Wi-Fiの特徴

モバイルWi-FiとWiMAXの違いを分かりやすく解説! おすすめな人も紹介

Yoda
Yoda

この記事は、モバイルWi-FiとWiMAXの違いについて、解説しています。

WiMAXってモバイルWi-Fiの中に入るんだろう?

じゃぁ、モバイルWi-Fiって、何を指すの?

何かいろいろ混同しちゃうんだよなぁ。

誰か正確に教えてくれないかな。

そうですね、あいまいなまま使っている方も多いでしょうね。

今回は、モバイルWi-FiとWiMAXの違いについて、詳しく解説していきます。

モバイルWi-Fiの定義もちゃんと分かりますよ。

WiMAXとモバイルWi-Fiの速度制限について、またクラウドSIMはどこに分類するかなど、細かいことも説明しています。

それから、モバイルWi-Fiがおすすめの人と、WiMAXがおすすめの人を、しっかり区別して解説しています。

これからWi-Fiを契約しようとしている方も、またすでにWi-Fiを使っている方にも、役に立つ情報を載せていますので、ぜひ最後までお読みください。

【この記事でわかること】
● モバイルWi-FiとWiMAXの特徴
● モバイルWi-FiとWiMAXの違い
● モバイルWi-FiとWiMAXのおすすめプロバイダ

 

  1. モバイルWi-FiとWiMAXの特徴を押さえておこう
    1. モバイルWi-Fiとはキャリア回線やクラウドSIMを使用したWi-Fi端末のこと
    2. WiMAXとはWiMAX回線を使用したWi-Fi端末のこと
  2. モバイルWi-FiとWiMAXの違いを分かりやすく解説-比較表も-
    1. モバイルWi-FiとWiMAXの違い1. 通信速度
    2. モバイルWi-FiとWiMAXの違い2. データ容量・通信制限
    3. モバイルWi-FiとWiMAXの違い3. 建物内などの電波の感度
    4. モバイルWi-FiとWiMAXの違い4. 月額料金の違い
    5. モバイルWi-FiとWiMAXの違い5. 契約期間の違い
    6. 補足:モバイルWi-Fi・WiMAXとも完全無制限で使えるものはない
  3. モバイルWi-Fiがおすすめな人の特徴
    1. 特徴1. データ使用容量の少ない人
    2. 特徴2. 契約期間に縛られたくない人
    3. 特徴3. 早くインターネット環境を作りたい人
  4. WiMAXがおすすめな人の特徴
    1. 特徴1. データ使用容量の多い人
    2. 特徴2. 通信速度の速いWi-Fiを使いたい人
    3. 特徴3. 光回線を引けない人、すぐにインターネットを使いたい人
  5. モバイルWi-FiかWiMAXかが決まったら次はプロバイダを選ぼう
  6. モバイルWi-Fiのおすすめプロバイダ3選
    1. 縛りなしWiFi:契約期間の縛りがなくいつでも解約OK
    2. リモティーWi-Fi:月額3,575円で利用できる。契約期間の縛りなし
    3. Mugen WiFi:30日間全額返還キャンペーン中
  7. WiMAXのおすすめプロバイダ3選
    1. ヨドバシWiMAX:店舗でも契約できて初めての人も安心
    2. カシモWiMAX:WiMAX+5Gがずっと月額4,455円
    3. GMOとくとくBB:運営実績20年以上のおトクなプロバイダ
  8. 自分に合ったモバイルWi-Fi・WiMAXのプロバイダが見つかるフローチャート
  9. モバイルWi-FiとWiMAXに関するよくある質問
    1. モバイルWi-Fiはレンタルできる?
    2. UQ WiMAXの解約金は?
    3. UQ WiMAXに速度制限はある?
    4. WiMAXの速度制限を解除する裏ワザはない?
    5. WiMAXのハイスピードプラスエリアモードって?
    6. 1,000円くらいで使えるモバイルWi-Fiはない?
    7. 即日受け取れるモバイルWi-Fiはある?
  10. まとめ:モバイルWi-FiとWiMAXは使用用途によっておすすめできる人が異なる

モバイルWi-FiとWiMAXの特徴を押さえておこう

Yoda
Yoda

ここでは、モバイルWi-FiとWiMAXの特徴について、以下の順に解説していきます。

モバイルWi-Fiとはキャリア回線やクラウドSIMを使用したWi-Fi端末のこと

モバイルWi-Fiとはキャリア回線やクラウドSIMを使用したWi-Fi端末のことを言います。

Yoda
Yoda

「モバイルWi-Fi」という名称は、正確にはワイモバイル(ソフトバンクグループ)の商品名である「Pocket WiFi」のことを指します。

このPocket WiFiのように、小型で移動可能なWiFi通信端末を、正式には「モバイルWiFiルーター」と呼びます。2009年、国内初のモバイルWiFiルーターとして発売されたのが、このPocket WiFi(D25HW)でした。

現在ではdocomoやSoftBank、また別の企業が扱うモバイルWiFiルーターもまとめて「モバイルWi-Fi」と呼ばれるようになりました。またクラウドSIM型のWi-Fiルーターもこの中に含まれます。

クラウドSIM型Wi-Fiルーターは、クラウドサーバー上にSIM情報を置き、クラウドサーバーを経由して、クラウドサーバーがその利用する場所に最適な回線を選択し、その回線を利用してインターネットに接続します

以下、この記事では、モバイルWiFiサービスを総称して「モバイルWi-Fi」と呼びます。

WiMAXとはWiMAX回線を使用したWi-Fi端末のこと

WiMAXとはWiMAX回線を使用するWi-Fi端末のことです。

WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社が提供している高速モバイルデータ通信サービスです。

WiMAXは、docomoやSoftBankといったキャリア回線ではなく、「WiMAX 2+」というWiMAX専用の回線を使用しています。

またUQコミュニケーションズは、auの携帯電話サービスを提供しているKDDIが親会社です。そのためWiMAXでは、WiMAX 2+の回線に加えて、オプションとして「au 4G LTE」回線を使えるのです。

うん、何となく違いが分かってきたぞ。

 

モバイルWi-FiとWiMAXの違いを分かりやすく解説-比較表も-

モバイルWi-FiとWiMAXの違いを分かりやすく解説-比較表も-

Yoda
Yoda

ここでは、モバイルWi-FiとWiMAXの違いについて、以下の順に解説していきます。

モバイルWi-FiとWiMAXの違いを、下の表にまとめました。

Wi-FiモバイルWi-FiWiMAX
通信速度(下り最大)112.5Mbps~612Mbps440Mbps~1.2Gbps
通信エリアY!mobileの場合UQ WiMAXの場合
月額料金の目安2,480円~3,696円3,696円~4,268円
データ容量40GB~100GB/月無制限(3日間で10~15GBの通信制限あり)
契約期間なし~3年2年~3年
キャンペーンの多さどちらもほぼ同じ

モバイルWi-FiとWiMAXの違い1. 通信速度

モバイルWi-FiとWiMAXの大きな違いは、使用する周波数帯が異なっていることです。モバイルWi-Fiは700MHz~2.5GHz、WiMAXは2.5GHz・5GHzの周波数帯を使用しています。

電波の周波数が高くなるほど直進性が強くなり、通信速度が速くなります。また、1秒間に送られるデータ量も多くなります。

Yoda
Yoda

このため速度に関しては、WiMAXの方が速いというメリットがあります。

モバイルWi-FiとWiMAXの違い2. データ容量・通信制限

モバイルWi-Fiは月間のデータ容量を超えると、通信制限がかかります。ほとんどの場合、月末まで128Kbpsに速度が制限されます。

これに対して、WiMAXは速度制限が緩やかです。3日間でデータ使用料が10~15GBを超えると速度制限がかかります。速度制限はほとんどの場合、1Mbpsで、時間帯も18:00~2:00と限られています。

Yoda
Yoda

ちなみに128kbpsは、LINEやメール程度しかできませんが、1Mbpsだと日常の作業なら問題なくできる速度です。

モバイルWi-FiとWiMAXの違い3. 建物内などの電波の感度

電波は周波数が高くなるほど速度は早くなりますが、その代わり遮蔽物に弱くなるのが欠点です。WiMAXが建物内や地下鉄内でつながりにくくなるのは、そのためです。

WiMAXの場合、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えれば、4GLTE回線につながるので、接続が復旧することがあります。

ただ多くのWiMAXは、ハイスピードプラスエリアモードにはオプション料がかかってしまいます。また使いすぎると速度制限がかかってしまいます。

Yoda
Yoda

遮蔽物のある場所では、モバイルWi-Fiがやや有利であると言えます。

モバイルWi-FiとWiMAXの違い4. 月額料金の違い

モバイルWi-FiとWiMAXでは、月額料金に違いがあります。平均すると約600円~1,000円、モバイルWi-Fiの方が安くなる傾向にあります。

モバイルWi-FiとWiMAXの違い5. 契約期間の違い

WiMAXはほとんどのプロバイダで契約期間が2年~3年となっていますが、モバイルWi-Fiは契約期間の縛りがないところが多いです。また解約時に、契約解除料金がかかりません。

そのためWi-Fiを好きなときに契約し、好きなときに解約したい方にはおすすめと言えます。

契約期間の縛りがなければ、たとえば引っ越しのときなど、あたらしく回線を引くまでの代替機として使うこともできます。

補足:モバイルWi-Fi・WiMAXとも完全無制限で使えるものはない

モバイルWi-Fi・WiMAXとも完全無制限で使えるものはありません。

WiMAXはデータ容量無制限をうたっていますが、3日間で10~15GBの制限があります。モバイルWi-Fiも月間のデータ容量は決まっていて、上限を超えると通信制限がかかります。

WiMAXが1Mbps、モバイルWi-Fiが128kbpsまで、速度が制限されます。1Mbpsでは日常の作業は問題なくできますが、128kbpsではメールやLINEなどの簡単な作業しかできません。

Yoda
Yoda

これは過去にクラウドSIM型のモバイルWi-Fiの発売当時、各プロバイダが一斉に完全無制限をうたったために、回線の混雑が生じ、通信障害が起こったことが影響しています。

現在は、クラウドSIM型のモバイルWi-Fiも通信制限を設定しています。

ふんふん、そんなことがあったんだねぇ。

 

モバイルWi-Fiがおすすめな人の特徴

モバイルWi-Fiがおすすめな人の特徴

ここでは、モバイルWi-Fiがおすすめな人の特徴について、以下の順に解説していきます。

特徴1. データ使用容量の少ない人

データ使用容量の少ない人は、モバイルWi-Fiがおすすめです。

ふだんからインターネットをひんぱんに使うことがありませんが、外出先でインターネットを利用したい人です。月間の使用データ容量の上限まで、余裕のある使い方ができる人に合っています。

特徴2. 契約期間に縛られたくない人

契約期間に縛られたくない人は、モバイルWi-Fiがおすすめです。

WiMAXはほとんどのプロバイダが、2~3年間の契約期間を設けています。それに対してモバイルWi-Fiは、契約期間の縛りがないところが多くあります。解約のときも、契約解除料金が発生しません。

Yoda
Yoda

Wi-Fiを好きなときに契約し、好きなときに解約したい人におすすめです。

特徴3. 早くインターネット環境を作りたい人

早くインターネット環境を作りたい人は、モバイルWi-Fiがおすすめです。

光回線を引くには、回線工事をしなければならないので、工事の業者が来るまで、普通約1か月は待たなければなりません。

回線工事が済むまで、どうしても待てなくて、インターネットを使いたい人は、モバイルWi-Fiがおすすめです。

モバイルWi-FiならWeb上から申し込むことができ、端末機は短時日で送られてきます。端末機が届いたらすぐ接続設定ができて、その日からインターネットを利用できます。

できれば、Wi-Fiは早く使いたいよね。

 

WiMAXがおすすめな人の特徴

WiMAXがおすすめな人の特徴

Yoda
Yoda

ここでは、WiMAXがおすすめな人の特徴について、以下の順に解説していきます。

特徴1. データ使用容量の多い人

毎月のデータ使用容量が多く、かつ外出先でもWi-Fiを使いたい人は、WiMAXがおすすめです。

WiMAXは、月のデータ使用容量が実質無制限です。3日間10~15GBの制限はありますが、通信制限に注意していれば、月のデータ使用容量を気にしなくて済みます。

特徴2. 通信速度の速いWi-Fiを使いたい人

通信速度が速く、かつ外出先でも使えるWi-Fiがほしい人は、WiMAXがおすすめです。

WiMAXは一番通信速度が速い機種は、下り1.2Gbpsの速度が出ます。通信速度だけで比べたら、断然WiMAXの方がモバイルWi-Fiより高速通信が可能です。

通信速度と外出先の使用にこだわるなら、WiMAXがおすすめです。

通信速度は、やっぱり速い方がいいよね。

特徴3. 光回線を引けない人、すぐにインターネットを使いたい人

賃貸住宅に住んでいて、何らかの事情で光回線を引けない人や、すぐにインターネットを使いたい方は、WiMAXがおすすめです。

WiMAXなら工事不要で、着いたその日にすぐインターネットを利用できます。

Yoda
Yoda

また自宅だけで使うのであれば、ホームルーターもおすすめです。

 

モバイルWi-FiかWiMAXかが決まったら次はプロバイダを選ぼう

モバイルWi-FiかWiMAXかが決まったら次はプロバイダを選ぼう

モバイルWi-FiかWiMAXかが決まったら、次はプロバイダを選びましょう。

プロバイダとは、回線をインターネットとつなげる役割を担う接続事業者のことです。たとえばWiMAXなら、インターネットを利用するためには、WiMAXをインターネット回線とつなげる必要があります。その役割を受け持つのがプロバイダです。

WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社が提供している通信サービスです。しかし、WiMAXにはUQコミュニケーションズ以外にもWiMAXの端末機とサービスを販売、提供している業者が多数あります。

WiMAXの性能は同じですが、それぞれ料金とカスタマーサポートが異なるので、WiMAXを選ぶ際は選択肢が多岐に渡ります

モバイルWi-Fiのプロバイダも同様に多数あります。

Yoda
Yoda

プロバイダを選ぶ目安は、月額料金やキャッシュバック率の高さ、カスタマーサポートが充実しているか等に着目して選んでいくことになります。

プロバイダ選びって、ホント大切なんだな……。

 

モバイルWi-Fiのおすすめプロバイダ3選

モバイルWi-Fiのおすすめプロバイダ3選

Yoda
Yoda

ここでは、モバイルWi-Fiのおすすめプロバイダ3選を紹介していきます。

縛りなしWiFi:契約期間の縛りがなくいつでも解約OK

プロバイダ名縛りなしWiFi
プランスタンダードプラン(縛りなしプラン)
月額料金3,366円
初期費用3,300円
キャンペーンFon光とのセット割
端末費用0円
1年間と2年間の総額料金43,692円/84,084円
支払方法クレジットカード・口座振替
データ容量40GB
最大通信速度(下り)612Mbps(601HW)
契約期間なし

縛りなしWiFiは、契約期間の縛りがなく、いつでも解約でき、契約解除料金も発生しません。

Yoda
Yoda

縛りなしプランはスタンダードプランの他に、「メガプラン」(50GB:3,575円)、「ギガプラン」(60GB:3,630円)、「WiMAXプラン」(100GB:4,730円)があります。

縛りなしWiFiには「縛りなしプラン」の他に、「1年縛っちゃうプラン」(契約期間1年)、「3年縛っちゃうプラン」(契約期間3年)があります。いずれも「縛りなしプラン」より低額で利用できます。また解約時、契約解除料金がかかりません。

プラン1年縛っちゃうプラン
スタンダードプランメガプランギガプラン100ギガプランWiMAXプラン
月額料金3,190円3,278円3,300円3,630円4,378円
事務手数料3,300円
契約期間1年
契約解除料金0円
データ容量40GB/月50GB/月60GB/月(2GB/日)100GB/月100GB/月(10GB/3日)
プラン3年縛っちゃうプラン
スタンダードプランメガプランギガプラン100ギガプランWiMAXプラン
月額料金2,926円3,025円3,080円3,410円3,960円
事務手数料3,300円
契約期間3年
契約解除料金0円
データ容量40GB/月50GB/月60GB/月(2GB/日)100GB/月100GB/月(10GB/3日)

 

Yoda
Yoda

「いきなり縛っちゃうプランは不安……」そんなときは、まず縛りなしギガプランやスタンダードプランで試して、あとから縛っちゃうプンへご変更も可能です。

 

端末機は選べません。プランに合った端末機が送られてきます。

またFon光とのセット割で、縛りなしWifiの利用料が最大902円安くなります。

プラン縛りなしスタンダードプラン縛りなしメガプラン縛っちゃうスタンダードプラン縛っちゃうメガプラン
月額料金
3,366円
2,464
3,575円
2,728
2,926円
2,134円
3,025円
2,398
おトク¥902おトク¥847おトク¥792おトク¥627おトク
事務手数料3,300円
契約期間なし3年
月間データ容量40GB50GB40GB50GB

 

縛りなしWiFiの詳細を見る

縛りなしWi-Fiを完全解説!口コミや評判、クーポンコードの情報を紹介
縛りなしWi-Fiを契約するとき、クーポンやキャンペーンがあるなら利用したいですよね。この記事では、縛りなしWi-Fiのクーポンコードの有無について解説します。縛りなしWi-Fiのメリット・デメリットについても解説しているので、新しく縛りなしWi-Fiを契約したい方や、乗り換えを検討している方も参考にしてみてください。

リモティーWi-Fi:月額3,575円で利用できる。契約期間の縛りなし

プロバイダ名リモティーWi-Fi
プラン縛りなしプラン
月額料金3,575円
初期費用3,300円
キャンペーン月額料金を割り引き
端末費用0円
1年間と2年間の総額料金46,200円/89,100円
支払方法クレジットカード
データ容量50GB
最大通信速度(下り)112.5Mbps(801ZT)
契約期間なし

リモティーWiFiは、契約期間の縛りがありません。解約時、契約解除料金がかかりません。月50GBまで制限なく利用できます。

縛りなしプランの他に、「縛りありプラン」(契約期間3年 50GB 3,828円)があります。契約解除料金は、解約する時期によって異なり、10,450円~33,000円かかります。

Yoda
Yoda

端末機は選べません。

 

リモティーWiFiの詳細を見る

リモティーWiFiの月額料金は高い? 料金プランや評判を詳しく調べてみた
リモティー WiFiを解説しています。月額料金も手ごろで、契約期間の縛りもなく、使いやすそうな印象を受けます。しかし、月額料金が最安値でない、プランも50GBのみに限られるなど、デメリットあります。しかし、結論はその将来性に期待することとしました。

Mugen WiFi:30日間全額返還キャンペーン中

プロバイダ名Mugen WiFi
プラン
月額料金3,293円
初期費用3,300円
キャンペーン最大13,500円キャッシュバックあり
端末費用0円
1年間と2年間の総額料金42,816円/82,332円
支払方法クレジットカード
データ容量/月100GB
最大通信速度下り150.0Mbps/上り50.0Mbps
契約期間2年
Yoda
Yoda

Mugen WiFiは30日間お試しで体験できます。

提供エリアは、日本全国でもっともエリアの大きい、大手3大キャリアの回線を利用。4G回線を使用し、地下でもつながります。

土日祝でも午前12時までのお申し込みで最短翌日から使えます。

2年間利用したユーザーには、初期費用なしで最新の端末に無償交換します。

また2年縛りなしプランのオプションあり(月額660円)。

契約解除料金は、1〜 12か月目 9,900円、13 〜 24か月目 5,500円、25か月目~0円となっています。

どのプロバイダも特徴があって、なかなかいいんじゃないかな。

 

Mugen WiFiの詳細を見る

ZEUS(ゼウス) Wi-Fiは繋がらない?ZEUS Wi-Fiの評判やメリット・デメリットまとめ
zeus wifiは月額料金が手頃で対応エリアの広いモバイル Wi-Fiです。20GBから100GBまでという広い料金プランも魅力です。 今回は、zeus wifiの評判やメリット・デメリットについてご紹介します。

WiMAXのおすすめプロバイダ3選

WiMAXのおすすめプロバイダ3選

Yoda
Yoda

ここでは、WiMAXのおすすめプロバイダ3選を紹介していきます。

ヨドバシWiMAX:店舗でも契約できて初めての人も安心

プロバイダ名ヨドバシWiMAX
プランギガ放題プラス
月額料金4,268円
初期費用3,300円
キャンペーン20,000円分ヨドバシ商品券、プラスエリアモード無料、ワイヤレスゲート無料
端末費用605円 × 36か月
1年間と2年間の総額料金58,476円/116,952円
支払方法クレジットカード
データ容量/月無制限
最大通信速度下り2.2Gbps/上り183Mbps
契約期間3年

「ギガ放題プラス」は、5G回線対応プランです。他に5G回線未対応の「ギガ放題」プランがあります(無制限 3,828円)。

「ギガ放題プラス」「ギガ放題」のいずれのプランでも、モバイルWi-Fiの代わりにホームルーターを契約できます。機種は、Speed Wi-Fi HOME 5G L11(ギガ放題プラス)、WiMAX HOME2(ギガ放題)の2種類です。

Yoda
Yoda

またヨドバシWiMAXには、「ギガ放題プラス」「ギガ放題」いずれのプランにもワイヤレスゲートWi-Fiが無料で利用できる特典がついています。

ワイヤレスゲートWi-Fiは、マクドナルドやJR主要駅、空港、高速バス、コンビニ、ファミリーレストランなど、全国約40,000か所のあらゆる場所で使える公衆Wi-Fiサービスです。

ここはキャンペーンがすごいね。

ヨドバシのお客さんなら、喜んじゃうだろうな。

 

ヨドバシWiMAXの詳細を見る

ヨドバシWiMAXの口コミ・評判まとめ-5Gや料金・解約方法も-
本記事では、ヨドバシWiMAXを検討している方に向けて、ヨドバシWiMAXの概要や特徴、評判などについて解説します。 新たにWiMAXを検討している方や乗り換えを考えている方の参考になれば幸いです。

カシモWiMAX:WiMAX+5Gがずっと月額4,455円

プロバイダ名カシモWiMAX
プラン5Gプラン
月額料金4,455円
初期費用3,300円
キャンペーンなし
端末費用0円
1年間と2年間の総額料金56,760円/110,220円
支払方法クレジットカード
データ容量/月無制限
最大通信速度(下り最大)2.7Gbps
契約期間3年

5G回線対応のWiMAXです。キャンペーンを行わない代わりに、月額料金を安めに抑えています。プラスエリアモード利用が無料です。

端末機種はSpeedWi-Fi 5G X11とGalaxy 5G Mobile Wi-Fiで、2台のうちからどちらかを選べます。

ホームルーターにも対応しています。機種はSpeedWi-Fi HOME 5G L12です。

最短の発送は、申し込み当日から翌日となります。東京から宅配便での発送となり、届け先により発送から1日~2日で到着となります。

なお契約解除料金は、解約時期によって異なり、10,450円~20,900円となっています。

 

カシモWiMAXの詳細を見る

WiMAXの最安値?カシモWiMAXの口コミと評判を徹底解説
「カシモWiMAX」のリアルなTwitter評判を元に徹底解説していきます。 この記事を読み終わる頃にはカシモWiMAXのメリットデメリット、他のプロバイダと比べてどのような違いがあるのかを理解できると思います。

GMOとくとくBB:運営実績20年以上のおトクなプロバイダ

プロバイダ名GMOとくとくBB
プランWiMAX+5Gプラン
月額料金1~24か月目:4,158円
25か月目~:4,708円
初期費用3,300円
キャンペーン月額料金割り引き、プラスエリアモード無料
端末費用0円
1年間と2年間の総額料金53,196円/103,092円
支払方法クレジットカード
データ容量/月無制限
最大通信速度(下り最大)2.2~2.7Gbps
契約期間3年

WiMAX +5Gエリアに加えて、au 4G LTE、au 5Gエリアが利用可能です。700-800MHzの周波数帯の利用で、さらに高速通信が可能なプラスエリアモードのオプション1,100円が無料です。

端末機は、最新機種のSpeed Wi-Fi 5G X11とGalaxy 5G mobile Wi-Fiの2台のうちからどちらかを選べます。

ホームルーターにも対応しており、機種はSpeed Wi-Fi HOME 5G L12とZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11の2種類になります

平日15:30まで、土日祝日14:00までに申し込むと、最短即日発送になります。

契約解除料金は、解約時期によって異なり、10,450円~20,900円となっています。

 

GMOとくとくBBの詳細を見る

GMOの「とくとくBB WiMAX」の評判・キャッシュバックを比較検証
GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックが手厚く使い勝手の良くおすすめ。ポケットWi-Fiを検討する際に候補に入れておきたい優秀なプロバイダです。他社と比較して自分に合ったものを選択してくださいね。

自分に合ったモバイルWi-Fi・WiMAXのプロバイダが見つかるフローチャート

自分に合ったモバイルWi-Fi・WiMAXのプロバイダが見つかるフローチャート

自分に合ったモバイルWi-Fi・WiMAXのプロバイダが見つかるフローチャートです。

Yoda
Yoda

矢印をたどっていくと、ベストなプロバイダに行き着きます。

自分に合ったモバイルWi-Fi・WiMAXのプロバイダが見つかるフローチャート

なかなか面白いんじゃないか?

 

モバイルWi-FiとWiMAXに関するよくある質問

モバイルWi-FiとWiMAXに関するよくある質問

Yoda
Yoda

ここでは、モバイルWi-FiとWiMAXに関するよくある質問について、回答していきます。

モバイルWi-Fiはレンタルできる?

モバイルWi-Fiをレンタルしているおすすめのプロバイダを3つ紹介します。下の表のとおりです。

縛りなしWiFi
・料金:月額3,630円
・契約期間:1か月~
・返却方法:宅配便返却
Wi-Fiレンタルドットコム
・料金:1日:495円、7泊8日:3,960円、30泊31日:7,425円
・契約期間:1日〜
・返却方法:宅配便返却:送料利用者負担、空港返却:550円、ポスト返却:517円
WiFiレンタル屋さん
・料金:1日:390円、1週間:2,730円、1ヶ月5,850円
・契約期間:1日〜
・返却:宅配返却 1,100円(往復送料)

UQ WiMAXの解約金は?

「ギガ放題プラス」を例にして解説します。

「ギガ放題プラス」には、3つの契約形態があります。契約期間は、期間条件なし/2年自動更新あり/2年自動更新なしの3種類です。

このうち「期間条件なし」には、解約時に契約解除料金が発生しません。「2年自動更新あり」「2年自動更新なし」には、解約時に契約解除料金1,100円かかります。

Yoda
Yoda

とても安いのですが、契約時に端末機代を月額で分割払いにした場合、解約時の残債額を上乗せして支払わなければなりません。

UQ WiMAXに速度制限はある?

UQ WiMAXに速度制限はあります。以下の表のとおりです。

速度制限がかかる利用データ量

直近3日間で15GB以上(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」と「au 5G」のデータ量の合計)

制限時間

3日間で15GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯

制限後の最大通信速度

概ね1Mbps

WiMAXの速度制限を解除する裏ワザはない?

WiMAXの速度制限を実際に解除する裏ワザは、ありません。
ただしデータ容量を節約する方法が、2つあります。以下のとおりです。

・au Wi-Fi SPOTを利用する
・携帯電話のテザリング機能を使う

au Wi-Fi SPOTを利用する

au Wi-Fi SPOTを利用します。設定の手順は以下のとおりです。必ずau Wi-Fi SPOTのエリア内で行ってください。

1. 端末機の設定画面を開く
2.「Wi-Fiスポット接続」をONにする
3. au Wi-Fi SPOTのアクセスポイントを接続する
4.「au_Wi-Fi2」のSSIDを選択する
5. 利用開始

au Wi-Fi SPOTは、喫茶店や駅など、全国20万以上の地点でインターネットを利用できるサービスです。

Yoda
Yoda

au Wi-Fi spotは、WiMAX 2+サービスを契約中の方なら、無料で使うことができます。

携帯電話のテザリング機能を使う

テザリング機能とは、Wi-Fiがない場所でも通信できるスマートフォンを、Wi-Fiルーターとして使用し、他のデバイスでもインターネットの利用を可能にする機能のこと。

簡単に言うと、スマートフォンのデータ通信を利用して、他のデバイスをインターネットに接続することです。

ただし、確かにテザリングは便利なのですが、すぐには使えないときがあります。契約しているプロバイダによってはオプションサービス扱いになっているため、利用するには事前に申し込むことが必要な場合もあるからです。

まず自分のスマートフォンが、テザリング機能に対応しているかどうか、確認してください。

● テザリング方法例(iPhone)
1. ホーム画面の「設定」から、中段にある「インターネット共有」をタップする。
2. インターネット共有をスライドさせて「ON」にする。
3. 接続したい機器側で「iPhone」を選択する。
4. 設定した「Wi-Fiのパスワード」を入力すれば接続完了。
● 注意点
・テザリング中に使用するデータ通信は、すべてスマートフォンの通信として加算されるため、接続した端末で大容量のデータ量を使用すると、すぐに1か月の通信制限となる可能性がある。
・テザリング中はバッテリー消費が大きいため、長時間のテザリング利用はしない。
Yoda
Yoda

WiMAXのデータ容量を節約するはずが、スマートフォンのデータ容量を超えてしまったら、本末転倒ですからね、注意してください。

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードって?

「ハイスピードプラスエリアモード」は、auの4G LTE回線で使用できるモードのことです。ハイスピードプラスエリアモードに設定することによって、「WiMAX 2+エリア」で回線がつながらない場合、「au 4G LTE」回線に自動で切り替えて接続します。

ただし、「ハイスピードプラスエリアモード」はデータ容量が月7GBまでとなっていて、超過した場合は月末まで通信速度が128kbpsに制限されます。同時にハイスピードモードの通信も速度制限されてしまうため、注意してください。

これは便利だけど、注意して使わないとね。

1,000円くらいで使えるモバイルWi-Fiはない?

1,000円前後で使えるモバイルWi-Fiは、以下の2つです。

探せば、あるんだねぇ。

即日受け取れるモバイルWi-Fiはある?

Yoda
Yoda

即日受け取りにするためには、実店舗へ足を運ばなくてはなりません。

方法としては以下の3つがあります。

● 通信キャリアのショップで申し込む
● 家電量販店などで申し込む
Broad WiMAXの店舗受け取りサービスを利用する

 

まとめ:モバイルWi-FiとWiMAXは使用用途によっておすすめできる人が異なる

まとめ:モバイルWi-FiとWiMAXは使用用途によっておすすめできる人が異なる

この記事では、モバイルWi-FiとWiMAXの違いについて、解説してきました。

「モバイルWi-Fi」「モバイルWi-Fi」「WiMAX」とふだん何気なく使っている、言葉の正しい理解ができたのではないかと思います。

モバイルWi-FiとWiMAXは使用用途によって、おすすめできる人が異なります。

たとえば契約期間の縛りがないWi-Fiがいい人と、縛りのあるWi-Fiでもよいという人。

データ使用容量は無制限でなくちゃという人と、そんなにGB数使わないから、大容量でなくてもいいよという人。

人それぞれに使用用途が違います。

Wi-Fiもそれぞれ違ってきます。

自分の使用目的に合ったWi-Fiを使っていますか?

自分の使いがってのよいWi-Fiを選ぼうとしていますか?

この記事を読んだ機会に、もう一度自分のWi-Fiについて考え直してみるのもいいと思います。

Yoda
Yoda

この記事がユーザーさまのWi-Fi選びや、ふだんのWi-Fiの使い方に、少しでも参考になればうれしいです。