Wi-Fiの特徴

【意外と違う】モバイルルーターとホームルーターの違いを解説!

モバイルルーター ホームルーター

今回は、モバイルルーターとホームルーターの違いを解説していきます。

光回線の工事が不要なので、申し込んで機器が届けばすぐに使えるところが魅力的です。

自身の使用用途に合ったものを選んで下さいね。

この記事で分かること
・モバイルルーターとホームルーターの違い
・モバイルルーターの料金の違い
・メリットとデメリット
 
\契約期間縛りなし!/
  1. モバイルルーターとホームルーターの違いとは
  2. モバイルルーターとホームルーターの料金の違いは?
    1. モバイルルーターの料金紹介
    2. ホームルーターの料金紹介
  3. モバイルルーターのメリットを3つ紹介
    1. メリットその1.自宅でも外出先でも使用できる
    2. メリットその2.回線工事が不要
    3. メリットその3.複数の端末を同時接続
  4. モバイルルーターのデメリットを3つ紹介
    1. デメリットその1.長時間の使用でバッテリーが切れる
    2. デメリットその2.電波が届かない場合がある
    3. デメリットその3.データ量を超えると通信速度が遅くなる
  5. ホームルーターのメリットを3つ紹介
    1. メリットその1.コンセントを挿せばすぐに使える
    2. メリットその2.端末の同時接続数がモバイルルーターより多い
    3. メリットその3.電波が広範囲で使える
  6. ホームルーターのデメリットを3つ紹介
    1. デメリットその1.持ち運びができない
    2. デメリットその2.速度制限のリスクがある
    3. デメリットその3.固定回線より通信は安定しにくい
  7. モバイルルーターとホームルーターの速度比較
    1. モバイルルーターの速度
    2. ホームルーターの速度
  8. おすすめのモバイルルーターを紹介
  9. おすすめのホームルーターを紹介
  10. モバイルルーターが向いている人
  11. ホームルーターが向いている人
  12. WiMAXのホームルーターの申し込みから利用開始までの手順を解説
    1. 新規お申し込みの流れ
  13. モバイルルーターとホームルーターを併用する方法
  14. モバイルルーターとホームルーターの実際の口コミを紹介
    1. モバイルルーターの口コミ
    2. ホームルーターの口コミ
  15. モバイルルーターとホームルーターに関するよくある質問
    1. モバイルルーターによくある質問
    2. ホームルーターによくある質問
  16. まとめ

モバイルルーターとホームルーターの違いとは

モバイルルーターとホームルーターの違いとは

モバイルルーターとホームルーターの決定的な違いは、端末の大きさがあげられます。

モバイルルーターは、持ち運びがしやすいように、基本的にコンパクトな設計になっています。 そのため、仕事や旅行にも気軽に持ち運びでき、様々な場所でネット環境を作る事ができます。

一方で、ホームルーターは屋内での使用を想定して設計されているため、筐体のサイズはモバイルルーターより大きく設計されています。

ホームルーターには、バッテリーが搭載されていません。 使用する際には、コンセントがある場所に限られるので注意が必要です。

 

\契約期間縛りなし!/

モバイルルーターとホームルーターの料金の違いは?

モバイルルーターとホームルーターの料金の違いは?

モバイルルーターとホームルータの料金プランに大きな違いはありません。

ですが、契約月が経つにつれて、月額料金が少し上がっていく会社もあります。 比較的、料金設定が安いです。

モバイルルーターの料金紹介

 月額料金(3年) データ制限 契約期間 縛り無しWiFi 3,630円 あり(2GB/日) なし カシモWiMAX(ギガ放題プラン) 3,994円 なし 36ヶ月(自動更新) BIGLOBE WiMAX 2+(ギガ放題(1年)) 3,997円 なし 12ヶ月(自動更新なし) MUGEN WiFi 3,440円 あり(100GB/月) 24ヶ月(自動更新なし) 縛りなしプランあり ワイモバイル(アドバンスオプション追加時) 4,909円 なし なし

プロバイダ実質月額月額料金

Broad WiMAX

 

3,883円(税込)1〜2ヶ月:2,998円(税込) 3〜24ヶ月:3,752円(税込) 25〜36ヶ月:4,412円(税込)

BIGLOBE WiMAX

4,584円(税込)1〜36ヶ月:4378円(税込)

GMOとくとくBB WiMAX  

3824円(税込)1〜2ヶ月:3,970円(税込) 3〜36ヶ月:4,689円(税込)

カシモWiMAX

3994円(税込)1ヶ月:1,518円(税込) 2ヶ月目以降:3,971円(税込)

ホームルーターの料金紹介

ホームルーターの料金紹介

プロバイダ実質月額月額料金

Broad WiMAX

 

3,876円(税込)1〜2ヶ月:2,999円(税込) 3〜24ヶ月:3,753円(税込) 25ヶ月目以降:4,413円(税込)

BIGLOBE WiMAX

3,829円(税込)1〜2ヶ月:3,970円(税込) 3〜24ヶ月:4,690円(税込) 25ヶ月目以降:4690円(税込)

GMOとくとくBB WiMAX  

3,994円(税込)1ヶ月:1,518円(税込) 2ヶ月目以降:3,971円(税込)

So-net WiMAX

4,420円(税込)1〜12ヶ月:3718円(税込) 13ヶ月〜:4817円(税込)
 
\契約期間縛りなし!/

モバイルルーターのメリットを3つ紹介

モバイルルーターのメリットを3つ紹介

・メリットその1.自宅でも外出先でも使用できる
・メリットその2.回線工事が不要
・メリットその3.複数の端末を同時接続

メリットその1.自宅でも外出先でも使用できる

メリットその1.自宅でも外出先でも使用できる

モバイルルーターは、自宅でも外出先でも使用できるのが大きなメリットです。

サイズがコンパクトなので旅行に持っていく時も重荷になりません。

固定回線だと、家の中でしか基本的に使えません。 外出先でもたくさん通信したい方、スマホだけの通信容量では不安の方には最高の環境を構築できます。

メリットその2.回線工事が不要

メリットその2.回線工事が不要 モバイルルーターなら、回線工事は不要です。

固定回線だと、工事の順番待ちでその間ネットが使えないということもありますが、モバイルルーターなら設定も簡単なので、すぐにネット環境が使えます。

モバイルルーターだと、プロバイダにもよりますが、契約してから即日で発送してくれるので、早くて翌日にはネットが利用可能になることもあります。 手軽にネットを使いたい方には大きなメリットです。

メリットその3.複数の端末を同時接続

メリットその3.複数の端末を同時接続

出典:UQWiMAX公式サイト

モバイルルーターは、複数の端末を同時に接続する事ができるので、スマホの他にゲーム機やPCにも同時に接続できます。

モバイルルーターの種類によって、接続できる台数は異なりますが、基本的に同時接続が足りなくなることはないでしょう。 手軽に同時接続ができるので、現代の生活スタイルに適しています。

 
\契約期間縛りなし!/

モバイルルーターのデメリットを3つ紹介

モバイルルーターのデメリットを3つ紹介

・デメリットその1.長時間の使用でバッテリーが切れる
・デメリットその2.電波が届かない場合がある
・デメリットその3.データ量を超えると通信速度が遅くなる

デメリットその1.長時間の使用でバッテリーが切れる

デメリットその1.長時間の使用でバッテリーが切れる モバイルルーターは、外出先で使用できますが、デメリットとしてバッテリー切れがあるので注意が必要です。

最近だと、10時間以上使用可能な機種も増えてきています。 節電モードが搭載されているモバイルルーターもあるので、長時間で利用予定の方は、節電モードが搭載されているか確認したほうがいいでしょう。

デメリットその2.電波が届かない場合がある

デメリットその2.電波が届かない場合がある

モバイルルーターによっては、電波がつながらないエリアもあります。

利用者が多い時間帯や場所によっても電波がつながりにくいこともあります。 まずは、自宅で使用できるエリアなのかを確認ください。 例えば、設置場所に電子レンジがあったり、壁越しなどでは通信が不安定になるので注意が必要です。

デメリットその3.データ量を超えると通信速度が遅くなる

デメリットその3.データ量を超えると通信速度が遅くなる

モバイルルーターの場合、1ヶ月で使えるデータ量が決まっていることがあるため、それ以上使うと通信速度が遅くなります。

メールやWEB閲覧しかしない方は問題ないでしょう。 ネットの使用頻度が多い方や動画視聴など、普段からデータ容量を多く利用する方は、無制限のプランがおすすめです。

 
\契約期間縛りなし!/

ホームルーターのメリットを3つ紹介

ホームルーターのメリットを3つ紹介

・メリットその1.コンセントを挿せばすぐに使える
・メリットその2.端末の同時接続数がモバイルルーターより多い
・メリットその3.電波が広範囲で使える

メリットその1.コンセントを挿せばすぐに使える

出典:UQWiMAX公式サイト

ホームルーターは、回線工事が不要なので、製品が届いたらコンセントに挿せばすぐに使えます。 設定も簡単にできるので、その日のうちにネット環境が整います。

工事完了まで、ネットの使用を我慢できない方には、ホームルーターの使用をおすすめします。

メリットその2.端末の同時接続数がモバイルルーターより多い

メリットその2.端末の同時接続数がモバイルルーターより多い

出典:UQWiMAX公式サイト

ホームルーターは、端末を同時に接続できる台数が多いのが特徴です。 WiMAXのホームルーターだと最大で42台。モバイルルーターより2倍以上の接続数です。

来客時に友人の端末を接続でき、家族が多い家庭にも安心して使用できます。

メリットその3.電波が広範囲で使える

ホームルーターは、モバイルルーターよりも電波が安定しているというメリットがあります。 1軒家で使用する場合、1階に設置して2階でネットを使用する場合でも問題はありません。

ストレスなく、通信が途切れることもないのが魅力的です。

 
\契約期間縛りなし!/

ホームルーターのデメリットを3つ紹介

ホームルーターのデメリットを3つ紹介

・デメリットその1.持ち運びができない
・デメリットその2.速度制限のリスクがある
・デメリットその3.固定回線より通信は安定しにくい

デメリットその1.持ち運びができない

デメリットその1.持ち運びができない

ホームルーターは、コンセントに挿して使用するので、モバイルルーターのように持ち運びできません。 キャリアによっては、登録した住所のみの使用になります。

移動中に使用したい方は、モバイルルーターのほうが向いているかもしれません。

デメリットその2.速度制限のリスクがある

デメリットその2.速度制限のリスクがある

WiMAXの場合、無制限のプランでも、直近3日の合計データ量が10GBを超えると通信制限がかかってしまうので注意が必要です。

映画や動画視聴をメインで利用する方は、速度制限がかかることのあるかもしれません。 日頃からどのくらいの通信量を使用しているか把握しておいたほうが良いでしょう。

デメリットその3.固定回線より通信は安定しにくい

ホームルーターは、モバイル回線を使用しているので、光回線のような固定回線に比べると、通信は安定しにくいです。

また、通信速度も光回線には負けてしまいます。 どうしても通信速度や、安定した環境が欲しい方は、ホームルーターは向かないかもしれません。

 
\契約期間縛りなし!/

モバイルルーターとホームルーターの速度比較

モバイルルーターとホームルーターの速度比較

通信速度の最大値は、あくまでも実験で出た数字です。 通信速度を測る実証実験というのは、電波を遮るものがない状況で行われます。

実際に使用した状況とは、少し異なります。 インターネットの通信速度は「Mbps」という単位で表され、値が大きほど通信速度は速くなります。

 

\契約期間縛りなし!/

モバイルルーターの速度

モバイルルーターの速度

UQ WiMAX

下り:37.76Mbps 上り:5.35MbpsゼウスWi-Fi下り:15.41Mbps 上り:12.38Mbps

どこよりもWi-Fi

下り:16.73Mbps 上り:10.37Mbpsワイモバイル下り:27.52Mbps 上り:3.13Mbps

ホームルーターの速度

ホームルーターの速度

UQ WiMAX

下り:41.09Mbps 上り:10.8MbpsSoftBank Air下り:31.9Mbps 上り:10.8Mbps
 
 
\契約期間縛りなし!/

おすすめのモバイルルーターを紹介

おすすめのモバイルルーターを紹介

出典:UQWiMAX公式サイト

UQ WiMAX(WX06) 2020年1月より提供されているWiMAXの最新機種。

WX06最大の特徴は、WiMAX初の「2.4GHz/5GHz のWi-Fi同時接続」を実現。 2.4GHz/5GHz の2種類のWi-Fi通信を同時に利用できるため、繋がりやすさが他の機種より優れています。 802ZT

出典:SoftBank公式サイト

SoftBank Pocket Wi-Fi (802ZT)2019年7月より提供されている最新機種 オプション品のクレードル(別売り)を使用することで、LAN接続、WAN接続を行うことができます。

また、最大16台の機器に無線で同時接続することもできます。

 
\契約期間縛りなし!/

おすすめのホームルーターを紹介

UQ WiMAX(HOME 02)

出典:UQWiMAX公式サイト

UQ WiMAX(HOME 02) 2020年1月より提供されているWiMAXの最新機種。

コンパクトなサイズながら、内部アンテナの性能強化。水平方向のWi-Fi電波のエリアHOME 01より最大25%アップ。 自動で最適な周波数を選択するバンドステアリング機能搭載。 安定した通信を実現します。

出典:SoftBank公式サイト

SoftBank Air(ターミナル4)2019年3月より提供されている最新機種。 SoftBank Airの最大の特徴は、速度制限なしでデータ容量が無制限です。

WiMAXのホームルーターだと、3日間で10GB以上使ってしまうと制限が課せられます。 通信速度は、WiMAXのホームルーターより少し遅くなってしまいます。

 
\契約期間縛りなし!/

モバイルルーターが向いている人

モバイルルーターが向いている人

外出する際、インターネット回線の確保が困難なことがありますが、そんな時でもモバイルルーターがあればどこでもインターネットが使える環境を作ることができます。

出張や旅行によく行く人だと、コンパクトなモバイルルーターが向いています。

 
\契約期間縛りなし!/

ホームルーターが向いている人

ホームルーターが向いている人

自宅に固定で使うなら、ホームルーターが向いています。

モバイルルーターよりも電波が安定しているという特徴があります。 端末は少し大きいですが、同時に接続できる台数も多いのが魅力的。

オフィスで利用したり、自宅で使用したときも家族全員のインターネット環境をカバーすることができます。

 
\契約期間縛りなし!/

WiMAXのホームルーターの申し込みから利用開始までの手順を解説

WiMAXのホームルーターの申し込みから利用開始までの手順を解説

新規お申し込みの流れ

商品を選ぶ→申し込み手続き→ご利用開始

商品を選ぶ

  1. UQ WiMAX オンラインショップにアクセス。
  2. 欲しいホームルーターを選択。
  3. 利用用途に合わせて料金プランを確認。

支払い方法を確認

  1. 購入に必要な情報を入力し、お支払い方法を選択。
  2. 入力内容を確認ご、「申し込みする」ボタンをクリック。
  3. 申し込み受け付け完了ご案内メールを確認。

ホームルーターが届いたら、早速利用しよう

  1. 申し込み後、最短2〜3日でお届け。
  2. 商品到着後、ホームルーターにSIMカードを差し込みます。
  3. あとは、コンセントに差し込んで利用開始。
  4.  
\契約期間縛りなし!/

モバイルルーターとホームルーターを併用する方法

モバイルルーターとホームルーターを併用する方法

WiMAXのモバイルルーターとホームルーターは、SIMカードを差し替えるだけで、切り替えることができます。以下の2点に注意しましょう。

  • 電源をオフにしてSIMカードを抜き差しする。
  • SIMカードを正しい方向で差し込む。
 
\契約期間縛りなし!/

モバイルルーターとホームルーターの実際の口コミを紹介

モバイルルーターとホームルーターの実際の口コミを紹介

モバイルルーターの口コミ

モバイルルーターの口コミ

NEC WiMAX (speed Wi-Fi NEXT WX06)

落ち着いたデザインとWiMAXハイパワー搭載の安定した通信、コンパクトな本体と受信感度を改善するクレードルも用意されていて、安心してインターネットをすることができます。 NEC製で国内のメーカーなのも安心材料となります。快適に利用できるモバイルルーターです。

docomo (Wi-Fi STATION SH-52A)

上り速度は、遅いです。15〜45Mbpsしか出ません。 ほぼ下りしか使っていないので、あまり困っていませんが、人によっては大きな欠点になると思います。 ほぼ毎日10GB以上使用していますが、今のところ速度制限は、かかっていないです。 エリアにもよると思いますが、回線で困っている人は、検討してみる価値はあると思います。

NEC Aterm MP02LN PA-MP02LN-SW

楽天モバイルで使用しています。 まだ発展途上のキャリアではありますが、少なくとも都内だと問題になることはありません。 また、Wi-Fi側も良好で、本機の電源をつけるとすぐにスマホ側で認識してくれるのがいいですね。 機能性も問題ありません。理想をいえば、電池の持ちがもっとあればいいのですが。 ただ、対応バンドの関係で、海外での利用だと別の方法を考えなくてはならないですね。 サイズも手のひらに包み込める程度です。 小さくて失くしそうなので、同じ大きさのデジカメケースに入れています。 ほぼ23区内の利用ですが、必要十分でまったく問題ありません。 劣化した際は、電池の交換が可能なので、この点も満足です。

HUAWEI Mobile E5785

バッテリーは、連続使用で12時間ほどとなっていますが、常時使用している状況だと1時間10%強減っているので、会社での往復を考えた場合微妙に心許ないかもしれません。 出先で充電できる環境がないなら、使わない時は電源をオフにするような配慮が必要かもしれません。 デザイン的にもコストを落とした設計となっていますが、SIMを入れればすぐに使えるうえ、難しい設定はないので初心者でも扱いやすいと思います。 国内のバンドを網羅しているので、どこのSIMでも概ね使えるはずです。リモートワークのために安いモバイルルーターを探している人におすすめします。

NEC Aterm MR05LN PA-MR05LN

BIGLOBEのSIMを使っています。設定に手間をとることなく普通に使えます。 電車での移動中も問題なく電波をつかんでいます。 電源ONのまま放置しておくとバッテリーは、瞬く間に減っていくので、用が済めば電源を切るように気をつけています。 バッテリー以外は不満はありません。サイズも鞄に入れても邪魔にならないです。 職場や移動中でタブレット使用時に、スマホにテザリングして使っていましたが、電波使用量対策で購入しました。 設定も簡単で室内、屋外、移動中どこで使っても電波が途切れたことはありません。 ただ、バッテリーについてはサイズの都合上しょうがないとは思いますが、もう少し保ってくれるといいですね。

ホームルーターの口コミ

ホームルーターの口コミ

NEC WiMAX (HOME 02)

当初、速度の速いファーウェイのL02で契約したかったのですが、1月中で在庫がなくなってしまったみたいで、泣く泣くこちらの機種にしました。 ネットでもあまり評判がよくなかったので心配しましたが、実際使ってみると、速度も下りで20〜35Mbps出ています。 娘のファーウェイL02も30Mbps前後らしいので、コンパクトなこの機種で逆によかったかなと思っています。

SoftBank Air (ターミナル4)

SoftBank Airを使い始めて、3年になります。 Air3から4に変えて多少、速くなったように感じます。 光を使ったことがないのと、以前使っていたADSLが遅かった。 Airに変えてから、快適でネット、ps4、Nintendo Switch、スマホ、YouTube等不満もなく使っています。 Airについて調べてみると、悪い評価が多いですが、私は普通に使えています。 もう少し、料金が安いとGOODなんですが。

HUAWEI Speed Wi-Fi HOME L02

L01は、窓の近くに設置しないと受信せず。家中で使える範囲が限られていたが、この機種は家の中心に設置してどこでも使える。 鉄骨の実家でもしっかり使えた。 ハイスピードプラスエリアモードにすると、月の上限が7GBになるで、上限なしのハイスピードエリアモードで使用。 また、3日間で10GBという制限があるが、2人家族でyoutube程度でゲームをしないなら十分な速度。 Speed Wi-Fi Homeのホームページにアクセスすると、ログインなしでもリアルタイムで、直近3日間の使用量が確認できるのがありがたい。 初期設定に関しては、HUAWEIアプリは使えず。IDやパスワードを手入力したが、すぐに使えたので問題なし。 AC電源の寿命は心配だが、機能性に関してはとても満足している。

NEC WiMAX (HOME 01)

HOME 01は、他のルーターで受信できなかった電波が微弱な場所でも、なんとか受信できたので受信感度は良好といえるだろう。 ダウンロード速度は、HOME 01とWX03がほぼ同じ程度で、HOME L01sは問題外に遅かった。 サイトでリンクをクリックした際に、WX03ではジャンプ先が真っ黒で正常に表示されないことがよくあったが、HOME 01では今のところそのような現象はない。 アップロードは、WX03では遅すぎて回線が切れることがよくあったが、HOME 01では安定して良好な速度が出ている。 Wi-Fi接続も良好で、本体は2階に設置して、屋内のほぼ全域で受信可能な状態である。実感として、HOME 01は送受信の速度と安定性がとても良いと感じた。 自分とは相反するレビューもあるが、地域や設置場所、方向、接続機器などさまざまな要因があるので、この口コミも参考程度に考えていただきたい。 WX03は、カバーが弾けるくらいにバッテリーが膨らんで余計な出費を強いられたが、本品HOME 01はバッテリーの問題がないのが嬉しい。持ち歩かない方には、いい選択だと思う。

HUAWEI Speed Wi-Fi HOME L01

メルカリで新品同様のものを1,500円で購入。 NifmoのデータSIMで利用しています。 Band1に対応しているので、au回線だけでなくdocomo回線などの格安SIMでも使用できるようです。 ただし、通信モードを「ハイスピードプラスエリア」に設定することをお忘れなく。 デザインも丸くてシンプルなのがグッド。 SIMを差し込みAPNの設定を行うだけで簡単に接続できます。 木造1軒家でバー3本で普通に受信できます。 WPSにも対応してるし、必要な機能は備わっている。もう少し、サイズが小さくてもよかった。
 
\契約期間縛りなし!/

モバイルルーターとホームルーターに関するよくある質問

モバイルルーターとホームルーターに関するよくある質問

モバイルルーターによくある質問

Q.通信モードの切り替えはできますか?切り替えの方法は?

A.ホーム画面で「通信モード設定」→「ハイスピード」/「ハイスピードプラスエリア」の順にタップする。

「ハイスピード」に設定するとWiMAX2+「ハイスピードプラスエリア」に設定するとWiMAX2+または、LTEネットワークが利用できます。 お買い上げ時の通信モードは「ハイスピードモード」に設定されています。

 

Q.ずっと充電していたら、本体が膨らんできました。

A.内蔵電池、ご使用条件により寿命が近づくにつれて膨れる場合があります。これは、リチウムイオン電池の特性であり、安全上の問題はありません。

内蔵電池は、消耗品です。充電しても使用時間が極端に短いなど、機能が回復しない場合には寿命ですのでご使用をおやめください。

電池は内蔵型のため、auショップなどでお預かりの後、有料修理となります。また、ご利用いただけない期間が発生する場合があります。 あらかじめ、ご了承ください。なお、寿命は使用状態などにより異なります。

 

Q.PS3でネット接続ができません。

A.本製品は、2つのSSIDを持っており、SSID1はWPA2というセキュリティが強固な暗号化方式のみ対応しています。 PS3のシステムソフトウェアでVer2.60より高い場合は、WPA2に対応していますが、お客様のPS3が以下の型番で、かつシステムソフトウェアの更新を行ったことが無い場合、WPA2に対応していない場合があります。

PS3のネットワーク設定において、セキュリティ設定でWPA2が選択肢に無い場合は、お客様のPS3のシステムソフトウェアを最新にアップデートしていただくか、SSID2に接続してください。

(その場合の暗号化方式はWEPになります)PS3のシステムソフトウェアアップデート方法は、メーカーにお問い合わせください。

 

Q.USBでの初回接続時にウイルススキャンソフトが警告を出しています。

A.USBで初回接続すると自動的に設定ツールなどが、インストールされます。

ウイルススキャンソフトによっては、インストール開始時にインストールして良いか許可を求める場合があります。その場合は「許可」ボタンを押してください。

 

Q.IPアドレスは、グローバルを動的に付与しますか?アナウンス可能範囲は?

A.デフォルトAPNをお使いの場合WAN側のIPは、プライベートIPが動的に付与されます。グローバルIPを利用する場合は「グローバルIPアドレスオプション(WiMAX 2+用)96円/月」のサービスを利用してください。

そのほかのAPNをお使いの場合、契約されたWiMAX事業者にご確認ください。

ホームルーターによくある質問

Q.WEB設定のユーザー名/パスワードは変更できますか?

A.WEB設定画面にログインする為の、ユーザー名は変更することはできません。

パスワードのみWEB設定画面の「システム設定」→「アカウント設定」→「パスワード」に任意のパスワードを入力し「適用」ボタンをクリックすることで変更することができます。

 

Q.更新ソフトウェアの確認方法を教えてください。

A.ポップアップやLEDランプ等でのお知らせはございません。WEB設定画面より「基本設定」→「システム設定」→「自動アップデート」でソフトウェアのアップデートを行ってください。

現在、ご利用のソフトウェアが最新の場合は更新されませんので、そのままお使いください。 (アップデート方法につきましては、簡単設定マニュアル参照。)

 

Q.Wi-Fi 5GHzに対応していますか?

A.IEEE802.11a/nに対応しています。Wi-Fi 2.4GHz/5GHzの同時利用はできません。5GHz帯で使用するチャネルは、W52/W53/W56となります。 2.4GHz/5GHzの切り替えは、WEB設定画面の「ワイヤレス設定」→「基本設定」→「モード設定」より手動での切り替えとなります。

 

Q.本体が熱いです。どうしたらよいですか?

A.HOME 01本体は、安全設計はしてあり、高温になると電源オフする機能を有しております。異常高温と感じた場合は、肌に触れないようご注意して、電源プラグとコンセントを抜いてください。 その上でご契約されたWiMAX事業者にご連絡お願いします。

 

Q.端末本体のアップデートがあった場合の操作方法を教えてください

A.Mode/Updateランプが赤色に点滅(3秒オン、1秒オフ)している場合は、アップデートがあります。本体上面のUpdateボタンを1秒以上長押ししてアップデートしてください。

アップデートが完了すると、緑(ハイスピードモード)または、黄(ハイスピードプラスエリアモード)に点滅します。

モードを切り替えたい場合は、Modeボタンを2秒以上長押しして切り替えてください。 ハイスピードプラスエリアモードに切り替えると、所定の追加料金が別途かかる場合がありますのでご注意ください。

Mode/Updateランプが赤色に点滅し続けている場合は、いったん本体の電源を抜き、しばらくしてから電源を入れ直して、電波環境の良い場所で再度アップデートしてください。

設定ツールの「オンラインアップデート」から更新することもできます。自動アップデート機能をオンにしておくと、最新のソフトウェアを検出すると自動的にアップデートされます。

 
\契約期間縛りなし!/

まとめ

まとめ

いかがでしたか。1人暮らしや外出先でよく使用する方は、モバイルルーターが向いているでしょう。自宅での使用がメインだと、ホームルーターがおすすめです。

使用する状況に応じて、向き不向きが決まってくるので、生活スタイルをよく見極めて最適な通信環境にしていきましょう。

ストレスなく通信環境の整えるなら併用するのもあり。少し費用はかかりますが、おすすめな方法のひとつです。

\契約期間縛りなし!/