機種・端末光回線

auひかりはIPv6の確認が出来ない?回線が遅い原因も解説

auひかりでIPv6を使う際には、ルーターの設定や確認が必要です。ルーターごとの注意点や設定方法を確認し、IPv6を使えるようにしましょう。

また、回線が遅くなる原因や対処法も紹介しています。auひかりを検討している方は、参考にして下さいね。

篠原プロフィール
篠原拓也

IPv6対応の光回線と比較も行っています。

【この記事からわかること】

  • auひかりでIPv6を使う方法
  • IPv6通信が遅い原因と対処法
  • IPv6対応のルーター設定

 

  1. auひかりでIPv6通信を行う前にまず確認|IPv6通信ってなに?
    1. セキュリティレベルの高い高速通信規格
    2. デュアルスタック方式によりIPv4サイトにも接続可能
    3. auひかりは回線速度に大きな影響は無い
  2. auひかり以外でIPv6通信に対応している光回線は?比較一覧で簡単に確認
  3. auひかりでIPv6通信が出来ているか確認する方法は?ルーター別に設定を確認
    1. auひかりホームゲートウェイ:特別な設定なしでIPv6接続可能
    2. NEC製ルーター:BRモードへ切り替える
    3. BUFFALO製ルーター:パススルー機能を許可する
    4. IODATA製ルーター:Magical Finderで設定が必要
  4. auひかりのIPv6通信をWiFiで使う方法|確認したい2種類の方法
    1. レンタルルーターの場合:WiFiオプション加入が必須
    2. 市販ルーターの場合:対応ルーターであれば使用可能
  5. auひかりがIPv6通信が遅い場合:原因を確認する方法
    1. ルーターはIPv6通信に対応しているか
    2. ルーター側の設定は適切に出来ているか
    3. 端末側の設定は適切に出来ているか
    4. 回線障害が起きていないか
    5. モデムに過度な負荷がかかっていないか
    6. 補足1|auひかりは標準でIPv6overIPv4に対応状況している
    7. 補足2|auひかりは独自回線なのでIPv6でも速度はさほど変わらない
  6. auひかりのIPv6通信が遅い場合の対処法|今すぐ確認できる5つの手段
    1. ルーター側の設定を見直す
    2. 端末側の設定を変更する
    3. 回線障害情報を確認する
    4. モデムをコンセントから抜いて再起動する
    5. 使用機器はIPv6に対応しているか確認する
  7. auひかりのIPv6通信の確認に関するよくある質問は?
    1. auひかりのipv6通信は遅いって聞いたけど本当?
    2. auひかりの通信方式はipv4overipv6確認くんで測定できる?
    3. auひかりのホームゲートウェイのipv6設定が上手くいかないんだけどどうすればいい?
  8. まとめ:auひかりならIPv6は標準で利用可能|不具合がある場合はルーターを確認
コールアクション
Wifiや光回線のご契約にお困りの方

コムナビの電話相談窓口をご利用ください

\電話で無料相談受付中/

フリーダイヤル
0120-991-339

【受付】9時〜20時 年中無休

auひかりでIPv6通信を行う前にまず確認|IPv6通信ってなに?

auひかりでIPv6通信を行う前にまず確認|IPv6通信ってなに?

auひかりは従来のIPv4だけでなく、IPv6にも対応しています。

篠原プロフィール
篠原拓也

光回線を調べていると、IPv6という言葉をよく耳にしますよね。

実際にはIPv6を詳しく知らない方も多いので、よりauひかりのIPv6を理解しやすいように、IPv6の概要をお伝えします。気になる方はぜひチェックしてみて下さいね。

セキュリティレベルの高い高速通信規格

「IPv6はネットの速度が速いだけ」という印象を持つ方も多いですよね。しかし、IPv6にはほかにも優れた点があります。

それは、従来のIPv4よりもセキュリティレベルが高いことです。

IPv4の場合、SSL(鍵マーク)の対策がされていないwebサイトにアクセスすると、個人情報が流出する恐れがありました。

個人情報が暗号化されないので、第三者の手に渡り悪用される危険性が高い状態です。

それに対しIPv6は、SSL対策されていないサイトであっても、個人情報を自動的に暗号化してくれます。

このことから、IPv6はセキュリティ対策が万全で、IPv4よりも優秀です。

篠原プロフィール
篠原拓也

セキュリティの性能が高いので、IPv6が使える光回線を選ぶ方が増えています。

デュアルスタック方式によりIPv4サイトにも接続可能

無意識に使っているサイトやアプリなど、実はIPv6に対応しているものと、IPv4しか対応していないものがあります。

IPv6方式を採用すると、通常はIPv6に対応したサイトやアプリしか使えなくなってしまいます。

IPv6に対応している主なサイトやアプリは下記の通りです。

  • Google
  • YouTube
  • Netflix
  • DAZN
  • Facebook
  • Instagram

これらはIPv6に対応しているため、IPv6で接続することが可能です。

篠原プロフィール
篠原拓也

IPv6対応のサイトやアプリは、現状だとまだまだ少ないですよね。

IPv6に完全に移行してしまうと、上記のサイト以外閲覧できなくなってしまいます。

しかし、auひかりはデュアルスタック方式を採用しており、IPv6とIPv4どちらのサイトも閲覧可能となっています。

特別な設定は不要で、自動切り替えでサイトの閲覧が可能なので、楽で便利ですよね。

auひかりは回線速度に大きな影響は無い

主な光回線はフレッツ光の回線を使っているため、速さにはそこまで差が出ないと言われています。

ただ、auひかりはフレッツ光ではなく独自の回線を使っているので、ほかの光回線よりも速度が速いです。

そのため、auひかりに関してはIPv4もIPv6も速度の速さに影響はありません。auひかりはもともと速さが速いので、IPv4からIPv6に変えて劇的に速度が速くなることはないでしょうね。

以上のことから、auひかりは独自回線を利用しているので、IPv4もIPv6も速いことが判明しています。

篠原プロフィール
篠原拓也

先述した通り、セキュリティ面ではIPv6が優っていますよ。

 

auひかり以外でIPv6通信に対応している光回線は?比較一覧で簡単に確認

auひかり以外でIPv6通信に対応している光回線は?比較一覧で簡単に確認

IPv6接続が使える光回線は多数ありますので、auひかりと比較してみました。料金と速度に特化して比較していますので、光回線を検討している方は確認してみて下さいね。

篠原プロフィール
篠原拓也

速度に関しては実測値を計測しています。

月額料金マンションタイプG:4,180円
ホーム1ギガ:ギガ得プラン:5,720円
マンション1ギガ タイプA:4,400円
戸建て1ギガ タイプA:5,720円
マンション:4,180円
戸建て:5,720円
マンション:4,378円
戸建て:5,478円
IPv6通信実質速度Ping値:18.0ms
下り速度:568.2Mbps
上り速度:527.78Mbps
Ping値:34.0ms
下り速度:467.42Mbps
上り速度:472.47Mbps
Ping値:21.0ms
下り速度:525.86Mbps
上り速度:140.84Mbps
Ping値:34.0ms
下り速度:441.89Mbps
上り速度:282.76Mbps

やはりIPv6を使用していることもあり、どの光回線も速度が速いですよね。特にauひかりは、Ping値も20msを切っているので、ラグが生じにくいことも特徴です。

スマホ3大キャリアの光回線はどれも高速ですので、持っているスマホに合わせて契約するのも良いですよ。

この中では速度が1番低くなったものの、ビッグローブ光はキャッシュバックや月額料金の値引きなどの特典が豊富です。特典を重視する方は検討してみて下さいね。

 

auひかりでIPv6通信が出来ているか確認する方法は?ルーター別に設定を確認

auひかりでIPv6通信が出来ているか確認する方法は?ルーター別に設定を確認

auひかりでIPv6は使えるものの、特別な設定が必要かどうか気になりますよね。ルーターごとにどのような設定が必要になるのか、それぞれ説明していきます。

そこまで難しいものではないので、安心して下さいね。

篠原プロフィール
篠原拓也

ホームゲートウェイにはルーター機能も備わっています。

auひかりホームゲートウェイ:特別な設定なしでIPv6接続可能

ホームゲートウェイがあれば、特別な設定なしでIPv6に接続できます。基本的にONUとホームゲートウェイを繋げば、初期設定のセットアップなども不要です。

篠原プロフィール
篠原拓也

ホームゲートウェイさえあれば簡単にIPv6を使えるので、楽ですよね。

ホームゲートウェイ

画像引用:au

IPv6接続のために別でオプションを付ける必要もなく、追加費用もなし(auスマートバリュー加入の場合)で接続が可能です。

ホームゲートウェイさえあれば自動でIPv6接続ができるので、別でwifiルーターを準備する必要もありません。

wifiルーターを自前で用意する手間が省けるので、auひかりを契約するだけでOKです。

NEC製ルーター:BRモードへ切り替える

NEC製のルーターには、RT/BRモードへ切り替えるスイッチがあります。auひかりでNEC製のルーターを使う際には、必ずBRモードへ切り替えて下さいね。

NEC製

画像引用:NECプラットフォームズ株式会社

auひかりから提供されるホームゲートウェイにはルーター機能が搭載されているので、自前で用意したwifiルーターは、無線機能をオフにする必要があります。オフにするためにBR(ブリッジモード)へ切り替えましょう。

もし切り替えを忘れてしまうと、ホームゲートウェイとwifiルーターが干渉しあってしまい、無線機能が作動しない可能性があります。

また、BRモードへ切り替えたら、ルーターの初期設定が必要です。設定の流れは下記の通りです。

  1. 設定画面を開く(https://aterm.me/)
  2. 認証画面でユーザー名とパスワードを入力
  3. 左側の基本設定をクリックする
  4. IPv6ブリッジの「設定する」にチェックを入れて設定をクリック
  5. 保存をクリックして完了

nec設定

画像引用:NECプラットフォームズ株式会社

BUFFALO製ルーター:パススルー機能を許可する

NEC製ルーターと同じように、ルーターの無線機能をオフにする必要があります。まずはルーターの設定画面を開く必要があるので、それぞれの端末に合わせてアクセスしましょう。

篠原プロフィール
篠原拓也

端末ごとの設定画面の開き方は、こちらを参考にして下さい。

こちらではWindowsを例に挙げて説明します。流れは下記の通りです。

  1. 検索窓にhttp://192.168.11.1/を入力し、アクセスする
  2. ユーザー名とパスワードを入力して開く
  3. 詳細設定をクリック
  4. 「IPv6ブリッジを許可する」か「パススルーを許可する」にチェックを入れる
  5. 設定をクリックして完了

公式サイトでは設定手順が動画で説明されているので、気になる方はチェックしてみて下さいね。

公式サイトはこちらです。

IODATA製ルーター:Magical Finderで設定が必要

IO-DATAの場合は、Windowsもスマホも、Magical Finderというアプリ(ソフト)が必要です。わざわざインストールする必要があるので、ほかのルーターよりも手間がかかります。

MagicalFinder

画像引用:株式会社アイ・オー・データ機器

例として、Windowsでの設定のやり方を説明します。手順は以下の通りです。

  1. こちらからMagical Finderをインストール
  2. デスクトップの「mfinderXXX」を開き「MagicalFinder(.exe)」をダブルクリック
  3. 開いた状態で使っているルーターを選択
  4. 「Web設定画面を開く」をクリック
  5. ユーザー名とパスワードを入力してログイン
  6. インターネット設定を選択し、MAP-EまたはDs-Liteをクリックして設定完了
篠原プロフィール
篠原拓也

ほかのルーターよりも手間が多いので、注意しましょう。

 

auひかりのIPv6通信をWiFiで使う方法|確認したい2種類の方法

auひかりのIPv6通信をWiFiで使う方法|確認したい2種類の方法

auひかりでIPv6を利用するには、IPv6に対応するルーターが必要です。auひかりからレンタルすることも可能で、市販のルーターを使うことも可能です。

auひかりでルーターをレンタルするには、オプション加入とレンタル料が必要なので、市販ルーターとどちらが良いか検討して下さい。

篠原プロフィール
篠原拓也

レンタル料が無料になる方法もお伝えします。

レンタルルーターの場合:WiFiオプション加入が必須

auひかりでルーターをレンタルする際は、無線LAN親機機能のオプションに加入しなければなりません。金額は550円で、毎月のランニングコストになります。

意外と月額550円という料金は割高で、2年間利用したとすると、13,200円かかります。自前でルーターを購入したほうが、長期的に見るとお得ですよね。

しかし、auスマートバリューとのセットを契約することで、レンタル料金が無料になります。auスマートバリューはスマホとのセット割引ですので、スマホも安くなりますよ。

以上のことから、auひかりでwifiをレンタルする際は、auスマートバリューに加入するようにしましょう。

篠原プロフィール
篠原拓也

特にauユーザーの方なら、スマホも安くなるので一石二鳥ですね。

市販ルーターの場合:対応ルーターであれば使用可能

auからルーターをレンタルしなくても、自前の市販ルーターを使用することもできます。ルーターにこだわりがある方や、auスマホを利用していない方なら市販のルーターを使いましょう。

市販のルーターであれば特別なオプション加入が不要ですし、レンタル料金も必要ありません。長期的に見るとお得ですので、ルーターを自分で用意したほうが良さそうですね。

しかし、市販のルーターを使うには、IPv6に対応したものを選ばなければなりません。せっかく購入してもIPv6が使えませんので、購入する前に性能を確認して下さいね。

また、IPv6が使えるようにルーターの設定が必要なので、auひかりのレンタルよりも手間がかかります。

篠原プロフィール
篠原拓也

設定は簡単にできるので、安心して下さいね。

 

auひかりがIPv6通信が遅い場合:原因を確認する方法

auひかりがIPv6通信が遅い場合:原因を確認する方法

auひかりでIPv6を使っていると、時々速度が遅くなることがあります。

篠原プロフィール
篠原拓也

原因は数々ありますが、実際に遅くなると不安になりますよね。

こちらでは、速度が遅くなる原因を説明しています。主にルーターの設定が不足しているパターンが多いので、設定を見直してみましょう。

ルーターはIPv6通信に対応しているか

IPv6で通信していると思っても、IPv6に対応していないルーターだと、従来のIPv4で通信することになります。

篠原プロフィール
篠原拓也

高速でネットが使える機会を逃しているので、もったいないですよね。

そのような場合は、まずは自宅にあるルーターがIPv6に対応しているものかどうかを確認して下さい。ルーターを確認してもわからない場合は、下記のサイトでIPv6に接続しているかどうかが判断できます。

IPv6接続テスト

wifiルーターを再度購入する手間を省くために、auひかりを利用する前にルーターの性能をきちんと確認しておきましょう。

ルーター側の設定は適切に出来ているか

IPv6接続設定に不備があると、接続が上手くいかない場合があります。先述した通りルーターには細かい接続設定が必要ですので、設定が間違えていないか確認しましょう。

細かい設定の中には、必要な項目にチェックを入れる必要があります。間違えた項目にチェックを入れていたり、チェックを忘れた場合は正常に作動しません。

篠原プロフィール
篠原拓也

細かく項目を確認しながら、設定が間違えていないか見直してみましょう。

端末側の設定は適切に出来ているか

ルーターの設定が完ぺきだったとしても、接続する端末の設定が適切でないと速度が遅い場合があります。端末側の設定といっても、ルーターと繋げるだけなので、あまり関係ないかも知れません。

しかし、端末が古すぎると、最速の速度を体感できない可能性があります。どうしてもパソコンやスマホにはスペックがありますので、古いバージョンや端末だと、新しいスペックを持つ端末には勝てません。

篠原プロフィール
篠原拓也

IPv6の力を最大限発揮するために、新しい端末を検討しても良いですね。

また、端末が古くない場合でも、速度が遅い場合もあります。そのような場合は、端末のバージョンアップデートや、再起動をしてみましょう。

すぐに速度が改善される可能性がありますので、試してみる価値はありますよ。

回線障害が起きていないか

ルーターや端末の設定ができていても、au回線が障害を起こしていると、通信が安定しません。ユーザー側ではどうすることもできないので、障害が解消されるまで待ちましょう。

ただ、速度が遅くなった場合、自分の設定不足なのか回線による障害なのか、判断するのが難しいですよね。どちらなのか不安になったときは、Twitterで回線名を検索してみて下さい。

障害が発生していれば、回線を利用しているユーザーが近況をリアルタイムでつぶやきます。auひかりは全国エリアが対象なので、つぶやくユーザーは多い傾向にあります。

篠原プロフィール
篠原拓也

速度が遅いと感じたら、Twitterを優先的に確認してみて下さいね。

また、障害が起きると公式サイトでお知らせされます。重要なお知らせをチェックし、障害が起きているのかどうかを確認しましょう。

モデムに過度な負荷がかかっていないか

ルーターや接続する端末に原因はなくても、モデムに負荷がかかっている場合も考えられます。特に考えられるのが、モデムに熱がこもっていて、高温になっている場合です。

モデムが高温だと速度が遅くなる傾向にあるので、電源を1度切ってみましょう。モデムの温度を確認しつつ、時間を置いたあとに電源を再度入れて下さい。

このようなモデムの負荷を防ぐために、自宅を長期間空ける場合や長時間使わない場合、モデルやルーターの電源を切るのもおすすめです。

使っていない時間も多少モデムには負荷がかかりますので、普段から対策しておくと楽ですよ。

篠原プロフィール
篠原拓也

電気代の節約にもなりますね。

補足1|auひかりは標準でIPv6overIPv4に対応状況している

auひかりの場合、特別な設定なしでIPv6が使えます。基本的には、IPv6接続だとIPv6に対応したサイトしかアクセスできません。

しかし、auひかりはデュアルスタック方式を採用しているため、IPv4のサイトも見ることが可能です。サイトにアクセスする度に、特別な設定をすることなく自動で切り替えてくれます。

一般のユーザーはIPv6に対応したサイトとされていないサイトの判断ができないので、自動で切り替えてくれるなら安心ですよね。

数々のサイトを快適に利用できるので、ほかの光回線よりも使い勝手が良いとされています。

篠原プロフィール
篠原拓也

速度も速いので、不満を抱く心配はないですよ。

補足2|auひかりは独自回線なのでIPv6でも速度はさほど変わらない

光回線で最も有名なのがNTTのフレッツ光で、知名度は抜群ですよね。なぜ知名度が高いかと言うと、全国的なシェア率が最も高く、光コラボレーションの影響で普及率も高くなっているからです。

フレッツ光を他社に供給することで、様々な会社が特典を付けて提供していますよね。ただ、普及率が非常に高いため、回線が混雑しやすいのが現状です。

篠原プロフィール
篠原拓也

利用者数が多いので、時間帯によって速度が遅くなる傾向にあります。

しかし、auひかりはフレッツ光回線を使用しておらず、独自の回線を提供しています。もともとフレッツ光は光ファイバーを使用しており、その陰では使われていない光ファイバーも存在していました。

それがダークファイバーと呼ばれるものであり、auひかりはそのダークファイバーを利用しています。ダークファイバーは利用できる地域が限定されていることもあり、ダークファイバーの利用者が少ないのが特徴です。

ダークファイバーの利用者が少ないため、独自回線を使うauひかりは混雑しにくく、速度も安定しています。そのため、IPv4もIPv6も速度の速さにほとんど変わりがありません。

auひかりはもともと速度が速いので、IPv4でも満足できる方が多いです。

 

auひかりのIPv6通信が遅い場合の対処法|今すぐ確認できる5つの手段

auひかりのIPv6通信が遅い場合の対処法|今すぐ確認できる5つの手段

どうしても速度が遅い場合、原因を突き止めた上で対処しましょう。すぐに自分で試せる対処法をお伝えしますので、トラブルがあった場合はすぐに試してみて下さいね。

速度が遅いとモデムやルーターの故障を疑っていまいますが、基本的には接続不良や設定の確認不足だったりします。落ち着いて対処すれば問題ありませんので、安心して大丈夫です。

篠原プロフィール
篠原拓也

主な対処法は下記の5つです。

ルーター側の設定を見直す

ホームゲートウェイでの設定は特にないので、設定を見直す必要はありません。しかし、自分でルーターを準備した場合は、なにかしらの設定を間違えている可能性が高いです。

ルーターによって設定方法が違うため、ルーターの公式サイトや説明書を見ながら、設定に間違いがないか確認しましょう。

細かい設定が必要なルーターもあるので、抜けている部分があるかも知れません。

篠原プロフィール
篠原拓也

設定を見直したら、下記のサイトでIPv6が使えるかどうか確認しましょう。

IPv6接続テスト

端末側の設定を変更する

IPv6が遅い場合、接続している端末に問題があるかも知れません。スマホやタブレット端末であれば、アプリの開きすぎなどの影響も関係してきます。

バックグラウンドでアプリが起動していると、通信速度の低下に繋がるので、使っていないアプリは閉じるようにしましょう。

これはパソコンにおいても言えることで、開いているソフトやタブが多い状態と、速度低下の原因になります。余分に開いているソフトやタブは、こまめに閉じるようにしましょう。

篠原プロフィール
篠原拓也

それでも改善しない場合は、スマホもパソコンも再起動を試すと良いですよ。

回線障害情報を確認する

極端に速度が遅い場合、回線障害を疑いましょう。端末やルーターの問題ではないので、回線が復旧するまでまつ必要があります。自分でどうにかできないため、最新の情報が気になりますよね。

そのような場合は、公式サイトのお知らせをチェックするか、Twitterを見てみましょう。特にTwitterではユーザーがリアルタイムで投稿をしているので、回線障害だけでなく復旧も知ることが可能です。

篠原プロフィール
篠原拓也

例として、こちらをご覧下さい。

このように、障害や復旧、対処法などの有益な情報を投稿する方がいます。ネットや回線に詳しい方もたくさんいるので、Twitterを活用してみて下さいね。

モデムをコンセントから抜いて再起動する

端末やルーターに問題がない場合は、モデム自体になにかしらの原因があると考えます。モデムに負荷がかかってしまい、熱がこもっている可能性も高いです。

この場合は一旦モデムのコンセントを抜いて、少し時間を空けましょう。コンセントに繋いでいる状態だと常にモデムが働いているので、休ませる必要があります。

モデムの熱が収まったら、再度コンセントを繋げば解決できるはずです。もしモデムを再起動しても速度が遅い場合、回線障害の可能性もあります。

篠原プロフィール
篠原拓也

公式サイトやTwitterを確認し、障害に関して調べてみましょう。

使用機器はIPv6に対応しているか確認する

特に自分でルーターを準備した方が見落としがちなのは、ルーターがIPv6に対応していないという点です。auひかりはIPv6が魅力的なので、対応していないルーターだと非常にもったいないです。

ルーターを購入する際は、事前にIPv6対応であることを確認して下さい。

また、海外メーカーのルーターを購入するのはおすすめできません。理由としては、海外で利用されているIPv6接続は、日本の接続方式に合わない可能性があるからです。

海外のメーカーは海外で利用されることを想定してルーターを売り出しているので、日本でも速度の改善ができるかどうかは不明です。

同じIPv6対応のルーターではありますが、日本方式のIPv6接続が完ぺきに行える保障はありません。速度の改善を図るのであれば、日本製のメーカーを選びましょう。

篠原プロフィール
篠原拓也

商品の質を見ても、日本製のほうが安心できますよね。

 

auひかりのIPv6通信の確認に関するよくある質問は?

auひかりのIPv6通信の確認に関するよくある質問は?

auひかりを検討している方に向けて、よく寄せられる質問をまとめてみました。特に多かったのがIPv6接続に関することでしたので、気になる方は確認してみて下さいね。

また、ホームゲートウェイの設定方法に関しても紹介しています。

篠原プロフィール
篠原拓也

設定が不安な方は参考にして下さい。

auひかりのipv6通信は遅いって聞いたけど本当?

下記の数値を見てもらうとわかる通り、auひかりは平均的に見ても速度が速いです。

auひかり
auひかり
平均Ping値20.42ms
平均下り速度421.37Mbps
平均上り速度359.92Mbps
篠原プロフィール
篠原拓也

なぜ「遅い」と言われているのか気になりますよね。

これには理由があり、閲覧しているサイトがIPv4専用のサイトだから遅く感じるのです。IPv6が速度の速さを十分に発揮できるのは、IPv6対応のサイトです。

IPv4のサイトにアクセスするとIPv4に自動的に切り替わるため、速度はIPv4の数値になってしまいます。まだまだIPv6に対応しているサイトが少ないため、必然的にIPv4を利用することが多くなります。

IPv6を使っていると思っても実際には使っていないため、速度が遅いと感じます。

WiFi6は利用する意味ない?|便利さの裏にある重大デメリット

auひかりの通信方式はipv4overipv6確認くんで測定できる?

自分が使っているauひかりの通信方式は、様々なサイトで確認可能です。プロバイダ専用の確認サイトもありますが、素早く確認するなら下記のサイトがおすすめです。

http://v6v4.net/(IPv4かIPv6を確認)

一瞬で識別してくれますので、IPv6で接続できているか確認してみましょう。

篠原プロフィール
篠原拓也

アクセスするだけで識別してくれるので、簡単ですよ。

auひかりのホームゲートウェイのipv6設定が上手くいかないんだけどどうすればいい?

設定が上手くいかない場合は、接続設定を最初からやり直し、マニュアルを再度確認しましょう。各ホームゲートウェイのマニュアルはこちらをご覧下さい。

ホームゲートウェイマニュアル

また、設定には段階があるため、自分が今どこでつまづいているのか把握しましょう。

トラブルシューティング

画像引用:au

該当箇所ごとに対処法が記載されていますので、公式サイトの設定マニュアルを参考にして下さい。

設定マニュアル

それから、どうしても設定が上手くいかない場合は、サポートへ問い合わせてみましょう。電話が混雑して繋がりにくい場合もありますが、説明を受けながら設定できるので、時間に余裕がある方はおすすめですよ。

篠原プロフィール
篠原拓也

連絡先はこちらです。

  • 受付時間:9:00~20:00
  • 電話番号:0077-7058

 

まとめ:auひかりならIPv6は標準で利用可能|不具合がある場合はルーターを確認

auひかりでは、特別な設定をすることなくIPv6接続が可能です。ルーターをレンタルすることもできるので、手軽に高速な通信が楽しめます。

また、自分好みのルーターでもIPv6接続できるため、こだわりが強い方にもおすすめです。

篠原プロフィール
篠原拓也

IPv6に対応しているルーターを選びましょう。

たまに不具合が生じるときもありますが、ルーターの設定を間違えている可能性があります。改めて設定を見直し、IPv6を使えるようにしましょう。