お電話でのご相談はこちら!

【受付】10:00-21:00 年中無休

SIM

MVNOはすぐに固まる?おすすめ5社の速度比較

通信費を今よりも抑えたいなあ。料金の安いMVNOが良さそうだけど、すぐに固まるほど遅いっていう噂もあるし不安……。快適に使える速度の速いMVNOがあれば知りたいな。

料金の安いMVNOですが、上記のように速度に不安を覚えている方も多いはずです。

eibon
eibon

せっかく通信費が安くなっても、全然使えないのでは意味がありませんよね。

たしかに大手に比べると、速度が遅い傾向にあるMVNOですが、中には速度に優れたサービスがいくつかあります。

本記事ではそんな速度に優れたおすすめ5社の紹介と、各社の速度比較を行なっていきます。

他にもスマホの用途別の速度目安や、速度が遅くなってしまった時に有効な対処法などもご紹介。

快適に使えるMVNOを探している人にとって必見の内容となっていますので、ぜひ最後までお付き合いください。

【この記事でわかること】
・MVNOについて
・用途別の速度目安
・おすすめMVNO5社の速度比較
・おすすめMVNOのそれぞれの特徴
・遅くなった時の対処法4選

\当サイトおすすめの格安SIM 3選/

サービス名

 

ahamo
ahamo
LINEMO
LINEMO
楽天モバイル
楽天モバイル
月額料金(税込)2,970円~990円~1,078円~
通信プラン20GB/100GB3GB/20GB3GB/20GB/無制限
最大通信速度4.1Gbps3.0Gbps2.8Gbps
詳細ahamoの詳細を見るLINEMOの詳細を見る楽天モバイルの詳細を見る
コールアクション

電話で無料相談受付中

【受付】10:00 - 21:00 年中無休

そもそもMVNOってなに?

SIM挿入のイメージ

MVNOは『Mobile Virtual Network Operator』の略称で、大手キャリアの回線を借りて安い料金で通話やデータ通信などを提供する事業者のことです。

そんなMVNOが提供するスマホプランのことを『格安SIM』や『格安スマホ』と呼びます。

厳密に言えば、MVNO・格安SIM・格安スマホはそれぞれ異なるものなのですが、現在では同じ意味としてよく利用されていることも多いです。

eibon
eibon

とりあえず、MVNO=安い料金で使えるスマホ会社という認識で大丈夫ですよ。

そんな、MVNOには以下のような利点があります。

【MVNOを使う利点】
・大手キャリアよりも料金が安い
・プランの種類が多い

特に大きな利点と言えるのが、大手キャリアよりも利用料金が安いこと。

MVNOは「基地局を持たないことで維持費を削減」「実店舗をなくすことでコスト削減」というように、さまざまな方法で経営コストを下げることで、安い料金でサービスを提供することができています。

毎月の通信費が下げられるのは嬉しいね!

その一方で、MVNOには以下のような注意点もあります。

【MVNOの注意点】
・店舗のないサービスが多く、直接のサポートが受けられない
・時間帯によって遅くなることがある
・5Gに対応していない会社が多い

いくつかデメリットがありますが、その中でも特に注意したいのが『通信速度』です。

大手キャリアは自分で基地局を保持しているため、帯域を目一杯使うことができます。

その結果、どんな時間帯でも安定した通信が可能です。

対して、MVNOは先述したように、一部の帯域のみを大手キャリアから借りています。

そのため、ユーザーが一定時間に集中してしまうと、レンタルしている帯域幅をユーザー同士で奪い合う形となってしまい、回線速度が低下してしまいます。

eibon
eibon

大手キャリアは車線の多い道路、MVNOは車線の少ない道路という風にイメージするとわかりやすいですよ。

「MVNOはすぐに固まる」と言われている理由がわかったね。

また、MVNO内であっても会社によって、レンタルしている帯域幅が異なります。

レンタルしている帯域が広ければ広いほど、混雑のしにくいMVNOということに。

eibon
eibon

大手キャリアが運営するMVNOは、大手キャリアとほぼ同じ品質の回線を利用できるため、他のMVNOよりも速度が安定しています。速度を重視してMVNOを選んでいる人は覚えておきましょう。

通信速度はどれくらい必要? MVNOを選ぶための目安

続いて、メール閲覧や動画視聴など、スマホの用途別に必要な通信速度の目安を紹介していきます。

速度の目安を確認する前に、まずは通信速度の見方からチェックしていきましょう。

通信速度を表す単位には『bps』がよく利用され、『bit per second』の略称で1秒あたりに送受信するデータ量の表す単位です。

『1,000bps』は『1kbps』、『1,000kbps』は『1Mbps』を表します。

注意したいのが『bps』の『b』はbyteではなく、bitを指しているという点。

1Byteは8bitと同等です。

eibon
eibon

例えば、16Mbpsは1秒間に16メガバイト送受信するのではなく、16メガビット(約2メガバイト)を送受信できるということ。勘違いしやすい点ですので注意しましょう。

また、通信速度には『下り速度』と『上り速度』があります。

『下り速度』はダウンロード時の速度を表し、サイトやSNSの読み込み、動画の視聴時の快適さなどに大きく影響。

対して、『上り速度』はアップロード時の速度を表し、SNSへの投稿や動画サイトへのアップロード、画像やファイルを送信する際に影響します。

どちらも大事ですが、ネットを利用する際に特に重要なのが『下り速度』です。

『下り速度』が優れているとブラウジングや動画コンテンツの再生が非常に快適になります。

eibon
eibon

投稿よりも閲覧がメインの人は、ぜひ下り速度を重視してMVNOを選んでみてくださいね。

スマホで行う各用途に必要な速度はそれぞれ以下のとおりです。

用途ごとに詳しく解説していきます。

メールやLINEを利用する場合:128kbps~1Mbps

メールやLINEなど、テキストベースのサービスを利用時に必要な速度は128kbpsから1Mbpsです。

128kbps〜1Mbpsもあれば、テキストの送受信は問題なく行えますし、容量の軽い画像なども送受信できます。

eibon
eibon

テキストメインであれば、速度制限時でも問題なく行えますね。

ただし、重めの画像や動画ファイルのやり取りをする場合は、さらに速度が必要です。

ウェブサイトを閲覧する場合:1Mbps~10Mbps

ウェブサイトの閲覧には下り1Mbpsから10Mbpsほど必要です。

eibon
eibon

サイトの閲覧はデータの受信のみですので、上り速度は必要ありません。

ほとんど文章のみのページだけであれば、1Mbpsもあればすぐに読み込めます。

画像や動画などがふんだんに盛り込まれているページを快適に閲覧するためには、10Mbpsほどは必要です。

動画を視聴する場合:5~20Mbps

動画を視聴する場合は5〜20Mbpsほどあれば、快適に視聴することが可能です。

さらに細かく言うと、視聴する動画コンテンツの画質によって必要な速度は異なります。

各画質に必要な速度はそれぞれ次のとおりです。

【画質ごとに必要な速度目安】
4K/2160p:20Mbps前後
FHD/1080p:5Mbps前後
HD/720p:3Mbps前後
SD/480p:1Mbps前後
SD/360p:0.8Mbps前後
eibon
eibon

ライブ配信を快適に視聴するためには、上記した速度よりもさらに速い回線が必要です。再生が途切れてしまう場合は、画質を下げることで途切れずに視聴できる可能性があります。

スマホゲームをする場合:10Mbps

多くのスマホゲームは、10Mbpsほどあればプレイすることができます。

ただし、FPSやTPSなどの対戦ゲームを快適にプレイしたい場合は30Mbps以上の速度に加えて、20ms以下の優れたPing値が必要です。

eibon
eibon

オフラインでプレイする場合は問題ありませんが、オンライン限定のゲームは速度制限時には楽しむことができません。スマホゲームをプレイしたいと考えている人は注意してください。

おすすめMVNO5社の通信速度を比較

それでは、いよいよスピードに秀でたおすすめMVNO5社の速度比較を行っていきます。

各社の通信速度およびその他の情報を比較した表は次のとおりです。

サービス名ラインモ
LINEMO
Y!mobile
ahamo
ahamo
楽天モバイル
楽天モバイル
J:COMモバイル
j comモバイル
プラン料金【音声】
3GB:月額990円
20GB:月額2,728円
【シンプルプラン:音声】
S 3GB:月額2,178円
M 15GB;月額3,278円
L 25GB:月額4,158円
【ahamo:音声】
20GB:月額2,970円
100GB:月額4,950円
【Rakuten UN-LIMIT :音声(従量制)】
〜3GB:月額1,078円
3〜20GB:月額2,178円
20GB:月額3,278円
【Aプラン ST:音声】
1GB:月額1,078円
5GB:月額1,628円
10GB:月額2,178円
20GB:月額2,728円
通信速度【評価:快適】
平均Ping:39.9ms
平均下り:60.66Mbps
平均上り:15.82Mbps
【評価:快適】
平均Ping:39.4ms
平均下り:63.42Mbps
平均上り:15.34Mbps
【評価:超快適】
平均Ping:48.64ms
平均下り:135.69Mbps
平均上り:14.64Mbps
【評価:快適】
平均Ping:51.88ms
平均下り:54.07Mbps
平均上り:25.26Mbps
【評価:快適】
平均Ping:50.74ms
平均下り:58.72Mbps
平均上り:10.42Mbps
通信オプション【通話オプション】
5分かけ放題:月額550円
かけ放題:月額1,650円
【持込端末保証】
iPhone:月額950円〜
Android:月額715円
【セキュリティパック】
月額660円
【通話オプション】
10分かけ放題:月額770円
かけ放題:月額1,870円
【データ増量】
月額550円
【故障安心パック】
月額759円
【セキュリティパック】
月額660円
なし【通話オプション】
15分かけ放題:月額1,100円
【スマホ交換保証】
月額715円
【ノートン モバイル セキュリティ】
月額220円
【通話オプション】
5分かけ放題:月額550円
60分かけ放題:月額1,650円
【かけ放題(5分)付きパック】
5GB :月額1,628円
10GB:月額2,178円
【端末保証】
端末1台あたり:月額550円
【おまかせサポート】
月額550円

MVNO全体の回線スピード平均は混雑のない時間帯で下り速度が30Mbps前後、上り速度が10Mbps前後。

混雑時の平均速度は下りが15Mbps前後、上りが7Mbps前後まで低下します。

今回紹介する5つのMVNOは全体平均よりも遥かに優れた通信速度を記録しています。

その中でも最も優れていたのは下り平均135.69Mbpsを記録したahamo。

eibon
eibon

スピードを重視するのであればahamoは非常におすすめです。

ただ、ahamoのスピードには及ばないものの、他の会社もMVNOの中では優れた速度を持っています。

プランや特典内容が合えば、総合的にahamoよりも優れたサービスとなることも。

ここからは各社の特徴を詳しく紹介していきますので、ぜひ自分に合ったサービスなのか考えながらチェックしてみてください。

ラインモ:【速度評価:快適】LINE内の一部機能のデータ消費が0に

LINEMO

サービス名ラインモ
プラン料金【音声】
3GB:月額990円
20GB:月額2,728円
通信速度【評価:快適】
平均Ping:39.9ms
平均下り:60.66Mbps
平均上り:15.82Mbps
通信オプション【通話オプション】
5分かけ放題:月額550円
かけ放題:月額1,650円
【持込端末保証】
iPhone:月額950円〜
Android:月額715円
【セキュリティパック】
月額660円

最初に紹介するのがソフトバンクが運営するラインモです。

下り平均速度は60.66Mbpsを記録し、5社のの中では3番目に速いという結果に。

SNSやブラウジングはもちろんのこと、動画視聴なども問題なく行えます。

そんなラインモの特徴はLINE内の一部機能のデータ消費が0になること。

トークや通話、ビデオ通話などの際にデータ消費がカウントされないので、好きなだけLINEを楽しめます。

eibon
eibon

ミニプランでもLINEギガフリーは利用可能。スマホでほぼLINEしか使わない人にはぴったりのMVNOです。

Y!mobile:【速度評価:快適】家族割で2回線目以降はお得に

サービス名Y!mobile
プラン料金【シンプルプラン:音声】
S 3GB:月額2,178円
M 15GB;月額3,278円
L 25GB:月額4,158円
通信速度【評価:快適】
平均Ping:39.4ms
平均下り:63.42Mbps
平均上り:15.34Mbps
通信オプション【通話オプション】
10分かけ放題:月額770円
かけ放題:月額1,870円
【データ増量】
月額550円
【故障安心パック】
月額759円
【セキュリティパック】
月額660円

次に紹介するのがラインモと同じくソフトバンクが運営するY!mobileです。

下り速度は63.42Mbpsとピックアップした5社の中では2番目に速い値を記録。

Wi-Fiなどに接続できない場所でも快適にスマホゲームなどが楽しめます。

また、2回線目以降を割引料金で使える『家族割』が使える点も大きな魅力です。

例えば、25GB使えるLプランは通常月額4,158円ですが、家族割を適用することで月額2,970円で利用できます。

『おうち割 光セット』などとの併用ができない点には注意しましょう。

eibon
eibon

『家族割』は最大9回線まで適用対象です。家族で利用すれば毎月の通信費を大幅に抑えられますよ。

ahamo:【速度評価:超快適】100GBの大容量プランを用意

ahamo アハモ 格安sim サブブランド

サービス名ahamo
プラン料金【ahamo:音声】
20GB:月額2,970円
100GB:月額4,950円
通信速度【評価:超快適】
平均Ping:48.64ms
平均下り:135.69Mbps
平均上り:14.64Mbps
通信オプションなし

次に紹介するのがNTTドコモが提供しているahamo。

平均下り速度は135.69Mbpsという脅威の速さを記録しており、今回選んだ5社の中でも断トツの速さを持っています。

このくらいの速さを持っていれば、SNSなど以外にも、高画質の動画コンテンツ再生なども余裕で行うことが可能です。

ahamoでは20GBプランに加えて、100GBが月額4,950円で使える大盛りプランを用意しています。

外出先で頻繁にスマホを利用する人でも安心して使えるMVNOです。

eibon
eibon

大盛りプランもしっかりテザリングに対応。大容量のポケット型Wi-Fiのような運用もできますよ。

楽天モバイル:【速度評価:快適】使った分に応じて料金が変動する従量制を採用

楽天モバイル

サービス名楽天モバイル
プラン料金【Rakuten UN-LIMIT :音声(従量制)】
〜3GB:月額1,078円
3〜20GB:月額2,178円
20GB:月額3,278円
通信速度【評価:快適】
平均Ping:51.88ms
平均下り:54.07Mbps
平均上り:25.26Mbps
通信オプション【通話オプション】
15分かけ放題:月額1,100円
【スマホ交換保証】
月額715円
【ノートン モバイル セキュリティ】
月額220円

次に紹介するMVNOが楽天モバイルです。

下り平均速度は54.07Mbpsを記録し、今回選んだMVNOの中では5番目の速さという結果でした。

低めの順位ではあるものの、MVNO全体の平均速度よりは速く、ブラウジングなども快適に行えます。

楽天モバイルの特徴は料金プランが従量制になっていること。

使ったデータ量が3GB未満の場合は最安の1,078円、20GB以上はどれだけ使っても3,278円という料金で使えます。

eibon
eibon

月に使うデータ量が変動する人や、たくさんのデータを使いたい人におすすめのMVNOです。

J:COMモバイル:【速度評価:快適】60歳以上はオプションが無料に

j:com mobile j com

サービス名J:COMモバイル
プラン料金【Aプラン ST:音声】
1GB:月額1,078円
5GB:月額1,628円
10GB:月額2,178円
20GB:月額2,728円
通信速度【評価:快適】
平均Ping:50.74ms
平均下り:58.72Mbps
平均上り:10.42Mbps
通信オプション【通話オプション】
5分かけ放題:月額550円
60分かけ放題:月額1,650円
【かけ放題(5分)付きパック】
5GB :月額1,628円
10GB:月額2,178円
【端末保証】
端末1台あたり:月額550円
【おまかせサポート】
月額550円

次に紹介するのがJ:COMモバイルです。

平均下り速度は58.72Mbpsを記録し、今回の中では4番目の速さという結果でした。

順位は低いですが50Mbps以上は出ているので、スマホで行うほとんどの用途は快適に行えます。

そんなJ:COMモバイルでは60歳以上限定で使える特典があります。

60歳以上の人は各プランの料金そのままで『5分かけ放題』が1年間、『おまかせサポート』は3ヶ月間0円で利用可能です。

eibon
eibon

10GB/20GBプランは制限後も最大1Mbpsという速さで使えます。また、データ量は翌月に持ち越せるので無駄になることもありません。

MVNOの通信速度が遅くて困った時の対処法

スマホとSIMカード

どんなに速度に優れたMVNOと契約したとしても、利用していて速度が急に遅くなってしまうことがあります。

そこで、ここからはMVNOを使っている際に、通信速度が遅くなってしまった場合の対処法をいくつかご紹介。

MVNOの速度が遅い時に有効な対処法は以下の4つです。

eibon
eibon

スマホの速度が遅くなる原因は回線の問題だけではありません。紹介する対処法を試すことで、快適にスマホを扱えるようになる可能性があります。

それでは、それぞれの対処法について詳しく解説していきます。

データ通信を一度OFFにして再度ONする

1つ目に紹介する対処法がデータ通信をOFFにした後、再度ONにするというもの。

電波が繋がっているのに遅いというケースもありますが、そもそもスマホがキャリアの電波を掴めていないという場合もあります。

そんな時はデータ通信を接続し直してみましょう。

データ通信をOFFからONにするタイミングで上手く電波を拾い、データ通信が正常に行えるようになることがあります。

eibon
eibon

通信をOFF/ONする方法は端末によって異なりますが、多くのスマホでは通信設定から簡単に行えます。スマホが電波を拾わなくて困っている人は試してみてください。

キャッシュを削除してみる

MVNOが遅い時に有効な2つ目の対処法は、キャッシュを削除することです。

キャッシュというのはブラウジングの際に訪れたサイトの情報や、アプリ内の一部の情報を一時的に記憶しておく技術のこと。

記憶しておくと少ないデータ通信だけで済むので、再度ページやアプリを開くのが素早くなるというメリットがあります。

ただ、このキャッシュが溜まりすぎてしまうと、端末への負荷が重くなってしまい、逆に速度が低下してしまうケースも。

eibon
eibon

定期的にキャッシュを削除することで端末のパフォーマンスを保つことができますよ。特に溜まりやすいのはブラウザのキャッシュですので注意してください。

以下の方法でのブラウザのキャッシュを削除できます。

OSキャッシュ削除の方法
iOS(safari)1.『設定』アプリを起動
2.『Safari』を選択
3.『履歴とWebサイトデータを消去』をタップ
Android(Chrome)1.Chromeを起動
2.画面の右上にあるその他アイコンをタップ
3.『履歴』から『閲覧データを削除』を選択
4.削除したい期間を指定する
5.『キャッシュされた画像とファイル』にチェック
6.『Cookieとサイトデータ』にチェック
7.『データを消去』をタップ

よくブラウジングを行う人はぜひ試してみてください。

利用していない機能をオフにする

MVNOが遅いと感じたときに3つ目の有効な対処法は利用していない機能をオフにすることです。

使っていない機能でも自動的にバックグラウンドで動作し、端末に負荷をかけてしまっている場合も。

たくさんのアプリを同時に起動したままでおくと、それだけで端末のパフォーマンスは大きく低下してしまいますので注意してください。

また、アプリの自動更新などによって速度が遅くなっているケースもあります。

eibon
eibon

アプリなど以外にもライブ壁紙なんかも大きな負荷となります。あまりにも端末の動作が重いときはライブ壁紙ではなく、通常の壁紙を利用しましょう。

スマホを再起動してみる

MVNOが遅いときに試してほしい4つ目の対処法はスマホの再起動です。

端末を再起動することによって、動作しているアプリが全ての終了し、端末の動作が軽くなることがあります。

上記した3つの方法を試してみても改善が見られない場合はぜひ試してみてください。

eibon
eibon

速度の問題に限らず、他の不具合に関しても再起動するだけで改善する可能性があります。スマホを利用する人は覚えておきましょう。

MVNOの通信速度比較についてよくある質問

Q&Aのイメージ画像

最後にMVNOの通信速度比較に関連する質問とその回答を紹介していきます。

今回、答えていくのは以下5つの質問です。

eibon
eibon

「速度が遅くなる時間帯」「5G通信できるのか」などユーザーが気になる質問を集めました。MVNOが気になっている人は確認してみてください。

やっぱり大手キャリアに速度では敵わない?

大手キャリア3社と格安SIM全体を比較すると、どうしても速度は大手キャリアの方が優れています。

ただし、ahamoなどMVNOによっては、大手キャリアにも劣らない優秀な回線速度を記録しているサービスも。

eibon
eibon

本記事で紹介した5社はMVNOの中でも速度が非常に優れています。スピードを重視する人はぜひ参考にしてみてください。

速度が遅くなりやすい時間帯はいつ?

MVNOの速度が大幅に低下するのはだいたい以下の時間帯です。

【MVNOが遅くなる時間帯】
・通勤や通学の時間(午前7時から9時付近)
・お昼時(午後1時付近)
・帰宅後の時間帯(午後8時から9時付近)

ユーザーが集中しやすい時間であればあるほど、速度が遅くなる可能性は高くなります。

eibon
eibon

大手が運営していないMVNOでは、上記の時間帯での動画視聴などは厳しめ。時間帯をずらす、Wi-Fiを利用するといった対処法が必要です。

速度制限がかかるとどれくらい遅いの?

MVNOで速度制限にかかると以下のいずれかまで速度が制限されてしまいます。

【MVNOの速度制限時の最大速度】
・128kbps
・200kbps
・300kbps
・1Mbps

上記したどの速度であってもテキストのやり取りは問題なく行うことが可能。

ただし、SNS閲覧や動画視聴などは1Mbps以外の速度ではかなり厳し目です。

eibon
eibon

制限がかかっても最大1Mbpsの速度が出せるMVNOであれば、制限後もそれなりに利用することができます。制限がかかった後も快適に使いたい人は制限後の最大速度もチェックしましょう。

リアルタイムで通信速度調べるにはどうしたらいい?

スマホキャリアの速度をリアルタイムで調べる方法はいろいろありますが、最もおすすめなのは『Fast.com』の利用です。

使い方は簡単でFast.comのページに移動するだけ。

ページに入ると自動的に速度計測が始まり、『下り速度』『上り速度』を計測することができます。

eibon
eibon

自分のスマホキャリアのスピードが気になる人は利用してみてください。

MVNOで5G通信を利用できる?

全てのサービスではありませんが、一部のMVNOは5G通信に対応しています。

ちなみに本記事で紹介した5社はいずれも5G通信を利用可能です。

eibon
eibon

ただし、5Gを使うにはMVNOと契約するだけでなく、『5G対応エリアでの利用』『5G対応スマホの利用』という条件を満たす必要があります。5Gを使いたいと思っている人は注意しましょう。

まとめ:速度の速いMVNOを選んでスマホを快適に使おう

今回はおすすめMVNO5社の速度比較を行いました。

速度がかなり遅いと思われがちなMVNOですが、サービスによっては優れた速度を持っているものもあります。

本記事でピックアップしたMVNOはどれも平均以上のスピードを持った優れたものばかりです。

快適に利用できるMVNOを探している人はぜひ本記事を参考にしながら、自分に合ったサービスを見つけてみてください。