お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

ホームルーターWi-Fiおすすめ比較

1ヶ月レンタルできるホームルーター5選|選び方やメリット・デメリットも解説

1ヶ月レンタルできるWi-Fiを選ぶとき、ホームルーターを利用する選択肢があります。ポケット型Wi-Fiと比較して安定した通信が利用でき、実際に利用を検討している人も多いのではないでしょうか。

しかし、契約するにあたってどのサービスをレンタルすればいいかわからない人もいると思います。

結論として、ホームルーターをレンタルするときは自分の用途や目的に合ったサービスかを判断して契約しましょう。

この記事では1ヶ月レンタルできるホームルーターの選び方やおすすめのサービス5選を解説しています。ぜひ参考にしてください。

【この記事でわかること】
・1ヶ月レンタルできるホームルーターの選び方
・1ヶ月レンタルできるホームルーターのメリットとデメリット
・1ヶ月レンタルに対応しているホームルーターのおすすめ5選
・1ヶ月レンタルに対応しているホームルーターの申し込み方法
・1ヶ月レンタルできるホームルーターのよくある質問

\当サイトおすすめのWi-Fi 3選/

サービス名

 

ZEUS WiFi

zeus wifi

縛りなしWiFi

縛りなしWi-Fi ロゴ

THE WiFi

月額料金(税込)2,178円~
(6ヶ月まで 980円~)
2,178円~
(12ヶ月まで1,057円~)
1,298円~
(4ヵ月まで0円)
通信容量20GB/40GB/100GB10GB/30GB/60GB/90GB1GB/5GB/20GB/40GB/100GB
(利用容量で料金が変動)
通信速度(下り最大)150Mbps150Mbps150Mbps
詳細ZEUS WiFiの詳細を見る縛りなしWiFiの詳細を見るTHE WiFiの詳細を見る
目次 INDEX
  1. 1ヶ月レンタルできるホームルーターの選び方
    1. 提供エリア
    2. レンタルできる期間
    3. レンタルにかかる料金(手数料や送料含む)
    4. 端末と通信回線
    5. データ容量
    6. レンタル開始できるタイミング
    7. 返却方法
  2. ホームルーターをレンタルするメリット5つ
    1. 開通工事不要で使える
    2. ホームルーターをお試し利用できる
    3. ポケットWi-Fiより通信が安定している
    4. 光回線より月額料金が安い
    5. 同時接続できる台数が多い
  3. ホームルーターをレンタルするデメリット4つ
    1. 長期で利用する場合、割高になる
    2. 光回線と比べると通信の安定性や速度で劣る
    3. 速度制限にかかる場合がある
    4. ポケットWi-Fiのように持ち運びはできない
  4. 1ヶ月レンタルできるホームルーター5選
  5. 1ヶ月レンタルできるホームルーター5選の特徴を解説
    1. WiFiレンタルどっとこむ:プラン選択肢が豊富
    2. 縛られないWiFi:契約期間なし
    3. BIGLOBE WiMAX+5G:WiMAX回線で高速通信が使える
    4. モバレコAir:Softbank Airが使える
    5. 5G CONNECT:プランがシンプルでわかりやすい
  6. ホームルーターのレンタル申し込みから返却までの流れ
    1. 希望のホームルーターのWebサイトから申し込む
    2. 端末を受け取り初期設定をして利用開始
    3. レンタル期限がきたら返却をする
  7. 1ヶ月レンタルできるホームルーターに関するよくある質問
    1. ホームルーターのレンタルはどんな人におすすめ?
    2. ホームルーターはレンタルと購入どちらがお得?
  8. まとめ:1ヶ月レンタルできるおすすめのホームルーターは「WiFiレンタルどっとこむ」
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

1ヶ月レンタルできるホームルーターの選び方

ホームルーターのイメージ画像

1ヶ月レンタルに対応しているホームルーターを選ぶときは、以下7つのポイントを意識してみましょう。

しーく
しーく

自分が何を重視して契約するかを整理して、用途に合ったサービスを見つけてください。

提供エリア

ホームルーターのレンタル時は、提供エリアについて確認するのが重要です。せっかくレンタルで契約したにもかかわらず、提供エリア外で利用できなければ意味がありません。

ホームルーターはWiMAX回線と携帯のキャリア回線を利用したものに分かれるため、まずはどの通信を利用するのか確認しましょう。

なお、携帯キャリア回線の場合は4Gと5Gでも提供エリアが異なります。

しーく
しーく

WiMAX回線の場合はWiMAXのサービスエリア、携帯キャリア回線の場合は対象のキャリアの公式HPでエリアを確認しましょう。

レンタルできる期間

1ヶ月レンタルできるホームルーターを探しているなら、当然レンタル期間についても確認しておかなければなりません。ひと月単位でのレンタルができるかどうかについては、必ず比較要素の一つとしておきましょう。

また、中には数日単位でのレンタルを提供しているサービスもあります。もし1ヶ月も利用しないなら、より短い期間でレンタルできるサービスを選べば、余計な費用がかかりません。

自分の利用期間に合わせてレンタル契約できるかを確認し、少しでもお得なサービスを利用しましょう。

しーく
しーく

契約期間が設けられていないサービスを選ぶのが大前提といえます。

レンタルにかかる料金(手数料や送料含む)

ホームルーターを1ヶ月レンタルするなら、レンタルにかかる料金は必ず確認しましょう。このとき、月額料金のほかに手数料や送料の確認が必須です。

総合的にかかる料金を確認しておけば、サービス面だけでなくコスト面での比較ができます。そのため、よりお得にレンタルできるホームルーターを見つけるのに役立つでしょう。

ただし、料金だけ重視して契約すると想定していた使い方ができない可能性もあります。

しーく
しーく

あくまでも料金は一つの要素として、サービス面とのバランスを見るようにしましょう。

端末と通信回線

ホームルーターをレンタルするにあたって、端末と通信回線は必ずチェックしたいポイントです。採用している通信回線によって契約できる端末は異なり、端末のスペックかなり変わってきます。

また、どの端末で契約するかによって料金が変わるサービスも多いです。例えば、最新機種にこだわるならある程度コストがかかりますし、逆に古い機種を選べばコストを抑えられます。

自分が何を重視して契約するかにも関わってくるポイントとなるため、レンタルを検討するときは端末のチェックを忘れないようにしましょう。

データ容量

ホームルーターをレンタルするにあたって、どのくらいデータ量を必要とするかは人それぞれ異なります。そのため、対象のサービスが自分の用途に合うデータ容量を提供しているかは、必ず確認しましょう。

基本的には無制限プランでの契約がおすすめです。自宅内での利用を想定して契約する以上、データ容量に上限が設けられていると満足にインターネットを利用できません。

また、万が一速度制限にかかると、翌月1日まで制限が解消されないサービスがほとんどです。短期間で多くの通信を利用するなら、特にこだわるべきポイントの一つです。

しーく
しーく

なお、無制限プランの場合も3日で10GBや15GBの上限が設けられていることがあります。

レンタル開始できるタイミング

1ヶ月レンタルできるホームルーターを契約するなら、いつからレンタル開始になるかを必ず確認しましょう。可能な限り即日発送のサービスを契約すれば、急ぎでWi-Fiを必要とする場合でも安心です。

逆に利用開始まで時間がかかるサービスを契約する場合、自分が利用したい時期に間に合わないかもしれません。そうなると、せっかく契約した意味がなくなってしまいます。

インターネットを利用するなら、少しでも早くレンタル開始できるサービスを契約するのがおすすめです。

しーく
しーく

なお、契約住所や発送場所によって、利用開始のタイミングは1日程度前後します。

返却方法

ホームルーターをレンタルするときは、返却方法について確認しておきましょう。返却方法が複雑だと、解約時のトラブルにつながる可能性が高いです。

解約がうまくできないと、違約金や遅延損害金などが発生します。金額はサービスごとに異なりますが、1~2万円前後になるケースがほとんどです。

解約申請後、返送だけで手続きが完了するサービスを選んでおけば、解約手続きが滞る可能性はほとんどありません。そのため、余計な費用が発生する心配はないといえるでしょう。

しーく
しーく

トラブルを避けるためにも、こだわるべきポイントの一つです。

ホームルーターをレンタルするメリット5つ

メリットのイメージ画像

ホームルーターをレンタルする主なメリットとして、以下の5つがあげられます。

しーく
しーく

ホームルーターならではのメリットを確認し、自分に合うサービスか確認していきましょう。

開通工事不要で使える

ホームルーターは、コンセントに挿すだけで使えるインターネットです。そのため、光回線のように開通工事が必要ありません。

集合住宅で光回線を導入する場合、開通工事が必要な場合には管理者の許可が必要です。しかし、ホームルーターであれば許可取りの手間がなく、好きなタイミングで契約できます。

工事のために業者が自宅を訪問する必要もないため、自分の家に他人を上げたくない人にもおすすめのサービスといえるでしょう。

しーく
しーく

工事をしたくない・工事ができない人におすすめです。

ホームルーターをお試し利用できる

ホームルーターの1ヶ月レンタルは、見方を変えればお試し利用としても捉えられます。

ホームルーターは自宅内で利用することを想定していますが、実際にどの程度の速度・電波強度で利用できるかは手元に届かないとわかりません。そのため、実際に利用してみると、思い通りの使い方ができない場合もあります。

そんなとき、1ヶ月レンタルで契約すれば、自分が納得してレンタルできるかを事前に確認可能です。

しーく
しーく

まずは1ヶ月お試しでレンタルし、利便性を感じたら長期契約する方法もあります。

ポケットWi-Fiより通信が安定している

ホームルーターは光回線とポケット型Wi-Fi両方の良いところを兼ね備えているサービスです。特にポケット型Wi-Fiとの比較においては、通信の安定性がメリットといえるでしょう。

実際、自宅で使うためにポケット型Wi-Fiを契約していたものの、後から切り替えている人は多くいます。

せっかくインターネットを利用するなら、安定しているに越したことはありません。通信の質にこだわる人が利用する場合でも、おすすめのサービスといえるでしょう。

しーく
しーく

速度面に関しても、高速通信を実現しています。

光回線より月額料金が安い

光回線を利用する場合、戸建ての場合は5,000~6,000円、集合住宅の場合は4,000円~5,000円程度の料金が発生します。対してホームルーターの月額料金は4,000円前後となるため、コストの面で優秀です。

家族全員が通信を利用する場合、光回線でなければ速度や安定性に不満を抱く可能性があります。しかし一人暮らしであれば、そこまでインターネットの利用に困るケースはありません。

インターネットの使い方にもよりますが、コストパフォーマンスを求める人におすすめできるサービスとなっています。

しーく
しーく

光回線だけではなく、ポケット型Wi-Fiより安く済むケースも多いです。

同時接続できる台数が多い

ホームルーターの同時接続台数は機器によっても異なりますが、20台以上接続できる機種が多く用意されています。そのため、スマートフォンやパソコン、ゲーム機などで接続台数がかさむ場合でも安心して利用できるでしょう。

特に、ポケット型Wi-Fiと比較した場合の差は大きいです。ポケット型Wi-Fiは5台前後の接続が推奨されており、それ以上接続すると、通信が不安定になったり回線速度が低下したりします。

快適に利用できるインターネットを探しているなら、ホームルーターのレンタルを利用するのがおすすめといえるでしょう。

しーく
しーく

家族で利用する場合も、接続台数が多ければ安心して利用できます。

ホームルーターをレンタルするデメリット4つ

デメリットのイメージ画像

ホームルーターをレンタルするにあたって、覚えておきたいデメリットは以下の4つです。

しーく
しーく

レンタル前にデメリットを理解しておけば、利用開始後の不便さやトラブルのリスクを回避できます。

長期で利用する場合、割高になる

レンタル契約でホームルーターを長期的に利用する場合、購入するのと比較して割高になる場合があります。

というのも、ホームルーターを購入する場合、2年~3年程度で機種代金は実質無料になることが多いです。しかしレンタルの場合、端末のレンタル料金を上乗せした状態で月額料金を支払わなければなりません。

上記のことから、レンタルでホームルーターを長期利用するのは一切向かないといえるでしょう。

しーく
しーく

コスパを重視して契約するのであれば、こだわるべきポイントの一つです。

光回線と比べると通信の安定性や速度で劣る

通信の安定性や速度面で見た場合、光回線と比較するとどうしても劣ってしまいます。特に通信速度には大きな差が生まれ、使い方によっては速度不足を感じるかもしれません。

たとえば大容量データをアップロード・ダウンロードする場面や動画視聴時など、通信速度が重要とされる場面で不満を感じます。

また、あくまでもWiMAXやキャリア回線を利用して通信するため、時間帯や周囲の通信環境によって安定性が悪くなることも理解しておきましょう。

しーく
しーく

とにかく通信の質を重視する人であれば、ホームルーターは向きません。

速度制限にかかる場合がある

ホームルーターをレンタルする場合、契約内容によっては速度制限にかかる場合があります。利用する通信回線によって速度制限の内容は異なり、それぞれ内容は以下の通りです。

・WiMAX回線:月間データ量無制限だが、3日で10GBや15GBの制限が設けられている
・キャリア回線:月間データ量の制限が設けられている

上記のことから、完全無制限を提供しているホームルーターはありません。また、キャリア回線を利用したホームルーターの場合、速度制限にかかると翌月までは低速通信のままです。

無制限に利用できるインターネットを探しているのであれば、ホームルーターのレンタルは見送ったほうが良いでしょう。

しーく
しーく

光回線以外で、完全無制限のインターネットはまずありません。

ポケットWi-Fiのように持ち運びはできない

ホームルーターは、コンセントに挿して通信を利用するサービスです。そのため、ポケット型Wi-Fiのように持ち運びはできません。

完全に持ち運びができないわけではありませんが、ポケット型Wi-Fiのように電車や車など、移動中の利用は難しいです。

ただし、前述したようにコンセントさえあればインターネットが利用できます。転勤や単身赴任など、何かしらの理由で光回線を引くのが難しい場合は、ホームルーターの契約がおすすめといえるでしょう。

しーく
しーく

どのような場所で利用するかを想定したうえで、自分に合うかを見極めてください。

1ヶ月レンタルできるホームルーター5選

選択のイメージ画像

ホームルーターのレンタルを提供しているサービスの中から、1ヶ月レンタルに対応するサービス選びに悩む人は多いです。そんな人のために、ここでは1ヶ月レンタルできるホームルーターのおすすめ5選を紹介します。

サービス名WiFiレンタルどっとこむ縛られないWiFi縛られないWi-FiBIGLOBE WiMAX+5G
BIGLOBE WiMAX ロゴ
モバレコAir5G CONNECT
5G CONNECT
料金(手数料や送料含む)1日:526円 〜(税込)
1ヶ月:7,880〜(税込)
手数料:無料
送料: 550円(税込)
1ヶ月:2,178円~4,818円(税込)
手数料:3,300円(税込)
送料:無料
1ヶ月:4,378円~4,928円(税込)
手数料:3,300円(税込)
送料:無料
1ヶ月:2,167円~5,368円(税込)
手数料:3,300円(税込)
送料:無料
1ヶ月:4,950円(税込)
手数料:3,300円(税込)
送料:無料
通信回線au
Softbank
WiMAX
docomo
au
Softbank
WiMAXSoftbankWiMAX
データ容量5GB〜実質無制限10GB・30GB・60GB・90GB無制限
※3日で10GBの制限あり
無制限無制限
※一定期間に大容量の利用で速度制限にかかる場合あり
レンタル開始できるタイミング最短翌日2日から4日程度最短翌日最短翌日最短翌日
返却方法ヤマト運輸もしくはポスト返却解約手続き後レターパックや宅配便などで返却解約手続き後レターパックや宅配便などで返却解約手続き後レターパックや宅配便などで返却解約手続き後レターパックや宅配便などで返却
しーく
しーく

上記の比較表をもとに、自分に合ったホームルーターレンタルのサービスを利用してください。

1ヶ月レンタルできるホームルーター5選の特徴を解説

オフィスで指差しで説明をする日本人女性ビジ

ここからは1ヶ月レンタルに対応しているホームルーターのおすすめ5選について、特徴を解説していきます。

しーく
しーく

各サービスの特徴について、詳しくみていきましょう。

WiFiレンタルどっとこむ:プラン選択肢が豊富

Wi-Fiレンタルどっとこむ

出典:WiFiレンタルどっとこむ公式サイト

料金(手数料や送料含む)1日:526円 〜(税込)
1ヶ月:7,880円〜(税込)
手数料:無料
送料:550円(税込)
通信回線au
Softbank
WiMAX
データ容量5GB〜実質無制限
レンタル開始できるタイミング最短翌日
返却方法ヤマト運輸もしくはポスト返却

WiFiレンタルどっとこむは、端末によって月額料金が変わるのが特徴です。機器によって使用回線や料金、データ量なども変わり、自分の用途やエリアに合わせたものを契約できます。

発送は最短即日となっているため、エリアによっては契約後翌日から利用開始となるのも特徴です。

加えて、1日単位からレンタルできるサービスであるため、本当に短期間しか利用しない人にもおすすめのサービスといえます。

しーく
しーく

どちらかといえば、短期契約に特化しているサービスです。

縛られないWiFi:契約期間なし

縛られないWi-Fi公式ロゴ

出典:縛られないWiFi公式サイト

料金(手数料や送料含む)1ヶ月:2,178円~4,818円(税込)
手数料:3,300円(税込)
送料:無料
通信回線docomo
au
Softbank
データ容量10GB・30GB・60GB・90GB
レンタル開始できるタイミング2日から4日程度
返却方法解約手続き後レターパックや宅配便などで返却

縛られないWiFiは、サービス名にもある通り「契約期間の縛りが設けられていない」サービスとなります。

契約期間がないため、当然解約時の違約金もかかりません。また、1ヶ月単位で利用できることから、少し長めの旅行や出張の場面でも活用できます。

データ量は10GB・30GB・60GB・90GBを提供していることから、低容量・大容量のプランを自分に合わせて契約できるのも特徴といえるでしょう。

しーく
しーく

他のサービスと比較して、手元に届くのが少し遅めなのは注意が必要です。

BIGLOBE WiMAX+5G:WiMAX回線で高速通信が使える

出典:BIGLOBE WiMAX+5G公式サイト

料金(手数料や送料含む)1ヶ月:4,378円~4,928円(税込)
手数料:3,300円(税込)
送料:無料
通信回線WiMAX
データ容量無制限
※3日で10GBの制限あり
レンタル開始できるタイミング最短翌日
返却方法解約手続き後レターパックや宅配便などで返却

BIGLOBE WiMAX+5Gは、WiMAX回線を利用したホームルーターが利用できるのが特徴です。月間のデータ量に上限が設けられていないのが特徴で、好きなだけインターネットを利用したい人におすすめといえるでしょう。

ただし3日間で10GB利用すると、超過した翌日に制限がかかります。そのため、集中的にデータ利用が多くなる場合には注意が必要です。

レンタル開始は最短翌日となっていることから、急ぎでホームルーターが必要な人にもおすすめのサービスといえます。

しーく
しーく

大手プロバイダのBIGLOBEが運営しているため、サポートの評価も高めです。

モバレコAir:Softbank Airが使える

モバレコAir

出典:モバレコAir公式サイト

料金(手数料や送料含む)1ヶ月:2,167円~5,368円(税込)
手数料:3,300円(税込)
送料:無料
通信回線Softbank
データ容量無制限
レンタル開始できるタイミング最短翌日
返却方法解約手続き後レターパックや宅配便などで返却

モバレコAirは、Softbankが提供しているホームルーター「Softbank Air」をレンタルできるサービスです。Softbank回線を利用するため、サービスエリアが広いのも特徴といえるでしょう。

月額料金も抑えられているため、コストパフォーマンスを求める人にも最適なサービスです。

データ量も無制限であることから、インターネットが利用できる容量にこだわる人にもおすすめできます。

しーく
しーく

最短翌日から利用できるのも魅力です。

5G CONNECT:プランがシンプルでわかりやすい

 

5G CONNECT

出典:5G CONNECT公式サイト

料金(手数料や送料含む)1ヶ月:4,950円(税込)
手数料:3,300円(税込)
送料:無料
通信回線WiMAX
データ容量無制限
※一定期間に大容量の利用で速度制限にかかる場合あり
レンタル開始できるタイミング最短翌日
返却方法解約手続き後レターパックや宅配便などで返却

5G CONNECTは、一律4,950円(税込)でWiMAX回線を無制限利用できるのが特徴です。制限に関しても明確な基準は設けられておらず、一定期間に大容量通信をした場合に速度低下の可能性があるだけとなっています。

30日間のモニターキャンペーンも提供していることから、お試しでホームルーターを利用してみたい人にもおすすめのサービスといえるでしょう。

ただし30日を過ぎると、契約から3ヶ月経つまでは違約金が発生します。そのため、1ヶ月以上3ヶ月未満でのレンタルを考えている人は、他のサービス利用がおすすめです。

しーく
しーく

違約金の内訳は残月数×月額費用となっています。

ホームルーターのレンタル申し込みから返却までの流れ

疑問を浮かべる女性

ホームルーターのレンタルを利用するなら、下記の流れで申し込みから返却の流れとなることを確認しておきましょう。

しーく
しーく

各手順の詳細について、詳しく解説していきます。

希望のホームルーターのWebサイトから申し込む

レンタル希望のホームルーターが決まったら、まずは対象サービスのWebサイトへアクセスしましょう。サイト内の申し込みページにアクセスすれば、すぐに手続きができます。

プランや端末、オプションなどを選択したあと、契約者情報を入力すれば手続きは完了です。

しーく
しーく

ここで内容を間違えると、利用時のトラブルにつながるため注意しましょう。

端末を受け取り初期設定をして利用開始

端末が手元に届いたら、ホームルーターの初期設定をしましょう。端末の電源をつけると、すぐに初期設定の手順が必要となります。

初期設定に関しては、やり方の説明書が同梱されていることが多いです。そのため、うまく接続できない・利用できないといったトラブルに巻き込まれることはほぼありません。

初期設定完了後、スマホやパソコンなどがWi-Fi経由でインターネットにつながっていればOKです。

しーく
しーく

どうしても繋がらない場合は、サポートセンターに問い合わせましょう。

レンタル期限がきたら返却をする

ホームルーターレンタル後、契約した期限が来たら返却手続きが必要です。指定の方法があればそのやり方に従って、端末を返却しましょう。

基本的な流れは、解約申請後の端末返却となります。返却方法は宅配便やレターパックなどを使用し、追跡できる方法を指定されていることが多いです。

万が一返却が間に合わなかった場合、違約金や遅延損害金などの高額請求が発生しますので、返却漏れ・返却忘れのないようにしましょう。

しーく
しーく

違約金・遅延損害金は2万円程度に設定されていることが多いです。

1ヶ月レンタルできるホームルーターに関するよくある質問

クエスチョンマークのイメージ

1ヶ月レンタルできるホームルーターについて調べてみると、以下のような疑問を抱いている人が多く見られました。

しーく
しーく

ホームルーターのレンタルを検討しているなら、上記の疑問も解消しておきましょう。

ホームルーターのレンタルはどんな人におすすめ?

ホームルーターのレンタルサービスは、以下のような人におすすめです。

・一人暮らしで自宅内工事ができない、したくない人
・転勤や単身赴任が頻繁にある人
・急にインターネットが故障した人
・インターネットにかかるコストを抑えたい人
しーく
しーく

上記のようなシーンや似た状況なのであれば、ぜひ利用を検討してください。

ホームルーターはレンタルと購入どちらがお得?

ホームルーターサービスにはレンタルと購入の2パターンがありますが、それぞれお得になるのは以下の通りです。

・レンタルがお得になる場合:数日から数ヶ月間利用する人
・購入がお得になる場合:2~3年程度利用する人
しーく
しーく

上記を参考に、どちらがお得になるかの計算に役立ててください。

まとめ:1ヶ月レンタルできるおすすめのホームルーターは「WiFiレンタルどっとこむ」

今回は1ヶ月レンタルできるおすすめのホームルーターについて解説してきました。

1ヶ月レンタルのホームルーターはさまざまなサービスがありますが、その中でも特に「WiFiレンタルどっとこむ」がおすすめです。

「WiFiレンタルどっとこむ」はプラン選択肢が豊富で、数日単位のレンタルに対応しています。また、即日発送に対応しているのも特徴といえるでしょう。

ただし、すべての人に向いているサービスというわけではありません。当然、他のサービスの方が使いやすいケースもあります。

この記事で紹介した内容をもとに、ぜひ自分に合うホームルーターレンタルサービスを見つけてください。