お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

Wi-Fiおすすめ比較

Wi-Fiの乗り換え方に困ったらまず確認|おすすめの乗り換え先が今すぐわかる

Wi-Fi 乗り換え

「今使っているWi-Fiを変えたい」

「移行するにはどうしたら良いの?」

現在契約しているWi-Fiから他社へ移行する場合、正しい移行方法を知っておくと非常にスムーズに進みます。

プロバイダを移行することで、インターネット環境が快適になる可能性があるので、現在のWi-Fiに不満を感じている方は、移行を検討してみましょう。

今回は、Wi-Fiの移行方法とおすすめの乗り換え先を合わせてご紹介します。

谷

Wi-Fiの乗り換えを考えている方は、参考にしてくださいね。

この記事で分かること
・Wi-Fiの乗り換え方
・おすすめの乗り換え先
・各プロバイダの料金、速度、容量

\当サイトおすすめのWi-Fi 3選/

サービス名

 

ZEUS WiFi

zeus wifi

縛りなしWiFi

縛りなしWi-Fi ロゴ

THE WiFi

月額料金(税込)2,178円~
(6ヶ月まで 980円~)
2,178円~
(12ヶ月まで1,057円~)
1,298円~
(4ヵ月まで0円)
通信容量20GB/40GB/100GB10GB/30GB/60GB/90GB1GB/5GB/20GB/40GB/100GB
(利用容量で料金が変動)
通信速度(下り最大)150Mbps150Mbps150Mbps
詳細ZEUS WiFiの詳細を見る縛りなしWiFiの詳細を見るTHE WiFiの詳細を見る
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

Wi-Fiのプロパイダ乗り換えとは?

Wi-Fi 乗り換え

プロバイダとは、インターネット接続サービスを提供している会社を指します。

インターネット接続サービス事業者と呼ばれることも多く、同じ意味を持つ言葉になります。

移行を行ったとしても、インターネット接続サービス事業者を変更するだけになるので、場合によっては回線工事も必要ありません。

谷

移行先が既存のものに対応しているか確認してみましょう。

Wi-Fiのプロバイダを乗り換える手順

乗り換え 手順

移行手順についてご説明します。

  • 移行先のインターネット接続サービス事業者に申し込み
  • 現在使用しているインターネット接続サービス事業者を解約する
  • ルーターをレンタルしている場合は返却する

大まかな移行手順は上記の通りです。

手順がそこまで多くないことがわかりますね。

谷

以下で詳細をご紹介します。

乗り換え先のプロバイダに申し込み

プロバイダ 申し込

移行先に申し込みを行います。

多くの場合がWEB申し込みになりますが、場合によっては家電量販店などの店頭での申込みが対応しているプロバイダーもあります。

どちらで申し込んでも、問題ありません。

ただ、WEB申し込みが不安だという方は、店員さんのサポートが受けられる家電量販店を選択するのも良いでしょう。

WEB申し込み自体は入力項目も少なく、いつでも申し込めるので操作に不安がないという方はWEB申し込みがおすすめです。

谷

待ち時間が発生することもないので、申し込みにかかる時間もかなり短縮できますね。

WEBから申し込むと、申し込みから3日~1週間程度で利用可能になることがほとんどです。

現在使用しているプロバイダを解約する

プロバイダ 解約

次に、現在契約しているプロバイダのサービスを解約する段階に進みます。

WEBから解約を完了させられる場合もありますが、電話受付のみという場合もあります。

その場合、解約書類を受託に郵送し、記入してから返送するという流れになるでしょう。

谷

解約完了までにかかる時間は1~3日程度だと理解しておいてくださいね。

ルーターをレンタルしている場合は返却する

レンタル 返却

一般的に、レンタル品は解約時に返却となります。

中継端末などを借りている場合、必ず返却が必要になります。

谷

解約連絡の際にレンタル品返却にかかる送料はどちらが負担するものかも合わせて確認しましょう。

Wi-Fiのプロバイダを乗り換える際の注意点

乗り換え 注意点

プロバイダを乗り換える際に3つの注意点があります。

谷

滞りなく移行するために欠かせないポイントになるので、事前にチェックしておきましょう。

通信速度が不満な場合は解約前に改善法を試す

解約前 改善点

通信速度に不満がある場合、解約前に改善方法を試して見ましょう。

回線速度が遅い原因がどこにあるのかがわからないためです。

ルーターの電源を切り再起動させてみたり、接続部分が抜けそうになっていないかなど改善方法は様々です。

また、端末のWi-Fi設定を切り、繋ぎ直すことで回線速度が改善する場合も少なくありません。

いろいろな方法を試しても回線速度が改善しない場合に、プロバイダの変更を検討しましょう。

谷

まずは何が原因となっているのか、確認してみてくださいね。

現在使用しているプロバイダーの解約金・残債を調べる

端末 残債

既存で契約しているプロバイダの解約金や残債を必ず調べるようにしましょう。

各社のプランによって異なりますが、途中解約時にかなりの金額が発生するケースも少なくありません。

解約金や残債を確認せずに、思ったよりも高い金額を請求されてしまったという方も多くいます。

谷

残債がどれくらい残っているのか、今解約したらいくらかかるのかを必ず確認してくださいね。

プロバイダーのメールアドレスは利用できなくなる

プロバイダ メールアドレス

解約をした場合、プロバイダが提供しているメールアドレスは利用できまくなります。

現在、プロバイダが提供しているメールアドレスを主要としている方は注意が必要ですね。

谷

解約を行う前に、ログインアカウント情報などは別のものへ変更しておきましょう。

  • 固定回線:通信速度やデータ容量を気にしたい人向け
    ホームルーター:手軽にWi-Fiを利用したい人向け
    ポケット型Wi-Fi:利用料金を安く抑えたい人向け

乗り換え先のWi-Fiは3タイプ

乗り換え Wi-Fi 3タイプ

乗り換え先となるWi-Fiは3つに分けられます。

谷

タイプごとに特徴があるので、自分が使用したい状況に合致するものを選択してくださいね。

固定回線:通信速度やデータ容量を気にしたい人向け

光回線

固定回線は通信速度が安定して速く、データ無制限プランがほとんどです。

回線速度やデータ通信量を気にせずインターネットを楽しみたいという方に向いているでしょう。

デメリットとしては回線工事を必要とするので開通工事費が別途発生したり、利用開始まで1~3ヶ月程度の時間がかかる点です。

谷

急ぎでWi-Fiを使いたいという場合には向かないので、スケジュールに余裕があるか確認してみてくださいね。

ホームルーター:手軽にWi-Fiを利用したい人向け

ホームルーター

ホームルーターはコンセントを挿すだけでWi-Fiが使える便利なアイテムです。

回線工事などをすることなく手軽にWi-Fiを利用したいという方に向いているでしょう。

セットアップもかなり簡単なので、機械の操作に自信がない方も問題ありません。

デメリットとしては、固定回線と比較すると回線速度が劣るという点にあります。

ポケット型Wi-Fiのようにどこでも持ち運べる訳ではないのに固定回線より速度が劣るので、急にWi-Fiが必要になり自宅でしか使わないという前提条件下でおすすめになります。

谷

ポケット型Wi-Fiと固定回線の間のような位置付けなので、両者と比較すると需要は少なめになるでしょう。

ポケット型Wi-Fi:利用料金を安く抑えたい人向け

モバイルルーター 

ポケット型Wi-Fiは利用料金を安く抑えたい方に最適です。

開通工事が必要なく、端末を受け取った時からWi-Fiの利用を開始できるというのも大きなメリットといえるでしょう。

また、対応エリア内であれば持ち運んで利用できるというのも嬉しいですよね。

出張先などの外出時にも大活躍です。

デメリットは固定回線やホームルーターと比較すると回線速度が劣り、接続台数も控えめです。

谷

一人暮らし、もしくは少数での同居で、大量のデータ通信を消費するような作業をしない方に向いているでしょう。

【タイプ別】乗り換え先におすすめなWi-Fi

乗り換え おすすめ 光回線

乗り換え先におすすめなWi-Fiをご紹介します。

谷

特徴や月額料金もあわせてご紹介しますので、自分の条件に合うものを探してみてくださいね。

乗り換え先におすすめの固定回線3選

タイプ別 乗り換え おすすめ

乗り換え先におすすめの固定回線をご紹介します。

谷

現在固定回線を使っているという方は、こちらの中から検討するのが良いでしょう。

回線速度が安定して速いものばかりなので、どの回線もおすすめです。

NURO光:高速回線で動画もゲームの楽しめる

NURO光の最大の特徴は回線速度の速さにあります。

動画やデータ通信を多く使うようなゲームでもサクサク動いてくれるでしょう。

実質料金5217円
初期費用基本工賃44000円
データ容量無制限
通信速度下り最大:2Gbps
提供エリアHPより確認
縛りなし

NURO光は回線速度がとにかく速く、他社と比較してもダントツです。

ベストエフォートにはなるものの、2Gbpsのデータ通信速度は他社にはない特徴ですね。

基本工賃は44000円となっていますが、キャンペーンなどを利用することで実質負担が無料になる場合もあるのでお得ですよね。

不定期的に開催しているので、乗り換え前にHPをチェックしてみましょう。

谷

回線速度がとにかく速いものを探しているという方におすすめの固定回線です。

 

ソフトバンク光:ソフトバンクユーザーにおすすめなマンション可能モデル

ソフトバンクユーザーであればかなりお得に使えます。

ソフトバンクが提供しているサービスなので、スマホの月額料金から1000円安くして貰えます。

ソフトバンクユーザーであればこちらがおすすめ。

実質料金マンション4300円
初期費用基本工賃26400円
データ容量無制限
通信速度下り最大:1Gbps
提供エリアHPを確認
縛りなし

ソフトバンクが提供しているソフトバンク光は、スマートフォンと提携した値引きサービスなどを頻繁に行なっています。

例えば、4人家族で全員がauユーザーだった場合、全員分のスマートフォンから1000円ずつ値引かれることになります。

合計で4000円の値引きになるのでかなりのお得感ですよね。

基本工賃や事務手数料が無償になることもあるので、かなりお得感がありますね。

もちろん、固定回線なので回線速度は申し分ありません。

谷

ソフトバンクでスマートフォンを契約している方は、かなりお得になるのでソフトバンク光を検討してみましょう。

auひかり:auスマホと合わせればお得に利用可能

auのスマートフォンを持っている方は、au光を検討しましょう。

スマートフォンの料金から1000円ほど値引いてくれるので、かなりお得に使えます。

実質料金戸建て5610
初期費用工事費用41250円
データ容量無制限
通信速度下り最大:1Gbps
提供エリア47都道府県のうち36都道府県の対応が可能
縛りなし

auひかりはauのスマートフォンを使っている方におすすめの固定回線です。

スマートフォンの料金から1000円値引くことになるので、かなりお得ですよね。

ソフトバンク光の場合と同じように、4人家族で全員がauユーザーだった場合、全員分のスマートフォンから1000円ずつ値引かれることになります。

谷

合計で4000円の値引きになるのでかなりのお得感ですよね。

もちろん固定回線なので、回線速度は申し分ないでしょう。

auユーザーの方は、ぜひ検討してみてくださいね。

auひかりの評判は?どんな人におすすめ?初心者にもわかりやすく徹底解説
auひかりの評判やプロバイダについて紹介します。インターネット通信の速度やサポート面が良いと評判です。また、多くのプロバイダから選べることやauスマートバリューが利用できるなどの特典も充実していると評価されています。

乗り換え先におすすめのホームルーター2選

Wi-Fi プロバイダ

ホームルーターはコンセントを挿すだけでWi-Fi通信を利用できる便利なアイテム。

谷

そんなホームルーターを2種類ご紹介します。

ソフトバンクエアー:ホームルーターの代表モデル

ソフトバンクエアーは置き型ホームルーターの中でもかなり人気がある商品です。

ソフトバンク光同様、ソフトバンクユーザーのスマートフォンから値引きを行なってくれるので、お得感がありますよね。

実質料金5368円
初期費用契約事務手数料3300円
データ容量無制限
通信速度下り最大:962Mbps
提供エリアHPを確認
縛りなし

ソフトバンクユーザーで置き型のホームルーターを検討している場合、こちらのソフトバンクエアー がおすすめ。

ソフトバンク光と同じように、スマートフォン料金から値引いてくれるので、ソフトバンクユーザーのメリットはかなり大きいと言えるでしょう。

コンセントに挿すだけという手軽さもかなり魅力的ですよね。

デザインもかなりシンプルなので、インテリアの邪魔をすることもありません。

 

谷

ソフトバンクユーザーの置き型ホームルーターはソフトバンクエアーが良いでしょう。

WiMAX:ホームルーターでも速度重視で楽しみたい人向け

WiMAXのホームルーターは速度重視の方におすすめです。

ホームルーターでも速い回線速度で利用したいという方は、こちらを検討しましょう。

実質料金3890~6006円
初期費用契約事務手数料3300円
データ容量7GB〜無制限
通信速度下り最大558Mbps
提供エリアHPを確認
縛り3日で10GB

ホームルーターはコンセントを挿すだけで利用できるとても便利なアイテムですが、回線速度は固定回線に劣ってしまいます。

しかし、WiMAXのホームルーターは固定回線に負けないほどの回線速度を誇ります。

パソコンのデータ処理や、高画質を要するオンラインゲームなどにも対応できるほどの、回線速度が期待できるでしょう。

WiMAXは提供しているプロバイダーが23社あり、料金もプロバイダーごとに異なります。

谷

予算に合ったプロバイダーを選択しましょう。

【2022年最新】UQ WiMAXはおすすめできない?違約解約金やメリット・デメリット
UQ WiMAXには違約解約金があるの?UQ WiMAXでWi-Fiが繋がらないって評判は本当?UQ WiMAXを契約する際のメリットやデメリット、人気おすすめのポケットWi-Fiについてご紹介します。乗り換えを検討されている方にも読んでいただきたい内容です。

乗り換え先におすすめのポケット型Wi-Fi6選

モバイルWi-Fi

乗り換え先におすすめのポケット型Wi-Fiを5つご紹介します。

谷

外出先でもWi-Fiを利用したいという方は、こちらを検討してみましょう。

Mugen WiFi:とにかくリーズナブルに利用したい人向け

MugenWi-Fi最大のメリットは、その価格の手頃さにあります。

月額4500円〜6000円になることが多いWi-Fi利用料が、3438円からとかなりの安さ。

費用を抑えたい方に最適だと言えるでしょう。

実質料金3718
初期費用契約事務手数料3300円
データ容量100GB
通信速度下り最大150Mbps
提供エリア全国
容量100GB

月額料金の安さは、Wi-Fi全体の中でもトップクラス。

月間100GBという制限があるものの、価格の安さはありがたいですよね。

100Gというデータ容量は、なかなか使いきれないほどの大容量です。

動画やインターネット検索、SNSの利用程度では消費しきるのは難しいでしょう。

普段使い程度であれば、100GBのデータ容量で基本的には問題ありません。

谷

少しでも安く外出先でもWi-Fiを利用したいという方におすすめです。

縛りなしWiFi:縛りなしで契約したい人向け

縛りなしWiFiは、契約期間などの縛りを設けていないWi-Fiです。

契約期間の設定や解約金などが煩わしいという方におすすめ。

実質料金1,057円〜
初期費用3,300円
データ容量10GB・30GB・60GB・90GB
通信速度下り最大150Mbps
提供エリアHPにて確認
縛りなし

縛りなしWiFiで提供されているサービスは、クラウドSIMを採用したポケット型Wi-Fiですので、docomo・au・SoftBankのネットワークを1台で利用できます。

なので、どこでも、インターネットを使いたい方には、縛りなしWiFiはおすすめです。

なんと、契約期間の縛りがないのにもかかわらず、「利用料値引きキャンペーン」から月額料金が値引きされて、一定期間の契約でキャッシュバックがもらえます。

10GBからデータ容量を選択できるので、お試し感覚でポケット型Wi-Fiを使えますし、がっつり使いたい方は、90GBのデータプランを選ぶのも良いかもしれません。

もちろん、最短翌日発送ですので、急遽、ポケット型Wi-Fiが必要になった場合にも嬉しいですね。

谷

Wi-Fiをこの先ずっと契約するかわからないという方や、引越しの可能性があるという方は、縛りなしWi-Fiを検討してみましょう。

 

ZEUS Wi-Fi

複数容量があるプランから選びたいなら、ZEUSWi-Fiがおすすめ。

料金2178円~4708円
初期費用3,300円
データ容量20GB~100GB
通信速度下り最大150Mbps
提供エリアHPにて確認
縛りスタンダードプラン:2年 フリープラン:なし

ZEUSWi-Fiは、大手3キャリアの回線を自動で選んでくれる「クラウドSIM」と呼ばれる技術を採用しているポケット型Wi-Fiです。

データ容量は必要に応じて20~100GBの3種類から選ぶことができ、どのプランも比較的低価格。

また、フリープランは若干の費用がかかるものの、通常プランで発生する10450円の違約金負担が無いため短期間利用であればお得に利用可能です。

谷

端末は最短で翌日発送なので、すぐに必要な方にとっては安心できますね。

ZEUS(ゼウス) Wi-Fiは繋がらない?評判の真実とメリット・デメリット
zeus wifiは月額料金が手頃で対応エリアの広いモバイル Wi-Fiです。20GBから100GBまでという広い料金プランも魅力です。今回は、zeus wifiの評判やメリット・デメリットについてご紹介します。

FUJI WiFi

老舗という安心感と、比較的長期で自分に合った容量のWi-Fiを使いたいならおすすめ。

実質料金お得に使えるレンタルプラン:2,280〜4,980円
気軽に使えるレンタルプラン:3,410〜5,995円
初期費用3,300円
データ容量30GB〜300GB
通信速度下り最大150Mbps
提供エリアHPにて確認
縛りなし

6ヶ月の利用が前提となる「お得に使えるレンタルプラン」と契約期間の縛りがない「気軽に使えるレンタルプラン」の2種類があり、自分の利用環境に合ったプランを選ぶことが可能です。

データ容量は、月に30GBから200GBまで選べる他、1日に使うデータ容量が多いのなら、1日10GB使えるプランもあります。

もし、1日10GBのプランを選択した場合、実質的には、月300GB使える計算となります。価格的には、月200GBのプランと変わらないので、自分の使い方にあわせて選択して下さい。

長期利用を考えている場合は、「お得に使えるレンタルプラン」の方がお得に利用可能です。

多くの初心者からコアなユーザーまで定評が高いFUJI WiFi。一度検討してみては?

谷

短期間でも長期の利用でも、好きな方を選べるのはありがたいですね。

縛りなしで契約したいならリモティーWi-Fi

縛りなしで50GBの大容量をお得に使うならリモティーWi-Fiがおすすめ。

実質料金縛りなしプラン3,575円
縛りありプラン3,828円
初期費用3,300円
データ容量ギガ放題
通信速度下り最大612Mbps
提供エリアHPにて確認
縛り3年もしくはなし

1ヶ月単位で契約可能な縛りなしプランと、3年契約の縛りありプランの2種類があります。

キャンペーン中なので、2021年9月現在では縛りなしプランの方が手頃な月額料金に設定されています。

縛りなしプランと縛りありプランは両方とも50GBなので、縛りなしプランを選ぶ方がお得でしょう。

万が一使い勝手が悪かったり電波が入らなかったりしたらすぐに解約できるので安心ですよね。

谷

Wi-Fiを試してみたい方や、自宅エリアがしっかり対応しているのか不安という方は、ぜひ縛りなしプランを検討してみましょう。

hi-ho Let’s WiFi:データ容量を気にせず使える大容量モデル

データ容量が、超大容量なので通信量を気にすることなく使えます。

データ通信量を気にせずたっぷり使いたい方におすすめ!

プロバイダ名なし
実質料金3278円

4730円

初期費用契約事務手数料3300円
データ容量120GB
通信速度下り最大150Mbps
提供エリアHPを確認
容量※1:ライトプラン

1日の通信量が4GB以上に達した場合、ご使用日の翌々日の送受信が最大128kbpsに制限

※2:通常プラン

1日の通信量が7GB以上に達した場合、使用日の翌々日の送受信が最大128kbpsに制限

データ通信容量が最大プランで210GBもあります。

普通に使っているだけではとても使いこなせない超大容量。

速度制限に悩まされる心配はほとんどないでしょう。

また、大手3キャリアの回線を使うことが可能なので、対応エリアもかなり広めです。

通信速度は下り150Mbps程度もあるので、日常使いであれば問題ないと言えるでしょう。

谷

データ通信量を気にせず、たくさん使いたいという方におすすめです。

Wi-Fiのおすすめ乗り換え先一斉比較表

Wi-Fi 乗り換え おすすめ

上記でご紹介したWi-Fiのおすすめ乗り換え先を一覧にまとめました。

チェックしてみてくださいね。

NURO光

ソフトバンク光au光

ソフトバンクエアー

WiMAX

MugenWiFi

縛りなしWiFi

hi-ho Let’s WiFi

実質料金5217円マンション4300円

戸建5700円

戸建て5610円

マンション3740~5500円

5368円3890~6006円3718円〜1057円〜・3278円
初期費用工事費44000円

手数料3300円

工事費26400円

3300円

工事費用41250円

3300円

3300円3300円3300円3300円3300円
データ容量無制限無制限無制限無制限10GB/3日100GB10~90GB120GB
通信速度下り最大:2Gbps下り最大:1Gbps下り最大:1Gbps下り最大:962Mbps下り最大558Mbps下り最大150Mbps下り最大150Mbps下り最大150Mbps

【失敗しない】Wi-Fiの乗り換え先の選び方

失敗しない Wi-Fi 乗り換え

失敗しないWi-Fiの乗り換え先の選び方をご紹介します。

谷

失敗なく乗り換えるために重要なポイントをしっかり抑えておきましょう。

使用用途に合っているか?

使用用途

使用用途に合致しているかどうかが非常に重要です。

プロバイダや契約する回線によって特徴は大きく異なります。

谷

月に割ける費用がどのくらいなのか、どの程度のデータ量を利用したいのか、外出先でも利用するかどうかなどで最適なものは変わるでしょう。

上記の三項目を整理し、条件に合うものを選択してくださいね。

キャッシュバック・違約金負担などのキャンペーン情報を確認したか?

キャッシュバック

キャッシュバックや違約金負担などのキャンペーン情報は必ず確認しましょう。

プロバイダーではキャンペーンの実施が頻繁に行われており、内容やお得感は毎回異なります。

お得だと思えるキャンペーンの時に乗り換えるのが、一番良いでしょう。

しかし、キャンペーンでお得に契約可能になる分、解約金の負担が通常よりも高額に設定されているケースも少なくありません。

谷

キャンペーンの内容だけでなく解約金や違約金の負担などもしっかり確認しましょう。

ポケット型Wi-Fiの場合は提供エリア内か?

モバイルWi-Fi

ポケット型Wi-Fiの場合、提供エリアかどうかが非常に重要です。

自分が多く利用するエリアを確認し、対応エリアに該当しているのか必ず確認しましょう。多くの場合、HPなどで確認ができるようになっているので、簡単に調べられます。

谷

自身の活動範囲が対応エリアにしっかり含まれているかどうかを確認することで、快適に利用出来るでしょう。

まとめ:Wi-Fiのプロバイダーを乗り換えてお得に利用しよう

まとめ

Wi-Fiのプロバイダーを乗り換えることで、お得になる場合があります。

回線速度が改善したりキャンペーンなどにより月額料金がお得になるなど、乗り換えのタイミングによってもさまざま。

谷

自分の使用シーンや希望にあったものを適切に選定してくださいね。