Wi-Fiの特徴WiMAX

WIMAXのホームルーターは便利じゃない?キャリア3社と詳細比較

モバイル回線として人気のあるWiMAX。WiMAXからもホームルーターが発売されていて、固定回線が引かれていない自宅にも、インターネット環境を導入できます。

今回、WiMAXのホームルーターについてまとめてみます。以下のようなことがわかります。

【この記事でわかること】
・WiMAXのホームルーターってどんなもの?
・WiMAXのホームルーターのメリットとデメリットについて
・他社の「home 5G」といったホームルーターとの違いについて
・WiMAXのホームルーターの注意点とよくある質問について

WiMAXのホームルーターはイメージしづらい点もあると思いますが、この記事で疑問を払拭したいと思います

WiMAXのホームルーターってどうなの?

間野優希
間野優希

テレワークといった用途ではすごい便利です。

  1. WIMAXのホームルーターの特徴|今更聞けない基礎情報
  2. WIMAXのホームルーターのメリット|WiMAXならではの利点は?
    1. 開通工事が無料で簡単
    2. 端末代は無料で利用可能
    3. 下り最大1Gbpsに対応
  3. WIMAXのホームルーターのデメリット|この部分は見過ごせない
    1. WiMAX回線は3日間10GB制限がある
    2. 1Gbpsになる条件が厳しい
    3. WiMAX回線は状況によって繋がりにくくなる
  4. WiMAXのホームルーターは他社のホームルーターとどんな差がある?
    1. ソフトバンクエアーとの比較:最大通信速度で使いたいならWiMAXのホームルーターがベター
    2. docomo(ドコモ)Home5Gとの比較:完全な使い放題ならhome 5Gがベスト
    3. auホームルーター5Gとの比較:通信端末はどちらも同等
  5. WiMAXのホームルーターの評判はどうなってる?|利用者からのリアルな口コミ
    1. 工事なしでインターネットを使えるWiMAXのホームルーターは快適
    2. 契約も簡単で利用開始が早い
    3. 電波が入りにくいところもある
    4. 通信制限がキツい
  6. WiMAXのホームルーターの注意点|検討前にはここをチェック
    1. 速度制限にかかる条件はプランによって違う
    2. 解約する際の違約金は高め
    3. プロバイダによっては5Gプランが申し込めない
  7. WiMAXのホームルーターに関するよくある質問は?
    1. wimaxの3日間速度制限を解除する裏ワザはないの?
    2. wimaxのホームルーターは遅いって聞くけど大丈夫?
    3. wimaxのホームルーターみたいにauのホームルーターは持ち運べない?
  8. WiMAXのホームルーターは大容量利用想定なら不向き|状況に合わせて選ぼう

WIMAXのホームルーターの特徴|今更聞けない基礎情報

特徴

WiMAXのホームルーターとは、主にWiMAX 2+やau 5Gを用いた通信規格に対応したホームルーターのことを指します

現在では、WiMAXの提供事業者・UQコミュニケーションズからau 5Gに対応したホームルーターが発売されていますが、以前まではWiMAX 2+といった通信技術をメインに使っていました。

WiMAXのホームルーターでは、無線によるインターネットが利用でき、ホームルーター1台を契約して自宅に設置することで、面倒な工事などを必要なしにコンセントに挿すだけで、インターネットが利用できると話題です。

競合他社の製品として、ソフトバンクの「SoftBank Air」、NTTドコモからは「home 5G」が挙げられます

間野優希
間野優希

ホームルーターは携帯電話のネットワークを利用し、インターネットができます。

WIMAXのホームルーターのメリット|WiMAXならではの利点は?

メリットについて

WiMAXのホームルーターのメリットとして、ホームルーターは開通工事が必要なく、WiMAXの電波が届くところに置けば、ホームルーターの端末1台を自宅に置けば、家中どこでもインターネット利用が可能です

さらに、Broad WiMAXのように、端末代は無料で利用可能なプロバイダもあり、下り最大1Gbps以上での通信もできます。

間野優希
間野優希

開通工事がないのはメリットです。

開通工事が無料で簡単

WiMAXのホームルーターは、WiMAX 2+、au 5Gの携帯電話ネットワークを利用してインターネット接続するため、自宅に固定回線を引き込むような工事は不要です

ただし、無線でのインターネット接続するため、WiMAX 2+とau 5Gのいずれかが使いたい場所でエリアに入っているのかどうかの把握が必要です。なお、au 4G LTEの接続も可能ですが、月15GBまでの制限があります。

これは、提供事業者のUQコミュニケーションズのサイトからのチェックが可能で、家電量販店などでのホームルーター購入の際には、必ずチェックが必要となります。また、Broad WiMAXなどでの申込みの際にも、必ず使いたい場所がエリア内かどうかは把握するようにしてください。

間野優希
間野優希

人を自宅に上げたくないという方にはホームルーターをおすすめします。

端末代は無料で利用可能

WiMAXのホームルーターは、端末代が無料で使えることが多いようです。

Broad WiMAXといったプロバイダなら、3年契約を締結することで、端末が無料になりますし、ヨドバシWiMAXでは、端末代金がかかるものの、毎月の実質負担額が少ない額となります。

WiMAXのホームルーターが完全に無料になることは難しいですが、Broad WiMAXのように3年もの長期契約を締結すれば、無料で利用可能となります。

ただし、3年契約の途中で契約を解除する場合、端末代の残債など高額な違約金が請求されることもありますので、契約の際には、契約条件などをしっかりと確認するようにして下さい。

また、プロバイダによっては、2年契約で済む場合もあります。

間野優希
間野優希

ホームルーターは長期契約ならお得です。

下り最大1Gbpsに対応

WiMAXのホームルーターでは、5G対応機種の場合、2Gbps以上の通信に対応します

これは、au 5G対応エリアで使った場合となりますが、WiMAX 2+エリアでの高速のデータ通信に対応します。

なお、au 5G対応エリアは、時間を重ねるごとにエリアが広がっていて、都市部の住宅街でも利用できることが増えてきました。

また、WiMAX 2+エリアは、青森県や鳥取県といった地方でもカバーされていて、電波の特性上、建物内では受信できないこともありますが、窓際などにホームルーターを設置することで、高速インターネット接続が利用可能となります。

どちらにしても、実測値は50Mbpsを超えることが多いので、ADSLからの乗り換え先としてもベストです。

間野優希
間野優希

ADSLよりも高速で良いですよ!

WIMAXのホームルーターのデメリット|この部分は見過ごせない

デメリット

WiMAXのホームルーターには、デメリットもあります。電波を使ったサービスの特徴から、仕方ない部分もありますが、3日15GB制限などが気になる方は、固定回線を引くことをおすすめします。

また、au 5Gではなく、WiMAX 2+使用時には、電波の特性上、ホームルーターで利用しづらいこともあるので、気をつけて下さい。

間野優希
間野優希

ホームルーターを契約する際はデメリットも考えて下さい。

WiMAX回線は3日間10GB制限がある

WiMAX 2+自体には、WiMAX 2+回線でのインターネット接続において、3日間で10GBの制限がありました。なお、au 5Gを利用できるようになった今日では、3日15GBに緩和されています。

これは、WiMAX 2+およびau 5G回線にて、3日間で15GBを超えた通信を実施した場合、翌日18時頃から翌々日2時頃まで通信制限がかかります。速度は、1Mbpsで、動画閲覧サイトも厳しくなります。イメージとして、NTTドコモの4Gの「ギガホ」の速度制限の状態と同等です。

なお、テレワークといった日中の時間帯の利用は、ほとんど無制限といっても過言ではないので、WiMAXのホームルーターをテレワークやリモートワーク利用で使っている方は、この制限は気にならないと思います。

間野優希
間野優希

夜間の利用には注意が必要です。

1Gbpsになる条件が厳しい

現在でもau 5G非対応のWiMAX 2+のみのホームルーターを販売しているプロバイダもありますが、その場合、1Gbpsになる条件は厳しいと言えます

そのルーターで1Gbps以上の通信を利用する場合、au 4G LTEも利用できるモードに設定した上で、WiMAX 2+の電波と “キャリアアグリゲーション” を利用しなければなりません。

現在は、au 5Gが使えるホームルーターの場合、5Gエリアで使っていれば、特に設定無しに1Gbps以上の速度の通信が可能ですが、まだまだWiMAX 2+のみのホームルーターを提供しているプロバイダもあるので気をつけて下さい。

どちらにしても、au 5Gを使えるホームルーターを契約するほうがベターです

間野優希
間野優希

将来的にも5Gのホームルーターの契約がベストです。

WiMAX回線は状況によって繋がりにくくなる

WiMAX回線は、WiMAX 2+とau 5Gともに状況によって繋がりにくくなることもあります

やはり、限られた資源である電波を使ったことから、多くのユーザーが一斉に通信すると速度が遅くなってしまいますし、基地局から先のコアネットワークへ続く物理回線も混雑すると、速度が遅くなります。

時間帯としては、平日夜から休日にかけて遅くなるようです。とは言っても、完全に繋がらなくなる訳ではないので安心して下さい。

UQ側では、対策を取っているようですが、あくまでも固定回線と異なり、通信速度が遅くなってしまうことも認識するようにして下さい。

最近では、通信容量に余力があるau 5Gが展開されていますが、まだまだWiMAX 2+が主流なため気をつけて下さい。

間野優希
間野優希

電波の特性上、仕方ない部分もありますが、最近は改善が見られています。

WiMAXのホームルーターは他社のホームルーターとどんな差がある?

比較

ここでは、WiMAXのホームルーターと他社のホームルーターを比較してみます。

なお、WiMAXのホームルーターは、5Gに対応しているWiMAX+5Gのホームルーターといたします。

サービス名WiMAX

ソフトバンクエアー

docomo home 5G

auホームルーター5G

月額料金月額4,708円月額5,368円月額4,950円月額5,170円
端末名称Speed Wi-Fi HOME 5G L12Airターミナル4/4 NEXThome 5G HR01Speed Wi-Fi HOME 5G L12
初期費用3,300円3,300円3,300円3,300円
通信速度下り2.7Gbps下り612Mbps下り4.2Gbps下り2.7Gbps
縛り期間3年(Broad WiMAX契約時)3年(割賦残債が実質的な違約金)なし(一括購入の場合)3年(割賦残債が実質的な違約金)
キャッシュバックなし15,000円キャッシュバック15,000dポイント付与なし

表にまとめてみましたが、ソフトバンクエアーやWiMAXのホームルーター、ドコモのhome 5G、auホームルーター5Gでは、端末代金を割賦で購入するものの、そこから一定額が割引される形態となります。

そのため、3年でルーターの割賦を支払う契約になっている場合、中途解約するときには、残りの割賦代金が実質的な違約金となります

なお、改正電気通信事業法の施行で、大手キャリアでは、2年・3年縛りは実質的に禁止となりましたが、Broad WiMAXといった中小のプロバイダでは、3年縛りは認められているため、縛りなしの契約を希望される際には、キャリアショップなどでNTTドコモ・ソフトバンク・auの回線を直で取り扱っているところと契約するようにして下さい。

また、ソフトバンクエアーとドコモのhome 5Gではそれぞれキャッシバックとポイント進呈のキャンペーンも実施されていました。auのホームルーター5GやWiMAXのホームルーターでは、別途利用料金からの割引も実施されています。

間野優希
間野優希

3年契約が前提なことが多いので、ホームルーター選びはしっかりとするようにして下さい。

ソフトバンクエアーとの比較:最大通信速度で使いたいならWiMAXのホームルーターがベター

ソフトバンクが提供する「SoftBank Air」とWiMAXのホームルーターと比較すると、WiMAXのホームルーターのほうが利用可能エリアが広いようです

というのも、WiMAXとSoftBank Airでは、同じバンド41という周波数帯の電波を用いていますが、最新のau 5Gに対応したWiMAXのホームルーターでは、バンド1とバンド3の電波を合わせて使えます。

なので、WiMAXのホームルーターのほうが利用可能エリアが広く、自宅に設置した際に使える可能性が高いと言えます。

なお、SoftBank Airでは、いつも通信速度が遅いと言われており、少しでも良い通信状況で使いたい場合、WiMAXのホームルーターを契約するのがベターです。

間野優希
間野優希

SoftBank Airはあまり良い評判を聞きません。

docomo(ドコモ)Home5Gとの比較:完全な使い放題ならhome 5Gがベスト

ドコモのhome 5GとWiMAXのホームルーターと比較すると、ドコモのhome 5Gは完全な無制限を実現しているものの、WiMAXのホームルーターでは、3日15GBの制限があります

WiMAXのホームルーターでは、制限は、3日間で15GB以上の通信を実施すると、翌日18時頃から翌々日2時頃まで1Mbpsの通信制限となります。

ドコモのhome 5Gでは、現時点では完全に使い放題となっていて、どんなに動画などたくさん見ても、通信制限がかからないようです。

WiMAXのホームルーターと異なり、home 5Gでは、プラチナバンドの周波数帯の電波の利用でも無制限となっているので、電波が入りにくい住宅でも無制限で通信が可能です。

間野優希
間野優希

地方でホームルーターを使うなら、home 5Gがベターです。

auホームルーター5Gとの比較:通信端末はどちらも同等

WiMAXのホームルーターとauホームルーター5Gの両方は、提供元が前者はUQコミュニケーションズからとなっていますが、後者はKDDIから提供がされているようです。

端末も、WiMAXのホームルーターとauホームルーター5Gと同等品で、通信制限の設定なども同じようになっています

さらに、利用可能エリアもUQで提供されているWiMAXのホームルーターとauホームルーター5Gでも変わりがなく、違うのは、ホームルーターを購入できる場所という点のみです。

どちらにしても、auスマートフォンから料金値引きが受けられたりと、WiMAXのホームルーターと違いはありません。

なお、auホームルーター5Gは、auショップでも購入可能ですので、通信に詳しくない方でも対面で安心して購入できます。

間野優希
間野優希

家以外で使うなら、WiMAXのホームルーターがベターです。

WiMAXのホームルーターの評判はどうなってる?|利用者からのリアルな口コミ

口コミ

WiMAXのホームルーターについてのリアルな口コミをまとめてみます。

中には、工事不要で開通できて嬉しいという声や、思っていたよりも速く満足しているということや、悪い口コミとして、通信制限がウザいといった声も聞かれています

やはり、WiMAXのホームルーターを検討している方は、リアルな口コミを参考にして下さい。

間野優希
間野優希

口コミはかなり参考になります。

工事なしでインターネットを使えるWiMAXのホームルーターは快適

とあるTwitterユーザーによると、固定回線でありがちな回線敷設工事なしで利用可能なWiMAXのホームルーターですが、固定回線に並ぶ100Mbps以上の速度が出ておすすめとのことです

最近では、WiMAXのホームルーターもau 5Gに対応しているため、5Gエリア内なら、固定回線を超えるスピードが出るようです。なお、5Gエリアは最近拡大が進んでいて、都市部だけでなく、地方でも展開が実施されているようです。

やはり、100Mbps以上出れば、Netflixといった動画サブスクリプションサービスも快適に見れますし、オンラインストレージで、極端に重たいファイルのダウンロード・アップロードさえしなければ事足ります。

間野優希
間野優希

開通工事なしにNetflixが見れるのはいいですね。

契約も簡単で利用開始が早い

WiMAXのホームルーターは、インターネットもしくは家電量販店で申し込みをすると、すぐにインターネット接続が利用できるようになります

インターネットなら、即日発送が可能なプロバイダもありますし、ヨドバシカメラやビックカメラといった家電量販店なら、端末の在庫さえあれば、契約手続きが終了後、すぐに持ち帰ることも可能です。

ただし、申込みの際にあたっては、使いたい場所でのWiMAX 2+もしくはau 5Gの電波の展開状況についてのチェックが必要になることもあります。

また、WiMAXのホームルーターを自宅で使えなかった場合の初期契約解除として、クーリングオフについても受付がなされています。何かあった際にはこちらを検討してみて下さい。

間野優希
間野優希

開通工事は面倒なので、ホームルーターは便利です。

電波が入りにくいところもある

WiMAXのホームルーターでは、電波を利用してインターネット接続を実施します。基地局から飛んでいる電波をホームルーターでWi-Fiに中継し、インターネット接続ができるようになっています。

しかし、場所によっては、基地局からの電波が入りづらいところもあるのも否定できません。そのため、ホームルーターに電波が入りづらいといったことも十分あり得ます。

その際には、ホームルーターの置く場所を変えてみたりすることも必要です。

また、WiMAXのホームルーターを取り扱うUQコミュニケーションズでは、お試しサービス(Try WiMAX)も実施しているので、契約前にはそのサービスを使って、実際にWiMAXのホームルーターが使えるかどうか試してみることもいいでしょう。

間野優希
間野優希

本格的にWiMAXのホームルーターを検討するなら、Try WiMAXを利用してみて下さい。

通信制限がキツい

https://twitter.com/1R_XoX/status/1291007032863019009

WiMAXのホームルーターでは、3日間で15GBの通信制限がかかります。翌日18時頃から翌々日2時頃まで1Mbpsの通信制限となりますが、1Mbpsの通信制限は思っていたよりも遅いようです。

15GBも、動画視聴していても簡単に到達できてしまう数値ですし、オンラインゲームの大規模アップデートなどで使っていても、15GBはあっという間に使ってしまいます。

もちろん、日中の時間帯にデータをダウンロードしてしまえばいいですが、仕事が終わった平日の夜など、ゆっくりとNetflixを見たりする方も多く、通信制限は非常に悩ましい問題です。

通信制限が気になる方は、ドコモの「home 5G」を検討してみて下さい

間野優希
間野優希

3日で15GB制限は結構キツいです。

WiMAXのホームルーターの注意点|検討前にはここをチェック

注意

WiMAXのホームルーターの注意点についていろいろとまとめていきます。

速度制限にかかる条件はプランによって異なりますし、解約する際の違約金も高く設定されていることもあります。さらには、プロバイダによっては5Gプランが申し込めないといったこともあります

UQコミュニケーションズが提供するWiMAXのホームルーターですが、プロバイダが多数存在するため、対応はそれぞれ違います。契約する際には、必ずプロバイダのWebサイトを確認して下さい。

間野優希
間野優希

プロバイダによって価格も違います。

速度制限にかかる条件はプランによって違う

WiMAXのホームルーターにおいて、速度制限にかかる条件はプランによって異なります

5Gのギガ放題といったプランを使っている場合には、スタンダードモードで使用時において、3日15GB制限がかかる上、プラチナバンドを使ったau 4G LTE電波を使えるプラスエリアモードにおいては、プロバイダのプランによって、月15GBか30GBとなります。

また、WiMAX 2+のみのプランを受け付けているプロバイダでは、3日で10GB制限になっているところもあるようです。

UQコミュニケーションズ・KDDIでは、それぞれ条件が異なる場合もあるので、契約する際には、各プロバイダのWebページで通信制限の条件を確認して下さい。

間野優希
間野優希

プランによって条件が異なるので、必ず確認して下さい。

解約する際の違約金は高め

WiMAXのホームルーターを解約する際の違約金は高めとなります

Broad WiMAXのように、WiMAXのホームルーターの端末代が無料となるプロバイダもありますが、原則としてプロバイダと3年契約を結ぶこととなり、3年以内に解約した場合、高額な違約金がかかります。

ヨドバシWiMAXでは、端末代は分割で請求となっていますが、こちらも通信契約を解約する場合、残りの端末の残債について、一気に請求がなされます。

WiMAXのホームルーターは、やはり短期ではなく、長期で使うことを念頭に契約して下さい。短期間のみの使用なら、WiMAXのホームルーターのレンタルが可能なプロバイダも存在しますので、そちらを使ってみて下さい。

間野優希
間野優希

WiMAXのホームルーターを短期で使うなら、専門のレンタル業者を使ってみて下さい。

プロバイダによっては5Gプランが申し込めない

WiMAXのホームルーターを取り扱うプロバイダは、既に5Gプランの受付を開始したところが大半ですが、中には、中小のプロバイダでは、WiMAX 2+のホームルーターのみの受付で、まだ5Gプランが申し込めないところもあるようです

Broad WiMAXやGMOとくとくBB、ヨドバシWiMAXといったプロバイダでは、5Gでのホームルーターの契約が可能です。家電量販店でも、同じく5Gでのホームルーター契約ができます。

なお、中小の5Gが申し込めないプロバイダは、在庫一掃的な意味を込めて、高額なキャッシュバックの展開を行っているケースもあります。ホームルーターにおいて、5Gを取るか、キャッシュバックを取るかは、あなた次第です。

間野優希
間野優希

5Gが利用できないプロバイダは、キャッシュバックが高額ということもあります。

WiMAXのホームルーターに関するよくある質問は?

質問

ここでは、WiMAXのホームルーターでよくある質問について取り上げます

WiMAXの3日間速度制限を解除する裏ワザや、WiMAXのホームルーターの通信速度が遅いとされる理由や、WiMAXのホームルーターのように、auショップなどで契約できるauのホームルーターは持ち運べるのか、と対する疑問について答えていきます。

間野優希
間野優希

疑問をしっかりとこの記事で解消して下さい。

wimaxの3日間速度制限を解除する裏ワザはないの?

WiMAXの3日15GB制限は、原則として回避することはできません。日中や夜の時間帯に3日間で15GBを超過してしまった場合、翌日18時頃から翌々日2時頃まで1Mbpsの通信制限となります。

しかし、裏ワザではありませんが、この制限を逆にすると、2時から18時までは通信制限がかからないということになります

最近ではテレワークが増えてきていることから、2時から18時の時間に無制限で利用できることに対して、Zoom・Microsoft Teamsもリモートデスクトップも問題ありません。

夜間に動画などをたくさん見たいという方は、競合他社であるドコモのホームルーター「home 5G」を検討してみて下さい

間野優希
間野優希

日中のテレワークなら、WiMAXのホームルーターでも十分対応可能です。

wimaxのホームルーターは遅いって聞くけど大丈夫?

WiMAXのホームルーターが遅いというのは、WiMAX 2+の時代から聞かれていますが、au 5Gが利用できるようになった昨今では、ホームルーターに関しての速度の遅さは、あまり話題にならなくなりました

au 5Gは、都市部を中心にエリア展開がなされていて、東京23区・大阪市・名古屋市といったエリアでは、住宅街でもau 5Gが利用できるようになってきています。

そのため、5Gが受信できれば、少なくとも40Mbps以上も期待できるため、多くのユーザーが使うと思われるYouTubeやNetflixも問題なく閲覧可能です。

なお、WiMAX 2+の品質改善も積極的に行われていて、以前よりも、WiMAXのホームルーターに関して通信品質を気にする必要はないと言えます。

間野優希
間野優希

最近は通信品質も改善されてきました。

wimaxのホームルーターみたいにauのホームルーターは持ち運べない?

WiMAXのホームルーターでは、コンセント環境さえあれば、日本全国どこでも使える仕様になっていますが、auショップで契約するauのホームルーターは、指定した場所だけの利用となっています

WiMAXのホームルーターは、多少大きめですが、コンセント環境があれば、入院先の病院や帰省の際のインターネット環境の確保に使えます。しかし、auのホームルーターは自宅のみでしか使えません。

auのホームルーターはその代わり、プラスエリアモードが月30GBまで使えるようになっているため、自宅でしか使えないのはトレードオフとなっています。

もし、外出先で使いたいなら、WiMAXのモバイルルーターの契約も検討してみて下さい。バッテリー駆動のため、充電が面倒ですが、小回りが利く面もあるので、利用ニーズによってはかなり便利だと思います。

間野優希
間野優希

外出先で使うなら、モバイルルーターがおすすめです。

WiMAXのホームルーターは大容量利用想定なら不向き|状況に合わせて選ぼう

ホームルーターを使っている様子

WiMAXのホームルーターは15GB以上の通信を実施するなら不向きです。完全無制限のドコモの「home 5G」を検討したほうがベターです。

しかし、auスマホやUQモバイルを契約しているなら、WiMAXのホームルーターはベターなところもあります。家族で使っているなら、大幅な割引も受けられます。

とは言っても、コンセント駆動でのWiMAXのホームルーターは、家庭以外にも、入院中の病院、帰省先でも使えるのは魅力的です。モバイルルーターと異なり、バッテリーを心配せず使えるのも利点です。

WiMAXのホームルーターは工事不要で導入でき、非常に便利です。ぜひとも検討してみて下さい。

WiMAXのおすすめ9社を徹底比較!選び方や注意点も解説
WiMAXのおすすめ比較や用途別のおすすめプロバイダを9社紹介します。 契約の際のキャンペーンや料金など、比較して記載していますのでWi-Fi選びの参考にしていただければと思います。