お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

Wi-Fiおすすめ比較光回線

光回線の工事費はどのぐらい?人気が高い8社の料金からわかる相場費

光回線を自宅に取り入れたいけど工事費はどれくらいかかるのかな?

 

初期費用は抑えたいから、工事費はかからないほうが嬉しい…。

はっち
はっち

工事費は光回線のプロバイダによって違うから、複数社をピックアップして相場を確認してみよう。

 

またお得なキャンペーンも用意しているので、工事費がかからない場合もあるよ!

 

本記事では、光回線の工事費についてまとめています

住宅タイプごとにわかりやすくまとめているので、光回線を検討している方は必見です。

また記事の後半では、工事費がかからない光回線も紹介します。

光回線の環境を整えるなら、少しでも初期費用を抑えて申し込みましょう。

 

【この記事でわかること】
・光回線の工事内容
・工事費の相場
・回線工事の注意点
・回線工事を安く抑える方法
・工事費がかからないおすすめの光回線

※料金はすべて税込表記です。

\当サイトおすすめの光回線 3選/

サービス名

 

auひかりドコモ光NURO光
月額料金(税込)マンション/4,180円~
一戸建て/5,610円~
マンション/4,400円~
一戸建て/5,720円~
2年契約/5,700円
3年契約/5,200円
工事費用(税込)マンション/33,000円
一戸建て/41,250円
(ネット+電話の申し込みで実質無料)
マンション/16,500円
一戸建て/19,800円
(現在は新規なら無料)
44,000円
(36ヵ月で実質無料)
初期費用(税込)3,300円3,300円3,300円
通信速度(下り最大)1Gbps1Gbps2Gbps
詳細auひかりの詳細を見るドコモ光の詳細を見るNURO光の詳細を見る
目次 INDEX
  1. 光回線の工事費と合わせて知りたい|光回線の工事内容とは?
    1. 光ケーブルの引き込み工事
    2. 光ケーブルとONUの接続
    3. ONUとWiFiルーターの接続
    4. WiFiルーターと利用機器との接続確認
  2. 光回線の工事費の相場はどのくらい?主要光回線の工事費比較
    1. 戸建ての方が工事費用は高め
    2. マンションの場合は設備の有無で変動
  3. 光回線は工事費以外にも注意|工事に伴う注意点は?
    1. そもそも工事が出来ない場合もある
    2. 壁に穴を開ける場合は管理会社などの許可が必要
    3. ほとんどの場合立ち会いが必要になる
    4. 契約によっては撤去工事が必要
    5. 工事が中断されるトラブルが起きることもある
  4. 光回線の工事費を安くするには?費用を抑えるポイント
    1. 工事費無料となっている光回線を選ぶ
    2. 工事費無料キャンペーンを狙って契約する
    3. キャッシュバック費用が高い光回線を選ぶ
  5. 工事費がかからない回線は?おすすめ光回線3選
    1. ドコモ光:dポイント10,000ptプレゼント
    2. Fon光:月額料金が安い
    3. ビッグローブ光:特典が豊富
  6. 光回線の工事費に関するよくある質問は?
    1. 光回線の工事ができないときはどうするのが一番いい?
    2. 光回線工事のトラブルにはどのようなものがある?
    3. 光回線が工事済みか確認する方法は?
    4. 光回線の引き込み場所はどのあたり?
  7. まとめ:光回線工事費は工夫次第で抑えられる|キャンペーンがお得な所から選ぼう
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

光回線の工事費と合わせて知りたい|光回線の工事内容とは?

光回線の工事内容

はっち
はっち

工事費をお伝えする前に、光回線を引き込む際にどのような工事が必要なのか理解しておきましょう。

 

工事の工程を理解しておくことで、スムーズに光回線を利用できます。

 

→この項目を飛ばして工事費を確認する

 

工事内容は以下の通りです。

 

 

1つずつ確認していきます。

光ケーブルの引き込み工事

光回線を利用する場合は、はじめに光ケーブルを自宅に引き込む必要があります

マンションの場合は、すでに光回線が各部屋まで引き込まれているケースもあります。

以下の光コンセントが自宅にあれば、すでに光ケーブルが引き込まれている証拠です。

光コンセント

画像引用:NTT東日本公式サイト

しかし戸建てや新築などは、光ケーブルが引き込まれていません。

新たに光ケーブルを引き込む場合は、工事費が高い傾向にあります

光ケーブルとONUの接続

光ケーブルを自宅に引き込んだあとは、ONUと接続します。

 

【ONU(光回線終端装置)とは】
ONUは、光信号をデジタル信号に変換する機器です。インターネットを利用するには、デジタル信号に変換しないと使えません。そのため光回線を利用する上で、ONUは欠かせない機器です。

 

ONUまでは、工事業者が取り付けてくれます

ここから先のWiFiルーター接続と利用機器のWiFi設定は、自分で行う必要があります。

ONUとWiFiルーターの接続

ONUがあればインターネットが利用できます。ただ利用できるのは、LANケーブ接続で1台のみです。

そのため光回線を利用するなら、あわせてWiFiルーターを使うのが一般的です。

WiFiルーターを接続すれば、LAN接続だけでなくWiFi接続もできます

また複数デバイスでのインターネット利用が可能になるので、光回線を使うなら必須アイテムともいえます。

配線イメージは、以下の通りです。

光回線の配線イメージ

画像引用:ソフトバンク公式サイト(各種機器の接続設定方法)

ONUとWiFiルーターはケーブル一本で繋ぐだけなので、難しい作業はありません。

WiFiルーターと利用機器との接続確認

各機器の接続が完了したら、インターネットを利用したいデバイスと接続していきます。

スマホやタブレット、パソコンなど、基本的にはどのデバイスにもWiFi設定の項目が存在します。

WiFiルーターに記載されているSSIDをデバイス側でタップし、パスワードを入力したら接続完了です

パスワードはWiFiルーターから確認でき、暗号キーと記されている場合もあります。

またパソコンを有線で使いたい場合は、WiFiルーターとLANケーブルで繋いで利用しましょう

 

光回線の工事費の相場はどのくらい?主要光回線の工事費比較

光回線の工事費比較

はっち
はっち

ここでは複数の光回線プロバイダをピックアップし、工事費を比較していきます。

 

戸建てタイプとマンションタイプごとに記載しているので、自分のお住いと照らし合わせながら確認してみてください。

 

以下は、光回線の工事費と月額料金をまとめた表です。※最大でかかった場合の工事費を記載しています。

月額料金工事費
(戸建て)
工事費
(マンション)
ドコモ光 ロゴ戸建て:5,720円〜
マンション:4,400円〜
19,800円
無料
16,500円
無料
auひかり ロゴ戸建て:5,610円
マンション:4,180円
41,250円
実質無料
33,000円
実質無料
ソフトバンク光 ロゴ戸建て:5,720円
マンション:4,180円
26,400円
乗り換え・引っ越しを伴う場合は実質無料
楽天ひかり ロゴ戸建て:3,080円〜
マンション:1,980円〜
19,800円16,500円
5,217円44,000円
実質無料
4,378円44,000円
実質無料
戸建て:5,720円
マンション:4,378円
19,800円
実質無料
16,500円
実質無料
戸建て:5,478円
マンション:4,378円
19,800円
実質無料
16,500円
実質無料

 

表からもわかるように、工事費は光回線のプロバイダによって異なります。

最低でも16,500円はかかり、最大で44,000円かかる場合も。

ただ基本的にはどの光回線も、キャンペーンで工事費が相殺されます

楽天ひかりについては工事費がかかりますが、維持費は他社よりも圧倒的に安く設定されています。1年利用すれば、工事費の元は取れるでしょう。

戸建ての方が工事費用は高め

工事費はマンションよりも、戸建ての方が高く設定されています

その理由としては、戸建ての方が工事の工数や作業時間が長くなる傾向にあるからです。

マンションの場合は、共用スペース(MDF室)に光ケーブルが引き込まれている場合があります。

そのため各部屋で使えるようにするのは比較的簡単です。

しかし戸建の場合は、1から光ケーブルを引き込むためかなり大変です。

特に独自回線を利用しているNURO光やFon光は、工事費がかなり高い印象です

マンションの場合は設備の有無で変動

マンションの場合は、戸建てよりも工事費が安く設定されています。また光回線の設備の有無によって、工事費が変動します

例えばすでに設備が整っている場合、無派遣工事になるため工事費は2,200円〜と格安です。

工事時間も大幅に短縮できるため、設備が残っていた場合はかなりラッキーでしょう。

ただNURO光やFon光は独自回線を利用しているため、マンションであっても戸建てと同じ工事費が発生します

 

光回線は工事費以外にも注意|工事に伴う注意点は?

光回線申し込みの注意点

はっち
はっち

ここからは光回線を申し込む際の、5つの注意点を解説していきます。

 

光回線を使うことでトラブルになる場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

 

工事に伴う注意点は、以下の通りです。

 

そもそも工事が出来ない場合もある

お住まいの地域によっては、そもそも光回線が対応していない場合があります。

特に山間部は光ケーブルが通っていないこともあり、自宅に引き込めません。

フレッツ光やコラボは全国的に展開していますが、一部使えない地域もあるため、申し込み前は必ずエリア確認しましょう

また電力系回線や独自回線の光サービスは、利用できる地域が限定的なため気をつけてください。

→NTT東日本(提供状況の確認)

→NTT西日本(提供状況の確認)

壁に穴を開ける場合は管理会社などの許可が必要

光回線の工事では、光ケーブルを引き込むために壁に穴を開ける場合があります。

基本的には、エアコンダクトや電話線の配管を利用します。

ただ光ケーブルを引き込める隙間がない場合は、最終手段として穴を空けます

もちろん工事業者が勝手に穴を空けることはありません。

特に賃貸の場合は、管理会社や大家さんの許可が必要なため自己判断しないように気をつけましょう

許可もなく穴を空けてしまうと、トラブルを引き起こします。

ほとんどの場合立ち会いが必要になる

光回線を取り入れる際は、ほとんどの場合で立ち会いが必要です。

そのため工事日は、在宅している日に設定しましょう

また工事内容によっては、工事時間が長引く場合もあります。可能であれば、工事当日は1日空けておくことをおすすめします。

立ち会いは契約者本人でなくても、事前に届け出をしていれば家族でも問題ありません

契約によっては撤去工事が必要

独自回線の光サービスを利用していた場合、家を引っ越す際に撤去費用が発生します

以下は、撤去費用の一例です。

 

auひかり:31,680円
NURO光:11,000円

 

撤去費用はかなり高額なため、今後のことも考えた上で光回線を選びましょう。

フレッツ光やコラボ光の場合は、設備を残しておいても他の方が利用できるため撤去費用は発生しません。

賃貸の場合は、無難にフレッツ光かコラボ光がおすすめです

工事が中断されるトラブルが起きることもある

光回線の工事が中断されるという話は少なくありません。

例えば光ケーブルの引き込みに穴あけが必要になった場合、管理会社または大家さんに許可を取らなければいけません。

その場合、工事は一時中断されます

工事日も再度設定する必要があるため、光の開通日が遅くなってしまいます。

繁忙期であれば、開通日はかなり後ろ倒しになるでしょう。

光回線を申し込む際は、あらゆるトラブルに備え、余裕を持って申し込んでみてください。

 

光回線の工事費を安くするには?費用を抑えるポイント

光回線の工事費を抑えるポイント

はっち
はっち

ここからは光回線の工事費を抑えるポイントをお伝えしていきます。

 

初期費用に大きく関わってくるため、きちんとポイントを押さえておきましょう!

 

工事費無料となっている光回線を選ぶ

光回線のプロバイダによっては、工事費完全無料で契約できます。

“実質無料”とは違い、全く工事費が発生しない点がポイントです。

例えばドコモ光の場合、新規工事費用は無料です。キャッシュバックや、月額料金からの割引ではなく完全無料

最低利用期間はあるものの、途中で解約しても工事費が後から請求されることはないため安心して利用できます。

工事費無料キャンペーンを狙って契約する

工事費完全無料ではなくても、キャンペーンで相殺できる場合があります

例えばソフトバンク光やNURO光などは、工事費が発生します。

しかし基本料金から同額の割引が適用されるため、工事費は実質無料です。

このように完全無料でなくても、長期的な利用であればキャンペーンで無料になるケースもあります。

キャッシュバック費用が高い光回線を選ぶ

また工事費無料キャンペーンがなくても、高額キャッシュバックがあれば工事費にあてられます。

また工事費無料キャンペーンとあわせて、キャッシュバックがもらえる場合もあります

公式サイトや代理店など、申し込み経路によって特典は異なるため、比較してお得な窓口で申し込んでみてください。

 

工事費がかからない回線は?おすすめ光回線3選

工事費がかかならいおすすめの光回線

はっち
はっち

光回線の工事費について理解を深めたところで、おすすめの光サービスを紹介していきます。

 

ぜひ申し込み前の参考にしてみてください。

 

ドコモ光:dポイント10,000ptプレゼント

ドコモ光公式ロゴ

画像引用:ドコモ光公式サイト

戸建てマンション
月額料金5,720円〜4,400円〜
工事費19,800円16,500円
キャンペーン・新規契約で工事費無料
・新規・事業者変更でdポイント10,000pt(転用の場合は5,000pt)

ドコモ光は新規契約であれば、工事費が完全無料です。さらにdポイント10,000ptももらえるため、かなりお得

ドコモ光では「タイプA」「タイプB」「単独プラン」など、複数のプランが用意されています。各プランの違いは、選べるプロバイダの違いです。

特にこだわりがなければ、プロバイダがセットになっているタイプAが安くておすすめです

またスマホがドコモであれば、「ドコモ光セット割」が適用されます。家族にドコモユーザーがいれば、全員に割引が適用できます。

永年1,100円の割引が受けられるため、全体的に料金を抑えたい方はセット割も視野に検討してみてください。

 

Fon光:月額料金が安い

FON光公式ロゴ

画像引用:Fon光公式サイト

戸建てマンション
月額料金4,378円
工事費44,000円
キャンペーン・工事費実質無料

Fon光の工事費は44,000円と高めに設定されていますが、36ヶ月に渡り月額料金から同額の割引が適用されます。

そのため工事費実質無料で使い始められます。

キャッシュバックはありませんが、月額料金の安さがFon光の魅力です。

他社では戸建てとマンションで月額料金が異なります。しかしFon光は住宅タイプに左右されず、どちらも4,378円で利用できます。

特に戸建ての方は他社だと5千円台後半の月額料金がかかるため、Fon光にすればかなりお得です。

また下りの最大速度はNURO光と変わらず、2Gbpsで利用できます。安さと速度を重視したい方は、Fon光を検討してみてください。

 

ビッグローブ光:特典が豊富

ビッグローブ光 ロゴ

画像引用:ビッグローブ光公式サイト

戸建てマンション
月額料金5,478円4,378円
工事費19,800円16,500円
キャンペーン・工事費実質無料
・キャッシュバック40,000円または月額料金大幅値引き
・無線LANルーター1年間無料(550円/月)

ビッグローブ光は新規工事費が実質無料になるだけでなく、複数の特典を用意しています。

目玉となる特典は、40,000円のキャッシュバックまたは月額料金大幅値引きです。

上記どちらかを選べるため、好きな方を選ぶとよいでしょう。

月額料金大幅値引きを選択した場合、1年間は戸建てが3,850円、マンションが2,750円で利用できます

お得額に関しては、キャッシュバックのほうが圧倒的にお得です。光回線の中でも高額キャッシュバックの部類に入るため、かなりおすすめ。

無線LANルーターも1年間無料なため、初期費用を抑えつつお得に光回線を使いたい方はビッグローブ光を検討してみてください。

光回線の工事費に関するよくある質問は?

光回線の工事費に関するよくある質問

ここでは光回線の工事費に関する、よくある質問をいくつかピックアップして解決していきます。

 

光回線の工事ができないときはどうするのが一番いい?

光回線の工事ができない場合、ホームルーターを検討してみてもよいかもしれません。

光回線ほどの安定感はありませんが、最大通信速度は光回線にも劣りません。インターネットの使い方によっては、十分といえるでしょう。

ホームルーターといえば、ドコモのhome 5Gやソフトバンクのソフトバンクエアーがあります。またWiMAXのホームルーターもおすすめです。

WiMAXは3日制限も緩和され、より完全無制限に近い状態で利用できるため検討してみるとよいでしょう。

工事不要で手軽に使い始められる点も、ホームルーターの魅力です。

おすすめのホームルーターを知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

光回線工事のトラブルにはどのようなものがある?

光回線工事のトラブルには、以下のような事例があります。

 

【トラブル事例】
・工事時間に業者がこない
・天候がひどくて工事ができなかった
・工事中に壁や家具などが傷つく

 

プロバイダと工事業者間の連絡ミスで、工事時間になってもこない場合があるようです。

基本的に工事時間に遅れる場合は、工事業者から事前連絡があります。

ただあまりにも工事時間を大幅に過ぎている場合、工事日の連絡ミスの可能性があります。その場合は、一度プロバイダへ連絡して確認してみてください。

また工事の際は、業者の方が作業しやすいように部屋を綺麗にしておきましょう。

光回線が工事済みか確認する方法は?

自宅が光回線を導入済みか手っ取り早く確認する方法は、光コンセントの有無です。

光コンセントが設置されていれば、光が部屋まで届いている状態です。

光回線を申し込めば、回線工事なしで使い始められるでしょう。

光コンセントが見つけられない場合は、管理会社や大家さんに確認してみてください。

光回線の引き込み場所はどのあたり?

光回線の引き込み場所は、基本的に部屋のメインとなるリビングが多いです

そしてエアコンダクトや電話線の配管近くが、光回線の引き込み場所とされます。

工事日当日は上記周辺で作業するため、あらかじめ物を整理しておきましょう。

 

まとめ:光回線工事費は工夫次第で抑えられる|キャンペーンがお得な所から選ぼう

光回線の工事費まとめ

【まとめ】
・光回線の工事費は住宅タイプやプロバイダによって異なる
・工事費完全無料のプロバイダも存在する
・キャンペーンで工事費が実質無料になる場合もある
・工事費がかかっても高額キャッシュバックでカバーできる場合もある

 

大体どこの光回線もキャンペーンがあるから工事費は抑えられそうだね!

はっち
はっち

そうだね!ただキャンペーンを受ける際には、適用条件にも注意してね。

 

工事費無料でさらにキャッシュバックがあると嬉しいよね!

今回は光回線の工事費について紹介しました。

“工事”というワードを耳にすると、「大変そう」「面倒そう」「工事費が高そう」というイメージを持たれるかもしれません。

しかし工事といっても、大がかりなことをするわけではありません工事費も実質無料になるケースがほとんどです

安定した高速通信で快適にインターネットを使いたい方は、光回線の環境を積極的に取り入れていきましょう。

おすすめの光回線については、以下の記事でも解説しています。あわせてご覧ください。