お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

SIM

auの格安スマホの料金は良心的?おすすめ端末を5つ紹介

スマホの月額料金が高いんだよね。物の値段はどんどん上がっているし
節約したいんだけど・・。

世界的にコロナからの回復をしている中、大手キャリアを利用している人であれば、月1万円以上かかっていることも。機種代金も含めて料金が高くなりがちな昨今において、通信費を削減することは大きなメリットにつながります。

この記事では、au回線を利用した格安スマホについて解説。
ご自分が持っている端末は利用できるのでしょうか?もしくはau回線と同じ回線品質を保っているのでしょうか?

この記事から参考にしてくださり、ご自分にあったものを選ぶお手伝いができれば嬉しいです。

【この記事から理解できること】
・au回線を利用した格安スマホの特徴
・格安スマホで利用できる端末について
・格安スマホの選び方の基準

\当サイトおすすめの格安SIM 3選/

サービス名

 

ahamo
ahamo
LINEMO
LINEMO
楽天モバイル
楽天モバイル
月額料金(税込)2,970円~990円~1,078円~
通信プラン20GB/100GB3GB/20GB3GB/20GB/無制限
最大通信速度4.1Gbps3.0Gbps2.8Gbps
詳細ahamoの詳細を見るLINEMOの詳細を見る楽天モバイルの詳細を見る

目次 INDEX
  1. au回線のおすすめ格安スマホ5選|これさえ選べば失敗しない
    1. J:COMモバイル:jcomテレビやでんわなどのセット割引でお得
    2. mineo:料金プランが豊富で選びやすい
    3. UQモバイル:インターネット回線速度が安定
    4. povo:自分にあったデータをトッピング
    5. IIJmio:月額費用が安い
  2. auから格安スマホに乗り換えるメリット5選
    1. 月額料金が安くなる
    2. au端末ならSIMロック解除不要
    3. auと同じエリアでつながる
    4. 違約金をかけずに解約できる
    5. auよりも料金プランが豊富
  3. auから格安スマホに乗り換えるデメリット
    1. 通信速度が安定しないときがある
    2. 店舗でサポートを受けられない場合がある
    3. データ容量が無制限のプランはない
    4. 初期設定は自分で施す必要がある
    5. キャリアメールを使えない
  4. au回線の格安スマホの選び方|見るべきポイントを抑えておこう
    1. 月額料金が安い端末を選ぶ
    2. 通信速度の実測値が速い端末を選ぶ
    3. 毎月使うデータ容量を把握した上で選ぶ
    4. キャンペーン特典を見てから選ぶ
    5. 5G対応しているかを確認してから選ぶ
  5. auのおすすめ格安スマホ3選|価格が安い機種はどれ?
    1. OPPO A54 5G
    2. AQUOS sense5G
    3. Galaxy A32 5G
  6. auから格安スマホに乗り換えるには?利用開始までの流れを解説
    1. 手順①:MNP予約番号を発行する
    2. 手順②:Webもしくは店舗から申し込み手続きを行う
    3. 手順③:開通手続きを行う
    4. 手順④:SIMカードを挿入して初期設定を施す
  7. auの格安スマホに関するよくある質問は?
    1. povoは0円で運用できる?
    2. 格安SIMに乗り換えてから始めにやることはなに?
    3. au回線に対応している格安SIMの通信速度はどれぐらい?
  8. まとめ:auの格安スマホで価格が良心的なのは「UQモバイル」
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

au回線のおすすめ格安スマホ5選|これさえ選べば失敗しない

au回線を利用しているおすすめの格安スマホについてご紹介します。
この表の中の回線を選べばほとんどの場合失敗することはないでしょう。

回線名J:COMモバイル
mineo
mineoロゴ
UQモバイル
UQモバイル ロゴ
povo
povoロゴ
iijmio
月額料金1GB:1,078円
5GB:1,628円
10GB:2,178円
20GB:2,728円
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
3GB:1,628円
15GB:2,728円
25GB:3,828円
1GB:390円
3GB:990円
20GB:2,700円
60GB:6,490円
150GB:12,980円
2GB:850円
4GB:990円
8GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
データ容量1GB、5GB、10GB、20GB1GB、5GB、10GB、20GB3GB、15GB、25GB1GB、3GB、20GB、60GB、150GB2GB、4GB、8GB、15GB、20GB
通信速度(実測値)平均ダウンロード速度: 97.22Mbps
平均アップロード速度: 12.09Mbps
平均ダウンロード速度: 39.79Mbps
平均アップロード速度: 8.74Mbps
平均ダウンロード速度: 60.11Mbps
平均アップロード速度: 11.1Mbps
平均ダウンロード速度: 96.39Mbps
平均アップロード速度: 15.75Mbps
平均ダウンロード速度: 46.32Mbps
平均アップロード速度: 10.22Mbps
通信回線au回線au回線、ドコモ回線、softbank回線au回線au回線au回線、ドコモ回線
キャンペーンjcomの提供する電気、ネット、テレビをセット契約するとデータ増量10分かけ放題オプション660円が半年間無料60歳以上でかけ放題が770円
auでんき、auひかりなどのインターネット回線とセット割引で660円割引
auでんきの申し込みで10GBプレゼント最大6ヶ月間300円割引キャンペーン

インターネット速度:みんなのインターネット回線から引用

arrow right料金シミュレーションができるarrow right

J:COMモバイル:jcomテレビやでんわなどのセット割引でお得

J :COMモバイルは、au回線を利用した格安スマホ会社のひとつで、J:COMテレビや、でんわ、などJ:COMで利用できるサービスとセットで契約すると、データが増量されてお得に利用できます。

J:COMモバイルの通信はau回線を利用しており、4G通信に対応。
最新の5G通信には2022年7月現在対応していないようです。

 

J:COMモバイルのメリット
・10GB、20GBプランの通信制限が1Mbpsと緩い
・J:COMテレビ、でんわ、でんきなどのセット割引によってデータ容量を増やせる
・ネット経由で契約すると、事務手数料3,300円を無料で契約可能
・店舗での受付ができる
まさと
まさと

J:COMモバイルは、au回線を利用した格安スマホとしては珍しく店舗での対応ができる貴重な回線です。J:COMを普段から利用しているならセット割引などによって料金を安く利用できるのも注目ポイント。

mineo:料金プランが豊富で選びやすい

Mineo

mineoは、株式会社オプステージが提供するau回線を利用する格安スマホです。mineoの特徴は料金プランが豊富で自分の利用用途にあったデータ容量を無駄なく選ぶことができます。

音声SIMだけではなく、データ通信SIMも提供されており、2台目端末の需要に対応。
タブレット型端末なども利用できるために、複数台端末を持っている人の通信料の削減ができます。

 

mineoのメリット
・mineoの料金プランは他のau系格安スマホの中で格安料金設定
・無制限プランのパケットし放題Plusを提供
・ユーザー同士のサポート体制があり、パケットのシェアなどが可能
mineoは他の格安スマホと少し違い、無制限のデータ通信プランがオプションで提供されていたり、ユーザー同士のサポート体制があるために初心者にもハードルが低い格安スマホです。

UQモバイル:インターネット回線速度が安定

UQモバイルは、株式会社UQコミュニケーションズが提供するau回線を利用する格安スマホです。UQモバイルは、12時台や18時以降の通信のピークになっても速度が落ちず安定している回線です。

お昼の時間帯は、どの格安スマホであっても接続台数が多く1Mbps以下になることも。
しかしUQモバイルではどの時間帯であっても10Mbps以上の速度を計測していて快適に通信ができます。

 

UQモバイルのメリット
・格安スマホの中でダントツの通信速度の安定感
・店舗でのサポートが充実。(auショップと並列に展開)
・3つのプランのみの提供でわかりやすい

povo:自分にあったデータをトッピング

povoは、株式会社KDDIが提供するau回線を利用した格安スマホです。
povoは、基本料金は0円で利用可能。データ通信を利用したい分だけトッピングして、自分にあった最適なプランを無駄なく使うことができます。

例えば、データ通信をあまり利用しない場合は、1GBから契約することができますし、たくさん利用する場合は20GB以上の大容量プランを利用することも可能。

データ使い放題をトッピングすれば、24時間だけになりますがデータ通信量を気にせずに利用することができます。

 

povoのメリット
・自分にあったデータ通信料をトッピングして利用できる
・オンラインでの契約のみだが、eSIMなど最新の契約ができる
まさと
まさと

povoは基本料金は0円です。そのため使わない時は通信費を払わなくても利用することができます。データ通信はトッピングという考え方で自分で選んで利用することができます。

IIJmio:月額費用が安い

IIJmioは、インターネットイニシアティブが運営するau回線を利用した格安スマホです。
特に料金プランが細かく設定されており、5種類のパターンから自分の利用にあったデータ通信を選ぶことが可能です。

IIjmioは月額費用が安いだけでなく、特にiPhoneやAndroid端末など最新のOSに対応しているかどうかをいち早く公開してくれるので、自分の持っている端末が対応しているかどうかをすぐに調べることができます。
サポート体制が万全で、安心や信頼感がある会社です。

 

IIjmioのメリット
・通信プランを5つから柔軟に選ぶことができる
・最新OSや端末を用いた動作確認が早く安心
・auだけでなくドコモ回線を選ぶことができて利便性が高い

auから格安スマホに乗り換えるメリット5選

auから格安スマホに乗り換えることによって生まれるメリットについてご紹介いたします。

月額料金が安くなる

auから格安スマホに乗り換えることによって、月額費用が安くなります。
auを利用しているなら、料金プランにもよりますが平均的に1万円程度利用している人が多いのではないでしょうか。その場合、格安スマホに乗り換えると2,000円程度になるため毎月8,000円も節約が可能。

特に家族など複数台契約している家庭であれば、その金額は大きなものになるはずです。

まさと
まさと

格安スマホのメリットの最大の魅力は月額料金です。大手キャリアであれば1万円程度かかることも多いためその差額は大きなものになるでしょう。

au端末ならSIMロック解除不要

auから格安スマホに乗り換えるメリットは、au端末であればSIMロック解除が不要のために楽に乗り換えができます。

・SIMロックとは?
SIMロックとは、キャリアで購入した端末を他社の回線で利用することができないようにすること
そのため、SIMロックがかかっている場合は契約している回線以外で利用するためにはSIMロック解除手続きが必要となる。
auからau回線を利用した回線で利用する場合は、そのままご自分が持っている端末を買い替える必要がないため手間が不要です。
そのため楽に格安スマホに乗り換えることができるのは大きなメリットでしょう。
まさと
まさと

auで購入した端末をそのままSIMロック解除をせずに利用できます。そしてわかりにくい他社端末での動作確認が不要なので、安心して格安スマホに乗り換えることができますね。

auと同じエリアでつながる

auから格安スマホに乗り換えるメリットは、auと同じエリアで利用できるために安心できることです。
auと同じエリアで利用できるので、今までの環境とほとんど変わらず利用することができます。

大手キャリアから乗り換える時の最大の懸念事項は、いつも利用しているところでちゃんとデータ通信や電話が利用できるかどうかではないでしょうか。

その点、auを利用しておりいつもと同じところでは利用できることは確認できているので、そのままのエリアで格安スマホを利用することができます。

まさと
まさと

今までとエリアが変わらないのは大きな魅力のひとつですね。そのため普段利用しているところで今までと変わらない利用ができるために安心して乗り換えることができるでしょう。

違約金をかけずに解約できる

auから格安スマホに乗り換えるメリットは、au回線の違約金をかけずに解約し格安スマホに乗り換えることができることです。

特に乗り換える時の心理的ハードルが高いのは、違約金が発生するのだろうか。解約月はいつか考えなければならないことではないでしょうか。

povoやUQモバイルへの乗り換えは、機種変更と同じようにただ回線を切り替えてSIMカードを入れ替えるだけで通信ができるようになります。

面倒な違約金を支払う必要がないために、解約月を確認したり乗り換える時の費用をグッと抑えることができます。

まさと
まさと

乗り換える回線によりますが、auから乗り換える時に解約金を支払わずにすむことがある格安スマホがあるためにそうした回線を選ぶなら安心して費用を抑えながら乗り換えることができますね。

auよりも料金プランが豊富

auから格安スマホに乗り換えるメリットは、au回線の時よりも料金プランが豊富に用意されているということです。料金プランの選択肢の幅が広いために、自分にあった契約がしやすいです。

大手キャリアの料金プランの場合は、データ容量が少ないプランか、大容量で無制限のプランの2パターンが用意されていることが多いのではないでしょうか。そのため自分がどちらを選んでもデータ容量が不足しがちであったり大容量すぎて余ってしまうことも。

格安スマホなら、1GB以下のプランから、3GBや20GB以上など料金プランの幅が広く提供されており、自分の利用ニーズにあったプランを選ぶことが可能。
そのため料金も抑えながら自分にあった適切なプランを選択することができるでしょう。

まさと
まさと

格安スマホに乗り換える時に料金プランが豊富にあるとことは選ぶ上で重要です。料金プランの選択肢が多いので、自分の適切なプランや料金を選ぶことができるでしょう。

arrow right料金シミュレーションができるarrow right

auから格安スマホに乗り換えるデメリット

auから格安スマホに乗り換える時のデメリットについてご紹介いたします。デメリットを把握しておくことで乗り換え後に失敗したと思わないように気をつけましょう。

通信速度が安定しないときがある

格安スマホに乗り換える時のデメリットは、通信速度が安定しないことがあるということを知っておくことです。
なぜなら、格安スマホは大手キャリアの電波を利用して運営しているために回線が細く遅くなってしまう特徴があるからです。

なぜ通信速度が遅くなってしまうのかな?

通信速度が遅くなってしまう大きな要因は、格安スマホは大手キャリアの通信を利用した回線であることによって、たくさん接続数が増えてしまうとそれだけ通信速度が低下するという特性を持っているから。

そのため、12時台、18時以降の夕方など通信量が増える時間帯に速度が落ちてしまうことが多いです。
場合によっては1Mbpsを下回ってしまうこともあります。しかしそれ以外の時間帯はほとんど大手キャリアと変わりないので、気にならないケースも多いでしょう。

特に最近は在宅ワークなどWi-Fi環境にいることも多いので、過度な心配は不要です。

まさと
まさと

通信速度が遅くなる時間帯はあるものの、ほとんどの時間帯は安定して通信することができます。過度に心配する必要はないでしょう。

店舗でサポートを受けられない場合がある

格安スマホに乗り換える時のデメリットは、店舗でのサポートが受けられなくなることがあることです。
格安スマホの料金を維持するためには、どうしても店舗でのコストが掛かってしまうと運営できなくなってしまうために、オンラインサポートを用意していることが多いです。

オンラインサポートって安心なの?ちゃんとすぐに対応してもらえるの?

オンラインサポートと聞くと不安に感じる方も多いでしょう。特に格安スマホに慣れていない方や対面でのサポートを希望している人にはハードルが高いのも事実。

しかし、オンラインサポートでも充実した安心したサポートを受けることができます。

チャットでの対応によって迅速に対応してもらえますし、並ぶ手間が省けるためほとんどの場合気にならないことが多いです。もし店頭でのサポートや案内を受けたい場合は、そうしたサービスを提供している格安スマホもありますので検討すると良いでしょう。

まさと
まさと

店頭サポートが受けられない会社もありますが、オンラインやWeb、メールなどでの対応は受け付けています。公式Webサイトから店頭サポートがあるのかどうか、オンラインの場合はどのような手続きが必要なのかを調べておくなら安心して乗り換えることができます。

データ容量が無制限のプランはない

格安スマホに乗り換えるデメリットは、データ容量が無制限のプランがほとんどないということです。
大手キャリアであれば当たり前に提供されているデータ無制限プランがないために、格安スマホに乗り換えてしまうと逆に料金が高くなってしまうケースがあります。

もしご自身がデータ無制限プランを利用しており、大容量プランがある格安スマホを利用したいと検討している場合は、povoなどのデータ無制限が1日できるトッピングを利用するなど、格安スマホ会社を選ぶ時に注意しておく必要があります。

まさと
まさと

格安スマホの多くは、データ無制限プランを提供されていませんので、注意が必要です。乗り換える前に自分がどれくらいデータ通信を利用するのかどうかを把握しておくことも大切です。

初期設定は自分で施す必要がある

格安スマホに乗り換えるデメリットは、初期設定は自分で行い開通する必要があります。
大手キャリアであれば、契約時に端末の初期設定はすべて行なっていただけるために、初期設定をするという意識がないかもしれません。

しかし格安スマホであれば、SIMカードが届くだけであったり端末が届いたとしてもSIMカードを自分でセットしなければなりません。
SIMカードを入れてすぐに利用できるわけではなく、APN設定等が必要なケースもあります。

まさと
まさと

初期設定を意識して契約したことはあまりないかもしれません。格安スマホは特に初期設定を自分でしなけばならないためにハードルが高いと考えておられることもあるでしょう。

キャリアメールを使えない

格安スマホに乗り換えるデメリットは、今まで利用していたキャリアメールが利用できなくなることです。
キャリアメールを頻繁に利用していた場合は、乗り換える前にフリーメールなどのアドレスを知らせておくか、LINEやSNSなどのダイレクトメッセージ機能を教えておくなど、代替案を知らせておきましょう。

最近では、キャリアメールをそのまま他社回線でも利用したい場合はオプションで月額費用がかかりますが残すことも可能になっています。そのため乗り換えたら必ずなくなるものでもないことを覚えておきましょう。
まさと
まさと

今までキャリアメールでしかメールをしたことがないこともいらっしゃることでしょう。今はSMSなど電話番号がわかれば送受信できるものやフリーメールが発達しているのでそうした別の手段にチャレンジする機会だと考えることもできますね。

arrow right料金シミュレーションができるarrow right

au回線の格安スマホの選び方|見るべきポイントを抑えておこう

au回線の格安スマホについてのメリットやデメリットを確認して、抑えるべきポイントが見えてきました。
ここでは以下の点を取り上げます。

月額料金が安い端末を選ぶ

au回線の格安スマホ会社を選ぶポイントは、月額料金が安い端末を選ぶことです。
通信費が安くなることに目が止まることが多いですが、端末代金も含めたトータルコストで確認しましょう。

性能が高いiPhoneや発売されて少ししか経過していない端末は、高額な端末代金になりがちです。
そうするとせっかくの通信費が安くなったとしてもトータルコストで大手キャリアと変わらなくなることがあります。

月額料金の安さに加えて、端末代金も安いものを選ぶとトータルで安くなるので満足度が高くなるでしょう。

まさと
まさと

月額料金は格安スマホにすることで安くなることは間違いありません。しかし端末代金を高いものを選んでしまってはトータルで高くなることがありますので、注意しましょう。

通信速度の実測値が速い端末を選ぶ

au回線の格安スマホを選ぶポイントは、通信速度の実測値が速い端末を選ぶことです。
通信速度は基本的に理論値でのみがWeb上には記載されていますが、実測値が速いものを選ぶのは重要です。

なぜなら、実測値は実際の体感速度になり、速ければそれだけインターネットがさくさく閲覧することができるからです。

まさと
まさと

インターネット実測値が速い端末を選ぶなら、通信を最大限に活かしてインターネットを楽しむことができます。SNSや口コミサイトで確認してみましょう。

毎月使うデータ容量を把握した上で選ぶ

au回線の格安スマホに乗り換えるポイントは、毎月自分が使うデータ容量をしっかりと把握した上で選ぶことです。特に格安スマホは通信量に応じて細かく料金プランがわかれています。

そのために、適切な通信量を選ばないと、全く使わないのに高い料金を支払ってしまったり、足りなくてチャージするために不必要なお金を支払うことにつながりかねません。

そうしたミスをしないためにも、今現在どれくらい自分が毎月データ通信を使っているのかを把握しておくなら料金プランを選ぶ時に迷わずにすみます。

まさと
まさと

格安スマホに乗り換える前に、毎月のデータ通信量を確認しておくようにしてください。そうするなら新しい料金プランでどれを選んだらよいか迷うことは少なくなるはずです。

キャンペーン特典を見てから選ぶ

au回線の格安スマホを選ぶポイントは、それぞれの会社が行っているキャンペーン特典を確認してから選ぶことです。
UQモバイルであれば、MNPで乗り換えると端末代金を20,000円割引されるキャンペーンを実施していることもあります。

端末代金が特に割引になることが多かったり、月額料金プランを半年間割り引いてくれるサービスなどがあるためそうしたキャンペーンを利用するなら、格安スマホの月額費用をさらにグッと下げることができお得です。

まさと
まさと

各社乗り換えやキャンペーンによって、月額費用や端末代金を安くなることが多くあります。そうしたものを活用することによって、格安スマホを安く契約することができますね。

5G対応しているかを確認してから選ぶ

au回線の格安スマホに乗り換えるポイントは、5G通信に対応しているかどうかを確認してから選ぶことです。
5Gは4Gに変わり今からどんどん変わっていく電波の種類です。

5Gになると、データ通信量はさらに増えて高速化になることが期待されている新技術です。
そうした5Gに対応している会社を選ぶなら、将来的にも長く格安スマホを利用することができるはずです。

まさと
まさと

新しい5G通信に対応している会社を選ぶなら、自分が持っている端末のスペックを生かすことができることにもつながります。どうせ選ぶなら最新技術を提供している会社を選ぶことをおすすめします。

arrow right料金シミュレーションができるarrow right

auのおすすめ格安スマホ3選|価格が安い機種はどれ?

auの格安スマホで利用できるここではおすすめの機種をご紹介いたします。
どの機種を選べばいいのか、たくさんあって迷うことは誰にでもあることですね。
ここで紹介した機種を確認してみて自分が購入するときの参考にしてください。

端末名称価格本体サイズ画面サイズ
OPPO A54 5G22,000円(税込)約W75×H163×D8.4mm(最厚部 10.2mm)6.5インチ
AQUOS sense5G33,695円(税込)約W71×H148×D8.9mm(最厚部10.2mm)5.8インチ
Galaxy A32 5G59,835円(税込)約W75×H160×D8.1(最厚部9.7mm)6.5インチ
※価格は2022/7月現在のUQモバイルオンラインショップ価格
【auのおすすめ格安スマホ機種】
OPPO A54 5G
AQUOS sense5G
Galaxy A32 5G

OPPO A54 5G

OPPO A54 5Gは、最新通信5Gに対応した、中国スマートフォンメーカーが発売している機種です。
特徴は、5G通信に対応しながら、価格は22,000円と安いのが人気の機種です。

・OPPO A54 5Gの特徴
5G高速通信に対応
22,000円と低価格
5000mAhの大容量バッテリーを搭載
まさと
まさと

OPPOは格安スマホの中でも抜群のコストパフォーマンスを実現しています。この安さでサクサク動く電池の持つスマートフォンはほとんどありませんね。

AQUOS sense5G

AQUOS sense5Gはシャープが販売している格安スマホの機種です。
特徴は液晶モニターにIGZO液晶を搭載し、3つのカメラを持っているスマートフォンです。

・AQUOS sense5Gの特徴
IGZO液晶搭載で、電池の持ちが良い
3つのカメラを搭載している
おサイフケータイに対応
このように日本メーカーが発売している機種なので、日本人が使う機能が十分に搭載された格安スマホ機種です。
まさと
まさと

さすが日本メーカーが開発した端末であるため、日本で利用する機能が網羅されています。トリプルカメラを搭載しているため画質も十分ですね。

Galaxy A32 5G

Galaxy A32 5Gは韓国サムスン電子が発売している格安スマホ機種です。
6.5インチの大画面有機EL液晶を搭載しており、画面がとても美しいのが特徴です。

・Galaxy A32 5Gの特徴
有機EL液晶を搭載し、画面が美しい
120Hzのリフレッシュレートを搭載し、ぬるぬるサクサク動く
顔認証と指紋認証のダブル認証により、いろいろな場面で活躍
まさと
まさと

Galaxyは有機ELモニタを搭載した格安スマホで、120hzのリフレッシュレートも搭載。最新機種に匹敵する機能が盛りだくさんですね。

arrow right料金シミュレーションができるarrow right

auから格安スマホに乗り換えるには?利用開始までの流れを解説

auから格安スマホに乗り換えるのにハードルが高いと感じている方もいらっしゃることでしょう。結論から言うと利用開始までのステップは難しくありません。
ここでは乗り換えるための利用手順について解説しています。

手順①:MNP予約番号を発行する

auから格安スマホに乗り換える手順は、auに電話してMNP予約番号を取得することです。
もしUQモバイルに乗り換える時の場合だけ、MNP予約番号は不要で乗り換えることができます。

・auにMNP予約番号を取得する方法
必ず、契約者ご本人さまが、MNPの予約をするスマートフォン/携帯電話本体から、電話番号の前に186を付けるなどの方法で 携帯電話番号を通知してお電話ください。電話番号 フリーコール0077-75470 携帯電話・一般電話 共通(無料)

MNP予約番号を受け付けられると、11桁の予約番号が発行されるので、SMSなどで届いた番号を控えておきましょう。

まさと
まさと

MNP予約番号を発行することが乗り換えるための最初のステップです。有効期限が2週間と決まっているために、予約番号が発行されたらすぐに手続きを進めましょう。

手順②:Webもしくは店舗から申し込み手続きを行う

auからMNP予約番号を発行してもらったら、乗り換え先の公式Webサイトや店舗から申し込み手続きを行います。その時にMNP予約番号を入力したり、今利用している電話番号などを入力します。

MNP予約番号には2週間の期限がありますので、早めに手続きするようにしましょう。

手順③:開通手続きを行う

公式Webサイトや、店舗で手続きが終わったら、開通手続きを行います。
開通手続きをすることで、今まで利用していたau側の回線は自動的に解約になります。

開通手続きは、公式Webサイトや同封されている書類に電話番号が載せられています。
電話番号にかけることによって、開通手続きが完了します。

まさと
まさと

端末やSIMカードが届いただけでは開通したことにはなりません。開通手続きをして初めて乗り換えになります。ほとんどの場合7日間程度手続きをしなかった場合は、自動的に開通することがありますが、au側がいきなり解約になるので注意しましょう。

手順④:SIMカードを挿入して初期設定を施す

開通手続きが終わったら、SIMカードを挿入して初期設定を行います。
初期設定は、端末側にAPN設定を行うことで完了します。

APN設定とは、端末側にどこに通信するかを書き込む処理のことをいいます。
iPhoneの場合は、公式Webサイトからプロファイルをダウンロードしてインストールします。
Androidの場合は、モバイル通信設定にAPN設定があるので指定されたAPNを入力します。
このAPN設定が一番難しい操作と言われています。特に始めてやる場合は慎重に行ってください。
端末とSIMカードをセットで購入した場合は、ほとんどの場合はSIMカードを差し込むだけで完了します。
まさと
まさと

端末の設定が終わって初めて通信ができるようになります。この設定は少し複雑なので、詳しい人がいれば尋ねてみるのも良いでしょう。不安な場合は店頭で行うことができればベストです。

arrow right料金シミュレーションができるarrow right

auの格安スマホに関するよくある質問は?

疑問を浮かべる女性

auの格安スマホについて解説していますが、ここでは以下の質問についてお答えします。

povoは0円で運用できる?

auの格安スマホの一つであるpovoでは、基本料金が0円からのために運用できるか疑問に思う方もいることでしょう。結論から言うと、0円で運用できるが180日間トッピングしないと解約になってしまいます。

0円で運用することは実質可能ですが、180日以内に一度はデータのトッピングや、オプションサービスの契約などが必要ということです。ほとんど利用しない場合は自動的に解約になってしまうので注意してください。

まさと
まさと

povoは少し特殊な契約方法なので、0円で運用するのは少しハードルが高いです。あまり利用しない場合でも180日間の間に一度はトッピング契約するようにしましょう。

格安SIMに乗り換えてから始めにやることはなに?

 auの格安SIMに乗り換えて初めてやることは、APN設定などの初期設定です。
特にAPN設定は初心者にはハードルが少し高い作業です。

APN設定が終わらないとデータ通信ができませんので、公式Webサイトや同封されている設定書類を見ながら一つずつ確認しながら作業してください。
iPhoneの場合のみプロファイルというものが必要になるためWi-Fi設定をしておく必要があります。

もし自宅などにWi-Fiがない場合は、フリースポットWi-Fiや、友人宅のWi-Fiなどをお借りして設定することになるでしょう。

まさと
まさと

初めての方には少しハードルが高い作業ですが、一つずつ確認しながら行えば問題ありません。よくあるのは打ち間違いや入力する項目が違うだけです。もし不安な方は店頭での契約ができる会社を選ぶと良いでしょう。

au回線に対応している格安SIMの通信速度はどれぐらい?

au回線に対応してる格安SIMの通信速度は、だいたい10Mbps程度です。
特にUQモバイルや、povoなどの回線は親会社がKDDIのために通信速度が速いです。

mineoやiijmioなどは回線を借りて運営しているためにお昼時間帯や、18時以降の通信が多くなる時間帯は通信速度が遅くなる傾向にあります。
しかし筆者もiijmioを利用していますが、遅いと感じるものの不満は特に抱くことはありません。

まさと
まさと

格安スマホでどうしても避けることができないのは通信速度です。もし通信速度にこだわりながら格安スマホにしたい場合はKDDI系列の、UQモバイルやpovoを利用することをおすすめします。

arrow right料金シミュレーションができるarrow right

まとめ:auの格安スマホで価格が良心的なのは「UQモバイル」

オフィスで指差しで説明をする日本人女性ビジ

いかがだったでしょうか。auの格安スマホについての理解を深めることができました。
auと同じ回線品質を保ちつつ、格安スマホとして利用するのにおすすめなのは、総合的にUQモバイルを利用することをおすすめします。

他社の格安スマホに比べると通信料金は少し高いものの、大手キャリアに比べるとかなり節約することができるでしょう。そして、通信速度もお昼時間帯や帰宅時間帯においても遅くなることがほとんどないため快適に利用することができます。

ぜひ読者のみなさんもこの機会にauの格安スマホに乗り換えてみるのはいかがでしょうか?

arrow right料金シミュレーションができるarrow right