機種・端末

フリーランスWi-Fiの遅い・繋がらないといった口コミを調査!メリット・デメリットを紹介

フリーランスWi-Fiって使いやすいのかな?

モバイルWi-Fiの契約を検討している方の中には、契約期間の縛りがないことで知られるフリーランスWi-Fiの契約を検討している方もいると思われます

契約期間の縛りがないというだけで魅力的に見えますが、実際のところは優れたモバイルWi-Fiなのかどうかが気になるところです。

谷

フリーランスWi-Fiを検討している方に向けて、その特徴やプラン、メリット・デメリット、注意点などについて解説します。

この記事で分かること
・フリーランスWi-Fiの契約プラン内容
・フリーランスWi-Fiのメリット・デメリット
・フリーランスWi-Fiの評判や口コミ

 

フリーランスWi-Fiとは?繋がらないってホント?

フリーランスWi-Fi 2

出典:フリーランスWi-Fi公式サイト

フリーランスWi-Fiはソフトバンクの回線を利用したモバイルWi-Fiサービスの1つです。

契約期間の縛りがないのが特徴的で、端末も無料でレンタルできるため、気軽に契約できて、不満を感じれば解約違約金も発生しないので、臆することなくすぐに解約もできます。

また、モバイルWi-Fiで有名なWiMAXのプロバイダは3日で10GB以上使ってしまうと速度制限がかかるという不便さがありますが、フリーランスWi-Fiはそういった通信制限がないので遠慮なくインターネットを利用できます。

谷

ただ、インターネット上ではフリーランスWi-Fiはインターネットにまともに繋がらないという意見が飛び交っていて、実際のところはどうなのか気になるところです。

フリーランスWi-Fiの契約プラン

 

フリーランスWi-Fi 3

フリーランスWi-Fiの契約プランは、「安心サポートパック付きプラン」と「安心サポートパック無しプラン」の2つがあります。

そこから月に利用するデータ通信量に応じたプランを選択していく形となっています。

1つずつ見ていきましょう。

安心サポートパック付きプラン

安心サポートパック付きプランの契約プランの内容などを以下の表にまとめました。

15GB/月30GB/月60GB/月
月額料金3,630円4,180円5,500円
初期費用4,400円
オプションサービス・クレードルパック:330円/月
・WPS Office Standard:385円/月
・セキュリティマルチライセンス:330円/月

安心サポートパックとは、フリーランスWi-Fiの端末や付属品を弁済金0円で交換してくれるサービスのことです。

自然故障以外の落下や水没などといった利用者の過失による故障、端末本体あるいは付属品の破損、紛失などの場合に適応されるサービスです。

安心サポートパック付きプランは、通常のインターネット利用料とこの安心サポートパックがセットになっているプランです。

そこからデータ使用量でプランが分かれていて、月に15GBのプランと30GBのプラン、60GBのプランの3つがあります。

谷

15GBなら1日あたり500MBで、30GBなら1日当たり1GB、60GBになると1日に2GB使えます。

主にデータ通信量がよく取られやすいのが動画視聴なので、動画視聴を1日にどのくらいするかによって、契約する月の使用量を決めていくと無駄な料金を支払わずに済みます。

初期費用は4,400円がかかってきますが、他のモバイルWi-Fiと比べると少し高めです。

さらに、オプションとして決められた月額料金を払えば、「クレードルパック」、「WPS Office Standard」、「セキュリティマルチライセンス」が付けられます。

クレードルパックはクレードルが利用できるオプションのことで、クレードルはモバイルWi-Fiの置き型充電器と有線接続を実現する拡張機器としての機能を持った台座のことを指しています。

WPS Office Standardはワープロと表計算、プレゼンテーションの3つのソフトがセットになったマイクロソフトと互換性の高い総合オフィスソフトのことです。

マイクロソフトだと買い切りで35,000円くらいだけど、これだと1年使い続けても4,620円でかなりお得だね。

セキュリティマルチライセンスは全世界でユーザーが1億人いるグローバルなセキュリティソフトのことで、使いやすさに特化した日本人が扱いやすい仕様になっているのが特徴的です。

これらのオプションが300円前後毎月払うだけで利用できるので、気になる方はオプションの追加もおすすめします。

安心サポートパック無しプラン

安心サポートパック無しプランの契約プランの内容などを以下の表にまとめました。

15GB/月30GB/月60GB/月
月額料金3,080円3,630円4,950円
初期費用4,400円
オプションサービス・安心サポートパック:550円/月
・クレードルパック:330円/月
・WPS Office Standard:385円/月
・セキュリティマルチライセンス:330円/月

安心サポートパック無しプランも契約プランの仕組みは同じです。

どのプランでも安心サポートパックでかかる月550円分が差し引かれた値段が毎月請求されます。

谷

安心サポートパックありだから安心サポートパック分の値段がお得になっているというわけではない点は押さえておいてください。

初期費用やオプションサービスの内容も同じなので、安心サポートパックありのプランと無しのプランの差は、安心サポートパックがあるかないかというだけだと言えます。

安心サポートパックが必要なければ、安心サポートパック無しプランの契約をおすすめします。

繋がらないということはない

フリーランスWi-Fi 4

谷

フリーランスWi-Fiは決してインターネットが繋がらないというわけではありません。

ただ、通信速度はやや遅めであることは否定できません。

モバイルWi-Fiの通信速度の速さはモバイルWi-Fiの端末の種類が関係してきます

フリーランスWi-Fiでは、「MF855」と「+F FS030W」のどちらかの端末から選択する形となっていて、これらの端末がどれくらいの通信速度を出せるのか知る必要があります。

そこで、この2つの端末のスペックを以下の表にまとめました。

MF855+F FS030W
サイズ約75×102.2×22.3mm約74.0×74.0×17.3mm
重さ約235g約128g
同時接続Wi-Fi接続8台+USBケーブル
接続1台、最大9台
15台
連続通信時間約18.5時間無線LAN通信 最大20時間(LTE通信時)
Bluetooth 最大24時間(LTE通信時)
最大通信速度上り:37.5Mbps
下り:112.5Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps

サイズや重さ自体は一般的なものとさほど変わらず、10~15台程度は同時接続が可能です。

連続通信時間に関しては、10時間程度のものが多い中、その倍の時間使い続けられるので、どちらの端末もそこは優れた点だと言えます。

しかし、最大通信速度は下りで100~150Mbpsとなっていて、この速度がそのまま出せるなら問題なくインターネットが使えますが、ここから周囲の環境に電波が影響を受けて通信速度が落ちます。

恐らく無線接続だと常時10Mbpsを出すことも厳しいと考えられるので、動画の読み込みに関してはややストレスを感じてしまうかもしれません。

谷

ただ、ブラウザでネットサーフィンを楽しんだり、SNSを楽しむ分には問題なく使えるので、決してインターネットが全く繋がらないくらい遅いかと言われるとそうとは限りません。

 

フリーランスWi-Fiにクーポンコードやキャンペーンはある?

フリーランスWi-Fi 5

フリーランスWi-Fiにはクーポンコードやキャンペーンは特に実施されていません

元々の月額料金が相場よりも安くて、ソフトバンクのスマホやネット回線を契約している方に少し有利になるくらいです。

ですが、クーポンコードやキャンペーンを積極的に実施しているプロバイダは、それらを適応させる場合に有料オプションに加入することを必須条件としている傾向が見られます。

割引やキャッシュバックなどを受け取るまでは、そのオプションの月額料金は発生し続けていきます。

忘れがちな方だとそれらのオプションが不要になってから解約するのを忘れていて、月額料金が請求され続けて、かえって損をしてしまうリスクが高いです。

谷

クーポンコードやキャンペーンがなくて月額料金が安いということは、フリーランスWi-Fiはリスクなく安定して利用できるモバイルWi-Fiだと言えます。

 

フリーランスWi-Fiを契約するメリット

フリーランスWi-Fi 6

谷

フリーランスWi-Fiを契約するメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

フリーランスWi-Fiを契約するメリット
・端末の購入が不要
・契約期間の縛りなし
・通信容量までは速度制限なし

1つずつみていきます。

端末の購入が不要

フリーランスWi-Fi 7

モバイルWi-Fiを提供するプロバイダの中には、端末を購入させる場合もあれば、端末をレンタルにする場合もあります。

フリーランスWi-Fiは端末をレンタルする形式を採用しているので、端末代金がかからず、初期費用が高額になるようなことがなくて、すぐにモバイルWi-Fiの契約がしやすいです。

もし解約する時はレンタルした端末を返却するだけで問題ありません。

端末を購入する場合だと、契約期間が終了してモバイルWi-Fiを使わなくなった時に、その端末を売却できればある程度お金が返ってきますが、売れなければ不用品を抱えてしまうリスクがあります。

端末がレンタルできる仕組みは、そういったリスクを避けられる点が強みだと言えます。

谷

端末の返却を忘れたまま放置してしまうと、1ヵ月分の利用料金が請求されてしまうので、あくまでも端末はレンタル方式であることを頭に入れておいて、解約したらすぐに返却処理を済ませることが大事です。

契約期間の縛りなし

フリーランスWi-Fi 8

谷

フリーランスWi-Fiは、契約期間の縛りがないプランを用意しています。

こういった仕組みを採用しているプロバイダは数少なく、特にフリーランスWi-Fiはどのプランでも契約期間に縛りがないという特徴があります。

本来なら、契約期間が設けられていると途中で解約した場合に5,000~30,000円程度の高額な解約違約金が請求されるのが普通です。

しかし、契約期間が設けられていないと、いつ解約しても契約違反ではないため、高額な解約違約金の請求が発生せず、別のプロバイダに乗り換えようと思った時に抵抗感なく乗り換えられます。

通信容量までは速度制限なし

フリーランスWi-Fi 9

フリーランスWi-Fiは月の通信容量が来るまでは速度制限がかかることがありません

スマホなどではよく見られる仕組みですが、モバイルWi-Fiだと2、3日の間に一定量以上の通信量を使うと速度制限がかかって、すぐ元の速度に戻る流れを繰り返す仕組みを採用しているところもあります。

詳しくはこちら

WiMAXのギガ放題プランとは?プロバイダの比較や値段を詳しく解説
WiMAXを新たに契約したい人やギガが無制限で使えるWi-Fiを契約したい人向けに、ギガ放題プランの概要やメリット、デメリットを紹介します。 その後、WiMAXを提供するのプロバイダを比較して、その中でおすすめのGMOとくとくBBと縛りなしWi-Fiの詳細を解説していきます。

これだとつい通信量を使いすぎてしまうと定期的にストレスを感じてしまい、常に通信量を意識しなければならない分、楽な気持ちでインターネットを使いにくい傾向にあります。

しかし、フリーランスWi-Fiのような仕組みなら、ある程度日数が経つまでは通信量を気にせずインターネットを楽しめるのでメリハリがつけやすいです。

谷

どちらの仕組みにも長所もあれば短所もあって、どちらの仕組みの長所が自分に合っているか、短所が自分にとってあまり負担に感じないかを意識して、フリーランスWi-Fiが自分にとって使いやすいか考えてみてください。

 

フリーランスWi-Fiのデメリット

フリーランスWi-Fi 10

谷

一方で、フリーランスWi-Fiを契約するデメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

フリーランスWi-Fiのデメリット
・無制限でインターネットが使えない
・通信速度が遅い
・通信量あたりの料金がやや高め
1つずつみていきます。

無制限でインターネットが使えない

フリーランスWi-Fi 11

谷

フリーランスWi-FiはWiMAXのギガ放題などのように、通信量使い放題のプランがありません。

また、契約できる通信量の上限が最大で60GBなので、動画を頻繁に見たりして1日2GB以上使ってしまう可能性のある方は、使用していて不便に感じてしまうことが多いと思われます。

ガッツリインターネットを楽しみたい方は、フリーランスWi-Fiではなく他のモバイルWi-Fiを検討した方が良いです。

通信速度が遅い

フリーランスWi-Fi 12

使用している端末の最大通信速度が他のモバイルWi-Fiと比べて遅いので、環境によっては速度制限がかかっていなくてもそれくらい遅く感じてしまう可能性もあります。

ただ、動画や高グラフィックなゲームをしない分には通信速度が遅くてもすんなりと読み込めるので、仕事やプライベートでの連絡や外出時に調べものをするなどといった用途で契約する方にとっては問題なく使えます

谷

フリーランスWi-Fiを契約する前に、契約する目的を明確にしてから手続きを進めるべきかどうか判断するようにした方がいいです。

通信量あたりの料金がやや高め

フリーランスWi-Fi 13

フリーランスWi-Fiは月額料金そのものは安いですが、通信量あたりの料金はやや高めです。

モバイルWi-Fiの相場が4,000~5,000円というのは間違いありませんが、この料金で通信量が使い放題のプランが契約できるプロバイダはそれなりに多いです。

フリーランスWi-Fiだと同じくらいの値段でも60GBまでしか使えません。

谷

ここまでの3つのデメリットを総合してみると、フリーランスWi-Fiはデータ通信量のあまりかからない用途を15GBの安い料金プランで利用する場合に、お得に契約できるモバイルWi-Fiのプロバイダであると言えます。

 

フリーランスWi-Fiに関するよくある質問

フリーランスWi-Fi 14

フリーランスWi-Fiは契約期間に縛りのないモバイルWi-Fiとして知られていて、モバイルWi-Fiで人気の高いWiMAXとは一線を画した存在であることから、インターネット上で様々な質問が飛び交っています。

谷

今回はその中から特に質問の多かった以下の8つの質問に回答していきます。

フリーランスWi-Fiに関するよくある質問
・端末交換は対応している?
・フリーランスWi-Fiの事務手数料や初期費用は?
・フリーランスWi-Fiでオンラインゲームはできる?
・フリーランスWi-Fiのセキュリティは安全?
・フリーランスWi-Fiの安心サポートって?
・フリーランスWi-Fiのクーポンコードは一切ないの?
・フリーランスWi-Fiの申し込み方法は?
・沖縄でも繋がる?

端末交換は対応している?

フリーランスWi-Fi 15

フリーランスWi-Fiは端末交換に対応しています。

ただし、必ずしも端末交換に対応してくれるわけではなく、安心サポートパックに加入する必要があって、そこに加入すれば月額料金550円を払い続けていかなければなりません。

谷

安心サポートパックにさえ入っていれば、たとえ利用者側の過失によるものであっても、内容次第では端末交換に無料で対応してくれます。

このオプションに入っていない時に端末を故障させたり、紛失させてしまった場合は、あくまでも端末はレンタルで使わせてもらっているものなので、当然ながら弁済費用が発生します。

具体的にいくら請求されるか記載されていませんが、端末無料としていないプロバイダが請求するモバイルWi-Fiの端末代金は15,000円程度程度なので、それ以上の料金は請求されると思っておいた方がいいです。

フリーランスWi-Fiの事務手数料や初期費用は?

フリーランスWi-Fi 16

谷

フリーランスWi-Fiの初期費用は4,400円です。

一般的にモバイルWi-Fiの初期費用の相場は、事務手数料分の3,300円とされています。

プロバイダによっては、初期費用として事務手数料以外に端末登録手数料などが請求されるところもあれば、逆に初期費用が0円のところもあります。

ただ、フリーランスWi-Fiに関しては初期費用の内訳が明らかにされていません。

そのため、事務手数料が3,300円なのかはっきりせず、事務手数料だけでない費用が発生しているのなら、どういった内容のもので料金が発生しているのかが不透明な状態です。

端末料金はかからないので、端末料金を請求するプロバイダよりかは初期費用が安いですが、それでも初期費用の内訳の不透明さは、運営に対する安心感が持てない要因の1つになっていると言えます。

費用の内訳が不透明だと安心感に欠けちゃいますね。

フリーランスWi-Fiでオンラインゲームはできる?

フリーランスWi-Fi 17

フリーランスWi-Fiでオンラインゲームができるかどうかは、そのゲームのグラフィックや何人のプレイヤーを同じ空間で同時に動かしているかによって変わってくると考えられます。

グラフィックに優れたゲームであれば、それだけ綺麗にゲーム画面を映し出すための解像度の高い処理が行えるくらいの通信速度が求められます。

また、FPSのようなバトルロワイアル形式のゲームだと、同じ空間に何十人ものプレイヤーが動いている状況がリアルタイムで自分の画面上に表示される必要があって、その分どうしても高速な通信速度が求められます。

谷

フリーランスWi-Fiを使って、オンラインゲームをプレイする予定がある方は、そのゲームを十分にストレスなく遊ぶためにはどのくらい速い通信速度が必要なのかをはっきりして、その上で契約するかどうか判断することが大切です。

フリーランスWi-Fiのセキュリティは安全?

フリーランスWi-Fi 18

フリーランスWi-Fiにはセキュリティ性を高めるオプションがあります。

それが「セキュリティマルチライセンス」というもので、月額料金330円、1年あたり3,960円で利用できるオプションです。

これはフリーランスWi-Fi独自のものではなく、料金を支払うことで企業や官公庁、教育機関で利用できるようになるセキュリティソフトで、ウイルスや不正アプリ、ウェブサイトの閲覧に対する防御力の高さが特徴的です。

また、機器の紛失や盗難時に個人情報を削除できるため、何かトラブルが発生して個人情報を盗まれるリスクを最小限に抑えられます。

谷

ただ、このソフトの具体的な評価や評判などがあまりまとめられていないことから、その良し悪しも不透明な状態なので、完全に安心安全で使えるインターネットだとは断言できないということを忘れずに契約を検討してみてください。

フリーランスWi-Fiの安心サポートって?

フリーランスWi-Fi19

お客様の過失によって発生した本体あるいは付属品を、弁済金0円で新たな端末に交換するサービスがフリーランスWi-Fiの安心サポートパックです。

何か問題があった際に、15時までに代替機の交換を申し出れば、早くて当日中に端末が発送されますが、15時を過ぎると発送が翌日以降になる点に注意してください。

また、安心サポートパックは契約してから途中で追加したり、解除することはできません。

つまり、思ったよりも安心サポートパックは料金が高かったから、翌月からは解約して月額料金を安く抑えようということができないということですね。

それは他のオプションにも言えることで、フリーランスWi-Fiの契約に失敗しないためにも、契約時に使いたいオプションを選択してから変更は対応できない点を忘れないようにしてください。

フリーランスWi-Fiのクーポンコードは一切ないの?

フリーランスWi-Fi20

フリーランスWi-Fiにはクーポンが一切ありません。

それ以前に、Webでの申し込みの画面にクーポンコードを入力するような画面さえ表示されません。

他のモバイルWi-Fiだと非公式サイトなどであれば、当サイト限定という形でクーポンコードが記載されていて、申し込み時にそれを使えば、よりお得に契約できるところもあります。

しかし、フリーランスWi-Fiはお得に利用することはできても、お得に契約するサービスは端末代金が無料というもの以外一切ありません。

谷

月額料金が安くて使いやすいというのは間違いないのですが、それ以上にお得にするいわば裏技のようなものは用意されていません。

フリーランスWi-Fiの申し込み方法は?

フリーランスWi-Fi21

谷

フリーランスWi-Fiは実店舗を構えることなく運営しているインターネットサービスなので、申し込み方法はWebのみとなっています。

フリーランスWi-Fiの申し込みの手順は以下の通りです。

フリーランスWi-Fiの申し込みの手順
・フリーランスWi-Fiの公式サイトを開く
・料金プラン、オプションを選択する
・メールアドレスを入力する
・契約者情報を入力する

1つずつみていきます。

フリーランスWi-Fiの公式サイトを開く

谷

フリーランスWi-Fiの公式サイトから契約の申し込みができます。

フリーランスWi-Fiの公式サイトを開くと、赤色で大きな文字で「申し込む」と書かれたバナーが画面上に表示されています。

そこをクリックして、申し込みたいプランや契約内容を選択していきます。

料金プラン、オプションを選択する

画面が切り替わったら、15GB、30GB、60GBのいずれかの契約プランを選択し、安心サポートパックなどの4種類のオプションから付けたいものにチェックを入れます

すると、選んだものに応じて画面の「選択内容」と書かれたところに、選択プランと合計月額費用が表示されます。

谷

選択内容の確認画面が表示されるので、自分の契約したい内容で間違いなかったら、そのまま「フリーランスWi-Fiを申し込む」をクリックします。

メールアドレスを入力する

画面が切り替わって、フリーランスWi-FiのWi-Fiマイページの登録手続きの画面が表示されます。

仮登録のメールを受け取って、そのメールに記載のリンクから本登録をする必要があるので、普段使っているメールアドレスを入力して、「仮登録メール送信」をクリックします。

もしメールが受信できていなかったら、迷惑メールをチェックしたり、受信拒否アドレスをチェックしてみてください。

契約者情報を入力する

谷

最後に契約者情報を入力していきます。

一通り入力し終わったら、入力情報の確認画面が表示されます。

よく確認して問題なければWi-Fiマイページの登録が完了します。

これでフリーランスWi-Fiの申し込みも完了です。

沖縄でも繋がる?

フリーランスWi-Fi22

フリーランスWi-Fiは沖縄でも、その周辺にある宮古島などのエリアでも繋がる場所もあれば、繋がらない場所もあります。

フリーランスWi-Fiのインターネット回線はソフトバンクから使わせてもらっている形なので、ソフトバンク回線がどの程度の広さのエリアの通信を網羅しているのかによって変わってきます。

山間部が多い場所だと、提供エリアの範囲外となってしまうところが多くなってしまい、それは本州でも沖縄でも変わりません。

フリーランスWi-Fiだけでなく、スマホやモバイルWi-Fiの契約を進める前には、自分の住んでいる地域のエリアあるいはよく出かけるエリアが、契約する予定のプロバイダの回線の提供エリアになっているかどうかを調べておく必要があります。

提供エリアの情報が公式サイトで調べられるところもあれば、インフォメーションセンターなどで確認をする必要があるところもあります。

契約してから提供エリアの範囲外が生活圏内になっていることが多いという事実が判明すると、乗り換えにかかる手間が大きな負担になってしまいます。

谷

提供エリアの部分も意識して、契約するインターネットサービスを定めていった方がいいです。

 

フリーランスWi-Fiの評判や口コミは?

フリーランスWi-Fi23

フリーランスWi-Fiを実際に利用している方からは、以下のようなコメントが投稿されていました。

契約期間に縛りがないのが良いね。

オンライン会議にも使えるのか。

フリーランスWi-Fiは契約期間に定めがなくて解約しやすい点、あまりデータ通信量を必要としない方にとって使いやすい点、月額料金が安い点が高く評価されていました。

契約期間が定められていなくて、解約しやすいというのは、お得に契約するというよりリスクヘッジのための契約だと感じる方もいるかもしれません。

しかし、単純に契約期間があるプロバイダとそうでないプロバイダを比較した時に、契約期間のないプロバイダの方が自由に動けるというプラスな捉え方をしている方が多い印象です。

また、ギガ放題のようなとにかくたくさんデータ通信量を使いたい方には向いていませんが、そこまで多くのデータ通信量は必要ないという方にはかなり使い勝手の良いプロバイダとして人気のようです。

その使い勝手の良さは月額料金の安さも起因していて、一般的にモバイルWi-Fiの月額料金は4,000~5,000円が相場ですが、フリーランスWi-Fiはそれよりも安い点に注目が集まっています。

 

まとめ:フリーランスWi-FiおすすめモバイルWi-Fiを比較

フリーランスWi-Fiは他のモバイルWi-Fiと比較してどういった点が優れているのかを以下の表をもとに解説して、フリーランスWi-Fiの強みや特徴をまとめていきます。

フリーランスWi-Fi

縛りなしWi-Fi

GMOとくとくBB
WiMAX

月額料金<安心サポートパック付きプラン>
・15GB/月:3,630円
・30GB/月:4,180円
・60GB/月:5,500円
<安心サポートパックなしプラン>
・15GB/月:3,080円
・30GB/月:3,630円
・60GB/月:4,950円
<縛りなしプラン>
・スタンダードプラン:3,366円(40GB/月)
・メガプラン:3,575円
(50GB/月)
・ギガプラン:3,630円
(60GB/月)
・100ギガプラン:3,960円(100GB/月)
・WiMAXプラン:4,730円(100GB/月)
<1年縛りプラン>
・スタンダードプラン:3,190円(40GB/月)
・メガプラン:3,278円
(50GB/月)
・ギガプラン:3,300円
(60GB/月)
・100ギガプラン:3,630円(100GB/月)
・WiMAXプラン:4,378円(100GB/月)
<3年縛りプラン>
・スタンダードプラン:2,926円(40GB/月)
・メガプラン:3,025円
(50GB/月)
・ギガプラン:3,080円
(60GB/月)
・100ギガプラン:3,410円(100GB/月)
・WiMAXプラン:3,960円(100GB/月)
ギガ放題プラン
1~2ヶ月目:3,969円
3~36ヶ月目:4,688円
ライトプラン
1~36ヶ月目:3,969円
最大通信速度上り:37.5Mbps/50Mbps
下り:112.5Mbps/150Mbps
上り:75Mbps/37.5Mbps
下り:440Mbps/612Mbps
上り:75Mbps
下り:440Mbps
特徴・契約期間なし
・月額料金が安い
・少量から選べる
・契約期間なし
・月額料金が安い
・プランが豊富
・通信速度が速い
・キャッシュバック
キャンペーンあり
・通信速度が速い
谷

1つずつ見ていくと、月額料金はフリーランスWi-Fiと縛りなしWi-Fiがかなり安くて、GMOとくとくBBが相場程度の料金となっています。

契約プランやキャンペーンの仕組みに着目すると、フリーランスWi-Fiは15GBとおうデータ量が少量のものから契約できるので、無駄な料金を払うリスクを減らせます。

縛りなしWi-Fiは契約期間に縛りを設けるかどうか、月のデータ通信量によって豊富なプランが用意されていて、多くのユーザーのニーズに答えやすいです。

GMOとくとくBBは月額料金は2つのプロバイダより高いものの、キャッシュバックキャンペーンで最大30,000円近くもらえるので、それでかなりお得に契約できます

通信速度については、WiMAXのWX06という端末やソフトバンクの601HWという端末が契約できる分、縛りなしWi-Fi、次いでGMOとくとくBB、フリーランスWi-Fiという順で通信速度が速いです。

他にも、契約期間なしのプランがあるのはフリーランスWi-Fiと縛りなしWi-Fiだけで、GMOとくとくBBは3年契約となっていて、途中で解約してしまうと解約違約金が発生してしまいます。

ここまでのことをまとめると、フリーランスWi-Fiは他の2つのプロバイダに対して、すべてのプランで契約期間がなく、少量のデータ通信量から契約できるという点で優れていることがわかります

他の2つのプロバイダの特徴や強みを押さえた上で、どれが自分にとって合うプロバイダなのかをよく考えた上でモバイルWi-Fiの契約を進めていってください。