お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

SIM

LIBMOの最新キャンペーンまとめ|申し込みから利用開始までの流れも解説

jun
jun

LIBMOで実施中のキャンペーンはどんな内容?

LIBMOとは、株式会社TOKAIコミュニケーションズが運営する格安SIMサービスです。

TOKAIコミュニケーションズは、個人向けサービスとして光回線なども運営している会社となっています。

LIBMOでは現在様々なキャンペーンが実施されています。その内容や基本的な情報を紹介していきます。

さらにLIBMOを選ぶメリット、デメリットについても解説します。

【この記事で分かること】
・LIBMOの基本情報
・LIBMOのキャンペーン内容
・LIBMOのメリット、デメリット
・LIBMOがおすすめな人

\当サイトおすすめの格安SIM 3選/

サービス名

 

ahamo
ahamo
LINEMO
LINEMO
楽天モバイル
楽天モバイル
月額料金(税込)2,970円~990円~1,078円~
通信プラン20GB/100GB3GB/20GB3GB/20GB/無制限
最大通信速度4.1Gbps3.0Gbps2.8Gbps
詳細ahamoの詳細を見るLINEMOの詳細を見る楽天モバイルの詳細を見る
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

LIBMOの基本情報

まずはLIBMOの基本情報から紹介していきます。

回線名LIBMO
プランなっとくプラン
ゴーゴープラン
データ容量なっとくプラン
3GB、8GB、20GB、30GB、無制限(最大速度200kbps)
ゴーゴープラン
500MBのみ
通信速度下り:19.86Mbps
上り:10.01Mbps
初期費用433円(SIM発行手数料)
事務手数料3,300円
(無料キャンペーン有り)
月額利用料なっとくプラン:528円〜
ゴーゴープラン:1,100円〜
キャンペーン・スマホ大特価セール
・最大12,000円相当還元プログラム
・事務手数料0円プログラム
契約期間音声通話機能付き:1年間
データ通信専用:無し
解約違約金各契約プランの1ヶ月分
(音声通話機能付きのみ)
支払い方法・クレジットカード
・ISPまとめて請求

料金プランは、『なっとくプラン』と『ゴーゴープラン』の大きく分けて2種類となっています。

なっとくプランはデータ容量がそれぞれ選べるようになっています。

ゴーゴープランは、データ容量500MB固定となっています。そのかわりに、通話かけ放題の種類が選択できます。

なっとくプラン、ゴーゴープランの各料金の詳細は下記の表にまとめます。

jun
jun

なっとくプランライトは音声通話機能付きSIMに対応していません。

プラン名月額料金
なっとくプランライト音声通話機能付き:取り扱い無し
データ通信のみ:528円
なっとくプラン 3GB音声通話機能付き:980円
データ通信のみ:858円
なっとくプラン 8GB音声通話機能付き:1,518円
データ通信のみ:1,320円
なっとくプラン 20GB音声通話機能付き:1,991円
データ通信のみ:1,991円
なっとくプラン 30GB音声通話機能付き:2,728円
データ通信のみ:2,728円
ゴーゴープラン 5分かけ放題1,100円
ゴーゴープラン 10分かけ放題1,320円
ゴーゴープラン かけ放題マックス1,980円

LIBMOの最新キャンペーンまとめ

ここではLIBMOの最新キャンペーンの内容についてまとめていきます。

主なキャンペーン内容は以下のとおりです。

最大12,000円相当還元プログラム

まずは最大12,000円相当が還元されるキャンペーンについて解説していきます。

こちらのキャンペーンの主な内容は以下のとおりです。

音声通話機能付きSIM なっとくプラン20GB、30GBが対象
20GB:10,000TLCポイント
30GB:12,000TLCポイント
付与タイミング:利用開始から6ヶ月後月末

上記のプランを申し込むと、各プランに応じたポイントが還元されます。

このポイントは、LIBMOの支払いに利用できます。その他WAONなどにも交換することが可能です。

jun
jun

支払いに充てれば20GBプランは実質5ヶ月無料になります!

スマホ大特価セール

スマホ大特価セールでは、音声通話機能付きSIMを新規で申し込む場合に対象機種が特別な価格で購入できるキャンペーンです。

現在の対象機種と価格は下記のとおりです。

機種名価格(一括払い、MNPの場合)
moto e32s860円
AQUOS sense616,560円
OPPO Reno5 A16,560円
Redmi Note119,790円
AQUOS wish12,150円

他社から番号そのまま乗り換えで、moto e32sを購入すると860円でスマホ本体を手に入れることができます。

moto e32sは6.5インチディスプレイに3眼カメラ、デュアルSIM対応で防水・防塵などコストパフォーマンスに優れた機種です。

音声通話機能付きSIMで申し込む際は、こちらもチェックしておくことをおすすめします。

jun
jun

スマホが1,000円以内で買えるのはすごい!

LIBMOお友達紹介プログラム

LIBMOお友達紹介プログラムは、すでにLIBMOを利用しているユーザーがまだLIBMOを利用していない友達や、家族などを紹介すると特典がもらえるキャンペーンです。

紹介する方には、LIBMOの支払いなどに利用できるTLCポイントが5,000ポイント付与されます。紹介された方にも使い方によって選べる公式プログラムが適用されます。

どちらにもメリットがあるキャンペーンなので、周りに利用を考えている方がいればぜひ活用してみましょう。

jun
jun

家族を誘えば世帯の通信費削減に!

事務手数料0円プログラム

事務手数料0円プログラムは、対象のプランを申し込むと事務手数料が0円になるキャンペーンです。

こちらのキャンペーン対象プランは下記のとおりです。

・音声通話機能付きSIM:なっとくプラン3GB、8GB
・データ通信専用SIM:なっとくプラン3GB、8GB、20GB、30GB

なっとくプランライト、ゴーゴープランは対象外なので注意してください。

またこちらのキャンペーン適用プランであっても、SIM発行手数料433円は発生するのでこちらもよく確認しておきましょう。

jun
jun

初期費用が下がるのは嬉しいですね。

端末割引プログラム

端末割引プログラムとは、LIBMOが提供しているポケット型WiFiの利用料が24ヶ月間550円割引になるキャンペーンとなっています。

こちらが適用される対象プランは以下のとおりです。

・データ通信専用SIM:なっとくプラン20GB、30GB
・実質0円対象機種:NEC製 MP02LN SA

LIBMOのポケット型WiFiは、20GBプランは1,991円で利用できるので十分オトクな内容となっています。

スマホ以外にタブレットやパソコンなどを持ち運んで利用される方を見るを使ってみるのもおすすめです。

jun
jun

ポケット型WiFiをいっしょにはじめてみるのも有りですね!

LIBMO×光セット割

LIBMOは、特定の光回線をセットで契約することでLIBMOの月額料金が220円割引になります。

LIBMOとセット割ができる光回線は下記のとおりです。

・@TCOMヒカリ
・TNCヒカリ
・ドコモ光×@TCOM
・ドコモ光×TNC
・コミュファ光対応サービス
・TNCケーブルひかり
・ひかりdeネット

@TCOMヒカリは、フレッツ光回線を利用した光コラボ回線なので全国の幅広いエリアで対応できる光回線です。

同じ光コラボ回線であれば、乗り換えもスムーズに行えるのでスマホの買い替えと同時に検討することをおすすめします。

jun
jun

光コラボ回線を利用中であればすぐに乗り換えられます!

LIBMOのキャンペーンをお得にゲットする方法

こちらではLIBMOのキャンペーンをお得に活用する方法を紹介していきます。

下記の2パターンについて解説します。

新規申し込みの場合

新規申込みの場合は、下記のキャンペーンを適用してお得にLIBMOをはじめましょう。

・最大12,000円相当還元プログラム
・事務手数料0円プログラム

LIBMOを2枚目のSIM(デュアルSIM)として利用する場合であれば、データ通信専用SIMを選択することになるので、なっとくプラン3GB以上で事務手数料0円ではじめることができます。

完全に新規で電話番号を取得して、スマホを使い始める場合であれば音声通話機能付きSIMになるので、なっとくプラン20GBか30GBにすることで、最大12,000円相当が還元されます。

LIBMOをどういう使い方をするのかをはっきりさせることで、適切なキャンペーンを利用することができます。

jun
jun

新規の場合はパターンが分かれるので、よく確認しておきましょう。

他社から乗り換える場合

他社から電話番号そのままでLIBMOに乗り換える場合は、下記のキャンペーンを利用しましょう。

・スマホ大特価セール

スマホ大特価セールは、番号そのまま乗り換え(MNP)に対して大幅な割引となっています。

現状の最安価機種は『moto e32s』で、一括払い価格が860円になります。

適用条件に関しても、音声通話機能付きSIMを申し込むだけとなっておりプラン内容の指定はありません。

スマホ大特価セールは、他のキャンペーンと併用ができない点に注意してください。

jun
jun

MNPならスマホを一緒に買ってしまいましょう!

LIBMOのキャンペーンの注意点2つ

それではLIBMOのキャンペーンについて注意したいポイントを解説します。

キャンペーンの注意点は下記の2点です。

キャンペーンごとに対象プランが異なる

LIBMOのキャンペーンは、それぞれキャンペーン適用対象プランが異なっています

音声通話機能付き、データ通信専用で指定があったり、データ通信容量で指定あったりとキャンペーンによって変わってきます。

なっとくプランライトについては、基本的にキャンペーン適用にはならないので利用には注意してください。

jun
jun

利用したいプランとキャンペーンを照らし合わせておきましょう。

キャンペーンはほぼ併用できない

LIBMOのキャンペーンは、併用できないような適用条件となっています。

スマホ大特価セールは、キャンペーン条件として併用付加の内容が盛り込まれています。

その他、最大12,000円相当還元プログラム、事務手数料0円プログラムについても、適用プランが限定されています。

たとえば音声通話機能付きSIMで、なっとくプラン20GB・30GBは最大12,000円相当還元プログラム対象ですが事務手数料0円プログラムは対象外です。

反対に、最大12,000円相当還元プログラム対象外プランは事務手数料0円プログラムの対象プランとなっています。(ライトプラン、ゴーゴープランを除く)

このようにLIBMOのキャンペーンは併用できない内容となっています。

jun
jun

上手に設定されてますね…。

LIBMOを利用するメリット5つ

ここではLIBMOを利用するメリットを紹介していきます。

ここで紹介するメリットは下記の5点です。

ドコモ回線が使える

LIBMOはドコモ回線を借りてサービス提供しています。

そのため全国幅広いエリアをカバーしており、地方でも繋がりやすい回線として利用することができます。

はじめて格安SIMを使う場合でも、ドコモ回線なら安心して使い始めることができますね。

jun
jun

やっぱりドコモ回線は安心!

月額料金が安い

LIBMOの料金プランは、全体的に割安な価格設定となっています。

音声通話機能付きSIMで月間20GBつかえる『なっとくプラン20GB』でも、月額1,991円と2,000円を切る金額で利用することができます。

ahamoやLINEMOでは20GBプランは2,700〜2,900円台となるので、LIBMOにすれば月々1,000円近い金額の節約につながります。

jun
jun

コストパフォーマンスが高い格安SIMです!

SIMフリーのスマホがセットで購入できる

LIBMOでは、SIMとスマホをセットで購入することができます。

現在LIBMOで実施されているスマホ大特価セールを利用すれば、800円台でスマホを手に入れられます

こちらについては、上記の項目で詳しく解説しているので参考にしてください。

jun
jun

端末セットは初期設定済で発送されます!

余ったデータ容量を翌月まで繰り越しできる

LIBMOでは、当月の余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます

ですので、月末が近くなってデータが余ってるからといって慌てて使う必要はありません。

むしろ翌月に余裕を持った利用ができるので、データ容量の使い方の幅が広がります。

jun
jun

繰り越しは地味に嬉しいポイントです!

10分の通話かけ放題がある

LIBMOではオプションサービスとして、10分通話かけ放題が用意されています。

10分通話かけ放題は月額770円で利用可能です。

そのほか、ゴーゴープランを選択することで毎月のデータ容量は少なくなってしまいますが、プランにかけ放題を含めることができます。

jun
jun

ゴーゴープランとの比較が重要です!

LIBMOを利用するデメリット5つ

つづいてLIBMOを利用する上でのデメリットを紹介していきます。

デメリットの主な内容は下記の5点です。

プランの選択肢が若干少ない

LIBMOの料金プランは、なっとくプランの中でデータ容量が5種類用意されており、その他はデータ容量が固定のゴーゴープランが選択できます。

他社格安SIMでは、さらに細かくデータ容量が選べるようにしているところもあります

そういった格安SIM会社と比べると、LIBMOは少なめのシンプルな料金プラン設定であるといえます。

jun
jun

逆に言えば選びやすいプラン設定ともいえます。

キャリアメールは使えない

LIBMOでは、ドコモやauなどのキャリアメールを利用することができません。

ドコモ、au、ソフトバンクから乗り換えたい場合でキャリアメールを使っている場合は注意が必要です。

事前にGメールなどのフリーメールアドレスに移行しておくと、スムーズに乗り換えができるでしょう

jun
jun

Gメールで運用しておくと今後も楽です!

違約金が高い

LIBMOでは、音声通話機能付きSIMについては最低利用期間1年間が設定されています。

1年以内に解約すると、違約金が発生してしまいます。

2022年6月末までに申し込んでいる場合は、10,450円の違約金となっています。

2022年7月以降に申し込みの場合では、電気通信事業法の改正により違約金の内容が見直されているため、金額は利用プランの1ヶ月相当額で設定されています。

jun
jun

法律の改正によって全体的に違約金事情が変更になっています!

支払い方法は基本的にクレジットカードのみ

LIBMOの支払い方法は、基本的にはクレジットカード払いとなります。

もう一つの支払い方法として『ISPまとめて請求』がありますが、これは特定の光回線を利用している場合に利用できる支払いです。

まとめて請求対象プランは以下のとおりです。

jun
jun

光回線の料金といっしょに支払う形です。

・TNCヒカリ:フレッツ対応プラン、TNCケーブルひかり、ひかりdeネット対応プラン、コミュファ光対応プラン
・@T-COMヒカリ:フレッツ光コース、auひかりコース

静岡県にしか店舗がない

LIBMOが扱えるリアル店舗である『TOKAIモバイルショップ』は静岡県にしかありません

オンラインのみでの申し込みが不安で実際に店舗で申し込みたい場合には、静岡県まで足を運ぶ必要があります。

jun
jun

オンラインでも問題なく申し込めます!

LIBMOがおすすめな人の特徴2つ

それではLIBMOがおすすめな人の特徴を紹介していきます。

特徴について主な内容は以下のとおりです。

20GB以上の契約をしたい人

LIBMOの強みとして、20GB・30GBのプランが他社に比べて割安な価格設定となっています。

通信エリアが広いドコモ回線が利用でき、データの繰り越しもできるので使いやすいSIMです。

なるべく金額を抑えながら、安定感のあるSIMが使いたい方におすすめの回線です。

jun
jun

MNPできるならスマホも買い替えがおすすめです!

TOKAIホールディングスの株を所有している人

TOKAIホールディングスの株を100株以上もっていると、株主優待としてLIBMOの割引が受けられます。

保有株数と割引額の詳細は下記のとおりです。

jun
jun

株主優待は今の時代見逃せないキーワードですよね!

保有株数割引額割引期間
100〜299株350円/月6ヶ月間
300〜4,999株850円/月6ヶ月間
5,000株以上1,880円/月6ヶ月間

LIBMOの申し込みから利用開始までの流れ

ここではLIBMOの申し込みから利用開始までの全体の流れを解説します。

大まかな流れは下記のとおりです。

LIBMOの公式サイトから申し込む

LIBMOの公式サイトにまずアクセスしてください。

そちらで料金プラン、端末、キャンペーンなどを確認しましょう。

利用したい内容が決まったら、サイト上にある『LIBMOに申し込む』をクリックしてください。

必要な情報を入力して、申し込みを完了させましょう。

jun
jun

下記ボタンから公式サイトにアクセスできます!

SIMを受け取り初期設定をして利用開始

LIBMOからSIMを受け取り、初期設定をして利用を開始します。

LIBMOで端末セット購入した場合は、初期設定がされた状態で手元に届きます

それ以外の場合は、利用する端末にネットワーク設定が必要なのでこちらを確認してください。

jun
jun

端末セット購入なら、すぐに使えて便利です!

LIBMOのキャンペーンに関するよくある質問

ここではLIBMOのキャンペーンなどについてよくある質問をまとめていきます。

主な質問内容は以下のとおりです。

LIBMOの問い合わせ先は?

LIBMOの問い合わせ先は公式サイトのチャットサポート、電話問い合わせ先は下記のとおりです。

jun
jun

チャットサポートがおすすめ!

LIBMOお客様センター
TEL:0120-27-1146
受付時間:10:00〜18:00(年間数日の休み有り)

LIBMOよりおすすめの格安SIMはある?

LIBMOの弱い点として、ドコモ回線をレンタルしているので速度が安定しない場面がでてきます。

これは格安SIM(MVNO)すべてにいえることです。ここで紹介するおすすめのSIMは、3大キャリア直下のSIMです。

金額が割高にはなりますが、通信速度はLIBMOよりも安定している回線を紹介しています。

jun
jun

速度を取るか、月額を取るか

回線名J:COMモバイル
LINEMO
LINEMO
Ymobile
Y!mobile
月額料金10GB:2,178円
20GB:2,728円
ミニプラン3GB:
990円
スマホプラン20GB:
2,728円
Sプラン3GB:2,178円
Mプラン15GB:3,278円
キャンペーンデータ盛り
シニア60割
ミニプラン半年間実質0円
PayPayポイント
あげちゃうキャンペーン
家族割
データ増量無料キャンペーン

まとめ:LIBMOはお得なキャンペーンが豊富でおすすめ

この記事では格安SIM『LIBMO』について基本情報やキャンペーンなどについて解説しました。

全体を通して抑えておきたいポイントは下記のとおりです。

・LIBMOはドコモ回線を利用した格安SIMサービス
・現在実施されているキャンペーンは6種類
・キャンペーンによって対象プランが違い、併用できない
・20GB、30GBプランの月額料金が他社と比べて割安
・料金プランの種類は少なめ
・TOKAIホールディングスの株主優待で月額割引
jun
jun

スマホ大特価セールの860円は本当にお得です!

LIBMOはドコモ回線をレンタルしたMVNOです。

キャンペーンが複数種類実施されており、その中でも特に番号そのまま乗り換え(MNP)で大きな割引が受けられるスマホ大特価セールに注目です。

現在の最安価機種は、『moto e32s』の一括払い価格860円まで割引されます。決して性能が悪い端末ではなく、コストパフォーマンスに優れた機種です。

LIBMOの料金プランは、20GBプラン1,991円で利用することができるので、通信費を節約することができます。

LIBMOは格安SIMとして全体的にバランスのとれた内容となっています。各種キャンペーンを活用すれば、さらに割安に利用できます。

こちらの記事を参考に、上手にLIBMOを使いこなしましょう。