お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

SIM

1番安い携帯会社はどこ?ランキング形式で人気の10社を徹底比較

近年、大手キャリアから格安SIMや格安スマホに乗り換える方が多くなってきました。

なぜなら、大手キャリアよりも安くSIMやスマホを利用することができるからです。

では、1番安い携帯会社はどこなのでしょうか?

今回の記事では、大手3キャリアの比較や格安SIM10社をランキング形式で比較しながら紹介し、目的別におすすめ携帯会社と大手キャリアから乗り換える手順を解説します。

とも
とも

この記事を参考にして、1番安い携帯会社をチェックしましょう!

【この記事でわかること】
・携帯会社大手3キャリアの比較
・格安SIM10社をランキング形式で安い会社を徹底比較
・格安SIMの比較ポイント・おすす携帯会社
・大手キャリアから格安SIMに乗り換える手順

\当サイトおすすめの格安SIM 3選/

サービス名

 

ahamo
ahamo
LINEMO
LINEMO
楽天モバイル
楽天モバイル
月額料金(税込)2,970円~990円~1,078円~
通信プラン20GB/100GB3GB/20GB3GB/20GB/無制限
最大通信速度4.1Gbps3.0Gbps2.8Gbps
詳細ahamoの詳細を見るLINEMOの詳細を見る楽天モバイルの詳細を見る

 

当サイトおすすめの格安SIMを見る

目次 INDEX
  1. 携帯会社はどこが1番安い?大手3キャリアを徹底比較
    1. 大手3キャリアの最安は「au」
    2. 大手3キャリアよりも格安SIMの方がお得
  2. 【20GBプラン】携帯会社(格安SIM)はどこが安い?ランキング形式で10社を徹底比較
    1. 第1位:エキサイトモバイル
    2. 第2位:IIJmio
    3. 第3位:J:COMモバイル
    4. 第4位:楽天モバイル
    5. 第5位:mineo
  3. 携帯会社(格安SIM)は安いだけではダメ|安さ以外に見るべき比較ポイント
    1. 最大データ容量
    2. キャンペーンの充実度
    3. 通信速度の実測値
    4. 口コミと評判の良さ
    5. 速度制限後の最大通信速度
  4. 料金の安さ以外に着目|目的別のおすすめ携帯会社(格安SIM)
    1. データ容量が無制限の格安SIMをお求めの方は「楽天モバイル」
    2. 通信速度が最速の格安SIMをお求めの方は「ahamo」
  5. 大手キャリアから格安SIMに乗り換えるには?4ステップにわけて解説
    1. STEP①:乗り換え先を決める
    2. STEP②:格安SIMに対応している端末を用意する
    3. STEP③:乗り換え先に申し込む
    4. STEP④:端末が届いたら初期設定を行い利用開始
  6. 安い携帯会社に関するよくある質問は?
    1. 携帯料金を安くしたいなら格安SIMに乗り換えるべき?
    2. 格安スマホは金持ちの方が利用している?
    3. 携帯会社(大手3キャリア)から格安SIMに乗り換えるとメールアドレスが使えなくなる?
  7. まとめ:1番安い携帯会社は「J:COMモバイル」|料金以外にも目を向けよう
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

携帯会社はどこが1番安い?大手3キャリアを徹底比較

比較

下記では、比較表を使って大手3キャリアの中で1番安い会社を紹介し、格安SIMのメリット・デメリットも解説します。

ドコモ ロゴドコモau ホームルーター 5GauSoftBankSoftBank
〜1GB2,980円※1年目
・2,178円
※2年目以降
・3,278円
3,278円
〜3GB3,980円※1年目
・3,828円
※2年目以降
・4,928円
5,478円
〜7GB5,980円※1年目
・4,928円
※2年目以降
・6,028円
〜20GB※1年目
・4,928円
※2年目以降
・6,028円
無制限7,315円7,238円7,238円

大手3キャリアの最安は「au」

大手3大キャリアの中で最安はauです。

他社と「〜1GBプランを一年目」で比較した場合は、ドコモやソフトバンクは、3,000円前後ですが、auの場合は、2,000円前半の料金で利用ができます。

そして、無制限プランで他社と比較しても安いです。

そのため、大手3キャリアの最安値はauといえます。

とも
とも

他社と比較して、1年目はauが一番安いです!

大手3キャリアよりも格安SIMの方がお得

大手キャリアよりも格安SIMの方が月額料金がお得です。

大手キャリアの場合は、月額料金が5,000円以上かかりますが、格安SIMの場合は、2,000円から3,000円程度の料金です。

したがって、大手3キャリアよりも格安SIMのほうがお得といえます。

とも
とも

下記で、格安SIMのメリット・デメリットを詳しく解説します。

格安SIMに乗り換えるメリット

格安SIMに乗り換えるメリットは、月額料金が安くなることです。

なぜなら、大手キャリアと違い実在店舗やスタッフが少ないからです。

実在店舗やスタッフが少ないため、管理費や人件費がおさえられるので月額料金を安く提供できます。

また、お得なキャンペーンなども多数用意されていることが多く、キャンペーンを利用すればさらに月額料金を安くできるでしょう。

とも
とも

格安SIMを提供しているプロバイダは多数存在するため、お得なキャンペーン内容が豊富に用意されています!

格安SIMに乗り換えるデメリット

格安SIMに乗り換えるデメリットは、大手3キャリアよりも通信速度が遅くなることです。

なぜなら、ほとんどの格安SIMは、大手3キャリアから通信回線を借りてサービスを運営しているからです。

そのため、ネット利用者が多い時間帯などは、通信速度が安定しないことがあります。

他には、キャリアメールが利用できなくなることです。

キャリアメールは、大手キャリア独自のメールアドレスなため、大手3キャリアを解約するとキャリアメールも使えなくなってしまいます。

なので、以前からキャリアメールを利用していた人にはデメリットに感じるでしょう。

とも
とも

格安SIMに乗り換える場合は、Gmailなどのフリーメールを事前に登録しておきましょう!

 当サイトおすすめの格安SIMを見る

【20GBプラン】携帯会社(格安SIM)はどこが安い?ランキング形式で10社を徹底比較

下記では、ランキング形式を使って格安SIM10社を徹底比較をします。

格安SIMの会社で、どこが安いのかチェックしましょう。

LINEMOLINEMOJ:COMモバイル ロゴJ:COMモバイルY!mobileahamoahamo楽天モバイルMineo 表用mineoIIJmioエキサイトモバイルnuro mobileNUROモバイルUQモバイル
料金プラン(月額料金+データ容量)・990円(3GB)
・2,728円(20GB)
・1,078円(5GB)
・1,628円(10GB)
・2,178円(20GB)
・2,728円(30GB)
※データ盛り適用時
・2,178円(3GB Sプラン)
・3,278円(15GB Mプラン)
・4,158円(25GB Lプラン)※家族割適用時
・990円(3GB Sプラン)
・2,090円(15GB Mプラン)
・2,970円(25GB Lプラン)
・2,970円(20GB)
・4,950円(100GB)
・1,078円(0GB〜3GB)
・2,178円(3GB超過〜20GB)
・3,278円(20GB超過後〜)
・1,298円(1GB)
・1,518円(5GB)
・1,958円(10GB)
・2,178円(20GB)
・850円(2GB)
・990円4GB
・1,500円(8GB)
・1,800円(15GB)
・2,000円(20GB)
※音声
・660円(低速通信のみ)
・1,210円(3GB)
・2,068円(20GB)
・4,400円(30GB)
・11,198円(50GB)※SMS
・627円(低速通信のみ)
・1,177(3GB)
・2,035円(20GB)
・11,165円(50GB)※データ
・550円(低速通信のみ)
・1,100円(3GB)
・1,540円(12GB)
・1,958円(20GB)
・11,088円(50GB)
・792円(3GB)
・990円(5GB)
・1,485円(10GB)
・2,090円(20GB NEOプラン Lite)
・2,699円(20GB NEOプラン)
・1,628円(3GBくりこしSプラン+5)
・2,728円(15GBくりこしMプラン+5)
・3,828円(25GBくりこしLプラン+5)
2年間の合計総額(20GBプランの場合)65,472円52,272円74,580円71,280円55,572円56,012円・51,733円(タイプD)
・51,746円(タイプA)
・49,632円(音声)
・48,840円(SMS)
・46,992円(データ)
・53,880円(20GB NEOプラン Lite)
・64,776円(20GB NEOプラン)
95,172円
通信速度(実測値)・平均ダウンロード速度: 70.58Mbps

平均アップロード速度: 16.61Mbps
平均ダウンロード速度:97.22Mbps
平均アップロード速:12.09Mbps
・平均ダウンロード速度: 65.01Mbps
平均アップロード速度: 16.11Mbps
平均ダウンロード速度::121.77Mbps
平均アップロード速:13.64Mbps

平均ダウンロード速度: 47.96Mbps

平均アップロード速度: 23.9Mbps
平均ダウンロード速度::39.79Mbps
平均アップロード速:8.74Mbps
・平均ダウンロード速度: 48.3Mbps

平均アップロード速度: 11.23Mbps
・平均ダウンロード速度: 15.26Mbps

平均アップロード速度: 5.91Mbps
・平均ダウンロード速度: 47.54Mbps

平均アップロード速度: 11.69Mbps
平均ダウンロード速度: 53.56Mbps

平均アップロード速度: 10.29Mbps

通信回線ソフトバンクauソフトバンクドコモ楽天・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・ドコモ
・au
・ドコモ
・au
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
au
キャンペーン・ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン
・PayPayポイントあげちゃう キャンペーン
・『Pokémon GO』パートナーリサーチ」の参加券がもらえるキャンペーン
・LINE MUSIC6カ月無料 キャンペーン
・通話オプション割引 キャンペーン
・追加申込でPayPayポイント3,000円相当プレゼントキャンペーン
・フィーバータイム キャンペーン
・WEB限定スタート割
・WEB得
・QUOカードプレゼント
・基本工事費実質0円
・新社会人応援U26割
・J:COM学割
・新築一戸建て限定

スタート割・
QUOカードプレゼント
・J:COM引越し割
・UR限定特別プラン
In My Room限定

QUOカードプレゼント
In My Roomセレクト限定

Wi-Fi 1年間無料
追加地デジ・BSデジコース無料
4K J:COM Box<HDD内蔵モデル>

6カ月間割引キャンペーン
セルフ設置

QUOカードPayプレゼント
【WEB申込限定】J:COM MOBILE

契約事務手数料無料
J:COM MOBILEシニア60割(カケホ/サポート)
電力スタート割キャンペーン
J:COM 電力 節電チャレンジ!2022夏※オプションお申し込みの方
・録画用ハードディスク(J:COM LINK 専用)3ヵ月割引
・4K J:COM Box<HDD内蔵モデル>3カ月間割引
・ディズニープラス最大6カ月無料
・メッシュWi-Fi追加ポッド最大2ヶ月無料
・メッシュWi-Fi追加ポッド配送手数料無料
・迷惑電話自動ブロック 3カ月無料キャンペーン
・SPEEDチャンネル 料金割引キャンペーン※お得なキャンペーン
・auスマートバリュー
・UQ mobile 自宅セット割
・お友達紹介特典
・転居先での基本工事費が実質0円(ご加入中の方)
・「『Pokémon GO』パートナーリサーチ」の参加券がもらえる キャンペーン
・【ワイモバイルLINEキャンペーン】「PayPayギフトカード 1,000円相当」が当たります!
・夏のPayPay祭!
・オンラインストアでSIMカード/e SIMご契約でPayPayポイントプレゼント
・ZEPETOにバーチャルショップがオープン
・ワイモバイルユーザーはLINE MUSICが6ヶ月無料!
・新どこでももらえる特典
・いっぱいPayPayもらえちゃう!
・ワイモバイル→ソフトバンク乗り換え特典
・60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン
・60歳以上は国内通話が通話がおトク
・データ増量無料キャンペーン2
・ケータイプランSS利用料割引
・下取りプログラム
・ワイモバイル祭り大特価
・ソフトバンク認定中古品iPhone
・今ご利用中のかたも対象!「シンプルS/M/L」のデータくりこしが可能に!
・SIMスターターキット
・おうち割
・家族割引サービス
・おうちの電話
・オンラインストア限定タイムセール
・おトクな法人契約割引
・ahamo✖️INSIDE THE FIRST TAKE キャンペーン
・ahamoでディズニープラスを楽しもうキャンペーン
・ahamo Dreamキャンペーン
・にじさんじ甲子園✖️ahamoキャンペーン
・にじさんじ甲子園✖️ahamo大盛りキャンペーン
・ahamo大盛り✖️Galaxy S22
・じゃんじゃん使えるじゃん!ahamo大盛りついに出た!100GB4,950円/月
・「Galaxy S22」がahamoに新登場、他社からのお乗り換えなら5,500円(税込)で購入可能に!
・ahamo✖️YOASOBIスペシャルコンテンツを順次配信!
・楽天市場のお買い物がポイント最大16倍
・コンテンツ特典、いろいろ♪楽天モバイルならおトクに楽しめる!
・【楽天モバイル公式 楽天市場店】他社から乗り換え(MNP)限定!iPhone SE(第3世代)発売記念キャンペーン
・iPhoneトク得乗り換えキャンペーン
・スマホ/Wi-Fiトク得乗り換えキャンペーン
・【ショップ限定】対象製品購入でさらにポイント還元キャンペーン
・お持ちのスマホそのままOK!最大8,000ポイント還元キャンペーン
・来店予約&店頭アンケートで500ポイント進呈!
・4県限定スペシャルキャンペーン
・Xperia 10 IV 発売記念 楽天ポイント5,000ポイント還元キャンペーン
・Rakuten Hand 5Gが実質1円!
・Apple Watchスタートキャンペーン
・モバイルWi-Fi実質0円キャンペーン
・【15分(標準)通話かけ放題】料金3カ月無料特典
・総額200万円相当分ポイント山分け!
・スマホあんしんセット最大1,500ポイント還元キャンペーン
・【楽天市場店限定】対象Android製品の回線セット申込で使える16,000円OFFクーポン配布中!
・楽天市場でのお買い物のポイントが最大51倍キャンペーン
・【楽天モバイル×楽天カード】 同時申し込みで最大7,000ポイントプレゼント!
・楽天ペイお支払い額が20%還元
・【楽天市場】スマホSELECTION
・【楽天モバイル公式 楽天市場店】スマートフォンアクセサリ全品送料無料!
・マイそく月額基本料金割引キャンペーン
・10分かけ放題440円割引キャンペーン
・かけ放題キャンペーン
・パケット放題Plus(1.5Mbps)最大2ヶ月無料キャンペーン
・Hulu 1年間220円割引キャンペーン
・iPhone端末保証最大2ヶ月無料キャンペーン
※端末・セット
・乗り換え応援キャンペーン
・ご愛顧感謝キャンペーン
・Reno7 A発売記念キャンペーン
・Xperia 10 IV発売記念キャンペーン※その他
・IIJmioひかり おいでよ!夏の大還元キャンペーン
・ADSL→IIJmioひかり 乗り換えキャンペーン
・ネットとSIM セットでおトクなmio割
・Hulu 1ヵ月間無料トライアル
・セブン・イレブン限定
・新品/中古 端末補償オプション
・G-Callなら10分かけ放題オプションも断然お得。
・簡単、安心早く売れる。IIJmio会員のスマホ買取ならBelong買取
・端末購入で(最大)10,000円分の「選べるe-GIFT」プレゼント!
・FitもFlatも3GBが3ヶ月(実質)「0円」キャンペーン
・NEOプランお乗り換え特典
・バリュープラスお乗り換え特典
・端末補償同時申込特典
・NURO 光・NUROモバイルセット割引特典
・So-net 光 & NUROモバイル セット割
・Pontaポイントを使おう!抽選で最大100%ポイント還元
・【auナビウォーク】ワクワクサマーキャンペーン
・【au PAYカード会員んお方限定】新規お申し込み&お借入れで合計最大5,000Pontaポイントプレゼント!
・UQ mobileオンラインショップ限定キャンペーン(SIMのりかえ特典)
・au PAYで対象のマイナポイントいずれかにお申し込みすると、総額1億円分当たる!
・UQ mobileオンライショップ限定新規契約特典auCertified(au限定リユース品)追加
・初めての電子書籍購入はおトクが盛りだくさん!
・UQ mobile・auからYouTube Premiumにご加入で、3ヶ月無料!
・UQ mobileオンライショップ限定キャンペーン(iPhone12、iPhone12mini新規契約特典)
・UQ mobileオンライショップ限定キャンペーン(Android対象機種新規契約特典)
・UQ mobile・auからApple Musicにご加入で、6ヶ月無料!
・くりこしプラン+5Gデータプレゼントキャンペーン
・UQモバイル→au移行プログラム
・au PAYスマートローン新規お申し込み&ご契約で最大2,000Pontaポイントプレゼント!
・ご利用のスマホ(他社スマホもOK!)の下取りサービス

第1位:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは、使った分だけ料金を払う『Fit』プランと定額料金を支払う『Flat』2つのプランが用意されています。

そのため、毎月データ量が一定ではない人でも余計な料金を支払わなくていいです。

そして、データ容量も他社の場合は、ほとんどが1GBから20GBですが、エキサイトモバイルは『低速通信のみ』から『50GB』まで幅広く選べるのも特徴です。

とも
とも

自分の使いたい分だけ支払うのは節約もできて嬉しいですね!

エキサイトモバイルの詳細を見る 当サイトおすすめの格安SIMを見る

第2位:IIJmio

IIJmio(アイアイジェイミオ)は、『SIM機能』と『データ容量』を組み合わせが自由で、自分の用途に合わせた料金設定ができます。

そして、利用できる回線もドコモとauを選ぶこともでき、全国で利用が可能です。

また、『IIJmioひかりとセットで契約をすると最大6ヶ月660円割引適用される嬉しいキャンペーンも用意しています。

とも
とも

テザリング機能なども無料で、ほとんどの端末に利用ができます!

IIJmioの詳細を見る 当サイトおすすめの格安SIMを見る

第3位:J:COMモバイル

J:COM MOBILE

J:COM モバイルは、20GBでも他社の中では安いほうですが、10GBは1,078円と業界最安値級です。

他には、他社の格安スマホは、実在店舗がないため、自分ですべて申し込みや契約を行わないといけないのですが、J:COM モバイルは、ショップが全国に45店舗あります。

そのため、メールや電話だけではなく直接サポートしてもらえるのも嬉しい特徴です。

とも
とも

Web操作が得意な人は、オンライン申し込みをすると、事務手数料が無料になります。

J:COMモバイルの詳細を見る 当サイトおすすめの格安SIMを見る

第4位:楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは、格安SIMでも珍しい自社で基地局を持っているため、他社の格安SIMよりも通信回線が安定しています。

そのため、リモート会議やオンラインゲームなど快適に利用されたい方にはおすすめです。

また、『最大24,000ポイント還元キャンペーン』などのお得な特典が多数揃っています。

他には、楽天モバイルを契約をしていると楽天市場でお買い物をするとポイントの還元率が高いサービスも行っています。

楽天モバイルの詳細を見る 当サイトおすすめの格安SIMを見る

第5位:mineo

Mineo mineo マイネオ

mineoは、『mineoパケット放題Plus』と呼ばれるオプションを利用すると最大通信速度は1.5Mbpsで、データ量を消費することなく無制限で利用することができます。

また、大手3キャリアの回線を利用できるため、地域によって適した回線を自動的に選択してくれて、安定した通信回線を可能にしてくれます。

とも
とも

大手3キャリア回線を利用できるため、どのキャリアから乗り換えてもSIMロックをしなくてもいいため、どのキャリアからも簡単に乗り換えが可能です!

mineoの詳細を見る 当サイトおすすめの格安SIMを見る

携帯会社(格安SIM)は安いだけではダメ|安さ以外に見るべき比較ポイント

光回線の工事費を抑えるポイント

格安SIMは、大手3キャリアよりも安く利用ができるのが魅力ですが、安さ以外にも見るべきポイントがあります。

次は、安さ以外に見るべきポイントを解説します。

最大データ容量

最大容量で携帯会社を選ぶポイントの1つです。

なぜなら、毎月利用する用途によって必要なデータ容量が違うからです。

例えば、通話やメール・Webサイト閲覧だけに利用したい人が、大容量データプランを利用した場合、余計な月額料金を支払わないといけなくなります。

また、動画視聴やオンラインゲームなどを頻繁に利用されたい人が、少量のデータプランを契約をしてしまうと、すぐ速度制限にかかってしまって快適に利用ができないでしょう。

とも
とも

自分のライフスタイルに合った最大データ容量を選びましょう。

キャンペーンの充実度

格安SIMを運営しているプロバイダは、多数あり、各社サービスのオリジナル性を出すために月額料金だけではなく、「キャッシュバックキャンペーン」や「乗り換えキャンペーン」などのお得なキャンペーンを用意しています。

そのため、キャンペーンの充実性も格安SIMを選ぶポイントの1つです。

とも
とも

格安SIMは様々なキャンペーンやサービスが豊富に用意されています。

通信速度の実測値

インターネットサービスを快適に利用するには、通信速度の実測値はとても大事です。

通信速度の実測値とは、実際に出る通信速度のことです。

実測値が遅いと動画視聴の場合、途中で動きが止まったり、遅くなったりして快適にインターネットを利用することができません。

そのため、通信速度の実測値をチェックするのは大事です。

とも
とも

実測値の確認方法は、Webサイトで調べられることができるので、契約する前に実測値を確認してください。

口コミと評判の良さ

口コミと評判の良さも選ぶポイントです。

なぜなら、口コミは、実際にサービスを利用したリアルな感想だからです。

口コミを確認することで、自分が利用したいと思っている格安SIMが実際自分に合っているのか合っていないのかが間接的にわかります。

そのため、格安SIMを契約してから後悔することがありません。

とも
とも

格安SIMを申し込む前は、口コミを確認して、契約を考えている格安SIMが自分に合っているサービスなのか見極めてください。

速度制限後の最大通信速度

他には、速度制限後の最大通信速度もチェックも大事です。

なぜなら、ほとんどの格安SIMは、データ量無制限のプランがないため、速度制限が大手キャリアよりもかかりやすいからです。

通信制限後の通信速度が遅すぎるとメール送受信やWebサイトの閲覧もできなくなってしまいます。

そのため、速度制限後の最大通信速度もチェックしてください。

とも
とも

低速であればデータ量無制限に利用できる格安SIMもあります。

 当サイトおすすめの格安SIMを見る

料金の安さ以外に着目|目的別のおすすめ携帯会社(格安SIM)

 

選び方

安さ以外で格安SIMを選ぶポイントは理解できたと思います。

次は、目的別におすすめの携帯会社を紹介します。

データ容量が無制限の格安SIMをお求めの方は「楽天モバイル」

楽天モバイル

データ容量が無制限の格安SIMをお求めの方は、『楽天モバイル』がおすすめです。

なぜなら、楽天モバイルは、独自の回線を持っているからです。

そのため、他社の場合は、大手キャリアから回線を借りてサービスを提供していますが、他社の格安SIMよりも、通信環境が安定しています。

とも
とも

通信環境が安定していてデータ容量を気にしたくない人におすすめです。

楽天モバイルの詳細を見る 当サイトおすすめの格安SIMを見る

通信速度が最速の格安SIMをお求めの方は「ahamo」

ahamo アハモ 格安sim サブブランド

今回比較した中で、通信速度が最速な格安SIMは、『ahamo』です。

他社の中で速い通信速度は、実測値が平均ダウンロード速度:97.22Mbpsでしたが、ahamoの平均ダウンロード速度は121.77Mbpsでした。

そのため、通信速度が最速な格安SIMは『ahamo』といえます。

したがって、通信速度が最速の格安SIMをお求めの方は、『ahamo』に申し込んでください。

とも
とも

また、ドコモ回線なため、全国で利用が可能です!

ahamoの詳細を見る 当サイトおすすめの格安SIMを見る

大手キャリアから格安SIMに乗り換えるには?4ステップにわけて解説

大手キャリアから格安SIMに乗り換えるには、いくつかのステップがあります。

次は、大手キャリアから格安SIMに乗り換える手順4つを紹介します。

STEP①:乗り換え先を決める

格安SIMに乗り換えるステップは、自分の使い方やサービスを確認して、乗り換え先を決めます。

格安スマホのサービスを提供しているプロバイダは多数あるため、会社によって料金プランやキャンペーンなどが様々です。

そのため、自分の用途に合った格安SIMの乗り換え先を決めましょう。

とも
とも

データ容量やオプションなど様々なので、あらかじめ公式サイトなどから調べておきましょう!

STEP②:格安SIMに対応している端末を用意する

最近のスマホは、ほとんどの格安SIMに対応していることが多いですが、例外として格安SIMに対応していない場合があります。

そのため、格安SIMに乗り換える場合は、自分の利用しているスマホが対応しているか確認して端末を用意してください。

もしくは、格安SIMに乗り換えのタイミングで、一緒にスマホを買い換えましょう。

とも
とも

格安SIMで端末をセット割キャンペーンなど行っている場合、端末が実質0円で購入することもできます。

STEP③:乗り換え先に申し込む

端末が用意ができたら、乗り換え先に申し込みましょう。

格安SIMの申し込み方法は、実在店舗が少ないため、基本はWebからの申し込みになります。

申し込み時に必須項目を入力すれば、入力時に記載した住所に端末が届きます。

とも
とも

直接サポートを行ってもらえる格安SIMもあるため、Web操作が苦手な人は、検索をしてみてください!

STEP④:端末が届いたら初期設定を行い利用開始

Webサイトで申し込みが完了して、SIMカードと付属品が届いたら、自分が利用したい携帯端末にSIMカードを差し込みましょう。

差し込んだら、付属品と一緒に送られてくる説明書通りに初期設定を行ってください。

初期設定が完了して、動作確認をして問題がなければ利用が開始できます。

とも
とも

もし、説明書を読んでもわからない場合は、お問合せフォームに連絡をしてみてください。

 当サイトおすすめの格安SIMを見る

安い携帯会社に関するよくある質問は?

質問

安い携帯会社によくある質問はどのような質問があるのでしょうか?

次は、安い携帯会社に関するよくある質問を紹介します。

携帯料金を安くしたいなら格安SIMに乗り換えるべき?

大手キャリアのスマホを利用しているのであれば、携帯料金を安くしたいなら、格安SIMに乗り換えをおすすめします。

なぜなら、格安SIMのほうが月額料金が安いからです。

格安SIMは、大手キャリアから回線を借りてサービスを行ったり、実在店舗を少なくすることによって、管理費や人件費などおさえられ、月額料金が安く提供できます。

そして、おトクなキャンペーンなども様々用意されているため、月額料金からさらに安くすることができます。

そのため、携帯料金を安くしたいのであれば、格安SIMに乗り換えましょう。

とも
とも

格安スマホに乗り換えれば、大手キャリアのスマホよりも半分程度割安で利用することができます。

格安スマホは金持ちの方が利用している?

格安スマホに乗り換えるお金持ちが利用していることが多いです。

なぜなら、大手3キャリアよりも格安スマホは支出が少ないからです。

お金持ちの方は、支出をおさえて多く収支を行っています。

そのため、お金持ちの方は、月の支出を大手キャリアよりもおさえられる格安スマホを利用されます。

とも
とも

お金持ちではなくても支出をおさえたい方は、格安スマホに乗り換える方が多いです。

携帯会社(大手3キャリア)から格安SIMに乗り換えるとメールアドレスが使えなくなる?

携帯会社の大手3キャリアから格安SIMに乗り換えるとキャリアメールは利用ができなくなります。

なぜなら、キャリアメールは、大手3キャリアの独自メールアドレスだからです。

そのため、キャリアメールは使えなくなります。

しかし、キャリアメール以外のメールアドレスは、格安SIMに乗り換えても利用するとこが可能です。

とも
とも

最近は、Gmailなどのフリーメールを利用することが増えたので、乗り換える理由としてあまりデメリットに感じない人が多いです。

 当サイトおすすめの格安SIMを見る

まとめ:1番安い携帯会社は「J:COMモバイル」|料金以外にも目を向けよう

 

今回の記事では、大手3キャリアの比較や格安SIM10社をランキング形式で比較しながら紹介し、目的別におすすめ携帯会社と大手キャリアから乗り換える手順を解説しました。

格安SIMを提供している携帯会社は通信速度や独自のサービスなど様々な特徴がありました。

そのため、料金以外にも目を向けて格安SIMを選びましょう。

料金以外で目を向けて1番安い携帯会社は『J:COMモバイル』です。

なぜなら、実測値も高いのに料金が安いことです。

そのため、料金が安くおさえられて通信速度も高い格安SIMを利用したい人は、J:COMモバイルに申し込んでください。

 当サイトおすすめの格安SIMを見る