適用条件は非常に簡単ですので、積極的に受け取るようにしましょう。

5位 5GCONNECT〜縛りがないのが魅力〜

5G CONNECT

会社名株式会社FREEDiVE
使用回線WiMAX、au
エリア海外利用不可
最大速度下り2.7Gbps
上り183Mbps
契約期間なし(*原則3ヶ月間)
月額料金4,950円
初期費用3,300円
端末代無料
キャンペーンなし

最大受信速度が2.7Gbpsと今回紹介したWi-Fiの中で、最速の通信速度を誇る会社です。

契約から3ヶ月が過ぎれば、契約期間の縛りがない点も魅力です。

初期費用として事務手数料の3,300円がかかるものの、端末代などは発生しません。

そるとま
そるとま

容量は無制限なのでインターネットを頻繁に使う方も安心ですね。

5G-CONNECTは使える?他社との比較からわかった独自性
この記事では5G-connectを徹底検証します。基本情報やメリット・デメリットからサービス特徴を紹介した上で、向く人向かない人のタイプも検証しました。申し込みを考えている人は参考にしてください。

6位 縛られないWiFi~契約期間の縛りがなく、無制限プランも提供されている~

縛られないWi-Fi公式ロゴ

会社名株式会社 25
使用回線docomo、au(SoftBankのエリアは今後拡大予定)
エリア海外利用不可
最大速度下り1.2Gbps~440Mbs
上り75Mbps
契約期間なし
月額料金3,190円~
初期費用3,300円
端末代無料
キャンペーンなし

縛られないWi-Fiは、契約期間の縛りがなく違約金も発生しません。

また、『ギガ放題プラン』と呼ばれる月間データ容量の上限がないプランも用意されています。

そのため、短期間で大容量のデータを利用することが可能です。

他には、ギガ放題プランであれば、ポケット型Wi-Fiだけではなく、ホームルーターを選べます。

そるとま
そるとま

ホームルーターを利用したいと思っている方にもおすすです。

持ち運びWiFiルーターの選び方

そるとま
そるとま

これから、Wi-Fiルーターの選び方の重要チェックポイントを細かく紹介していきます。

契約期間

契約期間というのは、契約期間中は解約しないことを約束した期間となります。

約束したとはいえ、解約金を支払えば解約することは可能なので、絶対に守らなければいけない約束という訳ではありません。

そるとま
そるとま

短期間しか使用する予定がない場合は、契約期間の設定がないものか、短期間からレンタルできるものがおすすめです。

月額料金

基本的には、安ければ安いほど良いものになるかと思いますが、月額料金が安い場合、条件等があると思うので、条件等をしっかり確認することをおすすめします。

そるとま
そるとま

初期費用や端末費用、違約金等も比較しましょう。

通信速度

通信速度は、どのくらいの速度でデータをダウンロード・アップロードするかを現した指標になります。

目安としては、1Mbps出ていれば YouTubeの動画を見ることが可能です。

 

Mbpsの数字の部分は数字が大きければ大きいほど、通信速度が早いということになります。 

そるとま
そるとま

Mbpsの数字が大きいモバイルルーターを契約するとストレスなくインターネットが楽しめるのではないかなと思います。

データ容量

データ容量はどのくらいのデータを送受信できるかという指標になります。

基本的には、毎月リセットされます。毎月リセットされる場合は月初から月末まで累計されます。

そるとま
そるとま

データ容量を超えた場合、速度制限がかかります。

エリア

インターネットの電波がどの範囲届くかということです。

大きく国内のみ利用可能のパターンか海外でも利用可能の2パターンに分けることができます。

そるとま
そるとま

日本国内で利用可能と記載があっても日本国内全ての場所をカバーしている訳ではないので、エリア確認することを推奨します。

操作性

モバイルルーターの場合、電源をつけたり通信容量をルーターから確認できるものもあります。

そるとま
そるとま

ルーターを直接操作する場合、画面の感度等も重要になってくるかと思うので、端末のレビューをチェックすることをオススメします。

持ち運びWiFiルーターの契約手順

そるとま
そるとま

これから、モバイルルーターの契約手順を順を追って紹介していきたいと思います。

契約プランを決める
・ポケット型Wi-Fi端末を決める
・ポケット型Wi-Fiのプロバイダを決める

契約プランを決める

モバイルルーターを利用するには、基本的に契約が必要になります。

そるとま
そるとま

ここでしっかり考えた方が良いことは、以下の2点です。

・契約期間
・データ容量

契約期間は途中解約をすると、解約金を支払わなければいけないということは上記で説明しました。

解約金は高額になるので、継続的に利用する予定なのか、一時的に利用したいだけなのかを把握したほうが良いです。

・継続的に利用予定⇨契約期間有りプラン
・一時的に利用予定⇨契約期間なしプラン

続いて、データ容量です。

どのくらいのデータを使う予定なのかを把握する必要があるかと思います。

そるとま
そるとま

指標は様々考えられますが、自宅でもモバイルルーターを利用するかどうかかと思います。

自宅でもモバイルルーターを利用⇨大容量プラン
外出先のみモバイルルーターを利用⇨通常プラン(20GB程度)

ポケット WiFi端末を決める

モバイルルーターも機械によって特性があります。

ルーターを選ぶポイントは、以下の3点です。

・最大通信速度
・バッテリー容量
・重量

最大通信速度⇨早ければ早いほど良い
重量⇨軽ければ軽いほど良い
バッテリー容量⇨大きければ大きいほど良いが重量とのバランスを取る必要がある

ポケット型Wi-Fiのプロバイダを決める

プロバイダーによってインターネットの安定性が変わってきます。

そるとま
そるとま

レビュー等でプロバイダーの特性を調べておきましょう。

持ち運びWiFiルーターのQ&A〜よくある質問〜

そるとま
そるとま

これから持ち運びWi-Fiルーターについてよくある質問をいくつか紹介・回答していきたいと思います。

持ち運びWi-Fiのおすすめは?

使い方によって様々なので、自分の使い方にあった契約をすることをオススメします。

当サイトでは、契約期間縛りなしで契約できる「縛り無しWiFi」をオススメしています。

そるとま
そるとま

縛りなしWiFiであれば容量を40GB〜100GBのうち4パターンから選ぶことができ、無駄がありません。

自宅WiFiが遅くなった場合は?

原因を究明する必要があります。

パターン1:周囲に環境の変化によりインターネットが安定しなくなった
⇨乗り換えを検討するか、契約キャリアに相談する

パターン2:データ容量不足による通信制限
⇨プランを見直し、大容量プランへの変更をする

持ち運びWiFiルーターで安いのは?

契約期間有りで、データ容量が少ないモバイルルーターが一番安価です。

そるとま
そるとま

縛りなしWiFiでは、契約期間縛りありのプランも用意しており、3年縛りであれば月額2,926円から契約できます。

無制限で利用できるものはある?

無制限で利用できるモバイルWiFiは、基本的にはありません。

 

そるとま
そるとま

月ごとの上限か、日ごとの上限があるモバイルルーターが一般的です。

速度はどの程度あれば大丈夫?

どの程度の速度があれば快適に動画視聴ができるかを紹介します。

動画の解像度推奨される速度
4K20〜25Mbps
1080p5Mbps
720p3Mbps
480p1.5Mbps
360p1Mbps
そるとま
そるとま

動画アップロードの場合、早ければ早いほど良いです。

遅くてもアップロードは可能ですが、時間がかかります。

まとめ

本記事では持ち運びができるモバイルルーターについて解説・比較してきました。

持ち運びができるモバイルルーターは工事不要で、自宅でも外出先でも使えるメリットがあります。

モバイルルーターの選び方には必ず正解があるという訳ではなく、使い方にあった契約を行うことが重要です。

・契約期間
・月額料金
・通信速度
・データ容量
・エリア

モバイルルーターの選び方はたくさん有りますが、以上の5つはチェックすることをオススメします。

そるとま
そるとま

絶対的な正解はなく、使い方にあったモバイルルーターを選択しましょう。