Wi-Fiおすすめ比較

安いモバイルルーターおすすめ7社を徹底比較-選び方も合わせて解説

安いモバイルルーター おすすめ
よしだ
よしだ

突然ですが、あなたはモバイルルーターの相場をご存知ですか?

Wi-Fiの利用方法の中でも、安く使えるモバイルルーター。

しかしその実、モバイルルーターの相場がいくらなのかはあまり知られていません。

よって「モバイルルーター自体安いのは知っているけど、そのなかでも安いものがあること自体を知らない」という方がほとんどです。

さらにユーザーが重要視するポイントによっては、金額だけで安い・高いとは言い切れません。

そこで今回は、モバイルルーターの相場よりも安いプロバイダを7社ピックアップし、あなたにあったものが選べるよう徹底的に比較・解説していきます。

この記事を読んで、あなた自身にあった安いモバイルルーターを契約しましょう。

【この記事で分かること】
 相場からみる安いモバイルルーターの選び方
 おすすめの安いモバイルルーター7社
 契約前に確認すべきポイント

※この記事での価格は全て税込み表記です。

 

当サイトおすすめの安いモバイルWi-Fiはこちら

どこからが安い?モバイルルーターの相場

モバイルルーター 相場

モバイルルーターの相場は、実質料金が3,000円台後半(3,500円~)です。

よしだ
よしだ

相場よりも低い3000円台前半までの金額が、モバイルルーターの安いラインといえます。

 

当サイトおすすめの安いモバイルWi-Fiはこちら

安いモバイルルーターの選び方

安い モバイルルーター

よしだ
よしだ

相場よりも低い3000円台前半までの金額が、モバイルルーターの安いラインといえます。

● 実質料金が安いかどうか
● キャッシュバックや割引などキャンペーンを実施しているかどうか
● Webから申し込めるモバイルルーターか

どういうところをみて、これらのポイントを押さえていくのかなど、それぞれ解説していきます

実質料金が安いモバイルルーターを選ぶ

実質料金

モバイルルーターを選ぶ際は、月額料金ではなく実質料金で選びましょう

なぜ月額料金ではなく実質料金で選ぶのかというと、実質料金とは支払い総額だからです。

モバイルルーターの月額料金には、最初は安くても後から高くなっていくプランが多く存在します。

そのため一概に「月額料金が安いからお得なモバイルルーター」だとは言い切れないのです。

一方の実質料金は、契約者が支払う料金とキャンペーンで還元される金額の差し引き総額だからこそ、他社と平等な比較ができます。

よしだ
よしだ

よってこの実質料金が安いルーターを選ぶことが、お得なモバイルルーターを選ぶことに繋がるのです。

キャッシュバックなどキャンペーンを実施しているモバイルルーターを選ぶ

キャッシュバック

よしだ
よしだ

キャッシュバックや端末無料など、キャンペーンが実施されているモバイルルーターを選ぶことも大切です。

先述した実質料金に関わってくるポイントであり、モバイルルーターによって内容が大きく異なります。

キャンペーン内容は月額料金から数か月~数年かけて一定金額を割り引くものや無料で利用できるもの、ルーター端末を無料で進呈してくれるものまでさまざまです。

キャンペーンを比較するポイントは、契約者に還元されるキャンペーン総額

ここで気を付けてほしいのがキャンペーンの適用条件です。

よしだ
よしだ

申し込み時、自動的に適用されるものもありますが多くの場合オプション加入が必須条件となっています。

この場合オプションにかかる費用をキャンペーンから差し引き、また不要の場合は外すのを忘れないようにしないといけません。

いくらキャンペーン額が高額だとしてもオプション料金が高い、オプションを外し忘れてしまった場合実質料金が高くなってしまいます

オプション加入の有無や料金を踏まえたうえで、キャンペーンの総額を算出しましょう。

そうすることで見かけだけのキャンペーンをはじき、よりよいモバイルルーターを選ぶことができるはずです。

Webから申し込めるモバイルルーターを選ぶ

webから申し込めるルーター

よしだ
よしだ

安いモバイルルーターを選ぶには、Web申し込みが最適です。

モバイルルーターの申し込み方法は、全部で5つあります。

● Web申し込み
● 家電量販店での申し込み
● 携帯ショップでの申し込み
● 電話での申し込み
● 訪問営業での申し込み

このなかでWeb申し込みをおすすめする理由は、ユーザーへの還元が最も大きいからです。

携帯ショップや家電量販店での申し込みは、詳しいスタッフが丁寧に案内してくれるのが魅力ですよね。

しかしスタッフの人件費やPOPなどの備品費、店舗維持費にかかる費用が大きいためユーザーへの還元はあまり大きくありません。

電話や訪問営業での申し込みも同様に人件費がかさみます。

さらにモバイルルーターの契約だけのはずなのに、気が付いたら高額なオプションがたくさんついていたり新規でスマホの契約していた、なんてことも。

その点、Web申し込みは人件費などの費用が少なく済みます。

費用が浮いた分、ユーザーへの還元を増やすことができるのでキャンペーンなども高額なものが多いです。

不要なオプションがついたり、契約するつもりがなかった端末が増えることもありません。

だからこそ、安いモバイルルーターを選ぶ方法としてはWeb申し込みがおすすめです。

 

 WEBからの申し込みがお得なんだね。

当サイトおすすめの安いモバイルWi-Fiはこちら

安いモバイルルーターおすすめ比較表

プロバイダ実質料金初期費用データ容量通信速度提供エリア縛り
縛りなし Wi-Fi

縛りなしWiFi

3,575円~

(契約期間の縛りがないため、利用期間は6か月で計算)

契約事務手数料:3,300円2GB/日下り:612Mbps

上り:37.5Mbps

SoftBankなし
THE WiFi

3,281円(実質)契約事務手数料:3,300円月間100GB下り:150Mbps

上り:50Mbps

クラウドSIM2年
ヨドバシWiMAX

4,268円~契約事務手数料:3,300円ギガ放題下り:2,2Gbps

上り:80Mbps

WiMAX
au
3年
ZEUS Wi-Fi

2,016円~契約事務手数料:3,300円20GB/月下り:150Mbps

上り:50Mbps

SoftBank、au、docomo2年
MUGEN Wi-FiMugen WiFi3,293円~契約事務手数料:3,300円100GB/月下り:150Mbps

上り:50Mbps

SoftBank、au、docomo2年

本当に安いモバイルルーターを徹底比較

本当に安い

本当に安いモバイルルーターについて7社を比較して記載します。

よしだ
よしだ

自分に合ったプラン、速度、回線などを比較しながら見つけてくださいね。

縛りなしWiFi:縛りなしでいつでも解約可能

縛りなし

よしだ
よしだ

縛りなしWi-Fiは契約期間の縛りがないため、ひとりひとりの生活に合わせた使い方ができるモバイルルーターです。

最低1か月利用すれば、その後いつ解約しても違約金が発生しません

端末は全てレンタルのなので、購入代金も不要です。

プランは利用するデータ容量によって3つの中から選ぶことができ、利用者にあったデータ容量・料金で利用できます。

縛りなしWiFiの料金プラン

プラン縛りなしプラン
実質料金3,630円~
初期費用3,300円
データ容量縛りなし通常プラン:2GB/日

縛りなし50GBプラン:50GB/月

縛りなし30GBプラン:30GB/月

最大通信速度下り:612Mbps

上り:37.5Mbps

提供エリアSoftBank
縛りなし(最低利用期間1か月)

縛りなしWi-Fiのプランは1日2GBまで使える通常プラン、単日の制限なしに利用できる月30GB・月50GBのプランがあります。

仕事やプライベートで毎日利用したい方は通常プラン、休日にたっぷり使いたい方や単日の制限なしに使いたい方は月30GBもしくは月50GBプランがおすすめです。

さらに安く利用したい方は、縛りがある「縛っちゃうプラン」に変更することもできます。

契約期間の縛りがあるため、更新月以外での解約は違約金が発生しますが縛りなしプランよりも月額料金が安いです。

モバイルルーターの料金は、基本的に契約期間が長いほど安い傾向にあります。

そのため長期で利用を考えている方であれば、契約期間の縛りがあるプランの方が安くお得に利用可能です。

 

縛りなしWiFiの詳細を見る

THE WiFi:今なら4ヶ月無料

THE WiFiの特徴は、100GBの大容量プランかつ日本全国15万か所以上ものWi-Fiスポットが利用できる点です。

Wi-Fiスポットとは、主要駅や飲食店などで利用できる公共の無線LANを指します。

このサービスが利用できるメリットは、ルーターを家に忘れてきたとしてもWi-Fiスポットに繋ぐことで、ルーターがなくてもWi-Fiに繋がる点です。

ルーターの電源が切れてしまったときなどの緊急事態にも利用できます。

さらにSIMカードはクラウドSIMを採用。

よしだ
よしだ

この2つのサービスが合わさることで、いつでもどこでも快適なWi-Fiを使うことができる仕様となっています。

THE WiFiの料金プラン

プランTHE WiFi
実質料金3,278円~
初期費用事務手数料:3,300円
データ容量100GB/月
最大通信速度下り:150Mbps

上り:50Mbps

提供エリアSoftBank、au、docomo
縛り2年

THE WiFiのプランは、先述のWi-Fiスポットが利用可能なサービスつきのTHE WiFiとそのサービスがないTHE WiFiライトの2つです。

この2つのプランと40GB・100GB2つのデータ容量から選べます。

年に一回、今だけの「春の4か月0円キャンペーン」も開催中。

なんと最初の4か月間は、月額料金が0円で利用可能です。

100GBプランお申し込みの方であれば、どちらのプランを選んでも4か月間無料は変わらず受けられます。

最低利用期間は2年間ですが、割引分を加味すると1か月あたり実質3,521円。

大容量のデータ通信ができるにもかかわらず、かなりリーズナブルに利用できます。

また、初めてモバイルルーターを利用する方にとって嬉しい「10日間お試しキャンペーン」も実施中です。

申し込み後、使用用途に合わないなどの理由から10日以内に申告すれば、料金負担なしで解約できます。

ただし、前述の「春の4か月0円キャンペーン」との併用はできないので注意しましょう。

 

THE WiFiの詳細を見る

THE Wi-Fiの通信速度は遅い?メリットや口コミ、評判を解説
この記事では、「THE Wi-Fi」とはどのようなプロバイダでどのような使い方をすると良いか、注意点について紹介します。 モバイルWi-Fiはネット環境の問題を解決するためにはとてもおすすめです。

ヨドバシWiMAX:速度も早く利用に困らない

ヨドバシWiMAX

ヨドバシWiMAXの料金プラン

プランギガ放題
実質料金4,268円
初期費用3,300円
データ容量ギガ放題
最大通信速度下り:2.2Gbps

上り:180Mbps

提供エリアau 5G回線
4G LTE回線
WiMAX 2+回線
縛り3年

大手家電量販店が販売しているモバイルWi-Fi

大手家電量販店として知られているヨドバシカメラがWiMAXWi-Fiを販売しています。

月々4,268円で契約可能で、契約期間は3年間のみになります。

WiMAX回線と5G回線の両方を利用できるので、回線速度に関しては不満なく利用できるでしょう。

支払い方法はクレジットカードのみになるので注意が必要ですね。

 

ヨドバシWiMAXの詳細を見る

MUGEN Wi-Fi:2021年最安値のモバイルルーター

Mugen WiFi

MUGEN Wi-Fiは、月100GBを実質料金3.293円という破格の値段で利用できるモバイルルーターです。

3キャリア対応のSIMを利用しているので、日本全国ほとんどの場所で利用できます。

また端末交換やSIMカードの交換をせずに、海外でも利用可能です。

よしだ
よしだ

さらに嬉しいのが3日で10GBの制限がない点。

単日でもデータ量を気にせず快適に利用できます。

MUGEN Wi-Fiの料金プラン

プランMUGEN 格安プラン
実質料金3.293円~
初期費用事務手数料3,300円
データ容量100GB/月
最大通信速度下り:150Mbps

上り:50Mbps

提供エリアSoftBank、au、docomo
縛り2年

※2年縛りなしプラン(オプション)660円/月を追加することで縛りなしにできる

料金をここまで抑えることができたのは人員や広告を必要最低限に抑えたり、書面をPDF化し紙面のコストカットを行ったりしているから

2年間使い続けるかわからないという方は「2年縛りなしプラン」という、オプションに加入すればいつ辞めても違約金が発生しません。

月額料金は割高になってしまいますが短期間でも違約金がない分、トータルコストを抑えて利用できます。

MUGEN Wi-Fiでは、モバイルルーターを初めて利用するという方でも、安心して契約できるキャンペーンがあります。

その名も「30日間お試し体験

使ってみて「合わないな」と感じたら、30日以内に返却すればかかった費用を全額返金してくれるキャンペーンです。

もちろん、気に入ればそのまま使い続けることもできます。

よしだ
よしだ

さらに13,500円キャッシュバックキャンペーンも実施中。

こちらのキャンペーンは、長期で利用される方に適用可能です。

 

Mugen WiFiの詳細を見る

ZEUS WiFi:20・40GBなら最もお得に

ZEUS Wi-Fiの特徴は月額料金の安さです。

相場3500円から大きく下回り、キャンペーンなどの特典なしでも2000円台前半から利用できます。

データ容量も20GB~と、決して少ない容量でもありません。

3キャリア対応のクラウドSIMを採用しているので、どこでも一番繋がりやすい回線に自動で接続してくれます。

よしだ
よしだ

SIMカードの差し替えや端末交換なしで海外でも利用可能。

データ容量のコスパ最強と謳われる、お財布に優しいモバイルルーターです。

ZEUS WiFiの料金プラン

プランスタンダードプラン
実質料金2,178円~
初期費用契約事務手数料:3,300円
データ容量20GB/月
最大通信速度下り:150Mbps

上り:50Mbps

提供エリアSoftBank、au、docomo
縛り2年

ZEUS Wi-Fiの料金プランは20GBのスタンダードプランのほか、40GB・100GBのデータ容量の中から選ぶことができます

どのプランでも1日あたりの制限がないのも嬉しい特徴です。

ただし100GBのプランは、この記事で紹介しているMUGEN Wi-Fiのほうが割安となってしまいます。

そのため20GB・40GBのプランであれば、最もお得なモバイルルーターといえるでしょう。

また料金は少し高くなりますが、契約期間の縛りがないフリープランも選択可能です。

どのプラン・どちらの契約でも端末はレンタルなので、購入代金もいりません。

さらにZEUS Wi-Fiでは5月31日までの期間限定となりますが、「神特価キャンペーン」が実施中です。

期間中に新規申し込みをされた方対象に、6か月間キャンペーン価格で利用できます。

20GB/月のスタンダードプランはなんと1か月980円。

よしだ
よしだ

この記事では税込みでの表記価格のため、正真正銘1000円以内でWi-Fiが使えることになります。

 

ZEUS WiFiの詳細を見る

ZEUS(ゼウス) Wi-Fiは繋がらない?ZEUS Wi-Fiの評判やメリット・デメリットまとめ
zeus wifiは月額料金が手頃で対応エリアの広いモバイル Wi-Fiです。20GBから100GBまでという広い料金プランも魅力です。 今回は、zeus wifiの評判やメリット・デメリットについてご紹介します。

Broad WiMAX:安さと高速通信を両立

Broad

他回線のモバイルルーターと比較しても高速通信が可能なWiMAXですが、その分料金は少し高め

auのWiMAXだと4,721円/月、UQWiMAXだと4,818円/月と、モバイルルーターの相場よりも1000円近くかかるのが通常です。

しかしBroad WiMAXはその常識を打ち破り、他回線のモバイルルーターと変わらない金額で利用できます。

さらに通常、au LTEエリアの利用料金は1,105円のオプション料金が発生しますが、Broad WiMAXでは無料で利用可能。

よしだ
よしだ

これらの特徴から、Broad WiMAXは高速通信を安く提供しているプロバイダといえます。

Broad WiMAXの料金プラン

プランギガ放題プラン
実質料金4,413円
初期費用契約事務手数料:3,300円

初期費用:20,743円

データ容量無制限:3日で10GB制限あり
最大通信速度下り:440Mbps

上り:75Mbps

提供エリアWiMAX2+、au LTE
縛り3年

Broad WiMAXのプランはデータ容量の制限がないギガ放題プランと、1か月7GBまで利用できるライトプランの2つです。

データ容量を気にせず使いたい方はギガ放題プラン、少しだけ使いたい方はライトプランとひとりひとりにあったプランが利用できます。

またプラン変更も可能です。途中で使い方が変わっても、長く使い続けられます。

Broad WiMAXではWebからの申し込みで、初期費用がお得になるキャンペーン「Web割キャンペーン」を実施中です。

Webからの申し込みで支払いはクレジットカード、指定オプション初回加入を条件に、初期費用でかかる20,743円が割引されます。

そしてこのキャンペーンとは別に、端末代金が無料でもらえる「全端末無料キャンペーン」も実施中です。

Broad WiMAXでは、端末レンタルは行っておらず利用する場合は購入する必要があります。

よしだ
よしだ

基本的に端末を購入する場合2万円以上はかかってしまいますが、それが無料になるのでかなりお得なキャンペーンです。

Broad WiMAXの詳細を見る

GMOとくとくBB WiMAX:WiMAXを安く使いたい人向け

GMO

老舗プロバイダ会社GMOによるWiMAXプロバイダです。

申し込みから最短即日に配送、しかも全国どこでも配送料無料で届けてくれます。

だからこそ急にWiMAXが必要になった方で、より安く使いたい方にはGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAXの料金プラン

プランギガ放題プラン
実質料金4,688円
初期費用事務手数料:3,300円
データ容量無制限:3日で10GB制限あり
最大通信速度下り:1.2Gbps

上り:75Mbps

提供エリアWiMAX2+、au LTE
縛り3年
よしだ
よしだ

GMOとくとくBB WiMAXが選ばれるのには、3つのお得な特徴があるからです。

1. 端末代金が0円
2. モバイルルーターの申し込みで28500円キャッシュバック
3. 20日以内であればキャンセル可能

GMOで取り扱っている端末は光回線並みの高速通信可能なW06から、バッテリー持ちのよいWX06まで0円で持てます

また、モバイルルーターの利用で28500円ものキャッシュバックが行われています。

さらに使ってみて合わないなと感じたら、利用開始から20日以内ならキャンセルすることも可能です。

 

GMOとくとくBBの詳細を見る

hi-ho Let’s WiFi:ガッツリ使い人向けの大容量モデル

hi-ho

hi-ho Let’s WiFiの特徴は7GB/日の超大容量のデータ通信量です。

膨大な量なので想像が付きにくいと思いますが、youtubeを普通画質で約648時間視聴できます。

30日間休むことなくyoutubeを視聴し続けることでやっと通信制限が来るイメージです。

複数台つなげて使いたい方やオンライン会議をよくする方、ご家族や恋人と使いたい方でもほとんど通信制限を受けることなく利用できます。

よしだ
よしだ

さらに端末代は景品として贈与されるため、レンタル代金も購入代金も不要です。

hi-ho Let’s WiFiの料金プラン

プラン通常プラン
実質料金3,828円~
初期費用事務手数料:3,300円
データ容量4GB/日

7GB/日

最大通信速度下り:150Mbps

上り:50Mbps

提供エリアSoftBank、au、docomo
縛り2年

hi-ho Let’s WiFiのプランは、紹介した7GB/日の通常プランと、4GB/日のライトプランからなるシンプルな2プラン制です。

通常プランは7GB/日、ライトプランは4GB/日と1日あたりの通信制限はありますが、他社と比べてもかなり余裕をもった容量となっています。

そのため、どちらのプランも通信制限や容量を気にせずがっつり利用可能です。

また期間限定の「鬼コスパキャンペーン 新生活編」も実施しています。

通常3,300円かかる事務手数料が0円になるほか、最大15か月間3278円/月のキャンペーン価格で提供されるキャンペーンです。

適用は先着1000台となっているので、申し込みたい方はお早めに。

 

hi-ho Let’s Wi-Fiの詳細を見る

リモティーWi-Fi:料金と性能の両方を兼ね備えたWi-Fi

https://remotty-wifi.jp

縛りなしプランと縛りありプランの2種類を有しているモバイルWi-Fiです。

SoftBank回線を利用しているので、エリアは広く回線速度も安定していることが多いでしょう。

リモティー WiFiの料金プラン

プラン縛りなしプラン
縛りありプラン
実質料金縛りなしプラン 3,575円
縛りありプラン 3,828円
初期費用3,300円
データ容量50GB
最大通信速度下り:612Mbps

上り:37.5Mbps

提供エリアSoftBank
縛りなし(縛りありプランは3年)

月額3,575円で縛りなしプランが利用できるので、かなりお得ですよね。

お試しでWi-Fiを利用してみたいという方や短期間だけWi-Fiを利用したいという方も損をすることなくお得に利用できるでしょう。

規定データ量も50GBと、かなりの大容量なのでインターネットを頻繁に使うという方も安心です。

 

リモティーWi-Fiの詳細を見る

安いモバイルルーターのメリット

安いモバイルルータ メリット

よしだ
よしだ

Wi-Fiを利用する方法はモバイルルーターのほかホームルーター、固定回線の3つです。

費用面が安い点やどこでも持ち運べる点など、モバイルルーターは他2つの回線と比較するとたくさんのメリットがあります。

そこで今回は、モバイルルーターの大きなメリットを3つ、取り上げます。

● 固定回線よりも圧倒的に安い
● どこでも利用可能
● 回線工事が不要

具体的にどんなメリットがあるの?

固定回線よりも圧倒的に安い

固定回線よりも安い

モバイルルーターの料金は、固定回線と比較すると圧倒的に安いのが特徴の1つです。

固定回線の料金相場は集合住宅で4000円、戸建てで5000円ほどかかります。

よしだ
よしだ

しかし実際、この金額だけ支払うことはあまりありません。

ここに回線工事の工事費や電話オプション料金、Wi-Fiルーターのレンタル台などが加わるからです。

その点、モバイルルーターは回線工事不要で電話オプションもないので上記のような費用はかかりません。

料金相場だけみれば、固定回線の集合住宅とモバイルルーターとの差額は500円程度ですが、上記の理由からモバイルルーターのほうが圧倒的に安いということが分かります

どこでも利用可能

どこでも利用可能

よしだ
よしだ

Wi-Fiを利用する方法のなかで唯一、モバイルルーターは屋内外問わずどこでも利用可能です。

固定回線は基地局から全て有線で、ホームルーターは常に電源供給が必要となるため、自宅でしかWi-Fiが使えません。

モバイルルーターは基地局から全て無線でやりとりできる上、バッテリーが内蔵された小型のWi-Fiルーターなので、邪魔にならず持ち運び可能です。

だからこそ、出張が多い方や旅行など外出先で使いたい方に人気があります。

回線工事が不要

回線工事不要

モバイルルーターは端末のみで利用できるので、回線工事は不要です。

そのため手元に届いたその日から利用可能で、高額な回線工事費用も請求されません。

これが安く利用できる理由の一つでもあります。

よしだ
よしだ

また、どこでも使えるからこそ引っ越しが多い方にもおすすめです。

固定回線の場合、引っ越し先で再び回線工事を行う必要があるため、引っ越しが多い方にとってはかなり面倒となりますが、モバイルルーターであればその必要がありません。

さらにauひかりなどは解約の際、回線撤去費用が違約金と別途でかかります。

モバイルルーターは、端末だけで使えるからこそ解約時は端末を返却するだけ。

大きなメリットを3つ紹介しましたが、このように多くのメリットがモバイルルーターにはあります

 

当サイトおすすめの安いモバイルWi-Fiはこちら

安いモバイルルーターのデメリット

安いモバイルルーター メリット

逆にデメリットはあるの?

モバイルルーターのメリットは理解していただけたとは思いますが、契約する上ではデメリットも知っておく必要があります。

デメリットを知っておくことで、あなた自身がWi-Fiで重視するポイントがどこかを知ることができるからです。

モバイルルーターのデメリットを3つ、以下にまとめました。

● 通信制限のあるルーターがほとんど
● 通信速度が遅いルーターも
● 解約違約金がかかる
よしだ
よしだ

こちらも1つひとつ解説していきましょう。

通信制限のあるルーターがほとんど

通信制限

よしだ
よしだ

モバイルルーターは、通信制限がついていることがほとんどです。

よくあるのが3日で10GB制限

3日間で10GB以上利用すると、一時的に通信速度が遅くなったり通信できなくなったりします。

データ通信容量が無制限のプランでも、ほとんどがこの制限付きのプランです。

通信速度が遅いルーターも

通信速度

よしだ
よしだ

モバイルルーターはホームルーターや固定回線と比べ、速度が出にくいです。

Wi-Fiの電波は障害物に弱い特徴があるので、基地局と利用場所に大きな障害物がある場合速度が遅くなります。

鉄筋コンクリートの住宅などでは、通信自体入りにくくなることも。

またモバイルルーターは端末によって、出せる通信速度が決まっています

WiMAXであれば光回線と同レベルの速度が受信できるようになりましたが、まだまだ対応エリアが都市部に限られており、モバイルWi-Fiなどのモバイルルーターは下り150Mbpsが平均です。

さらに、モバイルルーターに限ったことではありませんが最大通信速度はあくまで理論値。

頑張って出せる最大速度という意味合いで、実際にその速度が出ることはほとんどありません。

よしだ
よしだ

通信速度を重視する利用目的の場合、モバイルルーターでは満足に利用できない場合もあることを知っておきましょう。

解約時違約金がかかる

解約時違約金

モバイルルーターを解約するとき、違約金がかかってしまう場合があります。

契約しているモバイルルーターや解約時期にもよりますが、高額な場合なんと2万円以上。

このような高額な違約金がかかるのは、キャンペーンが高額なものや月額料金が安いモバイルルーターです。

キャンペーンでお得に利用できる分、契約期間中に解約するのは契約違反なので、その分請求しますよ、ということです。

よしだ
よしだ

月額料金が安いモバイルルーターも同様のことがいえます。

ただし、今回紹介した縛りなしWi-Fiのように契約期間の縛りがない場合、最低利用期間使っていれば解約金は発生しません。

違約金は契約期間中に解約する場合かかるお金ですので、更新月と呼ばれる期間での解約も不要です。

契約する際、解約時高額な違約金を支払わないためにも利用期間には十分注意しましょう

 

当サイトおすすめの安いモバイルWi-Fiはこちら

自分にピッタリの安いモバイルルーターが選べる契約前チェックシート

契約前チェックシート

よしだ
よしだ

最後に、契約前にチェックするべき項目を6つにまとめました。

この記事を読んで契約するモバイルルーターを決めたら、契約に進む前に一つずつ確認しておきましょう。

実質料金を確認した?

よしだ
よしだ

実質料金は確認しましたか?

実質料金の算出は、以下の計算式で計算できます。

事務手数料+月額料金×契約月数―キャッシュバック額÷契約月数=実質料金

通信速度・通信制限の有無を確認した?

よしだ
よしだ

契約したいモバイルルーターに通信制限はありますか?

無制限プランでも、モバイルルーターは3日で10GB以上利用すると制限が入るものが多いです。

あなたの利用目的がデータ通信量が多くかかるゲームやSNSの場合、もう一度確認することをおすすめします。

解約時の違約金は発生する?

よしだ
よしだ

モバイルルーターを解約する際、違約金が発生するかどうかも確認しておきましょう。

契約したいモバイルルーターの契約期間が、あなたの利用期間に合っているかも重要です。

短期間で利用したい場合、2年契約のモバイルルーターを契約してしまうと解約時高額な違約金が発生する可能性があります。

使用用途に合っている?

よしだ
よしだ

あなたの使用用途は、モバイルルーターで快適に利用できる用途ですか?

利用目的がオンラインゲームだと、できなくはありませんがping値によってはラグが発生しストレスの多い利用環境になってしまいます。

このような場合、モバイルルーターよりも固定回線のほうが快適に使用可能です。

また複数台接続を考えている方も注意しましょう。

端末によってあらかじめ同時接続台数は決まっています。

それよりも多い数、もしくは安定した速度で使いたい場合ホームルーターという選択肢を考えなくてはなりません。

今一度、モバイルルーターでの使用目的を確認しましょう。

自分の用途と合わせる必要があるんだね。

提供エリアは大丈夫?

よしだ
よしだ

契約したいモバイルルーターは、利用エリアで使える回線なのかどうかを確認しましょう。

エリア確認をせずに契約を進めてしまうと、非対応エリアだった場合使えません。

以下にモバイルルーターに利用されている回線のエリアが確認できるページをまとめました。

住所入力すれば数分で確認できるので、是非確認してみてください

SoftBankはこちら
au・WiMAXはこちら
docomoはこちら

キャンペーン情報など確認した?

よしだ
よしだ

最後に、キャンペーンの確認をしましょう。

確認する項目は以下の4つです。

● 適用条件(オプションの有無など)
● 申し込むタイミング
● いつ還元されるのか
● キャンペーンコードの有無

まずキャンペーンの適用には、指定オプションの加入が条件必須の場合があります。

必ずその有無を確認しましょう

次に注意しなくてはならないのがキャンペーンを申し込むタイミングです。

契約申し込みのタイミングと、キャンペーンを申し込むタイミングは必ずしも一緒ではありません。

契約後半年~1年経ったタイミングで申し込むキャンペーンもあります。

さらにキャンペーンは申し込み後、すぐに適用される場合とそうでない場合の2パターンです。

どのようなかたちで還元されるのか、いつ還元されるのかも確認しましょう。

最後にキャンペーンコードです。

このコードを入力せずに申し込むと通常申し込みとなり、キャンペーンが受けられない場合があります

キャンペーンの概要欄とは別のところに書かれていることがほとんどなので、注意してください。

色々確認して、失敗しないプロバイダ選びをしたいね。

 

当サイトおすすめの安いモバイルWi-Fiはこちら

まとめ:安いモバイルルーターを選んで快適にネットを楽しもう

まとめ

一口に安いといっても、使用用途や使うデータ容量によって1人1人の安いは変わってきます

紹介した比較表の中でも、実質料金の差が1000円以上開くものもありましたね。

それには利用できる通信データ量の違いがあります。

データ通信を大量に行う方が一番実質料金の安いモバイルルーターを使っても、途中で足りなくなって課金してしまえば一緒です。

追加課金したものについてはキャンペーンは適用外となるのが基本ですので、むしろ高くついてしまうかもしれません。

最後に紹介した契約前チェックシートも使って、あなたにあったモバイルルーターを選びましょう。

あなたに合ったモバイルルーターであれば、快適なネットを楽しめるはずです。

 

当サイトおすすめの安いモバイルWi-Fiはこちら