機種・端末

どこよりもWi-Fiはおすすめ?メリット・デメリットや他社との比較を徹底解説

どこよりもWi-Fi

どこよりもWiFiというサービスを聞いたことがありますか?これは、モバイルWiFi端末のレンタルサービスです。大容量&独特の節約しやすい料金体系が特徴です。

本記事では、名前だけ聞いたことがある方や、契約しようか迷っているという方に向けて、どこよりもWiFiとは、一体全体どのようなサービスなのか、詳しく解説します。この記事でわかることは、整理すると以下の通りです。

この記事でわかること
・どこよりもWiFiの基礎知識
・他のサービスと比較して、何が違うのか
・メリット・デメリット
・どのような方に向いているのか

※本記事に記載の金額は、全て税込み価格です。

 

どこよりもWi-Fiとは?

どこよりもWi-Fiとは?

出典:どこよりもWiFiホームページ

運営会社株式会社Wiz
サービス開始年2019年11月8日
データ容量100GB/200GB
通信速度下り150Mbps/上り50Mbps
月額料金900~3400/900~4400
初期費用3300

どこよりもWiFiの大きな特徴は、以下のようになります。

  1. 200GBの場合クラウドSIM端末が利用できカバーエリアが非常に広い
  2. 100GB・200GBの大容量プラン
  3. 階段制の料金体系=使ったデータ容量ごとの料金なので、使った分だけ支払い
  4. 縛りなしプランあり

これらの特徴により、他のサービスよりも大容量でありながら、コストも抑えて利用することができて、使い勝手がいいです。例えば、学生は試験期間にインターネットができなくなることが多いですが、そんなときは、利用料金を最小で900円まで抑えることができます。

一転して、夏休みになったら、ゲームやインターネットで大容量通信をして遊びたくなるでしょう。この場合も契約は一切変更することないままで大丈夫です。

 

どこよりもWi-Fiを契約する4つのメリット

どこよりもWi-Fiを契約する4つのメリット

ここでは、メリットを見ていきましょう。特に利用者にとって重要な4つのメリットを紹介します。

  • 大容量の200GBプランがある
    契約期間なしの縛りなしプランがある
    海外でも利用可能
    提供エリアが広い

大容量の200GBプランがある

大容量の200GBプランがある

他のサービスでは、100GB以下のプランが多いところ、どこよりもWiFiでは、最大200GBのプランがあります。他社と比較してもかなり容量は多いので、容量重視の方にもおすすめです。

契約期間なしの縛りなしプランがある

縛られない品物

容量無制限サービスでは、契約年数が2年~3年のものが多いです。その中で、どこよりもWiFiは縛りなしの契約もできるので、ライフプランに適した契約にできるので、便利です。

遊べる時期と遊べない時期に極端な違いがあったり、契約がいつ終わるかわからない方にとって、強みになります。この特徴からすると、特に学生に向いています。

海外でも利用可能

海外でも利用可能

法人向けの200GBプランの場合、海外でも利用可能なクラウドSIM端末をレンタルすることになります。海外での利用日数に関しては、課金額が変化します。1日858円(税込み)/500MBです。

国内利用よりもかなり高額になるので、支払い余力に注意しましょう。ローミング契約やSIMカード交換など不要な点が便利です。

提供エリアが広い

提供エリアが広い

200GBプランの場合、クラウドSIM端末なので国内大手3社(Softbank・docomo・au)の回線を自動切換えで使用。3社のカバーするエリア全てで通信ができます。

これは平面的に見て広いというだけでなく、商業施設の中に入ったときにもつながりやすいという特徴があります。その他のプランの場合は、docomo回線のみの利用になります。とはいえ、決してdocomoのカバーエリアが他のキャリアに比較して狭いわけではありません。

クラウドSIM端末の場合、カバーエリアが非常に広い、ということです。

 

どこよりもWi-Fiを契約する3つのデメリット

恐ろし気な部屋

今度は、デメリットについて見ていきましょう。特に問題があると思われる3つのデメリットを紹介します。

  • キャッシュバックなどのキャンペーンがない
    対応回線がドコモのみになった
    データ容量によってはよりリーズナブルなプロバイダがある

キャッシュバックなどのキャンペーンがない

寂しそうなコイン

キャッシュバックなどの大型割引キャンペーンはありません。2年契約だと縛りなしよりも500円安くなりますが、競合他社と比較して通常プランがやや高めの水準なので、2年割引を適用したとしても、特別安いという水準ではありません。

利用データ量が20GB以下の場合に限り、月額利用料は3000円を下回るので、最安値水準になります。

対応回線がドコモのみになった

対応回線がドコモのみになった

これは100GBプランの話です。100GBプランでは、クラウドSIM端末のレンタルは無くなり、JT101のみの提供となりました。これは、docomo回線のみ接続できます。カバーエリア自体は他の特定キャリア端末をレンタル・再販するサービスと同程度です。

データ容量によってはよりリーズナブルなプロバイダがある

データ容量によってはよりリーズナブルなプロバイダがある

どこよりもWiFiは、最大100GB・200GBである代わりに、最安値というわけではありません。特にデータ容量がそれほど必要ない場合は、もっと安いプロバイダを利用できます。また、格安SIMという選択肢もあります。

月間50GB以下なら「縛りなしWi-Fi」がおすすめ

月間21~50GBのデータ量で済む方の場合、縛りなしWiFiの方が月額利用料金が安くなります。ですから、このような方には縛りなしWiFiをおすすめします。名前の通り、契約期間の縛りがありません。

 

どこよりもWi-Fiはおすすめ?他社のモバイルWi-Fiを比較

どこよりもWi-Fiはおすすめ?他社のモバイルWi-Fiを比較

ここでは、どこよりもWiFiと他社サービスを比較します。どこよりもWiFiと縛りなしWiFiが、利用料金の安さでやや抜きんでていることがわかります。

サービス名どこよりもWiFiBroad WiMAX縛りなしWiFiカシモWiMAX
回線docomo
クラウドSIM
UQSoftbank
UQ
UQ
データ容量100GB/200GB制限なし制限なし制限なし
通信速度下り150Mbps
上り50Mbps
WX06:
下り440Mbps/上り75Mbps

W06:
下り1.2Gbps/上り75Mbps
W05:
下り758Mbps/上り112.5Mbps

601HW:
下り612Mbps/上り37.5Mbps
WX06:
下り440Mbps/上り75Mbps

W06:
下り1.2Gbps/上り75Mbps
月額料金100GB:900~3400
200GB:900~4400
1~2か月 2999
3~24か月 3753
25か月以降 4413
3630初月1518
2か月目以降 3971
キャッシュバックなしなしなしなし
初期費用・
契約事務手数料
3300330033003300
契約年数なし3年なし3年

 

どこよりもWi-Fiの3つの注意点

どこよりもWi-Fiの3つの注意点

どこよりもWi-Fiを利用する上での3つの注意点を紹介します。

  • 通信制限がかかるとかなり不便
    WiMAXよりも通信速度は遅い
    端末の破損時の弁済金が高額

通信制限がかかるとかなり不便

通信制限がかかるとかなり不便

どこよりもWi-Fiは、通信制限がかかると、通信速度が128kbpsまで低下します。これは支障なく利用できる用途が非常に限られてしまうので、かなり不便です。この制限は多くのキャリアで採用されており、速度制限の中で最低水準です。

WiMAXよりも通信速度は遅い

WiMAXよりも通信速度は遅い

どこよりもWi-Fiでは、JT101という端末をレンタルすることになります。通信速度は下り150Mbps/上り50Mbpsです。WiMAX端末は最大下り1.2Gbpsですから、かなり速度に差があります。

ただし、実際はベストエフォート方式なので、JT101の通信速度でも問題はありません。下り150Mbpsといえばどんな高画質ストリーミング配信でも視聴できる数値です。見た目の落差に騙されず、実測値でどの程度なのか、という点に注意しましょう。

端末の破損時の弁済金が高額

端末の破損時の弁済金が高額

端末の破損時の弁済金は、19800円です。かなり高額ですね。端末補償オプションなら月額440円で交換&代替え機貸出サービスをしてくれます。ただし、紛失・盗難・経年劣化の場合は対象外とありますので、扱いには注意が必要です。

 

どこよりもWi-Fiの契約から受け取りまでの流れ

どこよりもWi-Fiの契約から受け取りまでの流れ

どこよりもWi-Fiの契約から受け取りまでの流れを以下に示します。

手順1.Web申し込み

手順1.Web申し込み

出典:どこよりもWiFiホームページ

どこよりもWi-Fiのホームページより、申し込みを開始します。支払い方法はクレジットカードのみです。プランについての情報を入力すると、自動計算結果が表示されるので、わかりやすいです。このとき、”発送希望日”を翌日以降で選択できます。

手順2.端末受け取り

手順2.端末受け取り

申し込み完了後、希望発送日にレンタル端末が発送されますので、受け取りましょう。受け取ったら同梱品が全て揃っているか、そして傷の有無をしっかり確認しましょう。梱包から出したらすぐ、端末の写真を撮っておくのがベストです。

手順3.利用開始

手順3.利用開始

同梱のマニュアルに沿って簡単に端末を設定します。設定は簡単なので、その後すぐに利用開始できます。

 

どこよりもWi-Fiについてのよくある質問

どこよりもWi-Fiについてのよくある質問

ここでは、どこよりもWi-Fiについてのよくある質問を紹介します。

どこよりもWi-Fiの評判や口コミは?

どこよりもWi-Fiの評判や口コミは?

一番評価が高いのは、節約しやすい料金体系です。ライフスタイルに合わせて必要最小限のコストで利用できる点について、喜ばれています。

どこよりもWi-Fiの通信速度は?

どこよりもWi-Fiの通信速度は?

下り150Mbps/上り50Mbpsです。

どこよりもWi-Fiが繋がりにくいときの対処法は?

どこよりもWi-Fiが繋がりにくいときの対処法は?

回線が混雑していることが考えられます。利用回線はdocomoなので、周辺にdocomo利用者が多い場合や、事業者側回線が混雑していたり、接続先サーバーにアクセスが集中していることなどが考えられます。利用場所・時間帯を変えてみて、繋がりやすい環境を探しましょう。

どこよりもWi-Fiの解約金や違約金は?

どこよりもWi-Fiの解約金や違約金は?

2年契約プランの場合、24か月未満での違約金は10450円です。通常プランの場合は縛りなしですので、違約金はありません。

どこよりもWi-Fi以外のおすすめモバイルWi-Fiは?

縛りなしWiFi

出典:縛りなしWiFiホームページ

どこよりもWiFiは、大容量である以上に、”縛りなしで契約できる”という点が重要です。なぜなら、ライフプランに合わせて、他サービスへの乗り換えや契約終了できるので、月額利用料の大小以上の大きなメリットがあるからです。

そこで、同じ縛りなし契約可能なサービスを比較したとき、『縛りなしWi-Fi』が最安値の水準になります。また、縛りなしWi-Fiで利用できる端末はSoftbank・UQの端末なので、どこよりもWi-Fiよりも仕様上の通信速度が高いものが多くラインナップされています。

ですから、どこよりもWi-Fi以外でおすすめのモバイルWi-Fiは、縛りなしWiFiです。

 

まとめ:ネットをたくさん利用する人は200GBプランがあるどこよりもWi-Fiがおすすめ

まとめ

どこよりもWiFiは最大200GBでありながら、低価格の料金体系と言えます。なぜなら、他のサービスでは200GB使わなくても同じ月額料金を支払わなければならないのに対して、どこよりもWi-Fiでは、使った分の価格帯での支払いになるからです。

その結果、毎月上限いっぱいまで使う人以外は、実質的に他のサービスよりも割安になることが多くなります。これは、利用の実態と利用料金がマッチした契約になるため、利用者にとって、とても納得のいく料金体系と言えます。

頻繁に大容量通信をする傾向が強い人や、データ量の増減が激しくむらがある人に特におすすめです。

 

 

【徹底比較】ポケットWi-Fiの人気おすすめランキング10選
おすすめのポケットWi-Fiを紹介します。 ポケットWi-Fiサービスは、多数の事業者がサービスを提供しています。 本記事では、その悩みを解決し、自分で最適なWi-Fiサービスを選べるようになるために必要な情報を提供します。