お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

Wi-Fiおすすめ比較光回線

【2022年最新】光コラボレーションのキャンペーン内容を徹底解説

光コラボレーションにはどんなプロバイダがあるの?
1番いいキャンペーンを受けられるのはどこ?

このように思われる方も多いでしょう。

光コラボレーションはフレッツ光を広く普及させるためにできたものです。

光コラボレーションは、光回線と各事業者オリジナルのサービスを組み合わせて提供されます。

光回線はフレッツ光の品質と変わりませんが、各事業者によって特典やキャンペーンに大きな違いがあるのです。

当記事では、光コラボレーションの2022年5月現在のキャンペーンについて解説します。

この記事を読むことで、1番特典やキャンペーンがいいプロバイダが分かりますよ。

上記について解説します。

\当サイトおすすめの光回線 3選/

サービス名

 

auひかりドコモ光NURO光
月額料金(税込)マンション/4,180円~
一戸建て/5,610円~
マンション/4,400円~
一戸建て/5,720円~
2年契約/5,700円
3年契約/5,200円
工事費用(税込)マンション/33,000円
一戸建て/41,250円
(ネット+電話の申し込みで実質無料)
マンション/16,500円
一戸建て/19,800円
(現在は新規なら無料)
44,000円
(36ヵ月で実質無料)
初期費用(税込)3,300円3,300円3,300円
通信速度(下り最大)1Gbps1Gbps2Gbps
詳細auひかりの詳細を見るドコモ光の詳細を見るNURO光の詳細を見る
目次 INDEX
  1. そもそも光コラボレーションとは?キャンペーン内容の前に基礎情報を確認
    1. フレッツ光回線を各プロバイダが借り受けて展開するサービス
    2. 光コラボレーションとフレッツ光との違い
    3. フレッツ光からの転用も可能
  2. 光コラボレーションの選び方|キャンペーン以外の選定ポイントを3つ紹介
    1. 月額料金ができるだけ安いものを選ぶ
    2. スマホとのセット割があるものを選ぶ
    3. 評判がよく信頼性の高いものを選ぶ
  3. 光コラボレーションの中でのおすすめは?キャンペーン内容を元に5つ紹介
    1. GMOとくとくBB×ドコモ光:docomoユーザーにおすすめ
    2. NNコミュニケーションズ:auユーザーにおすすめ
    3. SoftBank光:SoftBankユーザーにおすすめ
    4. 楽天ひかり:楽天モバイルユーザーにおすすめ
    5. enひかり:UQモバイルユーザーにおすすめ
  4. 光コラボレーションのキャンペーンには罠もある?契約時の注意点を3つ紹介
    1. キャンペーンにも適応条件があるものが存在する
    2. 解約違約金や工事費の残債を払わなければならないことがある
    3. 新規契約先によっては電波の提供エリアが限定される場合もある
  5. 光コラボレーションの高額キャッシュバックには罠がある?注意点を3つ確認
    1. キャッシュバック金額の相場を理解しておく
    2. キャッシュバックが適応される条件を確認しておく
    3. キャッシュバックが振り込まれる時期を理解しておく
  6. 光コラボレーションのキャンペーンに関するよくある質問
    1. 光コラボの中で悪質業者は存在する?
    2. 光コラボをおすすめしない人ってどんな人?
    3. 光コラボの中で1番月額料金が安いところはどこ?
  7. 光コラボレーションの転用先はキャンペーン内容だけで選ばないようにしよう
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

そもそも光コラボレーションとは?キャンペーン内容の前に基礎情報を確認

プラン

「光コラボレーションって結局なに?」と思われる方も多いでしょう。

キャンペーンについて解説する前に、光コラボレーションの基礎情報について知っておきましょう。

・フレッツ光の回線を各事業者が借り受けている
・光コラボレーションとフレッツ光の違い
・フレッツ光からの転用も可能
上記について解説します。

フレッツ光回線を各プロバイダが借り受けて展開するサービス

フレッツ光はかなり大規模な光回線サービスで、光コラボレーションとはフレッツ光回線を各プロバイダが借り受けて展開するサービスのことを指します。

需要が高く評判もいいことから「もっと多くの方にフレッツ光を使ってほしい」という背景があり、「光コラボレーション」というサービスを拡大させました。

各プロバイダはフレッツ光の品質が高い回線・プラスαでキャンペーンや特典などのサービスを提供しているのです。

光コラボレーションとフレッツ光との違い

光コラボレーションとフレッツ光の大きな違いとして光コラボレーションは回線とプロバイダが一体化されていることがあります。

フレッツ光は回線のみの提供で、プロバイダを別に契約する必要がある一方で、光コラボレーションは光回線とプロバイダが一体型になっているため、プロバイダを別途契約する必要がありません。

要するに光コラボレーションは、1回の契約で全てが完結するということです

その他では

  • 光コラボレーションの方が月額料金をおさえられることが多い
  • 自分のスマホとセット割ができる

このような点もありますよ。

・光コラボレーションは回線とプロバイダがセット
・光コラボレーションの方が比較的安い
・スマホとセット割ができる

フレッツ光からの転用も可能

現在フレッツ光を契約している方でも、光コラボレーションに転用できます。

転用する場合、原則工事は不要なので手続きにあまり手間がかかりません。

転用の手順として

  1. フレッツ光の「お客様ID」と「ひかり電話の番号」を手元に用意
  2. 「転用承諾番号」をフレッツ光に発行してもらう
  3. 転用先の光コラボレーションと契約

このようになります。

転用しても「お客様ID」と「ひかり電話の番号」は引き続き利用できますよ。

注意すべき点は「転用承諾番号」の有効期限が15日ということです。

15日以上経ってから転用しようとしても、転用承諾番号が無効になっているので初めからやり直さないといけません。

そのため先に転用先の光コラボレーションをどれにするか決めておいて、時間を作っておくといいですね。

・転用では原則工事が不要
・転用は電話で完結

光コラボレーションの選び方|キャンペーン以外の選定ポイントを3つ紹介

費用

光コラボレーションを選ぶ際、キャンペーン以外に注目すべきポイントについて解説します。

回線はどの事業者でも同じなので、下記を参考に選ぶといいですよ。

・月額料金ができるだけ安いものを選ぶ
・スマホとセット割があるものを選ぶ
・評判がよく信頼性が高いものを選ぶ
上記について解説します。

月額料金ができるだけ安いものを選ぶ

光コラボレーションはフレッツ光の回線を借りているため、回線品質には変わりがありません。

そのため最も注目すべきなのは「月額料金の安さ」です。安い事業者で2,000円台、高い事業者で4,000円台というように、事業所によって月額料金に大きな差があります。

同じ回線を使っているのに、契約した事業者よりも安いところがあると損しますよね。

しかし、各事業者には契約期間があり、契約期間中に解約すると解約違約金を支払わなければならなくなるため、契約する前に入念に比較検討する必要があります。

まずは月額料金がどれだけ安いかを見てみましょう。

スマホとのセット割があるものを選ぶ

月額料金の次に大切なのが「スマホとセット割」です。

月額料金が安い場合でも、スマホとのセット割を加味すると高かったという場合もあります。

自分が使っているスマホにセット割が対応している事業者を選ぶと、月額料金をもっと安くできますよね。

スマホのプランにもよりますが、1人あたり1,000円ほど安くなる場合もありますよ。また、同じ携帯会社のスマホを利用している家族も割引の対象になるため、家族のスマホ料金割引も加味して検討しましょう。

評判がよく信頼性の高いものを選ぶ

いくら月額料金が安くても、評判があまりにも悪いと不安ですよね。

電話対応が悪かったり、開通までに長期間待たされたりする場合も考えられます。

本当に困ったときに適切な対処をしてもらえないと、不満がつのりますよね。

たくさんの方が利用していて、信頼性が高い口コミが多い事業者を選ぶことをおすすめします。

 

当サイトおすすめの回線を見る

光コラボレーションの中でのおすすめは?キャンペーン内容を元に5つ紹介

レビュー

実際に光コラボレーションでおすすめの事業者を一覧で5つご紹介します。

光コラボレーションは事業者数も多く、1人で探すとなるとかなり大変ですよね。

また、2022年5月現在に開催しているキャンペーンやスマホのセット割、その他情報も加味してまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

上記について解説します。
・月額料金
・通信速度(実測値)
・キャンペーン
・セット割

GMOとくとくBB×ドコモ光:docomoユーザーにおすすめ

GMO

比較項目内容
月額料金戸建て:5,720円(税込)
マンション:4,400円(税込)
通信速度
引用:みんそく
朝:461.76Mbps
昼:460.18Mbps
夜:316.47Mbps
キャンペーン・新規の場合、工事費無料
・ホームページ限定20,000円キャッシュバック
違約金20,000円還元
・2,000dポイント(用途・期間限定)
・訪問サポート無料
・v6プラス対応Wi-Fiルーターのレンタルが無料
・セキュリティサービス1年間無料
セット割docomoユーザー
110円~1,760円(スマホのプランによって変動)

GMOとくとくBB×ドコモ光(GMO光アクセス)は、キャンペーンが豊富にありますね。ドコモ光公式のキャンペーンと事業者オリジナルのキャンペーンを併用できるため、多くのキャンペーンを申し込むことができます。

ホームページから申し込むと追加でオプションに加入せずに20,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

また、実質速度も申し分なく、docomoユーザーならスマホのセット割も可能です。スマホプランによっても異なりますが、110円〜1,760円が毎月割引きされます。

2,000dポイントがもらえるのは、docomoユーザーにとって嬉しいですよね。

キャンペーンはホームページ限定のものが多かったので、申し込みはホームページからがおすすめです。

 

NNコミュニケーションズ:auユーザーにおすすめ

NN

比較項目内容
月額料金戸建て
1年目:5,610円(税込)
2年目:5,500円(税込)
3年目:5,390円(税込)
マンション
3,740~5,500円(税込)
通信速度
引用:みんそく
朝:473.74Mbps
昼:565.19Mbps
夜:420.94Mbps
キャンペーンNNコミュニケーションズ
・戸建て:35,000円キャッシュバック
・マンション:40,000円キャッシュバック
プロバイダ
・20,000~25,000円キャッシュバック
KDDI
・最大30,000円キャッシュバック
・最大25,000円上乗せキャッシュバック
・初期費用を毎月割引で実質無料
セット割auユーザー(auスマートバリューに加入)
ピタッとプランは割引対象外
550円~2,200円割引

NNコミュニケーションズはキャッシュバックがかなり高額です。事業者オリジナルのキャッシュバックも高額ですが、さらにKDDI公式のキャンペーンも併用できるため、60,000円ほどのキャッシュバックを受け取ることが可能です。

また、NNコミュニケーションズ・プロバイダ・KDDIの3社のキャッシュバックを同時に受けられます。

オプション契約の必要もなく、申請は契約時の電話・振込まで1ヶ月とかなりお得ですよ。他の光回線では開通から12ヶ月後に振り込まれるケースも多々あるため、非常に早く振り込まれることがわかります。

auスマートバリューに加入することで、スマホのセット割も受けられます。

auユーザーにはおすすめの事業者です。

SoftBank光:SoftBankユーザーにおすすめ

ソフトバンク

比較項目内容
月額料金戸建て:5,720円(税込)
マンション:4,180円(税込)
通信速度
引用:みんそく
朝:358.56Mbps
昼:364.46Mbps
夜:305.74MBPs
キャンペーン

・工事費実質無料
乗り換え違約金満額還元(最大10万円)

セット割SoftBankユーザー
永年1,100円割引

SoftBank光は月額料金が比較的高く、スマホのセット割も均一ですね。一方で、利用する月日が経つにつれて月額料金が上がることがないため、安心して利用できます。

乗り換えの違約金が最大10万円還元とかなり高額ですが、キャッシュバックはありませんが、ソフトバンクのスマホを利用している方は、スマホ割が適用されて、永年毎月1,100円割引きされます。

Softbankにこだわりがある方にはおすすめですが、他社と比較して決めましょう。

楽天ひかり:楽天モバイルユーザーにおすすめ

楽天ひかり

比較項目内容
月額料金戸建て:5,280円(税込)
マンション:4,180円(税込)
通信速度
引用:みんそく
朝:318.7Mbps
昼:290.98Mbps
夜:231.63Mbps
キャンペーン楽天モバイルとセットで1年間無料
セット割楽天モバイルとセットで1年間無料

楽天ひかりは楽天モバイルを使っている方にとって、とてもお得な光回線ですね。楽天モバイルを利用している方は、回線費用を1年間無料にすることができます。

しかし、キャッシュバックや違約金還元がないのは少し残念です。

ですが光回線の料金を1年間払わなくていいのは、キャッシュバックや違約金還元にも劣らないキャンペーンといえるでしょう。

楽天モバイルを使っている方は迷わず楽天ひかりにしましょう。

enひかり:UQモバイルユーザーにおすすめ

enひかり

比較項目内容
月額料金戸建て:4,620円(税込)
マンション:3,520円(税込)
通信速度
引用:みんそく
朝:422.07Mbps
昼:322.13Mbps
夜:327.18Mbps
キャンペーンなし
セット割UQモバイル・ahamo・povoユーザー
110円/月割引

enひかりは光コラボレーションのなかでも最安値を宣言しています。
確かに月額料金が安いですよね。マンションタイプの場合3,000円台となっているため、他の光回線より1,000円ほど安く利用できます。

さらに契約期間の縛りがなかったり、無料Wi-Fiレンタル(3泊4日)サービスがあったりします。縛りがないため、短期間だけ利用したい方や、いつ引っ越しをするかわからないという方でも安心して利用できます。

速度も十分にありますし、少額ですがスマホのセット割もありますね。

キャンペーンは残念ながらありませんが、月額料金の安さをみると仕方がない気もします。

enひかりはかなり安いので、他社のスマホを使っていても検討対象になるでしょう。

光コラボレーションのキャンペーンには罠もある?契約時の注意点を3つ紹介

携帯

光コラボレーションのキャンペーンには注意しなければならない場合があります。

事業者も契約してほしいからキャンペーンを多くしますが、事業者にとってはできればキャッシュバックはしたくないものなのです。

そこで注意すべき点3つを解説します。

・キャンペーンにも適応条件があるものが存在する
・解約違約金や工事費の残債を払わなければならないことがある
・新規契約先によっては電波の提供エリアが限定されている場合もある
上記について解説します。

キャンペーンにも適応条件があるものが存在する

キャッシュバックや違約金の還元などに、適応条件がある場合もあります。

「最大○○円」と記載がある場合は適応条件がある可能性が高いです。

「オプションに加入で~」というパターンがかなり多いですよ。

キャッシュバックがもらえても、適応条件によってかなり少額になる場合・オプション料金で月額料金がかなり高くなってしまう場合も考えられます。

大抵はキャンペーン詳細の部分で小さい字で注意書きがしてありますので、くまなく読みましょう。キャッシュバックについて少しでも疑問がある場合は、契約する前に事業者に直接問い合わせて解決しておくことをおすすめします。

解約違約金や工事費の残債を払わなければならないことがある

フレッツ光から光コラボレーションに「転用」する場合、ほとんどが解約金を払わないでいいと言われています。

ですが、フレッツ光は回線のみの提供で別にプロバイダと契約していますよね。

その場合はプロバイダの解約違約金を払わなければならないことがあります。

またフレッツ光で開通工事をした際に、毎月の分割で支払っている場合一括での支払いを求められる場合もありますよ。

時と場合によって払う・払わない場合がありますので、フレッツ光やプロバイダ会社に確認してみましょう。

新規契約先によっては電波の提供エリアが限定される場合もある

電波の提供エリアが限定されていると、自分が使いたい場所では電波が入らず使えないこともあります。

フレッツ光の回線を借りているので、どの事業者でもフレッツ光の電波が入らない場所では使えないということですね。

契約する前に自分の住所を問い合わせ窓口に伝えて、本当に電波が入るかを確認しておきましょう。電波が届かない場合は、ポケット型Wi-Fiやその他Wi-Fiサービスの契約を検討する必要があります。

 

当サイトおすすめの回線を見る

光コラボレーションの高額キャッシュバックには罠がある?注意点を3つ確認

キャンペーンのなかでも高額キャッシュバックについての注意点について解説します。

・キャッシュバック金額の相場を理解しておく
・キャッシュバックが適応される条件を確認しておく
・キャッシュバックが振り込まれる時期を確認しておく
上記について解説します。

キャッシュバック金額の相場を理解しておく

キャッシュバック金額の相場を知っておくことで、あまりにも低いキャッシュバックではないかを理解できますよね。

キャッシュバックの相場は10,000~30,000円ほどです。5,000円ほどのキャッシュバックをしている事業者もありますが、相場と比べて低いため、キャッシュバックを理由にその事業者を選ばないことをおすすめします。

キャッシュバックを比較するときの参考にしてくださいね。

キャッシュバックが適応される条件を確認しておく

キャッシュバックが適応される条件も確認しておきましょう。

例えば「オプション加入で~」「〇ヶ月後に届くメールで申請」など条件が細かく設定されている場合があります。

申請しなければ受け取れない可能性があるので、注意書きをよく見ておきましょう。

キャッシュバックが振り込まれる時期を理解しておく

キャッシュバックが振り込まれる時期も大切なポイントですよね。

キャッシュバックは早くて1ヶ月、遅いと6カ月近くかかる場合もあります。振り込みが遅い場合、手続きを忘れてキャッシュバックがもらえないというケースもあるため注意が必要です。

「1ヶ月で振り込まれると思っていたのに」となる前に、ホームページや問い合わせで聞いておきましょう。

 

当サイトおすすめの回線を見る

光コラボレーションのキャンペーンに関するよくある質問

最後によくある質問について解説します。

・光コラボの中で悪質業者は存在する?
・光コラボをおすすめしない人ってどんな人?
・光コラボで1番月額料金が安いのはどこ?
上記について解説します。

光コラボの中で悪質業者は存在する?

光コラボ自体に悪質業者が存在すると言われている理由として

  • 勧誘電話がしつこくかかってくる
  • NTTに装って電話をかけてくる

上記のような点が挙げられます。

特に勧誘電話から申し込むメリットはないので、もし電話がかかってきても「必要ありません」ときっぱり断りましょう。

光コラボをおすすめしない人ってどんな人?

光コラボをおすすめしない人は

  • すでに安い光回線を使っている
  • フレッツ光の電波が弱い場所で使う

上記のような人です。

光コラボはフレッツ光を使っている人にとっては安くなるのでメリットがあります。

ですが光コラボより安い光回線はあります。

光コラボの月額料金を見たうえで現在の光回線と比べてみましょう。

光コラボの中で1番月額料金が安いところはどこ?

光コラボでの最安値は上記でも紹介した「enひかり」です。

戸建て:4,620円(税込)、マンション:3,520円(税込)と光コラボの中では最安値ですね。

契約期間の縛りもなくWi-Fiレンタルも行っているので、検討するには十分ですね。

 

当サイトおすすめの回線を見る

光コラボレーションの転用先はキャンペーン内容だけで選ばないようにしよう

当記事では光コラボレーションのキャンペーンや各社の比較について解説しました。

結論キャッシュバックが1番多いのは「NNコミュニケーションズ」
月額料金最安値は「enひかり」でした。

キャンペーンは重要ですが、1番負担になる「月額料金」に焦点を当てて会社を選ぶといいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトおすすめの回線を見る