Wi-Fiおすすめ比較

【2022年】無制限で使えるWiFiはこの12社から選ぶべき|最新のおすすめWi-Fi完全比較

Wi-Fi 無制限

最近ではTVやエアコン、電子レンジや洗濯機まで様々なものがWi-Fiに繋いで使用できるので、インターネット環境は電気やガスのように生活に欠かせないものとなっています。

しかし、Wi-Fiに繋がずスマホ単体でインターネットを使いすぎてしまうと、速度制限にかかり「月末までスマホが使い物にならない……」なんてこともあります。「速度制限を気にせずに無制限で使いたい!」という方にはWi-Fi環境が必要です。

では、快適なWi-Fi環境を作るためにはどのような契約をすればいいのでしょうか?Wi-Fiの基本と、おすすめのプロバイダをご紹介します。

この記事で分かること
・無制限でWi-Fiを使いたい際に選ぶべきこと
・無制限で利用したい人におすすめのWi-Fi
・無制限で利用できるWi-Fiがない理由

↓無制限ポケット型Wi-Fiおすすめ3選↓

サービス名月間データ容量実質月額料金詳細URL
縛りなしWi-Fi

・40GBプラン
・50GBプラン
・60GBプラン
・40GBプラン:3,366円
・50GBプラン:3,575円
・60GBプラン:3,630円
詳細
THE WiFi

100GB3,073円詳細
ZEUS WiFi

20GB2,178円(税込)詳細
無制限で月額料金が安い
コールアクション
Wifiや光回線のご契約にお困りの方

コムナビの電話相談窓口をご利用ください

\電話で無料相談受付中/

フリーダイヤル
0120-991-339

【受付】9時〜20時 年中無休

無制限でWi-Fiを使いたい!まず選ぶべきことは?

無制限でWi-Fiを使いたい!まず選ぶべきことは?

せっかくWi-Fiを契約するのなら、ストレスなく使いたいところです。
無制限で使えるWi-Fiを契約するにはどのような種類があるのでしょうか。

工事は可能か、持ち運びはするかなどで選択肢が変わってきます

自宅にWi-Fi環境を作るには『固定回線』『ポケット型Wi-Fi』『ホームルーター』と3種類の方法があります。

ではこの3つについて詳しく見てみましょう。

インターネット回線の種類がたくさんあってよく分からないです!

よしだ
よしだ

まずは「固定回線」「ポケット型Wi-Fi」「ホームルーター」の違いを理解しましょう!

固定回線

工事を必要とする方法です。
「フレッツ光」「ドコモ光」「ソフトバンク光」などが固定回線にあたります。

メリットは混雑する時間帯も速度制限無しで使え、電波が安定していること。

デメリットは工事費がかかること、工事までの日程が空くとWi-Fiが使えない期間が長くなってしまうことが挙げられます。

毎月の基本料金はポケット型Wi-Fiに比べると高額なので少し料金が高くても安定したインターネットを使いたい方におすすめ

契約期間の縛りは2年の自動更新が多く、更新月以外に解約した場合の契約解除料は8,000円~15,000円が相場です。また、工事費を分割している場合もおおく、残債を一括で支払うことになってしまうケースもよくあります。

よしだ
よしだ

固定回線は、安定したインターネット回線を利用したいときにおすすめです!

ポケット型Wi-Fi

ポケット型Wi-Fi

モバイルルーターとも呼ばれます。工事不要で使うことができ、携帯電話のように持ち運びができます

「WiMAX」「ポケット Wi-Fi」などがこれにあたります。

メリットは工事不要で難しい設定不要で使えること、デメリットは速度制限がかかってしまうことです。

毎月の料金を安くし、手軽に使いたい方におすすめです。契約期間は縛りなしで契約解除料がないものから、3年の自動更新付きで解除料がかかるものまで多数のプランがあります。

3年縛りプランではauの4G LTE通信を使うための1,000円前後のオプションが無料で使える特典付きが多いので、WiMAXだけではなくauのエリアも同時に使いたい方は3年のプランがお得です。

よしだ
よしだ

インターネット回線を持ち運びたいならポケット型Wi-Fiがおすすめです

ホームルーター

こちらも工事不要で使うことができますが、コンセントが必要なため持ち運びはできず決まった住所のみで使用できます。

「Softbank Air」「WiMAX」などの名称で契約でき、WiMAXの場合は本体の型番に、「HOME〇〇」と書いてあるのがホームルーター用です。

メリットはコンセントを差すだけで簡単に使えること、デメリットはポケット型Wi-Fiと同じで速度制限があることです。

契約期間の縛りは2年の自動更新が多く、更新月以外の解約には契約解除料が1,100円~10,000円ほどかかります。

よしだ
よしだ

ホームルーターはすぐにインターネット回線を使いたいときにおすすめです!

無制限で使えるWi-Fiはなぜ無いの?

Q&A

固定回線は無制限で使用出来るのに対して、ポケット型Wi-Fiとホームルーターはなぜ無制限ではないのでしょうか?

固定回線とポケット型Wi-Fiやホームルーターとでは電波の受信方法が違います。ポケット型Wi-Fiやホームルーターは携帯電話と同じで基地局の電波を無線で受信しているので、インターネット回線の容量が限られています

そのため一部の人が極端に使用すると全員に行き渡らなくなってしまうため、速度制限が設けられています

それに対して固定回線は電柱から家へ光ファイバーケーブルを引き込む工事をすることで使用できる回線の容量を大きくします

そのため、基本的に速度制限はかかりません。

ポケット型Wi-Fi固定回線

速度制限

有り無制限

工事

不要必要

通信方式

携帯電話と同じで基地局の電波を無線で受信する光ファイバーケーブルを通して有線で受信する
よしだ
よしだ

自宅で制限なくインターネットを使いたいのであれば固定回線を選びましょう!

何GBあればほぼ無制限で使える?パターン別でご紹介!

何GBあればほぼ無制限で使える?パターン別でご紹介!

「工事や設定が面倒だから工事がいらないWi-Fiを使いたい!」という方は、自分が毎月何GB使うかを把握しておくと契約するときの参考になります。

月何GBあるとどれくらい使えるのかをご紹介します。
まず、1GBではどれくらい使えるのかを表にしました。

1GBの目安

ウェブサイト閲覧

6,600ページ(1ページ150KBとして)

LINE通話

約40時間

LINEビデオ通話

約3時間

YouTube高画質

約1.5時間

Netflix標準画質

約1時間

アプリのダウンロード

20(1つ50MBとして)

メールの送受信

20万通(1通0.005MBとして)

この内容を月々のデータ使用量に当てはめていきます。1か月は30日間と仮定して計算しました。

10GBの制限が気になる方はこちらをご覧ください。

10GBの目安

ウェブサイト閲覧

66,000ページ(1ページ150KBとして

LINE通話

約400時間

LINEビデオ通話

約30時間

YouTube高画質

約15時間

Netflix標準画質

約10時間

アプリのダウンロード

200(1つ50MBとして)

メールの送受信

200万通(1通0.005MBとして)

月7GBでできること

7GB

1日あたり1か月あたり
ウェブサイト閲覧(1ページ150KBとして)約1,540ページ約46,200ページ
LINE通話約9.3時間約280時間
LINEビデオ通話約42分約21時間
YouTube高画質約21分約10.5時間
Netflix標準画質約14分約7時間
アプリのダウンロード(1つ50MBとして)約4.6個約140個
メールの送受信(1通0.005MBとして)約4.6万通約140万通

月7GBまでの契約の場合、1日に使えるデータ量はこれくらいです。
単純に7GBを30日で割ると1日約0.23GBになり、少しでもYouTubeや動画配信サービスを利用する方には物足りない容量です。

動画はほとんど見ず、LINEの使用と通話メインで使用する方に限定されるでしょう。また、iPhoneなどのアップデートでは1度のアップデートで5GB以上消費する場合があるので注意が必要です。

よしだ
よしだ

月7GBはインターネット回線をほとんど使わない人向けの容量です!

月30GBでできること

30GB

1日あたり1か月あたり
ウェブサイト閲覧(1ページ150KBとして)約6,600ページ約198,000ページ
LINE通話約40時間約1,200時間
LINEビデオ通話約3時間約90時間
YouTube高画質約1.5時間約45時間
Netflix標準画質約1時間約30時間
アプリのダウンロード(1つ50MBとして)約20個約600個
メールの送受信(1通0.005MBとして)約20万通約600万通

月30GBのデータ量では、1日1GB使用できる計算になります。

これは映画を1日1時間観られるくらいで、1か月あたり2時間の映画を15本観れるかどうかという容量です。

毎週土日にまとめて3本ずつ映画を観て、平日はまったく観ない方でしたらギリギリ足りるでしょう。映画を観なければLINE通話やYouTubeの視聴には支障なく使うことができます。

よしだ
よしだ

映画などの時間がかかるコンテンツをあまり利用しないのであれば30GBで足りるでしょう!

月50GBでできること

50GB

1日あたり1か月あたり
ウェブサイト閲覧(1ページ150KBとして)約11,000ページ約33万ページ
LINE通話約66.6時間約2,000時間
LINEビデオ通話約5時間約150時間
YouTube高画質約2.5時間約75時間
Netflix標準画質約1.6時間約50時間
アプリのダウンロード(1つ50MBとして)約33.3時間約1,000個
メールの送受信(1通0.005MBとして)約33.3万通約1,000万通

月50GB使用できると、動画やLINEのビデオ通話もかなりの時間使うことができます。

しかし、それでもNetflixで映画を1日1本観るまでには行きません。
50GBでも足りなそうな方は無制限プランからWi-Fiを選ぶ必要があるでしょう。

よしだ
よしだ

50GBでも足りないと感じるなら、無制限プランを選びましょう!

使い放題によくある3日で10GB制限って何?

Wi-Fi

使い放題プランを見ていると、注意事項に3日で10GB使用した場合の速度制限について書いてあります。

速度制限がかかることによって何が不便になるのでしょうか?

先述した通り速度制限はインターネット回線を平等に使う為に必要な制限です。
そのため3日間合計でデータ通信量を10GB超えた場合は翌日の18時~2時まで速度制限が入ります

速度制限時の速度は事業主によって128Kbpsや384Kbpsとかなり低速になるところもありますが、WiMAXは1Mbpsなので速度制限がかかってもそれなりに使うことができます。

速度制限がかかっても出来ることはこちらです。

【通信制限下でもできること】
LINEの送受信
画像が少ないウェブサイトを見る
動画を標準画質で見る
地図アプリを使う
TwitterやInstagramなどのSNSサイトを見る
音楽アプリを使う

1Mbpsあればこれくらい使うことができるので、速度制限にかかってしまってもあまり心配はいりません。

逆に1Mbpsで難しいのは

iPhoneのアップデート
アプリのダウンロード
画像や動画が多いサイトを見る
動画を高画質で見る

やはりデータ通信量を多く使う物は難しく、完了までにかなりの時間がかかるか完了できない可能性があります。

しかし速度制限は1日だけなのでアップデートやアプリのダウンロードは速度制限が解除された後に行えば問題ないでしょう。

よしだ
よしだ

WiMAXであれば、速度制限がかかってもあまり心配はありません!

人気の無制限で使えるWi-FiはWiMAX!おすすめの理由は?

人気の無制限で使えるWi-FiはWiMAX!おすすめの理由は?

データ量を無制限で使うことができるWi-FiはWiMAXに限らずY!mobileや楽天モバイルなど数種類あります。

その中でも人気が高いWiMAXですが、なぜ人気なのでしょうか?おすすめの理由をご紹介します。

エリアが広い

WiMAXは使用できるエリアが広く、様々な場所で使うことができます。

さらに1,000円前後のLTEオプションをつけることでauのエリアも使用することができます

このLTEオプションを使用すると『WiMAX2+』と『au 4G LTE』の2つの電波帯を使うことができます。

au 4G LTEは障害物に強い電波なのでエリアがさらに広くなること、WiMAXだけを使うよりも高速で通信ができます。使用できるエリアは公式サイトで確認できます。

よしだ
よしだ

WiMAX+LTEオプションなら日本のほとんどの場所で利用できます!

プロバイダが多い

楽天モバイルのルーターは楽天モバイル、Y!mobileのルーターはY!mobileからしか契約することができません。

しかしWiMAXは、auのサブブランドのUQ WiMAXを始めとした様々なプロバイダから選ぶことができます。
プロバイダが多い
分選べるプランも多くなるので、自分に合ったプランや料金を選ぶことができます。

プランの一例としては契約期間の縛りが無いプランや、月の利用データ量を無制限で使えるプランなどが人気です。

よしだ
よしだ

WiMAXでは豊富なプロバイダからあなたに合ったプランや料金が選択できます!

通信速度が速い

WiMAXは下り最大1.20Gbpsの高速通信が可能です。

bpsというのは1秒間に送受信可能なデータ量を表していて、数字が大きいほど通信速度が速いことが分かります。

インターネットに繋いで使う際に推奨されている速度を下記の表にまとめました。

LINEYouTubeNetflixウェブサイト閲覧

推奨速度

約1MbpsHD1080pで

5Mbps

標準画質3Mbps

HD画質5Mbps

1~3Mbps

WiMAXでは3日で10GB以上使用した場合1Mbpsに速度制限が制限されますが、LINEやウェブサイトを見るには普通に使用することができます

それに対して『MUGEN WiFi』『ZEUS WiFi』『hi-ho Let’s WiFi』などはデータ通信専用の回線ではなく通常の携帯電話と同じ回線を使っています。

そのため、下り最大150MbpsとWiMAXよりも速度が遅くなってしまいますので注意が必要です。

さらに速度制限後の速度が128Kbpsとかなりの低速になりますので、速度制限後はほぼインターネットが使えない状態となります。

WiMAXは速度制限後も他と比べて高速通信が使える点が人気の高い理由の1つでしょう。

よしだ
よしだ

通信速度制限がかかっても、通信速度制限がかかったと感じないことがWiMAXの魅力です!

無制限ポケット型Wi-Fiを選ぶ時の注意点

注意点

無制限で使えるWi-Fiで検索すると、大量の情報が出てきます。

毎月の料金や契約期間、毎月の支払いに口座振替は使えるかなど確認することは沢山あります。

では、その中でもどこに注意すればこの大量の情報の中から自分に合ったプロバイダを選ぶことができるのでしょうか?

使用できるデータ量と通信速度の2点についてお話しします。

毎月使えるギガ数の確認

無制限プランの中には、1か月のデータ使用量が無制限で使えるプランと「毎日〇GB使える」というプランの2種類があります。

「毎日〇GB使える」プランでは1日のデータ量を超えた場合速度制限がかかってしまうので注意しましょう。
動画をよく観るという方はダウンロード機能を使って毎日コツコツとダウンロードしておいて、暇なときにまとめて観るのがおすすめ。

ダウンロードした動画を観る時はデータ通信を使用しないので、1日のデータ量を超えることなく使うことができます。これは無制限プランも同様で、3日で10GB制限を回避するのに便利な方法です。

また、自分が月何ギガ使うかが分かれば無制限プランではなく50GBや30GBで足りる場合もあるので使用量を把握してから契約するのがおすすめ

データ量の確認方法は例えばiPhoneの場合

1.設定
2.モバイル通信
3.現在までの合計

という手順でデータの使用状況が確認できます

これはWi-Fiに繋いでいる分は反映されないので注意しましょう。

また、ページの1番下の「統計情報をリセット」を押すとリセットした日以降のデータ量をカウントすることもできます。

よしだ
よしだ

毎月どれくらいのデータ量を利用しているか調べることをおすすめします!

速度制限後の速度

速度制限後の速度

最大速度はもちろん重要ですが、速度制限がかかった後の速度も確認が必要です。

万が一速度制限にかかった時に「LINEすらも使えない!」ということがないように、速度制限がかかっても1Mbpsは出るところを選びましょう

最大速度はベストエフォート型サービスで、あくまでも最大速度です。
「必ずこの速度が出る!」ということでは無いのでご注意ください。

また、同じWiMAXの場合でも速度制限に種類があります。

3日で10GB制限は1Mbpsですが、auの4G LTE通信が使えるハイスピードプラスエリアモードを7GB以上使用した場合は月末まで128Kbpsの速度制限が入ります。
これは無制限プランであったとしても7GBを超えた時点で月末まで速度制限がかかりますので注意が必要です。

よしだ
よしだ

速度制限がかかっても1Mbpsで利用できるWiMAXがおすすめです!

契約期間の縛りが気になる方におすすめのプロバイダはこちら!

契約期間の縛りが気になる方におすすめのプロバイダはこちら!

Wi-Fiを契約するときに契約期間の縛りが気になる方におすすめのプロバイダをご紹介します。

契約期間の縛りは2年程度が多く、決められた契約期間以外に解約すると契約解除料が1,100円~2万円前後かかります。

使ってみたいけどポケット型Wi-Fiで大丈夫か心配な方や、一人暮らし・単身赴任で短期間だけWi-Fi環境が欲しい方におすすめです。

まったく契約解除料がかからないプランから最低利用期間が1年と短めのプラン、さらには縛りはあっても条件付きで契約解除料がかからないプランがあります。

よしだ
よしだ

契約期間がないポケット型Wi-Fiは気軽に契約できるのでおすすめです!

縛りなしWi-Fi

通常は「〇年契約」や「〇年ごとの自動更新」など決まった期間以外に解約してしまうと契約解除料金がかかりますが、それがかからないのが『縛りなしWi-Fi』です。

ポケット型Wi-Fi本体はレンタルなので、解約時は本体代金の支払いもありません

縛りなしWi-Fiにはいつ解約しても契約解除料金がかからない「縛りなしプラン」1年ごとに解約月が自動更新される「1年縛っちゃうプラン」3年ごとに解約月が自動更新される「3年縛っちゃうプラン」の3つがあります。

ここでは縛りなしプランを見ていきましょう。

縛りなしプラン

40GBプラン

50GBプラン60GBプラン

月々3,366円

月々3,575円月々3,630円

表記はすべて税込みです。

キャンペーン期間中はこちらの料金よりも安くなる場合もあるので公式サイトをご確認ください。

縛りなしプランをお試しで使ってみて、問題なければ1年か3年の縛りありプランに変更すると更に安い料金で使用できます。

縛りありプランでも他と比較すると十分安いので試しやすいのもメリットの1つでしょう。

毎月の支払い方法はクレジットカードの他、月額330円の手数料を支払えば口座振替も可能です。

デビットカードやプリペイド、LINE Payなどのキャッシュレス決済は使用できません。
さらに、月額330円でモバイルバッテリーをレンタルすることもできるので、ポケット型Wi-Fiを外出先で使うときの充電問題も安心です。

よしだ
よしだ

縛りなしWiFiなら安心してポケット型Wi-Fiの利用ができます

BIGLOBE WiMAX2+

『BIGLOBE WiMAX2+』は1年使用すればあとはいつ解約しても解約金のかからないプランになっています。

上記の縛りなしWi-Fiに比べると長く感じるかもしれませんが、他のプロバイダは2年~3年契約が多いので契約期間は比較的短いほうです。料金プランは下記の表にまとめています。

ギガ放題(1年)

毎月の料金

4,378円

本体代金

月々880円24回払い

最低利用期間

1年(1年以内の解約は1,100円の解約金)

ハイスピードプラスエリアモード

1,105円(オプション)

毎月の料金は使い放題で4,378円ですが、本体代金の880円を足して合計で5,258円です。

本体代金は2年間払いなので解約時の支払い無く解約できるのは2年後になります。
例えば1年で解約した場合は本体代金の880円×12か月分の10,560円を支払う必要があります。

また、本体代金を分割できるのは毎月の支払いをクレジットカードにしたときのみです。
口座振替払いにしたい時は本体代金分の21,120円を一括で支払う必要があるので現金の準備が必要です。

オプションのハイスピードプラスエリアモードをつけるとauの4G LTE通信も使えるようになり、エリアが広くなるうえに更に高速になります。

ただ、ハイスピードプラスエリアモードを使えるのは7GBまでです。それを超えると使い放題プランであっても月末まで128Kbpsの速度制限がかかってしまうので注意しましょう。

よしだ
よしだ

契約期間の縛りが少ないポケット型Wi-FiならBIGLOBE WiMAX2+がおすすめ!

Broad WiMAX

契約期間自体は3年契約の『Broad WiMAX』ですが、『いつでも解約サポート』というサービスがあります。

これは使っていて通信速度や使い心地が気に入らなかった場合、違約金無しで他サービスに乗り換えができるサービスです。ソフトバンク光やauひかりなど乗り換え先も豊富に準備されています。

乗り換え無しでそのまま解約する場合はサポートの対象外ですので注意が必要です。

ギガ放題プランライトプラン

毎月の料金

1~2か月目2,999円

3~24か月目3,753円

25か月目以降4,413円

1~24か月目2,999円

25か月目以降3,659円

使えるギガ数

使い放題月7GBまで

契約期間

3年3年

使用する月によって料金が変動するので分かりにくいですが、使い放題プランを3年使用した場合の毎月の平均額は約3,931円です。

毎月の料金支払いはクレジットカードと口座振替払いが設定できますが、クレジットカードに設定すると初期費用の20,743円が無料になるのでお得です。

その際は『安心サポートプラス』と『My Broadサポート』の2つのオプションに初月だけでも加入することが条件となっています。

注意点は20,743円の割引キャンペーンを使用した場合2年以内に解約すると契約解除料の他に10,450円の支払いが必要な点です。

固定回線に乗り換える場合は『いつでも解約サポート』を使用できますが、乗り換え無しで解約する際は1年以内の場合20,900円、2年目は15,400円、3年目からは10,450円の解約費用がかかります。

つまり、初回の20,743円無料キャンペーンを使用して1年以内に解約した場合はキャンペーン分の10,450円と契約解除料の20,900円を合わせて31,350円の支払いが必要です。

よしだ
よしだ

Broad WiMAXは乗り換え時の違約金が発生しない点が魅力的です!

楽天モバイルは本当に無制限で使えるの?

楽天モバイルはWiMAXではなく、楽天モバイルの電波です。

よくCMで見かける楽天モバイルにも無制限プランがあり、使用したギガ数によって料金が変動します。どれだけ使用しても3,278円が上限なので料金だけ見ると非常に安く感じるでしょう。

さらに初めての契約の場合はプラン料金が3か月0円になるキャンペーンも現在やっています。
※2022/7/1よりプランの刷新が行われ、現在の1GB0円は6月30日に廃止になります。7月1日からは、「Rakuten UN-LIMIT VII」と呼ばれる新しいプランに変わり1GB以下の利用でも下限が1078円となります。

0~1GB

1GB~3GB

3GB~20GB

20GB以上

月々0円

月々1,078円

月々2,178円

月々3,278円

表記はすべて税込みです。

こちらは『Rakuten UN-LIMIT VI』というプランで、1回線目の場合の金額です。使い放題で使えるエリアは楽天モバイルのエリアのみなので注意が必要です。

楽天モバイル以外のエリアは『パートナーエリア』と呼ばれ、他社の回線を使っているので月5GB以上使用した場合月末まで速度制限が入ります。

今自分が使っている場所が楽天モバイルのエリアなのか、パートナーエリアなのかを気にする必要があるので少し使いにくいかもしれません。

もしパートナーエリアで5GBを使い切ってしまった場合は、追加で550円を支払うと1GBチャージすることができます。

さらに速度も下り最大150Mbpsと遅めなので、おすすめできるのは「楽天モバイルのエリアに住んでいて速度を重視しない方」とかなり限定されてくるでしょう。

メリットは安く使用できるところと、月々の利用料金支払いに楽天ポイントが使えることです。毎月の料金支払いにはクレジットカード、口座振替、楽天銀行デビットカード、スルガ銀行デビットカードが使用可能です。

よしだ
よしだ

楽天モバイルの使い放題は条件があるので注意が必要です!

Y!mobileは無制限で使える?

Y!mobileも無制限で使うことができます。こちらもWiMAXではないですが、やはり3日で10GB制限があります。

機種によっては下り最大838Mbpsと高速通信ができますがこちらは主要都市の一部のエリアに限られているので一般的な速度ではありません。

速度制限後はWiMAXと同じ1Mbpsなので比較的速い通信速度を維持できますが、使い放題で使えるエリアが通常エリアに比べて狭いので注意が必要です。

通常エリアと使い放題で使えるエリア(アドバンスモードで使えるエリア)は公式サイトで確認しましょう。毎月の料金は下記の表のようになります。

Pocket Wifiプラン2(ベーシック)アドバンスオプション付き

毎月の料金

4,065円4,818円

使えるギガ数

7GBまで使い放題

速度制限時の速度

128Kbps1Mbps(3日で10GB制限)

Y!mobileは最初から使い放題プランではなく、7GBまでの通常プラン(Pocket Wifiプラン2)にアドバンスオプションというオプションを付けることで使い放題になります。

使い放題プランは4,818円ですが、そこに毎月300円の本体料金が36か月間かかるので毎月の料金は5,118円です。

以前は完全に7GBまでしか使用できない機種があったのですが、今は無くなりほとんどの人が使い放題で契約しているようです。

また、これも以前あったプランでスマホのデータ量をシェアして車用Wi-Fiで使用できるものがありました。

これらの小容量プランを使える本体機種が無くなったことから時代の流れとともに大容量プランが主流になっていることが分かります。

Y!mobileのメリットは実店舗の数が多く、何かあったとき気軽に聞きに行けることでしょう。電話でのサポート窓口もあるので安心です。

さらにワイモバイルのスマホを使っている方は家族割引の対象になるので、ポケット型Wi-Fiを親回線にして家族割の手続きをするとスマホ代が月々550円安くなりお得です。

毎月の支払い方法はクレジットカードか口座振替払いから選ぶことができます。

よしだ
よしだ

ワイモバイルのポケット型Wi-Fiを契約するなら使い放題で契約しましょう!

大容量のデータ量を使いたい方におすすめのプロバイダはこちら!

大容量のデータ量を使いたい方におすすめのプロバイダはこちら!

データ量を気にせずに使いたい方におすすめのプロバイダをご紹介します。

ポケット型Wi-Fiには7GBプランか無制限プランの二択になっているものが多くあります。

しかし正直7GBでは動画を見たり音楽を聞いたりするのに十分な容量とは言えません

無制限で使用できるものから月50GB以上使えるプランまで、予算とデータ量に合わせて自分に合うプランを見つけて下さい

大容量プランを使うならどこがおすすめですか?

よしだ
よしだ

大容量プランでおすすめのポケット型Wi-Fiサービスを紹介します!

ZEUS WiFi

ZEUS WiFiは100GBの大容量が魅力的なポケット型Wi-Fiです。クラウドSIMを採用しており、ポケット型Wi-Fiの中でも圧倒的な繋がりやすさを誇ります。

20GBプラン

毎月の料金

980円~

契約期間

2年

契約解除料

10,450円(税込)

本体代金

0円

ZEUSWiFiでは1週間お試しキャンペーンを行っています。そのため、お試し感覚で無制限Wi-Fiを利用してみたい人にもおすすめです。

また、この春のキャンペーンを利用すれば、最大10か月間の間、55%割引でWi-Fi環境を整えられます。この機会にZEUSWi-Fiを試してみてはいかがでしょうか。

ZEUS WiFiの詳細を見る

ZEUS(ゼウス) Wi-Fiは繋がらない?評判の真実とメリット・デメリット
zeus wifiは月額料金が手頃で対応エリアの広いモバイル Wi-Fiです。20GBから100GBまでという広い料金プランも魅力です。 今回は、zeus wifiの評判やメリット・デメリットについてご紹介します。

縛りなしWi-Fi

先ほどもご紹介しましたが、今度は『1年縛っちゃうプラン』と『3年縛っちゃうプラン』も含めてお話します。

1年縛っちゃうプラン

40GBプラン

50GBプラン60GBプラン

月々3,190円

月々3,278円月々3,300円

1年縛っちゃうプランでは、契約期間を1年間に設定するかわりに月額料金が、通常よりも安くなります。

1年間の契約期間があるので、更新月以外に解約をすると5,500円の違約金が発生します。

3年縛っちゃうプラン

40GBプラン

50GBプラン60GBプラン

月々2,926円

月々3,025円月々3,080円

3年縛っちゃうプランでは、契約期間を3年に設定するかわりに月額料金が安くなります。

契約期間が長い分、1年縛っちゃうプランよりもお得になるんです。

ただし契約期間が3年なので、12ヶ月未満で解約すると33,000円、12~35ヶ月目に解約すると27,500円、それ以降の場合は10,450円の解約金が発生するので注意しましょう。

長期間を前提としてポケット型WiFiを使うなら、3年縛っちゃうプランの方がお得になりますよ。

FUJI-WiFi

FUJIWiFiは100GBの大容量を縛りなしで利用することが出来るポケット型Wi-Fiです。いつ解約しても解約金負担がないため、短期利用を考えている方には非常におすすめです。

100GBプラン

毎月の料金

4,441円〜

契約期間

なし

契約解除料

なし

本体代金

0円

注意点としては、FUJIWiFiを最安料金で利用するには、デポジット料金5,500円(税込)を契約時に預けておく必要があります

ただ、このデポジット料金は1年後以降の解約のタイミングで返金されるため、最低でも1年の利用がおすすめです。

 

FUJIWiFiの詳細を見る

FUJI Wifiは繋がらないって本当?キャンペーン情報とプランが一眼でわかる
FUJIWifiというサービスが最近気になっています。 本当に評判どおり繋がらないのかな?教えてほしいな。 FUJIWifiのサービスや評判はどうなのでしょうか。 繋がらなかったりするのでしょうか。 この記事では、...

THE WiFi

THE WiFiは月間データ容量100GBまで利用できるポケット型Wi-Fiです。オプションで容量の追加も可能なので、たくさんデータを使う人でも安心して利用できるでしょう。

詳細の料金や解約料は以下の通りです。

100GBプランFiTプラン

毎月の料金

3,073円*1,298円(税込)

契約解除料

1ヵ月目~24ヵ月目:解約事務手数料10,780円
25ヵ月目以降:0円

本体代金

なし

*THE WiFiのご契約と同時にSAISON CARD Digitalにご入会された場合「THEWiFiポイント5,000円分付与」を適用させた実質月額。

THE WiFiでは4ヶ月0円キャンペーンを実施しており、100GBプランは月額実質3,073円で利用できます

また、FiTプランは使った分だけ払うプランなので、データをたくさん使う月、そんなに使わない月とばらつきがある人にもおすすめです。

大容量でリーズナブルなポケット型Wi-Fiなら、THE WiFiを候補に入れてみましょう。

よしだ
よしだ

100GBを3,000円くらいで使えるのは嬉しいですね。

 

THE WiFiはどんなポケット型Wi-Fi?これだけ読めばわかる!実機レビュー、実測値も!
この記事では、「THE Wi-Fi」とはどのようなプロバイダでどのような使い方をすると良いか、注意点について紹介します。 ポケット型WiFiはネット環境の問題を解決するためにはとてもおすすめです。

Air-WiFi

Air-WiFiは100GBの大容量が魅力的なポケット型Wi-Fiです。クラウドSIMを採用しており、ポケット型Wi-Fiの中でも圧倒的な繋がりやすさを誇ります。

100GBプラン

毎月の料金

3,278円〜

契約期間

1年

契約解除料

2ヶ月〜12ヶ月目:7,700円

本体代金

0円

現在、Air-WiFiでは1ヶ月お試しキャンペーンを行っています。そのため、お試し感覚で無制限Wi-Fiを利用してみたい人にもおすすめです。

また、最安3,278円〜利用できるので、かなりコスパの良いポケット型Wi-Fiだと言えるでしょう。

Air-WiFiの詳細を見る

AiR-WiFiは遅いの?繋がらなくないという口コミや評判を徹底解説
AiR-WiFiってどんな評判なのかな? ポケット型Wi-Fiは、まさに戦国時代。 あまりにもたくさんのサービスがあるせいで、どれを選べばいいのかわからないのではないでしょうか? しかも、中...

UQ WiMAX

WiMAXはUQコミュニケーションズが様々な事業者へ提供している電波です。また、UQmobileはauのサブブランドでもあります。大手のプロバイダで安心して契約したい方におすすめ

実店舗があるので店頭で契約できるのも安心できる理由の1つでしょう。毎月の料金は下記の表のようになります。

ギガ放題プラン

毎月の料金

4,268円

契約解除料

2年ごとの自動更新でそれ以外の月は1,100円

本体代金

月々550円30回払い

上記の縛りなしWi-Fiとは違い本体はレンタルではなく買取なので、合計で月々4,818円になります。

毎月の料金は安くはありませんが、故障の際もUQスポットで修理受付ができるので直接店舗に出向いて相談したい方におすすめです。

契約期間は2年契約ですが、本体代金の支払いが30か月払いなので解約金がかからないのは4年目なので長期契約になります。

毎月の支払いはクレジットカードか口座振替払いから選ぶことができます。

『Try WiMAX』というお試しで15日間レンタルできるサービスがあり、クレジットカードのみと条件はありますが電波が入るか試してみたい方にはおすすめです。

こちらは公式サイトからWeb申し込みができます。

よしだ
よしだ

大手プロバイダと契約したいのであれば、UQ WiMAXがおすすめです

Mugen WiFi

Mugen WiFiは100GBの大容量が実質3,000円ちょっとで利用できるポケット型Wi-Fiです。

最大キャッシュバック13,500円を実施しており、キャッシュバックを受け取った場合は実質月額3,293円で利用可能となっています。

100GBプラン

毎月の料金

3,293円(実質)

契約期間

2年

契約解除料

1〜 12ヶ月目 9,900円(税込)
13 〜 24ヶ月目 5,500円(税込)
25ヶ月目以降 0円(税込)

本体代金

0円

また、2年間縛りなしのオプションや、低速保障プランなど、あなたのニーズに合ったオプションを追加できます。

よしだ
よしだ

100GBの実質無制限で使えるWi-Fiの中ではかなりリーズナブルですよ。

 

Mugen WiFiの詳細を見る

Mugen Wi-Fiの評判はこの口コミが大事|100GBのポケット型Wi-Fiで最安値って本当?
Mugen Wi-Fiは月間100Gが使えるポケット型Wi-Fiです。月額料金が手頃なので、月の使用料を抑えたいという方にもおすすめ。

YAMADA air mobile WiMAX

ヤマダ電機で契約することができるのが『YAMADA air mobile WiMAX』です。

インターネット受付ではなく店頭で申し込みや修理ができるので直接話が聞きたい方におすすめです。

プラン

YAMADA ギガ放題プラン

(3年分割)

YAMADA ギガ放題プラン

(2年分割)

契約期間

3年2年

基本料金

4,268円4,268円

本体代金

550円(30か月払い)550円(30か月払い)

月額合計金額

1~30か月目4,818円

31か月目~4,268円

1~30か月目4,818円

31か月目~4,268円

契約解除料

10,450円+本体代金残高1,100円+本体代金残高

LTEオプション

無料1,105円(使用月のみ)

更新期間

(解約金がかからない期間)

1か月3か月

表記はすべて税込みです。

プランには3年縛りと2年縛りがあり、どちらも毎月の料金は同じです。しかし、3年プランのほうがLTEオプションを無料で使用できるのでauの4G LTE通信も使いたい方は3年プランにしたほうがお得でしょう。

3年プランのデメリットは2年プランに比べて契約解除料金が高額なことと、更新期間が短いことです。
また、どちらのプランも毎月の料金はクレジットカード払いのみなのでご注意ください。

上の表では本体代金を分割した場合の金額を出していますが、16,500円を一括で支払うこともできます。

『YAMADA Wi-Fiプレミアム』というオプションが無料でついており、公衆無線LANサービスを利用することができるので外出時にポケット型Wi-Fiを忘れてしまった時も安心です。

GMOとくとくBB公式

解約時のサポートが2通りあるのが『GMOとくとくBB公式』です。

1つは『どんなときも解約サポート』というサービスで、先ほどご紹介した『Broad WiMAX』の『いつでも解約サポート』と似ています。

WiMAXを使ってみて光回線へ乗り換えたいというときに解約金がかからないサービスです。

こちらも乗り換えが条件になるので、ただ解約するだけの場合は下記の表のように解約金がかかるので注意しましょう。

ギガ放題プラン7GBプラン

毎月の料金

1~2か月目2,849

324ヶ月目3,678

25か月目以降4,688円

12か月目2,849

324ヶ月目2,959

25ヶ月目以降3,969円

本体代金

0円0円

LTEオプション利用料

0円0円

契約期間

3年3年

解約違約金

1~24か月目27,280円

25か月目以降10,450円

1~24か月目27,280円

25か月目以降10,450円

表記はすべて税込みです。

もう1つのサポートが『20日キャンセル』です。これはエリア判定が「〇」でも実際使ってみて速度に納得いかない場合無料でキャンセルができます。

この時本体は返却する必要があり、返却しない場合22,000円の本体代金の支払いが発生しますので忘れないようにしましょう。

無制限で使える『ギガ放題プラン』と月7GBまでの制限がある『7GBプラン』の料金はは最終的に4,688円と、同額になります。

au 4G LTE回線が使えるLTEオプション料も無料です。毎月の支払い方法はクレジットカードのみで口座振替払いはできません。

よしだ
よしだ

WiMAXを気軽に利用したいのであればGMOとくとくBBがおすすめです!

とくとくBBの詳細はこちら

So-netモバイルWiMAX

料金が複雑ですが、最初の1年を安く使用できるのが『So-netモバイルWiMAX』です。

ただし1年使って解約するには契約解除料が2万円程かかります。下記の表をご覧ください。

Flat ツープラス ギガ放題(3年)Flat ツープラス(3年)

毎月の料金

1~12か月目3,700

13~36か月目4,817円

1~12か月目3,050

13~36か月目4,065円

使えるギガ数

使い放題7GBまで

契約解除料

1年目20,900円

2年目15,400円

3年目以降10,450円

1年目20,900円

2年目15,400円

3年目以降10,450円

このように契約解除料がいつ解約するかによって変わります。

契約期間は3年ごとの自動更新なので、解約金がかからないのは3年目・6年目と3年ごとです。
3年使えば解約金がかからないわけではないので注意しましょう。

3年間の使用料金平均すると1か月分はギガ放題プランが約4,450円、7GBまでのプランが3,729円です。

どちらのプランも3年契約のためau 4G LTE回線が使えるLTEオプション料の1,106円は無料で使うことができ、毎月の支払いに使えるのはクレジットカードのみ使用できます。

よしだ
よしだ

初年度の料金を抑えたいのであれば、So-net WiMAXがおすすめです

ちなみにドコモは?

ドコモからもモバイルルーターが発売されています。
もちろんドコモの電波を使いますが無制限で使いたい方にはおすすめしません

ドコモのルーターには『データプラス』と『5Gギガライト』という2つのプランがあり、基本的には『データプラス』での契約です。

この『データプラス』はドコモで契約しているスマホのギガ数を共有してルーターで使用するので、使えるギガ数が増える契約ではありません。

スマホがドコモである必要があり、さらに同一名義である必要があります。

もう1つの『5Gギガライト』は『データプラス』を契約中にドコモのスマホを解約するなどして使用条件を満たさなくなった場合のプランです。

こちらはスマホの契約が無くても単独で使用できますが、使用データ量に合わせて月々3,465円~6,765円の利用料がかかります。しかし最大7GBまでしか使用できないのでこちらも使い放題では使えません

データプラス5Gギガライト

毎月の料金

1,100円3,465円~6,765円

使えるギガ数

スマホの契約ギガ数最大7GB

正直、無制限で使えるルーターを探している方は他のプロバイダをおすすめします。メリットはドコモショップで契約や修理受付ができることです。

よしだ
よしだ

ドコモのモバイルルーターは残念ながら無制限では利用できません。

ちなみに生協は?

大学入学時などによく候補に上がる生協のWiMAXはどのような契約なのでしょうか。

実は生協のWiMAXは他のプロバイダと比べて特殊な契約で、毎月支払いではなく1年分か2年分を一括で支払う方法です。

その一括で支払う金額には毎月の利用料金と本体代金がすべて含まれています。一括の金額と仮に1か月分を計算した表が下です。

1年パック2年パック

初回支払額

94,500円99,800円

1カ月分の料金

約7,875円約4,158円

メリットは最初に一括で支払う為にその後の料金支払いを気にしなくていいことと、クレジットカードが無くても申し込みができることです。

指定の期間を使い終わった場合は更新パックを購入することで延長することができます。更新パックの金額はこちらです。

更新パック(1年)更新パック(2年)

初回支払額

87,500円92,800円

1か月分の料金

約7291円約3866円

表記はすべて税込みです。

デメリットは1か月分を計算すると他のプロバイダよりも高額になることです。

特に1年パックは固定回線を引くよりも毎月の金額が高いのでおすすめできません。
クレジットカードを使いたくない方は口座振替払いができるプロバイダで契約するほうがお得でしょう。

よしだ
よしだ

生協のWi-Fiは2年パックがおすすめです!

どうしても使い放題で使いたいときは固定回線も検討!

どうしても使い放題で使いたいときは固定回線も検討!

最後に固定回線を使う場合についてご紹介します。

固定回線は先述した通り3日で10GBの制限が無く無制限で使うことができます。
オンラインゲームをする方やよく動画を観る方、家族3人以上で使う方におすすめです。

家族3人で使うのでポケット型Wi-Fiでは容量が足らないかもしれません。

よしだ
よしだ

その場合は固定回線を契約しましょう!

ドコモ光の料金例

ドコモ光

戸建てアパート・マンション

月々の使用料金

5,720円~4,400円~

工事費

19,800円

(24回の場合月々825円)

16,500円

(24回の場合月々687円)

契約期間

2年(解除料14,300円)2年(解除料8,800円)

月々合計支払額

6,545円5,087円

月々の使用料金にプラスして工事費がかかります。

工事費は一括でも分割でも支払いできますが、これは基本の料金なのでこれ以上かかる場合もあるでしょう。

工事費を分割した場合戸建ては6,545円、マンションなどの集合住宅では5087円が毎月の料金になります。

また、契約期間の縛りは2年ごとの自動更新ですので契約更新月以外の解約には戸建て14,300円、集合住宅8,800円の契約解除料がかかるのでご注意ください。

メリットはたくさんのプロバイダの選択肢があることです。使用したいプロバイダが無い場合はプロバイダ抜きでの契約も可能です。
その場合、自分でプロバイダ契約の手続きをするのを忘れないようにしましょう。

プランによってはドコモのスマホと組み合わせることで毎月の料金を安くすることができます。

よしだ
よしだ

ドコモ固定回線は選択肢がたくさんあるので料金面などの比較ができます!

ソフトバンク光の料金例

ソフトバンク光

戸建てアパート・マンション

月々の使用料金

5,720円~4,180円~

工事費

26,400円

(24回の場合月々1,100円)

26,400円

(24回の場合月々1,100円)

契約期間

2年(解除料10,450円)2年(解除料10,450円)

月々合計支払額

6,820円5,280円

表記はすべて税込みです。

工事費がドコモよりも高く見えますが、キャンペーンによってはキャッシュバックがあるので公式ページをご確認下さい。

ドコモとの違いは契約解除料が安いことと、プロバイダがYahoo!BBに限られることです。

申し込みから工事日まで日が空いてしまう場合は『Softbank Air』というホームルータの貸出をしてくれます。

また、ソフトバンクのスマホだけではなく、ソフトバンクの子会社のワイモバイルのスマホも『おうち割光セット』が適用になります。

これはソフトバンク光とソフトバンク系のスマホをセットにすると使える割引で、プランによって月々550円以上の割引が入ります。その際ソフトバンク光のほうに指定のオプションを付ける必要があるのでご注意ください。

指定オプションは月々550円~なのでスマホを2台以上契約している方におすすめです。

このように固定回線を契約する場合は、今使っているスマホの会社と合わせることで割引が入りスマホの料金が安くなります

また、集合住宅などでは以前住んでいた人が工事をしていたり、最初から光ファイバーケーブルが引き込まれていて光コンセントが付いている場合もあります。

その際は工事不要で申し込みできるので工事費が必要ありません。ただ、毎月の利用料はポケット型Wi-Fiの方が安く使えるので自分に合ったインターネットを選ぶことが大事です。

よしだ
よしだ

ソフトバンクやY!mobile契約しているのであればソフトバンク光も検討しましょう!

ちなみにホームルーターはどうなの?

ホームルーターは工事不要でコンセントを差すだけで使用できます。

ポケット型Wi-Fiに比べて最大接続台数が多いのがメリットです。
その分本体は大きくなりますが持ち運ぶのものではないので問題ないでしょう。

ドコモではホームルーターの取り扱いがないので『UQ mobileのWiMAX』と『Softbank Air』を例にご紹介します。

通信速度の最大値はどちらも主要都市の限られたエリア内かつ指定機種の速度になります。

UQ mobileモバレコAir

月額使用料

4,268円24ヵ月:4,180円 25ヵ月以降:5,368円

本体代金

キャンペーンによって0円1,980円

月額料金の合計

4,268円5,368円

契約期間

2年1,100円なし

速度制限

3日で10GB混雑時

通信速度

下り最大440Nbps~1.0Gbps下り最大838Mbps~2.1Gbps

比較するとこのようになります。モバレコAirは固定回線よりも安くなるので、お得で手軽にWi-Fiを使いたい方におすすめです。

モバレコAirは速度制限が3日で10GBなど明確な指定がなく、回線が混雑すると速度制限がかかります。

これはWiMAXのように自分の使い方を調整してなんとかできる事ではなく、夜や昼間などみんながつかう時間帯に制限がかかる可能性が高くなります。

いつ速度制限が入るか分からないところはデメリットになるでしょう。

よしだ
よしだ

ホームルーターよりも固定回線の方が料金がやすくなることが多いです!

モバレコAir:SoftbankAirがリーズナブルに利用可能

モバレコAirは、SoftBankAirをリーズナブルな価格で利用できるプロバイダです。

通信品質が同じにも関わらず月額料金割引、17,000円キャッシュバックが受けれるため、かなりお得に利用できます。

ターミナル55G端末購入の場合

1-2カ月目

2,167

3-24カ月目

3,679

25カ月目~

5,368

また、5G回線にも対応したので、下り最大2.1Gbpsの高速通信が可能に。

データも容量無制限になってます。※利用が集中する時間帯(夜間など)は、通信速度が低下する場合があるそうです。

加えて、U-NEXTが半年無料になるため、動画を楽しみたい方にとってはかなりお得。

モバレコAirはお申し込みから8日以内であれば料金がかからず解約できるので、もし万が一速度などにに満足できなくても安心です。

 

WiFi革命セット:-ホームルーター・モバイルWi-Fi両方が使えるお得なプラン-

Wi-Fi革命セットWi-Fi革命セット ロゴ
運営会社株式会社グッド・ラック
ルーターモバレコAir
(ホームルーター)
ONE MOBILE
(ポケット型Wi-Fi)
契約期間なしなし
(2年間で強制解約)
データ容量無制限100GB
事務手数料3,300円0円
端末代金実質0円0円
(レンタル)
月額料金1〜2ヶ月目:2,167円〜
3〜24ヶ月目:3,679円〜
(モバレコAirの分割回数により異なる)
2年間の実質料金2年間の総額:88,572円
1ヶ月あたり:3690.5円 × 24ヶ月

WiFi革命セットは、人気のホームルーターとモバイルWi-Fiを同時に契約できるお得なプランです。

料金も月額2,000円前後〜と非常にリーズナブルなため、家でも外出先でもデータ容量をたくさん使用する方におすすめといえます。

まとめ

無制限で使えるWi-Fiについてご紹介しました。

無制限で使うには「大容量プラン」を選ぶ、契約期間の縛りが気になる方は「縛りなしプラン」を選ぶというように自分に合ったプランを探してみてください。

今までご紹介したプロバイダを下記に一覧表でまとめました。

大容量プランを選べるプロバイダ一覧

縛りなしWi-Fi

THE WiFi

UQ WiMAX

Mugen WiFi

Air-WiFi

YAMADA air mobile WiMAXGMOとくとくBB公式So-netモバイルWiMAX2+

月額料金

3,025円

3,281円

4,818円

3,293円

3,278円〜

1~30か月目4,818円

31か月目~4,268円

1~2か月目3,969円

3か月目以降4,688円

1年目3,718円

2年目以降

4,817円

使えるギガ数

50GB

100GB

使い放題

100GB

100GB

使い放題使い放題使い放題

契約期間

3年

自動更新

2年

自動更新

2年

自動更新

2年

自動更新

1年

自動更新

3年

自動更新

3年

自動更新

3年

自動更新

50GB以上の大容量プランを選べるプロバイダの中では『縛りなしWi-Fi』の3年縛っちゃうプランが圧倒的に安いです。

縛りがない・ゆるいプロバイダ一覧

縛りなしWi-Fi

BIGLOBE WiMAX2+

Broad WiMAXY!mobile楽天モバイルリモティーWi-Fi

月額料金

3,575円

(縛りなしプラン)

5,258円

1~2か月目2,999円

3~24か月目3,753円

25か月目以降4,413円

5,118円3,278円3,575円〜

使えるギガ数

50GB

使い放題

使い放題使い放題楽天エリアのみ使い放題50GB

契約期間

縛りなし

最低1年

3年

(いつでも解約サポートあり)

縛りなし

(本体代金3年支払い)

縛りなし3年(縛りなしプランあり)

表記はすべて税込みです。

縛りがない、またはゆるいプロバイダの中では『楽天モバイル』と『縛りなしWi-Fi』が格安で使用できます。
ただ楽天モバイルは楽天エリアのみが使い放題で、それ以外のエリアは毎月5GBまでしか使えないので注意しましょう。

完全に無制限で使うには固定回線を契約したうえで工事が必要ですが、ポケット型Wi-Fiでもプランを選べばほぼ無制限で使えることが分かりました。
利用期間やデータ量に合わせて自分に合ったプランを探すときの参考になればいいなと思います。

 

【300×300】WiFi革命セット