お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

Wi-Fiおすすめ比較

海外でも長期レンタルできるポケット型Wi-Fi8選|人気の端末はコレ

海外で長期滞在する機会が多い方だと、光回線より持ち運び可能な便利なポケット型Wi-Fiを契約したいと考える方が多いですよね。ただ、ポケット型Wi-Fiにもさまざまな種類があり、どれを契約すればよいのか迷ってしまいますね。

そこで今回は、ポケット型WiFiに中でも、海外でも長期レンタルできる人気の端末を紹介していきます。

この記事では海外でも長期レンタルできるポケット型Wi-Fiの選び方や知っておきたい注意点について徹底解説しています。ぜひ最後までご覧になってください!

【この記事でわかること】
・失敗しない!海外でも長期レンタルできるポケット型Wi-Fiの選び方
・海外でも長期レンタルできる人気のポケット型Wi-Fi
・海外対応のポケット型Wi-Fiをレンタルする前に知っておきたい注意点
イモトのWiFiグローバルWiFi

Trip WiFi
レンタル料金(1日あたり)940円(ハワイ)
※渡航先によって料金が異なります
1470円(ハワイ)
※渡航先によって料金が異なります
1GB 1,000円(ハワイ)
※渡航先によって料金が異なります
料金プランの種類・通常プラン
・無制限プラン
・周遊プラン
・通常プラン
・無制限プラン
・周遊プラン
通常プラン
使用可能国の数200カ国以上200カ国以上100ヶ国以上
端末の最大速度・最大75Mbps(下り)
・最大25Mbps(上り)
※LTE基準
記載なし(※4G/LTEが使用可能)最大150Mbps (下り)
最大50Mbps(上り)
受取方法自宅、
東京本社、
空港(成田・羽田・
関西国際・中部国際・
新千歳・福岡)
自宅、
コンビニ、
現地(ハワイ・韓国・台湾)、
空港(羽田・関西国際・中部国際・
新千歳・仙台・静岡・伊丹・小松・
福岡・北九州・大分・宮崎・
鹿児島・那覇)、
他(渋谷ちかみち・JR宮崎駅)
端末を購入して使用
(※19,580円)

 

目次 INDEX
  1. 海外でも長期レンタルできるポケット型Wi-Fiはある?
  2. 失敗しない!海外でも長期レンタルできるポケット型Wi-Fiの選び方
    1. 旅行先に対応しているレンタル会社を選ぶ
    2. 必要なデータ容量を満たせるレンタル会社を選ぶ
    3. サポート環境が整っているレンタル会社を選ぶ
    4. 空港カウンターで受取・返却できるレンタル会社を選ぶ
    5. 料金が安いレンタル会社を選ぶ
  3. 海外でも長期レンタルできるポケット型Wi-Fi5選|人気端末を紹介
    1. イモトのWiFi:利便性抜群
    2. グローバルWiFi:手厚いサポート
    3. Trip WiFi:面倒な手続きが不要
    4. HIS Mobile Wi-Fi:低価格で高品質
    5. Wi-Ho!:豊富なオプション
  4. クラウドSIMは海外にも対応?長期レンタルできるポケット型Wi-Fi3選
    1. ZEUS WiFi:クラウドWiFiの中で最安値級
    2. AiR WiFi:海外出張や旅行好きな方におすすめ
    3. Mugen WiFi:業界最安級
  5. 海外対応のポケット型Wi-Fiを長期レンタルするなら?事前に知っておきたい注意点
    1. 端末を紛失・破損させると弁償金を支払う必要がある
    2. 申し込み国以外では接続しないようにする
    3. レンタル返却期限を過ぎないようにする
  6. 海外用のポケット型Wi-Fiをレンタルするまでの手順は?返却までの流れを解説
    1. STEP① Webから申し込む
    2. STEP② 空港のカウンター・指定の住所でWiFiを受け取る
    3. STEP③ 旅先に着き次第、利用を開始
    4. STEP④ 飛行機に乗る前には電源をOFFに
    5. STEP⑤ 空港のカウンター・郵送で返却
  7. 海外でも使える長期レンタルWiFiに関するよくある質問は?
    1. 海外でもレンタルできるポケット型Wi-Fiの使い方は?
    2. 日本用のポケット型Wi-Fiは海外でも使える?
    3. イモトのWiFiは成田空港でもレンタルできる?
  8. まとめ:海外でも長期レンタルできるおすすめのWi-Fiは「イモトのWiFi」
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

海外でも長期レンタルできるポケット型Wi-Fiはある?

人生の中でも特大のイベントとして心に残り続ける、海外旅行。

そんな海外旅行ですが、マップや翻訳サイトなどを利用することもあるので、当然スマホやPCは必須になるかと思います。

ただ、海外ではスマホやPCを持っていくだけではダメで、海外用のWi-Fiが必要。

もし海外で、Wi-Fiを使わずにインターネットなどを使ってしまうと、後々に莫大な利用料を請求されることにもなりかねません。

そういったことを避けるためにも、海外に行く際にはWi-Fiを必ず持っていきましょう。

また海外用のWi-Fiには、長期レンタルできるものや、ポケット型のものもあるため、ご安心ください。

失敗しない!海外でも長期レンタルできるポケット型Wi-Fiの選び方

続いては、海外用レンタルWi-Fiを選ぶ際に必ずチェックしておきたいポイントをご紹介。

せっかく海外用のレンタルWi-Fiを借りたのに、いざ現地に着いたら全く使えないってことになったら嫌ですよね?

そのため、楽しい海外旅行にするためにも、長期で使える海外用レンタルWi-Fiをしっかりと選んでいきましょう。

【チェックしておきたいポイントは以下の5つ】
・旅行先に対応しているレンタル会社を選ぶ
・必要なデータ容量を満たせるレンタル会社を選ぶ
・サポート環境が整っているレンタル会社を選ぶ
・空港カウンターで受取・返却できるレンタル会社を選ぶ
・料金が安いレンタル会社を選ぶ

旅行先に対応しているレンタル会社を選ぶ

まず絶対に確認しておきたいのが、「旅行先に対応しているレンタル会社かどうか」です。

Wi-Fiは、国・地域ごとに使用している回線や周波数帯が全く違います。

そのため、Wi-Fiをレンタルしたとしても、現地の回線や周波数帯に対応していないと、Wi-Fiを利用することはできないのです。

ポケット型Wi-Fiのサイトには大抵、「○○国以上に対応」といった文言があるかと思いますが、そこからさらに、「自分の旅行先の国は対応しているか?」って点も確認しておきましょう。

必要なデータ容量を満たせるレンタル会社を選ぶ

海外用レンタルWi-Fiには、色々なデータ容量プランがあります。

利用頻度を想定して、通信容量を選ぶことが一番得策ではありますが、正直

海外でどのくらいデータ容量を使うかなんてわからない…

って方も多いかと思います。

そこでおすすめなのが、「無制限プラン」です。

「無制限プラン」とはその名の通り、制限なしで使い放題できるプラン。

料金は高くなってしまいますが、家族や友達と海外旅行へ行くなら、みんなでお金を出しあって利用することができるので、おすすめのプランです。

また、スマホ等でマップを確認する場合、1回の閲覧で約500~1000KB使用すると言われています。

そのため、1人で海外へと行き、「マップやメールくらいしか使う予定が無い」といった方なら、【1日1GBのプラン】があれば、十分必要なデータ容量を満たすことが可能です。

サポート環境が整っているレンタル会社を選ぶ

サポート環境が整っているレンタル会社を選ぶことは、とても大切。

なぜなら海外では、トラブルに巻き込まれしまう可能性が十分にあるからです。

特に「Wi-Fiが壊れてしまった」「Wi-Fiを失くしてしまった・盗まれてしまった」といったトラブルは、突然起こってしまうもの。

そういった時に、日本語でサポートしてくれるレンタル会社があったら凄く安心できますよね。

なので、レンタルWi-Fiの利用が初めての方や海外旅行に慣れていない方は、「サポート環境」といった点も確認しておきましょう。

また、サポート体制は「24時間サポート」のところが良いです。

空港カウンターで受取・返却できるレンタル会社を選ぶ

海外用レンタルWi-Fiを利用するときは、空港カウンターで受取・返却できるレンタル会社を選ぶといいでしょう。

空港カウンターであれば、返し忘れの心配も無くなります。

また海外用レンタルWi-Fiはネットで注文して、自宅で受け取ることもできますが、旅行当日に自宅に忘れてきてしまうケースがあるかもしれません。

そのため、受け取りも空港カウンターでしてしまうのが、忘れ物防止にもなるので便利です。

しかし、旅行シーズンだとカウンターが混みあって、受け取るのに時間がかかってしまう場合があります。

なので旅行当日は、余裕をもって空港に向かうようにしましょう。

料金が安いレンタル会社を選ぶ

どんなに良いサービス内容でも、料金があまりにも高かったら使うのも躊躇してしまいますよね。

しかし中には、「サービス内容は充実+料金も格安」といったレンタル会社があります。

さらに、早割や長期割りなどの割引キャンペーンを行っているレンタル会社も存在。

そのため、格安で利用したい方はキャンペーン情報も含めてチェックしておきましょう。

海外でも長期レンタルできるポケット型Wi-Fi5選|人気端末を紹介

事前にできる対処法

海外用レンタルWi-Fiを選ぶ際に必ずチェックしておきたいポイントを紹介しました。

しかし、ここまで読んでいただいた人の中には

とりあえず人気の端末だけでも教えてほしい

と思われた方もいるかもしれません。

というわけで、海外でも長期レンタルできる人気のポケット型Wi-Fi5選を比較してみました。

イモトのWiFiグローバルWiFi

Trip WiFiHIS Mobile Wi-FiWi-Ho!
レンタル料金(1日あたり)940円(ハワイ)
※渡航先によって料金が異なります
1470円(ハワイ)
※渡航先によって料金が異なります
1GB 1,000円(ハワイ)
※渡航先によって料金が異なります
900円(ハワイ)
※渡航先によって料金が異なります
1250円(ハワイ)
※渡航先によって料金が異なります
料金プランの種類・通常プラン
・無制限プラン
・周遊プラン
・通常プラン
・無制限プラン
・周遊プラン
通常プラン・無制限プラン
・周遊プラン
・通常プラン
・無制限プラン
・周遊プラン
使用可能国の数200カ国以上200カ国以上100ヶ国以上80ヶ国以上200カ国以上
端末の最大速度・最大75Mbps
(下り)
・最大25Mbps
(上り)
※LTE基準
記載なし(※4G/LTEが使用可能)・最大150Mbps
(下り)
・最大50Mbps
(上り)
記載なし(※4G/LTEが使用可能)・最大150Mbps
(下り)
・最大50Mbps
(上り)
受取方法自宅、東京本社、空港(成田・羽田・関西国際・中部国際・新千歳・福岡)自宅、コンビニ、現地(ハワイ・韓国・台湾)、空港(羽田・関西国際・中部国際・新千歳・仙台・静岡・伊丹・小松・福岡・北九州・大分・宮崎・鹿児島・那覇)、他(渋谷ちかみち・JR宮崎駅)端末を購入して使用
(※19,580円)
自宅、空港(成田・羽田・関西国際・中部国際・新千歳・高松・松山・福岡)自宅、空港(成田・羽田・関西国際・中部国際・新千歳・高松・松山・福岡)
【人気端末の詳細は次の5つ】
・イモトのWiFi:利便性抜群
・グローバルWiFi:手厚いサポート
・Trip WiFi:面倒な手続きが不要
・HIS Mobile Wi-Fi:低価格で高品質
・Wi-Ho!:豊富なオプション

イモトのWiFi:利便性抜群

タレントのイモトアヤコさんが宣伝部長を務めていることでも知られている、イモトのWiFi。

そんなイモトのWiFiは、利便性が抜群な事や、豊富なオプションが魅力的です。

24時間のサポート体制が整っていることや、200カ国以上に対応している使用可能国の多さは高評価のポイントですね。

また定期的に割引なども行っているので、チェックしておきましょう。

カウンターは6空港のみとやや少なめですが、全額補償といった補償サービスもあるため、サポート内容は中々の手厚さです。

グローバルWiFi:手厚いサポート

株式会社ビジョンが提供している、グローバルWiFi。

そんなグローバルWiFiは、電話やメール、さらにはLINEやSkypeでもサポートを受けることができることから、手厚いサポートがあるとして評価を高めています。

また、受取・返却ができる場所がとても多いため、利便性も抜群。

料金は少し高めではありますが、海外旅行中でもデータ容量を増やすことができたり、旅行保険を付ける事までできるなど、徹底して消費者に寄り添ったサポート内容となっています。

内容は中々の手厚さです。

Trip WiFi:面倒な手続きが不要

2020年8月に登場したクラウド型WiFiサービス、Trip WiFi。

そんなTrip WiFiは、「使い勝手が良い」と近年注目を集めています。

実際にTrip WiFiは、端末を購入してから専用のアプリをダウンロードするだけで、直ぐに使い始めることができるので、面倒な手続きがいりません。

端末料金19,580円(税込)がかかってしまいますが、簡単に手続きができるので、電子機器を操作する人が苦手な人でも安心して使えます。

内容は中々の手厚さです。

HIS Mobile Wi-Fi:低価格で高品質

大手旅行代理店のH.I.S.が展開しているWi-Fiレンタルサービス、HIS Mobile Wi-Fi。

そんなHIS Mobile Wi-Fiは、他社と比較してみても料金を低めに設定しているのが魅力的です。

そのため、格安でWi-Fiをレンタルしたい方にぴったりのサービスになっています。

また、価格が良心的だからといって、サポート内容が不足しているわけではなく、万が一の補償プランが無料で含まれているなど、サポート内容も充実。

使用可能国の数が80程度と若干少なめではありますが、人気の旅行先は対応しているので、問題はないといえます。

Wi-Ho!:豊富なオプション

テレコムスクエアが提供する通信サービス、Wi-Ho!。

そんなWi-Ho!は、翻訳機やモバイルバッテリーなど、豊富なオプションが魅力的です。

また、使用可能国の数は200ヵ国以上と多く、24時間サポートや、全額補償・旅行保険に加入することができるなど、サポート内容も充実しています。

また受取先は自宅と国内8つの空港カウンターが利用できるため、利便性も抜群。

料金設定は平均より高めですが、時期によっては割引キャンペーンも実施されているので、公式HPを定期的にチェックしておきましょう。

クラウドSIMは海外にも対応?長期レンタルできるポケット型Wi-Fi3選

近年、急速に普及している次世代型の通信技術、クラウドSIM。

その中で、クラウドSIMのポケット型WiFiも今注目を集めています。

そこで今回は、クラウドSIMのポケット型WiFiの比較表を作成しました。

ZEUS WiFizeus wifiAiR WiFiMugen WiFimugen wifi
月額料金(7日)
1GB:968円(ハワイ)
・エリア①(ヨーロッパ・北アメリカなど):日額1,320円
・エリア②(アフリカ・南アメリカなど):日額1,760円
・エリア①(ヨーロッパ・北アメリカなど):日額1200円
・エリア②(アフリカ・南アメリカなど):日額1,600円
データ容量1GB1GB1GB
海外対応106ヵ国で使用可能135ヶ国以上134カ国以上
オプション料金端末あんしんオプション
月額440円
・契約期間なしオプション
月額330円
・安心オプション
月額550円
・低速補償プラン:月額440円
・2年間縛りなしプラン
:月額660円
・Mugen 補償オプション
:月額550円
・Mugen 補償オプション+紛失α:月額660円
契約期間・スタンダードプラン
(2年間)
・フリープラン
(期間なし)
・海外データプラン
(3つのデータ容量と滞在日数から選択可能)
1年毎に無料解約期間あり2年毎に更新
解約違約金スタンダードプラン
9,500円
2年未満:2,970円
更新月:0円
1年未満:9,900円
1~2年未満:5,500円
25ヶ月目以降:違約金なし
【クラウドSIMのポケット型WiFiの詳細は以下の3つ】
・ZEUS WiFi:クラウドWiFiの中で最安値級
・AiR WiFi:海外出張や旅行好きな方におすすめ
・Mugen WiFi:業界最安級

ZEUS WiFi:クラウドWiFiの中で最安値級

大容量のネットが安く使えることが売りの、ZEUS WiFi。

そんなZEUS WiFiは、クラウドWiFiの中でも最安値級の料金設定だと評判が高まっています。

ZEUS WiFiを利用する際の料金は、国ごとに分かれる形。

対して、MugenWiFiやAiR-WiFiなどは、世界130カ国を2エリアに分けて、それぞれ1日1GBで1200円と1,600円になります。

そのため、利用容量次第でものすごく安く利用できる可能性があるのが、ZEUS WiFiの特徴です。

しかし、「クラウドSIMは速度が遅い」という評判もいくつか上がっているので、快適なネット環境を求めている人は、熟考してみたほうがいいかもしれません。

AiR WiFi:海外出張や旅行好きな方におすすめ

2021年2月にサービスが開始された、AiR WiFi。

そんなAir-WiFiは、海外でも使うことができます。

申込や設定、SIMの入れ替えなどはいらず、海外で使った分を別料金を支払うだけでOK。

135ヶ国に対応しているため、海外出張や旅行好きな方などに特におすすめです。

しかし、こちらも通信速度が遅かったり、過去に通信障害が発生したこともあるので、注意が必要。

Mugen WiFi:業界最安級

MUGEN WiFi

株式会社FREEDiVEが提供している、Mugen WiFi。

そんなMugen WiFiは、Air-WiFiと同じように海外でもそのまま使用することができます。

利用料金はヨーロッパ・北アメリカなどのエリアで、1日1200円、アフリカ・南アメリカなどのエリアで1日1600円。

海外にそのまま持っていって料金を払えば使えるので、わざわざWiFiをレンタルする必要がありません。

ただ、国によってはレンタルした方が安く済む場合があるので、事前にレンタルWiFiと比較してみるのがおすすめです。

海外対応のポケット型Wi-Fiを長期レンタルするなら?事前に知っておきたい注意点

ここまではどちらかと言うと、良い部分をお伝えしてきました。

ただもちろん、良いところばかりではなく、注意点もいくつか存在します。

トラブルに巻き込まれてからでは遅いで、事前に注意点を確認しておきましょう。

【事前に知っておきたい注意点は次の3つ】
・端末を紛失・破損させると弁償金を支払う必要がある
・申し込み国以外では接続しないようにする
・レンタル返却期限を過ぎないようにする

端末を紛失・破損させると弁償金を支払う必要がある

レンタルなので、企業から機器を借りる形になります。

そして当然借りているを紛失や破損させたりすると弁償が必要に。

また盗難された場合でも、いくらかの弁償金を支払わなければなりません。

ただ、どんなに気を付けていてもトラブルは起こってしまうものです。

そんなトラブルがあった際に役立つのが、補償サービス。

こちらに加入すると、失くしたり壊したりのトラブルが発生しても、弁償をする必要がなくなります。

ただ会社によって、一部補償だったり、全額補償だったりするので、補償の範囲といったところもよく確認しておきましょう。

申し込み国以外では接続しないようにする

機器を申し込む際に、利用国を選択します。

選択した国で接続する分には何の問題もないのですが、万が一選んだ国以外で接続を行ってしまった場合、契約違反に。

そして契約違反になってしまった場合、高額な違約金を請求されることもありますので、絶対に接続しないようにしましょう。

電源を入れただけでも自動接続されてしまうこともあるので、契約中の国にいるとき以外は電源をOFFにしておいた方が無難です。

レンタル返却期限を過ぎないようにする

返却期限についても注意が必要です。

たとえインターネットに接続しなかったとしても、返却日を過ぎた機器を手元に持ち続けていた場合は延長料金が発生します。

そのため、返却のし忘れてはもちろん、時差の関係などもしっかりと考慮して契約するようにしましょう。

また、万が一間違えて持ち帰ってしまった場合には、すぐにサポートセンターに連絡を取った方が無難です。

海外用のポケット型Wi-Fiをレンタルするまでの手順は?返却までの流れを解説

続いては、申し込んでから返却するまでの手順をご紹介します。

一般的に以下のような手順で手続きを行うことになるはずです。

注意点と共に、詳しく見ていきましょう。

【流れは以下の5つ】
・STEP① Webから申し込む
・STEP② 空港のカウンター・指定の住所でWiFiを受け取る
・STEP③ 旅先に着き次第、利用を開始
・STEP④ 飛行機に乗る前には電源をOFFに
・STEP⑤ 空港のカウンター・郵送で返却

STEP① Webから申し込む

まずは各サービスのサイトにアクセスして、申し込みを行います。

利用する国やレンタルする日数、プラン、受取・返却方法、オプションなどはすべてWeb上で指定することが可能です。

旅行当日だと、空港のカウンターなどでレンタルに応じてくれない可能性がありますので、事前に申し込みをしておきましょう。

STEP② 空港のカウンター・指定の住所でWiFiを受け取る

続いては自宅や空港のカウンターなど指定した場所で、WiFiを受け取ります。

自宅での受け取りにした場合は、旅行当日に忘れないように気を付けましょう。

また空港カウンターで受け取る際も、出国ゲートを超えてしまうと受け取りはできませんので、出国手続きの前に受け取りが必須です。

STEP③ 旅先に着き次第、利用を開始

旅先に着き次第、利用を開始してもOKです。

ここで気を付けていただきたいのは、契約したプランが渡航先の場合、渡航先以外で電源を付けてしまうと、追加料金がかかる場合があります。(※国内でも)

そのため、必ず渡航先に着いてから電源を入れましょう。

STEP④ 飛行機に乗る前には電源をOFFに

帰国する際は、飛行機に乗る前に電源を落としておきましょう。

なぜなら、帰国後の日本の空港などで通信が行われると、追加料金がかかってしまうことがあるからです。

せっかく楽しい旅行だったのに、最後に余計の出費が出てしまうのは嫌ですよね。

なので、帰りの空港に付き次第、電源を切っておくと安心です。

STEP⑤ 空港のカウンター・郵送で返却

最後に、指定した返却方法で機器を返します。

空港カウンターを指定した場合は、受取時のカウンターか返却BOXがあるのでそこに返します。

指定場所で返却できなかった場合は、サポートセンターへと一度連絡を入れましょう。

海外でも使える長期レンタルWiFiに関するよくある質問は?

続いては、よくある質問をご紹介。

まだまだ疑問が残っている方はこちらを参考にしてみてください。

【よくある質問は以下の3つ】
・海外でもレンタルできるポケット型Wi-Fiの使い方は?
・日本用のポケット型Wi-Fiは海外でも使える?
・イモトのWiFiは成田空港でもレンタルできる?

海外でもレンタルできるポケット型Wi-Fiの使い方は?

使い方は機種によって多少の違いはあるものの、基本的には以下のステップです。

【ポケットWiFiの基本的な使い方】
① モバイルルーターにSIMカードを差し込む
② モバイルルーターの電源をONに
③ ポケットWiFiと接続したい通信端末で接続設定ができる画面を開く
④ ポケットWiFiのSSIDを選んでパスワードを入力
⑤ 接続完了

このように意外とシンプルに使うことができます。

日本用のポケット型Wi-Fiは海外でも使える?

日本用のポケット型Wi-Fiは国内でしか使えません。

海外では海外用のが必要になります。

無理に日本用のを海外で使用すると、高額な通信費用の発生や通信停止の可能性があるので、使用を避けましょう。

イモトのWiFiは成田空港でもレンタルできる?

成田空港でもイモトのWiFiはレンタル可能。

成田国際空港では、第1ターミナル・第2ターミナルにそれぞれカウンターが設けてあります。

最寄カウンターが不明な場合は、出発航空会社別ターミナル早見表を確認するといいでしょう。

まとめ:海外でも長期レンタルできるおすすめのWi-Fiは「イモトのWiFi」

結論からいうと、海外用WiFiレンタルを選ぶなら「イモトのWiFi」がおすすめ。

24時間サポートしてくれる充実なサポート体制や、200カ国以上に対応している利便性の高さが魅力的です。

ぜひみなさんも、イモトのWiFiを利用して快適な海外旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。