機種・端末

それがだいじWi-Fiは繋がらない?特徴やメリット・口コミを徹底解説

それがだいじWi-Fiってどうなの?

2020年頃からテレワーク需要の高まったことを受け、大容量のデータを扱える回線を求める人が増加しました。ポケット型Wi-Fiサービスは、自宅にインターネット回線を引いてなくても、最短で翌日から利用可能なサービスとして、人気になりました。

そんなポケット型Wi-Fiサービスの中でも、それがだいじWi-Fiというサービスをご存じでしょうか。それがだいじWi-FiはクラウドSIMを使ったサービスで、最近注目されているサービスです。本記事では、それがだいじWi-Fiの特徴やおすすめユーザーに加えて、他社との比較も行います。

zonokan
zonokan

外資系IT企業の販売担当をしていた私が解説します。

【この記事でわかること】
・それがだいじWi-Fiの特徴、プラン
・それがだいじWi-Fiのメリット・デメリット
・それがだいじWi-Fiをおすすめしたいユーザー
それがだいじWi-Fiでは、当サイト限定のクーポンを発行中です。
100GBプラン契約時、毎月1,270円(税込1,397円) × 最大5ヶ月値引き
30GBプラン契約時、毎月1,050円(税込1,155円) × 最大5ヶ月値引き
※通常契約(2年契約)時のみ適用クーポンコード:com2205

お得にそれがだいじWi-Fiを契約されたい方は、ぜひお得なクーポンをご利用ください。
申し込み確認の「自動返信メール」には、クーポン情報を入力したことはわかりますが、金額などに反映はされておりません。
当日か翌日に発送の際の「発送の連絡メール」には、クーポンが反映された金額で、ご案内されます。
それがだいじWi-Fi問い合わせ専用電話050-3733-6446(平日11:00~18:00)
それがだいじWi-Fi問い合わせ専用フォーム
  1. それがだいじWi-Fiとは?
    1. それがだいじWi-Fi基本情報
    2. ソリューションネットワーク株式会社とは
    3. それがだいじWi-Fiの端末スペック
    4. それがだいじWi-Fiって繋がらないの?
    5. それがだいじWi-Fiの月額料金
    6. それがだいじWi-Fiの月間データ容量
    7. それがだいじWi-Fiで利用できる回線
  2. それがだいじWi-Fiの6つのメリット
    1. データ容量が月間100GBまで使える
    2. クラウドSIMで国内3大キャリアの回線が使用可能
    3. 海外での使用も可能
    4. 30GBプランなら月額3000円以下で利用できる
  3. それがだいじWi-Fiの4つのデメリット
    1. 100GBプランは他のポケット型Wi-Fiの方が安い
    2. 支払い方法がクレジットカードのみ
    3. クラウドSIMは過去に通信障害を起こしたこともあり繋がらないリスクも
  4. 契約すべき?それがだいじWi-Fiと他のポケット型Wi-Fiを比較
  5. 結論:それがだいじWi-Fiがおすすめな人
    1. 3日で10GBの通信制限を受けたくない人
    2. WiMAXの提供エリア外だった人
  6. それがだいじWi-Fiの気になるレビューや口コミ
    1. 【繋がらない?】それがだいじWi-Fiのレビューや口コミ
    2. それがだいじWi-Fiの料金面のレビューや口コミ
  7. それがだいじWi-Fiのお得な申込み方法
    1. 手順1.公式サイトの申し込みボタンをクリックする
    2. 手順2.プランを選択する
    3. 手順3.個人情報を入力する
  8. それがだいじWi-Fiに関するよくある質問
    1. それがだいじWi-Fiは遅い?通信速度は問題ない?
    2. それがだいじWi-Fiの解約方法は?
    3. それがだいじWi-Fiにクーポンはある?
    4. それがだいじWi-Fi以外におすすめのポケット型Wi-Fiは?
  9. まとめ:それがだいじWi-Fiは3日で10GBの制限を受けたくない人におすすめ
コールアクション
Wifiや光回線のご契約にお困りの方

コムナビの電話相談窓口をご利用ください

\電話で無料相談受付中/

フリーダイヤル
0120-991-339

【受付】9時〜20時 年中無休

それがだいじWi-Fiとは?

画像引用:業界最安クラスのお得なポケット型Wi-Fi|それがだいじWi-Fi|

それがだいじWi-Fiってどんなサービスなの?

先に、それがだいじWi-Fiの基本情報を紹介します。

それがだいじWi-Fi基本情報
運営会社ソリューションネットワーク株式会社
サービス開始年2019年
データ容量30GB、100GB
通信速度上り最大50Mbps、下り最大150Mbps
初期費用事務手数料3,300円
プランちょうどいいライトプラン、余裕を持って使える大容量プラン
縛り2年縛り
※解約違約金 9,900円(税込)
支払い方法クレジットカード

それがだいじWi-Fi基本情報

それがだいじWi-Fiは、ソリューションネットワーク株式会社が2019年からスタートしたポケット型Wi-Fiサービスです。ポケット型Wi-Fiサービスとしては後発のサービスで、もしかしたら不安になるかもしれません。

とはいえ、ソリューションネットワーク株式会社はもともと法人向けではありますが、携帯電話や固定回線などを中心とした事業を展開しているので、通信系のノウハウは持ち合わせています。

ソリューションネットワーク株式会社とは

ソリューションネットワーク株式会社は、設立は2007年3月19日、本社が福岡県にある会社です。ソリューションネットワーク株式会社は、もともとは法人携帯電話や固定回線、電力といった法人向けの商材、営業代行システムなどの販売を行っている会社です。

zonokan
zonokan

名前を聞いたことがない方がほとんどかもしれません。

それがだいじWi-Fiの端末スペック

それがだいじWi-Fiでは、Master RoamT6という端末を採用しています。

Master RoamT6の特徴
・クラウドSIM通信(docomo・au・SoftBank回線対応)
・最大10台同時接続可能
・毎月のデータ残量が分かる便利な液晶画面付き
・SIMフリー端末

残りの容量が液晶画面で確認できるのは分かりやすいね。

それがだいじWi-Fiって繋がらないの?

それがだいじWi-Fiが繋がらないの?

そんなことはありません。それがだいじWi-Fiが繋がらないと言われた理由は、株式会社グッド・ラックが提供していた「どんなときもWi-Fi」で、2020年2月からはじまった通信障害が影響しています

どんなときもWi-Fiではデータ容量無制限プランを提供していたのですが、テレワーク需要の増加に伴いユーザー数が想定以上まで増え、1人あたりのデータ利用量が増加してしまったことで、通信障害が発生しました。

その後はデータ容量を制限するなど対策を行ったものの、サービスの継続ができないと判断し、2020年10月31日を持ってどんなときもWi-Fiのサービスが終了しました。

それがだいじWi-FiとどんなときもWi-Fiは違うサービスですので、それがだいじWi-Fiが繋がらないということはありません

それがだいじWi-Fiの月額料金

それがだいじWi-Fiの月額料金は以下の表の通りです。

それがだいじWi-Fi
月額料金・30GBプラン:2,585円
・100GBプラン:3,267円
※データ量追加
・2GB追加:550円
・5GB追加:1,100円
・10GB追加:1,870円
・20GB追加:2,640円
当サイトクーポン100GBプラン契約時、毎月1,270円(税込1,397円) × 最大5ヶ月値引き
30GBプラン契約時、毎月1,050円(税込1,155円) × 最大5ヶ月値引き
※通常契約(2年契約)時のみ適用

それがだいじWi-Fiでは30GBと100GBの2つのプランがあります。

ポケット型Wi-Fiの月額料金相場は4,000円から5,000円とされていますが、それがだいじWi-Fiでは100GBプランですら3,000円台で利用できます。

zonokan
zonokan

安い月額料金でポケット型Wi-Fiを契約したい方にかなりおすすめです。

それがだいじWi-Fiの月間データ容量

それがだいじWi-Fiでは、30GBプランであれば月に30GBまでデータ量が使えて、100GBプランであれば月に10GBまでデータ量が使えます。

かつては50GBと100GBの2つのプランを提供していましたが、契約する方の多くは50GBプランを選んでいました。そして、50GBプランを選択する方の平均通信量が30GB以下であることが分析からわかり、20GBだと少し足りない可能性を考えました。

その結果、50GBから30GBにプランが変更されました。

しかし、30GBでは足りないという方も少なくありません。そこでデータ量を追加できる仕組みも採用しています。あまりデータ量が必要ない方は30GBプランを契約して、データ量が必要な方は100GBプランの契約がおすすめです。

ただ、30GBプランに2GBデータ量を2回追加すると100GBのプランを超えてしまいます。

zonokan
zonokan

30GBプランを契約する方は、月に利用するデータ量が32GBを超えないように注意してください。

それがだいじWi-Fiで利用できる回線

それがだいじWi-Fi

それがだいじWi-FiはクラウドSIMが採用されています。

クラウドSIMはauやドコモ、ソフトバンクの3つのキャリア回線が使えるSIMのことです。

クラウドサーバーにSIM情報が保管されていて、現在地の情報をサーバーに自動的に送信します。そして、その場所で最適な通信ができるSIM情報を使って通信を行う仕組みとなっています。

詳しくは後ほど解説していきます。

3つの回線の中で特につながりやすいのがソフトバンクの回線です。ソフトバンクの回線は電波が強くて通信が安定しやすい傾向にあります。

ただ、ソフトバンク回線を使いたくてもソフトバンク回線に必ずしもつながるとは限りません。クラウドSIMは自動で回線情報を拾うため、拾う回線を選択できるわけではないです。

ソフトバンク回線にはつながりやすくてもauやドコモの回線にもつながることを忘れないでください。

それがだいじWi-Fiの6つのメリット

それがだいじWi-Fiの6つのメリット

それがだいじWi-Fiの概要の次は、それがだいじWi-Fiのメリットを6種類紹介します。

● データ容量が月間100GBまで使える
● クラウドSIMで国内3大キャリアの回線が使用可能
● 海外での使用も可能
● 30GBプランなら月額3000円以下で利用できる

データ容量が月間100GBまで使える

それがだいじWi-Fiは、2種類の料金プランを提供しています。

その中でも「余裕を持って使える大容量プラン」では月間で100GBまで利用可能です。100GBを超えた場合は、翌月まで384kbpsの通信速度制限が発生するものの、一般的には100GBのデータ容量があれば容量不足に悩むことはあまりありません。

また、それがだいじWi-Fiでは、他のポケット型Wi-Fiサービスによくある3日間で10GB利用した場合の通信制限はありません

短期間の通信制限はないんだね。

クラウドSIMで国内3大キャリアの回線が使用可能

クラウドSIMで国内3大キャリアの回線が使用可能

画像引用:業界最安クラスのお得なポケット型Wi-Fi|それがだいじWi-Fi|

それがだいじWi-Fiは自社回線を保有しておらず、キャリアから回線を借りて運用しています

それがだいじWi-Fiで利用している回線は、Docomo、au、SoftBankすべてのキャリア回線が利用可能なクラウドSIMを採用。実際には、場所や時間帯、状況に合わせて最適なキャリア回線を自動選択します。

3キャリアで自動的に最適な回線を選択できるのは、ポケット型Wi-Fiサービスにとって非常にメリットがあります。

というのも、ポケット型Wi-Fiは持ち運びする前提で利用するため、持ち運びする場所によって、回線のつながりやすさが変わる場合があるからです

都会に住んでいる方には馴染みが薄いかもしれませんが、地方では回線によって全くつながらないこともあります。

例えば自宅はDocomo回線がつながるが、職場ではSoftBankがつながるといった場合でも、それがだいじWi-Fiであれば問題ありません。

海外での使用も可能

画像引用:業界最安クラスのお得なポケット型Wi-Fi|それがだいじWi-Fi|

それがだいじWi-Fiであれば、海外でも特別な手続きなくWi-Fi利用可能です。端末もレンタル不要で、日本で利用している環境をそのまま海外に持ち出せます。

海外利用可能な地域は、129国もあります。

例えばアジアであれば大韓民国や中華人民共和国、エジプトやナイジェリアなどのアフリカ、イギリスやフランスなどのヨーロッパ、アメリカ合衆国やカナダなどの北アメリカ、ブラジルやアルゼンチンなどの北アメリカなど、世界の主要な国で利用可能です。

データ利用量は、1日あたり500MBまで利用可能なプランを900円、1日あたり1GBまで利用可能なプランを1,200円で提供しており、使い切った場合は翌日まで翌月まで384kbpsの通信速度制限が発生します。

海外でも利用できるのは旅行好きには嬉しいよね。

30GBプランなら月額3000円以下で利用できる

それがだいじWi-Fiには、100GBまで利用可能な「余裕を持って使える大容量プラン」の他に、月額料金2,585円で30GBまで利用可能なプランを提供しています。

100GBプランとの違いはデータ容量で、端末が買い切りという点や海外利用可能などは30GBプランでも利用可能です。

自分に合ったデータ容量を決められるんだね。

それがだいじWi-Fiの4つのデメリット

それがだいじWi-Fiの4つのデメリット

それがだいじWi-Fiのメリットを紹介した後は、デメリットを4つ紹介します。それがだいじWi-Fiの契約を検討している方は、メリットとデメリットの両方を理解した上で契約しましょう

● 100GBプランは他のポケット型Wi-Fiの方が安い
● 支払い方法がクレジットカードのみ
● クラウドSIMは過去に通信障害を起こしたこともあり繋がらないリスクも

100GBプランは他のポケット型Wi-Fiの方が安い

100GBプランは他のポケット型Wi-Fiの方が安い

それがだいじWi-Fiの「余裕を持って使える大容量プラン」は、月間3,267円で100GBまで利用できます。ただし、100GBまで利用可能なポケット型Wi-Fiサービスは、他社でも主流のサービスです。

実は、それがだいじWi-Fiの「余裕を持って使える大容量プラン」はポケット型Wi-Fiサービスの中で、残念ながら最安の価格ではありません

また、それがだいじWi-Fiには、料金割引やキャッシュバックなどのキャンペーンなどを行っておりません。価格を最重視するのであれば、他のポケット型Wi-Fiサービスも含めて検討する必要があります。

zonokan
zonokan

安さを重視するなら、縛りなしWi-Fiがおすすめです。

支払い方法がクレジットカードのみ

支払い方法がクレジットカードのみ

支払い方法がクレジットカード払いのみというのもデメリットです。

支払い方法がクレジットカード払いのみというのは、ポケット型Wi-Fiサービスの中では主流ではあるのですが、一部の会社では、クレジットカード以外にも口座振替などの支払い方法を用意している会社もあります。

zonokan
zonokan

口座振替などで支払いたい方は、別のプロバイダを検討しましょう。

クラウドSIMは過去に通信障害を起こしたこともあり繋がらないリスクも

クラウドSIMは過去に通信障害を起こしたこともあり繋がらないリスクも

それがだいじWi-Fiは、クラウドSIMという仕組みを使って通信しています

一般的なポケット型Wi-Fiは、携帯電話やスマートフォンなどのSIMカードを端末に挿して利用します。しかし、クラウドSIMの場合は、SIMカードを端末に挿すのではなく、「仮想SIM」を専用サーバーからダウンロードして利用する仕組みです。

そのため、3大キャリアの利用や、海外でも同じ端末で利用可能というメリットは、クラウドSIMの仕組みを利用しているからです。

しかし、クラウドSIMを使ったポケット型Wi-Fiで通信障害を起こした会社があります。1つ目の会社が、先程紹介したどんなときもWi-Fiです。通信障害を起こした会社はもう1つあり、限界突破Wi-FiもどんなときもWi-Fiと同じような時期に通信障害を起こしています。

限界突破Wi-Fiも、どんなときもWi-Fiと同じように容量無制限のサービスを提供していました。限界突破Wi-Fiは今もサービスを続けているものの、通信障害後には1日の利用上限が設定され、上限を超えた場合は通信速度が制限されます。

それがだいじWi-Fiでは通信障害が発生していないものの、クラウドSIMで通信障害が発生したという事実は変わらず、繋がらなくなる可能性があります。

クラウドSIMにもデメリットがあるんだね。

契約すべき?それがだいじWi-Fiと他のポケット型Wi-Fiを比較

契約すべき?それがだいじWi-Fiと他のポケット型Wi-Fiを比較

それがだいじWi-Fiと他のポケット型Wi-Fiサービスの比較します。

プロバイダ名それがだいじWi-Fi

GMOとくとくBB

Broad WiMAX

zeus Wi-Fi

縛りなしWi-Fi

縛りなしWi-Fi

月額料金3,267円
※余裕を持って使える大容量プラン
4,688円
※ギガ放題プラン
0〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円、25ヶ月目以降:4,413円
※ギガ放題プラン
3,828円
※ギガ特盛100GB
3,960円
※100ギガプラン
初期費用3,300円3,300円3,300円3,300円3,300円
キャンペーンなしWiMAX2+利用時は27,500円キャッシュバック2年間550円割引キャンペーンサマーキャンペーンで最大4,792円割引なし
端末費用0円
※2年以内に解約した場合は端末の残債を支払い
0円0円0円0円
1年間と2年間の総額料金1年間の総額 42,504円
2年間の総額 81,708円
1年間の総額 30,618円
2年間の総額 86,874円
1年間の総額 46,828円
2年間の総額 91,864 円
1年間の総額 47,586円
2年間の総額 93,522円
1年間の総額 最大50,820円
2年間の総額 最大98,340円
支払い方法クレジットカードクレジットカードクレジットカード、口座振替クレジットカードクレジットカード、口座振替
データ容量100GB無制限
※3日間で10GBの制限あり
無制限
※3日間で10GBの制限あり
100GB100GB
最大通信速度上り・下り上り:最大50Mbps
下り:最大150Mbps
上り:最大75Mbps
下り:最大440Mbps
上り:非公開
下り:75Mbps~2.2Gbps
※端末によって異なる
上り:最大50Mbps
下り:最大150Mbps
上り:非公開
下り:112.5Mbps~1.2Gbps
※端末によって異なる

比較してみると結構違いが分かるね。

GMOとくとくBBとBroad WiMAXは、WiMAX2+回線を利用したサービスです。

WiMAX回線の特徴は、3日で10GBという制限はあるものの、データ容量は無制限のサービスです。使い勝手が良いWiMAX回線ですが、デメリットもあります。

WiMAX回線エリアが、他のキャリアに比べて狭いという特徴があります。また、WiMAXは、ビルなどのコンクリートの建物や地下などで電波が弱い特徴があります。安定した回線を求めるのであれば、3大キャリアの回線がおすすめです。

zeus Wi-Fiは、それがだいじWi-Fiと同じく、クラウドSIMを使ったサービスです。サービス内容はそれがだいじWi-Fiと近いです。zeus Wi-Fiは、それがだいじWi-Fiでは取り扱っていない、20GBや40GBデータ容量プランを提供しているので、検討しても良いかもしれません。

最後は縛りなしWi-Fiです。縛りなしWi-Fiは、SoftBank回線を使ったサービスです。一番の特徴は、他のサービスとは異なり、契約期間がありません。他のサービスと比べて料金面は高めの理由は、いつ解約しても解約手数料がかからないからです。

結論:それがだいじWi-Fiがおすすめな人

結論:それがだいじWi-Fiがおすすめな人

ポケット型Wi-Fiサービスの中でも、それがだいじWi-Fiが使いやすいと感じられる、おすすめのユーザーを紹介します。

3日で10GBの通信制限を受けたくない人

3日で10GBの通信制限を受けたくない人

ポケット型Wi-Fiサービスの中でも利用無制限とうたっているサービスでは、データ利用量に制限があります。

有名な利用無制限サービスにWiMAX2+サービスがありますが、WiMAX2+サービスでは3日間で10GBの通信制限です。それがだいじWi-Fiであれば、3日で10GBといった通信制限がありません

短期間での速度制限が無いのは良いよね。

WiMAXの提供エリア外だった人

WiMAXの提供エリア外だった人

ポケット型Wi-FiサービスではWiMAXが有名ですが、WiMAXの回線は、Docomo、au、SoftBank回線に比べるとエリアが狭いです。特に鉄筋マンションやビル、地下などはWiMAXの回線が届かない場合が多いエリアです。

たとえば地方に住んでいる方などWiMAXが使えないエリアでポケット型Wi-Fiサービスの利用を検討しているのであれば、大手キャリアの回線を利用するサービスの方が安定します

 

それがだいじWi-Fiの気になるレビューや口コミ

それがだいじWi-Fiの気になるレビューや口コミ

それがだいじWi-Fiに関するレビュー口コミを、SNSを中心に調査しました。

【繋がらない?】それがだいじWi-Fiのレビューや口コミ

それがだいじWi-Fiの繋がりやすさに関する口コミを2つ紹介します。

急に低速になることもあるのかな?

1つ目の口コミは、たまたま繋がらない、つながっても超低速という結果です。もう1つの口コミは、深夜の通信速度が速いという口コミです。これだけ両極端な口コミがあるということは、場所や時間帯によって速度が異なることがありそうです。

もし調子が悪い時は、それがだいじWi-Fiのサポートに確認するなど、柔軟な対応が必要となりそうですね。

それがだいじWi-Fiの料金面のレビューや口コミ

https://twitter.com/pocketwifi_pro/status/1361249390879514627

料金面については、コスパに関する口コミが確認できました。おすすめユーザーでも紹介しましたが、コスパが良いポケット型Wi-Fiサービスとして紹介されています。

大手キャリア回線が利用できるので、WiMAXエリアよりも広い範囲をカバーできます。料金と繋がりやすさのバランスが良いのが、それがだいじWi-Fiです。

それがだいじWi-Fiのお得な申込み方法

それがだいじWi-Fi 2

それがだいじWi-Fiをお得に申し込む場合、以下の手順に沿って申し込みを進めていくことをおすすめします。

1.公式サイトの申し込みボタンをクリックする
2.プランを選択する
3.個人情報を入力する

手順1.公式サイトの申し込みボタンをクリックする

まずは公式サイトを開いて、画面右上の「お申し込み」というボタンをクリックします。

それがだいじWi-Fiでは30日間お試しキャンペーンを実施していて、そこから申し込めばキャンペーンが適用されます。

30日お試しキャンペーンを使えば1カ月分の月額料金を支払う必要がありません。

zonokan
zonokan

お試し期間内なら契約解除料を意識する必要もないため、気軽にそれがだいじWi-Fiを試してみてください。

手順2.プランを選択する

それがだいじWi-Fi 3

申し込みフォームの画面に切り替わったら、契約プランを選択していきます。

30GBプランか100GBプランのいずれかを選択し、縛りなしプランにするかどうか選択します。

縛りなしプランにすると追加で毎月385円必要です。

最後にWi-Fi安心サービスの加入と利用開始月を選択します。

毎月26日以前に最短当日発送を選択して契約してしまうと、契約のタイミングに関係なく月額料金がまるまる請求されます。

大きく損してしまう可能性があるため、月末の契約を考えている方は翌月利用開始がおすすめです。

zonokan
zonokan

ちなみに、契約できるモバイルルーターはMaster Roam T6の1種類だけとなっています。

Wi-Fi安心サービスについて

それがだいじWi-FiではWi-Fi安心サービスというオプションがあります。オプションのサービス内容は以下の表の通りです。

Wi-Fi安心サービス
月額料金440円
(初月無料)
補償内容・通常使用による自然故障
・盗難、紛失、水濡れなどの偶然の事故で使用不能となった場合
注意点・初回申し込み時に契約可能
・端末発送から30日後にサービス開始
・2年間で2回まで申請が可能
(前回の交換から6カ月経過すれば新しく申請可能)
・交換費用として、2,200円が別途必要
・Wi-Fi安心サービスは契約期間中に解約可能

Wi-Fi安心サービスは月額440円でモバイルルーター端末を補償してくれるオプションとなっています。この料金の安さで盗難や紛失、水濡れまで補償してくれる補償オプションはそうそうありません。

オプションに未加入の状態で端末を再購入するとなると、3万円近くのコストがかかってしまいます。そのため、なるべくWi-Fi安心サービスに加入しておいたほうがよいです。

zonokan
zonokan

注意事項をよく確認した上で加入を検討しましょう。

手順3.個人情報を入力する

最後に、住所や電話番号、メールアドレスなどの個人情報を入力して送信します。

送信が完了したら申し込み完了です。

仮に普段あまり使っていない電話番号で登録してしまった場合、それがだいじWi-Fiからの連絡に出られず、契約がスムーズに進みません。

この時入力する情報は、なるべく普段使っているものにしたほうがよいです。

それがだいじWi-Fiに関するよくある質問

それがだいじWi-Fiの気になるレビューや口コミ

それがだいじWi-Fiを検討するにあたり、一般的によくある質問に回答します。

それがだいじWi-Fiは遅い?通信速度は問題ない?

【繋がらない?】それがだいじWi-Fiのレビューや口コミ

それがだいじWi-Fiの通信速度は、下り最大150Mbps・上り最大50Mbpsです

ポケット型Wi-Fiサービスで有名なサービスとして、WiMAXサービスがあります。WiMAXの速度は、端末にもよりますが上り最大75Mbps、下り最大は1Gを超えるような通信速度を提供している会社もあるので、WiMAXよりは速度が劣ります。

ただし、下り最大150Mbps・上り最大50Mbpsもあれば、メールやネットサーフィン、動画サイトなどの利用はもちろん、通信速度が問われるオンラインゲームでも問題なく遊べる速度です。

下り150Mbpsなら問題なく使えるよね。

それがだいじWi-Fiの解約方法は?

それがだいじWi-Fiの解約方法は?

それがだいじWi-Fiはどうやって解約するの?

サービスを解約するには、毎月15日までに解約の連絡する必要があります

連絡方法は、問い合わせフォームもしくは電話です。15日を超えた場合は、翌月末の解約になります。

それがだいじWi-Fiにクーポンはある?

それがだいじWi-Fiにクーポンはある?

それがだいじWi-Fiには、残念ながらクーポンなどのサービスはありません

ただし、今後クーポンなどが発行される可能性もあるので、それがだいじWi-FiのWebサイトなどを確認しましょう。

また、それがだいじWi-Fiではキャッシュバックなどの大々的なキャンペーンも実施していません。

キャッシュバックがあるかどうかは料金の安さに大きく関わってきます。ですが、それがだいじWi-Fiは元々の月額料金がポケット型Wi-Fiの相場と比べてかなり安いです。キャッシュバックをあえて設けずに月額料金の安さで勝負しています。

キャッシュバックだと適用するために条件があって、確実に適用させられるとは限りません。一方で、月額料金の安さは誰しもが受けられるため、確実に安い料金でポケット型Wi-Fiが使えるメリットがあります。

zonokan
zonokan

キャッシュバックキャンペーンやクーポンを使いたい方は、別のポケット型Wi-Fiを検討しましょう。

それがだいじWi-Fi以外におすすめのポケット型Wi-Fiは?

それがだいじWi-Fi以外におすすめのポケット型Wi-Fiは?

それがだいじWi-Fiが使いづらいと感じているのであれば、縛りなしWi-Fiをおすすめします。縛りなしWi-Fiのメリットは、契約期間のしばりがないことです。契約期間のしばりがないサービスであれば、いつ、どのタイミングで解約しても解約手数料がかかりません。

例えば「出張などで一時的にポケット型Wi-Fiを持ち運びたい」という場合や、「はじめてポケット型Wi-Fiを使うので使い勝手を知りたい」など、色々なニーズに対応できます。

縛りなしWi-Fiの公式サイト

まとめ:それがだいじWi-Fiは3日で10GBの制限を受けたくない人におすすめ

まとめ:それがだいじWi-Fiは3日で10GBの制限を受けたくない人におすすめ

最後になりますが、改めてそれがだいじWi-Fiの特徴をまとめました。

●3日で10GBの制限など通信速度制限がなく利用可能
●日本国内のたいていの場所で利用可能

一番おすすめしたいポイントは「3日で10GBの制限などの通信速度制限がなく利用可能」なところ

通信速度制限は、当然ながらストレスがたまります。しかし、通信速度制限がないように使うことも、少しずつではありますがストレスがたまります。3日に10GBなどの通信速度制限のストレスなくサービスを利用したいのであれば、それがだいじWi-Fiを選択肢に加えてみてくださいね。