機種・端末

タウンWi-Fiの評判は?安全性や使い方・繋がらない場合の対処法

本記事では外出先でWi-Fiを使いたい方やタウンWi-Fiが気になっている方に向けて、タウンWi-Fiの概要や特徴、メリット・デメリットを解説して、タウンWi-Fiを安全に使う方法などについて紹介していきます

タウンWi-Fiって使いやすいのかな?

外出先で通信料を節約するなどの目的で、フリーWi-Fiを利用する方はかなりいます。

しかし、下準備をしないままフリーWi-Fiを利用しようと思うと、ログイン情報が求められて接続できないといったことが多いです。

この問題を解消してくれるのがタウンWi-Fiで、これがあればフリーWi-Fiに簡単に接続できてかなり便利です。

谷

タウンWi-Fiのメリット・デメリット、安全性に触れた上で、タウンWi-Fiを安全に利用する方法を紹介します。

この記事で分かること
・タウンWi-Fiの概要
・タウンWi-Fiを導入するメリット・デメリット
・タウンWi-Fiを安全に利用する方法

タウンWi-Fiとは?

タウンWi-Fi

出典:タウンWi-Fi公式サイト

フリーWi-Fiというものが登場してから、自宅以外でインターネットを使う際に、フリーWi-Fiを接続してインターネットを利用する方が増えました。

タウンWi-Fiはそういった方向けに作られた、街中にあるフリーWi-Fiに自動的に接続して使うことのできるアプリで、老若男女関係なく多くのユーザーにおすすめです。

接続にログインが必要なフリーWi-Fiの多くを、パスワードなど必要なしに接続できる点が特徴的です。

谷

具体的にタウンWi-Fiがどういったものなのか、以下の表にまとめました。

タウンWi-Fi
運営会社GMOタウンWi-Fi株式会社
サービス開始年2015年
利用可能なOSiOS、Android、Mac
料金無料

タウンWi-FiはGMOグループの1つのGMOタウンWi-Fi株式会社が運営しているサービスです。

タウンWi-Fiの運営のために2015年に設立された企業で、東京都渋谷区に本社を構えており、従業員数23名という小規模な人員の中で、タウンWi-Fiの開発・運営に尽力しています。

設立されたその年にサービスがすぐに開始され、それから6年しか経っていませんが、すでにタウンWi-Fiのアプリのダウンロード数は1,000万を突破しています。

谷

それほどまでにタウンWi-Fiのニーズは高く、優れた評価を獲得しています。

このタウンWi-Fiが利用できるOSはiOSやAndroid、Macとなっていて、Windowsの持ち運びできるノートPCには使えないものの、スマホやタブレットなど持ち運びできるデバイスの多くでアプリの使用が可能です。

iPhoneなどのApple StoreやAndroidスマホのGoogle Playなどで検索をかけるとすぐにヒットするので、アプリをダウンロードして使ってください。

料金は全て無料で使えて課金要素も特にないので、誰でも自由に使えることができます。

谷

無料で使えるサービスだからこそ、1,000万ものダウンロードを突破できるほどの優良サービスとして知られるようになったと言えます。

タウンWi-Fiを使う3つのメリット

タウンWi-Fi 2

谷

タウンWi-Fiを使うメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • ・フリーWi-Fiに自動で接続してくれる
  • ・アプリ操作も必要なし
  • ・自動接続したいWi-Fiのリクエストも可能

1つずつみていきます。

メリット1.フリーWi-Fiに自動で接続してくれる

タウンWi-Fi 3

谷

タウンWi-Fiは、街中のフリーWi-Fiに自動で接続してくれます。

フリーWi-Fiに接続する時、通常は設定画面が表示されてログイン操作をしたり、会員登録をしたりする必要があることが多いです。

フリーWi-Fiに接続したことのある方にとっては、経験があると感じた方も多いのではないでしょうか。

しかし、タウンWi-Fiを導入していればこれらの操作を一切せずに自動でWi-Fiに接続できるのでかなり便利です。

メリット2.アプリ操作も必要なし

タウンWi-Fi 4

タウンWi-Fiは、フリーWi-Fi接続時に特別な操作も必要ありません。

タウンWi-Fiというアプリが用意されている以上、このアプリを起動して通常とは違う流れでWi-Fi接続を行うことをイメージする方も少なからずいます。

実際には、タウンWi-Fiのアプリを立ち上げて何か操作を行うようなことはありません。

谷

タウンWi-Fiに対応しているフリーWi-Fiであれば、フリーWi-Fiが提供されているスポット内に入るだけで自動的にWi-Fiに接続される仕組みとなっています。

ちなみに、タウンWi-Fiに対応しているフリーWi-Fiとしては以下のものが例として挙げられます。

  • ・Wi2_Free
  • ・FreeSPOT
  • ・USENSPOT
  • ・イオンWi-Fi
  • ・マツモトキヨシWi-Fi
  • ・ドンキホーテWi-Fi
  • ・ファミリーマートWi-Fi
  • ・マクドナルドWi-Fi
  • ・スターバックスWi-Fi

他にも多くの種類の飲食店や家電量販店、大型ショッピングモール施設などのフリーWi-Fiに対応しているので、普段よく行く店舗のWi-Fiが対応しているかどうかチェックしてみてください

自動接続したいWi-Fiのリクエストも可能

タウンWi-Fi 5

自動接続したいWi-Fiをリクエストできる機能がアプリ内に搭載されています。

初めはタウンWi-Fiで接続できるフリーWi-Fiの数はあまり多くありませんでしたが、それをきっかけにタウンWi-Fiで接続できるフリーWi-Fiの数が一気に増えていきました。

谷

この機能があれば、今後新しい店舗やチェーン店が登場したとしても、ユーザーからのリクエストが手厚ければタウンWi-Fiで接続できるようになります。

接続できるWi-Fiのスポットが追加されれば、全体で通知が届くようになっているので、そういった情報をチェックしておくと、うまくタウンWi-Fiを使いこなせるようになります。

注意!タウンWi-Fiの3つのデメリット

タウンWi-Fi 6

一方で、タウンWi-Fiを使うデメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • ・セキュリティの低いWi-Fiにも接続される
  • ・フリーWi-Fi事業者の利用規約が確認できない
  • ・通信速度はフリーWi-Fiに依存する

1つずつみていきます。

  • セキュリティの低いWi-Fiにも接続される

タウンWi-Fi 24

谷

タウンWi-Fiではセキュリティの低いWi-Fiにも接続されやすいです。

そもそもフリーWi-Fiはかなり便利なのですが、スマホなどの回線と違って、暗号化されていない可能性が高いものが多いです。

フリーWi-Fiを接続している状態というのは、簡単に言うとそのWi-Fiルーターで接続者全員が繋がっている状態で、お互いのスマホなどの情報に干渉することができます。

そうなるとどうしても安全性にはかけてしまうので、セキュリティ面に不安が残ります。

タウンWi-FiによってフリーWi-Fiに接続しやすくなったということは、ある種そのリスクを助長させていると捉えられなくもないです。

そういったリスクを理解した上で、フリーWi-Fiを利用するようにしてください。

フリーWi-Fi事業者の利用規約が確認できない

タウンWi-Fi 7

フリーWi-Fi事業者の利用規約は、タウンWi-Fiでは確認できません

フリーWi-Fiに接続する時、通常はログインすると同時にフリーWi-Fiの利用規約の同意が求められます。

その利用規約を確認して、それに沿って適切な形でフリーWi-Fiを利用すれば問題ありません。

しかし、タウンWi-Fiは自動でフリーWi-Fiに接続するため、接続先の利用規約を確認できないことから、知らない間に規約違反を犯していたということも十分にあり得ます。

もし利用規約に厳しいフリーWi-Fiの情報を察知する機会があれば、Wi-Fiの接続設定画面から自動接続したくないWi-Fiの接続設定を削除することで自動接続を防止できます。

谷

安全性に意識を向けて、自動接続の停止をうまく活用して、規約違反にならないように注意しておくことが重要です。

通信速度はフリーWi-Fiに依存する

タウンWi-Fi 8

谷

タウンWi-Fiで接続したWi-Fiの通信速度はフリーWi-Fiに依存します。

タウンWi-Fiを利用しているからといって、インターネットの接続そのものに影響を及ぼすわけではなく、タウンWi-Fiで接続しても、通常通りに接続しても通信速度は変わりません。

通常通り接続すると回線が混雑して遅いから、タウンWi-Fiで接続すれば回線の混雑が解消できると思っている方は、それは誤りなので、そこをはき違えて使うことが無いようにしてください。

スマホのLTE回線などと違って、フリーWi-Fiは料金がかからない代わりに混雑しやすい共用回線を使うという意識を持つことが大切です。

タウンWi-Fiは安全?危険性はある?

タウンWi-Fi 9

谷

タウンWi-Fiはそのまま使うと安全性に欠けてしまいます。

タウンWi-Fiは共用回線であり、互いの接続先の情報に繋がりが出来てしまっている状態なので、ある程度機械に強い人であれば、相手の情報にアクセスすることはそこまで難しいことではありません。

回線の混雑具合だけでなく、その辺のリスクも込みで考えて料金が無料で使える手軽なWi-Fiとして、フリーWi-Fiが存在します。

タウンWi-Fiは「VPN接続」で安全

タウンWi-Fi 10

タウンWi-Fiはそのまま使うとセキュリティに欠ける部分がありますが、VPN接続をすればある程度安全にインターネットが使えるようになります。

VPNは「Virtual Private Network」の略で、仮想専用線と訳せます。

トンネリング技術や通信情報の暗号化の効果を発揮して、セキュリティの高いネットワークを構築できます。

そして、インターネット上に特定の個人だけが使える専用のネットワークを作り上げ、そこを介せば安全に通信を行うことが可能です。

また、このVPNは社内外問わずネットワークへのアクセスができることから、リモートワークの際にも良く活用されている接続方法です。

谷

このVPN接続は専用のソフトあるいはアプリを購入したり、契約したりして導入できます。

ただ、1つ忘れてはならないのは、接続先のルーターは同じなので通信の混在具合にはプラスの効果をもたらすことはできず、アクセスが集中していればそれだけ通信速度が遅くなるということです。

あくまでも、VPN接続はセキュリティの問題を解消してくれるだけに過ぎません。

「Wi-Fiプロテクト」アプリを使えば危険性はない

谷

このVPN接続に対応したアプリとしておすすめなのが「Wi-Fiプロテクト」というアプリです。

これはGMOタウンWi-Fi株式会社が開発した無料で使えるVPN保護アプリで、タウンWi-Fiとの互換性も良いです。

Wi-Fiプロテクトをインストールしたら、まずは初期設定を行う必要があります。

インストールしたアプリを開き、「次へ」をタップし、画面が切り替わったら「Wi-Fi通信を保護する」をタップします。

次に、「保護するための設定をインストール」をタップし、「Allow」をタップします。

最後に、「接続しているWi-Fiを保護する」をタップすれば初期設定は完了です。

それ以降は、とくにアプリを開くことなくそのまま安全にインターネットが使えるようになります。

ちなみに、音楽ファイルや動画ファイルに対しては効果を発揮しないことを頭の片隅に入れておいてください。

タウンWi-Fiの使い方-ステップ毎に解説-

タウンWi-Fi 11

谷

タウンWi-Fiを導入する際には以下のステップに従って設定を行ってください。

  1. 1.タウンWi-Fiアプリをインストール
  2. 2.アプリを起動し位置情報をONに設定
  3. 3.通知設定をONに設定
  4. 4.Wi-Fi自動接続設定プロファイルを設定

1つずつみていきます。

ステップ1.タウンWi-Fiアプリをインストール

タウンWi-Fi 12

谷

まずはタウンWi-Fiのアプリをインストールします。

iOSとAndroid、Macは対応しているので、ストアで検索すればすぐにヒットします。

ついでにWi-Fiプロテクトもインストールしておくと、後で個別に設定する必要がなくなるので、タウンWi-Fiの初期設定と同時に、Wi-Fiプロテクトの初期設定も済ませておくことをおすすめします。

ステップ2.アプリを起動し位置情報をONに設定

タウンWi-Fi 13

タウンWi-Fiのアプリを起動すると、位置情報の取得をONに設定するように促されます。

「Appの利用中は許可」、「1度だけ許可」、「許可しない」と選択肢が表示されますが、基本的には「Appの使用中は許可」を選択してください。

タウンWi-Fiには自分のいる位置の周辺にある接続可能なフリーWi-Fiを調べてくれる機能があって、初めて普段通う場所のフリーWi-Fiを利用する時や慣れない土地でフリーWi-Fiを探したい時にかなり便利です。

ただ、位置情報をONにしているとその分スマホの充電の減るスピードが速くなります。

外出する際はできればモバイルWi-Fiを充電して持ち歩くようにした方がいいですね。

通知設定をONに設定

タウンWi-Fi 14

谷

通知設定をONにしておくと、Wi-Fiの接続先や通信量などの情報がすぐに伝わるようになります。

とりあえずWi-Fiに接続できているなら特に気にしない方はOFFでも良いですが、ある程度接続状況を把握したい人はONにしておいた方がいいです。

後でスマホからアプリごとの通知設定を変更することもできるので、あまりに通知がうるさいと感じたらOFFにして、基本的にはONにしたままにするのがおすすめです。

Wi-Fi自動接続設定プロファイルを設定

タウンWi-Fi 15

Wi-Fi自動接続プロファイルは、OSに搭載されている構成プロファイルを用いて、接続したことのないWi-Fiに自動接続する機能のことで、フリーWi-Fiを積極的に使う方に設定をおすすめします。

アプリ内の「Wi-Fiアシスト」から「自動接続するWi-Fiを追加する」をタップします。

そこに表示されている、どこでWi-Fiを使い、どんな時にWi-Fiを使うのかといった質問に回答して、「自動接続するフリーWi-Fiを選ぶ」をタップします。

入力した情報を基に、Wi-Fiの種類がいくつかリストで表示されるので、その中から自動接続しても良いWi-Fiを選択すれば、指定したWi-Fiがあるスポットに着くと自動でWi-Fiが接続されるようになります。

もしタウンWi-Fiをそこまで頻繁に使うつもりのない方がこれを設定して、突然回線が混在しているWi-Fiが接続されてしまうと、通信状況が悪くなってかなり不便です。

特に、会計時にスマホ決済を使おうとアプリを起動させた時に、混雑しているWi-Fiが接続されてしまうと、キャッシュレス決済のウリであるスピード決済が損なわれてしまうことにもなりかねません。

谷

ちょっとしたトラブルに戸惑ってしまわないように、Wi-Fi自動接続プロファイルの設定をするかどうかは慎重によく考えてから決めてください。

タウンWi-Fiの気になる口コミ・評判

タウンWi-Fi 16

タウンWi-Fiの口コミや評判が気になる

ここからは、タウンWi-Fiの良い評判と悪い評判についてまとめていきます。

タウンWi-Fiのポジティブな口コミ・評判

タウンWi-Fi 17

多くの人に使われているんだね。

データ容量の節約になるね。

タウンWi-Fiが生まれたことで与えた影響は意外と大きく、イートインスペースの状況や通信制限、通信障害などでその効果が見られているようです。

谷

コンビニ以外でもタウンWi-Fiが使えることでイートインスペースが重宝されたり、通信制限を回避する手段やLTE回線の通信障害の保険として機能しています。

他にも様々なフィールドでタウンWi-Fiが効力を発揮していて、そのWi-Fiの環境の変化に伴って、イートインスペースの設置など店舗側の動きにも変化が見られています。

タウンWi-Fiのネガティブな口コミ・評判

タウンWi-Fi 18

谷

フリーWi-Fiは基本的に電波が弱めです。

フリーWi-Fiはあまり安全じゃないのかな?

タウンWi-Fiは手軽に外出先でもWi-Fiが使えて重宝していると感じる方もいますが、通信速度の遅さや安全性の不安に異議を唱えている方もそれなりにいました

谷

タウンWi-Fiのメリットに意識が向くか、デメリットに意識が向くかはその人の性格に左右されると考えられます。

フリーWi-Fiはスペック自体が低いことが多く、そこからさらにアクセスが集中すればそれだけ通信速度は遅くなります。

場合によっては、キャリア回線の通信速度がかかった時と変わらないレベルで遅いことも珍しくありません

情報漏洩のリスクはVPN接続を活用すればある程度減らせるので、これを知らずにタウンWi-Fiを使っていた方は、Wi-Fiプロテクトなどのアプリを試してみてください。

タウンWi-Fiに関するよくある質問

タウンWi-Fi 19

谷

タウンWi-Fiは1,000万ダウンロードを突破するほどの人気アプリであるため、名前は聞いたことがあるという方も多くいます。

そういった方の中でタウンWi-Fiの利用を検討している方を中心に様々な質問が飛び交っています

今回はその中から以下の5つの質問を見ていきましょう。

  • ・タウンWi-Fiは完全無料で使えるの?
  • ・タウンWiFiは自宅で使えない?
  • ・タウンWiFiが繋がらない場合は?
  • ・タウンWiFiの使い方はiPhoneとAndroidで変わらない?
  • ・外出先で使える安いモバイルWi-Fiはある?

タウンWi-Fiは完全無料で使えるの?

タウンWi-Fi 20

タウンWi-Fiは完全無料のアプリです。

公式サイトのよくある質問欄を見ると、「今後追加される機能によっては有料のものが出てくる可能性がある」と回答していますが、今のところは課金要素は何も追加されていません。

今はWi-Fi接続に関する最低限の機能だけ備えていますが、やがて店舗と連携して何かしらの有料サービスが追加される可能性も十分にあります。

より充実したアプリにするには、さらに機能を追加してもらえるように、もっと多くのユーザーがダウンロードすることが必要です。

今後さらに機能が拡張される将来性に賭けて、アプリをダウンロードするところから始めてみてもいいかもしれませんね。

タウンWi-Fiは自宅で使えない?

タウンWi-Fi 21

谷

基本的にタウンWi-Fiは自宅で使えるものではないと認識しておいた方がいいでしょう。

例えば、自宅の真横にファミリーマートがあって、Wi-Fiの提供エリアに届くくらい家とファミリーマートの距離が近ければ、そのままファミリーマートのWi-Fiが拾える可能性は十分にあります。

そういったことがなければ、タウンWi-Fiは自宅のインターネット環境と何かしら連携させるようなことはないので自宅で使う機会はそうそうありません

タウンWi-Fiが繋がらない場合は?

タウンWi-Fi 22

タウンWi-Fiが繋がらない場合と言われると、主に2パターンの症状が考えられます。

1つはWi-Fiの接続すらできていないパターンで、これに関してはアプリや端末が原因となっている可能性が挙げられます。

タウンWi-Fiを一度落としてもう一度起動させる、タウンWi-Fiのアプリのバージョンを最新版にする、端末を再起動するといったことを試してみてください。

また、別のWi-Fiが繋がったままで接続したいWi-Fiに切り替わっていない可能性もあるため、スマホの設定からWi-Fiをオフにして、もう一度オンにしてから接続したいWi-Fiを手動で選択してみてください。

もう1つのパターンはWi-Fiの接続はできているけど、単に通信速度がかなり遅いというパターンです。

これはタウンWi-Fiというより接続先のルーターに問題があると言えます。

ルーターと端末の距離が遠い場合は、ルーターに近づけば少しは改善されます。

しかし、大抵は回線が混雑になっていたり、障害物やWi-Fiスポットが多いことで電波の干渉が起きていることが原因となっているケースがほとんどです。

改善方法はフリーWi-Fiの時点でこちらでルーターをいじれるわけではないので、アプリや端末の原因を探って究明できなかったら諦めるしかありません。

谷

無料で使うことのできるWi-Fiだから仕方ないという意識を持って使うことが大切です。

タウンWiFiの使い方はiPhoneとAndroidで変わらない?

タウンWi-Fi 23

谷

タウンWi-Fiの使い方はiPhoneでもAndroidでも何か変わることはありません。

どちらのOSにも対応しているアプリなので、タウンWi-Fiはどちらのスマホユーザーでも利用できます

外出先で使える安いモバイルWi-Fiはある?

縛りなしWi-Fi

出典:縛りなしWi-Fi公式サイト

タウンWi-Fiはインターネットを無料で誰でも使えて便利な反面、通信状況の悪さや接続状況の不安定さに心配が残るため、外出先で他のインターネット環境を確保する手段は用意しておいた方がいいです。

谷

その手段の1つとして挙げられるのがモバイルWi-Fiです。

そのモバイルWi-Fiの中でも特におすすめなのが縛りなしWi-Fiです。

縛りなしWi-Fiは契約期間に縛りがないプランがあって扱いやすく、料金も他のモバイルWi-Fiと比べてかなり安い点が大きな特徴として挙げられます。

料金プランなどは以下の表の通りです。

縛りなしWi-Fi
月額料金<縛りなしプラン>
・スタンダードプラン:月額3,366円(40GB/月)
・メガプラン:月額3,575円(50GB/月)
・ギガプラン:月額3,630円(60GB/月)
・100ギガプラン:月額3,960円(100GB/月)
・WiMAXプラン:月額4,730円(100GB/月)
<1年縛っちゃうプラン>
・スタンダードプラン:月額3,190円(40GB/月)
・メガプラン:月額3,278円(50GB/月)
・ギガプラン:月額3,300円(60GB/月)
・100ギガプラン:月額3,630円(100GB/月)
・WiMAXプラン:月額4,378円(100GB/月)
<3年縛っちゃうプラン>
・スタンダードプラン:月額2,926円(40GB/月)
・メガプラン:月額3,025円(50GB/月)
・ギガプラン:月額3,080円(60GB/月)
・100ギガプラン:月額3,410円(100GB/月)
・WiMAXプラン:月額3,960円(100GB/月)
初期費用3,300円(事務手数料)
3年間の総額料金173,580円
キャンペーン等端末無料
契約期間なし/1年/3年
取扱機種W06(WiMAX)/601HW(SoftBank)

モバイルWi-Fiの月額料金の相場が4,000円~5,000円程度だと言われています。

しかし、縛りなしWi-Fiは縛りなしプランだと3,500円程度で利用でき、さらに縛りありのプランにすれば、3,000円以下でモバイルWi-Fiを利用することもできます。

その代わり、大々的なキャッシュバックや違約金負担などのキャンペーンは実施されていません。

肝心の通信速度も最大通信速度がW06で1.2Gbps、601HWで612Mbpsなので、周囲の環境の影響で通信速度がそこから下がるとしても、10Mbsp以上は安定して出せてストレスなくインターネットを楽しめます。

谷

安全性の面でもキャリア回線を使うのと同じで、回線を通じて他人に情報を盗まれるようなことはそうそうないので安心して利用できるでしょう。

 

縛りなしWi-Fiの詳細を見る

まとめ:タウンWi-Fiで外出先のデータ通信量を節約しよう

谷

タウンWi-Fiはログインが求められるようなフリーWi-Fiに自動的に接続できるようになるかなり便利なアプリで、すでに1,000万以上ダウンロードされています。

フリーWi-Fiに接続すればデータ通信量を消費することなくインターネットが使えるので、通信料の削減に繋がって節約の1つの手段としても人気があります。

積極的にタウンWi-Fiを使って、お得にインターネットを楽しんでみてください

ただ、そのまま使うとセキュリティや通信速度の面で問題があります。

セキュリティに関しては、Wi-Fiプロテクトというアプリを利用してVPN接続を行えば強化できます。

しかし、通信速度については回線の混雑や店のルーター側に問題があると、こちら側ではどうしようもないので、外出先のインターネット環境をどうしても確保したいならモバイルWi-Fiを準備しておくと便利です。

モバイルWi-Fiは料金がかなり安くて、契約期間に縛りがないことでいつでも乗り換えやすい縛りなしWi-Fiが特におすすめです。

とはいっても、人によって合う合わないは異なるので、契約してから失敗しないように、自分に合ったモバイルWi-Fiを探してみてください。